米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 プロセスカートリッジ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−25346(P2007−25346A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−208609(P2005−208609)
出願日 平成17年7月19日(2005.7.19)
代理人 【識別番号】100090538
【弁理士】
【氏名又は名称】西山 恵三
発明者 横森 幹詞 / 鈴木 達也 / 前嶋 英樹
要約 課題
プロセスカートリッジの取っ手部分の強度UPと取っ手の視認性UPを行なう。また、組立時のドラムへの傷・打痕を防止し、組立性を向上させる。

解決手段
クリーニング枠体61に、ドラム1表面より突出させた取っ手部材の芯となるべく突起61aを持たせ、クリーニング枠体61の異なる色の取っ手部材を上から覆うようにカバーする。
特許請求の範囲
【請求項1】
少なくとも、電子写真感光体ドラムと、電子写真感光体ドラムを支持する枠体とを有する画像形成装置に着脱可能なプロセスカートリッジにおいて、
枠体には感光ドラム上のトナーを転写するための開口部を有し、枠体の開口部両端には電子写真感光体ドラム面より突出した突起を有し、前記突起を覆うカバー部材を有することを特徴としたプロセスカートリッジ。
【請求項2】
前記カバー部材は、電子写真感光体ドラムの軸受け部材の外れ防止になっていることを特徴とする請求項1記載のプロセスカートリッジ。
【請求項3】
前記カバー部材は電子写真感光体ドラムを支持する枠体と異なる色であることを特徴とする請求項1,2記載のプロセスカートリッジ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は電子写真画像形成装置に着脱可能なプロセスカートリッジに関するものである。
【0002】
ここで、電子写真画像形成装置とは、電子写真画像形成方式を用いて記録媒体(例えば、記録紙、OHPシート等)に画像を形成するものである。電子写真画像形成装置の例としては、例えば、電子写真複写機、電子写真プリンタ(例えば、レーザプリンタ、LEDプリンタ等)、ファクシミリ装置、ワードプロセッサおよびこれらの複合機(マルチファンクションプリンタ等)が含まれる。
【0003】
また、プロセスカートリッジ(以下、カートリッジと称す)とは、少なくとも現像手段(現像部材)と電子写真感光体ドラムとを一体的にカートリッジ化して電子写真画像形成装置本体に着脱可能とするものをいう。
【背景技術】
【0004】
従来、電子写真画像形成装置(以下「画像形成装置」と称す)においては、電子写真感光体ドラム(以下、「感光体ドラム」と称す)に形成した静電潜像を、現像装置によって現像剤を用いて現像する。
【0005】
また、プロセスカートリッジを採用する画像形成装置においては、装置のメンテナンスを操作者自身が行なうことができ、このカートリッジ方式は、格段に操作性を向上させることができる。
【0006】
このようなプロセスカートリッジにあっては、感光体ドラムは両端部にフランジ部材を、そして前記フランジ部材を介して感光体ドラムを貫通する軸部材を取り付け、前記軸部材は軸受け部材を介してプロセスカートリッジの枠体に回転可能に位置決めされる。
【0007】
ここで前記軸受け部材が枠体から外れるのを規制する部材として、プロセスカートリッジの把手を備えた部材が考案されている。(例えば、特許文献1参照)
【特許文献1】特開2001−166668号公報(第13頁、図6)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
本発明は、前述の従来技術をさらに発展させたものである。
【0009】
本発明の目的は、組立性の向上と操作部の強度増と操作性を向上させたプロセスカートリッジを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0010】
上記目的を達成するため、本出願に係る第1の発明は、少なくとも、電子写真感光体ドラムと、電子写真感光体ドラムを支持する枠体とを有する、画像形成装置に着脱可能なプロセスカートリッジにおいて、枠体には感光ドラム上のトナーを転写するための開口部を有し、枠体の開口部両端には電子写真感光体ドラム面より突出した突起を有し、前記突起を覆うカバー部材を有することを特徴とする。さらに、前記プロセスカートリッジにおいて、前記カバー部材は電子写真感光体ドラムを支持する枠体と異なる色であることを特徴とする。
