Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
アサーション記述自動生成方法および装置 - 松下電器産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 アサーション記述自動生成方法および装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−11467(P2007−11467A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−188267(P2005−188267)
出願日 平成17年6月28日(2005.6.28)
代理人 【識別番号】100115107
【弁理士】
【氏名又は名称】高松 猛
発明者 細井 大佐
要約 課題
アサーションベース検証において、検証者によるアサーション記述言語仕様の修得を不要にし、人為的なミスを軽減してテスト精度の向上を図る。

解決手段
デザイン仕様書等の設計資料101を入力し、デザイン仕様書等の設計資料101から入出力記述子および論理条件データを取得し、入出力記述子に論理条件を付加して入出力論理条件ファイルを生成する手段110と、別途入力されるアサーション記述言語仕様指定によりアサーション記述言語仕様を選択する手段111と、選択された言語仕様に基づき前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述に変換する変換部113と、変換されたアサーション記述をテキスト形式のファイル102として出力する手段114とを備えたアサーション記述自動生成装置100を用い、アサーション記述を人手でよらず自動生成できるようにする。
特許請求の範囲
【請求項1】
デザイン仕様書等の設計資料から入出力記述子および論理条件データを取得し、前記入出力記述子に論理条件を付加して入出力論理条件ファイルを生成し、別途与えられるアサーション記述言語仕様指定に基づき前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述に変換し、テキスト形式のアサーション記述ファイルを生成するアサーション記述自動生成方法。
【請求項2】
前記入出力論理条件ファイルからアサーション記述への変換に際しては、各種アサーション記述言語仕様を格納するアサーション言語仕様データベースから前記アサーション記述言語仕様指定に応じたアサーション記述言語仕様を検索し、前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述へ変換するために使用する変換スクリプトを生成する請求項2記載のアサーション記述自動生成方法。
【請求項3】
デザイン仕様書等の設計資料から入出力記述子および論理条件データを取得し、前記入出力記述子に論理条件を付加して入出力論理条件ファイルを生成する手段と、別途入力されるアサーション記述言語仕様指定によりアサーション記述言語仕様を選択する手段と、前記選択された言語仕様に基づき前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述に変換する変換部と、前記変換されたアサーション記述をテキスト形式のファイルとして出力する手段と、を備えるアサーション記述自動生成装置。
【請求項4】
前記アサーション記述言語仕様を選択する手段は、各種アサーション記述言語仕様を格納するアサーション言語仕様データベースを備え、前記アサーション記述言語仕様指定に応じたアサーション記述言語仕様を前記アサーション言語仕様データベースから検索し、前記変換部がアサーション記述変換に使用する変換スクリプトファイルを生成する請求項3記載のアサーション記述自動生成装置。
【請求項5】
請求項1または2記載のアサーション記述自動生成方法を実行するコンピュータプログラム。
【請求項6】
請求項5記載のコンピュータプログラムを記録した記録媒体。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は設計のアサーションベース検証に関し、特にアサーションベース検証におけるアサーション記述を自動生成する方法および装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
ソフトウェアやハードウェアの設計において、その設計記述が仕様に合っているかどうかをモニタリングするための手法として、アサーションベース検証が近年ますます注目を集めるようになってきている。
【0003】
