米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 発電 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 電動機駆動装置及びそれを用いた空気調和機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−28778(P2007−28778A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−206433(P2005−206433)
出願日 平成17年7月15日(2005.7.15)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 後藤 英二
要約 課題
回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した回転を実現し、かつ高速回転可能な電動機駆動装置を実現する。

解決手段
三相電動機の負荷量を負荷量検出手段19を用いて検出し、検出した三相電動機の負荷量が予め設定された負荷量以上の場合のみ、検出した三相電動機の各相電流と目標回転数に達するために必要なトルクを発生させる目標電流から指令電流を決定する比例積分演算を比例積分微分演算に切り換える。
特許請求の範囲
【請求項1】
三相電動機と、インバータと、前記三相電動機に流れる相電流を検出する電流検出手段と、前記インバータに接続される直流電源の直流電圧検出手段と、前記インバータが出力する電圧値と前記電流検出手段により検出される電流値とから前記電動機の誘起電圧を推定する誘起電圧推定手段と、推定された誘起電圧推定値に基づいて前記電動機の回転子磁極位置と回転速度を推定する回転子位置速度検出手段と、推定された回転子磁極位置の情報に基づき、比例積分演算により前記三相電動機の回転速度が目標の回転速度に達するために必要なトルクを発生させる目標電流と前記電流検出手段により検出される電流値とから指令電流を決定し、前記インバータを制御するPWM信号を生成するPWM信号生成手段と、前記三相電動機の負荷量を検出する負荷量検出手段とから構成される電動機駆動装置において、前記負荷量検出手段で検出された負荷量が予め設定された値以上の場合、指令電流を決定する比例積分演算を比例積分微分演算に切換えることを特徴とする電動機駆動装置。
【請求項2】
三相電動機の相電流をインバータ母線から検出する請求項1記載の電動機駆動装置。
【請求項3】
三相電動機の相電流を電流センサを用いて検出する請求項1記載の電動機駆動装置。
【請求項4】
空気調和機の室外機に、圧縮機の吐出口と吸入口のそれぞれに冷媒の圧力を検出する圧力検出手段を備え、前記吐出口と吸入口の圧力差を三相電動機の負荷量とする、請求項1〜3記載の電動機駆動装置を用いたことを特徴とする空気調和機。
【請求項5】
空気調和機の室内機の熱交換器に熱交換器温度を検出する室内熱交換器温度検出手段と、室外機の熱交換器に熱交換器温度を検出する室外熱交換器温度検出手段を有し、暖房運転時には室内機に配した前記室内熱交換器温度検出手段を、冷房運転時には室外機に配した前記室外熱交換器温度検出手段を用いて、それぞれの熱交換器温度を検出し、検出した熱交換器温度を三相電動機の負荷量とする、請求項1〜3記載の電動機駆動装置を用いたことを特徴とする空気調和機。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、ブラシレスDCモータなどの電動機を任意の回転数で駆動する電動機駆動装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、空気調和機における圧縮機などの電動機を駆動する装置においては、地球環境保護の観点から消費電力を低減する必要性が大きくなっている。その中で、省電力の技術の一つとして、ブラシレスDCモータのような効率の高い電動機を任意の周波数で駆動するインバータなどが広く一般に使用されている。さらに、駆動する技術としては、矩形波状の電流により駆動を行う矩形波駆動に対して、より効率が高く、騒音も低くすることが可能な正弦波駆動技術が主流となりつつある。
【0003】
空気調和機における圧縮機のような電動機を駆動する場合、電動機の回転子の位置を検出するセンサを取り付けることが困難であるため、回転子の位置を何らかの方法で推定しながら駆動を行う位置センサレス正弦波駆動の技術も発明されている。回転子の位置を推定する方法として、電動機の誘起電圧を推定することにより行う方法があり、インバータ母線に流れる電流から推定する方法や(例えば、特許文献1)、電流センサを用いて電動機に流れる電流から推定する方法(例えば、特許文献2)が発明されている。
