米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> 富士ゼロックス株式会社

発明の名称 画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−3831(P2007−3831A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−183935(P2005−183935)
出願日 平成17年6月23日(2005.6.23)
代理人
発明者 藤沢 登志夫
要約 課題
自動装填時の消費電力を低減すること。

解決手段
回転駆動する駆動ロール(R1a)と、駆動ロール(R1a)に対して当接、離隔可能に構成された従動ロール(R1b)とを有し、前記転写領域(Q1)を通過した連続紙(P)を連続紙搬送方向下流側に搬送する搬送ロールと、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、連続紙(P)の前端が前記駆動ロール(R1a)の位置を通過した状態で前記従動ロール(R1b)を前記駆動ロール(R1a)に当接させて、前記搬送ロール(R1)により下流側に連続紙(P)を搬送させる連続紙装填制御手段とを備えた画像形成装置(U)。
特許請求の範囲
【請求項1】
下記の構成要件(A01)〜(A03)を備えたことを特徴とする画像形成装置、
(A01)回転駆動する像担持体と対向する転写領域において前記像担持体上に形成されたトナー像を連続紙に転写する転写器、
(A02)回転駆動する駆動ロールと、前記駆動ロールに対して当接、離隔可能に構成された従動ロールとを有し、前記転写領域を通過した連続紙を連続紙搬送方向下流側に搬送する搬送ロール、
(A03)新たな連続紙を前記画像形成装置に装填する際に、連続紙の前端が前記駆動ロールの位置を通過した状態で前記従動ロールを前記連続紙を介して前記駆動ロールに当接させて、前記搬送ロールにより連続紙搬送方向下流側に連続紙を搬送させる連続紙装填制御手段。
【請求項2】
下記の構成要件(A04),(A05)を備えたことを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置、
(A04)前記転写器の近傍に配置されると共に前記駆動ロールを支持する駆動ロール移動装置であって、画像形成動作を行う画像形成動作位置と、連続紙の装填時に前記駆動ロールを退避させる退避位置との間を移動可能な前記駆動ロール移動装置、
(A05)新たな連続紙を前記画像形成装置に装填する際に、連続紙の前端が前記転写領域に搬送された場合に、前記駆動ロール移動装置を前記画像形成動作位置から前記退避位置に移動させるロール移動装置制御手段。
【請求項3】
下記の構成要件(A06)〜(A08)を備えたことを特徴とする請求項2に記載の画像形成装置、
(A06)前記転写領域の連続紙搬送方向上流側に配置され、前記転写領域に連続紙を搬送する上流側連続紙搬送部材、
(A07)前記上流側連続紙搬送部材の近傍に設置され、連続紙を検出する上流側用紙センサ、
(A08)新たな連続紙を前記画像形成装置に装填する際に、前記上流側用紙センサによる連続紙前端の検出結果と、連続紙の前端が前記上流側用紙センサの位置から前記転写領域に搬送される時間とに基づいて、前記駆動ロール移動装置を移動させる前記ロール移動装置制御手段。
【請求項4】
下記の構成要件(A09)を備えたことを特徴とする請求項3に記載の画像形成装置、
(A09)新たな連続紙を前記画像形成装置に装填する際に、前記上流側用紙センサによる連続紙前端の検出結果と、連続紙の前端が前記上流側用紙センサの位置から前記搬送ロールの位置を通過するまでの時間とに基づいて、前記従動ロールを前記駆動ロールに当接させる前記連続紙装填制御手段。
【請求項5】
下記の構成要件(A010)を備えたことを特徴とする請求項3または4に記載の画像形成装置、
(A010)新たな連続紙を前記画像形成装置に装填する際に、前記従動ロールを前記駆動ロールに当接させた状態で、前記上流側搬送部材を駆動させず且つ前記駆動ロールを駆動して連続紙のたるみを除去する前記連続紙装填制御手段。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、プリンタ、複写機、FAXあるいはこれら複数の機能を備えた複合機等の画像形成装置に関し、特に、連続紙に画像形成を行う画像形成装置に関する。
【背景技術】
【0002】
伝票等の連続紙を使用する従来の画像形成装置において、新しい連続紙を装填する場合に、ユーザが所定の位置に連続紙の前端をセットした後、スイッチやボタン等を入力すると、連続紙が所定の位置(例えば、排紙ロール)まで搬送されて自動的に装填される(オートロードされる)画像形成装置が知られている。オートロードにより連続紙を装填する場合、連続紙が搬送路の途中で紙詰まりせずに搬送されることが重要となる。特に、電子写真方式の画像形成装置では、連続紙は像担持体と転写器との間を搬送されるため、転写領域の下流側で用紙前端が引っ掛かり紙詰まりすることがある。
【0003】
前記オートロード機能を備えた画像形成装置として、下記の従来技術(J01)が公知である。
(J01)特許文献1(特開平6−308794号公報)記載の技術
特許文献1には、転写器(5)の連続紙搬送方向下流側に、連続紙をエアー吸着するサクションベルト(10)やサクションファン(30s)を配置した画像形成装置が記載されており、用紙先端をトラクタ(3t)にセットしてスイッチを操作すると、各部材が駆動して、転写領域を通過した連続紙の前端はサクションベルト等で吸着されて排紙ローラ(7d)に搬送され、連続紙が自動的に装填される。
【0004】
【特許文献1】特開平6−308794号公報(「0007」、「0026」、「0028」、「0048」〜「0049」、第1図、第10図)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
前記従来技術(J01)では、大電力を必要とするエアー吸着を行うため、自動装填時や画像形成動作時の消費電力が大きくなり、コスト高になるという問題がある。
【0006】
本発明は、前述の事情に鑑み、次の記載内容(O01)を技術的課題とする。
(O01)自動装填時の消費電力を低減すること。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(本発明)