【発明の効果】
【0011】
以上説明したように、本発明によれば、組立性の向上と操作部の強度増と操作性を向上させたプロセスカートリッジの提供が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下に図面を参照して、この発明を実施するための最良の形態を例示的に説明する。ただし、この実施の形態に記載されている構成部品の材質、形状、その相対配置などは、特に特定的な記載がない限りは、この発明の範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。また、以下の説明で一度説明した部材についての材質、形状などは、特に改めて記載しない限り初めの説明と同様のものである。
【0013】
図2〜図5を参照して、本実施の形態に係るプロセスカートリッジおよび画像形成装置について説明する。
【0014】
[画像形成装置の全体の説明]
まずカラー画像形成装置の全体構成について、図2を用いて説明する。図2は、本実施の形態に係る電子写真プロセスを利用した画像形成装置の一形態であるカラーレーザプリンタの概略断面図である。
【0015】
図2に示すように、カラーレーザプリンタ(以下「プリンタ」と称す)100は、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、ブラック(K)各色ごとに一定速度で回転する感光体ドラム1(1Y、1M、1C、1K)を有するプロセスカートリッジ7(7Y、7M、7C、7K)を持つ画像形成部と、給送部から給送された記録媒体Pに画像形成部で現像された画像を多重転写する転写部と、カラー画像を転写された記録媒体Pに画像を定着する定着部、記録媒体Pを装置上面に排出する排出部からなる。なお、上記4色のプロセスカートリッジ7Y、7M、7C、7Kは、プリンタ本体100に個別に着脱可能に構成されている。
【0016】
感光体ドラム1の周囲には、その回転方向にしたがって順に、感光体ドラム1表面を均一に帯電する帯電部材としての帯電ローラ2(2Y、2M、2C、2K)、画像情報に基づいてレーザービームを照射し、前記帯電ローラ2によって帯電された感光体ドラム1上に静電潜像を形成するスキャナユニット3(3Y、3M、3C、3K)を有する。また、前記潜像を現像する現像ユニット4(4Y、4M、4C、4K)を有する。そして、各感光体ドラム1上の現像剤像を、転写部Tで記録媒体Pに転写させる転写ローラ12(12Y、12M、12C、12K)を有する。また、転写後の感光体ドラム1表面に残った現像剤を除去するクリーニングブレード60を有するクリーニングユニット6(6Y、6M、6C、6K)が配置されている。尚、前記転写ローラ12は、画像形成装置本体Aに設けられている。また、画像形成装置本体Aは、記録媒体Pを静電的に吸着して搬送する静電搬送ベルト5を有している。
【0017】
現像剤像が転写された記録媒体Pは、定着器8において現像剤像を定着される。そして、排出ローラ対25によって装置上面の排出トレイ26へ排出される。
カートリッジ7は、前述した感光体ドラム1、帯電部材2、現像ユニット4、クリーニングユニット6を有する。また、プリンタ100は、静電搬送ベルト5と一体の開閉カバー11(図3)を有する。そして、カートリッジ7はこの開閉カバー11を開いた状態で、感光体ドラム1を手前にして、プリンタ100への着脱を行なう。
【0018】
以下、感光体ドラム1から順に詳述する。
【0019】
感光体ドラム1は、例えば直径24mmのアルミシリンダの外周面に有機光導伝体層(OPC感光体)を塗布して構成したものである。感光体ドラム1は、その両端部を支持部材によって回転自在に支持されており、一方の端部に駆動モータ(不図示)からの駆動力が伝達されることにより、反時計回りに回転駆動される。
【0020】
帯電装置2としては、接触帯電方式を用いた帯電部材として、ローラ状に形成された導電性の帯電ローラ2を用いる。そして、前記帯電ローラ2を感光体ドラム1表面に当接させるとともに、この帯電ローラ2に帯電バイアス電圧を印加することにより、感光体ドラム1表面を一様に帯電させるものである。
【0021】