【0004】
図3に特許文献1記載の位置センサレス正弦波駆動を実現するためのシステム構成を示す。1は直流電源、2はインバータ、3はブラシレスモータ、4は固定子、5は回転子、6は制御部である。
【0005】
ブラシレスモータ3は、中性点を中心にY結線された3つの相巻線4u、4v、4wが取り付けられる固定子4、および磁石が装着されている回転子5を備える。U相巻線4uの非結線端にU相端子8u、V相巻線4vの非結線端にV相端子8v、W相巻線4wの非結線端にW相端子8wが接続される。
【0006】
インバータ2は、一対のスイッチング素子が電流の上流側と下流側の関係に直列接続された直列回路を、U相用、V相用、W相用として3つ有する。これら直列回路に、直流電源1から出力されるDC電圧が印加される。U相用の直列回路は、上流側スイッチング素子12u、および下流側スイッチング素子13uより成る。V相用の直列回路は、上流側スイッチング素子12v、および下流側スイッチング素子13vより成る。W相用の直列回路は、上流側スイッチング素子12w、および下流側スイッチング素子12wより成る。なお、フリーホイールダイオード14u、14v、14w、15u、15v、15wが、各スイッチング素子と並列に接続される。
【0007】
インバータ2におけるスイッチング素子12u、13uの相互接続点、スイッチング素子12v、13vの相互接続点、およびスイッチング素子12w、13wの相互接続点に、ブラシレスモータ3の端子8u、8v、8wがそれぞれ接続される。
【0008】
インバータ2に印加されている直流電圧は、上述したインバータ2内のスイッチング素子などの回路によって三相の交流電圧に変換され、それによりブラシレスモータ3が駆動される。
【0009】
外部より与えられる目標速度を実現するべく、現在の速度との誤差から演算された出力電圧を出力するために、PWM信号生成手段9によりインバータ2のスイッチング素子を
駆動するPWM信号が生成され、スイッチング素子を電気的に駆動するためのドライブ信号にベースドライバ10により変換され、各スイッチング素子12u、12v、12w、13u、13v、13wが動作する。
【0010】
制御部6は、インバータ母線に配した電流検出手段7により検出されたブラシレスモータ3の相電流と、PWM信号生成手段9で演算される出力電圧とインバータ印加電圧検出手段16が検出した直流電源1から出力されるDC電圧より、ブラシレスモータ3の誘起電圧が誘起電圧推定手段17により推定される。さらに推定された誘起電圧から、回転子位置推定手段18でブラシレスモータ3の回転子磁極位置および速度を推定する。
【0011】
PWM信号生成手段9は、推定された回転子磁極位置の情報に基づき、目標速度に達するために必要なトルクを発生させる目標電流を決定する。さらにインバータ母線に配した電流検出手段7により検出されるブラシレスモータ3の相電流が目標電流とおりになるように比例積分演算(PI制御)を用いて指令電流さらには指令電圧を決定し、インバータ2を制御する信号を出力する。
【0012】
図4は特許文献2記載の位置センサレス正弦波駆動を実現するためのシステム構成であり、ブラシレスモータ3の相電流を検出する手段をインバータ母線に配した電流検出手段7から電流センサ20v、20wにしたものであり、その他の構成は特許文献1記載の発明と同様である。
【0013】
以上のような回路構成にて、ブラシレスモータ3の駆動制御を行っている。
【特許文献1】特開2003−189670号公報
【特許文献2】特開2000−350489号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0014】
しかしながら、前記従来の誘起電圧の推定による位置センサレス正弦波駆動においては、電動機の負荷が重い状態では位置推定誤差の増加が速く、生じた位置推定誤差により脱調するという課題を有していた。本発明は上記の課題を解決するもので、回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で脱調を防止し、安定した駆動を実現する電動機駆動装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0015】
前記従来の課題を解決するために、本発明の電動機駆動装置は、負荷量検出手段を設け、負荷検出手段で検出した負荷が予め設定された値を超えた場合、検出した三相電動機の各相電流と目標回転数に達するために必要なトルクを発生させる目標電流から指令電流を決定する演算式を比例積分演算(PI制御)から微分項を加えた比例積分微分演算(PID制御)に切り換えることにより、目標速度を実現するためのインバータに印加する電圧追従性を向上させ、回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現するものである。
