米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 蛍光灯型LEDランプ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−122933(P2007−122933A)
公開日 平成19年5月17日(2007.5.17)
出願番号 特願2005−310626(P2005−310626)
出願日 平成17年10月26日(2005.10.26)
代理人
発明者 浅沼 孝
要約 課題
取り付け状態を変えずに使用者の希望に応じた配光が可能で、用途や状況に合わせて使用することができる蛍光灯型LEDランプを提供する。

解決手段
蛍光灯照明器具2のソケットの差込孔に嵌め入れる装着用突起3を長方形状の支持基体4の長手方向両端5にそれぞれ設け、この長手方向両端の間で同支持基体4に複数のLED6を配置した照明基板7を取り付けてなる蛍光灯型LEDランプ1において、照明基板7を支持基体4に回動自在に取り付けてなる。
特許請求の範囲
【請求項1】
蛍光灯照明器具のソケットの差込孔に嵌め入れる装着用突起を長方形状の支持基体の長手方向両端にそれぞれ設け、この長手方向両端の間で同支持基体に複数のLEDを配置した照明基板を取り付けてなる蛍光灯型LEDランプにおいて、照明基板を支持基体に回動自在に取り付けてなる蛍光灯型LEDランプ。
【請求項2】
複数個の照明基板を、照明基板の回動軸が相互に平行になるように支持基体に取り付けてなることを特徴とする請求項1記載の蛍光灯型LEDランプ。
【請求項3】
照明基板を、照明基板の回動軸が支持基体の長手方向に対して平行になるように取り付けてなることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の蛍光灯型LEDランプ。
【請求項4】
照明基板を、照明基板の回動軸が支持基体の短手方向に対して平行になるように取り付けてなることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の蛍光灯型LEDランプ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本願発明は、LEDを配置した照明基板を支持基体に取り付けてなる蛍光灯型LEDランプに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から、特開2004−303614号公報(特許文献1)に示されるように、LEDを用いた蛍光灯型LEDランプは知られている。この蛍光灯型LEDランプは図5に示すように、蛍光灯照明器具のソケットの差込孔に嵌め入れる装着用突起3を長方形状の支持基体4の長手方向両端にそれぞれ設け、この長手方向両端の間で同支持基体4に複数のLED6を配置した照明基板7を取り付けている。
【特許文献1】特開2004−303614号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、特開2004−303614号公報に示される上記従来例の蛍光灯型LEDランプ1にあっては、一定の範囲にしか照射することができず、使用者の希望に応じた配光をすることができない。
【0004】
本願発明は上記背景技術に鑑みて発明されたものであり、その課題は、取り付け状態を変えずに使用者の希望に応じた配光が可能で、用途や状況に合わせて使用することができる蛍光灯型LEDランプを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記課題を解決するために、本願請求項1記載の発明では、蛍光灯照明器具のソケットの差込孔に嵌め入れる装着用突起を長方形状の支持基体の長手方向両端にそれぞれ設け、この長手方向両端の間で同支持基体に複数のLEDを配置した照明基板を取り付けてなる蛍光灯型LEDランプにおいて、照明基板を支持基体に回動自在に取り付けてなっている。
【0006】
又、本願請求項2記載の発明では、上記請求項1記載の蛍光灯型LEDランプにおいて、複数個の照明基板を、照明基板の回動軸が相互に平行になるように支持基体に取り付けてなることを特徴としている。
【0007】
又、本願請求項3記載の発明では、上記請求項1又は請求項2記載の蛍光灯型LEDランプにおいて、照明基板を、照明基板の回動軸が支持基体の長手方向に対して平行になるように取り付けてなることを特徴としている。
【0008】
又、本願請求項4記載の発明では、上記請求項1又は請求項2記載の蛍光灯型LEDランプにおいて、照明基板を、照明基板の回動軸が支持基体の短手方向に対して平行になるように取り付けてなることを特徴としている。
