米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> キヤノン株式会社

発明の名称 印刷処理装置および印刷処理方法およびプログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−11588(P2007−11588A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−190027(P2005−190027)
出願日 平成17年6月29日(2005.6.29)
代理人 【識別番号】100071711
【弁理士】
【氏名又は名称】小林 将高
発明者 種田 仁一
要約 課題
明示的にカウント対象を特定してカウント処理し、より正確なカウント対象毎のカウンタ情報を取得すること。

解決手段
CPU103が、印刷データに関連付けられて入力される、該印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データと関連付けてHDD108に保存させ、前記印刷データを印刷処理する際に、該印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行する構成を特徴とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置において、
前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させる設定手段と、
前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行制御する制御手段と、
を有することを特徴とする印刷処理装置。
【請求項2】
前記カウンタ設定情報は、前記印刷データの印刷許可対象者の情報を含むものであり、
前記制御手段は、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内の印刷許可対象者の情報に基づいて、前記印刷データの印刷処理を許可又は禁止制御することを特徴とする請求項1記載の印刷処理装置。
【請求項3】
前記カウンタ設定情報は、前記印刷データの印刷許可枚数の情報を含むものであり、
前記制御手段は、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内の印刷許可枚数の情報に基づいて、前記印刷データの積算の印刷枚数が前記印刷許可枚数を超えないように印刷処理を許可又は禁止制御することを特徴とする請求項1又は2記載の印刷処理装置。
【請求項4】
前記カウンタ設定情報は、前記印刷データの有効期限の情報を含むものであり、
前記制御手段は、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内の有効期限の情報に基づいて、前記印刷データの印刷処理を許可又は禁止制御することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の印刷処理装置。
【請求項5】
前記制御手段は、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対して課金処理を実行制御することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の印刷処理装置。
【請求項6】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置に対して、印刷データを送信する情報処理装置において、
印刷データを前記印刷処理装置に送信する際に、該印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて、前記印刷処理装置に送信する送信手段を有することを特徴とする情報処理装置。
【請求項7】
前記カウンタ設定情報は、前記印刷データの印刷許可対象者の情報を含むことを特徴とする請求項6記載の情報処理装置。
【請求項8】
前記カウンタ設定情報は、前記印刷データの印刷許可枚数の情報を含むことを特徴とする請求項6又は7記載の情報処理装置。
【請求項9】
前記カウンタ設定情報は、前記印刷データの有効期限の情報を含むことを特徴とする請求項6乃至8のいずれか1項に記載の情報処理装置。
【請求項10】
情報処理装置と、前記情報処理装置から入力される印刷データを記憶手段に格納しておき前記情報処理装置からの印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置とを有する印刷システムにおいて、
前記情報処理装置は、印刷データを前記印刷処理装置に送信する際に、該印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて、前記印刷処理装置に送信する送信手段を有するものであり、
前記印刷処理装置は、前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させる設定手段と、
前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行制御する制御手段とを有することを特徴とする印刷システム。
【請求項11】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置における印刷処理方法において、
前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させる設定ステップと、
前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行するカウントステップと、
を有することを特徴とする印刷処理装置における印刷処理方法。
【請求項12】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置に対して、印刷データを送信する情報処理装置における情報処理方法において、
印刷データを前記印刷処理装置に送信する際に、該印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて、前記印刷処理装置に送信する送信ステップを有することを特徴とする情報処理装置における情報処理方法。
【請求項13】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置に、
前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させる設定ステップと、
前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行するカウントステップと、
を実行させるためのプログラム。
【請求項14】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置に対して、印刷データを送信する情報処理装置に、
印刷データを前記印刷処理装置に送信する際に、該印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて、前記印刷処理装置に送信する送信ステップを実行させるためのプログラム。
【請求項15】
入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置に対して、印刷データを送信する情報処理装置に、
印刷データを前記印刷処理装置に送信する際に、該印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて、前記印刷処理装置に送信する送信ステップを実行させるためのプログラムをコンピュータが読み取り可能に記憶した記憶媒体。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、印刷処理装置および印刷システムにおけるカウンタ処理方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、印刷装置におけるカウンタ処理は、印刷時に印刷を行ったユーザもしくはユーザが所属する部門に対して行われている。このカウンタ処理によりカウントされるカウンタ情報は、印刷者毎の印刷枚数カウントなどの情報であり、誰がどれだけ印刷を行ったのか、誰がどれだけ印刷を必要としているのかといった情報を収集に用いられている。
【0003】
このカウンタ情報は、カウント情報を利用した印刷装置の最適配置など、現在多岐に利用されている。また、特開2000−259386号公報(特許文献1)で述べられているように、印刷システム毎に課金ルールを策定し、ユーザから指示された印刷機能に対応する課金情報を、印刷ジョブに応じて埋め込んで印刷装置に送信し、印刷装置は印刷ジョブから各ページのラスタイメージを作成する際に、課金情報を抽出し、印刷ジョブが使用する機能に応じて課金内容を変更するという方法も提案されている。
【特許文献1】特開2000−259386号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、上記特許文献1に記載の技術は、あらかじめ印刷ルールを策定し印刷ジョブに課金情報を埋め込み、印刷ジョブが使用する機能に応じた課金はできるが、明示的に課金対象となる部門を特定することができない。このため、他部門の都合で印刷する必要があるものに関しても、印刷者に対してカウンタ処理が行われてしまう。
【0005】
このように、上記特許文献1の技術では、正確な部門毎のカウンタ情報が取得できないといった問題点があった。そのため、印刷者に対して課金処理等が行われてしまう等の事態も発生していた。
【0006】
