米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> ブラザー工業株式会社

発明の名称 画像処理装置、画像処理プログラムおよび画像処理方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−36415(P2007−36415A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−213752(P2005−213752)
出願日 平成17年7月25日(2005.7.25)
代理人 【識別番号】100103045
【弁理士】
【氏名又は名称】兼子 直久
発明者 吉田 康成 / 近藤 真樹 / 渡辺 剛
要約 課題
特定色とその特定色に隣接する部分の色調整を自然な色に調整することができる画像処理装置、画像処理プログラムおよび画像処理方法を提供すること。

解決手段
図3(a)は、明度(L*)について重み係数F(L*)を示すグラフであり、明度(L*)が約20(B点で示す)から約80(C点で示す)までの範囲の重み係数F(L*)は1であり、明度(L*)が0から約20までの範囲の重み係数F(L*)は、なだらかな単調増加曲線によりB点と結ばれ、C点で示す位置以上の範囲は、なだらかな単調減少曲線により形成されている。明度(L*)の最高値である100の場合には、重み係数F(L*)が0より大きい所定値に設定されている。
特許請求の範囲
【請求項1】
カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力手段と、その入力手段により入力された画像情報を明度、彩度、色相の各値に変換する変換手段と、その変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整手段と、その調整手段により調整された明度、彩度、色相の値に基づいてカラー画像を補正する補正手段とを備えた画像処理装置において、
明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1以下の値から1へ、または1から1以下の値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、
彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶する重み係数曲線記憶手段と、
前記変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を前記重み係数曲線記憶手段に記憶された重み係数曲線に基づいて取得する重み係数取得手段と、
その重み係数取得手段により取得された各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得手段と、
明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定手段とを備え、
前記調整手段は、前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものであることを特徴とする画像処理装置。
【請求項2】
彩度について前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより設定された調整量に対する調整量の最大値を設定する調整量最大値設定手段を備え、
前記調整手段は、前記調整量最大値設定手段により設定された調整量の最大値を超えない調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度の各値を調整するものであることを特徴とする請求項1記載の画像処理装置。
【請求項3】
前記調整量最大値設定手段は、前記変換手段により変換された彩度の値に、所定の値である調整制限比率を乗算することにより設定されるものであることを特徴とする請求項2記載の画像処理装置。
【請求項4】
前記調整制限比率は、前記変換手段により変換された明度の関数であることを特徴とする請求項3記載の画像処理装置。
【請求項5】
前記調整手段は、前記変換手段により変換された明度の値に応じて調整率を設定する調整率設定手段を備え、
前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数と前記調整率設定手段により設定された調整率とを乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものであることを特徴とする請求項1記載の画像処理装置。
【請求項6】
カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力手段と、その入力手段により入力された画像情報を明度、彩度、色相の各値に変換する変換手段と、その変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整手段と、その調整手段により調整された明度、彩度、色相の値に基づいてカラー画像を補正する補正手段とを備えた画像処理装置において、
明度について、第1の特定色を示す値に対する重み係数を1より小さく0より大きい所定値とし、第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲以外の重み係数を1より小さい値から1へ単調増加する関数と、第1の特定色を示す値に対する重み係数の値からその値より小さい値へ単調減少する関数により形成し、
彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶する重み係数曲線記憶手段と、
前記変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を前記重み係数曲線記憶手段に記憶された重み係数曲線を参照することにより求める重み係数取得手段と、
その重み係数取得手段により取得された各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得手段と、
明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定手段とを備え、
前記調整手段は、前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものであることを特徴とする画像処理装置。
【請求項7】
前記第1の特定色は、肌色であり、前記第2の特定色は、肌色より明度が低い茶髪色であることを特徴とする請求項1から6のいずれかに記載の画像処理装置。
【請求項8】
カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力ステップと、その入力ステップにより入力された画像情報を明度、彩度、色相の各値に変換する変換ステップと、その変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整ステップと、その調整ステップにより調整された明度、彩度、色相の各値に基づいてカラー画像を補正する補正ステップとを備えた画像処理プログラムにおいて、
前記変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を、明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、
彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶する重み係数曲線記憶手段を参照することにより取得する重み係数取得ステップと、
その重み係数取得ステップにより求められた各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得ステップと、
明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定ステップとを備え、
前記調整ステップは、前記変更量設定ステップにより設定された変更量に前記特定色指数取得ステップにより求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものであることを特徴とする画像処理プログラム。
【請求項9】
前記第1の特定色は、肌色であり、前記第2の特定色は、肌色より明度が低い茶髪色であることを特徴とする請求項8記載の画像処理プログラム。