アサーションベース検証においては、従来のインプリメンテーションを記述するための言語とは異なる、仕様記述に適したアサーション記述言語を用いてアサーションと呼ばれる仕様記述を行う。アサーションは設計の意図や前提などを記述することができる設計に埋め込まれた仕様であると言える。
【0004】
アサーションの記述においては、設計対象の特性や機能およびアサーション記述言語仕様を十分理解した上で記述を行う必要がある。図9は従来のアサーション記述方法を示す図である。検証者がデザイン仕様書および設計資料900から機能仕様を十分理解し、アサーション記述言語仕様901に合わせて動作条件を詳細に明示したアサーション記述ファイル902を作成している。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、アサーション記述においては、検証者がアサーション記述言語仕様を十分理解した上で、設計対象の特性や機能を十分理解して動作を明確に記述し、動作が生じる条件を詳細に示す必要がある。また、回路規模によっては多くのアサーションを埋め込む必要がある。そのため、アサーション記述ファイル作成に費やす工数が膨大になっている。
【0006】
本発明は、アサーションベース検証において、アサーション記述を人手でよらず自動生成できるようにすることで、検証者によるアサーション記述言語仕様の修得を不要にし、人為的なミスを軽減し、テスト精度の向上を図ることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、デザイン仕様書等の設計資料から入出力記述子および論理条件データを取得し、前記入出力記述子に論理条件を付加して入出力論理条件ファイルを生成し、別途与えられるアサーション記述言語仕様指定に基づき前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述に変換し、テキスト形式のアサーション記述ファイルを生成するものである。
【0008】
上記構成によれば、アサーション記述言語仕様指定に応じてデザイン仕様書等の設計資料からアサーション記述ファイルが自動生成されるため、検証者がアサーション言語仕様を修得することが不要となり、アサーション記述ファイル作成工数が大幅に削減でき、また人為的な記述ミスが軽減されるため、テスト精度も向上するとともに記述ミスによる後戻り作業を撲滅することができる。
【0009】
本発明において、前記入出力論理条件ファイルからアサーション記述への変換に際しては、各種アサーション記述言語仕様を格納するアサーション言語仕様データベースから前記アサーション記述言語仕様指定に応じたアサーション記述言語仕様を検索し、前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述へ変換するために使用する変換スクリプトを生成する。
【0010】
上記構成によれば、各種アサーション記述言語仕様を格納するアサーション言語仕様データベースを備え、アサーション記述言語仕様指定に応じた変換スクリプトが生成されるため、アサーション言語仕様を修得していない検証者でも、PSL、OVA、SVA、またJava言語などの各種アサーション記述言語仕様に誤り無く対処することができる。
【0011】
本発明のアサーション記述自動生成装置は、デザイン仕様書等の設計資料から入出力記述子および論理条件データを取得し、前記入出力記述子に論理条件を付加して入出力論理条件ファイルを生成する手段と、別途入力されるアサーション記述言語仕様指定によりアサーション記述言語仕様を選択する手段と、前記選択された言語仕様に基づき前記入出力論理条件ファイルをアサーション記述に変換する変換部と、前記変換されたアサーション記述をテキスト形式のファイルとして出力する手段とを備える。
【0012】
上記構成によれば、アサーション記述言語仕様指定に応じてデザイン仕様書等の設計資料からアサーション記述ファイルが自動生成されるため、検証者がアサーション言語仕様を修得することが不要となり、アサーション記述ファイル作成工数が大幅に削減でき、また人為的な記述ミスが軽減されるため、テスト精度も向上するとともに記述ミスによる後戻り作業を撲滅することができる。
【0013】
本発明において、前記アサーション記述言語仕様を選択する手段は、各種アサーション記述言語仕様を格納するアサーション言語仕様データベースを備え、前記アサーション記述言語仕様指定に応じたアサーション記述言語仕様を前記アサーション言語仕様データベースから検索し、前記変換部がアサーション記述変換に使用する変換スクリプトファイルを生成する。
【0014】
上記構成によれば、各種アサーション記述言語仕様を格納するアサーション言語仕様データベースを備え、アサーション記述言語仕様指定に応じた変換スクリプトが生成されるため、アサーション言語仕様を修得していない検証者でも、PSL、OVA、SVA、またJava言語などの各種アサーション記述言語仕様に誤り無く対処することができる。
