米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 発電 -> 日東工業株式会社

発明の名称 筐体への電線引込構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−14095(P2007−14095A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−190188(P2005−190188)
出願日 平成17年6月29日(2005.6.29)
代理人 【識別番号】100078101
【弁理士】
【氏名又は名称】綿貫 達雄
発明者 松隈 裕史 / 岡村 浩之 / 中垣 友樹 / 青山 謙 / 後藤 俊朗
要約 課題
筐体内に設置した主幹ブレーカ又は母線バーと入力電源線との接続を容易とした筐体への電線引込構造を提供する。

解決手段
筐体11内に設置した主幹ブレーカ2aの電源側端子と入力電源線4とを接続するための電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aを筐体11の外部に突出させて設ける。各相の電源側接続端子5aは電源引込用導電バー5の長さ方向に異なる位置に配置し、各相の電源引込用導電バー5の間に絶縁隔壁を設ける。
特許請求の範囲
【請求項1】
筐体内に設置したブレーカ又は母線バーと入力電源線を接続する電源引込用導電バーの電源側接続端子を筐体の外部に突出させて設けたことを特徴とする筐体への電線引込構造。
【請求項2】
各相の電源引込用導電バーの電源側接続端子を長さ方向に異なる位置に配置したうえ、各相の電源引込用導電バーの間に絶縁隔壁を設けた請求項1に記載の筐体への電線引込構造。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、筐体内に設置した主幹ブレーカ又は母線バーと入力電源線とを接続するための筐体への電線引込構造に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来の筐体への電線引込構造は、筐体に設けた孔部から入力電源線を筐体内に引き込んで主幹ブレーカ又は母線バーと接続するものである(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開平7−241006号公報
【0003】
しかし、この従来のものは、入力電源線を筐体内部で主幹ブレーカや母線バーと接続する必要があるため、接続作業や配線を引き廻すための余分なスペースを筐体内部に設ける必要があり、その分筐体全体が大型化するという問題点があった。また、筐体内部での配線作業はスペースが限られており、作業性の悪いものであった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は前記のような従来の問題点を解決して、筐体内に設置したブレーカ又は母線バーと入力電源線との接続を容易とした筐体への電線引込構造を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の筐体への電線引込構造は、筐体内に設置したブレーカ又は母線バーと入力電源線を接続する電源引込用導電バーの電源側接続端子を筐体の外部に突出させて設けたことを特徴とするものを請求項1に記載の発明としたものである。
【0006】
そして、この請求項1に記載の発明において、各相の電源引込用導電バーの電源側接続端子を長さ方向に異なる位置に配置したうえ、各相の電源引込用導電バーの間に絶縁隔壁を設けたものを請求項2に記載の発明としたものである。
【発明の効果】
【0007】
前記した請求項1に記載の筐体への電線引込構造は、筐体内に設置したブレーカ又は母線バーと入力電源線を接続する電源引込用導電バーの電源側接続端子を筐体の外部に突出させて設けたものであるから、この外部に突出させて設けた電源側接続端子に入力電源線を接続すればよいので、接続作業や配線を引き廻すための余分なスペースが不要となり、筐体全体を大型する必要がないもので、スペースの狭い箇所に設置できる利点があり、また、筐体の材料費も削減できるものである。さらに、作業スペースが広くとれる筐体の外側で接続作業を行うので作業も容易なものである。
【0008】
次に、請求項2に記載の筐体への電線引込構造は、前記請求項1に記載の発明の構成に、各相の電源引込用導電バーの電源側接続端子を長さ方向に異なる位置に配置しているので、接続作業がさらに容易なものとなる。また、各相の電源引込用導電バーの間に絶縁隔壁を設けることにより、各相の電源側接続端子に接続する入力電源線に取り付けた圧着端子のサイズが大きなもので圧着端子間の間隔が狭くなっても絶縁を充分に確保できるものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
次に、本発明の好ましい実施の形態を図に基づき説明する。
