米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> カシオ計算機株式会社

発明の名称 テキスト表示制御装置およびテキスト表示制御プログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−58555(P2007−58555A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−242916(P2005−242916)
出願日 平成17年8月24日(2005.8.24)
代理人 【識別番号】100058479
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴江 武彦
発明者 西谷 明洋
要約 課題
各種言語の説明情報や例文を検索表示するテキスト表示制御装置で、ダウンロードした所望のテキスト情報の全体を辞書データベースとして登録した場合でも、長い待ち時間を生じさせずに高速に例文検索し、その前後のテキスト部分をも共に表示させる。

解決手段
Webサーバ30やCD−ROM(外部記録媒体)13などからダウンロードされたテキストデータ12en、あるいはメモリカード16から取得されたテキストデータを辞書データベースとした場合でも、当該テキストデータの取得に伴い作成されて共に記憶された各単語のそれぞれに該単語を含む文IDを対応付けた単語検索テーブル12ejおよび各文IDにその開始/終端byteを対応付けた文検索テーブル12eiに従って、ユーザ所望の入力見出語に対応した見出語を含む例文を各テキストデータ12enから素早く検索しその前後のテキスト部分と共に例文検索画面G3にて表示させることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
外部からテキストデータを取得するテキストデータ取得手段と、
このテキストデータ取得手段より取得されたテキストデータの各文を例文として、この例文に含まれる単語と当該例文のテキストデータに対する位置情報とを対応付けした例文検索テーブルを作成する検索テーブル作成手段と、
ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記検索テーブル作成手段により作成された例文検索テーブルに従って検索するテキスト例文検索手段と、
このテキスト例文検索手段により検索された例文と当該例文を含んだテキスト部分を表示させるように制御するテキスト部分表示制御手段と、
を備えたことを特徴とするテキスト表示制御装置。
【請求項2】
前記テキスト部分表示制御手段は、前記テキスト例文検索手段により検索された例文と当該例文を含んだ前後のテキスト部分を表示させるように制御することを特徴とする請求項1に記載のテキスト表示制御装置。
【請求項3】
さらに、
複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、
ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を前記複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データそれぞれから検索する複数辞書検索手段とを備え、
前記テキスト例文検索手段は、前記複数辞書検索手段により検索文字に対応する単語を前記複数の辞書データそれぞれから検索する際に、当該単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴とする請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置。
【請求項4】
さらに、
複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報および例文とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、
ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する例文を前記複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データそれぞれから検索する複数例文検索手段とを備え、
前記テキスト例文検索手段は、前記複数例文検索手段により検索文字に対応する単語を有する例文を前記複数の辞書データそれぞれから検索する際に、当該単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴とする請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置。
【請求項5】
さらに、
複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、
この複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データのうちユーザ操作に応じて1つの辞書データを指定する辞書指定手段と、
この辞書指定手段により指定された辞書データについて、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語の説明情報を検索する説明情報検索手段と、
この説明情報検索手段により検索された検索文字に対応する単語の説明情報を表示させる説明情報表示制御手段とを備え、
前記テキスト例文検索手段は、前記説明情報表示制御手段により検索文字に対応する単語の説明情報が表示された状態から、当該検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴とする請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置。
【請求項6】
さらに、
複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、
この複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データのうちユーザ操作に応じて1つの辞書データを指定する辞書指定手段と、
この辞書指定手段により指定された辞書データについて、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語の説明情報を検索する説明情報検索手段と、
この説明情報検索手段により検索された検索文字に対応する単語の説明情報を表示させる説明情報表示制御手段と、
この説明情報表示制御手段により表示された検索文字に対応する単語の説明情報の中からユーザ操作に応じてジャンプ検索文字を指定するジャンプ検索指定手段とを備え、
前記テキスト例文検索手段は、前記ジャンプ検索指定手段により指定されたジャンプ検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴とする請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置。
【請求項7】
テキスト表示装置のコンピュータを制御するためのテキスト表示制御プログラムであって、
前記コンピュータを、
外部からテキストデータを取得するテキストデータ取得手段、
このテキストデータ取得手段より取得されたテキストデータの各文を例文として、この例文に含まれる単語と当該例文のテキストデータに対する位置情報とを対応付けした例文検索テーブルを作成する検索テーブル作成手段、
ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記検索テーブル作成手段により作成された例文検索テーブルに従って検索するテキスト例文検索手段、
このテキスト例文検索手段により検索された例文と当該例文を含んだテキスト部分を表示させるように制御するテキスト部分表示制御手段、
として機能させるようにしたコンピュータ読み込み可能なテキスト表示制御プログラム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、電子データ化した種々の辞書データベースを記憶して各種言語の説明情報や例文などを検索表示するためのテキスト表示制御装置およびテキスト表示制御プログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、国語辞典,英和辞典,百科事典などの各種の辞典や辞書を電子データ化してROMなどの記憶媒体に格納し、これに基づき各種の言語や語句を見出語として入力し、その訳語や説明情報,例文などを検索して表示するようにした電子辞書装置が広く汎用されている。
