米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 発電 -> 三菱電機株式会社

発明の名称 ガス絶縁スイッチギヤ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−28776(P2007−28776A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−206268(P2005−206268)
出願日 平成17年7月15日(2005.7.15)
代理人 【識別番号】100088199
【弁理士】
【氏名又は名称】竹中 岑生
発明者 有岡 正博 / 吉田 暁 / 矢野 知孝 / 吉田 忠広 / 井上 直明
要約 課題
絶縁性ガスが封入された密閉容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断器および複数の断路器を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供する。

解決手段
絶縁性ガスが封入された密閉容器に収納されそれぞれ水平方向に延在して並設される遮断器10および断路器5A,5B,11を設け、遮断器10の上方に断路器5A,5Bを配設し、遮断器10の下方に断路器11を配設するとともに、遮断器10が断路器5A,5Bを介して母線4A,4Bに接続され、断路器11を介してケーブル接続箱14に接続されるようにした。
特許請求の範囲
【請求項1】
遮断機能を具備する遮断機器要素と、断路機能および接地機能の少なくとも一方を具備する開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で多相構成として並設される各相ユニットからなる遮断機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で前記遮断機器要素の上方において多相構成として並設される各相ユニットからなる第1の開閉機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で前記遮断機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットからなる第2の開閉機器要素を備え、前記遮断機器要素が前記第1の開閉機器要素を介して母線装置に接続されるとともに、前記遮断機器要素が前記第2の開閉機器要素を介して回路接続手段に接続されるようにしたことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項2】
前記第1の開閉機器要素の上方に配設され前記第1の開閉機器要素の延在方向と交差して水平方向へ延在した状態で多相構成として並設される多相導体からなる母線装置を備え、前記遮断機器要素が前記第1の開閉機器要素を介して前記母線装置に接続されることを特徴とする請求項1に記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項3】
前記第1の開閉機器要素の各相ユニットを、前記導電性容器の前面部に取り付けられる前方各相ユニットと、前記前方各相ユニットと同一軸線方向に延在し前記導電性容器の後面部に取り付けられる後方各相ユニットとによって構成するとともに、前記前方各相ユニットにより構成される前方開閉機器要素の上方に第1の母線装置を配設し、前記後方各相ユニットにより構成される後方開閉機器要素の上方に第2の母線装置を配設して、前記遮断機器要素が前記前方開閉機器要素を介して前記第1の母線装置に接続され、前記後方開閉機器要素を介して前記第2の母線装置に接続されることを特徴とする請求項1に記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項4】
それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で前記第2の開閉機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットからなる第3の開閉機器要素として断路機能および接地機能を具備する開閉機器要素を設けるとともに、前記第3の開閉機器要素の延在方向に平行して延在し前記導電性容器の前面側に設けた開口部を貫通する避雷器を設け、前記第3の開閉機器要素を前記避雷器に接続したことを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項5】
それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で前記第2の開閉機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットからなる第3の開閉機器要素として断路機能および接地機能を具備する開閉機器要素を設けるとともに、前記第3の開閉機器要素の延在方向と同一の軸線において延在し前記導電性容器の後面側に設けた開口部を貫通する避雷器を設け、前記第3の開閉機器要素を前記避雷器に接続したことを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項6】
前記導電性容器を、前記第1の開閉機器要素を収納する第1の密閉容器と、前記遮断機器要素よび第2の開閉機器要素を収納する第2の密閉容器とによって構成することを特徴とする請求項1から請求項4までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項7】
前記導電性容器を、前記第1の開閉機器要素を収納する第1の密閉容器と、前記第2の開閉機器要素を収納する第2の密閉容器と、前記遮断機器要素を収納する第3の密閉容器とによって構成することを特徴とする請求項1から請求項4までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項8】
前記第2の開閉機器要素後方の密閉容器後面に開口部を設けるとともに、前記開口部を貫通する中間ブッシングを介して前記第2の開閉機器要素へ接続される接続導体を収納する屈折して上方へ延びる屈折密閉容器を設け、前記屈折密閉容器の上面に、十分な耐電圧性能を有する外部接続ブッシングを気密に取付けたことを特徴とする請求項1から請求項7までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項9】
前記第2の開閉機器要素後方の密閉容器後面に開口部を設けるとともに、前記開口部を貫通する中間ブッシングを介して前記第2の開閉機器要素へ接続される接続導体を収納する筒状密閉容器を設け、前記筒状密閉容器に収納した接続導体を介して外部機器を接続するようにしたことを特徴とする請求項1から請求項7までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
【請求項10】
前記遮断機器要素と前記第2の開閉機器要素とを共通の機器取付け板に組み付けたことを特徴とする請求項1から請求項9までのいずれかに記載のガス絶縁スイッチギヤ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、電力の送配電および受電設備などに用いられるガス絶縁スイッチギヤの構造に関する。
【背景技術】
【0002】
遮断機能を具備する遮断機器要素と、断路機能および接地機能の少なくとも一方を具備する開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおける従来技術では、断路機能および接地機能の少なくとも一方を具備する開閉機器要素としての断路器は一端を枢着されたブレードの回動によって開閉機能を実行するものであって、断路機能および接地機能の少なくとも一方を具備する開閉機器要素としての断路器と真空スイッチからなる遮断機器要素との組み合わせによる機器構成は簡潔性という面で改善の余地を残していた(例えば、特許文献1〜4参照)。
また、可動部を軸方向へ移動し開閉機能を実行するものも提案されているが、(例えば、特許文献5参照)、機器構成における簡潔化が徹底されているとは言い難い。
【0003】
【特許文献1】特開2004−222390号公報
【特許文献2】特開2004−153954号公報
【特許文献3】特許第3612201号公報
【特許文献4】特開平8−222094号公報
【特許文献5】特開平10−112905号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
この発明は、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
この発明に係るガス絶縁スイッチギヤでは、遮断機能を具備する遮断機器要素と、断路機能および接地機能の少なくとも一方を具備する開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で多相構成として並設される各相ユニットからなる遮断機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で前記遮断機器要素の上方において多相構成として並設される各相ユニットからなる第1の開閉機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部を有し水平方向に延在した状態で前記遮断機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットからなる第2の開閉機器要素を備え、前記遮断機器要素を前記第1の開閉機器要素を介して母線装置に接続するとともに、前記遮断機器要素を前記第2の開閉機器要素を介して回路接続手段に接続するものである。
【発明の効果】
【0006】
この発明によれば、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
実施の形態1.
