Warning: fopen(.htaccess): failed to open stream: No such file or directory in /home/jp321/public_html/header.php on line 47

Warning: filesize(): stat failed for .htaccess in /home/jp321/public_html/header.php on line 48

Warning: fread() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 48

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 49

Warning: fopen(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 54

Warning: flock() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 56

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 63
放送受信装置 - 株式会社東芝
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社東芝

発明の名称 放送受信装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−6245(P2007−6245A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−185235(P2005−185235)
出願日 平成17年6月24日(2005.6.24)
代理人 【識別番号】100058479
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴江 武彦
発明者 上田 穣
要約 課題
重複する設定事項の設定を簡単化することが可能な放送受信装置を提供すること。

解決手段
放送受信装置は、ネットワークを介して接続された情報提供先から、地域情報及びチャンネル情報のうちの少なくとも一方の情報を含む設定情報を受信する受信手段と、前記受信手段により受信された設定情報を設定する設定手段と、前記設定手段により設定された設定情報に基づき放送を受信する放送受信手段とを備えている。
特許請求の範囲
【請求項1】
ネットワークを介して接続された情報提供先から、地域情報及びチャンネル情報のうちの少なくとも一方の情報を含む設定情報を受信する受信手段と、
前記受信手段により受信された設定情報を設定する設定手段と、
前記設定手段により設定された設定情報に基づき放送を受信する放送受信手段と、
を備えたことを特徴とする放送受信装置。
【請求項2】
前記設定情報を送信する送信手段を備えたことを特徴とする請求項1に記載の放送受信装置。
【請求項3】
前記設定手段に設定された設定情報を編集する編集手段と、
前記編集手段により編集された設定情報を送信する送信手段と、
を備えたことを特徴とする請求項1に記載の放送受信装置。
【請求項4】
ネットワークを介して接続された1又は複数の情報提供先を表示する表示手段と、
前記表示手段により表示された1又は複数の情報提供先の中から所定の情報提供先を選択する選択手段と、
を備え、
前記受信手段は、前記選択手段により選択された所定の情報提供先から設定情報を受信する、
ことを特徴とする請求項1に記載の放送受信装置。
【請求項5】
前記受信手段は、複数の情報提供先から複数の設定情報を受信し、
前記設定手段は、これら複数の設定情報のうち共通する情報を選択し設定する、
ことを特徴とする請求項1に記載の放送受信装置。
【請求項6】
前記受信手段は、情報提供先から、主映像に関する再生制御情報、副映像に関する再生制御情報、及び音声に関する再生制御情報のうちの少なくとも一つの再生制御情報を受信し、
前記設定手段は、受信した再生制御情報を設定する、
ことを特徴とする請求項1に記載の放送受信装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、テレビ放送等を受信する放送受信装置に関する。
【背景技術】
【0002】