露光手段であるスキャナユニット3は、感光体ドラム1の略水平方向に配置され、レーザーダイオード(不図示)によって画像信号に対応する画像光が、スキャナモーター(不図示)によって高速回転されるポリゴンミラー9(9Y、9M、9C、9K)に照射される。ポリゴンミラー9に反射した画像光は、結像レンズ10(10Y、10M、10C、10K)を介して帯電済みの感光体ドラム1表面を選択的に露光して静電潜像を形成するように構成している。
【0022】
現像ユニット4は、それぞれイエロー、マゼンタ、シアン、ブラックの各色のトナーを、収納した図4に示すような現像容器としてのトナー容器41(41Y、41M、41C、41K)から構成され、トナー容器41内のトナーをトナー搬送機構42によってトナー供給ローラ43へ送り込む。その後図示時計回りに回転するトナー供給ローラ43及び現像剤担持体としての現像ローラ40の外周に圧接された現像ブレード44によって図示時計回りに回転する現像ローラ40の外周にトナーを塗布し、且つトナーに電荷を付与する。そして前記静電潜像が形成された感光体ドラム1と対向した現像ローラ40に現像バイアスを印加することにより、前記静電潜像に応じて感光体ドラム1上にトナー現像を行なうものである。
【0023】
すべての感光体ドラム1Y、1M、1C、1Kに対向し、接するように循環移動する静電搬送ベルト5が配設される。静電搬送ベルト5は所定の体積固有抵抗を持たせたフィルム状部材で構成される。静電搬送ベルト5は、垂直方向に4軸でローラに支持され、図中左側の外周面に記録媒体Pを静電吸着して上記感光体ドラム1に記録媒体Pを接触させるべく循環移動する。これにより、記録媒体Pは静電搬送ベルト5により転写位置まで搬送され、感光体ドラム1上のトナー像を転写される。
【0024】
この静電搬送ベルト5の内側に当接し、4個の感光体ドラム1Y、1M、1C、1Kに対向した位置に転写ローラ12(12Y、12M、12C、12K)が並設される。これら転写ローラ12から正極性の電荷が静電搬送ベルト5を介して記録媒体Pに印加され、この電荷による電界により、感光体ドラム1に接触中の記録媒体Pに、感光体ドラム1上の負極性のトナー像が転写される。
【0025】
給送部16は、画像形成部に記録媒体Pを給送するものであり、複数枚の記録媒体Pが給送カセット17に収納されている。画像形成時には給送ローラ18(半月ローラ)、レジストローラ対21が画像形成動作に応じて駆動回転し、給送カセット17内の記録媒体Pを1枚毎に分離給送するとともに、記録媒体P先端はレジストローラ対21に突き当たり一旦停止し、ループを形成した後静電搬送ベルト5の回転と画像書出し位置の同期をとって、レジストローラ対21によって静電搬送ベルト5へと給送されていく。
【0026】
定着器8は、記録媒体Pに転写された複数色のトナー画像を定着させるものであり、回転する加熱ローラ23と、これに圧接して記録媒体Pに熱および圧力を与える加圧ローラ24とからなる。すなわち、感光体ドラム1上のトナー像を転写した記録媒体Pは定着器8を通過する際に加熱ローラ23、加圧ローラ24で搬送されるとともに、熱及び圧力を与えられる。これによって複数色のトナー像が記録媒体P表面に定着される。
【0027】
画像形成の動作としては、プロセスカートリッジ7が、印字タイミングに合わせて順次駆動され、その駆動に応じて感光体ドラム1が、反時計回りに回転駆動される。そして、各々のプロセスカートリッジ7に対応するスキャナユニット3が順次駆動される。この駆動により、帯電ローラ2は感光体ドラム1の周面に一様な電荷を付与し、スキャナユニット3は、その感光体ドラム1周面に画像信号に応じて露光を行って感光体ドラム1周面上に静電潜像を形成する。現像装置4内の現像ローラ40は、静電潜像の低電位部にトナーを転移させて感光体ドラム1周面上にトナー像を形成(現像)する。
【0028】
最上流の感光体ドラム1(図中感光体ドラム1Y)周面上のトナー像の先端が、静電搬送ベルト5との対向点に回転搬送されてくるタイミングで、その対向点に記録媒体Pの印字開始位置が一致するように、レジストローラ対21が回転を開始して記録媒体Pを静電搬送ベルト5へ給送する。
【0029】
記録媒体Pは、静電吸着ローラ22と静電搬送ベルト5とによって挟み込むようにして静電搬送ベルト5の外周に圧接し、かつ静電搬送ベルト5と静電吸着ローラ22との間に電圧を印加することにより、誘電体である記録媒体Pと静電搬送ベルト5の誘電体層に電荷を誘起し、記録媒体Pを静電搬送ベルト5の外周に静電吸着するように構成している。これにより、記録媒体Pは静電搬送ベルト5に安定して吸着され、最下流の転写部まで搬送される。このように搬送されながら記録媒体Pは、各感光体ドラム1と転写ローラ12との間に形成される電界によって、各感光体ドラム1のトナー像を順次転写される。