次に、前記課題を解決した本発明を説明するが、本発明の要素には、後述の実施の形態の具体例(実施例)の要素との対応を容易にするため、実施例の要素の符号をカッコで囲んだものを付記する。また、本発明を後述の実施例の符号と対応させて説明する理由は、本発明の理解を容易にするためであり、本発明の範囲を実施例に限定するためではない。
【0008】
(第1発明)
前記技術的課題を解決するために、第1発明の画像形成装置(U)は、下記の構成要件(A01)〜(A03)を備えたことを特徴とする。
(A01)回転駆動する像担持体(PR)と対向する転写領域(Q1)において前記像担持体(PR)上に形成されたトナー像を連続紙(P)に転写する転写器(Tc)、
(A02)回転駆動する駆動ロール(R1a)と、前記駆動ロール(R1a)に対して当接、離隔可能に構成された従動ロール(R1b)とを有し、前記転写領域(Q1)を通過した連続紙(P)を連続紙(P)搬送方向下流側に搬送する搬送ロール(R1)、
(A03)新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、連続紙(P)の前端が前記駆動ロール(R1a)の位置を通過した状態で前記従動ロール(R1b)を前記連続紙(P)を介して前記駆動ロール(R1a)に当接させて、前記搬送ロール(R1)により連続紙(P)搬送方向下流側に連続紙(P)を搬送させる連続紙装填制御手段(C9)。
【0009】
(第1発明の作用)
前記構成要件(A01)〜(A03)を備えた第1発明の画像形成装置(U)では、転写器(Tc)は、回転駆動する像担持体(PR)と対向する転写領域(Q1)において前記像担持体(PR)上に形成されたトナー像を連続紙(P)に転写する。回転駆動する駆動ロール(R1a)と、前記駆動ロール(R1a)に対して当接、離隔可能に構成された従動ロール(R1b)とを有する搬送ロール(R1)は、前記転写領域(Q1)を通過した連続紙(P)を連続紙(P)搬送方向下流側に搬送する。連続紙装填制御手段(C9)は、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、連続紙(P)の前端が前記駆動ロール(R1a)の位置を通過した状態で前記従動ロール(R1b)を前記連続紙(P)を介して前記駆動ロール(R1a)に当接させて、前記搬送ロール(R1)により連続紙(P)搬送方向下流側に連続紙(P)を搬送させる。
【0010】
したがって、第1発明の画像形成装置(U)では、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、連続紙(P)の前端を従動ロール(R1b)と駆動ロール(R1a)で挟持して搬送するので、確実に下流側に連続紙(P)を搬送できる。この結果、従来技術のように大電力を必要とするエアー吸着を行う必要が無いので、自動装填時の消費電力を低減することができる。
【0011】
(第1発明の形態1)
第1発明の形態1の画像形成装置(U)は、前記第1発明において、下記の構成要件(A04),(A05)を備えたことを特徴とする。
(A04)前記転写器(Tc)の近傍に配置されると共に前記駆動ロール(R1a)を支持する駆動ロール移動装置(1)であって、画像形成動作を行う画像形成動作位置と、連続紙(P)の装填時に前記駆動ロール(R1a)を退避させる退避位置との間を移動可能な前記駆動ロール移動装置(1)、
(A05)新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、連続紙(P)の前端が前記転写領域(Q1)に搬送された場合に、前記駆動ロール移動装置(1)を前記画像形成動作位置から前記退避位置に移動させるロール移動装置制御手段(C8)。
【0012】
(第1発明の形態1の作用)
前記構成要件(A04),(A05)を備えた第1発明の形態1の画像形成装置(U)では、前記転写器(Tc)の近傍に配置されると共に前記駆動ロール(R1a)を支持する駆動ロール移動装置(1)は、画像形成動作を行う画像形成動作位置と、連続紙(P)の装填時に前記駆動ロール(R1a)を退避させる退避位置との間を移動する。ロール移動装置制御手段(C8)は、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、連続紙(P)の前端が前記転写領域(Q1)に搬送された場合に、前記駆動ロール移動装置(1)を前記画像形成動作位置から前記退避位置に移動させる。すなわち、連続紙(P)の前端が転写領域(Q1)に搬送されると駆動ロール(R1a)が退避位置に移動し、連続紙(P)の前端が前記駆動ロール(R1a)の位置を通過すると駆動ロール(R1a)と従動ロール(R1b)とが当接する。
したがって、第1発明の形態1の画像形成装置(U)では、駆動ロール(R1a)が退避位置に移動するので、連続紙(P)の前端を駆動ロール(R1a)と従動ロール(R1b)との間に確実に搬送でき、搬送ロール(R1)により下流側に搬送することができる。
【0013】
(第1発明の形態2)
第1発明の形態2の画像形成装置(U)は、前記第1発明の形態1において、下記の構成要件(A06)〜(A08)を備えたことを特徴とする。
(A06)前記転写領域(Q1)の連続紙(P)搬送方向上流側に配置され、前記転写領域(Q1)に連続紙(P)を搬送する上流側連続紙搬送部材(K1)、
(A07)前記上流側連続紙搬送部材(K1)の近傍に設置され、連続紙(P)を検出する上流側用紙センサ(SN1)、
(A08)新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、前記上流側用紙センサ(SN1)による連続紙(P)前端の検出結果と、連続紙(P)の前端が前記上流側用紙センサ(SN1)の位置から前記転写領域(Q1)に搬送される時間(t1)とに基づいて、前記駆動ロール移動装置(1)を移動させる前記ロール移動装置制御手段(C8)。
【0014】
(第1発明の形態2の作用)
前記構成要件(A06)〜(A08)を備えた第1発明の形態2の画像形成装置(U)では、上流側連続紙搬送部材(K1)は、前記転写領域(Q1)の連続紙(P)搬送方向上流側に配置され、前記転写領域(Q1)に連続紙(P)を搬送する。上流側用紙センサ(SN1)は、前記上流側連続紙搬送部材(K1)の近傍に設置され、連続紙(P)を検出する。前記ロール移動装置制御手段(C8)は、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、前記上流側用紙センサ(SN1)による連続紙(P)前端の検出結果と、連続紙(P)の前端が前記上流側用紙センサ(SN1)の位置から前記転写領域(Q1)に搬送される時間(t1)とに基づいて、前記駆動ロール移動装置(1)を移動させる。
