米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社東芝

発明の名称 コミュニケーション支援装置、コミュニケーション支援方法およびコミュニケーション支援プログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−4730(P2007−4730A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−187375(P2005−187375)
出願日 平成17年6月27日(2005.6.27)
代理人 【識別番号】100089118
【弁理士】
【氏名又は名称】酒井 宏明
発明者 釜谷 聡史 / 知野 哲朗
要約 課題
換言文を利用者に対して提示し入力文の推敲を支援することができるコミュニケーション支援装置を提供すること。

解決手段
翻訳の元となる原言語文の意味内容の解釈である原言語解釈と、原言語解釈と同じ意味内容で表現形式の異なる換言解釈とを対応づけた換言知識を格納する換言知識記憶部121と、利用者が入力した原言語文を受付ける入力受付部101と、受付けた原言語文の意味内容を解析し、原言語解釈を出力する原言語解析部102と、原言語解釈に対応づけられた換言解釈を、換言知識記憶部121から取得し、取得した換言解釈に基づき受付けた原言語文を換言した原言語換言文を生成する換言部105と、原言語解析部102が出力した原言語解釈と、換言部105が換言知識記憶部121から取得した換言解釈とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力する翻訳部103とを備えた。
特許請求の範囲
【請求項1】
複数の言語間の翻訳を行うことによりコミュニケーションを支援するコミュニケーション支援装置において、
翻訳の元となる原言語文の意味内容の解釈である原言語解釈と、前記原言語解釈と同じ意味内容で表現形式の異なる換言解釈とを対応づけた換言知識を格納する換言知識記憶手段と、
利用者が入力した前記原言語文を受付ける入力受付手段と、
前記入力受付手段が受付けた前記原言語文の意味内容を解析し、前記原言語解釈を出力する原言語解析手段と、
前記原言語解析手段が出力した前記原言語解釈に対応づけられた前記換言解釈を、前記換言知識記憶手段から取得し、取得した前記換言解釈に基づき前記入力受付手段が受付けた前記原言語文を換言した原言語換言文を生成する換言手段と、
前記原言語解析手段が出力した前記原言語解釈と、前記換言手段が前記換言知識記憶手段から取得した前記換言解釈とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力する翻訳手段と、
を備えたことを特徴とするコミュニケーション支援装置。
【請求項2】
前記入力受付手段は、利用者が入力した前記原言語文を言い換えて入力した少なくとも1つの前記原言語文である再入力文から、利用者が選択した1の前記再入力文を受付け、
利用者が入力した前記原言語文に対する前記原言語解釈と、前記再入力文に対する前記原言語解釈である再入力解釈とを対応づけて格納する入力履歴記憶手段と、
前記入力履歴記憶手段から、前記入力受付手段が利用者による選択を受付けた前記再入力文に対する前記再入力解釈である選択解釈と、利用者が入力した前記原言語文に対する前記原言語解釈、または、前記選択解釈以外の前記再入力解釈とを対応づけて前記換言知識を抽出し、前記還元知識記憶手段に登録する換言知識抽出手段と、
をさらに備えたことを特徴とする請求項1に記載のコミュニケーション支援装置。
【請求項3】
前記換言知識記憶手段は、前記換言知識を適用する際の優先順位を表す優先度を前記換言知識と対応づけて格納し、
前記換言知識の採用状況に基づき前記優先度を変更する換言知識更新手段をさらに備えたことを特徴とする請求項1または2に記載のコミュニケーション支援装置。
【請求項4】
前記換言知識更新手段は、利用者が選択した前記再入力文と異なる原言語換言文を生成する前記換言知識の優先度を選択前の優先度より低く、利用者が選択した前記再入力文と同一の原言語換言文を生成する前記換言知識の前記優先度を選択前の優先度より高く変更することを特徴とする請求項3に記載のコミュニケーション支援装置。
【請求項5】
前記換言知識記憶手段は、翻訳の元となる原言語文を形態素解析した結果である形態素系列と、前記形態素系列が示す意味内容と同じ意味内容で表現形式の異なる換言形態素系列とを対応づけた換言知識を格納し、
前記原言語解析手段は、前記入力受付手段が受付けた前記原言語文を形態素解析した結果である前記形態素系列を前記原言語解釈として出力し、
前記換言手段は、前記原言語解析手段が出力した前記形態素系列に対応づけられた前記換言形態素系列を、前記換言知識記憶手段から取得し、取得した前記換言形態素系列に基づき前記入力受付手段が受付けた前記原言語文を換言した原言語換言文を生成し、
前記翻訳手段は、前記原言語解析手段が出力した前記形態素系列と、前記換言手段が生成した前記換言形態素系列とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力することを特徴とする請求項1〜4のいずれか1つに記載のコミュニケーション支援装置。
【請求項6】
前記換言知識記憶手段は、翻訳の元となる原言語文を構文解析した結果である統合構造と、前記統合構造が示す意味内容と同じ意味内容で表現形式の異なる換言統合構造とを対応づけた換言知識を格納し、
前記原言語解析手段は、前記入力受付手段が受付けた前記原言語文を構文解析した結果である前記統合構造を前記原言語解釈として出力し、
前記換言手段は、前記原言語解析手段が出力した前記統合構造に対応づけられた前記換言統合構造を、前記換言知識記憶手段から取得し、取得した前記換言統合構造に基づき前記入力受付手段が受付けた前記原言語文を換言した原言語換言文を生成し、
前記翻訳手段は、前記原言語解析手段が出力した前記統合構造列と、前記換言手段が生成した前記換言統合構造とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力することを特徴とする請求項1〜4のいずれか1つに記載のコミュニケーション支援装置。
【請求項7】
複数の言語間の翻訳を行うことによりコミュニケーションを支援するコミュニケーション支援方法において、
利用者が入力した翻訳の元となる原言語文を受付ける入力受付ステップと、
前記入力受付ステップが受付けた前記原言語文の意味内容を解析し、前記原言語文の意味内容の解釈である原言語解釈を出力する原言語解析ステップと、
前記原言語解釈と、前記原言語解釈と同じ意味内容で表現形式の異なる換言解釈とを対応づけた換言知識を格納する記憶手段から、前記原言語解析ステップが出力した前記原言語解釈に対応づけられた前記換言解釈を取得し、取得した前記換言解釈に基づき前記入力受付ステップが受付けた前記原言語文を換言した原言語換言文を生成する換言ステップと、
前記原言語解析ステップが出力した前記原言語解釈と、前記換言ステップが記憶手段から取得した前記換言解釈とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力する翻訳ステップと、
を備えたことを特徴とするコミュニケーション支援方法。
【請求項8】
複数の言語間の翻訳を行うことによりコミュニケーションを支援するコミュニケーション支援プログラムにおいて、
利用者が入力した翻訳の元となる原言語文を受付ける入力受付手順と、
前記入力受付手順が受付けた前記原言語文の意味内容を解析し、前記原言語文の意味内容の解釈である原言語解釈を出力する原言語解析手順と、
前記原言語解釈と、前記原言語解釈と同じ意味内容で表現形式の異なる換言解釈とを対応づけた換言知識を格納する記憶手段から、前記原言語解析手順が出力した前記原言語解釈に対応づけられた前記換言解釈を取得し、取得した前記換言解釈に基づき前記入力受付手順が受付けた前記原言語文を換言した原言語換言文を生成する換言手順と、
前記原言語解析手順が出力した前記原言語解釈と、前記換言手順が記憶手段から取得した前記換言解釈とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力する翻訳手順と、
をコンピュータに実行させるコミュニケーション支援プログラム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、複数の言語間の翻訳を行うことによりコミュニケーションを支援するコミュニケーション支援装置、コミュニケーション支援方法およびコミュニケーション支援プログラムに関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、グローバル化の進展や計算機ネットワーク技術の発展などに伴い、異言語間でコミュニケーションをとる機会が増加している。一方、自然言語処理技術の進展に伴い、例えば日本語で書かれた任意のテキストを、英語などの他言語テキストに変換する機械翻訳装置が開発され、実用化されている。
【0003】
また、音声処理技術の進展に伴い、電子データとして存在する自然言語文字列を、音声出力に変換する音声合成装置や、利用者による音声発話を入力とし、これを文字列変換することで、音声による自然言語文字列の入力を可能にする音声入力装置が開発され、実用化されている。
