米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 測定; 光学 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 自動販売機の表示装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−18138(P2007−18138A)
公開日 平成19年1月25日(2007.1.25)
出願番号 特願2005−197175(P2005−197175)
出願日 平成17年7月6日(2005.7.6)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 望月 球平
要約 課題
広告パネルの表示を改善して集客性が向上する。

解決手段
複数の商品を表示する広告パネル7と対向する位置に透明の表示窓12aを設け、扉の正面に配置された樹脂製の化粧パネル12の表示窓12aの近傍に配置した商品選択釦3の後面に固定され、表示窓内面の上下に、化粧パネル12との間に所定寸法の空間部を設ける形状に形成された支持部材13と、広告パネル7を保持し、化粧パネル12の表示窓12aの内面の対向位置に、支持部材13の上下に設けた空間部に挿入して化粧パネル12と密着して固定するパネル取付板16と、表示窓12aの後方に設けた照明装置11とを備え、白色系と銀色系の2重印刷を施した化粧パネルに、パネル取付板16を取付けると、広告パネル7が化粧パネル12に密着して固定でき、照明装置11で照射をすることにより、化粧パネル全面が宣伝パネルとなり集客性が向上する。
特許請求の範囲
【請求項1】
複数の商品を表示する広告パネルと、前記広告パネルと対向する位置に透明の表示窓を設け、扉の正面に配置された樹脂製の化粧パネルと、前記化粧パネルの表示窓の近傍に配置した商品選択釦と、前記商品選択釦の後面に固定され、表示窓内面の上下に、化粧パネルとの間に所定寸法の空間部を設ける形状に形成された支持部材と、広告パネルを保持し、化粧パネルの表示窓の内面の対向位置に、支持部材の上下に設けた空間部に挿入して化粧パネルと密着して固定するパネル取付板と、表示窓の後方に設けた照明装置とからなる自動販売機の表示装置。
【請求項2】
広告パネルと対向する位置に透明の表示窓を設け、その表示窓の周縁部に銀色系印刷層を有し、その上面に白色系印刷層の2重印刷を施し、扉の正面に配置された樹脂製の第2化粧パネルとからなる請求項1に記載の自動販売機の表示装置。
【請求項3】
複数の商品を表示する広告パネルと、前記広告パネルと対向する位置に透明の表示窓を設け、扉の正面に配置された樹脂製の化粧パネルと、前記化粧パネルの内面より所定寸法の空間を設けた位置に、広告パネルを取付ける内面パネルと、前記化粧パネルの表示窓の近傍に配置した商品選択釦と、表示窓の後方に設けた照明装置とからなる自動販売機の表示装置。
【請求項4】
化粧パネルの表示窓と対向する位置に設け、内面パネルの上面部に回動自在に挿着され、内面パネルとの間で広告パネルを挟み込むパネル固定板とからなる請求項3に記載の自動販売機の表示装置。
【請求項5】
複数に配置された広告パネルの横一列単位に分割され、前記一列毎に上部位置を中心に、全体を回動自在に軸支された第2内面パネルとからなる請求項3または4に記載の自動販売機の表示装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、自動販売機の扉の正面に配置する複数種の広告パネルを装備して、販売可能商品の宣伝を行う自動販売機の表示装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、この種の自動販売機の表示装置は、集客性の向上を図るため、自動販売機を大型化にして、販売品種を増加させ、消費者の購買意欲を増加させることが要求されている。そのため、販売商品を分かり易くする方法として、販売商品の図又は写真を印刷した広告パネルを扉の正面に配置し、さらには蛍光灯等の照明により光らせ、より視認性の向上と、販売商品の理解を深めるようにしている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
以下、図面を参照しながら、従来の自動販売機の表示装置について説明する。
【0004】