【0003】
そして、近年このような電子辞書装置では、例えばユーザのレベルアップや利用分野の変化などによって新たな辞典,辞書データベースが必要になった場合に、所望の辞書データベースが記録され販売されているCD−ROMを購入してPC(personal computer)を介し追加インストールしたり、インターネット上に開設されている電子辞書メーカの管理サイトから所望の辞書データベースをダウンロードにより購入して追加インストールしたりできるようにしている。こうすることで、電子辞書装置それ自体の別機種への買い換えを行わずに済むようにしている。
【0004】
一方で、このような辞書データベースを容易に追加インストールすることが可能になると、予め辞書として作成された辞典,辞書データだけでなく、ニュースや書籍といった様々な種類のテキスト情報をWebサイトなどからのダウンロードによって辞書データベースとして追加インストールし、特に実践的な生きた言い回しを知るための例文検索に使用することが考えられる。しかしこのような単なるテキスト情報の中から所望の単語を含んだ文をベタで検索処理するには、高性能CPUを持たない電子辞書装置では数十秒単位の長い時間を要してしまう。このため、検索対象の見出語を入力してから長くても数秒での検索結果の表示が要求される電子辞書装置にあっては、現実として実用にすることができない。
【0005】
そこで、Webサイトなどからダウンロードしたテキスト情報を読みながら、ある単語に関し良い言い回し(フレーズ)の文を見つけた場合に、当該単語を含む一文だけをその単語を見出語とした例文として辞書データベースに追加登録し、例文の登録・参照機能を向上させた情報検索装置が考えられている(例えば、特許文献1参照。)。
【特許文献1】特開2005−004673
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、前記従来の情報検索装置にあっては、ダウンロードしたテキスト情報の全体ではなく、登録したい一文ずつをそこに含まれる単語を見出語とした例文として追加登録するため、当該単語を検索対象として入力してからの対応例文の検索表示までに要する処理時間が短くて済むものの、検索された例文が何れのテキスト情報(ニュースや書籍など)にどのように載っていたのかを覚えていることは殆どなく、1つの例文のみ検索表示されてもその前後の文の流れも読まないと正しい使い方を十分に理解できないことがある。
【0007】
本発明は、このような課題に鑑みなされたもので、ダウンロードした所望のテキスト情報の全体を辞書データベースとして登録した場合でも、長い待ち時間を生じさせることなく高速に例文検索し、その前後のテキスト部分をも共に表示させることが可能になるテキスト表示制御装置およびテキスト表示制御プログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
請求項1に記載のテキスト表示制御装置は、外部からテキストデータを取得するテキストデータ取得手段と、このテキストデータ取得手段より取得されたテキストデータの各文を例文として、この例文に含まれる単語と当該例文のテキストデータに対する位置情報とを対応付けした例文検索テーブルを作成する検索テーブル作成手段と、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記検索テーブル作成手段により作成された例文検索テーブルに従って検索するテキスト例文検索手段と、このテキスト例文検索手段により検索された例文と当該例文を含んだテキスト部分を表示させるように制御するテキスト部分表示制御手段と、を備えたことを特徴としている。
【0009】
請求項2に記載のテキスト表示制御装置は、前記請求項1に記載のテキスト表示制御装置において、前記テキスト部分表示制御手段は、前記テキスト例文検索手段により検索された例文と当該例文を含んだ前後のテキスト部分を表示させるように制御することを特徴としている。
【0010】
請求項3に記載のテキスト表示制御装置は、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を前記複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データそれぞれから検索する複数辞書検索手段とを備え、前記テキスト例文検索手段は、前記複数辞書検索手段により検索文字に対応する単語を前記複数の辞書データそれぞれから検索する際に、当該単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴としている。
【0011】
請求項4に記載のテキスト表示制御装置は、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報および例文とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する例文を前記複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データそれぞれから検索する複数例文検索手段とを備え、前記テキスト例文検索手段は、前記複数例文検索手段により検索文字に対応する単語を有する例文を前記複数の辞書データそれぞれから検索する際に、当該単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴としている。
【0012】
請求項5に記載のテキスト表示制御装置は、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、この複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データのうちユーザ操作に応じて1つの辞書データを指定する辞書指定手段と、この辞書指定手段により指定された辞書データについて、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語の説明情報を検索する説明情報検索手段と、この説明情報検索手段により検索された検索文字に対応する単語の説明情報を表示させる説明情報表示制御手段とを備え、前記テキスト例文検索手段は、前記説明情報表示制御手段により検索文字に対応する単語の説明情報が表示された状態から、当該検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴としている。
【0013】
請求項6に記載のテキスト表示制御装置は、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、この複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データのうちユーザ操作に応じて1つの辞書データを指定する辞書指定手段と、この辞書指定手段により指定された辞書データについて、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語の説明情報を検索する説明情報検索手段と、この説明情報検索手段により検索された検索文字に対応する単語の説明情報を表示させる説明情報表示制御手段と、この説明情報表示制御手段により表示された検索文字に対応する単語の説明情報の中からユーザ操作に応じてジャンプ検索文字を指定するジャンプ検索指定手段とを備え、前記テキスト例文検索手段は、前記ジャンプ検索指定手段により指定されたジャンプ検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文を、前記例文検索テーブルに従って検索することを特徴としている。
【発明の効果】
【0014】