【0004】
このような、自然言語処理技術および音声処理技術の進展に伴い、これらを統合し、異なる言語を母語とする者同士のコミュニケーションを支援するコミュニケーション支援装置の実現への期待が高まっている。
【0005】
頑健な機械翻訳を実現するためには、幅広い言語現象を扱える文法規則や大規模な単語辞書や翻訳知識が必要不可欠である。また、特に自由な発話を許容する翻訳装置を実現するためには、ある程度制限された発話においても発生する多義性や曖昧性の解決などの問題に加えて、入力発話に見られる倒置や省略などの非文法性に代表され、翻訳結果に大きく影響を与える種々の言語現象の解決が不可欠である。このように、種々の利用者発話に対して頑健に処理可能であり、かつ、高精度な翻訳性能を持つ翻訳装置の実現は、非常に困難な課題となっている。
【0006】
高精度な翻訳を実現するため、特許文献1では、翻訳処理を実行する前に、入力された文を翻訳しやすいように言い換えた文を利用者に対して提示し、利用者が選択した文に対して翻訳処理を実行する技術が提案されている。
【0007】
一般に、翻訳処理自体に失敗したために、または翻訳処理において部分的な訳出しかできなかったために、利用者の発話内容を正しく対象言語話者に伝えることができなかった場合、利用者は再度翻訳処理を試みるために再入力や再処理を翻訳装置に対して指示する。
【0008】
【特許文献1】国際公開第00/13102号パンフレット
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
しかしながら、同一発話の再入力や再処理を実行するだけでは、通常、翻訳装置は同じ訳出結果を出力するため、いつまでも発話内容を正しく伝達することができないという問題があった。また、これを回避して、異なる訳出結果を出力するためには、利用者は、伝えたい内容を原言語内で別の表現で言い換え、さらに可能ならば、翻訳装置が翻訳可能な文を利用者自身が想定した上で別の表現の再入力を行わなければならないという問題があった。
【0010】
特許文献1の方法では、翻訳処理前に言い換え文を提示しているが、利用者は、翻訳装置がどのような文章が翻訳可能であり、前回発話した内容のどのような点が悪くて翻訳に失敗したか、などを考慮することや、さらにその上で、翻訳装置が正しい訳出を可能とする入力文を想定し発話することができない。
【0011】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、翻訳が失敗したときであっても、入力文を換言した文を利用者に対して提示することにより、利用者による入力文の推敲を支援することができるコミュニケーション支援装置、コミュニケーション支援方法およびコミュニケーション支援プログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0012】
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明は、複数の言語間の翻訳を行うことによりコミュニケーションを支援するコミュニケーション支援装置において、翻訳の元となる原言語文の意味内容の解釈である原言語解釈と、前記原言語解釈と同じ意味内容で表現形式の異なる換言解釈とを対応づけた換言知識を格納する換言知識記憶手段と、利用者が入力した前記原言語文を受付ける入力受付手段と、前記入力受付手段が受付けた前記原言語文の意味内容を解析し、前記原言語解釈を出力する原言語解析手段と、前記原言語解析手段が出力した前記原言語解釈に対応づけられた前記換言解釈を、前記換言知識記憶手段から取得し、取得した前記換言解釈に基づき前記入力受付手段が受付けた前記原言語文を換言した原言語換言文を生成する換言手段と、前記原言語解析手段が出力した前記原言語解釈と、前記換言手段が前記換言知識記憶手段から取得した前記換言解釈とを翻訳し、翻訳の対象言語で記述した文である対象言語文を出力する翻訳手段と、を備えたことを特徴とする。
【0013】
また、本発明は、上記装置を実行することができるコミュニケーション支援方法およびコミュニケーション支援プログラムである。
【発明の効果】
【0014】
本発明によれば、翻訳が失敗したときであっても、利用者により入力された原言語発話と同等、あるいは準ずる意味内容を有し、自装置が翻訳可能な原言語文を提示することができる。このため、利用者は、提示された原言語文を参照することにより、翻訳が失敗した原因を把握し、提示された原言語文を手本として適切な入力文を推敲できることができるとともに、直接提示された原言語換言文を選択することで再入力の煩雑さを低減することができるという効果を奏する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下に添付図面を参照して、この発明にかかるコミュニケーション支援装置、コミュニケーション支援方法およびコミュニケーション支援プログラムの最良な実施の形態を詳細に説明する。
【0016】
(第1の実施の形態)
第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置は、予め記憶手段に格納された換言知識を参照し、入力された原言語文と同等、あるいは準ずる意味内容で表記の異なる文である原言語換言文に変換し、利用者に提示するものである。なお、以下では、日本語を原言語、英語を対象言語として翻訳処理を実行することを前提として説明するが、原言語および対象言語の組み合わせはこれに限るものではなく、あらゆる言語の組み合わせについて適用することができる。
【0017】
図1は、第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置100の構成を示すブロック図である。同図に示すように、コミュニケーション支援装置100は、入力受付部101と、原言語解析部102と、翻訳部103と、表示制御部104と、換言部105と、出力部106と、換言知識記憶部121とを備えている。
【0018】
入力受付部101は、利用者による原言語文の入力を受付けるものである。原言語文の入力は、キーボード、ポインティングデバイス、手書き文字認識などの一般的に用いられているあらゆる入力方法を適用することができる。また、入力受付部101は、利用者からの音声入力を受付け、受付けた音声に対し音声認識処理を行い、原言語文を出力するように構成してもよい。
【0019】
この際に行われる音声認識処理は、LPC分析、隠れマルコフモデル(HMM:Hidden Markov Model)、ダイナミックプログラミング、ニューラルネットワーク、Nグラム言語モデルなどを用いた、一般的に利用されているあらゆる音声認識方法を適用することができる。
【0020】
原言語解析部102は、入力受付部101が受付けた原言語文に対し、原言語の語彙情報、文法規則を参照した形態素解析、構文解析、係り受け解析、意味解析、文脈解析などの自然言語解析処理を行うことによって、原言語文が表している意味内容の解釈である原言語解釈を出力するものである。
【0021】
なお、原言語解析部102により行われる自然言語解析処理は、A*アルゴリズムを用いた形態素解析や、アーリー法、チャート法、一般化LR法による構文解析など、一般的に利用されているあらゆる方法を適用することができる。また、形態素情報、構文情報、意味情報などを格納した自然言語処理用の辞書が、HDD(Hard Disk Drive)、光ディスク、メモリカード、RAM(Random AccesSmemory)などの一般的に利用されている記憶手段に格納され、これらの自然言語解析処理において参照される。
【0022】
第1の実施の形態においては、原言語文の形態素系列と統語構造を原言語解釈として出力する。形態素系列とは、原言語文を形態素解析した結果であり、原言語文を構成する単語と品詞の組からなる系列である。また、統語構造とは、原言語文を構文解析した結果であり、原言語構造を文脈自由文法(Context Free Grammar)などの文法規則を用いて解析した構文構造である。
【0023】
原言語解析部102が出力する原言語解釈の書式の一例を以下に示す。入力された原言語文「私が食べる」に対する形態素系列は、以下の(1)式のような形式で与えられる。
<pron 私><cm が><v 食べる> ・・・(1)
【0024】
上記形態素系列は、原言語文「私が食べる」が“私”、"が"、"食べる"の3つの単語に分割可能であり、それぞれの文法範疇に対応する品詞"pron"、"cm"、"v"が割り当てられていることを示している。
【0025】
また、統語構造は、以下の(2)式のような形式で与えられる。
(s(np <pron 私><cm が>)(vp <v 食べる>)) ・・・(2)
【0026】
上記統語構造は、入力表層に対応する単語、文法範疇の書き換え関係を括弧により表現した形式である。すなわち、(np <pron 私> <cm が>)は、文法範疇advとcmが、文法範疇npによって書き換えられることを示し、さらに、(s(np <pron 私><cm が>)(vp <v 食べる>))は、文法範疇npとvpが、文法範疇sによって書き換えられることを示している。
【0027】