したがって、第1発明の形態2の画像形成装置(U)では、上流側用紙センサ(SN1)の検出結果に基づいて駆動ロール移動装置(1)の移動制御が行われるので、連続紙(P)の位置に応じた的確な制御を行うことができる。
【0015】
(第1発明の形態3)
第1発明の形態3の画像形成装置(U)は、前記第1発明の形態2において、下記の構成要件(A09)を備えたことを特徴とする。
(A09)新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、前記上流側用紙センサ(SN1)による連続紙(P)前端の検出結果と、連続紙(P)の前端が前記上流側用紙センサ(SN1)の位置から前記搬送ロール(R1)の位置を通過するまでの時間(t1+t2)とに基づいて、前記従動ロール(R1b)を前記駆動ロール(R1a)に当接させる前記連続紙装填制御手段(C9)。
【0016】
(第1発明の形態3の作用)
前記構成要件(A09)を備えた第1発明の形態3の画像形成装置(U)では、前記連続紙装填制御手段(C9)は、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、前記上流側用紙センサ(SN1)による連続紙(P)前端の検出結果と、連続紙(P)の前端が前記上流側用紙センサ(SN1)の位置から前記搬送ロール(R1)の位置を通過するまでの時間(t1+t2)とに基づいて、前記従動ロール(R1b)を前記駆動ロール(R1a)に当接させる。したがって、第1発明の形態3の画像形成装置(U)では、上流側用紙センサ(SN1)の検出結果に基づいて、従動ロール(R1b)を駆動ロール(R1a)に当接させるので、連続紙(P)の位置に応じた的確な制御を行うことができる。
【0017】
(第1発明の形態4)
第1発明の形態4の画像形成装置(U)は、前記第1発明の形態2または第1発明の形態3において、下記の構成要件(A010)を備えたことを特徴とする。
(A010)新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、前記従動ロール(R1b)を前記駆動ロール(R1a)に当接させた状態で、前記上流側連続紙搬送部材(K1)を駆動させず且つ前記駆動ロール(R1a)を駆動して連続紙(P)のたるみを除去する前記連続紙装填制御手段(C9)。
【0018】
(第1発明の形態4の作用)
前記構成要件(A010)を備えた第1発明の形態4の画像形成装置(U)では、前記連続紙装填制御手段(C9)は、新たな連続紙(P)を前記画像形成装置(U)に装填する際に、前記従動ロール(R1b)を前記駆動ロール(R1a)に当接させた状態で、前記上流側連続紙搬送部材(K1)を駆動させず且つ前記駆動ロール(R1a)を駆動して連続紙(P)のたるみを除去する。したがって、たるみによる画質劣化や転写不良等の悪影響を低減できる。
【発明の効果】
【0019】
前述の本発明は、下記の効果(E01)〜(E04)を奏する。
(E01)自動装填時の消費電力を低減することができる。
(E02)駆動ロールを退避位置に移動させた場合、連続紙の前端を駆動ロールと従動ロールとの間に確実に搬送できる。
(E03)上流側用紙センサを使用した場合、連続紙の位置に応じて的確に制御を行うことができる。
(E04)たるみを除去する場合、たるみによる画質劣化等を低減できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
次に図面を参照しながら、本発明の実施の形態の具体例(実施例)を説明するが、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。
なお、以後の説明の理解を容易にするために、図面において、前後方向をX軸方向、左右方向をY軸方向、上下方向をZ軸方向とし、矢印X,−X,Y,−Y,Z,−Zで示す方向または示す側をそれぞれ、前方、後方、右方、左方、上方、下方、または、前側、後側、右側、左側、上側、下側とする。
また、図中、「○」の中に「・」が記載されたものは紙面の裏から表に向かう矢印を意味し、「○」の中に「×」が記載されたものは紙面の表から裏に向かう矢印を意味するものとする。
【実施例1】
【0021】
図1は本発明の実施例1の画像形成装置の説明図である。
図1において、画像形成装置としてのプリンタUは、プリンタ支持面PS上に支持されている。前記プリンタUの中央上部には、上下方向に着脱可能に構成された操作窓CWが配置されている。
プリンタUの上部右側には、ドラム状の感光体(像担持体)PRが回転可能に支持されており、感光体PRの右上方にはROS(潜像形成装置)が支持されている。前記感光体PRの周囲には、その回転方向に沿って、帯電器(チャージコロトロン)CC、現像器D、転写器(転写コロトロン)Tc、クリーナCLが配置されている。なお、前記転写器Tc、帯電器CCはロール式のものも使用可能である。
回転する前記感光体PRの表面は、帯電器CCにより一様に帯電され、前記帯電された感光体PR表面は、ROS(潜像形成装置)から出射されるレーザビームLにより静電潜像が形成される。前記感光体PR表面の静電潜像は現像器Dによりトナー像に現像される。前記感光体PR表面のトナー像は、前記転写器Tcに対向する転写領域Q1に搬送される。
【0022】
図2は実施例1の画像形成装置の転写器部分の要部拡大図であり、図2Aは連続紙が装填された状態の説明図、図2Bは連続紙が転写領域の下流側で紙詰まりした状態の説明図である。
前記プリンタUは、送り孔付き連続紙Pを収容する連続紙収容部TR1を有している。図1、図2において、前記連続紙収容部TR1の上方には、上流側トラクタ(上流側連続紙搬送部材)K1と、前記上流側トラクタK1に対向する上流側ガイド部材G1とが配置されている。図2において、上流側ガイド部材G1の下流側には連続紙Pの前端を検出可能な上流側用紙センサSN1が配置されている。
前記連続紙収容部TR1に収容された送り孔付き連続紙Pは、上流側トラクタ(上流側連続紙搬送部材)K1により搬送され、ガイドロールRaによりガイドされて前記転写領域Q1に搬送される。転写器Tcは、前記連続紙Pが前記転写領域Q1を通過する際に感光体PR表面のトナー像を連続紙Pに転写する。
【0023】