【0030】
4色のトナー像を転写された記録媒体Pは、ベルト駆動ローラ14の曲率により静電搬送ベルト5から曲率分離され、定着器8に搬入される。記録媒体Pは、定着器8で上記トナー像を熱定着された後、排出ローラ対25によって、排出トレイ26から画像面を下にした状態で本体外に排出される。
【0031】
[プロセスカートリッジの着脱]
次に、画像形成装置100に対するカートリッジ7の着脱方法について図3を用いて説明する。
【0032】
画像形成装置100の開閉カバー11は画像形成装置100の正面下方側に回転中心を有している。開閉カバー11に前述の静電搬送ベルト5が設けられている。そのため、開閉カバー11を開くと、操作者がカートリッジ7Y、7M、7C、7Kへのアクセスが可能となる。カートリッジ7は画像形成装置100の開閉カバー11が開いた状態において、水平方向に抜き差しされる構成となっている。
【0033】
[プロセスカートリッジの構成]
次にカートリッジ7の構成について図4乃至図5を用いて説明する。図4は現像剤tを収納したカートリッジ7の主断面、図5はその斜視図である。但し、図5は現像ユニット4とクリーニングユニット6とを分解した状態を図示している。
【0034】
図3に示すように、カートリッジ7は、ドラム形状の電子写真感光体すなわち電子写真感光ドラム体1と、帯電ローラ2およびクリーニングブレード60を備えたクリーニングユニット6と、感光体ドラム1上の静電潜像を現像する現像ローラ40を有する現像ユニット4とに分かれている。
【0035】
クリーニングユニット6には、感光体ドラム1が軸受け部材(カートリッジ位置決め部材)31を介して回転自在に取り付けられている。感光体ドラム1の周面には、感光体ドラム1の表面を一様に帯電させるための帯電ローラ2、および感光体ドラム1上に残った現像剤を除去するためのクリーニングブレード60が配置されている。
【0036】
クリーニングブレード60によって感光体ドラム1表面から除去された現像剤は、現像剤送り機構62によってドラムユニット枠体61の後方に設けられた廃現像剤室63に順次送られる。
【0037】
そして、感光体ドラム1は画像形成装置本体Aに設けられた駆動モータ(不図示)の駆動力を伝達されることによって、画像形成動作に応じて反時計回りに回転する。
【0038】
現像ユニット4は、感光体ドラム1と接触して回転する(矢印Y方向)現像ローラ40、および現像剤が収納された現像剤収納部41と現像容器45とを有する。現像ローラ40は、現像軸受け47、48を介して回転自在に現像容器45に支持されている。また現像ローラ40の周面上には、現像ローラ40と接触して回転する(矢印Z方向)現像剤供給ローラ43と現像ブレード44がそれぞれ配置されている。さらに現像剤収納部41内には収納された現像剤を撹拌するとともに、現像剤を現像剤供給ローラ43に搬送するための現像剤搬送機構42が設けられている。
【0039】
そして図5に示すように、現像ユニット4は、現像ユニット4の両端に取り付けられた現像軸受け47、48にそれぞれ設けられた支持穴49を中心にして、ピン50によって現像ユニット4全体がクリーニングユニット6に対して揺動自在に支持されている。
【0040】
カートリッジ7は、単体(装置本体Aに装着されていない)状態においては、支持軸50を中心にして、回転モーメントにより現像ローラ40が感光体ドラム1の方向へ付勢されるよう、加圧バネ64によって現像ユニット4が常に付勢されている。
【0041】
現像時、現像剤攪拌部材42によって、収納された現像剤が現像剤供給ローラ43へ搬送される。そして、回転する(矢印Z方向)現像剤供給ローラ43が、その現像剤を回転する(矢印Y方向)現像ローラ40との摺擦によって現像ローラ40に供給する。そして現像剤を現像ローラ40の周面に担持させる。現像ローラ40上に担持された現像剤は、現像ローラ40の回転に伴い現像ブレード44に至る。そして、現像ブレード44が現像剤に対して電荷を付与する。これによって、現像ローラ40の周面に所定の現像剤薄層を形成し、現像剤が感光体ドラム1と現像ローラ40とが接触した現像部に搬送される。現像部において、画像形成装置100が有する電源(不図示)から現像・供給電気接点(不図示)を介して現像ローラ40に印加した直流現像バイアスにより、現像剤は感光体ドラム1の表面に形成されている静電潜像に付着して潜像を現像する。