図5、6、7は前記公報に記載された自動販売機の表示装置を示すものである。
同図において、自動販売機の前面をなす扉1と、扉1の所定位置には販売操作機能として、商品購入者が購入商品金額を投入する硬貨投入口2と、各販売商品毎に設けた商品選択釦3と、選択した商品を取出す商品取出口4とが設けられている。さらに、商品購入者が各販売商品の理解を深めるため、商品選択釦3の近傍には商品表示窓5を設けられ、商品表示窓5と勘合する形状であり、透明樹脂の表示カバー6と、その内面に取付けた広告パネル7から構成されている。
【0005】
広告パネル7の取付け構造としては、商品表示窓5の上下位置の扉1に固着され、商品表示窓5の仕切りをなす仕切り板8と、樹脂成型で形成されたパネル支え板9を設け、表示カバー6との間に所定寸法の隙を設けるよう上部支え9aと、下部支え9bとを形成し、前記隙に広告パネル7を挿入して取り付ける。また、商品選択釦3の配線を固定するよう配線クランプ9cが形成されて、ほぼ中央部を仕切り板8と固着するように子ネジ10で締結されている。扉1の内面には、広告パネル7に照射するよう照明装置11を設けてある。
【0006】
すなわち、商品表示窓5の上下に設けたパネル支え板9の隙に広告パネル7を差込むことで、広告パネル7が固定でき、照明装置11が広告パネル7を照射して明るく光らせることになる。
【特許文献1】実開平3−66476号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら上記従来の構成では、広告パネル7のみ照射されて、折角設けた照明構造による宣伝効果が減少する。また、表示カバー6とパネル支え板9の間の狭い隙に広告パネル7を挿入し難く、さらには、広告パネル7と表示カバー6との密着性が悪いため隙又は位置ズレが発生して、広告パネル7の明るさや、扉1の内部が見えて不体裁になる課題を有していた。
【0008】
本発明は上記従来の課題を解決するもので、扉正面のほぼ全体を形成する寸法の化粧パネル全体を照明装置で照射し、さらに、パネル取付板の着脱により広告パネルの取外し操作が容易に行え、その際扉内部の構成部品の影映りなく広告パネルを美しく表示すると共に、交換可能な自動販売機の表示装置を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
前記従来の課題を解決するために本発明の自動販売機の表示装置は、扉正面のほぼ全面を構成する化粧パネルの透明表示窓の上下に空間を設け、透明樹脂で形成された、前記表示窓の上下の空間に差込み可能なパネル取付板を用いて広告パネルを取付け、扉内部に照明装置を設けたものである。
【0010】
これによって、照明装置の光が化粧パネル全面に照射され、広告パネルを含めた全体が影映りなく明るく光り、尚且つ広告パネルと化粧パネルの密着性が増し、広告パネルを美しく表示できる。
【0011】
また、本発明の自動販売機の表示装置は、表示窓を透明、表示窓を除く化粧パネル全体に白色系印刷を、表示窓の周縁部は、取付板の外周を隠す寸法だけ銀色系印刷を施すものである。
【0012】
これによって、非照明時は白色に、照明時は銀色印刷範囲が薄い灰色に変化して表示し、パネル取付板の輪郭線の影映りがなくなる。
【0013】
また、本発明の自動販売機の表示装置は、化粧パネル内面より所定寸法離れた位置に、広告パネルを取付け可能な内化粧パネルを設けたものである。
【0014】
これによって、化粧パネルと広告パネルの接触が無く、化粧パネル取付け構造の影が化粧パネル正面に映ることなく、美しく照明が行える。
【0015】
また、本発明の自動販売機の表示装置は、内化粧パネルの内面側の上方を回動自在に軸支され、垂直状態で内化粧パネル内面と密着する固定板を設けたものである。
【0016】
これによって、固定板を回動操作することで、広告パネルを内化粧パネルと固定板との間に挟み取付け、容易に広告パネルの交換操作が行え、取付け位置ずれも無い。
【0017】
また、本発明の自動販売機の表示装置は、広告パネルの横一列の配置毎に分割配置した内化粧パネル2の上方を回動自在に軸支されたものである。
【0018】
これによって、内化粧パネルの回動操作により、化粧パネルの内面が開放状態になり、清掃が容易に行える。
【発明の効果】
【0019】