本発明は、上記の問題点を解決するためになされたもので、本発明の目的は、入力される印刷データを記憶手段に格納しておき印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置において、前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させ、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行することにより、明示的にカウント対象となる部門を特定することができ、例えば、他部門の都合で印刷する必要があるものに関しては前記他部門にカウントし、より正確な部門毎のカウンタ情報の取得することができる印刷システムを構築可能な印刷処理装置および情報処理装置および印刷システムおよび印刷処理方法および情報処理方法およびプログラムおよび記憶媒体を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、入力される印刷データを記憶手段に格納しておき、印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置において、前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させる設定手段と、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行制御する制御手段とを有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、入力される印刷データを記憶手段に格納しておき印刷指示に応じて前記印刷データを印刷処理する印刷処理装置において、前記印刷データに関連付けられて入力される、前記印刷データを印刷処理する際のカウンタ処理対象者の情報を含むカウンタ設定情報を、該印刷データに関連付けて前記記憶手段に設定保存させ、前記印刷データを印刷処理する際に、前記印刷データに関連付けられたカウンタ設定情報内のカウンタ処理対象者に対してカウント処理を実行することにより、明示的にカウント対象を特定することができ、より正確なカウント対象毎のカウンタ情報を取得することができる等の効果を奏する。
【0009】
この結果として、例えば、他部門の都合で印刷する必要があるものに関してはその部門(前記他部門)にカウントするというようにフレキシブルなカウント処理が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
〔第1実施形態〕
次に、添付の図面を参照して本発明に係る一実施形態を詳細に説明する。
【0011】
図1は、本発明に係る一実施形態を示す印刷装置の構成を示すブロック図である。
【0012】
図1に示すように、破線で示された印刷装置本体101には、外部のホストコンピュータ102が不図示のコネクタを介して接続されている。印刷装置本体101は、このホストコンピュータ102からページ記述言語を用い送信される文字コード,排紙命令等を受け取り、印刷出力可能に構成されている。
【0013】
また、ホストコンピュータ102は、印刷装置本体101からのエラー通知等を受け取り、該ホストコンピュータ102の表示装置に表示することができる。さらに、ホストコンピュータ102は、印刷装置本体101へ既存の印刷装置への指示を行うことが可能である。また、ホストコンピュータ102は、後述する印刷データ送信,印刷データ保存,印刷開始,カウンタ情報登録,カウンタ設定情報収集,印刷データ削除処理の指示を行うことが可能である。
【0014】
また、印刷装置本体101は、ホストコンピュータ102がなく、印刷装置本体101単独で構成されていてもよい。
【0015】
以下、印刷装置本体101の内部構成について説明する。
【0016】
印刷装置本体101において、103はCPUである。このCPU103は、ブートROM105に格納されたブートプログラムの制御手順に従い、ハードディスクドライブ108に格納された実行プログラムをRAM106上にロードする。そして、CPU103は、該RAM106上にロードされた実行プログラムの制御手順に従い、本装置101の全体制御を行う。
【0017】
104は受信バッファである。この受信バッファ104は、ホストコンピュータ102より受信したページ記述言語を用いた文字コード,排紙命令等の受信データを蓄える。
【0018】
ブートROM(boot ROM)105には、上述したCPU装置103の初期動作とハードディスクドライブ108に格納された実行プログラムをCPU装置103によりRAM106上にロードさせて実行させるプログラムが格納されている。また、このブートROM105には、ホストコンピュータ102から送信される実行プログラムが格納される。
【0019】
RAM106は、CPU103の実行プログラムの格納領域および実行プログラムを実行する際にワークエリアとして機能する。107は出力部であり、公知の電子写真プロセスに準じて画像を顕像化する。
【0020】
ハードディスクドライブ(HDD)108は、上述した実行プログラム、一定期間保存データ及び恒久保存データ、及び後述するカウンタ設定情報、印刷データの保存に用いる領域を格納する。
【0021】
109は操作パネルであり、エラー通知等を表示するための表示部(LCD等)を有する。また、操作パネル109は、既存の印刷装置への指示、及び、後述する印刷データ送信,印刷データ保存,印刷開始,カウンタ情報登録,カウンタ設定情報収集,印刷データ削除処理の指示を行うための操作部(タッチパネル,ハードキー等)を有する。
【0022】
110は不揮発性メモリとしてのNVRAMである。このNVRAM110には、印刷装置101の個々にユニークな機台IDが格納されている。この機器IDは、工場での初期化時に設定され以降の変更はできないものである。111は画像読み取り部であり、原稿から画像データを読み取る。
【0023】
なお、ホストコンピュータ102は、CPU,ROM,RAM,HDD等の外部記憶装置,NIC等の印刷装置101との通信装置を備えた一般的なパーソナルコンピュータの構成を成しており、CPUは、ROM,外部記憶装置に格納されるプログラムをRAM上で実行して、各所制御処理を実行可能である。
【0024】
図2は、本発明に係る一実施形態を示す印刷システムのブロック図であり、図1と同一のものには同一の符号を付してある。
【0025】
図2において、図1に示したホストコンピュータ102は、ホストコンピュータ102a,102bに相当する。なお、図2では、ホストコンピュータ102は、102a,102bのみを示しているが、システム上に幾つ存在してもよい。
【0026】
図2に示す印刷システムでは、図1に記載した印刷装置101の機能をシステム全体で実現している。以下、詳細を記載する。
【0027】
図2に示すように、このシステムでは、プリンタ管理サーバ202、画像読み取り装置205、印刷装置206、印刷装置101、ホストコンピュータ102a,102bが、ネットワーク204を介して接続されており、双方向通信が可能である。
【0028】
ホストコンピュータ102a,102b(以下、単に102と称する)は、印刷装置206,印刷装置101等からのエラー通知等を表示することが可能である。また、ホストコンピュータ102は、既存の印刷装置への指示を行うことが可能である。
【0029】
さらに、ホストコンピュータ102は、後述する印刷データ送信,印刷データ保存,印刷開始,カウンタ情報登録,カウンタ設定情報収集,印刷データ削除処理の指示をプリンタ管理サーバ202,画像読み取り装置205,印刷装置206,印刷装置101へ行うことが可能である。
【0030】
プリント管理サーバ202は、印刷装置101から画像読み取り部111及び出力部107を取り除き、画像読み取り装置205及び印刷装置206への印刷指示を実現するプリント管理機能を付加したコンピュータである。
【0031】
画像読み取り装置205は、ホストコンピュータ102、プリント管理サーバ202、印刷装置101の操作パネル109、印刷装置206の操作パネル109、又は、画像読み取り装置205の操作パネルから画像読み取り指示を受けることで、画像を読み取り、指定された相手に画像データを返信する。
【0032】
印刷装置101は、ホストコンピュータ102、プリント管理サーバ202、印刷装置101の操作パネル109、印刷装置206の操作パネル109、又は、画像読み取り装置205の操作パネルから印刷指示を受けることで印刷を行う。
【0033】
印刷装置206は、印刷装置101から画像読み取り部111を取り除いたものであり、ホストコンピュータ102、プリント管理サーバ202、印刷装置206の操作パネル109、印刷装置101の操作パネル109、又は、画像読み取り装置205の操作パネルから印刷指示を受けることで印刷を行う。
【0034】
図3は、本発明の第1実施形態における印刷データ送信・保存開始指示、印刷データ印刷開始指示、印刷データ保存開始指示、カウンタ設定情報収集開始指示、印刷データ削除開始指示を行う画面の一例を示す図である。なお、この画面は、印刷装置101の操作パネル109、印刷装置206の操作パネル109、ホストコンピュータ102のモニタ、プリントサーバ202のモニタ、又は、画像読み込み装置205の操作パネル上に表示される。
【0035】
図3において、1001は印刷データ送信・保存開始ボタンである。この印刷データ送信・保存開始ボタン1001は、後述する印刷データ送信・保存開始及び印刷データ保存開始指示を行う場合に使用する。
【0036】
1002は印刷データの印刷ボタンである。この印刷データの印刷ボタン1002は、印刷データ印刷開始指示を行う場合に使用する。