【発明の効果】
【0009】
本願請求項1記載の発明の蛍光灯型LEDランプにおいては、支持基体の長手方向両端の間に照明基板を回動自在に取り付けてなるため、照明基板を動かすだけで配光を変えることができる。よって、装着用突起を蛍光灯照明器具のソケットの差込孔に嵌め入れることで支持基体を固定したまま配光を変えることができ、取り付け状態を変えずに配光を変えることができる。又、配光を変えることができることにより、使用者の目的方向に対して照射させることができる。なお、光源として指向性の強いLEDを用いているので、より確実に目的方向に照射させることができる。
【0010】
本願請求項2記載の発明の蛍光灯型LEDランプにおいては、特に、複数個の照明基板を、照明基板の回動軸が相互に平行になるように支持基体に取り付けてなるため、それぞれの照明基板を回動させることで状況に合わせた配光にすることができる。例えば、全ての照明基板の目的対象を合わせることで侠角配光が得られスポット照明が可能になったり、それぞれの照明基板の照射方向を変えることで中角配光や広角配光が得られワイド照明が可能なったり、する。更に、照明基板を複数個取り付けているので、より光量が強くなる。
【0011】
本願請求項3記載の発明の蛍光灯型LEDランプにおいては、特に、照明基板が支持基体の長手方向に対して平行になるように取り付けられているため、支持基体の短手方向への配光が自在にできる。
【0012】
本願請求項4記載の発明の蛍光灯型LEDランプにおいては、特に、照明基板が支持基体の短手方向に対して平行になるように取り付けられているため、支持基体の長手方向への配光が自在にできる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
以下、本願発明を添付図面に示す実施形態に基づいて説明する。
【0014】
図1〜3は、本願請求項1〜3に対応した第一の実施形態である蛍光灯型LEDランプ1を示している。
【0015】
この蛍光灯型LEDランプ1は、図1〜3に示すように、蛍光灯照明器具2のソケットの差込孔に嵌め入れる装着用突起3を長方形状の支持基体4の長手方向両端5にそれぞれ設け、この長手方向両端の間で支持基体4に複数のLED6を配置した複数個の照明基板7を回動自在に取り付けている。そして、各照明基板7を、照明基板7の回動軸8が支持基体4の長手方向に対して相互に平行になるように取り付けている。
【0016】
以下、この蛍光灯型LEDランプ1をより具体的詳細に説明する。図1〜3に示すように、この蛍光灯型LEDランプ1は、支持基体4と、装着用突起3と、照明基板7と、LED6と、によって構成される。
【0017】
支持基体4は長方形状であり、プラスチック等からなる。この支持基体4は装着用突起3や照明基板7を取り付け、支持するための基体となる。装着用突起3は金属等からなる。装着用突起3は蛍光灯照明器具2のソケットの差込孔に嵌め入れるために設けられている。装着用突起3はこの差込孔に嵌め入れられることで蛍光灯照明器具2を通じて電気を得ることができる。装着用突起3は支持基体4の長手方向両端5にそれぞれ2つずつ設けられている。照明基板7は長方形状であり、プラスチック等からなる。照明基板7は光源を設置するための基板である。照明基板7は支持基体4の長手方向両端の間で支持基体4に回動自在に設けられている。本実施形態においては、支持基体4に回動自在に設置するために、照明基板7に回動軸8を設けている。この回動軸8は金属等からなる。回動軸8は照明基板7の長手方向に対して平行になるように照明基板7に配置され、支持基体4の長手方向両端それぞれに適当な摩擦で支持されている。LED6は照明基板7の一面に複数配置されている。このLED6は蛍光灯型LEDランプ1の照明用の光源である。
【0018】
この蛍光灯型LEDランプ1は、複数個の照明基板7を、照明基板7の回動軸8が相互に平行になるように支持基体4に取り付けてなる。
【0019】
この複数個の照明基板7は、図2に示すように、照明基板7の回動軸8が支持基体4の長手方向に対して平行になるように取り付け、回動軸8を支持基体4の長手方向両端5に固定する。この長手方向両端5は一定の高さを有し、支持基体底面10と接する部分が長手方向両端5下部とした場合における、長手方向両端5上部に回動軸8を固定する。支持基体4の短手方向両端9は、一定の高さを有する。この高さは長手方向両端5よりも低い。
【0020】
なお、各照明基板7は相互に一定の間隔を空けて設置する。
【0021】
