米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 核技術 -> 株式会社日立製作所

発明の名称 給水加熱器ドレンポンプアップシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−132714(P2007−132714A)
公開日 平成19年5月31日(2007.5.31)
出願番号 特願2005−323869(P2005−323869)
出願日 平成17年11月8日(2005.11.8)
代理人 【識別番号】100077816
【弁理士】
【氏名又は名称】春日 讓
発明者 池田 晴彦
要約 課題
負荷遮断等で給水加熱器に蒸気が供給されなくなった場合に発生するドレン配管の損傷を抑制することができる原子力プラントのドレンポンプアップシステムを供給する。

解決手段
復水器8から原子炉1へ供給される復水を流通させるための復水管路9、この復水管路9中の復水を蒸気によって加熱する高圧給水加熱器3a,3b、この高圧給水加熱器3a,3bで生じるドレンを流通させるためのドレン配管15、このドレン配管15が復水配管9に接続する接続部17、ドレン配管15中のドレンを復水配管9に向かって圧送する高圧ドレンポンプ16を備えて、高圧ドレンポンプ16の出口から接続部17に至るドレン配管15の経路内の少なくとも一カ所に、ドレン流通方向下流側に向かって下る流路であって、復水配管9内に滞留した復水がドレン配管15へ流入することを防止するための下り勾配部18を設ける。
特許請求の範囲
【請求項1】
復水器から原子炉へ供給される復水を流通させるための復水管路と、
この復水管路中の復水を蒸気によって加熱する給水加熱器と、
この給水加熱器内で生じるドレンを流通させるためのドレン管路と、
このドレン管路が前記復水管路に接続する接続部と、
前記ドレン管路中のドレンを前記復水管路に向かって圧送するドレンポンプとを備え、
前記ドレンポンプの出口から前記接続部に至る前記ドレン管路の経路内の少なくとも一カ所に、ドレン流通方向下流側に向かって下る流路であって、前記復水管路内に滞留した復水が前記ドレン管路内へ流入することを防止するための下り勾配部を有することを特徴とする原子力プラントの給水加熱器ドレンポンプアップシステム。
【請求項2】
請求項1記載の原子力プラントの給水加熱器ドレンポンプアップシステムにおいて、
さらに低圧タービンから蒸気が供給される低圧給水加熱器を備え、
前記給水加熱器は高圧タービンから蒸気が供給される高圧給水加熱器であり、
前記接続部は前記高圧給水加熱器の上流かつ前記低圧給水加熱器の下流に位置することを特徴とする原子力プラントの給水加熱器ドレンポンプアップシステム。
【請求項3】
請求項1記載の原子力プラントの給水加熱器ドレンポンプアップシステムにおいて、
さらに高圧タービンから蒸気が供給される高圧給水加熱器を備え、
前記給水加熱器は低圧タービンから蒸気が供給される低圧給水加熱器であり、
前記接続部は前記低圧給水加熱器の上流かつ前記復水器の下流に位置することを特徴とする原子力プラントの給水加熱器ドレンポンプアップシステム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は原子力プラントの給水加熱器ドレンポンプアップシステムに関する。
【背景技術】
【0002】
原子力プラントのプラント効率を向上させる一手段として、給水加熱器ドレンポンプアップシステムがある。このシステムは、通常運転中、給水加熱器で復水配管中の復水を加熱する際に発生する高温のドレンをドレンタンクに貯蔵し、このドレンタンク内のドレンを復水配管に接続したドレン配管を介してドレンポンプによって復水配管内へ送給する。給水加熱器ドレンポンプアップシステムは、このように高温のドレンを復水配管内に供給して復水温度の上昇に利用することによって、原子力プラントのプラント効率を向上させている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開平11−344595号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上記の給水加熱器ドレンポンプアップシステムは、負荷遮断等の場合には、ドレンポンプを停止して機能を停止するので、ドレンポンプの下流側のドレン配管内に高温のドレンが滞留した状態になる。また、給水加熱器は、通常運転中にはタービンから供給される蒸気を利用して復水を加熱しているが、負荷遮断等でタービンからの蒸気の供給が停止すると加熱能力が弱まり、復水配管内に滞留した復水の温度は時間経過に伴って徐々に低下する。このようにして復水配管内の復水はドレン配管内のドレンと比較して相対的に低温になっていく。