【0037】
1004は印刷データの削除ボタンである。印刷データの削除ボタン1004は印刷データ削除処理開始指示を行う場合に使用する。1005はカウンタ設定情報の収集ボタン1005である。このカウンタ設定情報の収集ボタン1005は、カウンタ設定情報収集開始指示を行う場合に使用する。
【0038】
図4は、本発明におけるジョブと対応するカウンタ設定情報の一例を示す図である。
【0039】
図4において、1101は印刷データのジョブ番号である。この印刷データのジョブ番号1101に対するカウンタ処理対象者/印刷許可対象者/印刷可能枚数/有効期限のカウンタ設定情報は、図4に示すようなデータ形式で印刷処理装置(印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202)のハードディスクドライブ108に保存される。
【0040】
以下、図5〜図9のフローチャートを参照して、本発明の印刷システムにおける制御処理動作について説明する。
【0041】
図5は、本発明の印刷システムにおける第1の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図3に示した印刷データ送信・保存ボタン1001が指示された場合に実行される印刷データ送信・保存処理に対応する。
【0042】
なお、図中、S301〜S313は、印刷データ送信・保存開始の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われる印刷データ送信・保存開始の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図3に示した画面から行われる。また、S301〜S313の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0043】
また、S321〜S323は、印刷データの送信・保存先(以下、単に「送信先」という)で実行されるステップに対応する。なお、送信先の装置は、印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202のいずれであってもよい。また、S321〜S323の処理は、送信先の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0044】
なお、上述した指示元の装置、送信先の装置は、同一装置であっても異なる装置であってもよい。
【0045】
まず、指示元において、図3に示した画面上の印刷データ送信・保存ボタン1001がユーザにより指示されることにより印刷データ送信・保存開始が指示されると(S301)、本フローチャートの処理を開始する。
【0046】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS302〜S309において設定処理を行う。ステップS302〜S309の設定処理は、設定終了となるまで、ステップS303〜S308の処理を繰り返す。
【0047】
ステップS303において、指示元の装置のCPUは、印刷データ送信先を、ネットワーク204を会して接続されている印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202、印刷装置101の中からユーザに選択入力させる。ユーザがいずれかを入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された装置を印刷データの送信先として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0048】
ステップS304において、指示元の装置のCPUは、印刷形式をユーザに選択入力させる。ユーザが印刷形式を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された印刷形式をRAM等のメモリ内に記憶する。
【0049】
次に、ステップS305において、指示元の装置のCPUは、カウンタ処理対象者をユーザに入力させる。ユーザがいずれかのユーザ名(セクション名等でもよく)を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力されたユーザ名をカウンタ処理対象者として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0050】
次に、ステップS306において、指示元の装置のCPUは、印刷許可対象者をユーザに入力させる。ユーザがいずれかのユーザ名(セクション名等でもよい、又、複数ユーザであってもよい)を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力されたユーザ名を印刷許可対象者として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0051】
次に、ステップS307において、指示元の装置のCPUは、印刷可能枚数をユーザに入力させる。ユーザが印刷可能枚数を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された値を印刷可能枚数として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0052】
次に、ステップS308において、指示元の装置のCPUは、有効期限をユーザに入力させる。ユーザが有効期限として日時を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された日時を有効期限として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0053】
そして、ユーザより設定終了が指示されると、指示元の装置のCPUは、ステップS310に処理を移行させる。
【0054】
次に、ステップS310において、指示元の装置のCPUは、ステップS305〜S308で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されている各設定値(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を、カウンタ設定情報として指示元の装置のRAM等のメモリ内に保持する。
【0055】
次に、ステップS311において、指示元の装置のCPUは、ステップS304で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されている印刷形式の設定に従い、印刷データを生成する。
【0056】
次に、ステップS312において、指示元の装置のCPUは、ステップS310で保持したカウンタ設定情報と、ステップS311で生成した印刷データとを、ステップS303で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されている送信先に対応する装置へ送信し(カウンタ設定情報・印刷データの送信)、処理を終了する(S313)。
【0057】
一方、送信先の装置のCPUは、指示元の装置からカウンタ設定情報・印刷データを受信すると(S321)、受信したカウンタ設定情報・印刷データをHDD等の外部記憶装置(印刷装置101の場合HDD108)に保存し(S322)、処理を終了する(S323)。
【0058】
以上で印刷データ送信・保存処理は終了する。
【0059】
図6は、本発明の印刷システムにおける第2の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図3に示した印刷データの印刷ボタン1002が指示された場合に実行される印刷データの印刷処理に対応する。
【0060】
なお、図中、S401〜S404は、印刷データの印刷の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われる印刷データの印刷の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図3に示した画面から行われる。また、S401〜S404の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0061】
また、S411〜S417は、印刷データの印刷処理を実行する装置(以下、単に「印刷指示された装置」という)で実行されるステップに対応する。なお、印刷指示された装置は、印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202のいずれであってもよい。また、S411〜S417の処理は、印刷指示された装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0062】
なお、上述した指示元の装置、印刷指示された装置は、同一装置であっても異なる装置であってもよい。
【0063】
まず、指示元において、図3に示した画面上の印刷データの印刷ボタン1002がユーザにより指示されることにより印刷データ印刷開始が指示されると(S401)、本フローチャートの処理を開始する。
【0064】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS402において、対象印刷データを特定する情報,出力指示者,印刷枚数をユーザに入力させる。ユーザが入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力されたデータを印刷データ出力指示の情報として、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0065】