なお、上記のような記述形式は一例であり、従来から用いられているあらゆる形態素系列の記述形式および統合構造の記述形式により記述するように構成することができる。
【0028】
翻訳部103は、日本語による原言語文を英語による対象言語文に翻訳するものである。なお、翻訳部103より行われる翻訳処理は、一般的なトランスファ方式、用例ベース方式、統計ベース方式、中間言語方式の機械翻訳システムにおいて利用されているあらゆる方法を適用することができる。
【0029】
表示制御部104は、原言語文、原言語解析部102による解析の過程や翻訳部103による訳出過程において発生した処理に関する不具合の情報を、利用者に提示するものである。すなわち、入力した原言語文の訳出結果だけでなく、一連の解析・翻訳処理の成否および問題点を利用者が参照し、次に入力する原言語文を検討する際の参考とすることができる。不具合の情報としては、例えば、部分的にしか訳出できなかったことを示す情報などを提示する。
【0030】
また、翻訳部103により生成された対象言語文も併せて提示される。これにより、対象言語を理解することのできる利用者が、提示された訳出結果の適切さを直接評価することも可能となる。
【0031】
また、表示制御部104は、換言部105により出力された原言語換言文を利用者に提示し、提示した原言語換言文を利用者が選択した場合、当該原言語換言文を原言語文の入力として入力受付部101に送るように構成してもよい。これにより、利用者が原言語文を再入力する負担を軽減することができる。
【0032】
換言知識記憶部121は、翻訳の元となる原言語文の意味内容の解釈である原言語解釈と、原言語解釈と同等、あるいは準ずる意味内容で表記の異なる文である換言解釈とを対応づけた換言知識を格納するものである。また、換言知識記憶部121は、換言知識に、当該換言知識を適用する際の優先順位を表す優先度を対応づけて格納するように構成してもよい。本実施例において、優先度は、1〜10で示される離散値で与え、数値が大きい換言知識ほど優先して換言処理に採用されるように構成している。なお、優先度の与え方はこれに限るものではなく、換言知識を適用する際の優先順位を表す値であればどのような基準を用いてもよい。換言知識記憶部121は、HDD、光ディスク、メモリカード、RAMなどの一般的に利用されているあらゆる記憶手段により構成することができる。
【0033】
図2は、換言知識記憶部121のデータ構造の一例を示す説明図である。同図に示すように、換言知識記憶部121は、換言知識と優先度とを対応づけて格納している。換言知識を示す原言語解釈および換言解釈は、統語構造、形態素系列のどちらの形式により表してもよい。
【0034】
同図に示す例では、換言知識201は、変換元である原言語文の統語構造と変換先である統語構造との組により表されている。また、換言知識202は、変換元である原言語文の形態素系列と、変換先である形態素系列との組により表されている。
【0035】
ここで、変換元の統語構造または形態素系列を表した部分を前件部という。原言語文が入力されたとき、当該原言語文に対する原言語解釈と適合する前件部を検索し、検索した前件部と対応づけられた換言解釈を取得し、換言処理において使用する。同図の例では、統語構造で表された前件部203および形態素系列で表された前件部204が示されている。
【0036】
換言知識においては、統語構造または形態素系列は、二重括弧“《》”で括られた、動的な割り当てが可能な変数部分205、207と、それ以外の一般的な言語表現であり編集不可能な定数部分206により表現することができる。換言知識における統語構造または形態素系列は、変数部分のみ、または、定数部分のみで表現してもよい。
【0037】
変数部分は、記号"?"を用いて“《文法範疇 ?》”の形式で表記することができる。これは、記載された文法範疇に属する任意の単語を割り当てることができることを表す。また、同図の変数部分207に示すように、記号"*"を用いて“《*》”の形式で表記することができ、この場合は、任意の統語構造、または、形態素系列を変数部分に割り当てることができることを表す。
【0038】
換言部105は、原言語文と、当該原言語文を原言語解析部102が解析した結果である形態素系列と統語構造を検索キーとして、換言知識記憶部121から適用可能な換言知識を取得し、取得した換言知識を原言語文に対して適用することにより、原言語換言文を生成するものである。
【0039】
ここで、換言知識が適用可能であるとは、各換言知識が持つ前件部である変換元の統語構造または形態素系列が、入力された原言語文に対する統語構造または形態素系列に対して割当可能であることをいう。このとき、適用可能な換言知識が複数個存在する場合は、適合度の最も大きい換言知識を採用する。なお、予め定められた個数の換言知識を適合度の大きい順に複数採用し、複数の原言語換言文を出力するように構成してもよい。
【0040】
適合度は、換言知識の前件部が、入力された原言語文に対する統語構造または形態素系列を被覆する割合が大きく、変数部分の数が少なく、換言知識の優先度が大きいほど大きくなるように算出する。また、換言知識の前件部が形態素系列であるものより統語構造であるものほど大きくなるように算出する。これら評価においては、構造的、表層的な一致の度合いを最大とする前件部の割り当て方を計算する動的計画法などを適用することができる。
【0041】
なお、換言知識記憶部121に換言知識の優先度を格納しない場合は、換言部105は、優先度を除く要素を用いて適合度を算出する。また、換言部105は、生成した原言語換言文に対して翻訳部103により翻訳処理を試行し、翻訳に成功すること、または、最初の入力時に発生した誤りを回避できることを確認した上で当該原言語換言文を出力するように構成してもよい。
【0042】
出力部106は、翻訳部103が翻訳した対象言語文を受け取り、その内容を対象言語である英語の合成音声として出力するものである。出力部106により行われる音声合成処理は、音声素片編集音声合成、フォルマント音声合成、音声コーパスベースの音声合成、テキストトゥスピーチなどの一般的に利用されているあらゆる方法を適用することができる。
【0043】
なお、出力部106による音声出力は省略してもよい。すなわち、入力受付部101による音声入力や、出力部106による音声出力の代わりに、キーボード、ポインティングデバイスなどの入力装置による原言語のテキスト入力と、テキストを画面表示するディスプレイなどの表示装置による対象言語のテキスト出力を行うように構成してもよい。また、プリンタなどへのテキスト印刷により対象言語文を出力するように構成してもよい。さらに、必要に応じて上記出力方法の切り替えや併用を行うように構成してもよい。
【0044】
次に、このように構成された第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置100によるコミュニケーション支援処理について説明する。図3は、第1の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【0045】
まず、入力受付部101が、利用者が入力した原言語文(以下、Siと表す)の入力を受付ける(ステップS301)。次に、原言語解析部102が、原言語文Siに対して自然言語解析処理を実行し、原言語解釈を出力する(ステップS302)。具体的には、形態素解析の結果である形態素系列(以下、Smと表す)と、構文解析の結果である構文構造(以下、Saと表す)とを出力する。
【0046】
次に、翻訳部103が、原言語解析部102により出力された原言語解釈を翻訳することにより翻訳の対象言語で記述された対象言語文(以下、Toと表す)を出力する(ステップS303)。
【0047】
次に、表示制御部104は、原言語文Si、対象言語文To、翻訳結果(以下、TRと表す)を翻訳結果提示画面に表示する(ステップS304)。図4は、翻訳結果提示画面の内容の一例を示す説明図である。翻訳結果とは、解析の過程や訳出過程において発生した処理に関する不具合の情報である。
【0048】
同図において、入力文表示エリア401は、最新の利用者発話の入力を入力受付部101が受付けた結果である原言語文を表示する部分である。訳出表示エリア402は、原言語文を翻訳した結果である対象言語文を表示する部分である。訳出状況表示エリア403は、翻訳結果TRを表示する部分である。
【0049】
同図においては、入力された原言語文として「急いでって言ったじゃないか。」が表示され、当該原言語文を翻訳した結果、対象言語文「Hurry.I Said.」が出力されたが、翻訳が失敗し部分訳となった例が示されている。
【0050】
翻訳結果提示画面に表示された情報を参照し、利用者は、翻訳が発話意図に沿って正常に行われたか否かを判断し、翻訳の成否を入力する。
【0051】
次に、入力受付部101は、利用者から翻訳成功の入力を受付けたか否かを判断する(ステップS305)。翻訳成功の入力を受付けていない場合は(ステップS305:NO)、原言語文Siを換言した原言語換言文(以下、Spと表す)を取得するために換言処理を実行する(ステップS306)。換言処理の詳細については後述する。
【0052】