本発明の請求項1(請求項7)に記載のテキスト表示制御装置(テキスト表示制御プログラム)によれば、外部からテキストデータが取得されると、この取得されたテキストデータの各文を例文として、この例文に含まれる単語と当該例文のテキストデータに対する位置情報とを対応付けした例文検索テーブルが作成される。そして、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する前記テキストデータの中の例文が、前記例文検索テーブルに従って検索され、この検索された例文と当該例文を含んだテキスト部分が表示されるので、ダウンロードや外部メモリから取得した所望のテキストデータをそのまま辞書データベースとして登録した場合でも、長い待ち時間を生じさせることなく高速に例文検索し、例えばその前後のテキスト部分をも共に表示させることが可能になる。
【0015】
本発明の請求項2に記載のテキスト表示制御装置によれば、前記請求項1に記載のテキスト表示制御装置において、テキスト部分表示制御手段では、テキスト例文検索手段により検索された例文と当該例文を含んだ前後のテキスト部分が表示制御されるので、例文前後の文の流れも容易に確認して正しい使い方を十分に理解することができる。
【0016】
本発明の請求項3に記載のテキスト表示制御装置によれば、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データそれぞれから検索する複数辞書検索手段とを備え、テキスト例文検索手段は、複数辞書検索手段により検索文字に対応する単語を前記複数の辞書データそれぞれから検索する際に、当該単語を有するテキストデータの中の例文を、例文検索テーブルに従って検索するので、通常の辞書データに対する単語の一覧検索と共に当該単語を有するテキストデータの中の例文も容易に検索表示することができる。
【0017】
本発明の請求項4に記載のテキスト表示制御装置によれば、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報および例文とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語を有する例文を複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データそれぞれから検索する複数例文検索手段とを備え、テキスト例文検索手段は、複数例文検索手段により検索文字に対応する単語を有する例文を複数の辞書データそれぞれから検索する際に、当該単語を有するテキストデータの中の例文を、例文検索テーブルに従って検索するので、通常の辞書データに対する単語の例文検索と共に当該単語を有するテキストデータの中の例文も容易に検索表示することができる。
【0018】
本発明の請求項5に記載のテキスト表示制御装置によれば、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、この複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データのうちユーザ操作に応じて1つの辞書データを指定する辞書指定手段と、この辞書指定手段により指定された辞書データについて、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語の説明情報を検索する説明情報検索手段と、この説明情報検索手段により検索された検索文字に対応する単語の説明情報を表示させる説明情報表示制御手段とを備え、テキスト例文検索手段は、説明情報表示制御手段により検索文字に対応する単語の説明情報が表示された状態から、当該検索文字に対応する単語を有するテキストデータの中の例文を、例文検索テーブルに従って検索するので、検索された単語の説明情報を確認した上で該単語を有するテキストデータの中の例文も容易に検索表示させることができる。
【0019】
本発明の請求項6に記載のテキスト表示制御装置によれば、前記請求項1または請求項2に記載のテキスト表示制御装置において、さらに、複数の見出語の単語とそのそれぞれの説明情報とを対応付けた辞書データを複数記憶する複数辞書記憶手段と、この複数辞書記憶手段により記憶された複数の辞書データのうちユーザ操作に応じて1つの辞書データを指定する辞書指定手段と、この辞書指定手段により指定された辞書データについて、ユーザ操作に応じて入力された検索文字に対応する単語の説明情報を検索する説明情報検索手段と、この説明情報検索手段により検索された検索文字に対応する単語の説明情報を表示させる説明情報表示制御手段と、この説明情報表示制御手段により表示された検索文字に対応する単語の説明情報の中からユーザ操作に応じてジャンプ検索文字を指定するジャンプ検索指定手段とを備え、テキスト例文検索手段は、ジャンプ検索指定手段により指定されたジャンプ検索文字に対応する単語を有するテキストデータの中の例文を、例文検索テーブルに従って検索するので、検索された単語の説明情報の中に含まれる任意の単語をジャンプ検索文字に指定して該任意の単語を有するテキストデータの中の例文も容易に検索表示させることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
以下図面により本発明の実施の形態について説明する。
【0021】
図1は、本発明のテキスト表示制御装置の実施形態に係る携帯機器(電子辞書)10の電子回路の構成を示すブロック図である。
【0022】
この携帯機器(電子辞書)10は、以下に説明する電子辞書機能を備えたPDA(personal digital assistant)や携帯電話として構成されるか、電子辞書専用の携帯機器として構成される。この携帯機器(電子辞書)10は、各種の記録媒体に記録されたプログラム、又は、伝送されたプログラムを読み込んで、その読み込んだプログラムによって動作が制御されるコンピュータによって構成され、その電子回路には、CPU(central processing unit)11が備えられる。
【0023】
CPU11は、メモリ12内に予め記憶された装置制御プログラム、あるいはCD−ROMなどの外部記録媒体13から記録媒体読取部14、ユーザPC20、電送制御部15を介して前記メモリ12に読み込まれた装置制御プログラム、あるいはインターネットN上のWebサーバ(この場合はプログラムサーバ)30からユーザPC20、電送制御部15を介して前記メモリ12に読み込まれた装置制御プログラム、あるいはROMカードなどのメモリカード16からカード装着部17を介して前記メモリ12に読み込まれた装置制御プログラムに応じて、回路各部の動作を制御するもので、前記メモリ12に記憶された装置制御プログラムは、キーやタッチパネルからなる入力部18からのユーザ操作に応じた入力信号、あるいは電送制御部15を介して接続されるインターネットN上の各Webサーバ30…やユーザPC20との通信信号に応じて起動される。
【0024】
前記CPU11には、前記メモリ12、電送制御部15、カード装着部17、入力部18が接続される他に、LCDからなる表示部19などが接続される。
【0025】
メモリ12には、当該携帯機器(電子辞書)10の全体の動作を司るシステムプログラム、電送制御部15を介してユーザPC20やインターネットN上の各Webサーバ30…とデータ通信するための通信プログラムが記憶される他に、予め内蔵された辞書データ12dn、およびCD−ROM(外部記憶媒体)13やWebサーバ30からのダウンロードにより追加内蔵された辞書データ12dnやテキストデータ12en、およびメモリカード16による追加の辞書データやテキストデータに基づき見出語入力に応じた単語とその説明情報や例文などの検索処理を行うための辞書検索処理プログラム12a、前記データ通信に伴い各種のデータダウンロード処理を行うためのダウンロード処理プログラム12b、ダウンロードされたニュース,書籍などの各種メディアのテキストデータ12enおよびメモリカード16による各種のテキストデータを対象にした例文検索テーブル12eh,12ei,12ej(図2参照)を作成するための検索テーブル作成処理プログラム12cが記憶される。
【0026】
また、メモリ12には、前記予め内蔵された辞書データ12dnおよびCD−ROM(外部記憶媒体)13やWebサーバ30からのダウンロードにより追加内蔵された辞書データ12dnが、英英辞書データ12d1、英和辞書データ12d2、英類語辞書データ12d3、広辞苑辞書データ12d4など、各辞書の種類毎に記憶されるもので、当該各種類毎の辞書データ12d1,12d2,12d3,12d4,…は、そのそれぞれの辞書名、アルファベットあるいは五十音順の見出語とその見出語番号(説明情報のアドレス)とを対応付けた見出語一覧テーブル、および各見出語番号に対応させた説明情報の辞書データからなっている。