この発明による実施の形態1を図1について説明する。図1は実施の形態1におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
【0008】
図1に示すように、母線4ならびに遮断器(以下、CBという)および断路器(以下、DSという)の断路機能と接地開閉器(以下、ESという)の接地機能を持つ3位置DS:5A,5B,11,12は、全て接地された2つの金属製密閉容器1,2内に収納されている。
【0009】
上方の密閉容器1内には、ガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向(紙面の奥行き方向)に延在して配置された母線4A,4Bと、母線4A,4Bの下方に、密閉容器1の前後面の開口部1a,1bに着脱可能なように気密に取付けた機器取付け板5aの密閉容器内側に取付けた下方が開いたU形の絶縁ホルダー5b内に収納・保持され、水平方向に可動する3位置DS:5が収納され、母線4と3位置DS:5A,5Bの端子5c間は、接続導体6により接続されている。
水平方向に延在する3位置DS:5A,5Bはガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向に所定の間隔を置いて並設された3相分の多相ユニットにより構成されている。
すなわち、3位置DS:5Aはガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向に所定の間隔を置いて並設された3相分の多相ユニットにより構成され、母線4Aの直下に配設されている。3位置DS:5Bはガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向に所定の間隔を置いて並設された3相分の多相ユニットにより構成され、母線4Bの直下に配設されている。
2つの密閉容器1,2の間には中間ブッシング7を、中間ブッシング7に埋設した接続導体7aが、3位置DS:5の端子5dの垂下位置に対応するように配置し、中間ブッシング7と3位置DS:5の端子5d間は、接続部8によって電気的に接続されている。
【0010】
下方の密閉容器2内には、密閉容器2前面の開口部2aに着脱可能なように気密に取付けた共通の機器取付け板9の密閉容器内側に、3相ユニットを水平にガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10a内に、固定側端子10bおよび可動側端子10cを絶縁筒10aに埋設した固定用埋金10dに取付けた支持端子10e,10fで支持するように収納し、十分な通電性能を有する可動側支持端子10fは可動側端子10cの外形より僅かに大きな貫通穴10gを有し、貫通穴の内面または可動端子の外面に、可動端子と可動側支持部を電気的に接続する接触子10hを設けたCB:10と、3相を水平にスイッチギヤの幅方向に均等な間隔で配置した下方が開いたU字形絶縁ホルダー11a内に収納・保持した3位置DS:11を組み付けている。
水平方向に延在する3位置DS:11はガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向に所定の間隔を置いて並設された3相分の多相ユニットにより構成されている。
【0011】
また、3位置DS:11の下方にもう1組の、密閉容器2の前面の開口部2bに着脱可能に気密に取付けた機器取付け板12aの密閉容器内面側に、3相を水平にスイッチギヤの幅方向に均等な間隔で配置した下方が開いたU字形絶縁ホルダー12b内に収納・保持した3位置DS:12を設置し、下方の3位置DS:12の端子12cは、密閉容器2前面の開口部2cを貫通するように取付けた避雷器13の端子13aに接続され、3位置DS:11の端子11bは、密閉容器2後面の開口部2dを貫通するように取付けたケーブル終端接続箱14の密閉容器2内に突出した端子部14aに接続されている。
水平方向に延在する3位置DS:12はガス絶縁スイッチギヤ本体GSの幅方向に所定の間隔を置いて並設された3相分の多相ユニットにより構成されている。
2つの密閉容器1,2の間に設けた中間ブッシング7の埋設導体7aの下端は、CB:10の可動方向と平行に配置した接続導体15を介して、CB:10の固定側支持端子10eに接続されている。
【0012】
真空スイッチからなるCB:10の主回路部10jと操作装置10kは、機器取付け板9に気密に取付けたベローズ10mを用いて気密に機器取付け板9を貫通する駆動軸10nによって連結され、DSの断路機能とESの接地機能を持つ3位置DS:5,11,12の主回路部5e,11e,12eと操作装置5f,11f,12fは、機器取付け板に取付けたOリングなどのパッキン5g,11g,12gにより気密に機器取付け板5a,9,12aを貫通する駆動軸5h,11h,12hによって連結されている。
【0013】
ここでは、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で3位置DS:11の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される断路機能および接地機能を具備する3位置DS:12を設けるとともに、3位置DS:12の延在方向に平行して延在し金属製密閉容器2の前面側に設けた開口部2cを貫通する避雷器13を設け、3位置DS:12を避雷器13に接続したものについて述べたが、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で3位置DS:11の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される断路機能および接地機能を具備する3位置DS:12を設けるとともに、3位置DS:12の延在方向と同一の軸線において延在し金属製密閉容器2の後面側に設けた開口部を貫通する避雷器13を設け、3位置DS:12を前記避雷器13に接続する構成を採用することもできる。
【0014】
そして、上方の密閉容器の側面から密閉容器内に挿入される概ね円錐形の母線接続用ブッシングに設置し、母線接続用ブッシングの密閉容器外側の形状は凹型で、母線接続用ブッシングの中心軸上に、密閉容器内側の端部に母線が挿入可能で、母線の外形より僅かに大きな凹部を有する接続用導体を埋設し、接続用導体の凹部の内面または母線の外面に設けた接触子により、母線と母線接続用ブッシングに埋設された接続導体を電気的に接続していいる。
【0015】
実施の形態1のガス絶縁スイッチギヤにおいては、CB:10,DS,ESおよび3位置DS:5A,5B,11,12を、全て可動方向が水平になるように、機器毎に3相を水平に配置した略円筒形の絶縁筒または下方が開いたU字形絶縁ホルダー5b,11a,11b内に収納・保持し、CB:10を収納する密閉容器2、および、母線をDS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12を収納した上方の密閉容器1の奥行き寸法を、CB:10の下方に設置したDS,ES,3位置DS:11とケーブル終端接続箱14を接続した長さとほぼ同等の長さとし、上方の密閉容器1の上方に母線4A,4Bを奥行き方向に配置し、母線4A,4Bの下方にDS,ES,3位置DS:5A,5Bを、上方の密閉容器1の前面および後面の開口部1a,1bに、上方の密閉容器1の奥行き方向での中心に対し対称に配置することにより、ガス絶縁スイッチギヤ本体GSの奥行き寸法を大きくすることなく、幅寸法と高さ寸法を極小化すると共に、容易にCB:10と2組の母線4A,4Bを接続することができる。
また、DS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12を、下方が開いたU字形絶縁ホルダー5b,11a,11b内に収納・保持することにより、上方および側面の絶縁性能を向上すると共に、開閉動作により発生する導電性異物を、高電界部の1つとなるDS極間部分の絶縁物内面に残留させず、DS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12の開閉に伴う絶縁性能の低下を防ぐことができる。