換言処理の実行後、表示制御部104は、換言処理により取得された原言語換言文Spを換言結果提示画面に表示する(ステップS307)。図5は、換言結果提示画面の内容の一例を示す説明図である。同図において、修正例文表示エリア501は、換言処理により原言語文が換言された結果である原言語換言文を表示する部分である。また、原言語文と原言語換言文との差異点502を下線表示などにより強調して表示するように構成してもよい。
【0053】
修正例文表示エリア501に表示された原言語換言文が発話意図に適っていると判断した場合、利用者は、マイクによる音声入力や、キーボード入力、ポインティングデバイスなどの入力手段を用いて、当該原言語換言文を再度入力する原言語文として直接選択することができるように構成してもよい。
【0054】
以上のような処理により、翻訳が失敗したときであっても、利用者に対して、正しく翻訳できる文の例である原言語換言文を表示し、また、換言した部分を強調表示することができる。このため、利用者は、翻訳失敗の原因を判断し、別の表現を適切に推敲することが可能となる。また、表示された修正例文をそのまま原言語文として入力することができるため、原言語文を再入力する負担を軽減することができる。
【0055】
表示制御部104による画面表示の後、入力受付部101が、原言語文Siの再入力を受付け(ステップS308)、原言語解析部102による原言語文の解析処理に戻り処理を繰り返す(ステップS302)。
【0056】
ステップS305において、翻訳成功の入力を受付けたと判断された場合は(ステップS305:YES)、出力部106が対象言語文Toを音声合成し、対象言語による音声として出力し(ステップS309)、コミュニケーション支援処理を終了する。
【0057】
第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置100では、例えば、最初に表示された翻訳結果に対して利用者が問題なく翻訳が成功したと判断した場合は、換言処理を実行せずに翻訳結果である対象言語文Toを音声出力することができる。このため、特許文献1の方法のように翻訳処理の成否にかかわらず言い換えた文を選択する必要がなく、利用者の操作負担を低減することができる。
【0058】
次に、ステップS306における換言処理の詳細について説明する。図6は、第1の実施の形態における換言処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【0059】
まず、換言部105が、原言語文の解析結果である形態素系列Smおよび構文構造Saを検索キーとして、適用可能な換言知識を換言知識記憶部121から取得し、取得した換言知識を換言知識集合[P]に格納する(ステップS601)。なお、換言知識集合[P]は、換言知識を格納するための情報であり、RAMなどの記憶手段に格納する。また、換言知識集合[P]は、換言処理開始時に空にされているものとする。
【0060】
次に、換言部105が、換言知識集合[P]が空であるか否かを判断する(ステップS602)。空である場合は(ステップS602:YES)、適用する換言知識が存在せず、原言語換言文を出力することができないため、換言処理を終了する。
【0061】
換言知識集合[P]が空でない場合は(ステップS602:NO)、換言部105は、[P]から、利用可能であり、適合度が最大である換言知識(以下、Pxと表す)を取得する(ステップS603)。ここで、利用可能な換言知識とは、後述する翻訳結果の判定処理により、正常に翻訳できないと判断された換言知識を除いたものをいう。従って、最初の処理においては、[P]に含まれるすべての換言知識が利用可能である。
【0062】
次に、換言部105が、取得した換言知識Pxを適用して原言語文を換言し、原言語換言文Spを生成する(ステップS604)。例えば、入力された原言語文が「急いでって言ったじゃないか。」であり、取得した換言知識Pxが図2の換言知識201で示すような換言知識であった場合、原言語換言文Spとして、「急いで下さいって言ったじゃないか。」が生成される。
【0063】
次に、翻訳部103が、原言語換言文Spを翻訳し、対象言語文(以下、Torと表す)を出力する(ステップS605)。続いて、翻訳部103が、この翻訳処理が正常に行われたか否かを判断する(ステップS606)。正常に行われた場合は(ステップS606:YES)、換言部105は、原言語換言文Spを出力し、換言処理を終了する(ステップS608)。
【0064】
翻訳処理が正常に行われなかった場合は(ステップS606:NO)、換言部105は、取得した換言知識Pxを利用不可にする(ステップS607)。次に、換言部105は、換言知識集合[P]内のすべての換言知識を処理したか否かを判断し(ステップS609)、すべての換言知識を処理していない場合は(ステップS609:NO)、次に適合度が大きい換言知識を取得して処理を繰り返す(ステップS603)。すべての換言知識を処理した場合は(ステップS609:YES)、換言処理を終了する。
【0065】
このように、第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置100では、翻訳が失敗したときであっても、翻訳が正常に完了するまで、入力された原言語文と異なる表記で、同等、あるいは準ずる意味内容を有し、自装置が翻訳可能な原言語換言文を利用者に対して提示することができる。このため、利用者は翻訳が失敗した原因を把握し、提示された原言語換言文を参考にして、適切な入力文を推敲することができる。また、提示された原言語換言文を再入力する原言語文として指定することができるため、再入力の負担を軽減することができる。
【0066】
(第2の実施の形態)
第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置は、ある発話内容に対して、訳出が不適当であると判断し利用者が採用しなかった初期入力、あるいはそれに係る再入力文のそれぞれと、最終的に利用者が採用した再入力文とから換言知識を抽出し、それを新たな換言知識として記憶手段に登録するものである。
【0067】
図7は、第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置700の構成を示すブロック図である。同図に示すように、コミュニケーション支援装置700は、入力受付部101と、原言語解析部102と、翻訳部103と、表示制御部104と、換言部105と、出力部106と、換言知識抽出部707と、換言知識記憶部121と、入力履歴記憶部722とを備えている。
【0068】
第2の実施の形態においては、換言知識抽出部707と、入力履歴記憶部722とを追加したことが第1の実施の形態と異なっている。その他の構成および機能は、第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置100の構成を表すブロック図である図1と同様であるので、同一符号を付し、ここでの説明は省略する。
【0069】
入力履歴記憶部722は、入力受付部101により受付けられた原言語文と、当該原言語文を原言語解析部102が解析した結果である形態素系列および統語構造と、該原言語文が入力された時点の再入力フラグの状態とを対応づけ、発話した順序で記憶している。再入力フラグとは、利用者による入力が、ある発話意図または発話内容に対する初めての入力であることを示すオフ状態と、2回目以降の再入力であることを示すオン状態を持つ。これにより、換言知識を抽出する際に利用者が再入力をしている範囲を特定することができる。
【0070】
図8は、入力履歴記憶部722のデータ構造の一例を示す説明図である。同図に示すように、入力履歴記憶部722は、入力履歴として、原言語文803と、原言語文803を形態素解析した結果である形態素系列804と、原言語文803を構文解析した結果である統語構造805と、再入力フラグの状態806とを対応づけ、1つの発話入力の単位として格納している。同図においては、入力履歴801と入力履歴802とが格納されている例が示されている。
【0071】
各入力履歴は、入力された時刻が新しい順に並べられており、同図に示す例では、上に示された入力履歴ほど新しい発話入力となるように記憶している。入力履歴記憶部722を参照することにより、例えば、同図における入力履歴801に対応する発話の方が、入力履歴802に対応する発話に比べて新しい発話であること、さらに、これら2つの発話が連続した発話であることを検知することができる。
【0072】
換言知識抽出部707は、ある発話内容に対して、訳出が不適当であると判断し利用者が採用しなかった初期入力、あるいはそれに係る再入力文のそれぞれと、最終的に利用者が採用した再入力文との組を、原言語文の間の変換である換言であると捉えて、換言知識として抽出するものである。
【0073】
図9は、換言知識抽出部707が抽出した換言知識の一例を示した説明図である。同図は、図8の入力履歴802内の原言語文を初期入力文とし、入力履歴801内の原言語文を再入力文としたときに抽出される換言知識の例を示している。換言知識は、以下に示す4段階で抽出され、換言知識記憶部121に重複のないように保存される。
【0074】
第1に、初期入力文と再入力文を、それぞれ構文解析した結果である統語構造を対応づけ、換言知識として抽出する。このとき、本実施例では、初期優先度として5を設定する。この結果、例えば、図9に示す換言知識901が得られる。
【0075】
