Warning: fopen(.htaccess): failed to open stream: No such file or directory in /home/jp321/public_html/header.php on line 47

Warning: filesize(): stat failed for .htaccess in /home/jp321/public_html/header.php on line 48

Warning: fread() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 48

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 49

Warning: fopen(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 54

Warning: flock() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 56

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 63
カメラ - キヤノン株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 写真;映画 -> キヤノン株式会社

発明の名称 カメラ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−4006(P2007−4006A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−186390(P2005−186390)
出願日 平成17年6月27日(2005.6.27)
代理人 【識別番号】100066061
【弁理士】
【氏名又は名称】丹羽 宏之
発明者 市来 裕一
要約 課題
撮影領域でレンズ群間の相対距離がバリア開閉駆動を行うほど短くなる場合であっても、沈端動作の場合のみ開閉するバリア機構を備えたレンズ鏡筒を提供すること。

解決手段
少なくとも二つのレンズ群1a,2aを有するズームレンズを備えたカメラであり、ズームレンズの各レンズ群をズーム駆動するレンズ駆動部材を備え、レンズ群間の距離の相対変化を用いてレンズ鏡筒前面にある保護バリア5の開閉駆動を行うカメラにおいて、通常の撮影領域では退避し、撮影状態から沈端への作動過程においては、レンズ駆動部材によって二つのレンズ群と連動する位置に進入するバリア連動部材を備えた。
特許請求の範囲
【請求項1】
少なくとも二つのレンズ群を有するズームレンズを備えたカメラであって、前記ズームレンズの各レンズ群をズーム駆動するレンズ駆動部材を備え、前記レンズ群間の距離の相対変化を用いてレンズ鏡筒前面にある保護バリアの開閉駆動を行うカメラにおいて、
通常の撮影領域では退避し、撮影状態から沈胴への作動過程においては、前記二つのレンズ群と連動する位置に進入するバリア連動部材を有するレンズ鏡筒を備えたことを特徴とするカメラ。
【請求項2】
請求項1記載のカメラにおいて、前記バリア連動部材は前記レンズ駆動部材によって前記二つのレンズ群と連動する位置に進入することを特徴とするカメラ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、カメラ、特にカメラのレンズ鏡筒前面にある保護バリア開閉の駆動機構、詳しくは、レンズ鏡筒の沈胴動作を伴うズームカメラで、その沈胴力を利用し、レンズ群間の相対変化によってバリア開閉駆動を行うカメラに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、レンズ鏡筒が撮影状態から沈胴状態にうつると第1レンズ群とともに移動するバリア開閉部材が、バリア連動部材と接触してバリアを閉じる動作を行った。バリア連動部材は鏡筒の固定部や他のレンズ群等、沈胴時に第1レンズ群との距離が最短になる部品に取り付けられている場合が多い(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開平7−005547号公報(第2頁、図1)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、これらの構成では、撮影領域でレンズ群間の相対距離がバリア開閉駆動を行う距離にならないことが必要があり、撮影領域でレンズ群間の相対距離が、バリア開閉を行うレンズ群間の相対距離になってしまうと撮影領域でもバリアが閉じてしまうという不具合がある。
【0004】
