米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> キヤノン株式会社

発明の名称 印刷制御装置及び方法、記憶媒体、並びにプログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−4596(P2007−4596A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−185263(P2005−185263)
出願日 平成17年6月24日(2005.6.24)
代理人 【識別番号】100125254
【弁理士】
【氏名又は名称】別役 重尚
発明者 長島 威行
要約 課題
本発明は、印刷設定時のユーザビリティ性を向上させることができる印刷制御装置を提供する。

解決手段
印刷制御装置であるコンピュータ100は、表示装置101又は入力装置102からの入力の内容がUIをカスタマイズする指示であるときは、入力内容に対する解析処理を実行して、簡易モードが選択されたか否かを判別し、簡易モードが選択され、且つ簡易モードに従属する詳細ページとして<なし>以外のいずれか1つが選択されているときは、当該選択された詳細ページを伴うUIを表示する。
特許請求の範囲
【請求項1】
印刷装置を制御するための印刷設定画面を表示する印刷制御装置において、
前記表示された印刷設定画面上で、詳細な印刷設定を行うための第1の印刷モードと簡易な印刷設定を行うための第2の印刷モードのいずれか一方を選択させる印刷モード選択手段と、
前記第2の印刷モードが選択されたときは、詳細な印刷設定の追加有無を選択させる詳細設定選択手段と、
前記詳細な印刷設定の追加が選択されたときは、当該選択された印刷設定の内容に応じて詳細な印刷設定画面を表示する表示手段とを備えることを特徴とする印刷制御装置。
【請求項2】
前記表示手段は、前記詳細な印刷設定の追加が選択されなかったときは、前記第2の印刷モードに対応する印刷設定画面を表示することを特徴とする請項1記載の印刷制御装置。
【請求項3】
前記表示手段は、前記印刷モード選択手段により第1の印刷モードが選択されたときは、当該第1の印刷モードに対応する印刷設定画面を表示することを特徴とする請求項1又は2記載の印刷制御装置。
【請求項4】
印刷設定に基づき印刷装置に印刷を行わせるための印刷制御方法において、
詳細な印刷設定を行うための第1の印刷モードと簡易な印刷設定を行うための第2の印刷モードのいずれか一方を選択させる印刷モード選択ステップと、
前記第2の印刷モードが選択されたときは、詳細な印刷設定の追加有無を選択させる詳細設定選択ステップと、
前記詳細な印刷設定の追加が選択されたときは、当該選択された印刷設定の内容に応じて詳細な印刷設定画面を表示する表示ステップとを備えることを特徴とする印刷制御方法。
【請求項5】
前記表示ステップは、前記詳細な印刷設定の追加が選択されなかったときは、前記第2の印刷モードに対応する印刷設定画面を表示することを特徴とする請項4記載の印刷制御方法。
【請求項6】
前記表示ステップは、前記印刷モード選択ステップにより第1の印刷モードが選択されたときは、当該第1の印刷モードに対応する印刷設定画面を表示することを特徴とする請求項4又は5記載の印刷制御方法。
【請求項7】
請求項4乃至6のいずれか1項に記載の印刷制御方法をコンピュータに実行させるためのコンピュータに読み取り可能なプログラムを記憶した記憶媒体。
【請求項8】
請求項4乃至6のいずれか1項に記載の印刷制御方法をコンピュータに実行させるためのコンピュータに読み取り可能なプログラム。
【請求項9】
詳細な印刷設定を行うための第1のモードと簡易な印刷設定を行うための第2のモードのいずれか一方を選択させるモード選択ステップと、
前記第2のモードが選択された場合、簡易な印刷設定を行う簡易設定画面に詳細な印刷設定を行う詳細設定画面の一部を表示するステップとをコンピュータに実行させるためのプログラム。
【請求項10】
前記詳細な印刷設定を行う詳細設定画面の一部は、選択された部分の詳細設定画面であることを特徴とする請項9記載のプログラム。
【請求項11】
前記表示ステップは、前記モード選択ステップにより第1のモードが選択されたときは、詳細な印刷設定を行う詳細設定画面を表示することを特徴とする請求項9又は10記載のプログラム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、印刷制御装置及び方法、記憶媒体、並びにプログラムに関し、特に、プリンタドライバにより表示されるユーザーインターフェースのカスタマイズが可能な印刷制御装置及び方法、記憶媒体、並びにプログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、プリンタドライバ(以下、単に「ドライバ」という)により表示されるユーザーインターフェース(以下、「UI」という)のカスタマイズに関して、