前記転写領域Q1の下流側には、駆動ロールR1aと、従動ロールR1bとを有するフィードロール(搬送ロール)R1が配置されている。前記従動ロールR1bには、図示しないソレノイドとバネが連結されており、ソレノイドオン時に駆動ロールR1aに当接する当接位置(図2Aの破線参照)に移動し、ソレノイドオフ時にバネの復元力により駆動ロールR1aから離隔した離隔位置(図2Aの実線参照)に移動するように構成されている。前記フィードロールR1の下流側には、下流側トラクタK2と、下流側トラクタK2に対向して配置された下流側ガイド部材G2とが配置されており、前記下流側ガイド部材G2の下流側には連続紙Pの前端を検出可能な下流側用紙センサSN2が配置されている。前記下流側ガイド部材G2の上方且つ前記操作窓CWの下方には、ヒンジ軸PL1aを中心に通常位置(図2A参照)と開放位置(図2B参照)の間で回動可能な開閉プレートPL1が配置されている。前記開閉プレートPL1の右端部には、前記従動ロールR1bが前記当接位置と離隔位置との間で移動可能に支持されている。また、前記開閉プレートPL1は、前記操作窓CWが取り外された状態で、ヒンジ軸PL1aを中心に回動させて開放位置に移動させることができる。したがって、図2Bに示すように紙詰まり(ジャム)が発生した場合、開閉プレートPL1を開放位置に移動させて、前記下流側ガイド部材G2を取り外すことによりジャムを解消できる。
【0024】
前記転写領域Q1でトナー像が転写された連続紙Pは、駆動ロールR1aによりガイドされて、下流側トラクタ(下流側連続紙搬送部材)K2に搬送され、シートガイドG3(図1参照)にガイドされて定着領域Q2に搬送される。定着領域Q2を通過する連続紙P上のトナー像はフラッシュランプを使用した定着器Fにより定着用の光が照射されて加熱定着される。
前記定着領域Q2の通過時に定着器Fでトナー像が加熱定着された連続紙Pは、排紙ロールRbを通って、シートガイドG2から下方のスタックトレイTR2に搬送される。
スタックトレイTR2に搬送された連続紙Pは折り目(図示せず)により自動的に折り畳まれた状態で前記スタックトレイTR2上に積載される。前記スタックトレイTR2は矢印Ya方向に上下動可能に構成されており、積載された連続紙Pの高さに応じて自動的に下方に移動し、順次搬送されて来る連続紙Pが積載される位置が常時一定に保持される。
【0025】
(駆動ロール移動装置の説明)
図3は駆動ロール移動装置の説明図であり、図3Aは駆動ロール移動装置が画像形成動作位置に移動した状態の説明図、図3Bは駆動ロール移動装置が退避位置に移動した状態の説明図である。
図2、図3において、感光体PRの左下方には、回転中心1aを中心として回動可能に支持された駆動ロール移動装置1が支持されている。前記駆動ロール移動装置1は、回動フレーム2を有している。前記回動フレーム2には、転写器Tcの両側に離れて配置された回転支持部2a,2aが形成されている。図3において、前記回動フレーム2には、転写プレート回動装置3が支持されている。前記転写プレート回動装置3は、前記回転支持部2a、2aに回転可能に支持された転写プレート4,4と、転写プレート4,4に連結されたリンク6,6と、リンク6,6を介して転写プレート4,4を回動させる駆動装置7とを有する。前記転写プレート回動装置3は、転写プレート4,4を回動させることにより、画像形成動作時には連続紙Pを感光体PRに当接させ、非画像形成時には連続紙Pを感光体PRから離隔させて連続紙Pの汚染を防止する。なお、このような転写プレート回動装置3は、従来公知(例えば、特開平2−306277号公報等参照)であり、種々の構成を採用可能であるので詳細な説明は省略する。
【0026】
図3において、前記回動フレーム2には、フィードロールR1の駆動ロールR1aおよび駆動ロールR1aを回転駆動するフィードロール駆動モータ(図示せず)とが支持されている。前記回動フレーム2には、回動フレーム2を感光体PR側に常時付勢するバネ8が連結されている。回動フレーム2の左端部には、被係止部9が設けられており、プリンタUの本体フレーム(図示せず)には前記被係止部9に接触して被係止部9の検出を行う接触型の被係止部検出センサSN3が支持されている。なお、前記被係止部検出センサSN3に対して前後方向にずれた位置には、前記被係止部9を係止するストッパ(図示せず)が設けられている。また、回動フレーム2の左下部には、カム係合部12が設けられており、カム係合部12にはプリンタUの本体フレームに支持された駆動ロール移動用の偏心カム11が係合可能に構成されている。
【0027】
図3Aにおいて、偏心カム11が図3Aに示す被係合位置に移動した状態では、回動フレーム2は、バネ8の付勢力により感光体PR側に接近して、画像形成動作を行う画像形成動作位置(図3A参照)に移動する。このとき、被係止部9がストッパに係止されて、回動フレーム2は前記画像形成動作位置に位置決めされると共に、被係止部検出センサSN3により画像形成動作位置に移動していることを検出できる。
一方、図3Bにおいて、前記偏心カム11が回動すると、偏心カム11がカム係合部12に係合し、バネ8の付勢力に抗して回動フレーム2が感光体PRから離隔する方向に移動して、駆動ロールR1aを退避させる退避位置(図3B参照)に移動する。
したがって、前記バネ8、被係止部9、ストッパ、偏心カム11、カム係合部12等により構成されたフレーム回動機構(8〜12)により、駆動ロール移動装置1は画像形成動作位置と、退避位置との間を移動する。回動フレーム2、転写プレート回動装置3、フレーム回動機構(8〜12)等により実施例1の駆動ロール移動装置1が構成されている。
【0028】
(実施例1の制御部の説明)
図4は本発明の実施例1の画像形成装置の制御部のブロック線図である。
図4において、前記コントローラCは、外部との信号の入出力および入出力信号レベルの調節等を行うI/O(入出力インターフェース)、必要な処理を行うためのプログラムおよびデータ等が記憶されたROM(リードオンリーメモリ)、必要なデータを一時的に記憶するためのRAM(ランダムアクセスメモリ)、前記ROMに記憶されたプログラムに応じた処理を行うCPU(中央演算処理装置)、ならびにクロック発振器等を有するコンピュータにより構成されており、前記ROMに記憶されたプログラムを実行することにより種々の機能を実現することができる。
【0029】
(前記コントローラCに接続された信号出力要素)