【発明の効果】
【0016】
本発明の電動機駆動装置は回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0017】
第1の発明は、三相電動機の負荷量を検出する負荷量検出手段を設け、負荷量検出手段で検出した負荷量が予め設定された値以上の場合のみ、検出した三相電動機の各相電流と目標回転数に達するために必要なトルクを発生させる目標電流から指令電流を決定する演
算式を比例積分演算(PI制御)から微分項を加えた比例積分微分演算(PID制御)切り換えることにより、目標速度を実現するためのインバータに印加する電圧追従性を向上し、回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現するものである。
【0018】
第2の発明は、特に、第1の発明の三相電動機に流れる相電流の検出をインバータ母線に配した電流検出手段を用いて検出するもので、低コストで相電流をすることができる。
【0019】
第3の発明は、特に、第1の発明の三相電動機に流れる相電流の検出を電流センサを用いて検出するもので、精度よく相電流を検出することができる。
【0020】
第4の発明は、特に、第1から第3の発明の電動機駆動装置を圧縮機の吐出口と吸入口に圧力検出手段を備えた空気調和機に使用し、圧縮機の吐出口と吸入口の差を三相電動機に負荷量とすることにより、負荷量検出手段を新たに設けることなく、安価でかつ回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現するものである。
【0021】
第5の発明は、特に、第1から第3の発明の電動機駆動装置を、室内機と室外機のそれぞれに熱交換器温度検出手段を備えた空気調和機に使用し、暖房運転時には、室内機の熱交換器に配した室内熱交換器温度検出手段を用い、冷房運転時には室外機の熱交換器に配した室外熱交換器温度検出手段を用い、それぞれの運転状態において検出した熱交換の温度を三相電動機に負荷量とすることにより、負荷量検出手段を新たに設けることなく、安価でかつ回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現するものである。
【0022】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0023】
(実施の形態1)
図1は本発明の第1の実施の形態におけるブロック図である。1は直流電源、2はインバータ、3はブラシレスモータ、4は固定子、5は回転子、6は制御部である。
【0024】
ブラシレスモータ3は、中性点を中心にY結線された3つの相巻線4u、4v、4wが取り付けられる固定子4、および磁石が装着されている回転子5を備える。U相巻線4uの非結線端にU相端子8u、V相巻線4vの非結線端にV相端子8v、W相巻線4wの非結線端にW相端子8wが接続される。
【0025】
インバータ2は、一対のスイッチング素子が電流の上流側と下流側の関係に直列接続された直列回路を、U相用、V相用、W相用として3つ有する。これら直列回路に、直流電源1から出力されるDC電圧が印加される。U相用の直列回路は、上流側スイッチング素子12u、および下流側スイッチング素子13uより成る。V相用の直列回路は、上流側スイッチング素子12v、および下流側スイッチング素子13vより成る。W相用の直列回路は、上流側スイッチング素子12w、および下流側スイッチング素子12wより成る。なお、フリーホイールダイオード14u、14v、14w、15u、15v、15wが、各スイッチング素子と並列に接続される。
【0026】
インバータ2におけるスイッチング素子12u、13uの相互接続点、スイッチング素子12v、13vの相互接続点、およびスイッチング素子12w、13wの相互接続点に、ブラシレスモータ3の端子8u、8v、8wがそれぞれ接続される。
【0027】
インバータ2に印加されている直流電圧は、上述したインバータ2内のスイッチング素子などの回路によって三相の交流電圧に変換され、それによりブラシレスモータ3が駆動される。
【0028】
外部より与えられる目標速度を実現するべく、現在の速度との誤差から演算された出力電圧を出力するために、PWM信号生成手段9によりインバータ2のスイッチング素子を駆動するPWM信号が生成され、スイッチング素子を電気的に駆動するためのドライブ信号にベースドライバ10により変換され、各スイッチング素子12u、12v、12w、13u、13v、13wが動作する。