【0005】
このような場合、例えば復水配管とドレン配管との接続箇所においてドレン配管が復水配管の下方から接続されていると、比重差等を原因にドレンが滞留しているドレン配管内に復水配管内に滞留していた低温化した復水が流れ込む場合がある。このようにドレン配管に流れ込んだ復水はドレン配管内において著しい水温差(50〜100℃程度)を生じさせる原因となる。この温度差はドレン配管を熱変形により伸縮させ、その影響は周囲の機器等に及ぶ場合もある。
【0006】
本発明の目的は負荷遮断等で給水加熱器に蒸気が供給されなくなった場合に発生するドレン配管の損傷を抑制することができる原子力プラントのドレンポンプアップシステムを供給することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1)本発明は、上記目的を達成するために、復水器から原子炉へ供給される復水を流通させるための復水管路と、この復水管路中の復水を蒸気によって加熱する給水加熱器と、この給水加熱器内で生じるドレンを流通させるためのドレン管路と、このドレン管路が前記復水管路に接続する接続部と、前記ドレン管路中のドレンを前記復水管路に向かって圧送するドレンポンプとを備え、前記ドレンポンプの出口から前記接続部に至る前記ドレン管路の経路内の少なくとも一カ所に、ドレン流通方向下流側に向かって下る流路であって、前記復水管路内に滞留した復水が前記ドレン管路内へ流入することを防止するための下り勾配部を有するものとする。
【0008】
(2)上記(1)は、好ましくは、さらに低圧タービンから蒸気が供給される低圧給水加熱器を備え、前記給水加熱器は高圧タービンから蒸気が供給される高圧給水加熱器であり、前記接続部は前記高圧給水加熱器の上流かつ前記低圧給水加熱器の下流に位置するものとする。
【0009】
(3)上記(1)は、好ましくは、さらに高圧タービンから蒸気が供給される高圧給水加熱器を備え、前記給水加熱器は低圧タービンから蒸気が供給される低圧給水加熱器であり、前記接続部は前記低圧給水加熱器の上流かつ前記復水器の下流に位置するものとする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、負荷遮断等の際にも、復水の流入を防止することでドレン配管の損傷を抑制することができるので、原子力プラントの安定運転を確保することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、本発明の実施の形態を図面を用いて説明する。
【0012】
図1は、本発明の給水加熱器ドレンポンプアップシステムを備えた原子力プラントの概略図である。
【0013】
図1に示す原子力プラントは、蒸気を発生させる沸騰水型の原子炉1と、この原子炉1で発生した蒸気が供給される高圧タービン2と、この高圧タービン2から抽出された蒸気を流通させるための蒸気管4a,4bと、高圧タービン2に供給された後の蒸気が供給される低圧タービン5と、この低圧タービン5から抽出された蒸気を流通させるための蒸気管7a〜7dと、低圧タービン5等から抽出された蒸気を復水する復水器8と、この復水器8中の復水を原子炉1へ流通させるための復水配管9と、この復水配管9中の復水を原子炉1へ圧送するための低圧復水ポンプ10、高圧復水ポンプ11、及び給水ポンプ12と、蒸気管7a〜7dからの蒸気によって復水配管9内の復水を加熱する低圧給水加熱器6a〜6dと、蒸気管4a,4bからの蒸気によって復水配管9内の復水を加熱する高圧給水加熱器3a,3bと、この高圧給水加熱器3a,3b内で発生したドレンを復水配管9へ送給する高圧給水加熱器ドレンポンプアップシステム(以下、HPDPUシステムと称する。)13と、このHPDPUシステム13からのドレンが復水配管9中の復水と合流する接続部17とを備えている。
【0014】