前記コントローラCは、UI(ユーザインタフェース)や上流側用紙センサSN1、下流側用紙センサSN2、被係止部検出センサSN3等の信号出力要素からの出力信号が入力されている。
前記UIは、電源スイッチUI1、表示部UI2、テンキーUI3、オートロードスイッチUI4等を備えている。
前記上流側用紙センサSN1は、オートロード(連続紙自動装填動作)時に連続紙Pの用紙前端を検出する。
前記下流側用紙センサSN2は、オートロード時に連続紙Pの用紙前端を検出する。
前記被係止部検出センサSN3は、駆動ロール移動装置1が画像形成動作位置に移動しているか否かを検出する。
【0030】
(前記コントローラCに接続された被制御要素)
また、コントローラCは、メインモータ駆動回路D1、電源回路E、トラクタ駆動モータ作動回路D2、フィードロール駆動モータ作動回路D3、従動ロール押付けソレノイド作動回路D4、駆動ロール移動用モータ作動回路D5、その他の制御要素に接続されており、それらの作動制御信号を出力している。
メインモータ駆動回路D1はメインモータM1を介して感光体PR、現像器Dの現像ロール等を回転駆動する。
【0031】
前記電源回路Eは現像用電源回路Ea、帯電用電源回路Eb、転写用電源回路Ec、定着用電源回路Ed等を有している。
現像用電源回路Eaは現像器Dの現像ロールに現像バイアスを印加する。
帯電用電源Ebは帯電器CC(チャージコロトロン)に感光体PR表面を帯電させるための帯電バイアスを印加する。
転写用電源回路Ecは転写ロールTrに感光体PR表面のトナー像を連続紙Pに転写するための転写バイアスを印加する。
定着用電源回路Edは、定着装置Fのフラッシュランプに電源を供給する。
【0032】
トラクタ駆動モータ作動回路D2はトラクタ駆動モータM2を作動させてトラクタK1、K2や排紙ロールRb等を回転駆動させ、連続紙Pを搬送する。
フィードロール駆動モータ作動回路D3は、フィードロール駆動モータM3を作動させて、フィードロールR1の駆動ロールR1aを回転させる。
従動ロール押付けソレノイド作動回路D4は、従動ロール押付けソレノイドSL1を作動させて、フィードロールR1の従動ロールR1bを当接位置に移動させて駆動ロールR1aに当接させる。
駆動ロール移動用モータ作動回路D5は、駆動ロール移動用モータM4を作動させて、駆動ロール移動用の偏心カム11を回転させ、駆動ロール移動装置1を前記画像形成動作位置と、退避位置との間で移動させる。
【0033】
(前記コントローラCの機能)
前記コントローラCは、前記信号出力要素からの入力信号に応じた処理を実行して、前記各制御要素に制御信号を出力する機能を有している。すなわち、コントローラCは次の機能を有している。
C1:ジョブ制御手段
ジョブ制御手段C1は、プリントデータを受信した場合に、プリンタUの各部材の作動を制御して、ジョブ(画像形成動作)を実行する。
C2:エラー制御手段
エラー制御手段C2は、センサSN1〜SN3の故障や紙詰まり(ジャム)等のエラーが発生した場合に、ジョブを中断したりユーザインタフェースUIの表示部UI2にエラー表示をする。
【0034】
C3:メインモータ制御手段
メインモータ制御手段C3は、メインモータ駆動回路D1を介してメインモータM1の駆動を制御し、感光体PR等の駆動を制御する。
C4:電源回路制御手段
電源回路制御手段C4は電源回路Eの作動を制御して、各部材へのバイアスや電源供給を制御する。
C5:トラクタ駆動モータ制御手段
トラクタ駆動モータ制御手段C5は、トラクタ駆動モータ作動回路D2を介してトラクタ駆動モータM2の作動を制御し、トラクタK1,K2の作動を制御する。
【0035】
C6:フィードロール駆動モータ制御手段(搬送ロール駆動装置制御手段)
フィードロール駆動モータ制御手段C6は、フィードロール駆動モータ作動回路D3を介してフィードロール駆動モータM3の作動を制御して、フィードロールR1の駆動ロールR1aの駆動を制御する。
C7:従動ロール押付けソレノイド制御手段
従動ロール押付けソレノイド制御手段C7は、従動ロール押付けソレノイド作動回路D4を介して従動ロール押付けソレノイドSL1の作動を制御し、従動ロールR1bを当接位置と離隔位置との間で移動させる。
C8:駆動ロール移動用モータ制御手段(ロール移動装置制御手段)
駆動ロール移動用モータ制御手段C8は、駆動ロール移動用モータ作動回路D5を介して駆動ロール移動用モータM4の作動を制御して、偏心カム11の回転位置の制御を行い、駆動ロール移動装置1を画像形成動作位置と退避位置との間で移動させる。
【0036】
C9:オートロード制御手段(連続紙装填制御手段)
オートロード制御手段C9は、オートロード開始判別手段C9Aと、転写領域搬送時間記憶手段C9Bと、フィードロール通過時間記憶手段C9Cと、たるみ除去時間記憶手段C9Dと、下流側トラクタ進入時間記憶手段C9Eと、用紙先端下流側センサ到達時間記憶手段C9Fと、用紙停止位置搬送時間記憶手段C9Gとを有する。そして、オートロード制御手段C9は、オートロードスイッチUI4の入力に応じて、各制御手段C5〜C8に制御信号を出力して、駆動ロール移動装置1の移動や従動ロールR1bの移動、駆動ロールR1aの作動、トラクタK1,K2の作動等のタイミングを制御し、連続紙PをプリンタUに自動装填する(オートロードする)。
C9A:オートロード開始判別手段
オートロード開始判別手段C9Aは、オートロードスイッチUI4の入力がされたか否かを判別することにより、オートロードを開始する指示がされたか否かを判別する。
【0037】
C9B:転写領域搬送時間記憶手段
転写領域搬送時間記憶手段C9Bは、連続紙Pの用紙前端が、上流側用紙センサSN1の位置から転写領域Q1に搬送されるまでの時間である転写領域搬送時間t1を記憶する。
C9C:フィードロール通過時間記憶手段(搬送ロール通過時間記憶手段)
フィードロール通過時間記憶手段C9Cは、連続紙Pの用紙前端が、転写領域Q1からフィードロールR1の位置を通過した位置まで搬送される時間であるフィードロール通過時間(搬送ロール通過時間)t2を記憶する。
C9D:たるみ除去時間記憶手段
たるみ除去時間記憶手段C9Dは、連続紙Pのたるみを除去するためにフィードロールR1を駆動する時間であるたるみ除去時間t3を記憶する。
【0038】
C9E:下流側トラクタ進入時間記憶手段(下流側連続紙搬送部材進入時間記憶手段)
下流側トラクタ進入時間記憶手段C9Eは、連続紙Pの用紙前端が、フィードロールR1を通過した位置から下流側トラクタK2の上流部分に搬送される(下流側トラクタK2に用紙前端が進入する)までの時間である下流側トラクタ進入時間(下流側連続紙搬送部材進入時間)t4を記憶する。