【0010】
〔第1の実施形態〕
先ず、図1〜図7に示す小型の筐体からなるブレーカユニットを複数個組み合わせたことで構成されるユニットタイプの分電盤について説明する。
1はブレーカユニットであり、該ブレーカユニット1は、図2に示すように、筐体11のブレーカ取付基台11aにブレーカ2を取り付けたものであり、該ブレーカ取付基台11aにはヒンジ部をもって開閉自在とした逆箱状の蓋部11bが設けられている。なお、蓋部11bはヒンジ連結することなく取り外し自在としてもよいし、さらに、ブレーカ取付基台11aを箱状とし、蓋部11bを板状としてもよい。
【0011】
また、図3に示すように、ブレーカ取付基台11aの下面には、幹線バーケース13を設け、該幹線バーケース13の一端面側から前記ブレーカ2の一次側又は二次側に接続した短い母線バー14の接続プラグ端子部14aを張設するとともに、該一端面側に対向した他端面内側に前記接続プラグ端子部14aと同一形状のプラグ端子部を嵌合するプラグ端子受部14bを前記短い母線バー14に設けてなるものである。さらに、短い母線バー14には後述するプラグインアダプタ8の下端面から突設したプラグ端子81を挟持するプラグ端子受部14cが設けられている。なお、前記幹線バーケース13は、短い母線バー14を収納する浅箱状の幹線バーケース本体13aと該幹線バーケース本体13aの上部開口を閉塞する蓋部13bより構成して、該蓋部13bをブレーカ取付基台11aの下面に位置するものとし、蓋部13bの一部をブレーカ取付基台11aと一体としている。
【0012】
また、図4に示すように、前記幹線バーケース13は短い母線バー14の接続プラグ端子部14aを張設する一端面側を、筐体11の一端面側からプラグ端子部14aの長さ分を内側に位置させ、他方、該一端面側に対向した他端面をその分筐体11の他端面側から外側に位置させて、接続プラグ端子部14aの上端側が庇状となる筐体11の一端面側により覆われるものとしている。
【0013】
さらに、図5に示すように、幹線バーケース13の一端面側に対向した他端面側の蓋部13bは筐体11の他端面側の下方から露出するので、プラグ端子受部14bを該蓋部13bの上側から設けた切り込み孔13cに臨むように設ければ、隣り合うこととなるブレーカユニット1の各短い母線バー14の接続プラグ端子部14aとプラグ端子受部14bの接続が容易であるうえ、接続プラグ端子部14aが露出することがないので絶縁が確保できるものである。
【0014】
ブレーカ2は、図6、図7に示すように、プラグインアダプタ8に搭載して一次側の端子部と接続した該プラグインアダプタ8の下端面から突設したプラグ端子81を前記ブレーカ取付基台11a及び蓋部13bに透設した差し込み孔を介して貫通させて、幹線バー14に設けたクリップ状のプラグ端子受部14cに挟持させて、ブレーカ2と短い母線バー14の接続をプラグ端子81により行っている。なお、プラグインアダプタ8を介することなくブレーカ2の裏面に直接プラグ端子81を突設したものであってもよい。また、プラグインによらず被覆電線によりネジ止め等の手段によりブレーカ2と短い母線バー14の接続を行ってもよい。
【0015】
一方、図1に示すように、100は前記ブレーカユニット1を複数着脱自在に取付できるユニット取付レールである。ユニット取付レール100は外鍔101a付の断面コ字型のレール本体101を基台102に縦長方向に立設させた自立型のものであるが、基台を設けることなくレール本体101を建屋の壁面や柱に取り付けたものであってもよい。
【0016】
また、ユニット取付レール100の最上部に位置するブレーカユニット1aは、主幹ブレーカ用のブレーカユニットであり、図8、に示すように、主幹ブレーカ2aを取り付けるための板状のブレーカ取付基台11aと、該ブレーカ取付基台11aの前面を覆う逆箱状の蓋部11bよりなる筐体11に、前記ブレーカ取付基台11aの背面側に短い母線バー14を設置するための浅箱状の幹線バーケース13を設けたものである。図9に示すように、前記短い母線バー14は主幹ブレーカ2aの負荷側端子部21と導電バー12により接続されており、また、前記短い母線バー14の端部には幹線バーケース13の側面板に設けた貫通孔から臨むクリップ状の接続部14bを設けて、前述したブレーカユニット1の接続プラグ端子部14aを接続することによりユニットタイプの分電盤を構成している。
【0017】
そして、前記ブレーカユニット1を主幹用のブレーカユニット1aの下方に順次ブレーカユニット1を隣り合うこととなる各短い母線バー14のプラグ端子部14aとプラグ端子受部14bを接続してユニット取付レール100に取り付ければ必要な回路数に応じた分岐用のブレーカの増設ができるものである。しかも、分岐用のブレーカの増設は部品点数が少なく構造が簡単で安価に製造できるユニット取付レール2にブレーカユニット1を取り付けることで行えるので初期投資を軽減できる効果がある。また、ブレーカ2は筐体11に収納されているうえ各短い母線バー14は幹線バーケース13に格納されているので導電部が露出されておらず安全上及び保安上も優れたものである。また、分岐用のブレーカを削減する場合にはブレーカユニット1を取り外すことにより不要な導電部を残すことなく行えるので絶縁処理等の後処理が不要なものである。