【0042】
現像に寄与せずに現像ローラ40の表面に残留した現像剤は、現像ローラ40の回転にともない現像器内に戻される。そして、現像剤供給ローラ43との摺擦部で現像ローラ40から剥離、回収される。回収された現像剤は、現像剤攪拌機構42により残りの現像剤と撹拌混合される。
【0043】
[感光体ドラムの支持構成]
次に、プロセスカートリッジ7の感光体ドラム1の支持構成について図6および図7を用いて詳細に説明する。なお、以下の説明で左右同様な構成の場合符号末尾のa、bを省略することがある。
【0044】
図6は、本発明を適用した実施の形態における感光体ドラムの支持構成の正面図であり、図7は本発明を適用した実施の形態における軸受け部材および本体位置決め部周辺の側面図である。
【0045】
図6に示すように感光体ドラム1は周面に感光層を形成したアルミニウム円筒部材1aの両端にフランジ200(200a、200b)を接着あるいはカシメ等に方法よって固着してある。フランジ200a、200bの中心穴には軸201が嵌合している。軸201は貫通軸であって、アルミニウム円筒部材1a中を挿通して感光体ドラム1の外方へ一端と他端が突出している。軸201はフランジ200a、200bと摺動しないように回転方向と軸方向の移動を止められている(不図示)。なお、軸201は導電性を有する金属棒である。
【0046】
前記感光体ドラム1は、軸201の外周を軸受け部材31a、31bの内周と、さらに軸受け部材31a、31bの外周をクリーニング枠体61に設けられた凹部である軸受取り付け部231に嵌合させる。これにより、感光体ドラム1はクリーニング枠体61に対して回転自在に位置決めされる。軸受け部材31には、例えばボールベアリングや焼結材料等の滑り軸受けなどを使用することができる。
【0047】
さらに、軸受け部材31が軸受取り付け部231より脱落するのを防止するために、軸受けカバー部材203(203a、203b)が軸受け部材31a、bの外周、および外側側面を覆うようにクリーニング枠体61に固定されている。ここで、軸受けカバー部材203と軸受取り付け部231は軸受け部材31の外周面の一部が露出するように切り欠かれている。
【0048】
そして、プロセスカートリッジ7を画像形成装置本体Aに装着した際に、画像形成装置本体Aに対する感光体ドラム1の支持は、クリーニング枠体61および、外周面の一部が露出した軸受け部材31a、31bの露出部が本体位置決め部102(102a、102b)に直接係合することによって行われる。なお、本体位置決め部102は画像形成装置本体Aの板金製フレーム101に直接設けられている。したがって、プロセスカートリッジ7は画像形成装置本体Aに装着された際に、感光体ドラム1を中心にして画像形成装置本体Aに対する位置決めが行われる。
【0049】
このように、感光体ドラム1の軸201を支持している軸受け部材31を本体位置決め部96に対し直接位置決めしていることによって、画像形成装置本体Aに対する感光体ドラム1の位置決め精度がより向上する。
【0050】
また、画像形成装置本体Aのカートリッジ押さえレバー204が、軸受け部材31がはめ込まれたクリーニング枠体61の軸受取り付け部231の外周面であるカートリッジ加圧部232を加圧することによって、プロセスカートリッジ7を画像形成装置本体Aの画像形成位置に確実に保持することができる。
【0051】
[プロセスカートリッジの取っ手構成]
次に、本発明に係るカートリッジの取っ手構成について図1および図8を用いて詳細に説明する。
【0052】
ここで、図1は本発明を適用した実施の形態におけるプロセスカートリッジの取っ手周辺の斜視図であり、図8は本発明を適用した実施の形態における本発明の実施の形態に係る取っ手周辺の分解斜視図である。
【0053】
図8に示すように、クリーニング枠体61の長手方向の一端と他端に設けた軸受け31を収納する凹部(不図示)の周りに円弧状のリブ232が設けられていて、円弧状リブ232に隣接して取っ手の芯となる突起部61aが、クリーニング枠体61から突出して設けられている。
【0054】
なお、図1と図8においては一端のみを図示している。
【0055】
また、この突起部61aは、強度を持たせるためにクリーニング枠体61に近い根元部分は太くしている。
【0056】