第2に、初期入力文と再入力文をそれぞれ解析した結果である統語構造において、当該統語構造に含まれる単語の一部を変数化した統語構造を対応づけ、換言知識として抽出する。このとき、本実施例では、初期優先度として3を設定する。この結果、例えば、図9に示す換言知識902が得られる。
【0076】
第3に、初期入力文と再入力文を、それぞれ形態素解析した結果である形態素系列を対応づけ、換言知識として抽出する。このとき、本実施例では、初期優先度として3を設定する。この結果、例えば、図9に示す換言知識903が得られる。
【0077】
第4に、初期入力文と再入力文をそれぞれ形態素解析した結果である形態素系列において、当該形態素系列に含まれる単語の一部を変数化した形態素系列を対応づけ、換言知識として抽出する。このとき、本実施例では、初期優先度として1を設定する。この結果、例えば、図9に示す換言知識904が得られる。
【0078】
なお、同図においては1つの単語のみを変数化した例が示されているが、複数の単語を変数化して対応づけた換言知識を抽出してもよい。また、上記第2および第4の段階において、変数化することができる文法範疇は、例えば、名詞、動詞、副詞などに代表される内容語とするように構成するなど、限定的に処理してもよい。さらに、各段階で抽出した換言知識に付与する初期優先度は、各段階に定めた数値でなくてもよい。
【0079】
次に、このように構成された第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置700によるコミュニケーション支援処理について説明する。図10は、第2の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【0080】
まず、入力受付部101が、利用者が入力した原言語文Siの入力を受付ける(ステップS1001)。また、入力受付部101は、入力中の発話が再入力であるか通常入力であるかを識別するための再入力フラグをオフに設定し、通常入力状態にする。再入力フラグは、後述するステップS1011においてオンに設定され、換言知識抽出処理を実行するか否かの判断(ステップS1013)において参照される。
【0081】
次に、入力受付部101は、受付けた原言語文Siを入力履歴記憶部722に保存する(ステップS1002)。ここで受付けた原言語文Siは、入力時の再入力フラグの状態であるオフ状態と対応付けて記憶されている。
【0082】
次に、原言語解析部102が、原言語文Siに対して自然言語解析処理を実行し、原言語解釈を出力するとともに、入力履歴記憶部722に原言語解釈を保存する(ステップS1003)。具体的には、形態素解析の結果である形態素系列Smと、構文解析の結果である構文構造Saとを出力し、入力履歴記憶部722に保存する。
【0083】
ステップS1004からステップS1009までの翻訳処理、換言処理、画面表示処理および再入力受付処理は、第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置100におけるステップS303からステップS308までと同様の処理なので、その説明を省略する。
【0084】
ステップS1009において、原言語文の再入力を受付けた後、入力受付部101は、再入力フラグをオンに更新し(ステップS1010)、原言語解析部102による原言語文の解析処理に戻り処理を繰り返す(ステップS1003)。
【0085】
ステップS1006において、翻訳成功の入力を受付けたと判断された場合は(ステップS1006:YES)、出力部106が対象言語文Toを音声合成し、対象言語による音声として出力する(ステップS1012)。
【0086】
この後、第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置700においては、原言語文の入力履歴から換言知識を抽出するために、以下のステップS1013、ステップS1014の処理を実行する。
【0087】
まず、換言知識抽出部707が、再入力フラグがオンであるか否かを判断する(ステップS1013)。オンでない場合は(ステップS1013:NO)、原言語文の再入力が行われておらず、抽出する換言知識が存在しないため、コミュニケーション支援処理を終了する。
【0088】
再入力フラグがオンである場合は(ステップS1013:YES)、換言知識抽出処理を実行した後(ステップS1014)、コミュニケーション支援処理を終了する。換言知識抽出処理の詳細については、以下に詳述する。
【0089】
図11は、ステップS1014における換言知識抽出処理の全体の流れを示すフローチャートである。まず、換言知識抽出部707は、まだ取得していない入力履歴のうち、最新の入力履歴を入力履歴記憶部722から取得する(ステップS1101)。次に、換言知識抽出部707は、取得した入力履歴から原言語文、形態素系列、統語構造を取得し、入力・再入力集合[I]に追加する(ステップS1102)。なお、入力・再入力集合[I]は、入力履歴を格納するための情報であり、RAMなどの記憶手段に格納する。また、入力・再入力集合[I]は、ある発話意図または発話内容に対して換言知識を抽出する前に空にされているものとする。
【0090】
次に、換言知識抽出部707は、取得した入力履歴に対応する再入力フラグがオンであるか否かを判断し(ステップS1103)、オンである場合は(ステップS1103:YES)、次の入力履歴を取得して処理を繰り返す(ステップS1101)。これにより、ある発話意図または発話内容についての初期入力文に対して入力されたすべての再入力文を取得することができる。
【0091】
再入力フラグがオンでない場合は(ステップS1103:NO)、ある発話意図または発話内容に対する初期入力文に到達したと判断し、以下のようにステップS1104およびステップS1105において換言知識の抽出を行う。
【0092】
まず、換言知識抽出部707は、入力・再入力集合[I]から1組の形態素系列(以下、Imと表す)と、統語構造(以下、Iaと表す)との組を取得する(ステップS1104)。ここで、ステップS1003において出力された初期入力文に対する形態素系列Sm、統語構造Saには、ステップS1006で翻訳成功入力を受けた、すなわち、利用者によって採用された発話が入っているので、それぞれ形態素系列Im、統語構造Iaを対応づけた換言知識を換言知識記憶部121に保存し(ステップS1105)、換言知識抽出処理を終了する。このとき、換言知識記憶部121が既に保持している換言知識と同内容のものは追加せず、また、変換操作を伴わない自身から自身への変換を規定するような変換知識は排除されるようにしている。
【0093】
次に、第2の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の具体例について説明する。図12は、換言知識記憶部121のデータ構造の一例を示す説明図である。また、図13は、この例において、コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。ここでは、図12に示すような換言知識が換言知識記憶部121に登録されていることを前提とする。
【0094】
まず、入力受付部101が、原言語文の入力を受付ける(ステップS1001)。ここでは、図13に示すような原言語文1301を利用者が発話し、当該発話を音声認識した結果の入力が受付けられたものとする。この原言語文1301を、原言語解析部102が解析することにより(ステップS1003)、形態素系列1302および統語構造1303が出力される。
【0095】
また、翻訳部103が翻訳処理を実行し、対象言語文1304を出力する(ステップS1004)。この際、翻訳処理の成否や解析の過程で発生した不具合などを含む翻訳処理結果1305を同時に出力する。この例では、翻訳に失敗して部分的にのみ翻訳が実行され、翻訳処理結果1305として、「部分訳になりました。」が出力されたことが示されている。
【0096】
これにより、利用者は、自身の発話である原言語文1301が正しく対象言語である英語に翻訳されていないことを確認できる。ここで利用者は、翻訳が不適当であると判定したとする。このとき、入力受付部101が、ステップS1006において翻訳成功の入力を受付けないことを判定し(ステップS1006:NO)、換言処理が実行される(ステップS1007)。
【0097】
換言処理では、原言語文1301に対応する形態素系列Smおよび統語構造Saが前件部を満たす換言知識を、換言知識記憶部121を参照して順次、換言知識集合[P]に追加する(ステップS601)。
【0098】
この例では、図12の換言知識1201の前件部を満たすため、この換言知識1201を原言語文1301に適用して原言語換言文1306(「急いでしてと言ったじゃないか。」)が生成される(ステップS604)。原言語換言文1306の翻訳処理が成功したとすると(ステップS606:YES)、この原言語換言文1306が出力される(ステップS608)。
【0099】
図13に示すような原言語換言文1306が提示されることにより、利用者は、「急いで」の後に「して」という単語を付加すれば翻訳が成功することを確認できるため、再入力文を適切に推敲することができる。また、原言語換言文1306をそのまま入力文として採用してよい場合は、画面上で当該原言語換言文1306を指定する操作を行うことにより、容易に原言語文の再入力を行うことが可能となる。