次に、ステップS403において、指示元の装置のCPUは、ステップS402で設定した印刷データ出力指示(対象印刷データを特定する情報,出力指示者,印刷枚数を含む)を、対象印刷データが保存されている装置(印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202)に送信し、処理を終了する(S404)。
【0066】
一方、印刷指示された装置のCPUは、指示元の装置から印刷データ出力指示(対象印刷データを特定する情報,出力指示者,印刷枚数を含む)を受信すると(S411)、ステップS412に処理を進める。
【0067】
そして、ステップS412において、印刷指示された装置のCPUは、ステップS411で受信した対象印刷データを特定する情報から特定される印刷データに対応するカウンタ設定情報(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を印刷指示された装置のHDD等から読み出す。
【0068】
次に、ステップS413において、印刷指示された装置のCPUは、ステップS411で受信した出力指示者,印刷枚数及び受信日時と、ステップS412で読み出した印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限とを比較する。そして、出力指示者が印刷許可対象者に該当し、且つ、現在日時が有効期限内に該当し、且つ、印刷枚数が印刷可能枚数以下であるかを判定する。
【0069】
そして、印刷指示された装置のCPUが、出力指示者が印刷許可対象者に該当しない、又は、受信日時が有効期限内に該当しない、又は、印刷枚数が印刷可能枚数以下でない(即ち、ステップS413で条件を満たさずNo)と判定した場合には、そのまま処理を終了する(S417)。
【0070】
一方、印刷指示された装置のCPUが、出力指示者が印刷許可対象者に該当する、且つ、受信日時が有効期限内に該当する、且つ、印刷枚数が印刷可能枚数以下である(即ち、ステップS413で条件を満たしYes)と判定した場合には、ステップS414に処理を進める。
【0071】
そして、ステップS414において、印刷指示された装置のCPUは、ステップS411で受信した対象印刷データを特定する情報から特定される印刷データを印刷指示された装置のHDD等から読み出し、該読み出した印刷データの印刷処理を行う。ここで、印刷指示された装置が、印刷装置101又は印刷装置206の場合は、印刷装置101又は印刷装置206の出力部107で印刷出力する。また、印刷指示された装置が、プリント管理サーバ202の場合は、印刷装置101又は印刷装置206に送信して印刷装置101又は印刷装置206の出力部107で印刷出力させる。
【0072】
次に、ステップS415において、印刷指示された装置のCPUは、ステップS411で受信したカウンタ処理対象者に対してカウンタ処理を行い、ステップS412で読み出したカウンタ設定情報内の印刷許可枚数を更新して印刷指示された装置のHDD等に上書き保存し、処理を終了する(S417)。
【0073】
なお、ステップS415のカウンタ処理は、例えば、A4,A3,B5,B5,レター等のプリントサイズ毎に行ってもよい。また、カラープリント,モノクロプリント等の画像処理形態毎に行ってもよい。さらに、製本処理やステイプル処理等の後処理毎に行ってもよい。また、カウンタ処理結果は、該カウンタ処理を実行した装置内のHDD等の記憶装置に記憶するように構成してもよいし、予め設定されたサーバ等に送信するように構成してもよい。
【0074】
また、ステップS415において、印刷指示された装置のCPUが、ステップS411で受信したカウンタ処理対象者に対して課金処理を行うように構成してもよい。
【0075】
以上で印刷データ印刷処理は終了する。
【0076】
図7は、本発明の印刷システムにおける第3の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図3に示したカウンタ設定情報の収集ボタン1005が指示された場合に実行されるカウンタ設定情報収集処理に対応する。
【0077】
なお、図中、S701〜S704は、カウンタ設定情報収集の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われるカウンタ設定情報の収集の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図3に示した画面から行われる。また、S701〜S704の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0078】
また、S711〜S713は、カウンタ設定情報の返信処理を実行する装置(以下、単に「返信装置」という)で実行されるステップに対応する。なお、返信装置は、印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202等である。また、S711〜S713の処理は、返信装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0079】
なお、上述した指示元の装置、返信装置は、同一装置であっても異なる装置であってもよい。
【0080】
まず、指示元において、図3に示した画面上のカウンタ設定情報の収集ボタン1005がユーザにより指示されることによりカウンタ設定情報収集開始が指示されると(S701)、本フローチャートの処理を開始する。
【0081】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS702において、ネットワーク204を介して接続されている印刷装置101,印刷装置206,プリント管理サーバ202,印刷装置101に対して、カウンタ設定情報収集開始データ(指示)を送付する。
【0082】
一方、各返信装置(印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202、印刷装置101)では、指示元の装置からカウンタ設定情報収集開始データ(指示)を受信すると(S711)、各返信装置のCPUは、ステップS712に処理を進める。
【0083】
そして、ステップS712において、各返信装置のCPUは、印刷データに対応するカウンタ設定情報を持つカウンタ設定情報(図4)を保持している場合、該保持している全てのカウンタ設定情報及びカウント処理結果を読み出して予め設定されている集計方法で集計し(例えば、部門毎、プリントサイズ毎等で集計し)、カウンタ設定情報収集開始指示が行われた情報機器(指示元の装置)へ返信し、処理を終了する(S713)。
【0084】
そして、指示元では、指示元の装置のCPUは、ステップS703において、各返信装置から返信されたカウンタ設定情報及びカウント処理結果及び各返信装置内での集計結果を受信し、該受信した各カウンタ設定情報及び各カウント処理結果及び各集計結果を予め設定されている集計方法で集計し(部門毎、プリントサイズ毎等で集計し)、モニタ(印刷装置101の場合は操作パネル109)への表示処理を行い、処理を終了する(S704)。
【0085】
以上でカウンタ設定情報収集処理は終了する。
【0086】
一般的には、印刷システムの管理者が、カウンタ情報の集計を行うことで、部門毎の出力状況の確認を行う。また印刷装置のメンテナンスを行うサービスマンなどがカウンタ情報の集計を行い、課金処理に利用することができる。
【0087】
例えば、印刷システムの管理者が、指示元の装置よりカウンタ設定情報の収集を指示した場合、ステップS703において、指示元の装置のCPUは、収集されて部門毎に集計された情報を表示し、さらに、部門毎のカウンタ値に基づいて予め設定された課金方法により、部門毎の課金処理を行うように構成してもよい。
【0088】
なお、上記の予め設定された課金方法とは、例えば、A3,B5のカラープリントではカウント1毎に20円、A3,B5のモノクロプリントではカウント1毎に10円、その他のサイズのカラープリントではカウント1毎に10円、その他のサイズのモノクロプリントではカウント1毎に5円を課金する等である。
【0089】
また、製本処理やステイプル処理等を実行した場合や、特殊シートへのプリントの場合も、個別にカウント集計しておき、カウンタ1毎に更なる課金を行うようにしてもよい。
【0090】
さらに、図7では、カウンタ設定情報を保持する装置からカウンタ設定情報及びカウンタ処理結果を収集して、収集したカウンタ設定情報と収集したカウンタ処理結果を集計した集計結果とを表示する処理とをおこなう構成について説明したが、カウンタ設定情報を収集して表示する処理と、カウンタ処理結果を収集し集計して表示する処理とを、独立に実行可能に構成してもよい。
【0091】
図8は、本発明の印刷システムにおける第4の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図3に示した印刷データの削除ボタン1004が指示された場合に実行される印刷データの削除処理1に対応する。
【0092】
なお、図中、S801〜S803は、印刷データの削除の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われる印刷データの削除の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図3に示した画面から行われる。また、S801〜S803の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0093】