テレビ放送表示出力機器及びテレビ放送録画機器などのテレビ放送受信機器において、テレビ放送を視聴又は録画するには、地域により異なるチャンネル設定が必要である。例えば、テレビ放送受信機器は、受信可能なチャンネルを自動的にサーチし設定する自動チャンネル設定機能を搭載している。ユーザは、この自動チャンネル設定機能を利用して、テレビ放送受信機器のチャンネル設定を完了することができる。或いは、予めチャンネル情報を記憶したチャンネル設定用リモコンを用いて、テレビ放送受信機器に対してチャンネル情報を設定する技術が知られている(特許文献1参照)。また、テレビ放送受信機器は、設定されたチャンネルに対して、ユーザ所望のチャンネル番号を割り当てることもできる(チャンネル番号のカスタマイズ)。
【特許文献1】特開2002−300486
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
テレビ放送受信機器が複数台設置される環境では、全てのテレビ放送受信機器に対して上記したチャンネル設定が必要であり、またチャンネル番号をカスタマイズする場合には、全てのテレビ放送受信機器において共通のカスタマイズが好まれる(使い勝手が良い)。
【0004】
複数台のテレビ放送受信機器に対して、一台ずつチャンネル設定を行ない、またチャンネル番号をカスタマイズするのは、非常に面倒であり、ユーザにとって負担となっている。
【0005】
本発明の目的は、上記課題を解決するためになされたものであり、重複する設定事項の設定を簡単化することが可能な放送受信装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この発明の放送受信装置は、ネットワークを介して接続された情報提供先から、地域情報及びチャンネル情報のうちの少なくとも一方を含む設定情報を受信する設定情報受信手段と、前記設定情報受信手段により受信された設定情報を設定する設定情報設定手段と、前記設定情報設定手段により設定された設定情報に基づき放送を受信する放送受信手段とを備えている。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、重複する設定事項の設定を簡単化することが可能な放送受信装置を提供できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、図面を参照し、本発明の実施形態について説明する。
【0009】
図1は、ホームAVネットワークの一例を示す図である。図1に示すように、ホームAVネットワークには、イーサネット(登録商標)などの通信ネットワークを介して、テレビ放送を受信する機能(チューナー)を持つテレビ放送受信装置(テレビ1A、映像記録装置1B、テレビ1C、テレビ1D)が複数接続されている。さらに、このホームAVネットワークには、通信ネットワークを介して、同じくテレビ放送を受信する機能(チューナー)を持つテレビ放送受信装置(映像記録装置1E)が接続されようとしている。これらテレビ放送受信装置は、通信ネットワークを介して相互に情報をやり取りすることができる。また、各テレビ放送受信装置には、テレビ放送を受信するためにアンテナ線が接続されている。
【0010】
テレビ放送を正しく受信し機能を有効化するためには、各テレビ放送受信装置に搭載されたチューナーに、地域情報(都道府県、郵便番号)及びチャンネル情報などの情報を設定する必要がある。チャンネル情報は、実際に受信するチャンネル番号、この受信チャンネル番号に対応するリモコンボタン番号、この受信チャンネル番号に対応する表示チャンネル番号、チャンネルサーチ時にスキップする/しないなどの情報を含む。図2は、地域情報の一例を示す図であり、図3はチャンネル情報の一例を示す図である。
【0011】
従来は、テレビ放送受信装置ごとに、ユーザがこれら情報を設定する必要があった。つまり、テレビ放送受信装置がホームAVネットワークに増設されるたび、ユーザがこれら情報を設定する必要があった。こうした設定は、同じ情報を入力するだけでなく、(同じ結果となる)チャンネルスキャンに時間を要するなど、ユーザに操作的、時間的な負担を強いるものである。
【0012】
1つのホームAVネットワークにおいては、テレビ放送受信装置が設置される地域情報及びチャンネル情報のうちの実際に受信するチャンネル番号は一意に決めることができる。また、チャンネル情報のうちの受信チャンネル番号に対応するリモコンボタン番号、受信チャンネル番号に対応する表示チャンネル番号、チャンネルサーチ時にスキップする/しないなどの情報は、各テレビ放送受信装置間で共通にすることにより、ユーザの利便性を高めることができる。
【0013】
この発明のテレビ放送受信装置は、ネットワークを介して接続された情報提供先(他のテレビ放送受信装置)から、必要となる設定情報(地域情報及びチャンネル情報のうちの少なくとも一方)を取得し、取得した設定情報を設定する。これにより、ユーザが多くの設定情報をいちいち設定しなくて済み、情報設定の負担を軽減することができる。設定情報は、例えば図4に示すように、タグ形式を取る、