【0100】
仮に、利用者が、原言語換言文1306は発話意図に沿わないと判断し、新たに原言語文を再入力したとする(ステップS1009)。図14は、この例において、コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【0101】
同図は、再入力文「急いで下さいって言ったじゃないか。」が入力された例を示している。この場合は、入力受付部101が再入力フラグをオンに設定し(ステップS1010)、入力履歴部に原言語再入力文と、入力時点での再入力フラグの状態であるオン状態とを対応付けて記憶する(ステップS1011)。また、原言語解析部102が再入力文に対して解析処理を実行して(ステップS1003)、形態素系列1402および統語構造1403が出力される。
【0102】
また、翻訳部103が翻訳処理を実行し、対象言語文1404を出力するとともに(ステップS1004)、翻訳処理結果1405を同時に出力する。この出力に対して、利用者が、適切に翻訳が実行されたと判定し、入力受付部101が利用者から翻訳成功の入力を受付けたとすると(ステップS1006:YES)、出力部106が、対象言語文1404を音声合成して出力する(ステップS1012)。
【0103】
続いて、換言知識抽出処理が実行される。ここで、入力履歴記憶部722には、ここまでに示した例のような入力の仮定に伴って、図8に示すような情報が格納されていることを前提とする。
【0104】
まず、最新の発話から順に、再入力フラグがオフ状態の発話を取得するまで、入力履歴を入力・再入力集合[I]に追加する(ステップS1102)。ただし、本実施例では、
利用者によって採用された最新の入力である、原言語入力Siと同値のものは取り出さないようにしている。図15は、この結果得られた入力・再入力集合[I]のデータ構造の一例を示す説明図である。
【0105】
同図に示すように、入力・再入力集合[I]は、入力履歴を1つ格納している。次に、この入力・再入力集合[I]から、形態素系列Im、統語構造Iaを抽出し(ステップS1104)、この時点で記憶されている、すなわち、利用者によって採用された原言語入力Siに対するステップS1003における出力として保持されている形態素系列Sm、統語構造Saと、抽出した形態素系列Im、統語構造Iaとをそれぞれ対応づけることにより、換言知識を抽出する(ステップS1105)。図16は、換言知識抽出処理により得られる換言知識の一例を示す説明図である。
【0106】
同図に示す例は、以下に示すような4段階の手順により抽出された換言知識である。第1に、初期入力文に対する統語構造Saと統語構造Iaとを対応づけて換言知識とし、初期優先度として5を与える。これにより、図16における換言知識1601が得られる。第2に、統語構造Saと統語構造Iaにおいて、各対応する単語を変数化した統語構造を対応づけて換言知識とし、初期優先度として3を与える。これにより、換言知識1602、1603、1604が得られる。
【0107】
第3に、形態素系列Smと形態素系列Imとを対応づけて換言知識とし、初期優先度として3を与える。これにより、図16における換言知識1605が得られる。第4に、形態素系列Smと形態素系列Imにおいて、各対応する単語を変数化した形態素系列を対応づけて換言知識とし、初期優先度として1を与える。これにより、換言知識1606、1607、1608が得られる。
【0108】
抽出した換言知識は、換言知識記憶部121に記憶されている既存の換言知識と重複しないように登録する。すなわち、すでに登録済みの換言知識は換言知識記憶部121に追加しないようにする。
【0109】
このように、第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置では、利用者が言い換えて再入力した文を参照して換言知識を抽出し、記憶手段に登録することができる。このため、換言可能な発話の範囲を漸増的に広げ、利用者の発話傾向に適応した換言知識を取得することが可能となる。また、利用者の再入力文推敲支援を強化し、原言語文の入力処理負担をさらに軽減することが可能となる。
【0110】
(第3の実施の形態)
第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置は、提示した原言語換言文を利用者が選択した場合に、当該原言語換言文に対応する換言知識の優先度が高くなるように、あるいは、採用されなかった原言語換言文を生成する換言知識の前記優先度が低くなるように変更するものである。
【0111】
図17は、第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置1700の構成を示すブロック図である。同図に示すように、コミュニケーション支援装置1700は、入力受付部101と、原言語解析部102と、翻訳部103と、表示制御部104と、換言部105と、出力部106と、換言知識抽出部707と、換言知識更新部1708と、換言知識記憶部121と、入力履歴記憶部722とを備えている。
【0112】
第3の実施の形態においては、換言知識更新部1708を追加したことが第2の実施の形態と異なっている。その他の構成および機能は、第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置700の構成を表すブロック図である図7と同様であるので、同一符号を付し、ここでの説明は省略する。
【0113】
換言知識更新部1708は、提示した原言語換言文を利用者が選択した場合に、当該原言語換言文に対応する換言知識の優先度が高くなるように、あるいは、採用されなかった原言語換言文を生成する換言知識の優先度が低くなるように変更するものである。具体的には、換言知識更新部1708は、換言提示部において提示した原言語換言文が利用者により採用された場合、または、それと同じ内容が発話された場合に、当該原言語換言文の換言を実現した換言知識、および、換言知識記憶部121内で同等の換言処理を実現することが可能である換言知識の優先度を大きく設定する。また、換言知識更新部1708は、利用者が当該原言語換言文と異なる発話をした場合には、その換言を実現した換言知識、および、換言知識記憶部121内で同等の換言処理を実現する換言知識の優先度を小さくする処理を実行する。
【0114】
また、利用者が言い換えることなく、最初の入力において翻訳処理が正常に実行された場合に、その入力発話を生成可能である換言知識の優先度を大きくするように構成してもよい。以上のような処理によって、以降の原言語換言文生成時における換言知識の適応の優先度を動的に変更することができる。また、これにより、利用者に適応した換言知識が優先され、逆に、利用者が好まない換言知識の適用を避けることが可能となる。
【0115】
次に、このように構成された第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置1700によるコミュニケーション支援処理について説明する。図18−1および図18−2は、第3の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【0116】
ステップS1801からステップS1811までの入力受付処理、原言語解析処理、翻訳処理、換言処理、画面表示処理および再入力受付処理は、第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置700におけるステップS1001からステップS1011までと同様の処理なので、その説明を省略する。また、ステップS1816からステップS1818までの音声出力処理、換言知識抽出処理は、第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置700におけるステップS1012からステップS1014までと同様の処理なので、その説明を省略する。
【0117】
第3の実施の形態においては、ステップS1812からステップS1815において、再入力文を参照して換言知識の優先度を更新する処理が追加された点が、第2の実施の形態と異なっている。以下に、この処理の詳細について説明する。
【0118】
まず、ステップS1811において、入力受付部101が再入力フラグをオンに更新した後、換言知識更新部1708が、再入力された原言語文(再入力文)が、換言処理によって生成された原言語換言文と同一であるか否かを判断する(ステップS1812)。
【0119】
同一である場合は(ステップS1812:YES)、換言知識更新部1708は、換言採用フラグをオンに設定する(ステップS1813)。同一でない場合は(ステップS1812:NO)、換言知識更新部1708は、換言採用フラグをオフに設定する(ステップS1814)
【0120】
この後、換言知識更新部1708が換言知識更新処理を実行し(ステップS1815)、原言語解析部102による原言語文の解析処理に戻り処理を繰り返す(ステップS1803)。ステップS1815における換言知識更新処理の詳細について、以下に説明する。
【0121】