また、S811〜S816は、印刷データ削除処理を実行する装置(以下、単に「削除指示された装置」という)で実行されるステップに対応する。なお、削除指示された装置は、印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202のいずれであってもよい。また、S811〜S816の処理は、削除指示された装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0094】
なお、上述した指示元の装置、削除指示された装置は、同一装置であっても異なる装置であってもよい。
【0095】
まず、指示元において、図3に示した画面上の印刷データの削除ボタン1004がユーザにより指示されることにより印刷データ削除開始が指示されると(S801)、本フローチャートの処理(データ削除処理1)を開始する。
【0096】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS802において、削除対象の印刷データをユーザに選択入力させる。ユーザが入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された削除対象の印刷データの削除開始指示(削除対象印刷データを特定する情報含む)を、削除対象の印刷データが保存されている装置(印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202)に送信し、処理を終了する(S803)。
【0097】
一方、削除指示された装置のCPUは、指示元の装置から印刷データ削除指示(削除対象の印刷データを示す情報を含む)を受信すると(S811)、ステップS812に処理を進める。
【0098】
そして、ステップS812において、削除指示された装置のCPUは、ステップS811で受信した印刷データの削除開始指示が、削除対象印刷データを特定する情報から特定される印刷データの保存ユーザからのものか、もしくは、印刷システム管理者からのものかを判定する。
【0099】
そして、ステップS812で、削除指示された装置のCPUが、印刷データの削除開始指示が、削除対象印刷データの保存ユーザからのものでない、且つ、印刷システム管理者からのものでないと判定した場合には、(即ち、ステップS812で条件を満たさずNo)と判定した場合には、そのまま処理を終了する(S816)。
【0100】
一方、ステップS812で、削除指示された装置のCPUが、印刷データの削除開始指示が、削除対象印刷データの保存ユーザからのものである、もしくは、印刷システム管理者からのものであると判定した場合には、(即ち、ステップS812で条件を満たしてYes)と判定した場合には、ステップS813に処理を移行させる。
【0101】
そして、ステップS813において、削除指示された装置のCPUは、ステップS811で受信した削除対象印刷データを特定する情報から特定される印刷データを、削除指示された装置のHDD等から削除する印刷データ削除処理を行う。
【0102】
次に、ステップS814において、削除指示された装置のCPUは、ステップS813で削除した印刷データに対応するカウンタ設定情報を削除指示された装置のHDD等から読み出し、該読み出したカウンタ情報を、前記削除した印刷データの保存ユーザもしくは印刷システム管理者へ通知する。なお、この通知は、削除指示された装置のHDD等に、予めユーザ毎に登録されているメールアドレス等に通知するものとする。
【0103】
次に、ステップS815において、削除指示された装置のCPUは、印刷システム管理者等から予め設定されている内容に従ってカウンタ設定情報を処理(例えば、カウンタ設定情報の削除処理、所定の記憶場所への格納処理等)し、処理を終了する(S816)。
【0104】
以上で印刷データ削除処理1は終了する。
【0105】
図9は、本発明の印刷システムにおける第5の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、印刷データと印刷データに対応するカウンタ設定情報を保持する装置(以下、保持装置)において定期的に実行される印刷データの削除処理2に対応する。
【0106】
なお、図中、S901〜S906は、各保持装置で実行されるステップに対応する。なお、保持装置は、印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202等である。また、S901〜S906の処理は、保持装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0107】
まず、保持装置(印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202、印刷装置101等)のCPUは、定期的に印刷データ削除処理2を開始する(S901)。
【0108】
そして、保持装置のCPUは、ステップS902において、保持している印刷データのカウンタ設定情報の有効期限が期限切れになっているかどうかを判定する。
【0109】
そして、ステップS902で、保持装置のCPUが、保持している印刷データのカウンタ設定情報の有効期限が期限切れになっていないと判定した場合には、そのまま印刷データ削除処理2を終了する(S906)。
【0110】
一方、ステップS902で、保持装置のCPUが、保持している印刷データのカウンタ設定情報の有効期限が期限切れになっていると判定した場合には、ステップS903に処理を移行する。
【0111】
そして、ステップS903において、保持装置のCPUは、ステップS903で有効期限が期限切れになっていると判定された全ての印刷データを、保持装置のHDD等から削除する印刷データ削除処理を行う。
【0112】
次に、ステップS904において、保持装置のCPUは、ステップS903で削除した印刷データに対応するカウンタ設定情報を保持装置のHDD等から読み出し、該読み出したカウンタ情報を、前記削除した印刷データの保存ユーザもしくは印刷システム管理者へ通知する。なお、この通知は、保持装置のHDD等に、予めユーザ毎に登録されているメールアドレス等に通知するものとする。
【0113】
次に、ステップS905において、保持装置のCPUは、印刷システム管理者等から予め設定されている内容に従ってカウンタ設定情報を処理(例えば、削除処理や所定の記憶場所に移動させる処理等)し、印刷データ削除処理2を終了する(S906)。
【0114】
以上、図5〜図9のフローチャートに示したように、本実施形態の印刷システムによれば、明示的にカウント対象や課金対象となる部門を特定することができ、例えば、他部門の都合で印刷する必要があるものに関しては前記他部門にカウントし、より正確な部門毎のカウンタ情報の取得することができる印刷システムを構築することが可能となる。
【0115】
なお、印刷データの送信・保存指示を行う際に、上述のカウンタ設定情報(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)が設定されなかった場合には、デフォルトのカウンタ設定情報を設定するように構成してもよい。例えば、デフォルトのカウンタ設定情報は、カウンタ処理対象者,印刷許可対象者を印刷データ送信者とし、さらに、印刷可能枚数,有効期限を所定の枚数(例えば100枚),所定の期間(例えば10日間)等とする。
【0116】
〔第2実施形態〕
上記第1実施形態では、印刷データの送信・保存指示を行う度に、毎回、カウンタ設定情報の各設定値(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を設定する構成について説明した。
【0117】
これに対して、本実施形態では、予めカウンタ設定情報の各設定値(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を複数登録しておき、印刷データの送信・保存指示を行う際に、登録済のカウンタ設定情報を選択指定するように構成する。これにより、カウンタ設定情報の各設定値の設定の手間を軽減することができる。以下、その実施形態について詳細に説明する。
【0118】
なお、印刷システム全体の構成及び印刷装置101の装置構成は、上記第1実施形態と同様である。以下、第1実施形態と異なる構成のみ説明する。
【0119】
図10は、本発明の第2実施形態における印刷データ送信・保存開始指示、印刷データ印刷開始指示、カウンタ設定情報登録開始指示、カウンタ設定情報収集開始指示、印刷データ削除開始指示を行う画面の一例を示す図である。なお、図3と同一のものには同一の符号を付してある。また、この画面は、印刷装置101の操作パネル109、印刷装置206の操作パネル109、ホストコンピュータ102のモニタ、ホストコンピュータ102のモニタ、プリントサーバ202のモニタ、又は、画像読み込み装置205の操作パネル上に表示される。
【0120】
図10において、1003はカウンタ設定情報の登録ボタンである。このカウンタ設定情報の登録ボタン1003は、カウンタ設定情報登録開始指示を行う場合に使用する。
【0121】
図11は、本発明の第2実施形態において予め設定されているカウンタ設定情報の一例を示す図である。本実施形態では、予めカウンタ設定情報を、印刷処理装置(ホストコンピュータ102、印刷装置装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202)のハードディスクドライブ108に保存しておく。これにより、ユーザは、印刷時に設定番号1201を選択するのみで、予め保存されているカウンタ設定情報を利用した印刷指示(後述する図13に示す)が可能となる。
【0122】