一方、CB:10の主回路部102を、3相ユニットを水平にガス絶縁スイッチギヤSGの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10a内に、固定側端子10bおよび可動側端子10cを絶縁筒10aで支持するように収納し、可動側支持部10fは十分な通電性能を有する素材を用い、可動側支持部10fの中央に可動側端子10cの外形より僅かに大きな貫通穴を有し、貫通穴の内面または可動側端子10cの外面に、可動側端子10cと可動側支持部10fを電気的に接続する接触子10h取付けのための溝部を設け、溝部に接触子10hを装着することにより、可動側端子10cと可動側支持部10fの通電性能を確保すると共に、動作時の固定側端子10b部での過大応力発生を防止できる。
更に、ケーブル終端接続箱14を設けた密閉容器2の開口部2dから密閉容器内面へ突出した接続導体14aの中心軸を、CB:10下方に設置したDS,ES,3位置DS:11の可動軸を一致させ、ケーブル終端接続箱14に接続することにより、ケーブル終端接続箱とDS,ES,3位置DS:11間の接続導体14aの最短化と接続箇所を極小化し、主回路の抵抗値を低減し、ガス絶縁スイッチギヤ内での電気エネルギーロスを削減できる。
【0016】
(1)この発明による実施の形態1によれば、遮断機能を具備するCB:10からなる遮断機器要素と、DSとしての断路機能およびESとしての接地機能の少なくとも一方を具備する3位置DS:5A,5B,11,12等からなる開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された金属製密閉容器1,2からなる導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、それぞれ水平方向に移動するCB可動側端子10cに電気的に接続された可動部MBを有し水平方向に延在した状態で多相構成として並設される各相ユニットからなるCB:10からなる遮断機器要素、それぞれ水平方向に移動する主回路5eに電気的に接続された可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の上方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素、それぞれ水平方向に移動する主回路11eに電気的に接続された可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を備え、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素を介して母線装置に接続されるとともに、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を介してケーブル終端接続箱14等からなる回路接続手段に接続されるようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0017】
(2)この発明による実施の形態1によれば、前記(1)項の構成において、前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素の上方に配設され前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素の延在方向と交差して水平方向へ延在した状態で多相構成として並設される多相導体からなる母線4A,4Bで構成される母線装置を備え、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素を介して前記母線4A,4Bからなる母線装置に接続されるようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、母線を含む機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0018】
(3)この発明による実施の形態1によれば、前記(1)項の構成において、前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素の各相ユニットを、前記金属製密閉容器1,2からなる導電性容器の前面部に取り付けられる3位置DS:5Aにおける前方各相ユニットと、前記前方各相ユニットと同一軸線方向に延在し前記金属製密閉容器1,2からなる導電性容器の後面部に取り付けられる3位置DS:5Bにおける後方各相ユニットとによって構成するとともに、前記前方各相ユニットにより構成される3位置DS:5Aからなる前方開閉機器要素の上方に母線4Aからなる第1の母線装置を配設し、前記後方各相ユニットにより構成される3位置DS:5Bからなる後方開閉機器要素の上方に母線4Bからなる第2の母線装置を配設して、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:5Aからなる前方開閉機器要素を介して前記母線4Aからなる第1の母線装置に接続され、前記3位置DS:5Bからなる後方開閉機器要素を介して前記母線4Bからなる第2の母線装置に接続されるようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、複数の母線系統を含む機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0019】
(4)この発明による実施の形態1によれば、前記(1)項から前記(3)項までのいずれかの構成において、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される第3の開閉機器要素として断路機能および接地機能を具備する3位置DS:12からなる開閉機器要素を設けるとともに、前記3位置DS:12からなる第3の開閉機器要素の延在方向に平行して延在し前記金属製密閉容器2からなる導電性容器の前面側に設けた開口部2cを貫通する避雷器13を設け、前記3位置DS:12からなる第3の開閉機器要素を前記避雷器13に接続したので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、ガス絶縁スイッチギヤ本体の前面側に設けた避雷器を含む機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0020】
(5)この発明による実施の形態1によれば、前記(1)項から前記(3)項までのいずれかの構成において、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される第3の開閉機器要素として断路機能および接地機能を具備する3位置DS:12からなる開閉機器要素を設けるとともに、前記3位置DS:12からなる第3の開閉機器要素の延在方向と同一の軸線において延在し前記金属製密閉容器2からなる導電性容器の後面側に設けた開口部を貫通する避雷器13を設け、前記3位置DS:12からなる第3の開閉機器要素を前記避雷器13に接続したので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、ガス絶縁スイッチギヤ本体の後面側に設けた避雷器を含む機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0021】
(6)この発明による実施の形態によれば、前記(1)項から前記(4)項までのいずれかの構成において、前記金属製密閉容器からなる導電性容器を、前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素を収納する第1の密閉容器1と、前記CB:10からなる遮断機器要素よび3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を収納する第2の密閉容器2とによって構成するようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、第1および第2の密閉容器を具備し機器構成の簡潔化を達成できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0022】
(7)この発明による実施の形態によれば、前記(1)項から前記(5)項までのいずれかの構成において、前記CB:10からなる遮断機器要素と前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素とを共通の機器取付け板9に組み付けたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成でき、しかも、遮断機器要素と開閉機器要素との組み付けを共通化できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0023】
実施の形態2.