なお、以下の説明においては説明の便宜上ドレンの流通経路を上記のように「ドレン配管」と称することにする。つまり、ここで用いる「ドレン配管」という語は、パイプや継ぎ手部分などの部品単位で形成される配管そのものを示すのではなく、これら各種配管部品を構成することによって形成されるドレンの流通経路(ドレン管路とする)を示すことにする。また、これは復水配管9についても同様とし、復水の流通経路を復水管路とする。
【0015】
高圧給水加熱器3a,3bは復水が流通する加熱管を内部に備えており、この加熱管の外側に高圧タービン2から抽出した蒸気(加熱蒸気)を蒸気管4a,4bを介して導いている。高圧給水加熱器3a,3b内において、加熱蒸気は加熱管と接触して熱交換を行い間接的に加熱管内を流通する復水を加熱している。このように高圧給水加熱器3a,3bは復水を原子炉1に供給する前の段階で予め加熱することをによってプラントの熱効率を向上させている。また、高圧給水加熱器3a,3b内において復水を加熱した加熱蒸気は熱交換の後に凝縮してドレンとなり高圧給水加熱器3a,3b内部に溜まる。
【0016】
また、重複するので詳しい説明は省略するが、低圧給水加熱器6a〜6dも、上記高圧給水加熱器3a,3bと同様に、蒸気管7a〜7dを介して低圧タービン5から抽出した加熱蒸気によって復水を加熱し、その際に発生したドレンを溜めている。
【0017】
HPDPUシステム13は、高圧給水加熱器3a,3b内で発生したドレンを回収する高圧ドレンタンク14と、ドレンを流通させるためのドレン配管15と、このドレン配管15を介して高圧ドレンタンク14内のドレンを圧送する高圧ドレンポンプ16とを備えている。高圧給水加熱器3a,3bにはドレン配管15が接続されており、そのドレン流通方向下流側には高圧ドレンタンク14が接続されている。この高圧ドレンタンク14の出口はドレン配管15を介して高圧ドレンポンプ16の入口に接続されている。また、この高圧ドレンポンプ16の出口はドレン配管15を介して接続部17において復水配管9に接続されており、高圧給水加熱器3a,3b内で発生したドレンは復水配管9中の復水とともに原子炉1へ供給されるようになっている。
【0018】
復水器8には復水配管9が接続されている。この復水配管9には復水流通方向の上流側から順に低圧復水ポンプ10、そして高圧復水ポンプ11が接続されている。この高圧復水ポンプ6の下流側には低圧給水加熱器6aが接続されており、上流から順番に低圧給水加熱器6b,6c,6dが接続されている。低圧給水加熱器6d内を出た復水配管9はさらに延伸し、HPDPUシステム13との接続部17を介して給水ポンプ12と接続されている。更に、この給水ポンプ12の下流側には高圧給水加熱器3a,3bが順に接続され、その下流側には原子炉1が接続されている。
【0019】
なお、図1中の接続部17において、ドレン配管15の出口側のシンボルが図の上方向から下方向に向かって復水配管9に接続するように示されているが、これはドレン配管15が復水配管9の上方から接続しているという構成を表現している(詳細は図2を用いて後述する。)。
【0020】
また、図1において、高圧給水加熱器は3a,3bの2機が示されているが、高圧給水加熱器の数は特にこれに限定されるものではない。また、低圧給水加熱器の数についても同様に、図に示した6a〜6dの4機に限られるものではない。
【0021】
次に図2を用いて接続部17付近について詳述する。
図2は本実施の形態における接続部17付近を模式的に示した断面図である。図1と同じ部分には同じ符号を付し、説明は省略する。なお、図2は接続部17付近において復水配管9の軸方向(復水流通方向)と直交する面における断面を示す図であり、図中の上下方向は鉛直上下方向に対応する。また、以降の説明に用いる図3及び図4もこれと同様に示すものとする。
【0022】
図2に示すように、ドレン配管15は、高圧ドレンポンプ16の出口から接続部17に至る経路において、ドレン流通方向下流側に向かって鉛直方向に下る流路である下り勾配部18を備えている。この下り勾配部18の下流側は接続部17において復水配管9と連通可能に接合されており、通常運転時には高圧ドレンポンプ16によってドレンがドレン配管15内から復水配管9内へ供給されている。また、この下り勾配部18は復水配管9内に滞留した復水がドレン配管15内へ流入することを防止するためのものである。