以下、図12,図13のフローチャートを参照して、本発明の第2実施形態を示す印刷システムにおける制御処理動作について説明する。
【0123】
図12は、本発明の印刷システムにおける第6の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図10に示したカウンタ設定情報の登録ボタン1003が指示された場合に実行されるカウンタ設定情報登録処理に対応する。
【0124】
なお、図中、S501〜S510は、カウンタ設定情報登録開始の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われるカウンタ設定情報登録開始の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図10に示した画面から行われる。また、S501〜S510の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0125】
また、S521〜S523は、カウンタ設定情報の登録先(以下、単に「登録先」という)で実行されるステップに対応する。なお、登録先の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202等である。また、S521〜S523の処理は、登録先の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0126】
なお、上述した指示元の装置、登録先の装置は、同一装置であっても異なる装置であってもよい。
【0127】
まず、指示元において、図10に示した画面上のカウンタ設定情報の登録ボタン1003がユーザにより指示されることによりカウンタ設定情報登録開始が指示されると(S501)、本フローチャートの処理を開始する。
【0128】
そして、登録元の装置のCPUは、ステップS502〜S508において設定処理を行う。ステップS502〜S508の設定処理は、設定終了となるまで、ステップS503〜S507の処理を繰り返す。
【0129】
ステップS503において、指示元の装置のCPUは、カウンタ設定情報登録先を、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202の中からユーザに選択入力させる。ユーザがいずれかを入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された装置をカウンタ設定情報登録先として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0130】
ステップS504において、指示元の装置のCPUは、カウンタ処理対象者をユーザに入力させる。ユーザがいずれかのユーザ名(セクション名等でもよく)を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力されたユーザ名をカウンタ処理対象者として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0131】
次に、ステップS505において、指示元の装置のCPUは、印刷許可対象者をユーザに入力させる。ユーザがいずれかのユーザ名(セクション名等でもよい、又、複数ユーザであってもよい)を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力されたユーザ名を印刷許可対象者として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0132】
次に、ステップS506において、指示元の装置のCPUは、印刷可能枚数をユーザに入力させる。ユーザが印刷可能枚数を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された値を印刷可能枚数として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0133】
次に、ステップS507において、指示元の装置のCPUは、有効期限をユーザに入力させる。ユーザが有効期限として日時を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された日時を有効期限として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0134】
そして、ユーザより設定終了が指示されると、指示元の装置のCPUは、ステップS509に処理を移行させる。
【0135】
次に、ステップS509において、指示元の装置のCPUは、ステップS505〜S507で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されている各設定値(カウンタ設定情報登録先,カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を、カウンタ設定情報として指示元の装置のRAM等のメモリ内に保持する。
【0136】
次に、ステップS510において、指示元の装置のCPUは、ステップS509で保持したカウンタ設定情報を含むカウンタ設定情報登録指示を、ステップS503で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されているカウンタ設定情報登録先に対応する装置へ送信し(カウンタ設定情報の登録指示)、処理を終了する(S511)。
【0137】
一方、登録先の装置のCPUは、指示元の装置からカウンタ設定情報登録指示(カウンタ設定情報を含む)を受信すると(S521)、受信したカウンタ設定情報をHDD等の外部記憶装置(印刷装置101の場合HDD108)に図11に示した形式で保存(登録)し(S522)、処理を終了する(S523)。
以上でカウンタ設定情報登録処理は終了する。
【0138】
図13は、本発明の印刷システムにおける第7の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、本発明の第2実施形態において、図10に示した印刷データ送信・保存ボタン1001が指示された場合に実行される印刷データ送信・保存処理に対応する。
【0139】
なお、図中、S601〜S611は、印刷データ送信・保存開始の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われる印刷データ送信・保存開始の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図10に示した画面から行われる。また、S601〜S611の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0140】
また、S621〜S623は、カウンタ設定情報が登録されている装置(以下、単に「登録装置」という)で実行されるステップに対応する。なお、登録装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202等である。また、S621〜S623の処理は、登録装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0141】
さらに、S631〜S633は、印刷データの送信・保存先(以下、単に「送信先」という)で実行されるステップに対応する。なお、送信先の装置は、印刷装置101、印刷装置206、又は、プリント管理サーバ202のいずれであってもよい。また、S631〜S633の処理は、送信先の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0142】
なお、上述した指示元の装置、登録装置、送信先の装置は、同一装置であっても異なる装置であってもよい。
【0143】
まず、指示元において、図10に示した画面上の印刷データ送信・保存ボタン1001がユーザにより指示されることにより印刷データ送信・保存開始が指示されると(S601)、本フローチャートの処理を開始する。
【0144】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS602において、登録装置に対して選択可能なカウンタ設定情報を要求して取得し、RAM等のメモリ内に記憶する。なお、上記登録装置は、予め設定された特定の装置であってもよいし、指示元の装置のCPUが、ネットワーク204を会して接続されている印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202、印刷装置101の中からユーザに選択させるように制御して決定してもよい。また、指示元の装置のCPUが、カウンタ設定情報の取得要求を、ネットワーク204上にブロードキャストして、図11に示したカウンタ設定情報を保持する全ての装置から取得するように構成してもよい。
【0145】
一方、登録装置のCPUは、指示元の装置からカウンタ設定情報の取得要求を受信すると(S621)、HDD等の外部記憶装置(印刷装置101の場合HDD108)に図11に示した形式で保存されている全てのカウンタ設定情報を、要求した情報機器(指示元の装置)に返信し(S622)、処理を終了する(S623)。
【0146】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS603〜S607において設定処理を行う。ステップS603〜S607の設定処理は、設定終了となるまで、ステップS604〜S606の処理を繰り返す。
【0147】