この発明による実施の形態2を図2について説明する。図2は実施の形態2におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
この実施の形態2において、ここで説明する特有の構成以外の構成については、先に説明した実施の形態1と同一の構成内容を具備し、同様の作用を奏するものである。図中、同一符号は同一または相当部分を示す。
【0024】
実施の形態における構成を示す図2と実施の形態1における構成を示す図1を比較すれば明らかなように、この実施の形態2では、母線4A,4B、CB:10,DS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12は、接地された3つの金属製密閉容器1,201,3に収納されている。接地された3つの金属製密閉容器1,201,3は3つに分類され、CB:10は他の機器と中間ブッシング7によって仕切られた中央の密閉容器201内に収納されている。また、CB:10と3位置DS:11は個別の機器取付け板9a,9bに組み付けられている。
【0025】
実施の形態2のガス絶縁スイッチギヤにおいては、母線4A,4B、CB:10,DS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12は、接地された3つの金属製密閉容器1,201,3に収納されている。接地された金属製密閉容器1,201,3は3つに分類され、CB:10を他の機器と中間ブッシング7によって仕切られた中央の密閉容器内201に収納され、また、CB:10と3位置DS:11を個別の機器取付け板9a,9bに組み付けることにより、高ガス圧中に収納することを好まないCB:10の消弧室周囲のガス圧を上げることなく、規格上でCB:10に比べ高い耐電圧性能を要求されるDS部のガス圧を上げることが可能で、ガス絶縁スイッチギヤ全体の耐電圧に関する要求性能を満足することができる。
【0026】
この発明による実施の形態2によれば、実施の形態1における構成において、前記金属製密閉容器からなる導電性容器を、前記3位置DS:5A,5Bからなる第1の開閉機器要素を収納する第1の密閉容器1と、前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を収納する第2の密閉容器3と、前記CB:10からなる遮断機器要素を収納する第3の密閉容器201とによって構成するようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるとともに、遮断機器要素と開閉機器要素とをそれぞれに要求される耐電圧性能に応じたガス雰囲気中に配設することができるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0027】
実施の形態3.
この発明による実施の形態3を図3について説明する。図3は実施の形態3におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
この実施の形態3において、ここで説明する特有の構成以外の構成については、先に説明した実施の形態1と同一の構成内容を具備し、同様の作用を奏するものである。図中、同一符号は同一または相当部分を示す。
【0028】
実施の形態3における構成を示す図3と実施の形態1における構成を示す図1を比較すれば明らかなように、この実施の形態3では、上方の密閉容器16の奥行き寸法が前方に約半分に短縮され、収納する母線4と3位置DS:5は1組ずつになっている。
【0029】
この発明による実施の形態3によれば、遮断機能を具備するCB:10からなる遮断機器要素と、DSとしての断路機能およびESとしての接地機能の少なくとも一方を具備する3位置DS:5,11,12等からなる開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された金属製密閉容器16,2からなる導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、それぞれ水平方向に移動する可動部MBを有し水平方向に延在した状態で多相構成として並設される各相ユニットからなるCB:10からなる遮断機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の上方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される3位置DS:5からなる第1の開閉機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を備え、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:5からなる第1の開閉機器要素を介して母線4からなる母線装置に接続されるとともに、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を介してケーブル終端接続箱14等からなる回路接続手段に接続されるようにし、かつ、金属製密閉容器16の奥行寸法を前面側へ約半分に縮小したので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるとともに、導電性容器の所定部分を前面側へ縮小することが求められる主回路構成に対応できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0030】
実施の形態4.
この発明による実施の形態4を図4について説明する。図4は実施の形態4におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
この実施の形態4において、ここで説明する特有の構成以外の構成については、先に説明した実施の形態1と同一の構成内容を具備し、同様の作用を奏するものである。図中、同一符号は同一または相当部分を示す。
【0031】
実施の形態4における構成を示す図4と実施の形態1における構成を示す図1を比較すれば明らかなように、この実施の形態4では、上方の密閉容器17の奥行き寸法が後方に約半分に短縮され、収納する母線4と3位置DS:5は1組ずつになっている。また、下方の容器2内に収納している機器はCB:10とES:18になっている。
【0032】
この発明による実施の形態4によれば、遮断機能を具備するCB:10からなる遮断機器要素と、DSとしての断路機能およびESとしての接地機能の少なくとも一方を具備する3位置DS:5,18等からなる開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された金属製密閉容器17,2からなる導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、それぞれ水平方向に移動する可動部MBを有し水平方向に延在した状態で多相構成として並設される各相ユニットからなるCB:10からなる遮断機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の上方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される3位置DS:5からなる第1の開閉機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成されるES:18からなる第2の開閉機器要素を備え、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:5からなる第1の開閉機器要素を介して母線4からなる母線装置に接続されるとともに、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を介してケーブル終端接続箱14等からなる回路接続手段に接続されるようにし、かつ、金属製密閉容器16の奥行寸法を後面側へ約半分に縮小したので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるとともに、導電性容器の所定部分を後面側へ縮小することが求められる主回路構成に対応できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0033】
実施の形態5.