したがって、この第一の実施形態の蛍光灯型LEDランプ1は、装着用突起3が蛍光灯照明器具2のソケットの差込孔に嵌合し、蛍光灯照明器具2に固定される。装着用突起3は支持基体4の長手方向両端5にそれぞれ2つずつ設けられているので、安定して固定することができる。
【0022】
又、支持基体4の長手方向両端の間に照明基板7を回動自在に取り付けてなるため、照明基板7を動かすだけで配光を変えることができる。よって、装着用突起3を蛍光灯照明器具2のソケットの差込孔に嵌め入れることで支持基体4を固定したまま配光を変えることができ、取り付け状態を変えずに配光を変えることができる。又、配光を変えることができることにより、使用者の目的方向に対して照射させることができる。なお、光源として指向性の強い照明用LED6を複数用いているので、光量を強めることができるとともに、より確実に目的方向に照射させることができる。
【0023】
又、支持基体4に回動自在に設置するために、照明基板7に回動軸8を設けている。そして、その回動軸8は、支持基体4の長手方向両端それぞれに適当な摩擦で支持されているので、確実かつ安定して任意の位置で固定することができる。
【0024】
又、複数個の照明基板7を、照明基板7の回動軸8が相互に平行になるように支持基体4に取り付けてなるため、それぞれの照明基板7を回動させることで状況に合わせた配光にすることができる。例えば、全ての照明基板7の目的対象を合わせることで侠角配光が得られスポット照明が可能になったり、それぞれの照明基板7の照射方向を変えることで中角配光や広角配光が得られワイド照明が可能なったり、する。更に、照明基板7を複数個取り付けているので、より光量が強くなる。
【0025】
又、照明基板7を支持基体4の長手方向に対して平行に取り付けるには、回動軸8を支持基体4の長手方向両端5に固定する。この長手方向両端5は一定の高さを有し、支持基体底面10と接する部分が長手方向両端5下部とした場合における、長手方向両端5上部に回動軸8を固定するため、照明基板7が回動するための空間ができ、より安定して回動することが可能となる。そして、支持基体4の短手方向両端9の高さは長手方向両端5よりも低いため、照明基板7の短手方向への照射が妨げられることがない。これにより、支持基体4の短手方向への配光が自在にできる。
【0026】
又、各照明基板7は相互に一定の間隔を空けて設置しているので、各照明基板7が相互にぶつかったりすることもない。
【0027】
図4は、本願請求項1、請求項2、請求項4に対応した第二の実施形態である蛍光灯型LEDランプを示している。なお、ここでは、上記第一の実施形態と相違する事項についてのみ説明し、その他の事項(構成、作用効果等)については、上記第一の実施形態と同様であるのでその説明を省略する。
【0028】
この蛍光灯型LEDランプでは、図4に示すように、各照明基板7を照明基板7の回動軸8が支持基体4の短手方向に対して平行になるように取り付け、回動軸8を支持基体4の短手方向両端9に固定する。この短手方向両端9は一定の高さを有し、支持基体底面10と接する部分が短手方向両端9下部とした場合における、短手方向両端9上部に回動軸8を固定する。支持基体4の長手方向両端5は、一定の高さを有する。この高さは短手方向両端9と同程度である。
【0029】
したがって、照明基板7を支持基体4の短手方向に対して平行に取り付けるには、回動軸8を支持基体4の短手方向両端9に固定する。この短手方向両端9は一定の高さを有し、支持基体底面10と接する部分が短手方向両端9下部とした場合における、短手方向両端9上部に回動軸8を固定するため、照明基板7が回動するための空間ができ、より安定して回動することが可能となる。そして、支持基体4の短手方向両端9の高さは長手方向両端5と同程度であるため、照明基板7の長手方向への照射が妨げられることがない。これにより、支持基体4の長手方向への配光が自在にできる。
【図面の簡単な説明】
【0030】
【図1】本願発明の第一の実施形態である蛍光灯型LEDランプを示す平面図。
【図2】同蛍光灯型LEDランプを示す斜視図。
【図3】同蛍光灯型LEDランプを示す縦断面図。
【図4】本願発明の第二の実施形態である蛍光灯型LEDランプを示す斜視図。
【図5】従来例である蛍光灯型LEDランプを示す斜視図。
【符号の説明】
【0031】
1 蛍光灯型LEDランプ
2 蛍光灯照明器具
3 装着用突起
4 支持基体
5 長手方向両端
6 LED
7 照明基板
8 回動軸
9 短手方向両端
10 支持基体底面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013