図19は、第3の実施の形態における換言知識更新処理の全体の流れを示すフローチャートである。まず、換言知識更新部1708は、換言採用フラグがオンであるか否かについて判断する(ステップS1901)。換言採用フラグがオンである場合は(ステップS1901:YES)、換言知識更新部1708は、更新優先度(以下、uと表す)に1を設定する(ステップS1902)。換言採用フラグがオフである場合は(ステップS1901:NO)、換言知識更新部1708は、更新優先度(以下、uと表す)に−1を設定する(ステップS1903)。ここで設定する更新優先度は、常に同じ値を与えることなく、適合度などに基づいて動的に変更するようにしてもよい。
【0122】
次に、換言知識更新部1708は、ステップS601において作成された換言知識集合[P]から、1つの換言知識(以下、Puと表す)を取得する(ステップS1904)。続いて、換言知識更新部1708は、旧原言語文に対して取得した換言知識Puを適用し、対応する原言語換言文(以下、Suと表す)を出力する(ステップS1905)。
【0123】
ここで、旧原言語文とは、ステップS1809において直前に利用者が再入力した原言語文Siではなく、その前にステップS1801またはステップS1809において入力された原言語文をいう。利用者が採用しなかった原言語換言文と同じ原言語換言文を出力する換言知識の優先度を下げるためには、利用者が採用しなかった原言語換言文に対応する原言語文である旧原言語文に対して換言知識を適用して判断する必要があるからである。なお、利用者が原言語換言文を採用した場合、旧原言語文は、直前に利用者が再入力した原言語文Siと一致する。
【0124】
次に、換言知識更新部1708は、換言処理において利用された原言語換言文Spと、ステップS1905において出力した原言語換言文Suとが一致するか否かを判断する(ステップS1906)。一致しない場合は(ステップS1906:NO)、優先度の更新処理は行わずに、次の換言知識の取得処理に戻り処理を繰り返す(ステップS1904)。
【0125】
SpとSuとが一致する場合は(ステップS1906:YES)、換言知識更新部1708は、換言知識Puの優先度に更新優先度uを加算する(ステップS1907)。次に、換言知識更新部1708は、算出した優先度で換言知識記憶部121内に保存されている換言知識Puの優先度を更新する(ステップS1908)。
【0126】
このようにして、利用者が採用した原言語換言文に対応する換言知識だけでなく、当該換言知識と同じ原言語換言文を出力することのできる換言知識の優先度を同時に更新することが可能となる。
【0127】
次に、換言知識更新部1708は、換言知識集合[P]内のすべての換言知識を処理したか否かを判断し(ステップS1909)、すべての換言知識を処理していない場合は(ステップS1909:NO)、次の換言知識を取得して処理を繰り返す(ステップS1904)。すべての換言知識を処理した場合は(ステップS1909:YES)、換言知識更新処理を終了する。
【0128】
次に、第3の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の具体例について説明する。ここでは、第2の実施の形態における具体例の説明と同様に、図12に示すような換言知識が換言知識記憶部121に登録されていることを前提とする。
【0129】
第2の実施の形態における具体例と同様に、図13に示すような原言語換言文1306が提示され、利用者、利用者が、原言語換言文1306は発話意図に沿わないと判断し、新たに図14に示すような原言語文1401を再入力したとする(ステップS1809)。
【0130】
この場合、換言知識更新部1708は、再入力された原言語文が、換言処理によって生成された原言語換言文と同一でないと判断し(ステップS1812:NO)、換言採用フラグはオフが設定され(ステップS1814)、換言知識更新処理が実行される(ステップS1815)。
【0131】
換言知識更新処理では、換言採用フラグがオフに設定されていることから、更新優先度uに値“−1"を設定する(ステップS1903)。図20は、この時点における換言知識集合[P]の一例を示した説明図である。同図に示すように、換言知識集合[P]は要素を1つのみ含むことから、図20に示した換言知識2001を換言知識Puとして取得する(ステップS1904)。
【0132】
この換言知識Puは、換言処理において利用された換言知識と同一であるため、換言知識Puを適用して出力される原言語換言文Suと、換言処理において出力された原言語換言文Spと一致する(ステップS1906:YES)。
【0133】
従って、換言知識Puの優先度にu(=−1)が加算され(ステップS1907)、換言知識記憶部121内の対応する換言知識の優先度が更新される(ステップS1908)。これらの操作は、更新優先度が負の値であるので、優先度を小さくすることに相当する。
【0134】
図21は、以上の処理により更新された後の換言知識記憶部121の一例を示す説明図である。同図に示すように、更新前の換言知識記憶部121を示した図12の換言知識1201と比較すると、対応する換言知識2101は優先度が更新されている。一方、上記例における換言処理で参照されなかった換言知識2102の優先度は更新されていない。
【0135】
次に、図22に示すような換言知識が換言知識記憶部121に登録されており、図8に示すような入力履歴が入力履歴記憶部722に格納されていることを前提とした別の例について説明する。図22は、この例において、換言知識記憶部121に格納されているデータの一例を示す説明図である。また、図23は、この例において、コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【0136】
まず、入力受付部101が、原言語文の入力を受付ける(ステップS1801)。ここでは、図23に示すような原言語文2301の入力が受付けられたものとする。この原言語文2301を、原言語解析部102が解析することにより(ステップS1803)、形態素系列2302および統語構造2303が出力される。
【0137】
また、翻訳部103が翻訳処理を実行し、対象言語文2304を出力する(ステップS1804)。この際、翻訳処理の成否を表す翻訳処理結果2305を同時に出力する。この例では、翻訳に失敗して部分的にのみ翻訳が実行され、翻訳処理結果2305として、「部分訳になりました。」が出力されたことが示されている。
【0138】
これにより、利用者は、自身の発話である原言語文1301が正しく対象言語である英語に翻訳されていないことを確認し、翻訳が不適当であると判定することができる。この後、入力受付部101が、ステップS1806において翻訳成功の入力を受付けないことを判定し(ステップS1806:NO)、換言処理を実行する(ステップS1807)。
【0139】
換言処理では、原言語文2301に対応する形態素系列Smおよび統語構造Saが前件部を満たす換言知識を、換言知識記憶部121を参照して順次、換言知識集合[P]に追加する(ステップS601)。図24は、この状態で抽出された換言知識集合[P]の一例を示した説明図である。
【0140】
図24に示すような換言知識集合[P]に含まれる換言知識の中から、適合度が最大となる換言知識Pxとして、換言知識2401が取得されたとする(ステップS603)。
【0141】
取得した換言知識Pxを原言語文に適用し、原言語換言文Spとして、図23に示すような原言語換言文2306(「急いで下さいってお願いしたじゃないか。」)が生成される(ステップS604)。
【0142】
なお、仮に原言語換言文2306の翻訳処理が失敗した場合は(ステップS606:NO)、換言知識集合[P]から利用可能な換言知識Pxを順に参照して原言語換言文の生成処理を実行し、翻訳が成功するか(ステップS606:YES)、または、適用可能な換言知識が存在しなくなるまで処理を繰り返す(ステップS609)が、ここでは翻訳処理が成功したと仮定する。
【0143】
次に、利用者が原言語換言文2306を原言語文として採用するように選択の指示をした場合、または、利用者が原言語換言文2306と同一の原言語文を発話し、当該発話を音声入力した場合は、原言語文として「急いで下さいってお願いしたじゃないか。」の入力が受付けられる(ステップS1809)。
【0144】
この場合、再入力された原言語文と、原言語換言文2306が一致するため(ステップS1812:YES)、換言採用フラグにオンが設定され(ステップS1813)、換言知識更新処理が実行される(ステップS1815)。
【0145】
換言知識更新処理では、まず、換言採用フラグがオンに設定されていることから(ステップS1901:YES)、換言知識更新部1708は、更新優先度uに1を設定する(ステップS1902)。
【0146】
また、換言知識集合[P]が複数の要素を含むことから、順次取得した換言知識Puを原言語文に対して適用し、出力された原言語換言文Suが原言語換言文2306と一致する換言知識の優先度を更新する(ステップS1904〜ステップS1909)。この例では、更新優先度が正の値であるので、優先度を大きくすることに相当する。
【0147】
図25は、以上の処理により更新された後の換言知識記憶部121の一例を示す説明図である。同図の換言知識2501、2502、2503、2504は、更新前の換言知識記憶部121を示した図22と比較すると、換言知識の優先度が更新されている。