この発明による実施の形態5を図5について説明する。図5は実施の形態5におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
この実施の形態5において、ここで説明する特有の構成以外の構成については、先に説明した実施の形態1と同一の構成内容を具備し、同様の作用を奏するものである。図中、同一符号は同一または相当部分を示す。
【0034】
実施の形態5における構成を示す図5と実施の形態1における構成を示す図1を比較すれば明らかなように、この実施の形態5では、上方の密閉容器16の奥行き寸法が前方に約半分に短縮され、収納する母線4と3位置DS:5は1組ずつになっている。また、下方の容器2の3位置DS:11後方の密閉容器2後面に開口部2dを設け、中間ブッシング7を介して上方へ屈折する第3の密閉容器19を接続し、第3の密閉容器19の上方に、架空線を接続するために十分な絶縁距離を有するブッシング20を、絶縁性能を確保する為に必要な距離を有するように取付けている。
【0035】
この発明による実施の形態5によれば、実施の形態1から実施の形態4までの構成において、前記3位置DS:11またはES:18からなる第2の開閉機器要素後方の密閉容器2後面に開口部2dを設けるとともに、前記開口部2dを貫通する中間ブッシング7を介して前記3位置DS:11またはES:18からなる第2の開閉機器要素へ接続される接続導体19aを収納する屈折して上方へ延びる屈折密閉容器19を設け、前記屈折密閉容器19の上面に、十分な耐電圧性能を有する外部接続ブッシング20を気密に取付けたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるとともに、外部接続ブッシングによる回路接続を的確に行えるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0036】
実施の形態6.
この発明による実施の形態6を図6について説明する。図6は実施の形態6におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
この実施の形態6において、ここで説明する特有の構成以外の構成については、先に説明した実施の形態1と同一の構成内容を具備し、同様の作用を奏するものである。図中、同一符号は同一または相当部分を示す。
【0037】
実施の形態6における構成を示す図6と実施の形態1における構成を示す図1を比較すれば明らかなように、この実施の形態6では、上方の密閉容器17の奥行き寸法が後方に約半分に短縮され、収納する母線4と3位置DS:5は1組ずつになっている。また、下方の容器2内に収納している機器はCB:10とES:18になり、ES:18後方の密閉容器2後面に開口部2dを設け、中間ブッシング7を介して変圧器などの機器に接続される第4の密閉容器21を取付けている。
【0038】
この発明による実施の形態6によれば、実施の形態1から実施の形態4までの構成において、前記3位置DS:11またはES:18からなる第2の開閉機器要素後方の密閉容器2後面に開口部2dを設けるとともに、前記開口部2dを貫通する中間ブッシング7を介して前記第3位置DS:11またはES:18からなる2の開閉機器要素へ接続される接続導体21aを収納する筒状密閉容器21を設け、前記筒状密閉容器21に収納した接続導体21aを介して外部機器を接続するようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるとともに、変圧器などへの機器続を的確に行えるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0039】
実施の形態7.
この発明による実施の形態7を図7について説明する。図7は実施の形態7におけるガス絶縁スイッチギヤの構成を示す側断面図である。
この実施の形態7において、ここで説明する特有の構成以外の構成については、先に説明した実施の形態1と同一の構成内容を具備し、同様の作用を奏するものである。図中、同一符号は同一または相当部分を示す。
【0040】
実施の形態7における構成を示す図7と実施の形態1における構成を示す図1を比較すれば明らかなように、この実施の形態7では、上方の密閉容器1内前方の機器は3位置DS:5からDS:22に代わっており、前方のDS:22の端子22aと後方の3位置DS:5の端子5c間は接続導体23によって接続されている。また、2つの密閉容器間に設けている中間ブッシング7の内、前方の中間ブッシング701をなくし、CB:10の固定側支持端子10eは後方の中間ブッシング702のみに接続している。また、下方の密閉容器2内の機器は、CB:10とES:18になっている。
【0041】
この発明による実施の形態7によれば、遮断機能を具備するCB:10からなる遮断機器要素と、DSとしての断路機能およびESとしての接地機能の少なくとも一方を具備する3位置DS:5およびDS:22等からなる開閉機器要素とを、絶縁性ガスが封入された金属製密閉容器1,2からなる導電性容器に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、それぞれ水平方向に移動する可動部MBを有し水平方向に延在した状態で多相構成として並設される各相ユニットからなるCB:10からなる遮断機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の上方において多相構成として並設される各相ユニットで構成される3位置DS:5およびDS:22からなる第1の開閉機器要素、それぞれ水平方向に移動する可動部MSを有し水平方向に延在した状態で前記CB:10からなる遮断機器要素の下方において多相構成として並設される各相ユニットで構成されるES:18等からなる第2の開閉機器要素を備え、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:5およびDS:22からなる第1の開閉機器要素を介して母線5A,5Bからなる第1および第2の母線装置に接続されるとともに、前記CB:10からなる遮断機器要素が前記3位置DS:11からなる第2の開閉機器要素を介してケーブル終端接続箱14等からなる回路接続手段に接続されるようにし、しかも、母線5Aからなる第1の母線装置には共通の中間ブッシング702により前記CB:10からなる遮断機器要素へ接続される3位置DS:5およびDS:22を介して前記CB:10からなる遮断機器要素が接続され、母線5Bからなる第2の母線装置には共通の中間ブッシング702により前記CB:10からなる遮断機器要素へ接続される3位置DS:5を介して前記CB:10からなる遮断機器要素が接続されるようにしたので、絶縁性ガスが封入された導電性容器に水平方向に延在した状態で収納された遮断機器要素および複数の開閉機器要素を所定の上下関係で配設することにより、機器構成の簡潔化を達成できるとともに、中間ブッシングの本数を低減し接続関係を簡素化できるガス絶縁スイッチギヤを提供することができる。