【請求項10】
カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力ステップと、その入力ステップにより入力された画像情報を明度、彩度、色相の3つの値に変換する変換ステップと、その変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整ステップと、その調整ステップにより調整された明度、彩度、色相の各値に基づいてカラー画像を補正する補正ステップとを備えた画像処理方法において、
明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、
彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて形成する重み係数曲線形成ステップと、
前記変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を前記重み係数曲線形成ステップにより形成された重み係数曲線に基づいて取得する重み係数取得ステップと、
前記重み係数取得ステップにより求められた各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得ステップと、
明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定ステップとを備え、
前記調整ステップは、前記変更量設定ステップにより設定された変更量に、前記特定色指数取得ステップにより求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものであることを特徴とする画像処理方法。
【請求項11】
前記第1の特定色は、肌色であり、前記第2の特定色は、肌色より明度が低い茶髪色であることを特徴とする請求項10記載の画像処理方法。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、カラー画像の特定色を調整する場合に他の色との調和のとれた調整を行うことができる画像処理装置、画像処理プログラムおよび画像処理方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、デジタルカメラやビデオカメラの性能が向上するとともに安価に供給されるようになり広く普及している。これらのカメラにより撮影された画像は、カラープリンタ(例えば、インクジェット式のプリンタ)に出力されて印刷されたり、LCDなどのカラー画像表示装置に表示される。
【0003】
これらの表示装置により表示される色には、例えば、肌色のように人間がイメージとして記憶されている記憶色があり、このような色は、被写体に忠実な色よりも、人間がイメージしている色に近づけるように調整することが要求されている。
【0004】
特開平2−96477号公報には、肌色領域などの記憶色を再現したい領域を局所的に色調整を行うことができる色調整装置が開示されている。
【特許文献1】特開平2−96477号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記特許文献1には、肌色領域を特定する際に明度を勘案していないため、肌色の明るい部分と暗い部分との調整や、肌色とその肌色領域に隣接する肌色とは異なる色の部分と境界付近の色調整が不自然になるという問題点があった。特に、人間の顔を撮影した画像を処理する場合に、眉毛や首に連続する部分の暗部との境界を自然な色に調整するのが困難であるという問題点があった。
【0006】
また、肌色を調整する場合に、いわゆる茶髪と称される髪の色をした顔の場合には、茶髪の色があまり調整されず、茶髪の彩度が高くなって赤味がかるという問題点があった。
【0007】
本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、特定色とその特定色に隣接する部分の色調整を自然な色に調整することができる画像処理装置、画像処理プログラムおよび画像処理方法を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
この目的を達成するために、本発明の請求項1記載の画像処理装置は、カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力手段と、その入力手段に入力された画像情報を明度、彩度、色相の各値に変換する変換手段と、その変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整手段と、その調整手段により調整された明度、彩度、色相の値に基づいてカラー画像を補正する補正手段とを備えたものであって、明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶する重み係数曲線記憶手段と、前記変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を前記重み係数曲線記憶手段に記憶された重み係数曲線に基づいて取得する重み係数取得手段と、その重み係数取得手段により取得された各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得手段と、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定手段とを備え、前記調整手段は、前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものである。
【0009】
請求項2記載の画像処理装置は、請求項1記載の画像処理装置において、彩度について前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより設定された調整量に対する調整量の最大値を設定する調整量最大値設定手段を備え、前記調整手段は、前記調整量最大値設定手段により設定された調整量の最大値を超えない調整量を設定し、その調整量に基づいて彩度の各値を調整するものである。
【0010】
請求項3記載の画像処理装置は、請求項2記載の画像処理装置において、前記調整量最大値設定手段は、前記変換手段により変換された彩度の値に、所定の値である調整制限比率を乗算することにより設定されるものである。
【0011】
請求項4記載の画像処理装置は、請求項3記載の画像処理装置において、前記調整制限比率は、前記変換手段により変換された明度の関数である。
【0012】
請求項5記載の画像処理装置は、請求項1記載の画像処理装置において、前記調整手段は、前記変換手段により変換された明度の値に応じて調整率を設定する調整率設定手段を備え、前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数と前記調整率設定手段により設定された調整率とを乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものである。
【0013】
請求項6記載の画像処理装置は、カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力手段と、その入力手段に入力された画像情報を明度、彩度、色相の各値に変換する変換手段と、その変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整手段と、その調整手段により調整された明度、彩度、色相の値に基づいてカラー画像を補正する補正手段とを備えたものであって、明度について、第1の特定色を示す値に対する重み係数を1より小さく0より大きい所定値とし、第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲以外の重み係数を1より小さい値から1へ単調増加する関数と、第1の特定色を示す値に対する重み係数の値からその値より小さい値へ単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶する重み係数曲線記憶手段と、前記変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を前記重み係数曲線記憶手段に記憶された重み係数曲線を参照することにより求める重み係数取得手段と、その重み係数取得手段により取得された各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得手段と、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定手段とを備え、前記調整手段は、前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものである。