【発明の効果】
【0015】
本発明によれば、デザイン仕様書等の設計資料からアサーション記述ファイルが自動生成されるため、検証者がアサーション言語仕様を修得することが不要となり、アサーション記述ファイル作成工数が大幅に削減でき、また人為的な記述ミスが軽減されるため、テスト精度も向上するとともに記述ミスによる後戻り作業の撲滅を図ることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0016】
(実施の形態1)
図1は本発明の実施の形態1に係るアサーション記述自動生成装置の構成を示す図である。図1において、100はアサーション記述自動生成装置、101はデザイン仕様書および設計資料、102はアサーション記述ファイル、103は外部入力である。さらに、アサーション記述自動生成装置100において、110は入力制御部、111は言語仕様選択部、112はデータ保存部、113は変換部、114は出力制御部である。
【0017】
以上のように構成されたアサーション記述自動生成装置100の動作を説明する。入力制御部110はデザイン仕様書および設計資料101から入出力記述子と論理条件データを取得し、データ保存部112に保存する。
【0018】
また、外部入力103からアサーション記述言語仕様を指定し、入力制御部110により受け付ける。その指定されたアサーション記述言語仕様を入力制御部110は言語仕様選択部111に通知する。
【0019】
変換部113は、データ保存部112で保存されたデータと言語仕様選択部111で選択された言語仕様を入力情報として、所望のアサーション記述を生成し出力制御部114に転送する。出力制御部114は転送されたアサーション記述データをテキスト形式のアサーション記述ファイルとして出力する。
【0020】
次に入力制御部110について説明する。図2は入力制御部110の構成を示す図であり、200、201はそれぞれデザイン仕様書および設計資料101から取得される入出力記述子ファイルと論理条件データファイルである。
【0021】
図2において、入出力記述子取得部210は入出力表ファイル200を入力として入出力記述子を全て取得し、入出力記述子ファイル211を生成する。論理条件付加部212は論理条件データファイル201および入出力記述子ファイル211を入力として論理条件を取得し、これを該当する入出力記述子に付加し、入出力論理条件ファイル213を生成してデータ保存部112へ転送する。
【0022】
図3は入出力表ファイルと論理条件データファイルの具体的な記述例を示す図である。また、図4は上記処理過程で生成される入出力記述子ファイル211および入出力論理条件ファイル213の具体的な記述例を示す図である。
【0023】
また図2において、言語仕様種別取得部214は外部入力103から指定されたアサーション記述言語仕様により言語仕様種別を取得し、言語仕様選択部111へ通知する。
【0024】
次に言語仕様選択部111について説明する。図5は言語仕様選択部111の構成を示す図であり、500は変換スクリプト生成部、501はアサーション記述言語仕様データベース、502は変換スクリプトファイルである。アサーション記述言語仕様データベース501には、PSL、OVA、SVA、またJava言語などの仕様が収容されている。
【0025】
変換スクリプト生成部500は、入力制御部110から通知された言語仕様種別により、アサーション記述言語仕様データベース501において言語仕様を検索し、アサーション記述変換に使用するユーティリティとして、アサーション記述言語仕様データベース501から抽出した言語仕様から変換スクリプトファイル502を生成して変換部113へ転送する。
【0026】
次にデータ保存部112について説明する。図6はデータ保存部112の構成を示す図であり、610はデータ管理部、611は格納部である。データ管理部610は入力制御部110より転送された入出力論理条件ファイル213を格納部611に一時保存する。
【0027】
その後、アサーション記述変換実行時に一時保存したファイルを再度データ管理部610を介して読み出し、アサーション記述変換に使用する入出力論理条件ファイル213aを変換部へ転送する。なお、入出力論理条件ファイル213aは通常は入出力論理条件ファイル213と同一である。
【0028】
次に変換部113および出力制御部114について説明する。図7は変換部113および出力制御部114の構成を示す図であり、710は変換実行部、711はアサーション記述テーブルファイル、712はアサーション記述ファイル生成部である。