【0148】
換言知識更新処理の後、再入力された原言語文「急いで下さいってお願いしたじゃないか。」を新たな原言語文として処理が繰り返される。図26は、この場合に、コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【0149】
同図に示すような再入力された原言語文2601を原言語解析部102が解析することにより(ステップS1803)、形態素系列2602および統語構造2603が出力される。
【0150】
また、翻訳部103が翻訳処理を実行し、対象言語文2604を出力する(ステップS1804)。この際、翻訳処理の成否を表す翻訳処理結果2605を同時に出力する。この例では、翻訳が成功し、翻訳処理結果1305として、「正常に翻訳されました。」が出力されたことが示されている。
【0151】
これにより、利用者は、自身の発話である原言語文1301が正しく対象言語である英語に翻訳されたことを確認することができる。この後、入力受付部101が、ステップS1806において翻訳成功の入力を受付け(ステップS1806:YES)、出力部106による対象言語文Toの音声出力処理が実行される(ステップS1816)。続いて、換言知識抽出処理が実行されるが、この例では、再入力による発話の修正が行われていないため、新たな換言知識は抽出されない(ステップS1818)。
【0152】
このように、第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置では、換言知識と換言知識を適用する際の優先順位を表す優先度とを対応づけて記憶手段に格納し、提示した原言語換言文を利用者が選択した場合に、当該原言語換言文に対応する換言知識の優先度が高くなるように、あるいは、採用されなかった原言語換言文を生成する換言知識の優先度が低くなるように変更することにより、より適切な換言知識が優先して適用されるようにすることができる。このため、利用者の発話傾向に適応した換言提示が可能となる。
【0153】
なお、第1〜第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置で実行されるコミュニケーション支援プログラムは、ROM(Read Only Memory)等に予め組み込んで提供することが可能である。
【0154】
第1〜第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置で実行されるコミュニケーション支援プログラムは、インストール可能な形式又は実行可能な形式のファイルでCD−ROM(Compact Disk Read Only Memory)、フレキシブルディスク(FD)、CD−R(Compact Disk Recordable)、DVD(Digital Versatile Disk)等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録して提供するように構成してもよい。
【0155】
さらに、第1〜第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置で実行されるコミュニケーション支援プログラムを、インターネット等のネットワークに接続されたコンピュータ上に格納し、ネットワーク経由でダウンロードさせることにより提供するように構成してもよい。また、第1〜第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置で実行されるコミュニケーション支援プログラムをインターネット等のネットワーク経由で提供または配布するように構成してもよい。
【0156】
第1〜第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置で実行されるコミュニケーション支援プログラムは、上述した各部(入力受付部、原言語解析部、翻訳部、表示制御部、換言部、出力部、換言知識抽出部、換言知識更新部)を含むモジュール構成となっており、実際のハードウェアとしてはCPU(Central Processing Unit)が上述した記録媒体からコミュニケーション支援プログラムを読み出して実行することにより上記各部が主記憶装置上にロードされ、各部が主記憶装置上に生成されるようになっている。
【産業上の利用可能性】
【0157】
以上のように、本発明にかかるコミュニケーション支援装置、コミュニケーション支援方法およびコミュニケーション支援プログラムは、音声入力または文字入力した原言語文を対象言語に翻訳して文字出力または音声出力するコミュニケーション支援装置に適している。
【図面の簡単な説明】
【0158】
【図1】第1の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置の構成を示すブロック図である。
【図2】換言知識記憶部のデータ構造の一例を示す説明図である。
【図3】第1の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図4】翻訳結果提示画面の内容の一例を示す説明図である。
【図5】換言結果提示画面の内容の一例を示す説明図である。
【図6】第1の実施の形態における換言処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図7】第2の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置の構成を示すブロック図である。
【図8】入力履歴記憶部のデータ構造の一例を示す説明図である。
【図9】換言知識抽出部が抽出した換言知識の一例を示した説明図である。
【図10】第2の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図11】換言知識抽出処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図12】換言知識記憶部のデータ構造の一例を示す説明図である。
【図13】コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【図14】コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【図15】入力・再入力集合[I]のデータ構造の一例を示す説明図である。
【図16】換言知識抽出処理により得られる換言知識の一例を示す説明図である。
【図17】第3の実施の形態にかかるコミュニケーション支援装置の構成を示すブロック図である。
【図18−1】第3の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図18−2】第3の実施の形態におけるコミュニケーション支援処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図19】第3の実施の形態における換言知識更新処理の全体の流れを示すフローチャートである。
【図20】換言知識集合[P]の一例を示した説明図である。
【図21】換言知識記憶部の一例を示す説明図である。
【図22】換言知識記憶部に格納されているデータの一例を示す説明図である。
【図23】コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【図24】換言知識集合[P]の一例を示した説明図である。
【図25】換言知識記憶部の一例を示す説明図である。
【図26】コミュニケーション支援処理で出力されるデータの一例を示す説明図である。
【符号の説明】
【0159】
100、700、1700 コミュニケーション支援装置
101 入力受付部
102 原言語解析部
103 翻訳部
104 表示制御部
105 換言部
106 出力部
121 換言知識記憶部
201、202 換言知識
203、204 前件部
205、207 変数部分
206 定数部分
401 入力文表示エリア
402 訳出表示エリア
403 訳出状況表示エリア
501 修正例文表示エリア
502 差異点
707 換言知識抽出部
722 入力履歴記憶部
801、802 入力履歴
803 原言語文
804 形態素系列
805 統語構造
806 再入力フラグの状態
901、902、903、904 換言知識
1201 換言知識
1301 原言語文
1302 形態素系列
1303 統語構造
1304 対象言語文
1305 翻訳処理結果
1306 原言語換言文
1401 原言語文
1402 形態素系列
1403 統語構造
1404 対象言語文
1405 翻訳処理結果
1601、1602、1603、1604、1605、1606、1607、1608 換言知識
1708 換言知識更新部
2001 換言知識
2101、2102 換言知識
2301 原言語文
2302 形態素系列
2303 統語構造
2304 対象言語文
2305 翻訳処理結果
2306 原言語換言文
2401 換言知識
2501、2502、2503、2504 換言知識
2601 原言語文
2602 形態素系列
2603 統語構造
2604 対象言語文
2605 翻訳処理結果




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013