【0014】
請求項7記載の画像処理装置は、請求項1から6のいずれかに記載の画像処理装置において、前記第1の特定色は、肌色であり、前記第2の特定色は、茶髪色である。
【0015】
請求項8記載の画像処理プログラムは、カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力ステップと、その入力ステップにより入力された画像情報を明度、彩度、色相の各値に変換する変換ステップと、その変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整ステップと、その調整ステップにより調整された明度、彩度、色相の各値に基づいてカラー画像を補正する補正ステップとを備えたものであって、前記変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を、明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶する重み係数曲線記憶手段を参照することにより取得する重み係数取得ステップと、その重み係数取得ステップにより求められた各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得ステップと、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定ステップとを備え、前記調整ステップは、前記変更量設定ステップにより設定された変更量に前記特定色指数取得ステップにより求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものである。
【0016】
請求項9記載の画像処理プログラムは、請求項8記載の画像処理プログラムにおいて、前記第1の特定色は、肌色であり、前記第2の特定色は、茶髪色である。
【0017】
請求項10記載の画像処理方法は、カラー画像情報が有する複数の基本色の組み合わせの値を入力する入力ステップと、その入力ステップにより入力された画像情報を明度、彩度、色相の3つの値に変換する変換ステップと、その変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値を調整する調整ステップと、その調整ステップにより調整された明度、彩度、色相の各値に基づいてカラー画像を補正する補正ステップとを備えたものであって、明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて形成する重み係数曲線形成ステップと、前記変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を前記重み係数曲線形成ステップにより形成された重み係数曲線に基づいて取得する重み係数取得ステップと、前記重み係数取得ステップにより求められた各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求める特定色指数取得ステップと、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定する変更量設定ステップとを備え、前記調整ステップは、前記変更量設定ステップにより設定された変更量に、前記特定色指数取得ステップにより求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものである。
【0018】
請求項11記載の画像処理方法は、請求項10記載の画像処理方法において、前記第1の特定色は、肌色であり、前記第2の特定色は、茶髪色である。
【発明の効果】
【0019】
請求項1に記載の画像処理装置および請求項8に記載の画像処理プログラムによれば、重み係数曲線記憶手段は、明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶し、重み係数取得手段は、変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を重み係数曲線記憶手段に記憶された重み係数曲線に基づいて取得し、特定色指数取得手段は、その重み係数取得手段により取得された各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求め、変更量設定手段は、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定し、調整手段は、変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものである。
【0020】
よって、入力されたカラー画像の第1の特定色を調整するに際し、明度、彩度、色相により特定される第1の特定色を調整することができるとともに、その第1の特定色と彩度および色相の値が近似する第2の特定色を同様に調整することができ、第1の特定色の調整に際し、第2の特定色が不自然に変化することを防止することができるという効果がある。
【0021】
また、第1の特定色および第2の特定色に隣接する特定色ではない色との境界において、急激な色変化を抑制することができるので、画像の調整を容易に行うことができる。
【0022】
請求項2記載の画像処理装置によれば、請求項1記載の画像処理装置の奏する効果に加え、調整量最大値設定手段は、彩度について変更量設定手段により設定された変更量に特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより設定された調整量に対する調整量の最大値を設定し、調整手段は、調整量最大値設定手段により設定された調整量の最大値を超えない調整量を設定し、その調整量に基づいて彩度の値を調整するものであるので、第1の特定色を調整するに際し、第1の特定色または第2の特定色が過度に変更されるのを防止することができ、第1の特定色と第2の特定色とを調和して調整することができるという効果がある。なお、明度および色相については、肌色と茶髪色について、ほぼ同じように調整することにより、良好な調整が行われるので、調整量最大値を設定し、その調整量最大値に応じた調整を行わなくてもよい。
【0023】
請求項3記載の画像処理装置によれば、請求項2記載の画像処理装置の奏する効果に加え、調整量最大値設定手段は、変換手段により変換された彩度の値に、所定の値である調整制限比率を乗算することにより設定されるものであるので、入力される画像の彩度に応じた最大値が設定され、より良好に第1の特定色と第2の特定色とを調和して調整することができるという効果がある。
【0024】
請求項4記載の画像処理装置によれば、請求項3記載の画像処理装置の奏する効果に加え、調整制限比率は、変換手段により変換された明度の関数であるので、入力される画像の明度に応じた調整制限比率が設定され、より良好に第1の特定色と第2の特定色とを調和して調整することができるという効果がある。
【0025】
請求項5記載の画像処理装置によれば、請求項1記載の画像処理装置の奏する効果に加え、調整手段は、変換手段により変換された明度の値に応じて調整率を設定する調整率設定手段を備え、前記変更量設定手段により設定された変更量に前記特定色指数取得手段により求められた特定色指数と前記調整率設定手段により設定された調整率とを乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整するものであるので、第1の特定色と第2の特定色の明度が異なる場合に、その調整量を異ならせることができるという効果がある。例えば、肌色と茶髪色とでは、明度が異なるので、明度が大きい場合に調整率を小さく、明度が小さい場合に調整率を大きく設定すると、明度が小さい茶髪の調整量を大きくした場合に、明度が大きい肌色の調整量を少なく押さえることができ、第1の特定色と、第2の特定色とを調和して調整することができる。
【0026】
