米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−80537(P2007−80537A)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
出願番号 特願2005−262953(P2005−262953)
出願日 平成17年9月9日(2005.9.9)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清
発明者 川南 博生
要約 課題
赤色光を放射する発光ダイオードが直視されるのを防いで外観上の違和感をなくすとともに見栄えを良くする。

解決手段
白色LED1が実装される第1の基板3と、白色LED1の放射方向(図1における上向き)に沿って第1の基板3と対向配置されるとともに第1の基板3に対向する面(図1における下面)に赤色LED2が実装される第2の基板4とを備える。第2の基板4に実装された赤色LED2が外部に露出せず、赤色LED2が放射する赤色光は、第1の基板3の反射面で反射した後に貫通孔4cを通して外部へ放射されるので、赤色LED2が放射する赤色光が直視されるのを防いで外観上の違和感をなくすとともに見栄えを良くすることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
白色光を放射する1乃至複数の第1の発光ダイオードと、赤色光を放射する1乃至複数の第2の発光ダイオードと、第1の発光ダイオードが実装される第1の基板と、第1の発光ダイオードの放射方向に沿って第1の基板と対向配置されるとともに第1の基板に対向する面に第2の発光ダイオードが実装される第2の基板とを備え、
第2の基板は、第1の基板との対向面が反射面となり且つ第1の基板との対向方向から見た投影範囲の内側に第1の発光ダイオードが位置するような複数の貫通孔が設けられたことを特徴とする照明装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、発光ダイオードを光源とする照明装置に関し、特に白色光を放射する発光ダイオードと赤色光を放射する発光ダイオードの双方を備えた照明装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、白色光を放射する発光ダイオード(以下、「白色LED」と呼ぶ。)と赤色光を放射する発光ダイオード(以下、「赤色LED」と呼ぶ。)とを備え、白色光と赤色光の混色作用によって演色性の向上等を図った照明装置が提供されている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開2004-111104号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
ところが、上述のような従来の照明装置においては、光源色が異なる白色LEDと赤色LEDを同一平面上に配置していたため、赤色LEDが直視される可能性があり、外観上の違和感を与えたり見栄えが良くないといった問題があった。
【0004】
本発明は上記事情に鑑みて為されたものであり、その目的は、赤色光を放射する発光ダイオードが直視されるのを防いで外観上の違和感をなくすとともに見栄えを良くした照明装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
請求項1の発明は、上記目的を達成するために、白色光を放射する1乃至複数の第1の発光ダイオードと、赤色光を放射する1乃至複数の第2の発光ダイオードと、第1の発光ダイオードが実装される第1の基板と、第1の発光ダイオードの放射方向に沿って第1の基板と対向配置されるとともに第1の基板に対向する面に第2の発光ダイオードが実装される第2の基板とを備え、第2の基板は、第1の基板との対向面が反射面となり且つ第1の基板との対向方向から見た投影範囲の内側に第1の発光ダイオードが位置するような複数の貫通孔が設けられたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
請求項1の発明によれば、第2の基板に実装された第2の発光ダイオードが外部に露出せず、第2の発光ダイオードが放射する赤色光は、第1の基板の反射面で反射した後に貫通孔を通して外部へ放射されるので、第2の発光ダイオードが放射する赤色光が直視されるのを防いで外観上の違和感をなくすとともに見栄えを良くすることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面を参照して本発明の実施形態を詳細に説明する。
【0008】
本実施形態の照明装置は、図1に示すように白色光を放射する複数(図示例では4つ)の第1の発光ダイオード(白色LED)1と、赤色光を放射する複数(図示例では3つ)の第2の発光ダイオード(赤色LED)2と、白色LED1が実装される第1の基板3と、白色LED1の放射方向(図1における上向き)に沿って第1の基板3と対向配置されるとともに第1の基板3に対向する面(図1における下面)に赤色LED2が実装される第2の基板4とを備える。
【0009】
第1の基板3は、白色LED1が実装される実装面(図1における上面)に反射率の高い物質(例えば、アルミなど)の薄膜が形成されて全体が反射面となっている。そして、第1の基板3の実装面に複数の白色LED1がほぼ等間隔に配置(実装)されている。但し、白色LED1に通電するための配線パターン(図示せず)が第1の基板3の実装面に形成されており、かかる配線パターンと反射面との間には薄膜状若しくはシート状の絶縁物(図示せず)が介装されて絶縁されている。
【0010】
第2の基板4は、赤色LED2が実装される平坦部4aと、平坦部4aの周縁から立ち上がる周壁部4bとを有する。平坦部4aの実装面(図1における下面)には複数の赤色LED2がほぼ等間隔に配置(実装)され、周壁部4bの先端部分において第2の基板4が第1の基板3と接着等によって結合されている。また、平坦部4aの実装面並びに周壁部4bの内側面には反射率の高い物質(例えば、アルミなど)の薄膜が形成されて全体が反射面となっている。但し、赤色LED2に通電するための配線パターン(図示せず)が第2の基板4の平坦部4aの実装面に形成されており、かかる配線パターンと反射面との間には薄膜状若しくはシート状の絶縁物(図示せず)が介装されて絶縁されている。さらに平坦部4aにおいては、隣り合う赤色LED2の間に貫通孔4cがそれぞれ設けられており、しかも、これら複数の貫通孔4cは、第1の基板3と第2の基板4との対向方向(図1における上下方向)から見た投影範囲内側に白色LED1が位置するように配置されている。
【0011】
而して、第2の基板4に実装された赤色LED2が外部に露出せず、赤色LED2が放射する赤色光は、第1の基板3の反射面で反射した後に貫通孔4cを通して外部へ放射されるので、赤色LED2が放射する赤色光が直視されるのを防いで外観上の違和感をなくすとともに見栄えを良くすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明の実施形態を示す断面図である。
【符号の説明】
【0013】
1 第1の発光ダイオード(白色LED)
2 第2の発光ダイオード(赤色LED)
3 第1の基板
4 第2の基板
4c 貫通孔




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013