【0023】
次に、上記構成による原子力プラントの動作及び作用を説明する。
【0024】
はじめに、通常運転時の基本動作について説明する。
原子炉1によって発生された蒸気は高圧タービン2へ供給される。供給された蒸気は高圧タービン2に軸回転力を与え、この軸回転力により図示しない発電機を駆動させる。高圧タービン2に供給された蒸気は、続いて、低圧タービン5にも供給される。この蒸気は同様にして低圧タービン5に軸回転力を与え、発電機を駆動させる。このようにタービン2,5に供給された蒸気は復水器8に排出され、復水器8内において海水等の冷却手段によって凝縮され復水される。
【0025】
復水器8内の復水は、再び原子炉1内に供給されるために復水配管9を介して原子炉1の方向へ低圧復水ポンプ10によって圧送される。この低圧復水ポンプ10によって昇圧された復水は、高圧復水ポンプ11によって更に昇圧され、低圧給水加熱器6a〜6dへ送給される。復水は、これら低圧給水加熱器6a〜6d内において加熱蒸気によって加熱された後、接続部17において合流するドレンによって更に加熱され、給水ポンプ12によって高圧給水加熱器3a,3bに送られる。高圧給水加熱器3a,3b内で加熱蒸気によってまた更に加熱された復水は、原子炉1内に再び導かれ沸騰して蒸気となる。
【0026】
一方、HPDPUシステム13は、高圧給水加熱器3a,3b内で発生したドレンを高圧ドレンタンク14で回収している。さらに、この高圧ドレンタンク14で回収したドレンを高圧ドレンポンプ16によって昇圧して、接続部17において復水と比較して相対的に高温(20℃程度高温)なドレンを復水配管9の上方から流入するように配管9内に供給している。
【0027】
次に本実施の形態の負荷遮断等の場合における動作及び作用について説明する。
【0028】
負荷遮断等によって高圧タービン2への蒸気供給が停止すると、蒸気管4a,4bによる高圧給水加熱器3a,3bへの加熱蒸気の供給も停止する。このように蒸気管4a,4bからの蒸気供給が停止すると、時間経過に伴って高圧給水加熱器3a,3bの復水加熱能力が低下し、例えば、通常運転時には160℃程度だった復水配管9内の復水の温度が40℃程度まで時間経過と伴に徐々に低下していく。また、このとき、HPDPUシステム13における高圧ドレンポンプ16の運転も停止するので、高圧ドレンポンプ16の下流側のドレン配管15内に存在するドレンが180℃程度の温度を保持したままドレン管15内に滞留した状態となる。
【0029】
このような場合、例えば、接続部17において復水配管9に対してドレン配管15が下方から接続されていると、ドレン配管15内のドレンと復水配管9内の復水との温度差によって生じる比重差に起因して、低温化した比重の大きい復水がドレン配管15内に逆流するように流れ込む。低温化した復水が流れ込んだドレン配管15内には180℃程度のドレンが滞留しているので、ドレン配管15内では箇所よって50℃から100℃程度の著しい温度差が生じる。この温度差はドレン配管15を熱変形により通常運転時には起こり得ない程に伸縮させ、その影響は周囲に配設された機器などに及ぶ場合もある。これには、例えば、ドレン配管が熱変形することによって、配管同士の繋ぎ目を接続しているフランジ部に隙間が生じて水漏れが発生することや、配管を支持する留め具(サポート)等が変形すること等が挙げられる。
【0030】
これに対して、本実施の形態はドレン配管15に下り勾配部18を設けることにより上記のような問題の発生を抑制している。即ち、本実施の形態におけるドレン配管15は、高圧ドレンポンプ16の出口側から接続部17に至る経路において、ドレン流通方向下流側に向かって鉛直方向に下る流路である勾配部18備えている。これにより、負荷遮断等によって復水配管9内の復水の温度が低下してその比重が大きくなった場合でも、復水と比較して相対的に比重の小さいドレンが滞留しているドレン配管15内に比重の大きい復水が顕著に流入することは難しい。これによって、高圧ドレンポンプ16出口側のドレン配管15内において著しい温度差を生じる箇所が発生することを防止できるので、温度差によってドレン配管が熱変形して損傷することを抑制することができる。
【0031】