請求項6記載の画像処理装置によれば、重み係数曲線記憶手段は、明度について、第1の特定色を示す値に対する重み係数を1より小さく0より大きい所定値とし、第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲以外の重み係数を1より小さい値から1へ単調増加する関数と、第1の特定色を示す値に対する重み係数の値からその値より小さい値へ単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて記憶し、重み係数取得手段は、変換手段により変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を重み係数曲線記憶手段に記憶された重み係数曲線に基づいて取得し、特定色指数取得手段は、重み係数取得手段により取得された各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求め、変更量設定手段は、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定し、調整手段は、変更量設定手段により設定された変更量に特定色指数取得手段により求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整する。
【0027】
よって、入力されたカラー画像の第1の特定色を調整するに際し、明度、彩度、色相により特定される第1の特定色の調整量を大きく変更することができるとともに、その第1の特定色に類似する第2の特定色を同様に変更することができ、第1の特定色の調整に際し、第2の特定色が不自然に変化することを防止することができるという効果がある。また、第1の特定色および第2の特定色に隣接する特定色ではない色との境界において、急激な色変化を抑制することができるので、画像の調整を容易に行うことができる。
【0028】
請求項7記載の画像処理装置および請求項9記載の画像処理プログラムによれば、請求項1から6のいずれかに記載の画像処理装置および請求項8記載の画像処理プログラムの奏する効果に加え、第1の特定色は、肌色であり、第2の特定色は、茶髪色であるので、いわゆる茶髪をした人の肌色を調整するに際し、茶髪の色が赤味がかるなどの不自然な変化を防止して調整することができるという効果がある。
【0029】
請求項10記載の画像処理方法によれば、重み係数曲線形成ステップは、明度について、第1の特定色を示す値と第2の特定色を示す値とにより挟まれる範囲の値に対する重み係数を1とし、前記範囲以外の重み係数を1より小さい値とするとともに、重み係数が1より小さい値から1へ、または1から1より小さい値へ変化する境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成し、彩度、色相の各値について、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数を1とし、第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数を0とするとともに、第1の特定色または第2の特定色を示す値に対する重み係数と第1の特定色または第2の特定色ではない色を示す値に対する重み係数との境界の重み係数を0から1の中間の値であって、単調増加または単調減少する関数により形成する重み係数曲線を明度、彩度、色相のそれぞれについて形成し、重み係数取得ステップは、変換ステップにより変換された明度、彩度、色相の各値に対応する重み係数を重み係数曲線形成ステップにより形成された重み係数曲線に基づいて取得し、特定色指数取得ステップは、重み係数取得ステップにより求められた各重み係数を相互に乗算することにより特定色指数を求め、変更量設定ステップは、明度、彩度、色相の各値の変更量を設定し、調整ステップは、変更量設定ステップにより設定された変更量に、特定色指数取得ステップにより求められた特定色指数を乗算することにより調整量を設定し、その調整量に基づいて明度、彩度、色相の各値を調整する。
【0030】
よって、入力されたカラー画像の第1の特定色を調整するに際し、明度、彩度、色相により特定される第1の特定色の調整量を大きく変更することができるとともに、その第1の特定色に類似する第2の特定色を同様に変更することができ、第1の特定色の調整に際し、第2の特定色が不自然に変化することを防止することができるという効果がある。
【0031】
また、第1の特定色および第2の特定色に隣接する特定色ではない色との境界において、急激な色変化を抑制することができるので、画像の調整を容易に行うことができる。
【0032】
その結果、第1の特定色の調整に際し、第2の特定色が不自然に変化することを防止することができ、第1の特定色と第2の特定色との調和のとれた調整を行うことができるという効果がある。
【0033】
請求項11記載の画像処理方法によれば、請求項10記載の画像処理方法の奏する効果に加え、第1の特定色は、肌色であり、第2の特定色は、茶髪色であるので、いわゆる茶髪をした人の肌色を調整するに際し、茶髪の色が赤味がかるなどの不自然な変化を防止して調整することができるという効果がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0034】
以下、本発明の第1の実施形態について、図面を参照して説明する。図1は、プリンタ1とそのプリンタ1に接続されるパーソナルコンピュータ20(以下PC20と称す)との電気的構成を示すブロック図である。このプリンタ1は、PC20から入力する画像情報またはプリンタ1に備えられている外部メディアスロット6に装着される外部メディア40に記録された画像情報を印刷情報に変換し印刷することができるように構成されている。
【0035】
プリンタ1は、CPU2と、RAM3と、ROM4と、USBインターフェース5と、USB接続端子7と、外部メディアスロット6と、操作パネル30と、印刷部8とを備え、これらはバス9を介して相互に接続されている。
【0036】
CPU2は、ROM4に記憶された各種プログラムを実行するマイクロプロセッサであり、RAM3は、CPU2が各種プログラムを実行する際、変数などを一時記憶するワークエリアを有するメモリである。ROM4は、CPU2により実行される各種プログラムや、そのプログラムを実行する際に参照する定数やテーブルを記憶する読み出し専用のメモリである。
【0037】
ROM4には、制御プログラムである特定色補正プログラム4aと、重み係数曲線4bと、色変換プログラム4cと、印刷制御プログラム4dと、変換テーブルであるルックアップテーブルLUT1−M(4e)とLUT2−M(4f)等が記憶されている。
【0038】
特定色補正プログラム4aは、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータについて重み係数が求められ、その重み係数から得られる特定色指数がユーザ等により設定される変更量に乗算されて明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータのそれぞれの値を補正する処理を行うプログラムである。
【0039】
重み係数曲線4bは、上記特定色補正プログラム4aを実行する場合に参照される明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータについての重み係数を示す曲線である。この重み係数曲線4bは、グラフを数値化して記憶する変換テーブルでもよいし、演算式でもよい。
【0040】
色変換プログラム4cは、入力されるカラー画像情報であるRGBなどの値を、このプリンタ1において最適な状態で印刷を行うことができるように変換するプログラムであって、印刷に使用するインクや印刷されるシート材の種類や印刷の解像度などに適合するように、最適なルックアップテーブルなどを用いて印刷情報であるCMYKの値に変換するものである。
【0041】
印刷制御プログラム4dは、色変換プログラム4cにより変換された印刷を行うための印刷情報に応じて、印刷部の印字ヘッドを搭載するキャリッジやシート材を駆動する駆動装置等を制御するものである。
【0042】
ルックアップテーブルLUT1−M(4e)は、3色の基本色R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の組み合わせの値を入力し、ICCsRGBプロファイル変換を行う変換テーブルであり、ルックアップテーブルLUT2−M(4f)は、画像情報が有する3色の基本色(RGB)の組み合わせの値を入力し、印刷を行うための印刷情報(CMYK)に変換する変換テーブルである。印刷に使用するインクや印刷されるシート材の種類や印刷の解像度などに応じて複数のルックアップテーブルが記憶されている。