本発明の自動販売機の表示装置は、表面への影映り無く広告パネルが化粧パネルと密着して取り付き、化粧パネル全面が照明構造にて照射されて、明るく光り宣伝パネルとなるため、消費者への自動販売機の存在アピールと販売商品の理解度が向上し、自動販売機の売上げが増加する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
請求項1に記載の発明は、複数の商品を表示する広告パネルと、前記広告パネルと対向する位置に透明の表示窓を設け、扉の正面に配置された樹脂製の化粧パネルと、前記化粧パネルの表示窓の近傍に配置した商品選択釦と、前記商品選択釦の後面に固定され、表示窓内面の上下に化粧パネルとの間に所定寸法の空間部を設ける形状に形成された支持部材と、広告パネルを保持し、化粧パネルの表示窓の内面の対向位置に、支持部材の上下に設けた空間部に挿入して化粧パネルと密着して固定するパネル取付板と、表示窓の後方に設けた照明装置とすることにより、照明装置の光が化粧パネル全面に照射され、広告パネルを含めた全体が影映りなく明るく光ることになり、広告効果が増加すると共に、広告パネルの交換操作性が向上することができる。
【0021】
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、表示装置を広告パネルと対向する位置に透明の表示窓を設け、その表示窓の周縁部に銀色系印刷層を有し、その上面に白色系印刷層の2重印刷を施し、扉の正面に配置された樹脂製の第2化粧パネルとすることにより、非照明時は白色に、照明時は銀色印刷範囲が薄い灰色に変化して表示し、パネル取付板の輪郭線の影映りを無くすことができる。
【0022】
請求項3に記載の発明は、複数の商品を表示する広告パネルと、前記広告パネルと対向する位置に透明の表示窓を設け、扉の正面に配置された樹脂製の化粧パネルと、前記化粧パネルの内面より所定寸法の空間を設けた位置に、広告パネルを取付ける内面パネルと、前記化粧パネルの表示窓の近傍に配置した商品選択釦と、表示窓の後方に設けた照明装置とすることにより、化粧パネルと広告パネルの接触が無く、化粧パネル取付け構造の影が化粧パネル正面に映ることなく、美しく照明が行える。
【0023】
請求項4に記載の発明は、請求項3に記載の発明において、表示装置を化粧パネルの表示窓と対向する位置に設け、内面パネルの上面部に回動自在に挿着され、内面パネルとの間で広告パネルを挟み込むパネル固定板とすることにより、固定板を回動操作することで、広告パネルを内化粧パネルと固定板との間に挟み取付け、容易に広告パネルの交換操作が行え取付け位置ズレも無い。
【0024】
請求項5に記載の発明は、請求項3または4に記載の発明において、表示装置を複数に配置された広告パネルの横一列単位に分割され、前記一列毎に上部位置を中心に、全体を回動自在に軸支された第2内面パネルとすることにより、内化粧パネルの回動操作により、化粧パネルの内面が開放状態になり、清掃が容易に行える。
【0025】
以下本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明するが、従来例または先に説明した実施の形態と同一構成については同一符号を付して、その詳細説明は省略する。なお、本実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0026】
(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図である。
【0027】
図1において、12は扉1の正面に設けた化粧パネルであり、複数種を配置した広告パネル7を表示する透明の表示窓12a(A寸法範囲)と、表示窓12a以外の部分は白色系印刷12b(B寸法範囲)を施してある。また、表示窓12aの外縁部には銀色系印刷12c(C寸法範囲)を所定寸法施してある。
【0028】
表示窓12aの近傍には商品選択釦3を設け、その後面には、支持部材13を、横一列に並んだ商品選択釦3にネジ等により取付けられる。支持部材13の下方には、化粧パネル12と対向する面を伸張した面13aにて形成された上部空間14を、また上方には化粧パネル12と垂直に交差する上面に差込穴13bを形成して下部空間15を形成する。
【0029】
16は、表示窓12aの対向する位置に取り付けるパネル取付板で、広告パネル7を保持するよう、外周部の部分的には略コ字形状をしたパネル保持溝16aが形成してある。また、上方には、上部空間14とほぼ同寸法に形成した上取付け面16bを、さらに下方には下部空間15に挿入する寸法に形成された挿入突起16cを形成してある。