(1)当該UIの表示内容をユーザ自身がカスタマイズすることは不可能であり、カスタマイズするためにはプログラムから修正して再ビルドする必要があった。
【0003】
(2)また、詳細モードと簡易モードという2種類の印刷モードが予め用意され、ユーザがUI上で詳細モード又は簡易モードのいずれか一方を選択して印刷設定が行われていた(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
ここで、従来のドライバにより表示されるUIの一例を図10〜図13に示す。
【0005】
図10〜図13において、従来のドライバでは、[ページ設定]タブシート10、[仕上げ]タブシート11、[給紙]タブシート12、及び[印刷品質]タブシート13の4つのタブシートから成るUIが表示される。
【0006】
各タブシートは、タブシート名に関連する各種コントロールより構成されている。例えば、[仕上げ]タブシート11は、印刷データの仕上げに関連する[印刷方法]コントロール11a、[とじ方向]コントロール11b、[とじ代設定]コントロール11c、及び[排紙方法]コントロール11dを備える。
【0007】
印刷モードとして詳細モードと簡易モードを備える従来のドライバにより表示されるUIの一例を図14及び図15に示す。
【0008】
図14及び図15において、本ドライバでは、詳細モード(図14)と簡易モード(図15)の2つの印刷モードを切り替えることが可能なカスタマイズ機能を有する。詳細モードは、図10〜図13のUIで構成されるドライバを表示するモードである。
【0009】
詳細モードでは、[ページ設定]タブシート14として、[原稿サイズ]14a、[出力用紙サイズ]14b、[部数]14c、及び[印刷の向き]14dのコントロール群と、[印刷品質]タブシート16の中の[解像度]コントロール(不図示)とを備える。
【特許文献1】特開平11−296323号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
しかしながら、上記従来のドライバにより表示されるUIのカスタマイズに関して、上記(1)では、ユーザニーズに従って、その都度、プログラムの段階で修正する必要がある。
【0011】
また、上記(2)では、予め用意されたUIの選択であり、個別のユーザニーズへの対応、例えば、簡易モードと詳細モードの二者択一の場合には、前者の簡易モードを使用しているユーザが、後者の詳細モードにおける印刷設定を使用したいときにはモード自体を変更しなければならない。その結果、ユーザビリティ性に富んだ印刷設定のカスタマイズを実現することはできないという問題がある。
【0012】
図10〜図13に示したドライバはカスタマイズ機能を有しておらず、そのユーザビリティ性において問題がある。
【0013】
一方、図14及び図15に示したドライバはカスタマイズ機能を有しているが、このカスタマイズ機能では、ユーザが[仕上げ]タブシートの[印刷方法]コントロール(不図示)をよく使用する場合、簡易モードでは毎回詳細モードで該コントロールを設定する必要がある。一方、詳細モードでは、設定可能化コントロールが多すぎて、ユーザビリティ性に問題がある。
【0014】
特に、[印刷方法]の設定により、[排紙方法]のEnable/Disableが連動するようなコンフリクトを伴う場合には、単に、簡易モードのときに[印刷方法]コントロールを持ってくるだけでは不十分である。
【0015】
また、カスタマイズの自由度を高め、UIのコントロール単位でのカスタマイズを許容した場合、機能と機能が密接に連動しているプリンタでは、それらのコンフリクト処理を考慮したカスタマイズが必要となり、そのユーザビリティがかえって複雑になる可能性がある。
【0016】
本発明は、上記問題に鑑みて成されたものであり、印刷設定時のユーザビリティ性を向上させることができる印刷制御装置及び方法、記憶媒体、並びにプログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0017】
上記目的を達成するために、請求項1記載の印刷制御装置は、印刷装置を制御するための印刷設定画面を表示する印刷制御装置において、前記表示された印刷設定画面上で、詳細な印刷設定を行うための第1の印刷モードと簡易な印刷設定を行うための第2の印刷モードのいずれか一方を選択させる印刷モード選択手段と、前記第2の印刷モードが選択されたときは、詳細な印刷設定の追加有無を選択させる詳細設定選択手段と、前記詳細な印刷設定の追加が選択されたときは、当該選択された印刷設定の内容に応じて詳細な印刷設定画面を表示する表示手段とを備えることを特徴とする。
【0018】