【0018】
次に、このようなブレーカユニット1を複数個を組み合わせたユニットタイプの分電盤への電線引込構造を説明する。
【0019】
図8〜図15に示すように、主幹ブレーカ用の筐体11の背面側の外部には、前記主幹ブレーカ2aの3個の電源側端子部22とこれと対応する3本の入力電源線4とを接続するための3本の電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aが突出させて設けられている。3本の各電源引込用導電バー5は主幹ブレーカ2aの電源側端子部22と接続する負荷側接続端子5bと前記電源側接続端子5aを両側に設けたものであり、筐体11から突出させた部分は導電バーケース6に格納されている。
【0020】
前記導電バーケース6は、筐体11の背面に突出させて取り付けた側面を開口させたケース本体61と該開口を施蓋するカバー部材62とよりなる。そして、ケース本体61に前記3本の電源引込用導電バー5が上下に平行として電源側接続端子5aが長さ方向に異なるように上方に位置する電源引込用導電バー5が長く下方に向かう位置ほど短く構成して配置されている。これにより導電バーケース6の下端に設けた入線口63から各電源側接続端子5aへの入力電源線4の引込みには他の電源引込用導電バー5が干渉することなく容易に行えるものである。
【0021】
また、図16に示すように導電バーケース本体には前記筐体11の外部に突出させた電源引込用導電バー5の各相の間に絶縁隔壁7を設けている。この絶縁隔壁7は上部と中間部の電源引込用導電バー5、5の間と、中間部と下部の電源引込用導電バー5、5の間に介在させる2枚の絶縁横板部71、71と上部と中間部の電源引込用導電バー5、5の側面を覆う絶縁側板部72、72を一体としたもので、各電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aのみが露出するものとしている。そして、各絶縁横板部71、71の先端側下方に溝部71aが設けて、該溝部71aに垂直絶縁板73が着脱自在に取り付けられている。
【0022】
なお、上記実施形態の筐体の電線引込構造では短い母線バーを内蔵したブレーカユニットを複数個連結した分電盤で説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。また、主幹ブレーカを設置せず、電源引込用導電バーを母線バーに直接接続してよいことは勿論である。
【0023】
このように構成されたものは、主幹ユニット用の筐体11内に設置した主幹ブレーカ2aと入力電源線4を接続する電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aを筐体11の外部に突出させて設けたものであるから、この外部に突出させて設けた電源側接続端子5aに入力電源線4を接続すればよいので、筐体内に接続作業や配線を引き廻すための余分なスペースを設ける必要がないので筐体全体を大型する必要がないのである。また、筐体11の外側で入力電源線4の接続作業を行うので作業も容易なものである。
【0024】
〔第2の実施形態〕
続いて、第2の実施形態を図17〜図19に示す同一の筐体内に主幹ブレーカと分岐用ブレーカを設置した一体型の分電盤の筐体への電線引込構造により説明する。
1は分電盤の筐体であり、該筐体11の背面には図18に示すように垂直に母線バー3が3本平行に設けられている。この母線バー3には図19に示すような底面にプラグ端子81を有するプラグインアダプタ8に搭載された分岐用ブレーカ9が複数個配置されており、該分岐用ブレーカ9の電源側端子はプラグインアダプタ8に埋め込んだ導電バーを介してプラグ端子81に電気的に接続されている。
【0025】
また、図17に示すように母線バー3の最上端部には主幹ブレーカ2aが配置されており、該主幹ブレーカ2aの負荷側端子部は前記母線バー3と接続されている。そして、前記主幹ブレーカ2aの3個の電源側端子部22とこれと対応する3本の入力電源線4とを接続するための3本の電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aが筐体11の背面から貫通孔を介して外部に突出させて設けられている。この電源引込用導電バー5は前記第1の実施形態と同様に主幹ブレーカ2aの電源側端子部22と接続する負荷側接続端子5bと前記電源側接続端子5aを両側に設けたものであり、筐体11から突出させた部分は導電バーケース6に格納されている。
【0026】