【0027】
なお、前記CD−ROM(外部記憶媒体)13に記憶されている辞書データやWebサーバ30からダウンロードされる辞書データ、そしてメモリカード16に記憶されている追加の辞書データの何れの辞書データも、それぞれその辞書名、アルファベットあるいは五十音順の見出語とその見出語番号(説明情報のアドレス)とを対応付けた見出語一覧テーブル、および各見出語番号に対応させた説明情報の辞書データからなっている。
【0028】
また、メモリ12には、CD−ROM(外部記憶媒体)13やWebサーバ30からのダウンロードにより追加内蔵された各種メディアのテキストデータ12enが、DLテキスト1(BBC News)データ12e1、DLテキスト2(New York Times)データ12e2、DLテキスト3(…)データ12e3などとして記憶されるもので、当該各種のDLテキストnデータ12e1,12e2,12e3,…は、そのそれぞれのテキスト名に対し、アルファベットあるいは五十音順の見出語(単語)とその見出語(単語)を含んでいる文IDとを対応付けた単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)、および各文IDに対応させた文データの開始〜終端アドレスを示す文検索テーブル12ei(12(B)参照)を作成付加したテキストデータからなっている。
【0029】
なお、前記メモリカード16に記憶されているテキストデータに対しても、そのテキスト名に対応付けられて、アルファベットあるいは五十音順の見出語(単語)とその見出語(単語)を含んでいる文IDとを対応付けた単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)、および各文IDに対応させた文データの開始〜終端アドレスを示す文検索テーブル12ei(12(B)参照)が作成され、メモリ12内の外部テキスト管理テーブル12fにて管理される。
【0030】
なお、このようなテキストデータの単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)および文検索テーブル12ei(12(B)参照)は、CD−ROM(外部記憶媒体)13やWebサーバ30から新たなテキストデータがダウンロードされたり新たなテキストデータのメモリカード16…が接続されたりする毎に、前記検索テーブル作成処理プログラム12cに従って作成される。
【0031】
図2は、前記携帯機器(電子辞書)10の検索テーブル作成処理プログラム12cに従ったテキストデータ用例文検索テーブル12eh〜12ejの作成状態を示す図である。
【0032】
すなわち、Webサーバ30やCD−ROM(外部記憶媒体)13から新たなテキストデータ12enがダウンロードされたり、メモリカード16…の接続によって新たなテキストデータが取得されると、まず、図2(A)に示すように、当該テキストデータの先頭から各1文の文データ毎に対して、その文IDと、単語単位の区切りデータと、開始/終了バイトとを対応付けした作業用テーブル12ehが作成される。
【0033】
すると、この作業テーブル12ehに基づき、図2(C)に示すように、アルファベット順にした各単語に対してそれぞれその単語を含んでいる文の文IDとを対応付けした単語検索テーブル12ejが作成され、さらに図2(B)に示すように、各文IDに対してそれぞれその文データの開始/終了バイトを対応付けた文検索テーブル12eiが作成される。
【0034】
このように、Webサーバ30やCD−ROM(外部記憶媒体)13からのダウンロード、あるいはメモリカード16…の装着によって、新たなテキストデータが取得されると、その取得の都度、当該テキストデータを対象にして所望の見出語(単語)からその単語を含んでいる文データを検索するための検索テーブル12ej,12eiが作成されるので、当該取得されたテキストデータの全データを対象にして所望の見出語を入力し例文検索処理を開始した場合でも、前記検索テーブル12ej,12eiのみを対象に入力された見出語(単語)を含んでいる文データを検索し、高速に例文一覧表示できるようになる。
【0035】
次に、前記構成の携帯機器(電子辞書)10におけるテキストデータの取得に伴う検索テーブル12eh〜12ejの作成機能、および辞書検索機能について説明する。
【0036】
図3は、前記携帯機器(電子辞書)10におけるテキストデータ用検索テーブル12eh〜12ejの作成処理を示すフローチャートであり、同図(A)はテキストデータダウンロードに伴う検索テーブル作成処理を示すフローチャート、同図(B)はメモリカード接続によるテキストデータ取得に伴う検索テーブル作成処理を示すフローチャートである。
【0037】
図3(A)に示すように、Webサーバ30やCD−ROM(外部記憶媒体)13からの新たなテキストデータ12enのダウンロードによる転送開始を指示すると(ステップT1)、当該テキストデータ12enを例文検索用の辞書データベースとするための検索テーブルを作成するか否かの選択メッセージが表示部19に表示される(ステップT2)。
【0038】
ここで、ユーザ操作に応じて「検索テーブルを作成する」が選択された場合には、検索テーブル作成処理プログラム12cに従って、まず、図2(A)に示すように、電送制御部15を介して転送されるテキストデータの先頭から各1文の文データ毎に対して、その文IDと、単語単位の区切りデータと、各文データの開始/終了バイトとを対応付けした作業用テーブル12ehが作成される。すると、この作業テーブル12ehに基づき、図2(C)に示すように、アルファベット順にした各単語に対してそれぞれその単語を含んでいる文の文IDとを対応付けした単語検索テーブル12ejが作成され、さらに図2(B)に示すように、各文IDに対してそれぞれその文データの開始/終了バイトを対応付けた文検索テーブル12eiが作成される(ステップT3)。
【0039】
すると、前記Webサーバ30やCD−ROM(外部記憶媒体)13からダウンロードされて転送されたテキストデータは前記ステップT3にて作成された単語検索テーブル12ejおよび文検索テーブル12eiと共にメモリ12内にDLテキストnデータ12enとして当該テキスト名に対応付けられて記憶登録される(ステップT4)。
【0040】
一方、前記ステップT2において、ユーザ操作に応じて「検索テーブルを作成しない」が選択された場合には、前記Webサーバ30やCD−ROM(外部記憶媒体)13からダウンロードされて転送されたテキストデータはそのままメモリ12内に記憶される(ステップT2→T5)。
【0041】
図3(B)に示すように、新たなテキストデータが記録されたメモリカード16がカード装着部17に装着されると(ステップP1)、当該テキストデータを例文検索用の辞書データベースとするための検索テーブルを作成するか否かの選択メッセージが表示部19に表示される(ステップP2)。
【0042】
ここで、ユーザ操作に応じて「検索テーブルを作成する」が選択された場合には、検索テーブル作成処理プログラム12cに従って、前記同様に、図2(A)〜図2(C)に示すように、作業用テーブル12eh、単語検索テーブル12ej、文検索テーブル12eiが順次作成され、テキスト名に対応付けられて外部テキスト管理テーブル12f内に記憶される(ステップP3)。
【0043】
一方、前記ステップP2において、ユーザ操作に応じて「検索テーブルを作成しない」が選択された場合には、検索テーブルは作成されずそのままとなる(ステップP4)。
【0044】
これにより、新たにダウンロードされた各種のテキストデータ12enやメモリカード16として取得される新たなテキストデータに対して、当該テキストデータから任意の見出語(単語)を含んでいる例文データを高速に検索するための検索テーブルが作成される。
【0045】
図4は、前記携帯機器(電子辞書)10における辞書検索処理の全体処理を示すフローチャートである。
【0046】
図5は、前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴う複数辞書検索処理(ステップSA)を示すフローチャートである。
【0047】