そこで、本発明の目的は、撮影領域でレンズ群間の相対距離がバリア開閉駆動を行うほど短くなる場合であっても、沈端動作の場合のみ開閉するバリア機構を有するレンズ鏡筒を備えたカメラを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の目的を達成するために本出願に係る発明の目的を実現する構成は、少なくとも二つのレンズ群を有するズームレンズを備えたカメラであり、ズームレンズの各レンズ群をズーム駆動するレンズ駆動部材を備え、レンズ群間の距離の相対変化を用いてレンズ鏡筒前面にある保護バリアの開閉駆動を行うカメラにおいて、通常の撮影領域では退避し、撮影状態から沈端への作動過程においては、レンズ駆動部材によって二つのレンズ群と連動する位置に進入するバリア連動部材を備えたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、少なくとも二つのレンズ群を有するズームレンズを備えたカメラであり、ズームレンズの各レンズ群をズーム駆動するレンズ駆動部材を備え、レンズ群間の距離の相対変化を用いてレンズ鏡筒前面にある保護バリアの開閉駆動を行うカメラにおいて、通常の撮影領域では退避し、撮影状態から沈端への作動過程においては、レンズ駆動部材によって二つのレンズ群と連動する位置に進入するバリア連動部材を備えたことで、撮影領域でレンズ群間の相対距離がバリア開閉駆動を行うほど短くなる場合であっても、沈端動作の場合のみ開閉するバリア機構を備えたレンズ鏡筒お呼び該レンズ鏡筒を備えたカメラを提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下に本発明を実施するための最良の形態を、実施例に基づいて説明する。
【実施例】
【0008】
以下、本発明の実施例を図1〜4に基づいて説明する。
【0009】
図1〜4は本発明に係る実施例を示すものであり、図1は鏡筒のWIDE状態を示す断面図、図2は鏡筒の沈胴状態を示す断面図、図3は鏡筒のWIDEから沈胴への作動途中状態を示す断面図、図4は鏡筒のTELE状態を示す断面図である。
【0010】
図1〜4において、1の1群レンズuは、1群レンズ1a、シャッター1b、バリア開閉連動レバー3、及びバリア5で構成されている。バリア開閉連動レバー3は、撮影光軸と垂直な方向の軸であるバリア開閉連動レバー回転軸3aで1群レンズu1に取り付けられており、不図示の付勢バネによって、バリア開閉連動レバー3の後端(図右端)が光軸から離れる方向に付勢されている。2の2群レンズuは、2群レンズ2aとレンズホルダーで構成されており、レンズホルダーの一部にバリア開閉連動レバー作動部2bがある。直進筒4の一部にはバリア開閉レバー作動部4aが設けられている。
【0011】
図1に示すように撮影可能状態では、バリア5は開いた状態であり、バリア開閉連動レバー3は不図示の付勢バネによって光軸から離れる方向に付勢されている。この状態から図3の状態を経て、図2の沈胴状態になるまでの過程を以下に説明する。
【0012】
図1の状態から沈胴動作が始まると1群レンズu1が不図示の本体の方向(図右方向)に移動を始める。このとき図3に示すように1群レンズu1と直進筒4との距離が縮まり、1群レンズu1にバリア開閉連動レバー回転軸3aで取り付けられているバリア開閉連動レバー3の先端3bが直進筒4のレバー接触部4aと接触する。これによりバリア開閉連動レバー3がバリア開閉連動レバー回転軸3aを中心に光軸方向に回転し、1群レンズu1と2群レンズu2の間に侵入する。開閉連動レバー3が光軸方向に回転し、1群レンズu1と2群レンズu2の間に侵入した状態で2群レンズu2がカメラ前方に移動し、バリア開閉連動レバー作動部2bがバリア開閉連動レバー先端部3bと接触する。2群レンズu2はバリア開閉連動レバー作動部2bとバリア開閉連動レバー先端部3bとが接触した状態で、さらに1群レンズu1との距離を縮め、これによりバリア開閉連動レバー3がバリア5を閉じる動作を行い図2の状態になる。
【0013】
また、図1のWIDE状態から図4のTELE状態になる場合でも1群レンズu1と2群レンズu2の距離が縮まるが、この場合は1群レンズu1と直進筒4の距離は縮まらないためバリア開閉連動レバー3は不図示の付勢バネによって光軸から離れる方向に付勢されたままとなり、1群レンズu1と2群レンズu2の間に侵入しないため、バリア開閉連動レバー作動部2bとバリア開閉連動レバー先端3bが接触せず、バリア開閉連動レバー3がバリア5を閉じる動作が行われない。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本発明の実施例で、鏡筒のWIDE状態を示す断面図
【図2】本発明の実施例で、鏡筒の沈胴状態を示す断面図
【図3】本発明の実施例で、鏡筒のWIDEから沈胴への作動途中状態を示す断面図
【図4】本発明の実施例で、鏡筒のTELE状態を示す断面図
【符号の説明】
【0015】
1 1群レンズu
1a 1群レンズ
1b シャッター
2 2群レンズu
2a 2群レンズ
2b バリア開閉連動レバー作動部
3 バリア開閉連動レバー
3a バリア開閉連動レバー回転軸
3b バリア開閉連動レバー先端部
4 直進筒
4a 直進筒レバー接触部
5 バリア




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013