上記目的を達成するために、請求項4記載の印刷制御方法は、複数の印刷モードで印刷装置に印刷を行わせるための印刷制御方法において、詳細な印刷設定を行うための第1の印刷モードと簡易な印刷設定を行うための第2の印刷モードのいずれか一方を選択させる印刷モード選択ステップと、前記第2の印刷モードが選択されたときは、詳細な印刷設定の追加有無を選択させる詳細設定選択ステップと、前記詳細な印刷設定の追加が選択されたときは、当該選択された印刷設定の内容に応じて詳細な印刷設定画面を表示する表示ステップとを備えることを特徴とする。
【0019】
上記目的を達成するために、請求項9記載のプログラムは、詳細な印刷設定を行うための第1のモードと簡易な印刷設定を行うための第2のモードのいずれか一方を選択させるモード選択ステップと、前記第2のモードが選択された場合、簡易な印刷設定を行う簡易設定画面に詳細な印刷設定を行う詳細設定画面の一部を表示するステップとをコンピュータに実行させることを特徴とする。
【発明の効果】
【0020】
本発明によれば、詳細な印刷設定を行うための第1の印刷モードと簡易な印刷設定を行うための第2の印刷モードのいずれか一方を選択させ、該第2の印刷モードが選択されたときは、更に詳細な印刷設定の追加有無を選択させ、詳細な印刷設定の追加が選択されたときは、当該選択された印刷設定の内容に応じて詳細な印刷設定画面を表示するので、印刷設定時のユーザビリティ性を向上させることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
以下、本発明の実施の形態を図面を参照して詳細に説明する。
【0022】
図1は、本発明の実施の形態に係る印刷制御装置の内部構成を示すブロック図である。
【0023】
図1において、本印刷制御装置はコンピュータ100から成り、表示部101と、入力部102と、入出力データ制御部103と、記憶媒体読取部104と、インターフェース制御部105と、データ制御部106と、ROMやRAMで構成される記憶部107と、コンピュータ100全体の動作を制御するCPU(Central Processing Unit)108と、これらを互いに接続するシステム・バス109とを備える。コンピュータ100は、インターフェース制御部105を介して不図示のプリンタに接続されている。
【0024】
表示部101は、CRTディスプレイや液晶ディスプレイ等の表示デバイスで構成される。入力部102は、キーボードやマウス等のポインティング・デバイスである。入出力データ制御部103は、表示部101に表示されるデータや入力部102から入力されるデータを制御する。記憶媒体読取部104は、フレキシブル・ディスク、CD−ROM、ROM、DVD、磁気テープ等の記憶媒体に記録されたドライバやキャリブレーションソフト等のプログラム、画像データ等を読み取る。インターフェース制御部105は、ネットワークI/F(不図示)等を制御する。
【0025】
データ制御部106は、いわゆるプリンタドライバ(以下、単に「ドライバ」という)である。ドライバのプログラムは記憶部107又は記憶媒体読取部104に装着された記憶媒体に格納され、CPU108により必要に応じて読み出される。データ制御部106は、コンピュータ100上に常駐しているオペレーティング・システム(OS)と所定のプリンタ(不図示)との間にあって、コンピュータ100内のアプリケーション等により作成された印刷データを当該プリンタで印刷できるように加工すると共に当該プリンタを制御する。
【0026】
また、データ制御部106は、印刷データの印刷時に各種印刷設定を行うためのカスタマイズ機能として、詳細モードとページ付き簡易モード(以下、単に「簡易モード」という)という2つの印刷モードを備え、これらを切り替えるカスタマイズ制御部110を備える。カスタマイズ制御部110は、ドライバのプログラムの一部である。
【0027】
次に、カスタマイズ制御部110により実行される印刷時のユーザーインターフェース(以下、「UI」という)のカスタマイズ処理について図2〜図9を参照して説明する。
【0028】
図2は、図1のカスタマイズ制御部110が実行するUIのカスタマイズ処理を示すフローチャートである。図3〜図9は、図2のカスタマイズ処理時に表示部101に表示されるUIの一例を示す図である。
【0029】
図3〜図9において、本実施の形態におけるUIは、詳細モードと簡易モードとを切り替えるための[詳細モード]ラジオボタン30及び[簡易モード]ラジオボタン31とを備える。[詳細モード]ラジオボタン30と[簡易モード]ラジオボタン31とは排他的動作をし、いずれか一方のみの選択が可能である。
【0030】
[詳細モード]ラジオボタン30が選択された場合、UIは、図3〜図6に示すように、詳細モードとして[ページ設定]タブシート3(図3)と、[仕上げ]タブシート4(図4)と、[給紙]タブシート5(図5)と、[印刷品質]タブシート6(図6)の4つのタブシートを表示することができる。そのときの印刷モードの状態を表す<詳細モード>という文字列が各タブシートの上段に表示される。
【0031】