【0043】
USBインターフェース5は、USB端子7に接続されたUSBケーブルを通してPC20と通信を行うもので、ここでは、PC20から印刷を行うための印刷情報(CMYK)を入力する。
【0044】
外部メディアスロット6は、デジタルカメラなどで撮影された画像情報(イメージデータ)を記憶する外部メディア40を着脱自在に装着することができ、装着された外部メディア40から直接画像情報(RGB)を入力する。
【0045】
印刷部8は、図示しないキャリッジや印字ヘッドやC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の各色のインクタンク等を備えている。キャリッジは印刷を行うシート材の上を移動し、印字ヘッドは、そのキャリッジに搭載されてシート材の所定の位置に各インクタンクから供給されるインクを吐出するものである。操作パネル30は、プリンタ1の各種設定をユーザが行うことができるものであり、図2を参照して後述する。
【0046】
PC20は、CPU21と、ROM22と、RAM23と、ハードディスク24(HDD)と、USBインターフェース25等により構成されている。CPU21は、ROM22やハードディスク24に記憶された各種プログラムを実行するマイクロプロセッサであり、RAM23は、CPU2が各種プログラムを実行する際、変数などを一時記憶するワークエリアを有するメモリである。
【0047】
ハードディスク24は、不揮発性の大記憶容量を有するメモリであり、いわゆるOSやデジタルカメラなどで撮影されたイメージデータ24a、色変換プログラム24b、ルックアップテーブル24c、24dが記憶される。
【0048】
イメージデータ24aは、デジタルカメラからUSBインターフェース25を介して入力され、ハードディスク24に記憶される。色変換プログラム24aは、いわゆるプリンタドライバと呼ばれるプログラムの一つであり、イメージデータ24aなどの印刷を行うために、イメージデータ24aを構成しているRGB値からルックアップテーブル24c、24dを参照して、CMYK値に変換するプログラムである。
【0049】
ルックアップテーブル24c、24dは、RGB値で表される3次元のデータをCMYKの4次元のデータに変換するものである。これらの色変換プログラム24bおよびルックアップテーブル24c、24dは、使用するプリンタ1に対応する処理を行うように設定されるものであり、プリンタ1に添付されたCD−ROMなどにより供給される。PC20においては、図示しないCD−ROMドライブによりこれらのデータを読み込んでハードディスク24に記憶される。なお、これらのデータは、図示しない通信インターフェースを装備し、インターネットなどのネットワークを介して受信するようにしてもよい。
【0050】
USBインターフェース25は、USB端子26に接続されるUSBケーブルを通して外部機器と通信を行うインターフェースで、デジタルカメラが撮影した画像情報を入力したり、プリンタ1に印刷を行うための印刷情報を出力したり、プリンタ1のスキャナ機能により取り込まれ画像情報を受信することができる。
【0051】
図2(a)は、プリンタ1の操作パネルの部分の平面図であり、図2(b)は、その正面図である。このプリンタ1は、ファックス、コピー、スキャンなどを行うことができる複合機であり、スイッチ33により、これらの機能が選択される。PC20から画像情報を受信した場合は、いずれの機能が選択されていても印刷を実行するように構成されている。
【0052】
各機能における各種設定は、設定スイッチ31を操作することにより行われ、ダイヤルボタン部32は、FAXを送信する場合に相手のファックス番号を入力する際などに使用される。表示部34は、液晶により構成され、設定状態を表示したり、この液晶に表示される機能の中からカーソルを移動することなどにより選択することができる。
【0053】
カーソルキー35は、表示部34に表示されたカーソルを移動したり、表示された機能の中から選択を行う際に使用されるものである。ユーザが特定色の色調整を行う場合は、このカーソルキー35を操作して特定色を調整するための画面を表示部34に表示させ、調整を行う特定色を選択し、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータについて、それぞれ変更量を設定し、色調整を行うように指示する。
【0054】
ストップボタン37は、各種機能を実行している場合に、停止を指示するもので、スタートボタン38は、ファックスやコピーを行う場合に、その機能の実行の開始を指示するボタンである。フラットベッド39は、コピー、ファックス、スキャンを行う際に、資料の画像を読み込むために資料を配置する面である。
【0055】
プリンタ1の正面には、印刷を終了したシート材を排出する排出トレイ50と、各種外部メディアを装着する外部メディアスロットが形成されている。この図では、コンパクトフラッシュ(登録商標)用のスロット41、メモリスティック(登録商標)用のスロット42、スマートメディア(登録商標)用のスロット43が備えられている。
【0056】
次に、図3を参照して本発明による第1の特定色を肌色とし、第2の特定色を茶髪色とした場合の調整方法の概念について説明する。本発明においては、特定色の調整を行う場合に、その特定色を示す色の明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータについて、それぞれ重み係数を求め、その重み係数を相互に乗算した値を特定色の指数とし、その指数を、ユーザにより設定されたそれぞれのパラメータを変更する変更量に乗算することにより、変更量を変化させるものである。
【0057】
図3は、重み関数をFとし、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータのそれぞれについて、それぞれの値を入力とする横軸に対し、重み係数Fの値を縦軸に示すグラフである。図3(a)は、明度(L*)について重み係数F(L*)を示すグラフであり、横軸を明度(L*)とし、縦軸を重み係数F(L*)として示すものである。明度(L*)は、0から100の値を取り、重み係数F(L*)は、0から1の値を取るものである。
【0058】
このグラフが示すように、明度(L*)が約20(B点で示す)から約80(C点で示す)までの範囲の重み係数F(L*)は1であり、明度(L*)が0から約20までの範囲の重み係数F(L*)は、0または1以下の値からなだらかに増加する単調増加曲線によりB点と結ばれ、C点で示す位置以上の範囲は、1以下の値へ向かうなだらかな単調減少曲線により形成されている。明度(L*)の最高値である100の場合には、重み係数F(L*)が0より大きい所定値に設定されている。
【0059】
したがって、明度(L*)が100に近い場合には、重み係数F(L*)がある程度の大きさに設定され、変更量に応じてある程度の変更が行われることになる。特に、印刷を行う場合は、明度が高いとインクの量が少なく、変更量が少ないと調整量が切り捨てられる恐れがある。重み係数F(L*)がある程度の大きさに設定されることにより、明度の値が大きい場合でも良好に補正することができる。
【0060】
このグラフにおいて、明度(L*)が約20であるB点が最も多くの茶髪色がとる値であり、明度(L*)が約80であるC点が、最も多くの肌色がとる値である。すなわち、明度(L*)についての重み係数F(L*)は、第1の特定色である肌色と第2の特定色である茶髪色を表示する色の明度(L*)の値の範囲に対して1を設定し、その範囲以外の明度(L*)の値については、重み係数F(L*)が1である範囲から単調減少または単調増加する関数を経由して0の値に設定されている。なお、この単調減少または単調増加する関数としては、図3(a)に示すように、なだらかな変化であるS字状または逆S字状の関数が好ましい。このS字状または逆S字状を示す関数としては、正弦関数、または余弦関数を用いることができる。
【0061】
正弦関数を用いる場合には、重み係数をYとし、定数をaとすると、
Y=sin(aL*)/2+0.5
として表すことができる。
【0062】