C9F:用紙先端下流側センサ到達時間記憶手段
用紙先端下流側センサ到達時間記憶手段C9Fは、下流側トラクタK2に進入した連続紙Pの用紙前端が、下流側用紙センサSN2の位置に搬送される時間である用紙先端下流側センサ到達時間t5を記憶する。
C9G:用紙停止位置搬送時間記憶手段
用紙停止位置搬送時間記憶手段C9Gは、連続紙Pの用紙前端が、下流側用紙センサSN2の位置から用紙停止位置(実施例1では排紙ロールRbを通過した位置)に搬送されるまでの時間である用紙停止位置搬送時間t6を記憶する。
【0039】
TM1:転写領域搬送時間計時タイマ
転写領域搬送時間計時タイマTM1は、転写領域搬送時間t1がセットされ、転写領域搬送時間t1が経過するとタイムアップする。
TM2:フィードロール通過時間計時タイマ
フィードロール通過時間計時タイマTM2は、フィードロール通過時間t2がセットされ、フィードロール通過時間t2が経過するとタイムアップする。
TM3:たるみ除去時間計時タイマ
たるみ除去時間計時タイマTM3は、たるみ除去時間t3がセットされ、たるみ除去時間t3が経過するとタイムアップする。
【0040】
TM4:下流側トラクタ進入時間計時タイマ
下流側トラクタ進入時間計時タイマTM4は、下流側トラクタ進入時間t4がセットされ、下流側トラクタ進入時間t4が経過するとタイムアップする。
TM5:用紙先端下流側センサ到達時間計時タイマ
用紙先端下流側センサ到達時間計時タイマTM5は、用紙先端下流側センサ到達時間t5がセットされ、用紙先端下流側センサ到達時間t5が経過するとタイムアップする。
TM6:用紙停止位置搬送時間計時タイマ
用紙停止位置搬送時間計時タイマTM6は、用紙停止位置搬送時間t6がセットされ、用紙停止位置搬送時間t6が経過するとタイムアップする。
【0041】
(実施例1のフローチャートの説明)
(オートロード制御処理(駆動ロール移動制御処理)のフローチャートの説明)
図5は実施例1の画像形成装置のオートロード制御処理のフローチャートである。
図5のフローチャートの各ST(ステップ)の処理は、前記プリンタUのROM等に記憶されたプログラムに従って行われる。また、この処理はプリンタUの他の各種処理と並行してマルチタスクで実行される。
【0042】
図5に示すフローチャートはプリンタUの電源オンにより開始される。
図5のST1において、オートロードスイッチUI4の入力がされたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST2に進み、ノー(N)の場合はST1を繰り返す。
ST2において、トラクタK1,K2の駆動を開始する。そして、ST3に進む。
ST3において、上流側用紙センサSN1により連続紙Pを検出したか否か、すなわち、用紙前端が上流側用紙センサSN1の位置まで搬送されたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST4に進み、ノー(N)の場合はST3を繰り返す。
ST4において、転写領域搬送時間計時タイマTM1に転写領域搬送時間t1をセットする。そして、ST5に進む。
【0043】
ST5において、転写領域搬送時間計時タイマTM1がタイムアップしたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST6に進み、ノー(N)の場合はST5を繰り返す。
ST6において、次の処理(1)、(2)を実行して、ST7に進む。
(1)トラクタK1,K2の駆動を停止する。
(2)駆動ロール移動用の偏心カム11を回転させて駆動ロール移動装置1を退避位置(図3B参照)に移動させる。
ST7において、次の処理(1)、(2)を実行して、ST8に進む。
(1)フィードロール通過時間計時タイマTM2にフィードロール通過時間t2をセットする。
(2)トラクタK1,K2の駆動を開始する。
【0044】
ST8において、フィードロール通過時間計時タイマTM2がタイムアップしたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST9に進み、ノー(N)の場合はST8を繰り返す。
ST9において、次の処理(1)、(2)を実行してST10に進む。
(1)トラクタK1,K2の駆動を停止する。
(2)駆動ロール移動用の偏心カム11を回転させて駆動ロール移動装置1を画像形成動作位置(図3A参照)に移動させる。
ST10において、次の処理(1)〜(3)を実行してST11に進む。
(1)従動ロール押付けソレノイドSL1をオンにして、従動ロールR1bを離隔位置から当接位置に移動させ、駆動ロールR1aに当接させる。
(2)フィードロール駆動モータM3を作動させてフィードロールR1の駆動を開始する。
(3)たるみ除去時間計時タイマTM3にたるみ除去時間t3をセットする。
【0045】
ST11において、たるみ除去時間計時タイマTM3がタイムアップしたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST12に進み、ノー(N)の場合はST11を繰り返す。
ST12において、次の処理(1)、(2)を実行して、ST13に進む。
(1)トラクタK1,K2の駆動を開始する。
(2)下流側トラクタ進入時間計時タイマTM4に下流側トラクタ進入時間t4をセットする。
ST13において、下流側トラクタ進入時間計時タイマTM4がタイムアップしたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST14に進み、ノー(N)の場合はST13を繰り返す。
ST14において、次の処理(1)〜(3)を実行し、ST15に進む。
(1)フィードロールR1の駆動を停止する。
(2)従動ロール押付けソレノイドSL1をオフにして従動ロールR1bを当接位置から離隔位置に移動させる。
(3)用紙先端下流側センサ到達時間計時タイマTM5に用紙先端下流側センサ到達時間t5をセットする。
【0046】
ST15において、下流側用紙センサSN2が連続紙Pを検出したか否か、すなわち、用紙前端を検出したか否かを判別する。ノー(N)の場合はST16に進み、イエス(Y)の場合はST18に進む。
ST16において、用紙先端下流側センサ到達時間計時タイマTM5がタイムアップしたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST17に進み、ノー(N)の場合はST15に戻る。