前記導電バーケース6も図16に示す第1の実施形態と同様に筐体11の背面に突出させて取り付けた側面を開口させたケース本体61と該開口を施蓋するヒンジにより開閉自在としたカバー部材62とよりなる。そして、ケース本体61に前記3本の電源引込用導電バー5が上下に平行として電源側接続端子5aが長さ方向に位置が異なるように上部の電源引込用導電バー5が長く下部に向かうほど短く構成して配置されている。これにより導電バーケース6の下端に設けた入線口63から各電源側接続端子5aへの入力電源線4の引込みには他の電源引込用導電バー5が干渉することなく容易に行えるものである。
【0027】
なお、主幹ブレーカ2の負荷側端子部と母線バー3との接続は、該主幹ブレーカ2を前記した底面にプラグ端子81を有するプラグインアダプタ8に搭載して、負荷側端子部をプラグインアダプタ8に埋め込んだ導電バーを介してプラグ端子81に電気的に接続させて、ナイフ状のプラグ端子81を母線バー3に設けたクリップ状のプラグ端子受32に嵌合して接続したものとしているが、プラグ端子81によらずリードバーにより接続してもよい。
【0028】
また、母線バー3は筐体11の背面に前後に平行に配設したな3本の積層タイプでもよく、この場合は、分岐用ブレーカは電源側端子部を分岐用ブレーカの前側に設けた横溝に取り付けたクリップ状のプラグイン端子に構成して母線バー3に対して横方向から挟み込むように接続し、他方、主幹ブレーカも負荷側端子部を同様のプラグイン端子に構成して母線バー3に接続して電源側端子部は前記したとおりの電源引込用導電バー5に接続して入力電源線と接続するものとする。
【0029】
なお、電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aを筐体11の背面から外部に突出させることに限定されるものではなく、筐体11の側面又は上面より突出させて設けてもよい。さらには、主幹ブレーカが設置されていない筐体にあっては、電源引込用導電バーを母線バーに直接接続しても良いことは勿論である。
【0030】
このように構成されたものは、筐体11内に設置した主幹ブレーカ2と入力電源線4を接続する電源引込用導電バー5の電源側接続端子5aを筐体11の外部に突出させて設けたものであるから、この外部に突出させて設けた電源側接続端子5aに入力電源線4を接続すればよいので、筐体内に端子台を設ける必要がないので筐体全体を大型する必要がないので、スペースの狭い箇所に設置できる利点があり、また、筐体の材料費も削減できるものである。さらに、筐体の外側で接続作業を行うので作業も容易なものである。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】第1の実施形態を示す斜視図である。
【図2】第1の実施形態のブレーカユニットをカバーを開けて示す斜視図である。
【図3】第1の実施形態のブレーカユニットの幹線バーケース本体と短い母線バーを示す斜視図である。
【図4】第1の実施形態のブレーカユニットをプラグ端子部の裏側から見た斜視図である。
【図5】第1の実施形態のブレーカユニットを増設する工程を示す下方から見た斜視図である。
【図6】第1の実施形態のブレーカユニットをカバーを開けてブレーカを外した状態を示す表側から見た斜視図である。
【図7】第1の実施形態のブレーカユニットをカバーを開けてブレーカを外した状態を示す裏側から見た斜視図である。
【図8】第1の実施形態を蓋部を開けたうえ主幹ブレーカの電源側端子カバーを外して下方から示す斜視図である。
【図9】幹線バーケース内と電源引込用導電バーを抽出して示す斜視図である。
【図10】第1の実施形態を蓋部を開けたうえ主幹ブレーカの電源側端子カバーを外して上方から示す斜視図である。
【図11】第1の実施形態を蓋部を取り除いて示す概略断面図である。
【図12】第1の実施形態を蓋部を閉じて示す斜視図である。
【図13】第1の実施形態を蓋部を開けて示す斜視図である。
【図14】自立型のユニット取付レールに取り付けた状態を示す表側から見た斜視図である。
【図15】自立型のユニット取付レールに取り付けた状態を示す裏側から見た斜視図である。
【図16】電源引込用導電バーと電源引込用導電バーケースを示す斜視図である。
【図17】第2の実施形態を示す斜視図である。
【図18】第2の実施形態の母線バーと分岐用ブレーカを示す斜視図である。
【図19】第2の実施形態の分岐用ブレーカを搭載したプラグインアダプタ示す斜視図である。
【図20】第2の実施形態の要部を示す斜視図である。
【符号の説明】
【0032】
1 ブレーカユニット
11 筐体
12 導電バー
13 幹線バーケース
14 短い母線バー
2 ブレーカ
2a 主幹ブレーカ
3 母線バー
4 入力電源線
5 電源引込用導電バー
5a 電源側接続端子
6 導電バーケース
7 絶縁隔壁
100 ユニット取付レール




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013