なお、S字状または逆S字状の関数としては、ガウス関数や、3次以上の多項式を用いた関数を用いてもよい。これらの関数の演算式をROM22などに記憶し、演算式により各重み係数を求めるようにしてもよいし、演算式を用いないで、これらの関数や任意に描いた曲線により形成されるルックアップテーブルをROM22などに記憶し、そのルックアップテーブルを参照することにより各重み係数を求めるようにしてもよい。
【0063】
図3(b)は、彩度(c*)について重み係数F(c*)を示すグラフであり、横軸を彩度(c*)とし、縦軸を重み係数F(c*)として示すものである。彩度(c*)は、0から160以上の値を取るが、ここでは、0から160までの範囲を示し、重み係数F(c*)は、明度(L*)の重み係数F(L*)と同様に0から1の値を取るものである。このグラフは、第1の特定色である肌色を最も良く表示する色の彩度(c*)の値の範囲に対して1を設定し、その範囲以外の明度(c*)の値につていは、重み係数F(c*)が1である範囲から単調減少または単調増加する関数を経由して0の値に設定されている。単調増加または単調減少する関数については、明度(L*)の重み係数F(L*)と同様であるので詳細な説明は省略する。
【0064】
図3(c)は、色相(h*)について重み係数F(h*)を示すグラフであり、横軸を色相(h*)とし、縦軸を重み係数F(h*)として示すものである。色相(h*)は、0から360度の値を取り、重み係数F(h*)は、明度(L*)の重み係数F(L*)と同様に0から1の値を取るものである。このグラフは、特定色である肌色を最も良く表示する色の色相(h*)の値の範囲に対して1を設定し、その範囲以外の色相(h*)の値につていは、重み係数F(h*)が1である範囲から単調減少または単調増加する関数を経由して0の値に設定されている。単調増加または単調減少する関数については、明度(L*)の重み係数F(L*)の場合と同様であるので詳細な説明は省略する。
【0065】
上記グラフを参照して説明したように、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の3つのパラメータのそれぞれの重み係数の関数F(L*)、F(c*)、F(h*)を設定し、第1の特定色を肌色とし、第2の特定色を茶髪色とした場合の肌色指数をHada(L*,c*,h*)とすると、肌色指数は、各重み係数を相互に乗算し、
Hada(L*,c*,h*)=F(L*)×F(c*)×F(h*)・・・数式1
と定義することができる。
【0066】
明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)のそれぞれについて、ユーザなどにより設定される変更量をΔL*、Δc*、Δh*とし、調整される明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)のそれぞれの値をL*、c*、h*とすれば、調整量は、それぞれの変更量に肌色指数を乗算し、
ΔL*×Hada(L*,c*,h*)
Δc*×Hada(L*,c*,h*)
Δh*×Hada(L*,c*,h*)
となる。したがって、調整された明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)のそれぞれの値をL*’、c*’、h*’とすると、
L*’=L*+ΔL*×Hada(L*,c*,h*)・・・数式2
c*’=c*+Δc*×Hada(L*,c*,h*)・・・数式3
h*’=h*+Δh*×Hada(L*,c*,h*)・・・数式4
として求めることができる。
【0067】
プリンタ1は、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)のそれぞれについて、変更量ΔL*、Δc*、Δh*をユーザが設定するように構成され、特定色補正プログラム4aにより設定された変更量ΔL*、Δc*、Δh*に基づいて、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の各値が上記の通り補正され、印刷を行う。
【0068】
図4は、茶髪色の明度(L*)の分布を示すものであり、図4(a)は、サンプル画像の例を示すもので、デジタルカメラなどにより撮影された茶髪をした人の顔写真から、茶髪だけを抜き取った様子を模擬的に示す図である。図4(b)は、このようにして、茶髪だけを抜き取った画像の各ピクセルの明度(L*)を測定し、明度(L*)の各値毎に出現するピクセル数をヒストグラムにしたものである。このヒストグラムから分かるように、明度(L*)が、約20である場合の出現数が最も多いことが分かる。よって、図3(a)に示すように、明度(L*)が約20の値(B点)の場合の重み係数を1としている。
【0069】
同様に、図示しないが、顔の肌の部分だけを抜き出して肌色のヒストグラムを作成すると、明度(L*)が、約80の値の場合の出現数が最も多く、図3(a)に示すように、明度(L*)が約80の値(C点)の場合の重み係数を1としている。
【0070】
彩度(c*)および色相(h*)についても、同様にしてヒストグラムを作成し、肌色と茶髪色の出現数が多いそれぞれの値を求めると、肌色の場合と、茶髪との場合とで、ほぼ同一の値となることが、判明している。
【0071】
図5は、この特定色補正プログラム4aの処理を示すフローチャートである。ここでは外部メディアスロット6に装着された外部メディア40からRGBの3値により形成されている画像データを入力し、特定色である肌色が補正されたR’G’B’の3値に変換する場合について説明する。
【0072】
まず、RGB値をICCsRGBプロファイル変換を行いXYZ値に変換する(S1)。本来はモニタのICCプロファイルやデジタルカメラのICCプロファイルを用いた方が好ましいが、簡単のためICCsRGBプロファイルを用いている。ここで、ICCプロファイルとはICC(International Color Consortium)によって規定されているデバイスの色特性を記述した色変換ファイルフォーマットを示すものである。また、sRGBは、デバイス毎に異なっていたRGBの色再現性・色空間を統一しようという試みで作成されたモニター用の標準色空間である。このICCsRGBプロファイルを参照し、RGB値からXYZ値への変換を行う。
【0073】
次に、ICCsRGBプロファイル変換により変換されたXYZの値をL*a*b*の各値に変換する(S2)。この変換は、公知の変換公式を用いて変換される。更に、L*a*b*の値からL*c*h*の各値を求める(S3)。この場合は、L*の値は、変更されず、c*、h*は、次式により演算により求められる。
【0074】
【数1】


【0075】
【数2】


次に、これらのL*c*h*の値に基づいて、肌色補正処理を行う(S4)。この肌色補正処理については、図5を参照して後述する。この肌色補正処理により補正されたL*’、c*’、h*’が得られる。
【0076】
次に、これらの値からS1,S2,S3の変換とは逆に、補正されたL*’、c*’、h*’に対応するL*a*b*値を求め(S5)、さらにそのL*a*b*値に対応するXYZ値を求め(S6)、ICCsRGBプロファイル変換により補正されたR’G’B’値を求める(S7)。
【0077】
このようにして、プリンタ1は、入力されたRGB値を肌色補正したR’G’B’値に変換し、その変換したR’G’B’値を色変換プログラム4cによりMYK値に変換し、そのCMYK値に基づいて印刷制御プログラム4dにより印刷処理を行う。
【0078】
図6は、上記図5のフローチャートのS4の処理である肌色補正処理を示すフローチャートである。この肌色補正処理では、まずユーザにより変更量であるΔL*、Δc*、Δh*が入力される(S11)。次に、S3の処理により求められたL*、c*、h*の各値に対応する重み係数F(L*)、F(c*)、F(h*)をROM4に記憶された重み係数曲線4bを参照して求める(S12)。次に、数式1を用いてこれらの重み係数を相互に乗算し、肌色指数Hada(L*,c*,h*)を求める(S13)。
【0079】
次に、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)のそれぞれについて、数式2,3,4を用い、ユーザにより設定された変更量ΔL*、Δc*、Δh*に肌色指数を乗算し、それぞれの元の値に加算することにより明度L*’、彩度c*’、色相h*’を求める(S14)。
【0080】