ST17において、紙詰まりが発生したことを告知する画像をユーザインタフェースUIの表示部UI2に表示する。そして、エラー終了する。
ST18において、用紙停止位置搬送時間計時タイマTM6に用紙停止位置搬送時間t6をセットする。そして、ST19に進む。
ST19において、用紙停止位置搬送時間計時タイマTM6がタイムアップしたか否かを判別する。イエス(Y)の場合はST20に進み、ノー(N)の場合はST19を繰り返す。
ST20において、トラクタK1,K2の駆動を停止する。そして、ST1に戻る。
【0047】
(実施例1の作用)
図6は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が上流側トラクタにセットされた状態の説明図である。
図7は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が上流側用紙センサの位置まで搬送された状態の説明図である。
図8は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が転写領域まで搬送された状態の説明図である。
図9は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が転写領域まで搬送された状態で駆動ロール移動装置が退避位置に移動した状態の説明図である。
図10は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端がフィードロールを通過する位置まで搬送された状態の説明図である。
図11は実施例1の作用説明図であり、駆動ロール移動装置が画像形成動作位置位置に移動した状態の説明図である。
図12は実施例1の作用説明図であり、従動ロールが当接位置に移動し連続紙のたるみが除去された状態の説明図である。
図13は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が下流側トラクタに進入した状態の説明図である。
図14は実施例1の作用説明図であり、従動ロールが離隔位置に移動した状態の説明図である。
図15は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が下流側用紙センサの位置まで搬送された状態の説明図である。
【0048】
前記構成を備えた実施例1のプリンタUでは、新たな連続紙PをプリンタUに装填する場合、まず、ユーザが連続紙Pの用紙前端を上流側トラクタK1に手動でセットする(図6参照)。この状態で、ユーザがオートロードスイッチ(自動装填開始スイッチ)UI4の入力をすると、トラクタK1,K2が駆動し(図5のST2参照)、連続紙Pが搬送される。図7において、連続紙Pの用紙前端が上流側センサSN1の位置まで搬送されると(図5のST3参照)、転写領域搬送時間t1の計時が開始される(図5のST4参照)。前記転写領域搬送時間t1が経過すると(図5のST5参照)、図8に示すように連続紙Pの前端は転写領域Q1に搬送される。
【0049】
図8、図9において、連続紙Pの前端が転写領域Q1に搬送されると、駆動ロール移動装置1が画像形成動作位置(図8参照)から退避位置に移動し(図9、図5のST6参照)、駆動ロールR1aが用紙搬送路から退避する。図10において、駆動ロール移動装置1が退避位置に移動すると、連続紙Pの前端が駆動ロールR1aの位置を通過するまで連続紙Pが搬送される(図10、図5のST7〜ST8参照)。
図11、図12において、連続紙Pの前端が駆動ロールR1aの位置を通過すると、駆動ロール移動装置1が画像形成動作位置に戻され(図11、図5のST9参照参照)、従動ロールR1bが駆動ロールR1aに当接する(図12、図5のST10参照)。そして、トラクタK1,K2の駆動を停止させた状態で(図5のST9参照)、フィードロールR1が駆動し(図5のST10参照)、連続紙Pのたるみが除去される(図5のST11参照)。
【0050】
図13において、連続紙Pのたるみが除去された後、フィードロールR1およびトラクタK1により連続紙Pが下流側に搬送されて、用紙前端が下流側トラクタK2に進入する(図5のST12〜ST14参照)。
図14において、用紙前端が下流側トラクタK2に進入すると、従動ロールR1bが駆動ロールR1aから離隔して、トラクタK1,K2により連続紙Pが下流側に搬送される(図5のST14参照)。
図15において、連続紙Pの前端が下流側用紙センサSN2まで到達すると、用紙停止位置まで連続紙Pが搬送されてオートロードが終了する(図5のST15,ST18〜ST20参照)。
一方、図2Bに示すように下流側トラクタK2に連続紙Pの前端が進入する際に引っ掛かってジャムが発生したりすると、用紙先端下流側センサ到達時間t5が経過しても下流側用紙センサSN2で連続紙Pを検出できない(図5のST16参照)。この場合は、紙詰まりが発生したものとして、エラー終了する(図5のST17参照)。
【0051】
したがって、実施例1のプリンタUは、連続紙Pの自動装填を行う際に、転写領域Q1を通過した連続紙をフィードロールR1で挟持して下流側に搬送し、下流側トラクタK2に進入させて、連続紙Pを自動的に装填することができる。この結果、電力消費が大きくないフィードロールR1の駆動により自動装填するので、大電力を必要とするエアー吸着を行う場合に比べ、必要な電力を低減できる。
また、トラクタK1,K2を停止させた状態でフィードロールR1を駆動させることにより、連続紙Pのたるみを除去でき、連続紙Pのたるみによる転写不良や画質劣化を低減できる。
さらに、実施例1のプリンタUでは、連続紙Pが転写領域Q1を通過した後、駆動ロールR1aが下方の退避位置に移動するため、連続紙Pが駆動ロールR1aの下方に入り込むことを防止できる。この結果、駆動ロールR1aと従動ロールR1bとの間に連続紙Pを確実に搬送でき、駆動ロールR1aと従動ロールR1bとで確実に挟持して下流側に搬送できる。
【0052】
また、実施例1のプリンタUでは、駆動ロール移動装置1に転写プレート4が支持され、駆動ロール移動装置1と一体的に移動するので、転写領域Q1を通過した連続紙Pの前端が下流側の転写プレート4に引っ掛かってジャムが発生することを低減できる。
さらに、実施例1のプリンタUでは、上流側用紙センサSN1で連続紙Pを検出したタイミングからの経過時間(t1〜t5)に基づいて制御されるので、駆動ロール移動装置1を移動させるタイミングや従動ロールR1bを移動させるタイミング等を的確に制御できる。