【0042】
この発明による実施の形態において、実施の形態3〜7は、実施の形態1,2の効果を損なうことなく、ガス絶縁スイッチギヤに要求される主回路構成に対し、対応可能であることを示している。
【0043】
なお、実施の形態1〜7のDS,ES、3位置DSを他のDS,ES、3位置DSに変更することで、更に多くの形態を構成することができることは勿論である。
【0044】
この発明による実施の形態においては、次の(A1)項〜(A8)項に示した構成が提案されている。
(A1)CB:10,DS,ESおよびDSにES機能を付加した3位置DS:5A,5B,11,12などの機器をSFガス,ドライエア,窒素ガスなどの絶縁性ガスを封入した接地された金属製密閉容器1,2内に収納したガス絶縁スイッチギヤにおいて、CB:10の主回路部を、密閉容器2前面の開口部2aに着脱可能に気密に取付けた機器取付け板9の密閉容器内面側に、3相を水平にスイッチギヤ本体SGの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒内に、固定側端子10bおよび可動側端子10cを絶縁筒10aで支持するように収納し、十分な通電性能を有する可動側支持部は可動側端子10cの外形より僅かに大きな貫通穴を有し、貫通穴の内面または可動側端子10cの外面に、可動側端子10cと可動側支持部10fを電気的に接続する接触子10hを設け、機器取付け板9の密閉容器外側に、CB用操作装置10kを、操作装置10kの高さ方向の中心がほぼ主回路の可動軸と同じ高さになるように設け、DS,ESおよび3位置DS:5A,5B,11,12の主回路部を、密閉容器1,2の前面または後面の開口部に着脱可能に気密に取付けた機器取付け板5a,9,12aの密閉容器1,2内面側に、機器毎に3相を水平にガス絶縁スイッチギヤSGの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10aまたは下方が開いたU字形絶縁ホルダー5b,11a,12b内に収納・保持し、機器取付け板5a,9,12aの密閉容器1,2外側に、DS,ESおよび3位置DS用操作装置5f,1f,12fを、操作装置5f,1f,12fの高さ方向の中心がほぼ主回路の可動軸と同じ高さになるようにそれぞれに設け、CB:10,DS,ESおよび3位置DS:5A,5B,11,12の主回路部と操作装置5f,1f,12fは、Oリングなどのパッキン、または、機器取付け板5a,9,12aに気密に取付けたベローズを用いて気密に機器取付け板5a,9,12aを貫通した駆動軸によって連結されている。
また、密閉容器1内の上方には、ガス絶縁スイッチギヤ本体SGの幅方向に延長可能な3相の母線4,4A,4Bを、ガス絶縁スイッチギヤ本体SGの奥行き方向に3相を1組として1組または2組設け、密閉容器2の後面側には、下方または上方に向けたケーブル接続終端箱14を設けている。
上記主回路機器は、2つの密閉容器1,2に分けて収納し、2つの密閉容器1,2は内部に接続用導体を埋設したエポキシ樹脂製中間ブッシング7を用いて気密に接続し、上方の密閉容器1には、1組または2組の母線4,4A,4B、および、1組または2組のDS,ESまたは3位置DS:5,5A,5Bを収納し、DSの一方の端子と母線との間を接続用導体により接続し、DSの母線に接続されていない端子の下方に上記中間ブッシング7を配置し、DSと中間ブッシング7の間を接続部により接続した。
また、下方の密閉容器2内の上方にCB:10を設置し、CB:10の下方にDS、ESまたは3位置DSを設置し、更にCB:10に組み合わさる機器がDSまたは3位置DSの場合には、DSまたは3位置DSの下方にESを配置し、上方の密閉容器1と下方の密閉容器2の間に設けた中間ブッシング7の下端には、CB:10の可動方向とほぼ平行なる接続導体2の片端を接続し、接続導体2の他端はCB:10の固定側端子に接続されており、CB:10の可動側端子は、下方のDS,ESまたは3位置DSの1つの端子に接続し、DS,ESまたは3位置DSの後方の端子は、密閉容器の後面側の開口部に取付けたケーブル終端接続箱14から密閉容器2内に突出した導体に接続したことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0045】
(A2)CB:10,DS,ESおよびDSにES機能を付加した3位置DS:5A,5B,11,12などの機器をSFガス、ドライエア、窒素ガスなどの絶縁性ガスを封入した接地された金属製密閉容器1,201,3内に収納したスイッチギヤにおいて、CB:10の主回路部を、密閉容器201前面の開口部に着脱可能に気密に取付けた機器取付け板9aの密閉容器10内面側に、3相を水平にスイッチギヤの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10a内に、固定側端子10bおよび可動側端子10cを絶縁筒10aで支持するように収納し、十分な通電性能を有する可動側支持部10fは可動側端子10cの外形より僅かに大きな貫通穴を有し、貫通穴の内面または可動側端子10cの外面に、可動側端子10cと可動側支持部10fを電気的に接続する接触子10hを設け、機器取付け板9aの密閉容器10外側に、CB用操作装置10kを、操作装置10kの高さ方向の中心がほぼ主回路の可動軸と同じ高さになるように設け、DS,ESおよび3位置DS:5A,5B,11,12の主回路部を、密閉容器1,2の前面または後面の開口部に着脱可能に気密に取付けた機器取付け板5a,9a,9bの密閉容器内面側に、機器毎に3相を水平にガス絶縁スイッチギヤ本体SGの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10aまたは下方が開いたU字形絶縁ホルダー5b,11a,12b内に収納・保持し、機器取付け板5a,9a,9bの密閉容器10外側に、DS,ESおよび3位置DS用操作装置5f,11f,12fを、操作装置5f,11f,12fの高さ方向の中心がほぼ主回路の可動軸と同じ高さになるようにそれぞれに設け、CB:10,DS,ESおよび3位置DSの主回路部と操作装置5f,10k,11f,12fは、Oリングなどのパッキン、または、機器取付け板5a,9a,9bに気密に取付けたベローズを用いて気密に機器取付け板5a,9a,9bを貫通した駆動軸によって連結されている。
また、密閉容器1内の上方には、ガス絶縁スイッチギヤ本体SGの幅方向に延長可能な3相の母線4,4A,4Bを、奥行き方向に3相を1組として1組または2組設け、密閉容器の後面側に、下方または上方に向けてケーブル接続終端箱を設けている。
上記主回路機器は、3つの密閉容器1,201,3に分けて収納し、3つの密閉容器1,201,3は内部に接続用導体を埋設したエポキシ樹脂製中間ブッシング7を用いて気密に接続し、上方の密閉容器1には、1組または2組の母線4A,4Bおよび、1組または2組のDS,ESまたは3位置DS:5,5A,5Bを収納し、DSの一方の端子と母線との間を接続用導体により接続し、DSの母線に接続していない端子の下方に中間ブッシング7を配置し、DSと中間ブッシング7の間を接続部により接続した。
また、中段の密閉容器201内にはCB:10を設置し、中段の密閉容器201上部に設けた中間ブッシング7の下端には、CB:10の可動方向とほぼ平行な接続導体の片端を接続し、接続導体の他端はCB:10の固定側端子に接続され、CB:10の可動側端子10cは、中段の密閉容器201の下部に設けた中間ブッシング7の上端に接続部を介して接続している。
下方の密閉容器3内には、DSとES、3位置DSとESまたはESの何れか1組を収納し、DS,ESまたは3位置DSの後方の端子は、密閉容器3の後面側の開口部に取付けたケーブル終端接続箱14から密閉容器3内に突出した導体に接続したことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0046】
(A3)前記(A1)項および(A2)項の特徴を有するガス絶縁スイッチギヤにおいて、下端に設けたESの代わりに3位置DS:12を配置し、3位置DS:12の可動軸とほぼ同軸になるように、密閉容器2,3の後面側に設けた開口部を貫通する避雷器13を設けたことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0047】
(A4)前記(A1)項および(A2)項の特徴を有するガス絶縁スイッチギヤにおいて、下端に設けたESの代わりに3位置DS:12を配置し、3位置DSの可動軸と平行になるように、密閉容器2の前面側に設けた開口部2cを貫通する避雷器13を設けたことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0048】
(A5)前記(A1)項および(A2)項の特徴を有するガス絶縁開閉装置において、CB:10下方のDS,ESまたは3位置DS:12後方の密閉容器2後面に開口部2dを設け、DS,ESまたは3位置DSのほぼ可動軸線上に開口部を貫通する中間ブッシングを介して、屈折して上方へ延びる接続導体19aを収納した屈折密閉容器19を接続し、屈折密閉容器19の上面に、十分な耐電圧性能を有するブッシング20を気密に取付けたことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0049】
(A6)前記(A1)項および(A2)項の特徴を有するガス絶縁開閉装置において、CB:10下方のDS,ESまたは3位置DS後方の密閉容器2後面に開口部2dを設け、DS,ESまたは3位置DS:11のほぼ可動軸線上に開口部2dを貫通する中間ブッシング7を介して変圧器など他の機器へ接続するための接続導体21aを収納した筒状密閉容器21を取付けたことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0050】
(A7)前記(A1)項および(A2)項の特徴を有するガス絶縁開閉装置において、上方の密閉容器の側面から密閉容器内に挿入される概ね円錐形の母線接続用ブッシングに設置し、母線接続用ブッシングの密閉容器外側の形状は凹型で、母線接続用ブッシングの中心軸上に、密閉容器内側の端部に母線が挿入可能で、母線の外形より僅かに大きな凹部を有する接続用導体を埋設し、接続用導体の凹部の内面または母線の外面に設けた接触子により、母線と母線接続用ブッシングに埋設された接続導体を電気的に接続したことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0051】
(A8)前記(A1)項の特徴を有するガス絶縁開閉装置において、CB:10とCB:10の下方に設置したDS,ES,または3位置DS:11を、共通の機器取付け板9に組付けたことを特徴とするガス絶縁スイッチギヤ。
【0052】
この発明による実施の形態において従来技術の問題点を解決するための課題は、次の(B1)項〜(B4)項に示す通りである。
(B1)CB:10の下方にケーブル接続箱14との間の接続に必要なDS,ES,3位置DSが設置されており、母線がCB:10上部に設けた密閉容器の後面にあるために、CB:10にもう1組の母線を接続することが困難であり、ガス絶縁スイッチギヤの外形を大きくすることなく、容易にもう1組の母線を接続できるガス絶縁スイッチギヤを得る。
【0053】