以上のように、第1の実施形態では、明度(L*)については、第1の特定色である肌色と第2の特定色である茶髪色を示す値の範囲の重み係数を1とし、その範囲以外の重みを1以下とし、彩度(c*)、色相(h*)につていは、第1の特定色である肌色の重み係数を1とし、それ以外の色についての重み係数を1以下に設定している。
【0081】
これらの重み係数を相互に乗算した特定色指数を各明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の変更量に乗算することにより調整量が算出される。したがって、特定色について重み係数が大きく、特定色に隣接する色については、次第に重み係数が小さくなるように設定されるので、特定色を補正する際に、特定色に隣接する特定色ではない色の調整量が過多になることを防止することができる。調整量が過多になると、何度も繰り返し変更量を設定しなおすという作業が必要になるが、調整量が過多になることが防止されるので、調整を行う作業効率を高めることができる。
【0082】
また、茶髪をした顔の写真などにおいて、従来肌色を調整する際に、茶髪が赤味がかって表示される傾向が強く、本発明による方法によれば、肌色と、茶髪色とを調和して調整することができる。
【0083】
次に、第2の実施形態について説明する。なお、前記した第1の実施形態と同一部分については、その説明を省略し、異なる部分についてのみ説明する。上記第1の実施形態では、明度については、第1の特定色である肌色と第2の特定色である茶髪色を示す値の範囲の重み係数を1とし、その範囲以外の重みを1以下とし、彩度(c*)、色相(h*)については、第1の特定色である肌色の重み係数を1とし、それ以外の色についての重み係数を1以下に設定している。そして、これらの重み係数を相互に乗算した特定色指数を各明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の変更量に乗算することにより調整量が算出される。
【0084】
従って、肌色を調整すると、肌色の類似色ではあるが明度が低い茶髪色についても、調整されることになるが、このままでは、肌色を良好に調整すると、茶髪色の調整が不十分である。言い換えれば、茶髪色を良好に調整すると、肌色の調整が過度になる。特に、彩度を調整した場合に、この傾向が著しい。そこで、第2の実施形態では、特定色の彩度の調整量に制限を設けるものである。
【0085】
すなわち、数式3により得られる彩度の調整量c*’に、肌色補正制限値である下限値c*minを設定し、c*’の値がc*minより小さい場合は、c*minとするものであり、Limitを固定値(例えば、0,7)として、
c*min=c*×Limit
と設定する。
【0086】
このように設定することにより、彩度の値が大きい肌色の下限値c*minは、彩度の値が小さい茶髪色の下限値c*minより大きい値に設定される。肌色指数は、肌色と茶髪色とで同一の値となるので、明度および彩度を下げるように調整した場合には、肌色の方が先に下限値に到達して、その下限値以下には補正されない。よって、特定色の調整量に制限を設けることにより、肌色の彩度の調整が過度にならずに、茶髪色を良好に調整することができる。
【0087】
図7は、第2の実施形態における肌色補正処理を示すフローチャートである。この肌色補正処理のS11からS14までの処理は、図6に記載の肌色補正処理と同一であるのでその説明を省略する。
【0088】
S14において、明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)のそれぞれについて、数式2,3,4を用い、ユーザにより設定された変更量ΔL*、Δc*、Δh*に肌色指数を乗算し、それぞれの元の値に加算することにより明度L*’、彩度c*’、色相h*’が求められ、次に、彩度(c*)について肌色補正制限値c*minを取得する(S15)。このc*minは、上述の通り固定値であるLimitに、c*を乗算した値である。
【0089】
次に、S14において求めたc*’の値がc*minより小さいか否かを判断する(S16)。c*’の値がc*minより小さい場合は(S16:Yes)、c*’の値を、c*minとする(S17)。
【0090】
c*’の値をc*minとした場合(S17)またはc*’の値がc*minより小さくない場合は(S16:No)、この肌色補正処理を終了する。
【0091】
以上のように第2の実施形態では、特定色指数を各明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の変更量に乗算することにより調整量を算出し、彩度(c*)については、その調整量に、固定値に彩度(c*)の値を乗算した値を下限値とする制限を設けたものである。従って、彩度(c*)の値が大きい肌色の下限値は、彩度(c*)の値が小さい茶髪色の下限値より大きく設定される。よって、茶髪色の彩度(c*)を大きく調整した場合に、肌色の彩度(c*)の調整量が抑えられ、過度に調整されることを防止することができる。
【0092】
次に、第3の実施形態について図8を参照して説明する。なお、前記した第1の実施形態および第2の実施形態と同一部分については、その説明を省略し、異なる部分についてのみ説明する。上記第2の実施形態では、特定色指数を各明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の変更量に乗算することにより調整量を算出し、彩度(c*)については、その調整量に、固定値に彩度(c*)の値を乗算した値を下限値とする制限を設けたが、第3の実施形態では、固定値ではなく、明度の関数を彩度(c*)に乗算した値を下限値とするものである。
【0093】
すなわち、第2の実施形態におけるLimitの値をL*の関数であるLimit(L*)とし、c*min=c*×Limit(L*)とし、c*’の値がc*minより小さくなった場合は、c*’の値をc*minするものである。
【0094】
第2の実施形態では、彩度(c*)の下限値を、彩度(c*)の値に固定値を乗算した値としたが、肌色の彩度(c*)と茶髪の彩度(c*)とでは、あまり大きな差がなく、肌色の調整量と茶髪色の調整量との差が十分に確保できない場合がある。第3の実施形態では、肌色と茶髪色との明度(L*)のが差が大きい点に着目し、明度(L*)の値に応じて、Limitの値を変えるものである。
【0095】
図8(a)は、肌色と、黒に近い茶髪と、一般的(主流)な茶髪の色の入力データ(RGB)と、補正前の明度(L*)および(c*)と、適切に補正した後の明度(L*)および(c*)と、その補正量および圧縮率を示す表である。なお、この表は、一例であって、見る人の主観により異なるものである。ここでは、日本人の肌色を対象としているが、日本人の肌色であっても、年齢や居住している場所や性により異なる。また、写真に撮った画像を補正する場合でも、どのように補正するのが良いかという点についても人により好みが異なる。
【0096】
この図8(a)の表によれば、入力データのRGB値は、各値が0から255の範囲の値をとるとして、肌色は、(240、176,144)であり、黒に近い茶髪は、(64、48、32)であり、一般的な茶髪は、(80、48,32)である。この入力データを明度(L*)、彩度(c*)に変換すると、肌色の明度(L*)は、77.8、彩度(c*)は、33.2である。同様に、黒に近い茶髪の明度(L*)は、19.8、彩度(c*)は、16.3であり、一般的な茶髪の明度(L*)は、22.4、彩度(c*)は、24である。
【0097】
これを、適切に補正すると、肌色の明度(L*)は、82.8、彩度(c*)は、22.7であり、黒に近い茶髪の明度(L*)は、19.8、彩度(c*)は、3.9であり、一般的な茶髪の明度(L*)は、22.4、彩度(c*)は、9である。
【0098】
このことから、明度(L*)については、ほとんど補正されず、彩度(c*)が大きく補正されていることが分かる。なお、色相(h*)については、明度(L*)と同様に補正の必要がないので、説明を省略している。
【0099】
彩度(c*)について、補正前の値と補正後の値の差である補正量とその補正量を補正前の彩度(c*)の値で割った圧縮率を算出すると、肌色については、補正量が−10.5、圧縮率が0.68であり、黒い近い茶髪については、補正量が−12.4、圧縮率が0.24であり、一般的な茶髪色については、補正量が−15、圧縮率が0.38である。従って、明度が約80である肌色については、圧縮率を約0.7とし、明度(L*)がほぼ20である茶髪については、圧縮率を0.3とすると適切に補正されることが分かる。