図6は、前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴う複数例文検索処理(ステップSB)を示すフローチャートである。
【0048】
A)複数辞書検索
図7は、前記携帯機器(電子辞書)10の複数辞書検索処理(ステップSA)に伴う操作表示状態を示す図である。
【0049】
任意の見出語に対応した語句をメモリ12およびメモリカード16に記憶された複数の辞書データベースを基にして検索する場合に、入力部18に備えられた「複数辞書検索」キーが操作入力されると、図5における複数辞書検索処理が起動され、図7(A)に示すように、検索対象の文字列を入力するための複数辞書検索見出語入力画面G1が表示部19に表示される(ステップS1→S2→SA)。
【0050】
この複数辞書検索見出語入力画面G1にあって、入力部18に対するユーザ操作に応じて検索対象の見出語(例えば「safeguard」)が入力表示されると(ステップA1)、辞書データベースとしてメモリ12および装着中のメモリカード16に記憶されている辞書名とテキスト名が読み出される(ステップA2)。そして、当該全ての辞書データ12d1,12d2,…,12dnとテキストデータ12e1,12e2,…,12enを対象にして、辞書データ12dnの場合にはそのそれぞれの見出語一覧テーブルに従い、また、テキストデータ12enの場合にはそのそれぞれの単語検索テーブル12ejおよび文検索テーブル12eiに従って、前記入力された見出語「safeguard」およびその見出語を含む一文が検索され、図7(B)に示すように、各辞書名および各テキスト名に対応付けてそれぞれ検索された見出語および文頭を一覧表示するための検索見出語一覧画面G2が表示部19に表示される(ステップA3)。またこれと共に、検索見出語一覧画面G2の先頭に表示された見出語が反転カーソルkによって指定表示され、当該指定の見出語に対応する説明情報が読み出されてプレビュー画面G2pにて表示される(ステップA4)。
【0051】
図8は、前記携帯機器(電子辞書)10の複数辞書検索処理(ステップSA)に伴い生成される検索結果リストLを示す図である。
【0052】
図9は、前記携帯機器(電子辞書)10にて取得された各テキストデータ12e1,12e2,…,12enの中から辞書検索の対象とするテキストデータ12enをユーザ任意に選択設定するためのテキスト辞書検索設定画面W1を示す図である。
【0053】
すなわち、辞書データベースとしてメモリ12および装着中のメモリカード16に記憶されている各辞書データ12d1,12d2,…,12dnと各テキストデータ12e1,12e2,…,12enを対象にしてそれぞれ検索された各見出語および見出語を含む各文(例文)は、図8に示すように、検索結果リストLとして内部辞書データからの検索見出語、外部辞書データからの検索見出語、テキストデータからの検索例文の順番で配列され検索見出語一覧画面G2に表示される。
【0054】
この際、各テキストデータからの検索例文は、図9に示すようなテキスト辞書検索設定画面W1に従いユーザにより検索対象として選択設定された各テキストデータ毎に各一つ目の検索例文、各二つ目の検索例文、各三つ目の検索例文、…として順次配列されて表示される。
【0055】
そして、図7(B)で示したような検索見出語一覧画面G2およびプレビュー画面G2pの表示状態にあって、入力部18に備えられる上下カーソルキー18bがユーザ操作されると(ステップA5)、図7(C)に示すように、そのカーソル操作に応じて反転カーソルkによる見出語の指定表示位置が移動変更され、この変更指定された見出語に対応する説明情報が読み出されてプレビュー表示される(ステップA6)。
【0056】
この際、図7(C)で示したように、テキストデータ12enから検索一覧表示された見出語を含む文頭が指定表示された場合には、そのテキスト名と共に当該一文が読み出されてプレビュー表示される。
【0057】
そして、検索見出語一覧画面G2にて一覧表示中の各見出語および見出語を含む各文頭のうち、ユーザ所望の見出語または見出語を含む文頭が指定表示された状態で、入力部18における「訳/決定」キー18aが操作されると(ステップA7)、現在指定表示されている検索対象の辞書データベースはテキストデータ12enであるか否(辞書データ12dn)か判断される(ステップA8)。
【0058】
ここで、図7(C)で示したように、現在指定表示(k)されている検索対象の辞書データベースはDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1であると判断された場合には、図7(D)に示すように、当該指定表示されている見出語を含む一文が例文として例えば強調文字Xにより識別表示されると共に、その前後の各文(テキスト部分)をも読み出されて例文検索画面G3として表示部19に表示される(ステップA8→A9)。
【0059】
そして、この例文検索画面G3の表示状態にあって、入力部18における上下カーソルキー18bまたはページ上下キーが操作されると(ステップA10)、当該キー操作で指定された方向に応じて表示中のテキストの行またはページがスクロールされて表示される(ステップA11)。
【0060】
このように、Webサーバ30やCD−ROM(外部記録媒体)13などからダウンロードされたテキストデータ12en、あるいはメモリカード16から取得されたテキストデータを辞書データベースとした場合でも、当該テキストデータの取得に伴い作成されて共に記憶された単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)および文検索テーブル12ei(図2(B)参照)に従って、ユーザ所望の入力見出語に対応した見出語を含む例文を各テキストデータ12enから素早く検索しその前後のテキスト部分と共に例文検索画面G3にて表示させることができる。よって、通常内蔵された各辞書データ12dnと同様に容易に例文検索できるだけでなく、その前後のテキスト部分をも確認し参考にして検索見出語の正しい使い方や言い回しを知ることができる。
【0061】
一方、前記ステップA7にて「訳/決定」キー18aが操作されたと判断された際に、ステップA8において、例えば図7(B)で示したように、検索見出語一覧画面G2にて現在指定表示(k)されている検索対象の辞書データベースは英英辞書データ12d1であると判断された場合には、当該指定表示されている見出語の説明情報が読み出されて説明情報検索画面(図示せず)として表示部19に表示される(ステップA8→A13)。
【0062】
そして、この説明情報検索画面の表示状態にあって、入力部18における上下カーソルキー18bまたはページ上下キーが操作されると(ステップA14)、当該キー操作で指定された方向に応じて表示中の説明情報の行またはページがスクロールされて表示される(ステップA15)。
【0063】
B)複数例文検索
図10は、前記携帯機器(電子辞書)10の複数例文検索処理(ステップSB)に伴う操作表示状態を示す図である。
【0064】
任意の見出語に対応した例文をメモリ12およびメモリカード16に記憶された複数の辞書データベースを基にして検索する場合に、入力部18に備えられた「複数例文検索」キーが操作入力されると、図6における複数例文検索処理が起動され、図10(A)に示すように、検索対象の文字列を入力するための複数例文検索見出語入力画面G4が表示部19に表示される(ステップS1→S3→SB)。
【0065】
この複数例文検索見出語入力画面G4にあって、入力部18に対するユーザ操作に応じて例文検索対象の見出語(例えば「safeguard」)が入力表示されると(ステップB1)、辞書データベースとしてメモリ12および装着中のメモリカード16に記憶されている辞書名とテキスト名が読み出され、図10(B)に示すように、当該各辞書名・テキスト名を示すためのタグTB1,TB2,…が表示部19の上段に表示される(ステップB2)。
【0066】
すると、各辞書データ12d1,12d2,…,12dnのうち予めユーザにより選択されて初期の検索対象辞書として設定されている辞書データ12dn(例えば英和辞書データ12d2)が指定され、図10(B)に示すように、当該指定の辞書名を示すタグTB2が識別表示されると共に(ステップB3)、当該検索対象の英和辞書データ12d2からその見出語一覧テーブルに従い前記見出語「safeguard」に応じた例文が検索され、同図10(B)に示すような指定辞書検索例文一覧画面G5として一覧表示される(ステップB4)。