【0030】
以上のように構成された自動販売機の表示装置について、以下その動作、作用について説明する。
【0031】
各設置先に応じた販売商品が決定すると、扉1に広告パネル7を取付けるため、まずパネル取付板16に広告パネル7を挿入し、所定の商品選択釦3に対応した表示窓12aの裏面に、パネル取付板16の上取付け面16bを上部空間14に差込み上方まで押上げ、その後パネル取付板16を垂直に姿勢を変え、今度は下方にずらすと、挿入突起16cが下部空間15に嵌まり込み取付けが固定される。(図中矢印)その際、化粧パネル12内面と広告パネル7は密着した状態で、上下の各空間にて規制され、左右及び前後の位置ズレが無い。
【0032】
上記操作を繰返し、全ての広告パネル7の取付けが完了すると、自動販売機の電源を入れて運転を開始するが、照明装置11が点灯し広告パネル7を照射することになる。その際、表示窓12aの外周部の銀色印刷12c(C寸法範囲)の範囲は薄い灰色に表示してパネル取付板16の外周部の影は隠れ正面からは見えない。また、設置先の要望により照明装置11を消灯した場合は、銀色印刷12cは見えず、白色系印刷12b(B寸法範囲)の範囲は白色に表示して、パネル取付板16の外周部が正面からは見えない。
【0033】
以上のように本実施例の形態においては、白色系印刷と、銀色系印刷を施した化粧パネル12に、上下に設けた空間に差込み取付け可能なパネル取付板16を設けることにより、非照明時は白色に、照明時は銀色印刷範囲が薄い灰色に変化して表示し、照明装置の光が化粧パネル全面に照射され、広告パネルを含めた全体が影映りなく明るく光ることになり、影映りを無く広告効果が増加すると共に、広告パネルの交換操作性も容易に行え、取付け誤りが無い。
【0034】
(実施の形態2)
図2は、本発明の実施の形態2における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図である。
【0035】
図2において、17は扉1の正面に設けた第2化粧パネルであり、複数種を配置した広告パネル7を表示する透明の表示窓17aと、表示窓17a以外の部分は白色系印刷17b(B寸法範囲)を施してある。表示窓17aの近傍には商品選択釦3を設け、その後面には、透明樹脂にて形成された内面パネル18で、第2化粧パネル17とほぼ同じ表示範囲を形成する。また、内面パネル18には、表示窓17aと対向する位置全てに広告パネル7を取付ける略コ字形状をしたパネル保持溝18aを形成してある。
【0036】
以上のように構成された自動販売機の表示装置について、以下その動作、作用について説明する。
【0037】
各設置先に応じた販売商品が決定すると、扉1に広告パネル7を取付けるには、所定の商品選択釦3に対応した表示窓17aの、裏面に対向する位置に設けた内面パネル18のパネル保持溝18aに広告パネル7を差込むことで、第2化粧パネル17と所定の間隔を設けた位置に広告パネル7の取付けが可能になる。
【0038】
全ての広告パネル7の取付けが完了すると、自動販売機の電源を入れて運転を開始するが、照明装置11の点灯又は消灯のいずれにおいても、所定寸法離れて取り付けられるため、白色系印刷17b(B寸法範囲)は白色に表示する。
【0039】
以上のように本実施例の形態においては、第2化粧パネル内面より所定寸法離れた位置に、広告パネルを取付け可能な内化粧パネルを設けたことにより、化粧パネルと広告パネルの接触が無く、化粧パネル取付け構造の影が化粧パネル正面に映ることなく、美しく照明が行える。
【0040】
(実施の形態3)
図3、4は、本発明の実施の形態3における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図である。
【0041】
図3において、19は、扉1に配置した第2化粧パネル17の表示窓17aの横一列分とほぼ同寸法であり、透明樹脂で形成された第2内面パネルであり、表示窓17aの配置に対向するよう各段毎に設けてある。第2内面パネル19は上下に略コ字形状に折曲し、上面には表示窓17aと対向する位置に所定寸法のヒンジ穴19aを、下面にはヒンジ穴19aと同様に固定穴19bが形成してある。20は商品選択釦3の後面にネジ等により固定された、第2支持部材であり、ヒンジ21により第2内面パネル19の上方とリベット等により固着され第2内面パネル19を回動自在にする。また、第2内面パネル19下方は化粧ネジ等にて第2支持部材20と固定する。