ステップS604において、指示元の装置のCPUは、印刷データ送信先を、ネットワーク204を会して接続されている印刷装置101、印刷装置206、プリント管理サーバ202、印刷装置101の中からユーザに選択入力させる。ユーザがいずれかを入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された装置を印刷データの送信先として設定し、RAM等のメモリ内に記憶する。
【0148】
ステップS605において、指示元の装置のCPUは、印刷形式をユーザに選択入力させる。ユーザが印刷形式を入力すると、指示元の装置のCPUは、該入力された印刷形式をRAM等のメモリ内に記憶する。
【0149】
次に、ステップS606において、指示元の装置のCPUは、ステップS602で取得した選択可能なカウンタ設定情報を一覧表示して、該一覧からカウンタ設定情報をユーザに選択させる。ユーザがいずれかのカウンタ設定情報を選択すると、指示元の装置のCPUは、該選択情報をRAM等のメモリ内に記憶する。
【0150】
そして、ユーザより設定終了が指示されると、指示元の装置のCPUは、ステップS310に処理を移行させる。
【0151】
次に、ステップS608において、指示元の装置のCPUは、ステップS606での選択情報に対応するカウンタ設定情報(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を、送信するカウンタ設定情報として指示元の装置のRAM等のメモリ内に保持する。
【0152】
次に、ステップS609において、指示元の装置のCPUは、ステップS605で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されている印刷形式の設定に従い、印刷データを生成する。
【0153】
次に、ステップS610において、指示元の装置のCPUは、ステップS609で保持したカウンタ設定情報と、ステップS609で生成した印刷データとを、ステップS604で入力されて指示元の装置のRAM内に記憶されている送信先に対応する装置へ送信し(カウンタ設定情報・印刷データの送信)、印刷データ送信処理を終了する(S610)。
【0154】
一方、送信先の装置のCPUは、指示元の装置からカウンタ設定情報・印刷データを受信すると(S631)、受信したカウンタ設定情報・印刷データをHDD等の外部記憶装置(印刷装置101の場合HDD108)に保存し(S632)、印刷データ保存処理を終了する(S633)。
【0155】
以上で、第2実施形態における印刷データ送信・保存処理は終了する。
【0156】
以上のように、本実施形態の印刷システムによれば、予め登録しておいたカウンタ設定情報を選択して印刷データとともに送信することにより、毎回の印刷データ送信・保存の指示の手間を軽減し、より簡単に、明示的に課金対象となる部門を特定することができる。
なお、予め、デフォルトのカウンタ設定情報を登録しておき、印刷データの送信・保存指示を行う際に、上述のカウンタ設定情報の選択がなされなかった場合には、上記デフォルトのカウンタ設定情報を設定するように構成してもよい。
【0157】
〔第3実施形態〕
上記第1実施形態では、印刷データの送信・保存指示を行う度に、毎回、カウンタ設定情報の各設定値(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を設定する構成について説明した。
【0158】
また、上記第2実施形態では、予めカウンタ設定情報の各設定値(カウンタ処理対象者,印刷許可対象者,印刷可能枚数,有効期限)を複数登録しておき、印刷データの送信・保存指示を行う際に、登録済のカウンタ設定情報を選択指定する構成について説明した。
【0159】
そして、本実施形態では、上記第1実施形態(印刷データの送信・保存指示の際に、カウンタ設定情報の各設定値をそれぞれ設定する方法)と、上記第2実施形態(印刷データの送信・保存指示の際に、予め登録済のカウンタ設定情報を選択指定する方法)とを、印刷データの送信・保存指示の際に、選択して実行可能にする構成について説明する。
【0160】
なお、印刷システム全体の構成及び印刷装置101の装置構成は、上記第1,2実施形態と同様である。以下、第1,2実施形態と異なる構成のみ説明する。
【0161】
図14は、本発明の第3実施形態における印刷データ送信・保存の方法を選択する選択画面の一例を示す図である。なお、この選択画面は、図10に示した印刷データ送信・保存開始ボタン1001が指示された際に、同装置の表示部に表示されるものである。
【0162】
図14において、1401はカウンタ設定情報の各設定値を入力ボタンである。このボタン1401が指示されると、上記第1実施形態で示した方法(印刷データの送信・保存指示の際に、カウンタ設定情報の各設定値をそれぞれ設定する方法)で印刷データの送信・保存処理が実行される。
【0163】
1402は登録済のカウンタ設定情報から選択ボタンである。このボタン1402が指示されると、上記第2実施形態で示した方法(印刷データの送信・保存指示の際に、予め登録済のカウンタ設定情報を選択指定する方法)で印刷データの送信・保存処理が実行される。
【0164】
以下、図15のフローチャートを参照して、本発明の第3実施形態を示す印刷システムにおける制御処理動作について説明する。
【0165】
図15は、本発明の印刷システムにおける第8の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、本発明の第3実施形態において、図10に示した印刷データ送信・保存ボタン1001が指示された場合に実行される印刷データ送信・保存処理に対応する。
【0166】
なお、図中、S1501〜S1506は、印刷データ送信・保存開始の指示元(以下、単に「指示元」という)で実行されるステップに対応する。なお、指示元の装置は、ホストコンピュータ102、印刷装置101、印刷装置206、又は、画像読み取り装置205のいずれであってもよい。また、指示元の装置で行われる印刷データ送信・保存開始の指示は、該指示元の装置の操作部(印刷装置101であれば操作パネル109)で図10に示した画面から行われる。また、S1501〜S1505の処理は、指示元の装置のCPUがHDD等の外部記憶装置に格納されたプログラムをRAM等に読み出して実行することにより実行される。
【0167】
まず、指示元において、図10に示した画面上の印刷データ送信・保存ボタン1001がユーザにより指示されることにより印刷データ送信・保存開始が指示されると(S1501)、本フローチャートの処理を開始する。
【0168】
そして、指示元の装置のCPUは、ステップS1502において、表示部(印刷装置101の場合は操作パネル109の表示部)に、図14に示した選択画面を表示させ、ユーザに、ボタン1401,1402により印刷データ送信・保存の処理方法を選択させる。
【0169】
そして、指示元の装置のCPUは、ボタン1401,1402のいずれかが選択されるまで待機し、いずれかのボタンが選択されたと判定した場合には、ステップS1504に処理を移行する。
【0170】
次に、ステップS1504において、指示元の装置のCPUは、カウンタ設定情報の各設定値を入力ボタン1401が選択されたか否かを判定し、カウンタ設定情報の各設定値を入力ボタン1401が選択されたと判定した場合には、ステップS1505において図5のステップS302へ処理を移行させる。
【0171】
一方、ステップS1504で、指示元の装置のCPUが、カウンタ設定情報の各設定値を入力ボタン1401が選択されなかった(登録済のカウンタ設定情報から選択1402ボタンが選択された)と判定した場合には、ステップS1506において図13のステップS602へ処理を移行させる。
【0172】
以上説明したように、本実施形態によれば、第1実施形態で示した方法(印刷データの送信・保存指示の際に、カウンタ設定情報の各設定値をそれぞれ設定する方法)と、第2実施形態で示した方法(印刷データの送信・保存指示の際に、予め登録済のカウンタ設定情報を選択指定する方法)とをユーザが、状況に応じて容易に選択することができる。
【0173】
この結果、頻繁に使用するカウンタ設定については、登録済から選択して速やかに指定でき、また、その他のカウンタ設定については、その都度、詳細に設定することができる。
【0174】
よって、簡単な設定操作により、正確な部門毎のカウンタ情報の取得することができる。
【0175】
なお、登録済のカウンタ設定情報を編集して、新たなカウンタ設定情報として設定したり、登録したり可能に構成してもよい。
【0176】
また、カウンタ設定情報の有効期限に、「期限なし」を設定することにより、印刷データを印刷装置等のHDDに恒久保存することも可能である。
【0177】
さらに、上記各実施形態では、印刷データ送信・保存指示により印刷データを印刷処理装置(印刷装置101,206やプリント管理サーバ202等)に保存させておき、改めて、印刷データの印刷指示により印刷させる構成について説明したが、印刷データの送信・保存指示と印刷データの印刷指示を同時に行うことが可能に構成してもよい。
【0178】
さらに、印刷データの送信・保存指示と印刷データの印刷指示に加えて、印刷データの削除指示も同時に行うことを可能に構成してもよい。
【0179】
また、上記各実施形態では、印刷許可枚数を、関連付けられた印刷データの積算の印刷枚数とするように制御する構成について説明したが、印刷指示者毎の印刷許可枚数として制御するように構成してもよい。
【0180】
さらに、ユーザは、図3,図10に示した画面より、任意のタイミングで各種指示を行うことが可能である。
【0181】
なお、上記各実施形態では、実行プログラム、印刷データ、カウンタ設定情報等のデータはハードディスクドライブに格納されていたが、ROM等に格納されていても構わない。また、印刷システム内に設けられているメモリモジュールに格納されてもよいことはいうまでもない。