【0067】
すると、指定辞書検索例文一覧画面G5の先頭に表示された例文「a safeguard against the flu」が反転カーソルkによって指定表示され、当該例文とその対訳が読み出されてプレビュー画面G5pにて表示される(ステップB5)。
【0068】
ここで、検索対象辞書を現在指定されている英和辞書データ12d2からDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1に変更すべくカーソル左右キー18dが操作されると(ステップB6)、当該キー操作に応じて指定中の辞書を識別表示するタグTBnの位置が左右に移動され、図10(C)に示すように、DLテキスト1[BB*News200409]データ12e1を示すタグTB3が識別表示されると共に(ステップB7)、当該新たな検索対象であるDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1からその単語検索テーブル12ejおよび文検索テーブル12eiに従い前記見出語「safeguard」に応じた例文が検索され、同図10(C)に示すような指定辞書検索例文一覧画面G5として一覧表示される(ステップB8)。
【0069】
すると、指定辞書検索例文一覧画面G5の先頭に表示された例文[A]「Postcomm said the…」が反転カーソルkによって指定表示され、当該例文が読み出されてプレビュー画面G5pにて表示される(ステップB9)。
【0070】
そして、図10(C)で示したようなDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1を指定辞書とする検索例文一覧画面G5およびプレビュー画面G5pの表示状態にあって、入力部18における「訳/決定」キー18aが操作されると(ステップB10)、現在指定表示されている検索対象の辞書データベースはテキストデータ12enであるか否(辞書データ12dn)か判断される(ステップB11)。
【0071】
ここで、図10(C)で示したように、現在指定表示(k)されている検索対象の辞書データベースはDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1であると判断された場合には、図10(D)に示すように、当該指定表示されている見出語を含む一文が例文として例えば強調文字Xにより識別表示されると共に、その前後の各文(テキスト部分)をも読み出されて例文検索画面G3として表示部19に表示される(ステップB11→B12)。
【0072】
そして、この例文検索画面G3の表示状態にあって、入力部18における上下カーソルキー18bまたはページ上下キーが操作されると(ステップB13)、当該キー操作で指定された方向に応じて表示中のテキストの行またはページがスクロールされて表示される(ステップB14)。
【0073】
このように、Webサーバ30やCD−ROM(外部記録媒体)13などからダウンロードされたテキストデータ12en、あるいはメモリカード16から取得されたテキストデータを辞書データベースとした場合でも、当該テキストデータの取得に伴い作成されて共に記憶された単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)および文検索テーブル12ei(図2(B)参照)に従って、ユーザ所望の入力見出語に対応した見出語を含む例文を各テキストデータ12enから素早く検索しその前後のテキスト部分と共に例文検索画面G3にて表示させることができる。よって、通常内蔵された各辞書データ12dnと同様に容易に例文検索できるだけでなく、その前後のテキスト部分をも確認し参考にして検索見出語の正しい使い方や言い回しを知ることができる。
【0074】
一方、前記ステップB10にて「訳/決定」キー18aが操作されたと判断された際に、ステップB11において、例えば図10(B)で示したように、検索例文一覧画面G5にて現在指定表示(k)されている検索対象の辞書データベースは英和辞書データ12d2であると判断された場合には、当該指定表示されている例文とその対訳が読み出されて例文情報検索画面(図示せず)として表示部19に表示される(ステップB11→B18)。
【0075】
一方、図10(C)で示したような指定辞書検索例文一覧画面G5およびプレビュー画面G5pの表示状態にあって、入力部18に備えられる上下カーソルキー18bがユーザ操作されると(ステップB16)、図10(E)に示すように、そのカーソル操作に応じて反転カーソルkによる例文の指定表示位置が[A]から[B]へ移動変更され、この変更指定された例文情報[B]「The Lib Dems would…」が読み出されてプレビュー表示される(ステップB17)。
【0076】
そして、図10(E)で示したようなDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1を指定辞書とする検索例文一覧画面G5およびプレビュー画面G5pの表示状態にあって、入力部18における「訳/決定」キー18aが操作されると(ステップB10)、現在指定表示(k)されている検索対象の辞書データベースはDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1であると判断され、図10(F)に示すように、当該指定表示されている見出語を含む一文「The Lib Dems would…」が例文として例えば強調文字Xにより識別表示されると共に、その前後の各文(テキスト部分)をも読み出されて例文検索画面G3として表示部19に表示される(ステップB11→B12)。
【0077】
そして、この例文検索画面G3の表示状態にあって、入力部18における上下カーソルキー18bまたはページ上下キーが操作されると(ステップB13)、当該キー操作で指定された方向に応じて表示中のテキストの行またはページがスクロールされて表示される(ステップB14)。
【0078】
なお、例えば図10(D)または図10(F)で示したように、DLテキスト1[BB*News200409]データ12e1から検索された例文[A]「Postcomm said the…」または例文[B]「The Lib Dems would…」が強調文字Xにより識別表示されると共に、その前後の各文(テキスト部分)をも読み出された例文検索画面G3の表示状態にあって、入力部18における「シフト」キー18eと共にページ送り上下キー18fの何れか一方が同時操作されると、下キーが同時操作された場合には当該DLテキスト1[BB*News200409]データ12e1から検索された例文[A]の検索画面G3の表示状態から例文[B]の検索画面G3の表示状態へと直接切り替わり、また、上キーが同時操作された場合には当該DLテキスト1[BB*News200409]データ12e1から検索された例文[B]の検索画面G3の表示状態から例文[A]の検索画面G3の表示状態へと直接切り替わる。
【0079】
C)ジャンプから表示
図11は、前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴いジャンプ検索語を指定して任意辞書データ12dnまたはテキストデータ12enを検索対象として例文検索した場合の操作表示状態を示す図である。
【0080】
入力部18におけるユーザ操作に応じて、例えば広辞苑辞書データ12d4が検索対象に設定されると共に(ステップS1→S4)、検索文字列として「セーフガード」と入力表示されると(ステップS5)、図11(A)に示すように、この検索文字列「セーフガード」に対応する見出語の説明情報が広辞苑辞書データ12d4から読み出されて説明情報表示画面G6として表示部19に表示される(ステップS6)。
【0081】
この「セーフガード」に対応する説明情報表示画面G6の表示状態にあって、ジャンプ機能での辞書検索を行うべく入力部18のジャンプキー(図示せず)が操作され(ステップS7)、カーソルキーの操作による文字単位または単語単位での検索語の指定に伴い反転カーソルkにより例えば「safeguard」が指定表示された状態で(ステップS8)、「訳/決定」キー18aが操作されると(ステップS9)、図11(B)または図11(C)に示すように、ジャンプ先辞書の選択ウインドウW2が表示され初期検索辞書の設定が促される(ステップS10)。