(B2)DS,ES,3位置DSは刃型方式でCB:10と共通の絶縁筒に組付けられており、更にDS,ES,3位置DSの相間および密閉容器などの接地金属間の距離を短縮するために、絶縁補強用絶縁バリヤを設けるには、絶縁筒を更に複雑な形状にするか、あるいは大きな絶縁バリヤを相間および密閉容器などの接地金属間に設けなければならないが、複雑な形状の絶縁物を用いずに、大きな絶縁バリヤを用いることなく、相間および密閉容器などの接地金属間の耐電圧性能を向上させ、絶縁距離を短縮することにより、小形のガス絶縁スイッチギヤを得る。
【0054】
(B3)DS,ES,3位置DSの可動導体は、可動角度と固定端子との絶縁性能によって決定されるために、ガス絶縁スイッチギヤの高さが高くなっており、絶縁性能を損なうことなく、小形のガス絶縁スイッチギヤを得る。
【0055】
(B4)CB:10は固定側のみで支持され可動側の支持ができていないので、CB:10動作時に固定側に過大な応力を生じる可能性があるので、絶縁性能、通電性能を損なうことなくCB:10の可動側の支持を行う。
【0056】
上記課題を解決するための手段は、次の(C1)項〜(C4)項に示す通りである。
(C1)CB:10,DS,ESおよび3位置DS:5A,5B,11,12は、全て可動部MB,MSの移動方向が水平になるように、密閉容器1,2の開口部5a,2a,2bに着脱可能に気密に取付けた機器取付け板5a,9,12aの密閉容器1,2内面側に、機器毎に3相を水平にガス絶縁スイッチギヤ本体SGの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10aまたは下方が開いたU字形絶縁ホルダー5b,11a,12b内に収納・保持し、CB:10を収納する密閉容器1、および、母線4A,4BをDS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12を収納した密閉容器2の上方における奥行き寸法を、CB:10の下方に設置したDS,ES,3位置DS:11とケーブル終端接続箱14を接続した長さとほぼ同等の長さとし、上方の密閉容器1の上方に母線4A,4Bを奥行き方向に配置し、母線4A,4Bの下方にDS,ES,3位置DS:5A,5Bを、上方の密閉容器の前面および後面の開口部に、上方の密閉容器の奥行き方向での中心に対し対称に配置し、前後のDS,ES,3位置DS:5A,5Bの中央の端子垂下位置に、上方の密閉容器と下方に設けた密閉容器との間の中間7ブッシングを配置し、DS,ES,3位置DS:5A,5Bと中間ブッシング7の間を接続部により接続した。
【0057】
(C2)DS,ES,3位置DS:5A,5B,11,12は、密閉容器1,2の開口部5a,2a,2bに着脱可能に気密に取付けた機器取付け板5a,9,12aの密閉容器内面側に、機器毎に3相を水平にガス絶縁スイッチギヤ本体SGの幅方向に均等な間隔で配置した下方が開いたU字形絶縁ホルダー5b,11a,12b内に収納・保持する構造とした。
【0058】
(C3)CB:10の主回路部は、密閉容器2前面の開口部2aに着脱可能に気密に取付けた機器取付け板9の密閉容器2内面側に、3相を水平にガス絶縁スイッチギヤ本体SGの幅方向に均等な間隔で配置した略円筒形の絶縁筒10a内に、固定側端子10bおよび可動側端子10cを絶縁筒10aで支持するように収納し、可動側支持部10fは十分な通電性能を有する素材を用い、可動側支持部10fの中央に可動側端子10cの外形より僅かに大きな貫通穴を有し、貫通穴の内面または可動側端子10cの外面に、可動側端子10cと可動側支持部10fを電気的に接続する接触子10h取付けのための溝部を設け、溝部に接触子10hを装着することにより、可動側端子10cと可動側支持部10fの通電性能を確保した。
【0059】
(C4)ケーブル終端接続箱14の密閉容器2の開口部2dから密閉容器2内面へ突出した接続導体14aの中心軸を、CB:10下方に設置したDS,ES,3位置DS:11の可動軸を一致させ、ケーブル終端接続箱14を密閉容器2後面の開口部2dに取付ける構造とした。
【図面の簡単な説明】
【0060】
【図1】この発明による実施の形態1における構成を示す側断面図である。
【図2】この発明による実施の形態2における構成を示す側断面図である。
【図3】この発明による実施の形態3における構成を示す側断面図である。
【図4】この発明による実施の形態4における構成を示す側断面図である。
【図5】この発明による実施の形態5における構成を示す側断面図である。
【図6】この発明による実施の形態6における構成を示す側断面図である。
【図7】この発明による実施の形態7における構成を示す側断面図である。
【符号の説明】
【0061】
1 密閉容器、1a,1b 密閉容器の開口部、2 密閉容器、2a,2b,2c,2d 密閉容器の開口部、3 密閉容器、4 母線、5 3位置DS、5a 機器取付け板、5b 絶縁ホルダー、5c,5d 3位置DSの端子、5e 3位置DSの主回路、5f 3位置DSの操作装置、5g パッキン、5h 3位置DS用駆動軸、6 接続導体、7 中間ブッシング、7a 接続導体、8 接続部、9,9a,9b 機器取付け板、10 CB、10a 絶縁筒、10b CB固定側端子、10c CB可動側端子、10d 固定用埋金、10e CB固定側支持端子、10f CB可動側支持部、10g CB可動側支持部の貫通穴、10h 接触子、10j CBの主回路、10k CBの操作装置、10m ベローズ、10n CB用駆動軸、11 3位置DS、11a 絶縁ホルダー、11b 3位置DSの端子、11e 3位置DSの主回路、11f 3位置DSの操作装置、11g パッキン、11h 3位置DS用駆動軸、12 3位置DS、12a 機器取付け板、12b 絶縁ホルダー、12c 3位置DSの端子、12e 3位置DSの主回路、12f 3位置DSの操作装置、12g パッキン、12h 3位置DS用駆動軸、13 避雷器、13a 避雷器の端子、14 ケーブル終端接続箱、14a ケーブル終端接続箱の端子、15 接続導体、16,17 密閉容器、18 ES、19 第3の密閉容器、20 ブッシング、21 第4の密閉容器、22 DS、22a DSの端子、23 接続導体、201 密閉容器、701 中間ブッシング、702 中間ブッシング。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013