【0100】
この関係を示したのが図8(b)であり、図8(b)は、横軸を明度(L*)とし、縦軸をLimit(L*)とし、図8(a)で得られた明度(L*)の値が20の場合に、Limit(L*)を0.3とし、明度(L*)の値が80の場合に、Limit(L*)を0.7としてその間を直線で結ぶ関数を示すものである。
この直線は、
Rate=(80−L*)/(80−20)
Limit(L*)=0.7×Rate+0.3×(1−Rate)
で表され、この式に明度(L*)の値を代入することによりLimit(L*)を求めることができる。
【0101】
この第3の実施形態を用いる場合の処理は、第2の実施形態におけるLimitの値をLimit(L*)に置き換えたものであるので、この処理を示すフローチャートは、図7に示すフローチャートと同一である。
【0102】
以上のように第3の実施形態では、肌色補正制限値c*minを明度(L*)の値に応じて設定するようにしたので、肌色と、茶髪色とでは大きく値が異なる明度(L*)により調整量の制限をかけることができる。従って、茶髪色の彩度(c*)を大きく調整した場合であっても、肌色の彩度(c*)は、大きい調整されず、茶髪色と肌色とで調和の取れた調整を行うことができる。
【0103】
次に、第4の実施形態について図9を参照して説明する。なお、前記した第1の実施形態と同一部分については、その説明を省略し、異なる部分についてのみ説明する。上記第2の実施形態および第3の実施形態では、特定色指数を各明度(L*)、彩度(c*)、色相(h*)の変更量に乗算することにより調整量を算出し、彩度(c*)については、その調整量に固定値に彩度(c*)の値を乗算した値を下限値とする制限を設けたが、特に彩度については、肌色の調整量を、茶髪の調整量より小さく設定すればよいことになる。そこで、第4の実施形態では、明度(L*)の重み係数を、図9に示す重み係数のグラフとする。このグラフでは、茶髪色を示す明度の値が20付近では、重み係数を1とし、肌色を示す明度の値が80付近では、重み係数を1より小さく0より大きい値(例えば0.4)に設定し、この間の重み係数は、ほぼ直線で結び、明度の値が0から20付近までは、単純増加する曲線により形成し、明度の値が80より大きい部分では、なだらかに単純減少する曲線により形成されている。
【0104】
彩度(c*)および色相(h*)に対する重み付け係数は、第1の実施形態におけるものと同一である。また、この第4の実施形態において行われる肌色補正処理は、第1の実施形態において行われる図6に示す肌色補正処理と同一であり、その説明を省略する。
【0105】
以上のように第4の実施形態では、明度(L*)についての重み係数を茶髪色が示す明度(L*)の値では1に設定し、肌色が示す明度(L*)では、1より小さく0より大きい値に設定したので、肌色の肌色指数は、茶髪色の肌色指数より小さく設定される。したがって、茶髪色の調整量を大きく設定しても肌色の調整量は小さく、茶髪色と肌色とで調和の取れた調整を行うことができる。
【0106】
なお、請求項1および6記載の重み係数取得手段および請求項8および10記載の重み係数取得ステップは、図6に記載のフローチャートのS12の処理が該当し、請求項1および6記載の特定色指数取得手段および請求項8および10記載の特定色指数取得ステップは、図6に記載のフローチャートのS13の処理が該当し、請求項1および6記載の変更量設定手段および請求項8および10記載の変更量設定ステップは、図6に記載のフローチャートのS11の処理が該当し、請求項1および6記載の調整手段および請求項8および10記載の調整ステップは、図6に記載のフローチャートのS14の処理が該当する。また、請求項2記載の調整量最大値設定手段は、図7に記載のフローチャートのS15が該当する。
【0107】
以上実施形態に基づき本発明を説明したが、本発明は上記実施形態に何ら限定されるものでなく、本発明の趣旨を逸脱しない範囲内で種々の改良変形が可能であることは容易に推察できるものである。
【0108】
例えば、上記第1の実施形態では、外部メディアから入力した画像情報RGBをまず、ICCsRGBプロファイル変換を行ってXYZ値とし、次にXYZ値から演算によりL*a*b*の値とし、更にL*a*b*の値からL*c*h*の値を演算により算出するものとしたが、RGB値からルックアップテーブルを参照するなどの方法により直にL*c*h*の値へ変換するようにしてもよい。
【0109】
また、肌色補正が行われたL*’c*’h*’の値をR’G’B’の値へ変換する場合も、ルックアップテーブルを参照するなどにより、直にR’G’B’値へ変換するようにしてもよい。
【0110】
また、第1の実施形態では、彩度(c*)および色相(h*)の重み係数は、第1の特定色である肌色が示す彩度(c*)および色相(h*)の値に対して重み係数を1とするものとしたが、第2の特定色である茶髪色が示す彩度(c*)および色相(h*)の値に対して重み係数を1とする、あるいは、肌色と茶髪色との両者が示す彩度(c*)および色相(h*)の値に対して重み係数を1とするとしてもよい。肌色と茶髪色とは、彩度(c*)および色相(h*)が近似した値をとるので、いずれにしても良好に調整を行うことができる。
【0111】
また、上記第2、第3の実施形態では、彩度(c*)について、肌色補正制限値c*minを取得し、調整した値c*’が、肌色補正制限値c*minの値より小さい値にならないようにしたが、明度(L*)および色相(h*)についても、場合によっては補正制限値を用いた補正を行なってもよい。
【0112】
また、上記第2、第3の実施形態では、彩度(c*)について、肌色補正制限値c*minを取得し、調整した値c*’が、肌色補正制限値c*minの値をより小さい値にならないようにしたが、変更量Δc*に肌色指数を乗算した値、
Δc*・Hada(L*,c*,h*)
が所定の値を超えないようにしてもよい。
【0113】
また、上記第3の実施形態では、明度(L*)の値に応じて彩度(c*)の補正制限値を設定し、その補正制限値より小さくならないようにすることで、肌色の調整量を、茶髪の調整量より少なくするように処理を行うものであるが、明度(L*)の値に応じて変化する調整率α(L*)を設定する調整率設定手段を備え、その調整率設定手段により設定された調整率α(L*)を調整量に乗算することにより、調整量を変更するようにしてもよい。
すなわち、調整量を、
Δc*×Hada(L*,c*,h*)×α(L*)
とし、
c*’=c*+Δc*×Hada(L*,c*,h*)
としてもよい。
【図面の簡単な説明】
【0114】
【図1】本発明の実施例におけるプリンタおよびパーソナルコンピュータの電気的構成を示すブロック図である。
【図2】(a)は、プリンタの外観のパネル部分を示す平面図、(b)は正面図である。
【図3】重み係数を示すグラフであり、(a)は、明度(L*)、(b)は、彩度(c*)、(c)は、色相(h*)についてそれぞれ示すグラフである。
【図4】(a)は、茶髪色のサンプル画像であり、(b)は、サンプル画像の明度について、明度の各値に対応するピクセル数を計数して作成されたヒストグラムである。
【図5】特定色調整処理を示すフローチャートである。
【図6】肌色補正処理を示すフローチャートである。
【図7】第2の実施形態における肌色補正処理を示すフローチャートである。
【図8】第3の実施形態における制限値を説明するもので、(a)は、肌色、黒に近い茶髪色、一般的な茶髪色のそれぞれについての入力値であるRGB値と、そのRGB値に対応する明度(L*)と彩度(c*)と、それぞれを適切に補正した場合の明度(L*)と彩度(c*)と、彩度(c*)についての補正量と圧縮率を示す表であり、(b)は、(a)の表に基づいて得られた明度(L*)の関数としてLimit(L*)を示すグラフである。
【図9】第4の実施形態における明度についての重み係数を示すグラフである。
【符号の説明】
【0115】
1 プリンタ
4 ROM(重み係数曲線記憶手段)
4e ルックアップテーブル(変換手段の一部)
5 USBインターフェース(入力手段)
6 外部メディアスロット(入力手段)
20 パーソナルコンピュータ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013