【0082】
このジャンプ先辞書選択ウインドウW2の表示状態にあって、例えば図11(B)に示すように英和辞書データ12d2による[D]「例文検索」が設定されると、図11(D)に示すように、指定の辞書名「英和」を示すタグTB2が識別表示されると共に(ステップS10→B3)、当該検索対象の英和辞書データ12d2からその見出語一覧テーブルに従い前記ジャンプ検索文字列「safeguard」に応じた例文が検索され、同図11(D)に示すような指定辞書検索例文一覧画面G5として一覧表示される(ステップB4)。
【0083】
すると、指定辞書検索例文一覧画面G5の先頭に表示された例文「a safeguard against the flu」が反転カーソルkによって指定表示され、当該例文とその対訳が読み出されてプレビュー画面G5pにて表示される(ステップB5)。
【0084】
一方、ジャンプ先辞書選択ウインドウW2の表示状態にあって、例えば図11(C)に示すように[E]「BB*News200409」が設定されると、図11(E)に示すように、DLテキスト1[BB*News200409]データ12e1を示すタグTB3が識別表示されると共に(ステップS10→B3)、当該検索対象のDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1からその単語検索テーブル12ejおよび文検索テーブル12eiに従い前記ジャンプ検索文字列「safeguard」に応じた例文が検索され、同図11(E)に示すような指定辞書検索例文一覧画面G5として一覧表示される(ステップB4)。
【0085】
すると、指定辞書検索例文一覧画面G5の先頭に表示された例文[A]「Postcomm said the…」が反転カーソルkによって指定表示され、当該例文が読み出されてプレビュー画面G5pにて表示される(ステップB5)。
【0086】
ここで、検索対象辞書を現在指定されているDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1から英和辞書データ12d2に変更すべくカーソル左キー18dが操作されると(ステップB6)、当該キー操作に応じて図11(D)で示したように、英和辞書データ12d2を示すタグTB2が識別表示されると共に(ステップB7)、当該変更された検索対象である英和辞書データ12d2からその見出語一覧テーブルに従い前記ジャンプ検索文字列「safeguard」に応じた例文が検索され、同図11(D)に示すような指定辞書検索例文一覧画面G5として一覧表示される(ステップB8)。
【0087】
すると、指定辞書検索例文一覧画面G5の先頭に表示された例文[A]「a safeguard against the flu」が反転カーソルkによって指定表示され、当該例文と対訳が読み出されてプレビュー画面G5pにて表示される(ステップB9)。
【0088】
さらに、このように変更指定された英和辞書データ12d2からDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1に再変更すべくカーソル右キー18dが操作されると(ステップB6)、当該キー操作に応じて図11(E)で示したように、DLテキスト1[BB*News200409]データ12e1を示すタグTB3が識別表示されると共に(ステップB7)、当該変更された検索対象であるDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1からその単語検索テーブル12ejおよび文検索テーブル12eiに従い前記ジャンプ検索文字列「safeguard」に応じた例文が検索され、同図11(E)に示すような指定辞書検索例文一覧画面G5として一覧表示される(ステップB8)。
【0089】
すると、指定辞書検索例文一覧画面G5の先頭に表示された例文[A]「Postcomm said the…」が反転カーソルkによって指定表示され、当該例文が読み出されてプレビュー画面G5pにて表示される(ステップB9)。
【0090】
そして、図11(E)で示したようなDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1を指定辞書とする検索例文一覧画面G5およびプレビュー画面G5pの表示状態にあって、入力部18における「訳/決定」キー18aが操作されると(ステップB10)、現在指定表示(k)されている検索対象の辞書データベースはDLテキスト1[BB*News200409]データ12e1であると判断され、図11(F)に示すように、当該指定表示されている見出語を含む一文「Postcomm said the…」が例文として例えば強調文字Xにより識別表示されると共に、その前後の各文(テキスト部分)をも読み出されて例文検索画面G3として表示部19に表示される(ステップB11→B12)。
【0091】
そして、この例文検索画面G3の表示状態にあって、入力部18における上下カーソルキー18bまたはページ上下キーが操作されると(ステップB13)、当該キー操作で指定された方向に応じて表示中のテキストの行またはページがスクロールされて表示される(ステップB14)。
【0092】
このように、Webサーバ30やCD−ROM(外部記録媒体)13などからダウンロードされたテキストデータ12en、あるいはメモリカード16から取得されたテキストデータを辞書データベースとした場合でも、当該テキストデータの取得に伴い作成されて共に記憶された単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)および文検索テーブル12ei(図2(B)参照)に従って、ユーザ所望のジャンプ検索文字列に対応した見出語を含む例文を各テキストデータ12enから素早く検索しその前後のテキスト部分と共に例文検索画面G3にて表示させることができる。よって、通常内蔵された各辞書データ12dnと同様にジャンプ検索機能によっても容易に例文検索できるだけでなく、その前後のテキスト部分をも確認し参考にして検索見出語の正しい使い方や言い回しを知ることができる。
【0093】
D)見出語から表示
図12は、前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴い検索された見出語から例文検索した場合の操作表示状態を示す図である。
【0094】
入力部18におけるユーザ操作に応じて、例えば英和辞書データ12d2が検索対象に設定されると共に(ステップS1→S4)、検索文字列として「safeguard」と入力表示されると(ステップS5)、図12(A)に示すように、この検索文字列「safeguard」に対応する見出語の説明情報が英和辞書データ12d2からその見出語検索テーブルに従い読み出されて説明情報表示画面G6として表示部19に表示される(ステップS6)。
【0095】
この見出語「safeguard」に対応する説明情報表示画面G6の表示状態にあって、当該英和辞書データ12d2に基づいた用例を表示させるべく入力部18の「用例」キー18gが操作されると、図12(B)に示すように、当該検索表示されている見出語「safeguard」に対応した先頭の例文「a safeguard against the flu」とその対訳「流感の予防策」が読み出されて例文情報検索画面G6yとして表示部19に表示される(ステップS6→他の処理(ステップB18))。
【0096】
そして、前記図12(A)で示したような見出語「safeguard」に対応する説明情報表示画面G6の表示状態か、または図12(B)で示したような同見出語「safeguard」に対応した例文情報検索画面G6yの表示状態にあって、入力部18における「シフト」キー18eと共に「用例」キー18gが同時操作されると(ステップS11)、当該見出語「safeguard」が検索文字列に設定され(ステップS12)、全てのDLテキスト1〜nデータ12e1〜12enのそれぞれにおいて見出語「safeguard」を含む先頭の例文がそのそれぞれの単語検索テーブル12ejおよび文検索テーブル12eiに従い検索され、図12(C)に示すように、DLテキスト例文検索画面G7として表示部19に表示される(ステップS12→A3)。