一方、[簡易モード]ラジオボタン31が選択された場合、図7〜図9に示すように、簡易モードとして画面を表示部101に表示する。簡易モードのUIは、[簡易モード]ラジオボタン31と連動し、該[簡易モード]ラジオボタン31が選択された場合にのみ有効となる[詳細ページ]リストボックス32を有する。
【0032】
[詳細ページ]リストボックス32には、ドロップダウンリストとして、<なし>、<ページ設定>、<仕上げ>、<給紙>、及び<印刷品質>から成る5つの選択肢が表示される。ここで、<なし>が選択された場合は、簡易モードであっても詳細ページを追加しない設定、すなわち後述する図7に示す[基本設定]タブシート7のみが表示される。
【0033】
一方、<なし>以外のいずれか1つが選択された場合は、簡易モードで印刷設定を行っていたときであっても、選択された印刷設定の詳細ページが追加表示される。例えば、[詳細ページ]リストボックス32で<仕上げ>が選択されたときは、図8に示す[基本設定]タブシート8が表示される。
【0034】
図8では、[詳細ページ]リストボックス32で<仕上げ>が選択されていることから、[基本設定]タブシート8の上段には「簡易モード+仕上げ」と表示され、[簡易モード+仕上げ]タブシート9が追加される。[簡易モード+仕上げ]タブシート9のUIを図9示す。
【0035】
このように、簡易モードで印刷設定を行う場合であっても、ユーザに所望の詳細ページを選択させて表示させることができるので、ユーザの使い勝手を向上させることができる。
【0036】
次に、UIのカスタマイズ処理を図2を参照して説明する。
【0037】
本実施の形態では、簡易モードの[基本設定]タブシート7により提供される印刷設定機能だけでなく、例えば、印刷する度に詳細モードの[仕上げ]タブシート4により[印刷方法]と[排紙方法]の設定が可能にするものである。なお、[とじ方方向]、及びその他の[給紙]タブシートや[印刷品質]タブシートが提供する機能は、その設定を変更しないものとする。また、図3〜図6に示す詳細モードがデフォルトのUIとする。
【0038】
図2において、表示装置101又は入力装置102から何らかの入力があったときは、カスタマイズ制御部110にて、その入力の内容がUIをカスタマイズする指示であるか否かを判別する(ステップS100)。この判別の結果、UIをカスタマイズする指示であるときはステップ101へ進む一方、そうでないときは、本処理を終了する。
【0039】
次に、ステップS101で入力された入力内容に対する解析処理を実行し(ステップS101)、簡易モードが選択されたか否かを判別する(ステップS102)。この判別の結果、簡易モードが選択されていないときは、図3〜図6に示す詳細モードからなるUIを表示して(ステップS107)、本処理を終了する。
【0040】
一方、ステップS102の判別の結果、簡易モードが選択されたときは、[詳細ページ]リストボックス32における選択内容に対する解析処理を実行する(ステップS103)。
【0041】
つづいて、ステップS104において、簡易モードに従属する詳細ページとして<なし>以外が選択されているか、すなわち<ページ設定>、<仕上げ>、<給紙>、及び<印刷品質>のいずれかが選択されているか否かを判別する。この判別の結果、<なし>以外のいずれか1つが選択されているときは、選択された詳細ページを伴うUIを表示し(ステップS105)、本処理を終了する。本実施の形態では、詳細ページとして<仕上げ>が選択され、カスタマイズ制御部110にて、図8及び図9に示す「簡易モード+仕上げ」という詳細ページ付き簡易モードを伴うUIの提供を実現する。
【0042】
ステップS104の判別の結果、<なし>が選択されているときは、図7に示す、詳細ページを伴わない簡易モードのみからなるUIを表示して(ステップS106)、本処理を終了する。
【0043】
上記実施の形態によれば、表示装置101又は入力装置102からの入力の内容がUIをカスタマイズする指示であるときは、入力内容に対する解析処理を実行して、簡易モードが選択されたか否かを判別し、簡易モードが選択され、且つ簡易モードに従属する詳細ページとして<なし>以外のいずれか1つが選択されているときは、当該選択された詳細ページを伴うUIを表示するので、詳細モードに切り替えることなく、ユーザ所望の詳細な印刷設定を追加設定することができ、印刷設定時のユーザビリティ性を向上させることができる。
【0044】
上記実施の形態では、コンピュータ100は、不図示のプリンタにケーブル等で接続されているが、インターネットやLAN等のネットワークを介して接続されていてもよく、また、コンピュータ100とプリンタとが一体で構成(例えば、複合機等)されていてもよい。
【0045】
本発明は、フレキシブル・ディスク、CD−ROM、ROM、DVD、磁気テープ等の記憶媒体に記憶されていて、クライアント・コンピュータではなく、サーバ・コンピュータの記憶媒体読み取り装置に記憶されておくことが可能である。