【0029】
変換実行部710は言語仕様選択部111より転送された変換スクリプトファイル502を用いて、データ保存部112より転送された入出力論理条件ファイル213aを所望のアサーション記述に自動変換し、アサーション記述テーブルファイル711を生成し、出力制御部114へ転送する。アサーション記述ファイル生成部712は転送されたアサーション記述テーブルファイル711からテキスト形式のアサーション記述ファイル102を生成する。
【0030】
このように、本実施の形態のアサーション記述自動生成装置によれば、デザイン仕様書および設計資料から指定した言語仕様によるアサーション記述ファイルが人手を伴わず自動生成できるため、アサーション記述ファイル作成工数が大幅に削減でき、また人為的な記述ミスが軽減されるためシナリオミスによる手戻り工数がなくなる。
【0031】
(実施の形態2)
図8は本発明の実施の形態2に係るアサーション記述自動生成方法を実行するコンピュータプログラムのフロー図である。本実施の形態のアサーション記述自動生成方法は、実施の形態1と同様に、入出力表ファイルおよび論理条件データファイルを入力し、アサーション記述言語仕様を指定し、入出力論理条件ファイルを所望のアサーション記述に自動変換し、アサーション記述ファイルを自動生成するものである。
【0032】
図8において、まずステップ800で入出力表ファイルおよび論理条件データファイルを入力し、これからステップ801で入出力記述子および論理条件を取得し、入出力論理条件ファイルを生成し、ステップ802で一時保存する。
【0033】
次に、ステップ803でアサーション記述言語仕様指定を確認し、ステップ804でアサーション言語仕様データベースを検索して所望の言語仕様を抽出し、アサーション記述変換に使用するユーティリティとして変換スクリプトファイルを生成する。
【0034】
これにより、一時保存した入出力論理条件ファイルをステップ805で取り出し、この入出力論理条件ファイルと変換スクリプトファイルを用いてステップ806でアサーション記述テーブルファイルを生成し、これからステップ807でテキスト形式のアサーション記述ファイルを生成する。
【0035】
このように、本実施の形態のアサーション記述自動方法によれば、デザイン仕様書および設計資料から指定した言語仕様によるアサーション記述ファイルがコンピュータプログラムで自動生成されるため、アサーション記述ファイル作成工数が大幅に削減でき、効率よく正確なアサーション検証が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0036】
【図1】本発明の実施の形態1に係るアサーション記述自動生成装置の構成を示す図。
【図2】本発明の実施の形態1に係るアサーション記述自動生成装置の入力制御部の構成を示す図。
【図3】入出力表ファイルと論理条件データファイルの具体的な記述例を示す図。
【図4】入出力記述子ファイルと入出力論理条件ファイルの具体的な記述例を示す図。
【図5】本発明の実施の形態1に係るアサーション記述自動生成装置の言語仕様選択部の構成を示す図。
【図6】本発明の実施の形態1に係るアサーション記述自動生成装置のデータ保存部の構成を示す図。
【図7】本発明の実施の形態1に係るアサーション記述自動生成装置の変換部および出力制御部の構成を示す図。
【図8】本発明の実施の形態2に係るアサーション記述自動生成方法を実行するコンピュータプログラムのフロー図。
【図9】従来のアサーション記述方法を示す図。
【符号の説明】
【0037】
100 アサーション記述自動生成装置
101 デザイン仕様書および設計資料
102 アサーション記述ファイル
103 外部入力
110 入力制御部
111 言語仕様選択部
112 データ保存部
113 変換部
114 出力制御部
200 入出力表ファイル
201 論理条件データファイル
210 入出力記述子取得部
211 入出力記述子ファイル
212 論理条件付加部
213、213a 入出力論理条件ファイル
214 言語仕様種別取得部
500 変換スクリプト生成部
501 アサーション記述言語仕様データベース
502 変換スクリプトファイル
610 データ管理部
611 格納部
710 変換実行部
711 アサーション記述テーブルファイル
712 アサーション記述ファイル生成部
713 アサーション記述ファイル
800〜807 処理ステップ
900 デザイン仕様書および設計資料
901 アサーション記述言語仕様
902 アサーション記述ファイル




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013