【0029】
制御部6は、インバータ母線に配した電流検出手段7により検出されたブラシレスモータ3の相電流と、PWM信号生成手段9で演算される出力電圧とインバータ印加電圧検出手段16が検出した直流電源1から出力されるDC電圧より、ブラシレスモータ3の誘起電圧が誘起電圧推定手段17により推定される。さらに推定された誘起電圧から、回転子位置推定手段18でブラシレスモータ3の回転子磁極位置および速度を推定する。
【0030】
PWM信号生成手段9は、推定された回転子磁極位置の情報に基づき、目標速度に達するために必要なトルクを発生させる目標電流を決定する。さらにインバータ母線に配した電流検出手段7により検出されるブラシレスモータ3の相電流が目標電流とおりになるように比例積分演算(PI制御)を用いて指令電流さらには指令電圧を決定し、インバータ2を制御する信号を出力する。指令回転数演算切換え手段11では、ブラシレスモータ3の負荷量を検出する負荷量検出手段19で検出した負荷量が予め設定された値以上と未満の場合とで、指令速度を決定する演算式を比例積分演算(PI制御)、もしくは微分項を加えた比例積分微分演算(PID制御)の切換えを行っている。比例積分演算(PI制御)および比例積分微分演算(PID制御)の切り換えは負荷量が予め設定された値以上の場合、回転子の位置推定誤差の増加が速く、脱調しやすいと判断し、比例積分微分演算(PID制御)とするもので、目標回転数を実現するためのインバータ2に印加する電圧が追従しやすくなるため、安定した回転を得ることが可能となる。
【0031】
(実施の形態2)
図2は本発明の第2の実施の形態におけるブロック図であり、ブラシレスモータ3に流れる相電流を電流センサ20v、20wを用いて検出することにより、相電流を精度よく検出するものであり、その他の構成および動作は第1の実施の形態と同様であるため、説明を省略する。
【0032】
(実施の形態3)
図3は本発明の第3の実施の形態におけるブロック図である。21は空気調和機の室外機であり、22は圧縮機、23は圧縮機の吐出口に配した吐出口圧力検出手段、24は圧縮機の吸入口に配した吸入口圧力検出手段である。
【0033】
吐出口圧力検出手段23と吸入口圧力検出手段24で検出した圧力の差を演算し、演算された圧力差を負荷量とすることで、負荷量検出手段19を新たに設けることなく、安価でかつ回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現するものである。
【0034】
(実施の形態4)
図4は本発明の第4の実施の形態におけるブロック図である。25は空気調和機の室内機であり、26は交流電源、27は室内機25から供給される交流電圧を直流電圧に変換する直流電圧生成部、28は室内機25の熱交換器に配した室内熱交換器温度検出手段、29は室外機21の熱交換器に配した室外熱交換器温度検出手段である。
【0035】
冷房運転時には、室外熱交換器温度検出手段29で検出した室外熱交換温度を、暖房運転時には室内熱交換機温度検出手段28で検出した室内熱交換機温度を負荷量とすることで、負荷量検出手段19を新たに設けることなく、安価でかつ回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能な電動機駆動装置を実現することができ。
【産業上の利用可能性】
【0036】
以上のように、本発明の電動機駆動装置は、回転子の位置推定誤差の増加が速い状態で安定した駆動が可能となるので、位置センサレスブラシレスDCモータを使用する産業機器、製品等の用途にも使用できる。
【図面の簡単な説明】
【0037】
【図1】本発明の実施の形態1における電動機駆動装置のブロック図
【図2】本発明の実施の形態2における電動機駆動装置のブロック図
【図3】本発明の実施の形態3における空気調和機のブロック図
【図4】本発明の実施の形態4における空気調和機のブロック図
【図5】従来の電流センサレス電動機駆動装置のブロック図
【図6】従来の電流センサ付き電動機駆動装置のブロック図
【符号の説明】
【0038】
2 インバータ
3 ブラシレスモータ(三相電動機)
6 制御部
7 電流検出手段
9 PWM信号生成手段
10 ベースドライバ
11 指令回転数演算切換え手段
16 インバータ印加電圧検出手段
17 誘起電圧推定手段
18 回転子位置速度推定手段
19 負荷量検出手段




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013