また、実施例1のプリンタUでは、操作窓CWが取外し可能に構成されているので、下流側トラクタK2の位置でジャムが発生しても、ジャムを容易に解消できる。また、このとき、ユーザが手動で連続紙Pの前端を下流側トラクタK2にセットでき、装填することもできる。さらに、実施例1のプリンタUでは、開閉プレートPL1に従動ロールR1bが支持されており、開閉プレートPL1を開放位置に移動させた時に従動ロールR1bと駆動ロールR1aとの間が広く開放されるので、ユーザが作業しやすい。
【0053】
(変更例)
以上、本発明の実施例を詳述したが、本発明は、前記実施例に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された本発明の要旨の範囲内で、種々の変更を行うことが可能である。本発明の変更例(H01)〜(H011)を下記に例示する。
(H01)本発明はプリンタに限定されず、複写機やFAXあるいはこれら複数の機能を備えた複合機等の画像形成装置に適用可能である。また、モノクロの画像形成装置に限定されず、カラーの画像形成装置にも適用可能である。
(H02)前記実施例において、駆動ロールR1aを駆動ロール移動装置1に支持して、退避させることが望ましいが、駆動ロール移動装置1を省略し、駆動ロールR1aを移動不能に構成することも可能である。
【0054】
(H03)前記実施例において、駆動ロールR1aと従動ロールR1bとを入れ替えて、従動ロールR1bを退避させたり、駆動ロールR1aを当接位置と離隔位置との間で移動可能とし、相対的に従動ロールR1bが駆動ロールR1aに当接、離隔する構成とすることも可能である。
(H04)前記実施例において、上流側用紙センサSN1による連続紙Pの前端の検出結果に基づいて、その後の制御を行ったが、連続紙Pを手動でセットする位置が決まっている場合には上流側用紙センサSN1を省略することも可能である。
(H05)前記実施例において、操作窓CWを着脱可能としたり、開閉プレートPL1を開閉可能とする構成は省略することも可能である。
【0055】
(H06)前記実施例において、連続紙Pのたるみを除去する処理を行うことが望ましいが、省略することも可能である。
(H07)前記実施例において、転写プレート回動装置3を駆動ロール移動装置1に支持し、退避位置に移動する構成としたが、移動しない構成とすることも可能である。
(H08)前記実施例において、ST6、ST7でトラクタを停止、再始動させたが、トラクタを駆動し続けた状態で駆動ロール移動装置1を退避位置に移動させても間に合う場合は、トラクタを駆動させ続けるように制御することも可能である。
【0056】
(H09)前記実施例において、各時間t1〜t6を計時するためのタイマTM1〜TM6をそれぞれ設けたが、1つの共通のタイマを使用することも可能である。
(H010)前記実施例において、各部材を移動したり駆動するタイミングを各時間t1〜t6を使用して制御したが、これに限定されず、例えば、転写領域近傍の下流側やフィードロールR1近傍の下流側、下流側トラクタK2の近傍の下流側等にセンサを配置してセンサの検出結果に基づいて、各制御を実行することも可能である。
(H011)前記実施例において、オートロードで連続紙Pを排紙ロールRbまで搬送したが、オートロードで連続紙Pの搬送を停止する位置は任意に設定、変更可能である。
【図面の簡単な説明】
【0057】
【図1】図1は本発明の実施例1の画像形成装置の説明図である。
【図2】図2は実施例1の画像形成装置の転写器部分の要部拡大図であり、図2Aは連続紙が装填された状態の説明図、図2Bは連続紙が転写領域の下流側で紙詰まりした状態の説明図である。
【図3】図3は駆動ロール移動装置の説明図であり、図3Aは駆動ロール移動装置が画像形成動作位置に移動した状態の説明図、図3Bは駆動ロール移動装置が退避位置に移動した状態の説明図である。
【図4】図4は本発明の実施例1の画像形成装置の制御部のブロック線図である。
【図5】図5は実施例1の画像形成装置のオートロード制御処理のフローチャートである。
【図6】図6は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が上流側トラクタにセットされた状態の説明図である。
【図7】図7は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が上流側用紙センサの位置まで搬送された状態の説明図である。
【図8】図8は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が転写領域まで搬送された状態の説明図である。
【図9】図9は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が転写領域まで搬送された状態で駆動ロール移動装置が退避位置に移動した状態の説明図である。
【図10】図10は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端がフィードロールを通過する位置まで搬送された状態の説明図である。
【図11】図11は実施例1の作用説明図であり、駆動ロール移動装置が画像形成動作位置位置に移動した状態の説明図である。
【図12】図12は実施例1の作用説明図であり、従動ロールが当接位置に移動し連続紙のたるみが除去された状態の説明図である。
【図13】図13は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が下流側トラクタに進入した状態の説明図である。
【図14】図14は実施例1の作用説明図であり、従動ロールが離隔位置に移動した状態の説明図である。
【図15】図15は実施例1の作用説明図であり、連続紙の用紙前端が下流側用紙センサの位置まで搬送された状態の説明図である。
【符号の説明】
【0058】
1…駆動ロール移動装置、
C8…ロール移動装置制御手段、
C9…連続紙装填制御手段、
K1…上流側連続紙搬送部材、
K2…下流側連続紙搬送部材、
P…連続紙、
PR…像担持体、
Q1…転写領域、
R1…搬送ロール、
R1a…駆動ロール、
R1b…従動ロール、
SN1…上流側用紙センサ、
Tc…転写器、
U…画像形成装置。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013