クリーニング枠体61に前記突起部61aを設けることにより、プロセスカートリッジ組立時にドラムシャッタを取り付ける前の状態では、取り扱い中に、ドラム表面が露出しているために不注意でどこかへ接触してしまう危険性がある。本発明ではクリーニング枠体61に設けた突起部61aがドラム1表面よりより多く突出しているためドラム1が不注意でどこかへ接触してしまうことを防ぐことができ、傷・打痕を防止できる。
【0057】
また前述の、軸受けカバー部材203(203a、203b)が軸受け部材31a、bの外周、および外側側面を覆うとともに、クリーニング枠体61の突起部61aを覆うようににクリーニング枠体61に固定されている。軸受けカバー部材203には、プロセスカートリッジを操作する時の取っ手部となる突起部分203b1を設けている。前記クリーニング枠体の突起部61aを覆うように前記取っ手部203b1を設けることにより、突起部のないクリーニング枠体に取っ手部を持った軸受けカバー部材を取り付けたときより、取っ手部203b1の強度を上げる(力がかかった時のプロセスカートリッジの長手方向への倒れを減らす)ことができる。
【0058】
クリーニング枠体61への軸受けカバー部材203(203a、203b)の固定は、図 に示すようにビスによって行なう以外に、クリーニング枠体と軸受けカバー部材203(203a、203b)の接合面へ接着剤を注入することによって接着する手法を用いても良い。
【0059】
接着を用いる場合には、図示されない幅1mm以下、深さ1mm以下の溝をクリーニング枠体61の突起部61aに設け、接着剤が流れ込みやすくしている。また、軸受けカバー部材203(203a、203b)には、接着剤を注入するための穴を設けている。
【0060】
軸受けカバー部材203(203a、203b)は、この部分が取り扱いをするための取っ手部分であることをユーザが容易に認知できるよう、クリーニング枠体61と別の色にしている。たとえば、クリーニング枠体61を黒で、軸受けカバー部材203(203a、203b)を水色にしている。
【0061】
図1に示すように内側から見た場合でも、軸受けカバー部材203(203a、203b)がクリーニング枠体61の突起部61aを覆うとともに、突起部61aより大きく突出しているために、軸受けカバー部材203(203a、203b)の色が認知でき、ユーザが容易に操作部を認知できるようになっている。
【図面の簡単な説明】
【0062】
【図1】本発明の実施の形態に係る取っ手周辺の斜視図である。
【図2】電子写真プロセスを利用した画像形成装置の一形態であるカラーレーザプリンタの概略断面図である。
【図3】電子写真プロセスを利用した画像形成装置の一形態であるカラーレーザプリンタの概略断面図である。
【図4】プロセスカートリッジの概略構成を示す断面図である。
【図5】プロセスカートリッジの概略構成を示す分解斜視図である。
【図6】本発明の実施の形態に係る感光体ドラムの支持構成を示す正面図である。
【図7】本発明の実施の形態に係るプロセスカートリッジの軸受け部材および本体位置決め部を示す側面図である。
【図8】本発明の実施の形態に係る取っ手周辺の分解斜視図である。
【符号の説明】
【0063】
1 感光体ドラム
2 帯電ローラ(帯電部材)
3 スキャナユニット
4 現像ユニット
5 静電搬送ベルト
6 クリーニングユニット
7 プロセスカートリッジ
8 定着器
9 ポリゴンミラー
10 結像レンズ
11 開閉カバー
12 転写ローラ
13 従動ローラ
14 駆動ローラ
16 テンションローラ
17 給送カセット
18 給送ローラ
19 分離パッド
21 レジストローラ対
22 静電吸着ローラ
23 加熱ローラ
24 加圧ローラ
25 排出ローラ対
26 排出トレイ
30 駆動力受け部
31 軸受け部材
40 現像ローラ(現像部材)
41 現像剤収納部
42 搬送部材
43 供給ローラ
44 現像ブレード
45 現像枠体
46 はす歯ギア
47 現像軸受
49 支持穴
50 支持軸
55 メモリユニット
56 通信ユニット
60 クリーニングブレード
61 クリーニング枠体
62 現像剤送り機構
63 収容室
64 加圧バネ
81 カートリッジ回転規制部
91 帯電電気接点
92 現像・供給電気接点
93 現像ブレード電気接点
100 電子写真画像形成装置(プリンタ)
101 本体フレーム
102 本体位置決め部
200 フランジ
201 ドラム軸
203 軸受けカバー
204 カートリッジ押さえレバー
A 電子写真画像形成装置本体
t 現像剤




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013