図5は、テレビ放送受信装置(テレビ1A、映像記録装置1B、テレビ1C、テレビ1D、映像記録装置1E)の概略構成の一例を示す図である。図5に示すように、テレビ放送受信装置は、チューナー2、情報設定部3、操作入力部4、表示部5を備えている。情報設定部3は、設定情報記録・生成部3A、設定情報送信部3B、設定情報受信部3C、設定情報解析部3D、HW設定部3Eを備えている。
【0014】
設定情報送信部3Bは、ユーザが指定した情報提供先(他のテレビ放送受信装置)に対して情報要求を送信する機能を持ち、設定情報受信部3Cは、この情報要求に対応して情報提供先から送信される情報を受信する機能を持つ。また、設定情報受信部3Cは、情報要求先(他のテレビ放送受信装置)から受信した情報要求に対して、設定情報記録・生成部3Aに、その情報要求先が必要とする情報(例えば図4)を生成させ、設定情報送信部3Bよりこの生成した情報を送出(返信)させる機能を持つ。
【0015】
設定情報解析部3Dは、自装置のHW(ハードウェア)設定可能な情報を記録しており、受信した情報と自装置のHW設定可能な情報とを比較し、自装置のHWに設定可能な情報だけをHW設定部3Eへ提供する機能を持つ。HW設定部3Eは、設定情報解析部3Dから提供される情報をHWに設定する。
【0016】
チューナー2は、HW設定部3Eにより設定される情報(地域情報及びチャンネル情報)に基づき、テレビ放送を受信し、受信した放送を出力する。操作入力部4は、ユーザからの操作(指示)を受け付け、情報設定部3にその操作(指示)を通知する。表示部5は、操作入力部4を介して受け付けられる操作(指示)を表示するとともに、情報設定部3に設定される情報等を表示する。例えば、表示部5には各種情報を設定するためのメニュー画面を表示することができ、ユーザは操作入力部4によりメニュー画面を介して各種情報を設定することができる。
【0017】
ここで、映像記録装置1Eがネットワークに追加接続されたケースについて説明する。映像記録装置1Eはネットワークに接続されると、この映像記録装置1Eの設定情報受信部3Cにより、このネットワークに接続されている他の機器(情報提供先)の存在を認識する。このケースでは、他の機器として、テレビ1A、映像記録装置1B、テレビ1C、テレビ1Dが認識される。映像記録装置1Eを含め全てのテレビ放送受信装置の表示部5にはメニュー画面を表示することができ、このメニュー画面を介して図2に示す地域情報及び図3に示すチャンネル情報を設定することができる。
【0018】
例えば、このメニュー画面には、マニュアル設定ボタンと情報収集設定ボタンとが表示される。操作入力部4を介してマニュアル設定ボタンを選択すると、ユーザの意志で、図2に示す地域情報及び図3に示すチャンネル情報を一つずつ設定することができる。一方、操作入力部4を介して情報収集設定ボタンを選択すると、設定情報受信部3Cがネットワーク経由で他の機器(例えばテレビ1A、映像記録装置1B、テレビ1C、テレビ1D)から設定情報を収集し、設定情報解析部3Dが収集した設定情報を解析し、HW設定部3Eが収集した設定情報を設定する。
【0019】
例えば、映像記録装置1Eをネットワークに接続すると、この映像記録装置1Eの表示部5に、ネットワーク接続機器一覧を表示させることができる。このケースでは、例えば図6に示すように、ネットワーク接続機器一覧として、テレビ1A、映像記録装置1B、テレビ1C、テレビ1Dが表示される。ユーザは、操作入力部4を介して、ネットワーク接続機器一覧の中から、所定の機器を選択することができる。ここで選択される所定の機器が、映像記録装置1Eに対する情報提供機器(情報提供源)となる。
【0020】
例えば、テレビ1Aが選択されたとする(複数の機器を選択することも可能である)。映像記録装置1Eの設定情報送信部3Bからテレビ1Aに対して情報取得要求が送信され、テレビ1Aの設定情報受信部3Cはこの情報取得要求を受信し、テレビ1Aの設定情報記録・生成部3Aはテレビ1Aの持つ設定情報を図4に示す形式で生成し、テレビ1Aの設定情報送信部3Bがこの設定情報を映像記録装置1Eに送信(返信)する。映像記録装置1Eの設定情報受信部3Cは、このテレビ1Aから送信される設定情報を受信し、設定情報解析部3Dにてこの内容を解析する。解析の結果、このテレビ1Aから送信された設定情報の中から、映像記録装置1Eにおいて適用できる情報を抽出し、その内容にしたがってHW設定部3Eに伝達することにより、HW設定部3Eにて実際に映像記録装置1Eの持つ情報と同一内容の設定が行われる。
【0021】
以上により、ユーザは同種の設定情報を各装置ごとに入力操作することなく、装置の設定を完了・使用することができるようになる。