【0097】
またこれと共に、DLテキスト例文検索画面G7の先頭に表示されたDLテキスト1データ12e1からの検索例文が反転カーソルkによって指定表示され、当該指定の例文情報が読み出されてプレビュー画面G7pにて表示される(ステップA4)。
【0098】
なお、前記図12(C)で示したDLテキスト例文検索画面G7では、DLテキスト1〜nデータ12e1〜12enのそれぞれにおいて検索された見出語「safeguard」を含む個々の例文が、[A][B][C]…の順で一覧表示されており、カーソル上下キー18bの操作に応じて3つ目のDLテキスト3[NewY**kTimes200408]データ12e3に対応する先頭検索例文[C]「”My plan will safeguard…」が反転カーソルkによって選択指定された状態を示している(ステップA5→A6)。
【0099】
そして、DLテキスト例文検索画面G7にて一覧表示中の各DLテキスト例文のうち、ユーザ所望のDLテキスト例文が指定表示された状態で、入力部18における「訳/決定」キー18aが操作されると(ステップA7)、図12(D)に示すように、当該指定表示されている例文「”My plan will safeguard…」が強調文字Xにより識別表示されると共に、その前後の各文(テキスト部分)をも読み出されて例文検索画面G3として表示部19に表示される(ステップA8→A9)。
【0100】
そして、この例文検索画面G3の表示状態にあって、入力部18における上下カーソルキー18bまたはページ上下キーが操作されると(ステップA10)、当該キー操作で指定された方向に応じて表示中のテキストの行またはページがスクロールされて表示される(ステップA11)。
【0101】
したがって、前記構成の携帯機器(電子辞書)10におけるテキストデータの取得に伴う検索テーブル12eh〜12ejの作成機能、および辞書検索機能によれば、Webサーバ30やCD−ROM(外部記録媒体)13などからダウンロードされたテキストデータ12en、あるいはメモリカード16から取得されたテキストデータを辞書データベースとした場合でも、当該テキストデータの取得に伴い作成されて共に記憶された単語検索テーブル12ej(図2(C)参照)および文検索テーブル12ei(図2(B)参照)に従って、ユーザ所望の入力見出語に対応した見出語を含む例文を各テキストデータ12enから素早く検索しその前後のテキスト部分と共に例文検索画面G3にて表示させることができるので、通常内蔵された各辞書データ12dnと同様に容易に例文検索できるだけでなく、その前後のテキスト部分をも確認し参考にして検索見出語の正しい使い方や言い回しを知ることができる。
【0102】
なお、前記実施形態において記載した携帯機器(電子辞書)10による各処理の手法、すなわち、図3のフローチャートに示すテキストデータ用検索テーブル12eh〜12ejの作成処理、図4のフローチャートに示す辞書検索処理の全体処理、図5のフローチャートに示す前記辞書検索処理に伴う複数辞書検索処理(ステップSA)、図6のフローチャートに示す前記辞書検索処理に伴う複数例文検索処理(ステップSB)等の各手法は、何れもコンピュータに実行させることができるプログラムとして、メモリカード(ROMカード、RAMカード等)、磁気ディスク(フロッピディスク、ハードディスク等)、光ディスク(CD−ROM、DVD等)、半導体メモリ等の外部記憶媒体13(16)に格納して配布することができる。そして、辞書データベースを有する種々のコンピュータ端末は、この外部記憶媒体13(16)に記憶されたプログラムを本体メモリ12に読み込み、この読み込んだプログラムによって動作が制御されることにより、前記実施形態において説明したテキストデータの取得に伴う検索テーブル12eh〜12ejの作成機能および辞書検索機能を実現し、前述した手法による同様の処理を実行することができる。
【0103】
また、前記各手法を実現するためのプログラムのデータは、プログラムコードの形態として通信ネットワーク(インターネット)N上を伝送させることができ、この通信ネットワーク(インターネット)Nに接続されたコンピュータ端末(プログラムサーバ)30から前記のプログラムデータを取り込み、前述したテキストデータの取得に伴う検索テーブル12eh〜12ejの作成機能および辞書検索機能を実現することもできる。
【0104】
なお、本願発明は、前記各実施形態に限定されるものではなく、実施段階ではその要旨を逸脱しない範囲で種々に変形することが可能である。さらに、前記各実施形態には種々の段階の発明が含まれており、開示される複数の構成要件における適宜な組み合わせにより種々の発明が抽出され得る。例えば、各実施形態に示される全構成要件から幾つかの構成要件が削除されたり、幾つかの構成要件が組み合わされても、発明が解決しようとする課題の欄で述べた課題が解決でき、発明の効果の欄で述べられている効果が得られる場合には、この構成要件が削除されたり組み合わされた構成が発明として抽出され得るものである。
【図面の簡単な説明】
【0105】
【図1】本発明のテキスト表示制御装置の実施形態に係る携帯機器(電子辞書)10の電子回路の構成を示すブロック図。
【図2】前記携帯機器(電子辞書)10の検索テーブル作成処理プログラム12cに従ったテキストデータ用例文検索テーブル12eh〜12ejの作成状態を示す図。
【図3】前記携帯機器(電子辞書)10におけるテキストデータ用検索テーブル12eh〜12ejの作成処理を示すフローチャートであり、同図(A)はテキストデータダウンロードに伴う検索テーブル作成処理を示すフローチャート、同図(B)はメモリカード接続によるテキストデータ取得に伴う検索テーブル作成処理を示すフローチャート。
【図4】前記携帯機器(電子辞書)10における辞書検索処理の全体処理を示すフローチャート。
【図5】前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴う複数辞書検索処理(ステップSA)を示すフローチャート。
【図6】前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴う複数例文検索処理(ステップSB)を示すフローチャート。
【図7】前記携帯機器(電子辞書)10の複数辞書検索処理(ステップSA)に伴う操作表示状態を示す図。
【図8】前記携帯機器(電子辞書)10の複数辞書検索処理(ステップSA)に伴い生成される検索結果リストLを示す図。
【図9】前記携帯機器(電子辞書)10にて取得された各テキストデータ12e1,12e2,…,12enの中から辞書検索の対象とするテキストデータ12enをユーザ任意に選択設定するためのテキスト辞書検索設定画面W1を示す図。
【図10】前記携帯機器(電子辞書)10の複数例文検索処理(ステップSB)に伴う操作表示状態を示す図。
【図11】前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴いジャンプ検索語を指定して任意辞書データ12dnまたはテキストデータ12enを検索対象として例文検索した場合の操作表示状態を示す図。
【図12】前記携帯機器(電子辞書)10の辞書検索処理に伴い検索された見出語から例文検索した場合の操作表示状態を示す図。
【符号の説明】
【0106】
10 …携帯機器(電子辞書)
11 …制御部(CPU)
12 …本体メモリ
12a…辞書検索処理プログラム
12b…ダウンロード処理プログラム
12c…検索テーブル作成プログラム
12d…辞書データ
12e…DL(ダウンロード)テキストデータ
12eh…検索テーブル作成作業用テーブル
12ei…文検索テーブル
12ej…単語検索テーブル
12f…外部テキスト管理テーブル
13 …外部記録媒体
14 …記録媒体読取部
15 …電送制御部
16 …メモリカード
17 …カード装着部
18 …入力部
19 …表示部
20 …ユーザPC
30 …Webサーバ
N …ネットワーク(インターネット)
G1 …複数辞書検索見出語入力画面
G2 …検索見出語一覧画面
G3 …例文検索画面
G4 …複数例文検索見出語入力画面
G5 …指定辞書検索例文一覧画面
G6 …説明情報表示画面
G6y…例文情報検索画面
G7 …DLテキスト例文検索画面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013