【0042】
22は透明樹脂で形成された固定板であり、上面を第2内面パネル19のヒンジ穴19aに差し込む寸法にて折曲した固定部22aと、下面を固定穴19bに差し込む寸法に突出した差込部22bと、さらには第2内面パネル19とは反対方向に中央を鋭角に折曲した取っ手部22cを形成してある。
【0043】
以上のように構成された自動販売機の表示装置について、以下その動作、作用について説明する。
【0044】
各設置先に応じた販売商品が決定すると、扉1に広告パネル7を取付けるため、まず固定板22の取っ手部22cを摘み差込部22bが固定穴19bから外れるまで上方にずらし、手前に引張るとヒンジ穴19aを中心に固定板22が回動し、第2内面パネル19の内面が開放になり、広告パネル7を差込む。その後、前記動作とは逆に固定板22を回動し垂直になった位置で下方にずらすと、差込部22bが固定穴19bに挿入されると固定板22が固定され、その際広告パネル7は第2内面パネル19と固定板22に挟まれ位置が固定される。
【0045】
上記方法にて全ての広告パネル7の取付けが完了すると、自動販売機の電源を入れて運転を開始するが、照明装置11の点灯又は消灯のいずれにおいても、所定寸法離れて取り付けられるため、白色系印刷17b(B寸法範囲)は白色に表示する。
【0046】
販売の経過により、第2化粧パネル17の内面が汚れ清掃を行なう時は、第2内面パネル19の下面を固定する化粧ネジを外し、第2化粧パネル17全体を手前に引っ張るとヒンジ21の軸を中心に回動し、第2化粧パネル17の内面が開放状態になり清掃が行なえる。清掃が終われば前記とは逆に第2化粧パネル17を元の位置に戻し、化粧ネジで固定することで作業が完了する。
【0047】
以上のように本実施例の形態においては、横一列の配置毎に分割配置した第2内面パネル19の上方を回動自在に軸支し、さらに、第2内面パネル19の内面側の上方を回動自在に軸支し、垂直状態で第2内面パネル19内面と密着する固定板22を設けることにより、広告パネル7を第2内面パネル19と固定板22との間に挟み取付け、容易に広告パネル7の交換操作が行えると共に、内化粧パネルの回動操作により、化粧パネルの内面が開放状態になり、清掃が容易に行うことができる。
【産業上の利用可能性】
【0048】
以上のように、本発明にかかる自動販売機の表示装置は、宣伝を目的とする広告パネルが従来の照明装置を用いても効率良く、美しく表示することが可能となるので、店舗等のショウウィンドや標識板等の用途にも適用できる。
【図面の簡単な説明】
【0049】
【図1】本発明の実施の形態1における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図
【図2】本発明の実施の形態2における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図
【図3】本発明の実施の形態3における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図
【図4】本発明の実施の形態3における自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図
【図5】従来の自動販売機の表示装置の正面図
【図6】従来の自動販売機の表示装置の構成を示す側面断面図
【図7】従来の自動販売機の表示装置の構成を示す斜視図
【符号の説明】
【0050】
3 商品選択釦
7 広告パネル
11 照明装置
12 化粧パネル
12a 表示窓
12b 白色系印刷(白色系印刷層)
12c 銀色系印刷(銀色系印刷層)
13 支持部材
14 上部空間
15 下部空間
16 パネル取付板
16a パネル保持溝
16b 上取付け面
16c 挿入突起
17 第2化粧パネル
17a 表示窓
17b 白色系印刷(白色系印刷層)
18 内面パネル
18a パネル保持溝
19 第2内面パネル
19a ヒンジ穴
19b 固定穴
20 第2支持部材
21 ヒンジ
22 固定板
22a 固定部
22b 差込部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013