【0022】
また、映像記録装置1Eに設定された設定情報は、操作入力部4を介してユーザの意図で編集することもできる。この場合、他の機器から映像記録装置1Eに対して情報取得要求が出されると、映像記録装置1Eからは編集された設定情報が送信(返信)されることになる。これにより、他の機器に対して、設定情報の編集結果を簡単に反映させることができる。例えば、ある1台の機器の設定情報だけを編集し、他の機器は編集された設定情報を受け取るだけで、全ての機器の設定情報を編集しなくても、編集結果を全ての機器へ簡単に反映させることができる。
【0023】
また、ネットワーク接続機器一覧の中から複数の機器(複数の情報提供源)を選択した場合には、これら複数の機器から設定情報が送信(返信される)。この場合、設定情報解析部3Dは、複数の設定情報のうち共通する情報だけを選択し、さらにこの選択された情報のうち適用可能な情報だけを設定する。これにより、一般的な設定情報だけが反映される(各機器に共通ではない特別な設定情報は反映されない)。或いは、表示部5に、複数の設定情報のうち共通する情報と、共通しない情報とを識別表示し、ユーザに選択させるようにしてもよい。
【0024】
また、上記では、設定情報として、地域情報及びチャンネル情報について説明したが、この発明はこれだけに限定されるものではない。例えば、設定情報として、主映像に関する再生制御情報(画質選択設定などの情報)、副映像に関する再生制御情報(字幕表示/非表示及び字幕言語の選択設定などの情報)、及び音声に関する再生制御情報(言語の選択設定などの情報)などでもよい。
【0025】
上記では、既設のホームネットワークに装置を追加するケースについて説明した。例えば、複数装置が接続されたホームネットワーク全体を移設した場合、どれか1つの装置に対して設定情報を設定し(設定されている設定情報を編集し)、この設定をホームネットワークに接続された他装置に転送し他装置において設定させることにより、複数装置の設定をまとめて完了させることができる。
【0026】
以上により、ユーザは、複数の同様の機能設定を持つネットワーク接続されたAV機器について、各機器に設定を行う必要はなく、他機器から設定情報を継承することにより、容易に機能設定を完了させ、使用することが可能となる。つまり、ユーザは、新しい装置をネットワークに追加するたびに、同じ情報を入力・設定しなくても、この新しい装置に簡単に必要な情報が設定できる。また、ネットワークを利用して本提案機能を実現させるにあたり、ユーザはマスタとなる機器を決定する必要がなく、よってマスタとなる機器の設定を維持・管理するといった煩雑な内容を理解・意識する必要がない。また、ネットワーク接続されたAV機器群を移動設置した際に、任意の1つの機器の設定を行うだけで、他の機器はこの設定を容易に継承させることができる。また、他装置の設定情報が自装置に適用できるか或いはできないかを装置が自動的に判断するるため、ユーザはこれを意識する必要がない。
【0027】
なお、本願発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、実施段階ではその要旨を逸脱しない範囲で種々に変形することが可能である。また、各実施形態は可能な限り適宜組み合わせて実施してもよく、その場合組み合わせた効果が得られる。更に、上記実施形態には種々の段階の発明が含まれており、開示される複数の構成要件における適当な組み合わせにより種々の発明が抽出され得る。例えば、実施形態に示される全構成要件からいくつかの構成要件が削除されても、発明が解決しようとする課題の欄で述べた課題が解決でき、発明の効果の欄で述べられている効果が得られる場合には、この構成要件が削除された構成が発明として抽出され得る。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】ホームAVネットワークの一例を示す図である。
【図2】地域情報の一例を示す図である。
【図3】チャンネル情報の一例を示す図である。
【図4】設定情報の一例を示す図である。
【図5】テレビ放送受信装置の概略構成の一例を示す図である。
【図6】ネットワーク接続機器の一覧表示の一例を示す図である。
【符号の説明】
【0029】
1A…テレビ、1B…映像記録装置、1C…テレビ、1D…テレビ、1E…映像記録装置、2…チューナー、情報設定部3、3A…設定情報記録・生成部、3B…設定情報送信部、3C…設定情報受信部、3D…設定情報解析部、3E…HW設定部、操作入力部4、表示部5、




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013