【0182】
さらに、上記各実施形態の出力部(プリンタエンジン)は、レーザビーム方式であっても、レーザビーム方式以外の電子写真方式(例えばLED方式)でも、液晶シャッタ方式、インクジェット方式、熱転写方式、昇華方式でもその他のプリント方式であっても本発明は適用可能である。
【0183】
また、図4,図11に示したカウンタ設定情報の構成及びその内容はこれに限定されるものではなく、用途や目的に応じて、様々な構成や内容で構成されることは言うまでもない。
【0184】
以上、一実施形態について示したが、本発明は、例えば、システム、装置、方法、プログラムもしくは記憶媒体等としての実施態様をとることが可能であり、具体的には、複数の機器から構成されるシステムに適用しても良いし、また、一つの機器からなる装置に適用しても良い。
【0185】
なお、上述した各実施形態及びその変形例を組み合わせた構成も全て本発明に含まれるものである。
【0186】
以上示したように、カウンタ設定情報と印刷データをそれぞれ管理、使用することで、明示的にカウント対象を特定することができ、より正確なカウント対象毎のカウンタ情報を取得することができる等の効果を奏する。
【0187】
この結果として、例えば、他部門の都合で印刷する必要があるものに関してはその部門(前記他部門)にカウントするというようにフレキシブルなカウント処理が可能となる。
【0188】
以下、図16に示すメモリマップを参照して本発明に係る印刷システムを構成する情報機器(印刷装置101,ホストコンピュータ102,プリンタ管理サーバ202,画像読み取り装置205,印刷装置206)で読み取り可能なデータ処理プログラムの構成について説明する。
【0189】
図16は、本発明に係る印刷システムを構成する情報機器(印刷装置101,ホストコンピュータ102,プリンタ管理サーバ202,画像読み取り装置205,印刷装置206)で読み取り可能な各種データ処理プログラムを格納する記憶媒体(記録媒体)のメモリマップを説明する図である。
【0190】
なお、特に図示しないが、記憶媒体に記憶されるプログラム群を管理する情報、例えばバージョン情報,作成者等も記憶され、かつ、プログラム読み出し側のOS等に依存する情報、例えばプログラムを識別表示するアイコン等も記憶される場合もある。
【0191】
さらに、各種プログラムに従属するデータも上記ディレクトリに管理されている。また、各種プログラムをコンピュータにインストールするためのプログラムや、インストールするプログラムが圧縮されている場合に、解凍するプログラム等も記憶される場合もある。
【0192】
本実施形態における図5,図6,図7,図8,図9,図12,図13,図15に示す機能が外部からインストールされるプログラムによって、ホストコンピュータにより遂行されていてもよい。そして、その場合、CD−ROMやフラッシュメモリやFD等の記憶媒体により、あるいはネットワークを介して外部の記憶媒体から、プログラムを含む情報群を出力装置に供給される場合でも本発明は適用されるものである。
【0193】
以上のように、前述した実施形態の機能を実現するソフトウエアのプログラムコードを記録した記憶媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行することによっても、本発明の目的が達成されることは言うまでもない。
【0194】
この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が本発明の新規な機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。
【0195】
従って、プログラムの機能を有していれば、オブジェクトコード、インタプリタにより実行されるプログラム、OSに供給するスクリプトデータ等、プログラムの形態を問わない。
【0196】
プログラムを供給するための記憶媒体としては、例えばフレキシブルディスク、ハードディスク、光ディスク、光磁気ディスク、MO、CD−ROM、CD−R、CD−RW、磁気テープ、不揮発性のメモリカード、ROM、DVDなどを用いることができる。
【0197】
この場合、記憶媒体から読出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。
【0198】
その他、プログラムの供給方法としては、クライアントコンピュータのブラウザを用いてインターネットのホームページに接続し、該ホームページから本発明のコンピュータプログラムそのもの、もしくは、圧縮され自動インストール機能を含むファイルをハードディスク等の記憶媒体にダウンロードすることによっても供給できる。また、本発明のプログラムを構成するプログラムコードを複数のファイルに分割し、それぞれのファイルを異なるホームページからダウンロードすることによっても実現可能である。つまり、本発明の機能処理をコンピュータで実現するためのプログラムファイルを複数のユーザに対してダウンロードさせるWWWサーバやftpサーバ等も本発明の請求項に含まれるものである。
【0199】
また、本発明のプログラムを暗号化してCD−ROM等の記憶媒体に格納してユーザに配布し、所定の条件をクリアしたユーザに対し、インターネットを介してホームページから暗号化を解く鍵情報をダウンロードさせ、その鍵情報を使用することにより暗号化されたプログラムを実行してコンピュータにインストールさせて実現することも可能である。
【0200】
また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。
【0201】
さらに、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。
【0202】
また、本発明は、複数の機器から構成されるシステムに適用しても、1つの機器からなる装置に適用してもよい。また、本発明は、システムあるいは装置にプログラムを供給することによって達成される場合にも適応できることは言うまでもない。この場合、本発明を達成するためのソフトウエアによって表されるプログラムを格納した記憶媒体を該システムあるいは装置に読み出すことによって、そのシステムあるいは装置が、本発明の効果を享受することが可能となる。
【0203】
本発明は上記実施形態に限定されるものではなく、本発明の趣旨に基づき種々の変形(各実施形態の有機的な組合せを含む)が可能であり、それらを本発明の範囲から排除するものではない。
【0204】
本発明の様々な例と実施形態を示して説明したが、当業者であれば、本発明の趣旨と範囲は、本明細書内の特定の説明に限定されるのではない。
【図面の簡単な説明】
【0205】
【図1】本発明に係る一実施形態を示す印刷装置の構成を示すブロック図である。
【図2】本発明に係る一実施形態を示す印刷システムのブロック図である。
【図3】本発明の第1実施形態における印刷データ送信・保存開始指示、印刷データ印刷開始指示、カウンタ設定情報収集開始指示、印刷データ削除開始指示を行う画面の一例を示す図である。
【図4】本発明におけるジョブと対応するカウンタ設定情報の一例を示す図である。
【図5】本発明の印刷システムにおける第1の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図6】本発明の印刷システムにおける第2の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図7】本発明の印刷システムにおける第3の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図8】本発明の印刷システムにおける第4の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図9】本発明の印刷システムにおける第5の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図10】本発明の第2実施形態における印刷データ送信・保存開始指示、印刷データ印刷開始指示、カウンタ設定情報登録開始指示、カウンタ設定情報収集開始指示、印刷データ削除開始指示を行う画面の一例を示す図である。
【図11】本発明の第2実施形態において予め設定されているカウンタ設定情報の一例を示す図である。
【図12】本発明の印刷システムにおける第6の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図13】本発明の印刷システムにおける第7の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図14】本発明の第3実施形態における印刷データ送信・保存の方法を選択する選択画面の一例を示す図である。
【図15】本発明の印刷システムにおける第8の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。
【図16】本発明に係る印刷システムを構成する情報機器で読み取り可能な各種データ処理プログラムを格納する記憶媒体(記録媒体)のメモリマップを説明する図である。
【符号の説明】
【0206】
101 印刷装置
102(102a,102b) ホストコンピュータ
103 CPU
106 RAM
107 印刷出力部
108 ハードディスクドライブ(HDD)
109 操作パネル
202 プリント管理サーバ
204 ネットワーク
205 画像読み取り装置
206 印刷装置




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013