【0046】
また、本発明は、複数の機器から構成されるシステムに適用しても、一つの機器からなる装置に適用してもよい。
【0047】
更に、本発明の目的は、上記実施の形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体を、システム或いは装置に供給し、そのシステム或いは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU等)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読み出して実行することによっても達成される。
【0048】
この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が上述した実施の形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。
【0049】
また、プログラムコードを供給するための記憶媒体としては、例えば、フロッピー(登録商標)ディスク、ハードディスク、光磁気ディスク、CD−ROM、CD−R、CD−RW、DVD−ROM、DVD±R、DVD−RAM、DVD±RW、磁気テープ、不揮発性のメモリカード等を用いることができる。または、プログラムコードをネットワークを介してダウンロードしてもよい。
【0050】
また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、上記実施の形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼動しているOS(オペレーティングシステム)等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって上述した実施の形態の機能が実現される場合も含まれる。
【0051】
更に、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって上述した実施の形態の機能が実現される場合も含まれる。
【0052】
また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した各実施の形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOSなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した各実施の形態の機能が実現される場合も、本発明に含まれることは云うまでもない。
【0053】
この場合、上記プログラムは、該プログラムを記憶した記憶媒体から直接、又はインターネット、商用ネットワーク、若しくはローカルエリアネットワーク等に接続された不図示の他のコンピュータやデータベース等からダウンロードすることにより供給される。
【図面の簡単な説明】
【0054】
【図1】本発明の実施の形態に係る印刷制御装置の内部構成を示すブロック図である。
【図2】図1のカスタマイズ制御部110が実行するUIのカスタマイズ処理を示すフローチャートである。
【図3】図2の処理時に表示される詳細モードの[ページ設定]タブシートを示す図である。
【図4】図2の処理時に表示される詳細モードの[仕上げ]タブシートを示す図である。
【図5】図2の処理時に表示される詳細モードの[給紙]タブシートを示す図である。
【図6】図2の処理時に表示される詳細モードの[印刷品質]タブシートを示す図である。
【図7】図2の処理時に表示される簡易モードの[基本設定]タブシートを示す図である。
【図8】図2の処理で表示される簡易モードの[簡易モード+仕上げ]タブシートを示す図である。
【図9】図2の処理で表示される簡易モードの[仕上げ]タブシートを示す図である。
【図10】従来のドライバのUIの一例である[ページ設定]タブシートを示す図である。
【図11】従来のドライバのUIの一例である[仕上げ]タブシートを示す図である。
【図12】従来のドライバのUIの一例である[給紙]タブシートを示す図である。
【図13】従来のドライバのUIの一例である[印刷品質]タブシートを示す図である。
【図14】従来のドライバにより表示される詳細モードの[ページ設定]タブシートを示す図である。
【図15】従来のドライバにより表示される簡易モードの[基本設定]タブシートを示す図である。
【符号の説明】
【0055】
30 [詳細モード]ラジオボタン
31 [簡易モード]ラジオボタン
32 [詳細ページ]リストボックス
100 コンピュータ
101 表示部
102 入力部
106 データ制御部
110 カスタマイズ制御部
108 CPU




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013