次に本発明の効果について説明する。
上記のように、本発明は、ドレン配管15に下り勾配部18を設けることによって、負荷遮断等によって高圧給水加熱器3a,3bへの加熱蒸気の供給が停止した場合でも、低温化した復水がドレン配管15への流入することを防止することができる。これによって、ドレン配管15が熱変形する要因となる配管15内における著しい温度差の発生を抑制でき、ドレン配管が損傷することを抑制することができる。また、このようにドレン配管15の損傷が抑制されると伴に、ドレン配管周囲の機器等にも影響を与えることも抑制されるので、負荷遮断等の場合にも原子力プラントを安定して運転することができる。
【0032】
なお、以上の説明では、高圧給水加熱器3a,3b内のドレンを回収して復水と合流させるHPDPUシステム13について説明してきたが、本実施の形態は低圧給水加熱器6a〜6d内で同様にして発生するドレンを回収して復水と合流させるいわゆる低圧給水加熱器ドレンポンプアップシステムにも勿論適用可能である。つまり、低圧給水加熱器6a〜6dで発生したドレンをタンクで回収したのち、ポンプで昇圧して低圧給水加熱器6aの上流側かつ復水器8の下流側にドレン配管が復水配管9と接続する接続部を設けて、ここを介してドレンを復水と合流させるシステムにも本発明は適用可能であり、本実施の形態同様の効果を得ることができる。
【0033】
次に本実施の形態の変形例について説明する。
図3及び図4は本実施の形態の変形例における接続部17付近を模式的に示した断面図である。既出の図と同じ部分には同じ符号を付し、説明は省略する。
【0034】
図3において、ドレン配管15はドレン流通方向下流側に向かって下る流路である下り勾配部18Aを備えている。また、図4において、ドレン配管15は水平配管されているとともにドレン流通方向下流側に向かって下る流路である下り勾配部18Bを備えている。
【0035】
上記実施の形態においては低温化復水の流入を防止する部分としてドレン流通方向下流側に向かって鉛直方向に下る流路である下り勾配部18を例に挙げて説明したが、復水の流入防止部分となり得るのはこの下り勾配部18のみに限られない。例えば、図3に示したようにドレン流通方向下流側に向かって斜めに下る下り勾配部18Aや、図4に示したように復水配管9に対してドレン配管15が水平配管されている場合でもドレン流通方向下流側に向かって下る流路である下り勾配部18B等を設ければ、本実施の形態と同様の効果を得ることができる。
【0036】
また、図2〜図4においては上記下り勾配部18,18A,18Bを接続部17と隣接したドレン配管15の出口部分に設ける場合を示したが、その設置箇所はこれに限られない。つまり、高圧ドレンポンプ16の出口側から接続部17に至るまでのドレン配管15の経路において、その経路中の少なくとも一カ所に上記のような下り勾配部を設ければ低温化復水の流入を防止することができ、そのような場合にも上記本実施の形態と同様の効果を得ることができる。
【0037】
なお、上記低圧給水加熱器ドレンポンプアップシステムにおいても、上記のような下り勾配部の変形例やその設置箇所に関する仕様変更が適用可能であることは言うまでもない。
【図面の簡単な説明】
【0038】
【図1】本発明の実施の形態を備える原子力プラントの概略図である。
【図2】本発明の実施の形態における復水配管とドレン配管の接続部付近を模式的に示した断面図である。
【図3】本発明の実施の形態の第1の変形例における復水配管とドレン配管の接続部付近を模式的に示した断面図である。
【図4】本発明の実施の形態の第2の変形例における復水配管とドレン配管の接続部付近を模式的に示した断面図である。
【符号の説明】
【0039】
1 :原子炉
2 :高圧タービン
3a〜b:高圧給水加熱器
4a〜b:蒸気管
5 :低圧タービン
6a〜d:低圧給水加熱器
7a〜d:蒸気管
8 :復水器
9 :復水配管
10 :低圧復水ポンプ
11 :高圧復水ポンプ
12 :給水ポンプ
13 :高圧給水加熱器ドレンポンプアップシステム
14 :高圧ドレンタンク
15 :ドレン配管
16 :高圧ドレンポンプ
17 :接続部
18 :下り勾配部
18A〜B:下り勾配部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013