米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 LED照明器具
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−80535(P2007−80535A)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
出願番号 特願2005−262950(P2005−262950)
出願日 平成17年9月9日(2005.9.9)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清
発明者 浦野 洋二
要約 課題
複数のLED素子を配置したLEDパッケージに対して、レンズ体の位置決めを容易に行なうことができる照明器具を提供する。

解決手段
LEDパッケージ2の実装基板2aの下面には、周縁に沿った円環状に複数のLED素子2bが配置され、レンズ体3の底部3aには、レンズ3cが複数のLED素子2bからなる円環と同軸の円環状に形成されて、各LED素子2bは円環状のレンズ3cに対向している。そして、LEDパッケージ2を収納した器具本体1の下方からレンズ体3を同軸に回転させることで、器具本体1のねじ溝1eにレンズ体3のねじ溝3dをねじ合わせて、レンズ体3を器具本体1に螺着する。
特許請求の範囲
【請求項1】
複数のLED素子を円環状に配置して器具本体に取り付けられるLEDパッケージと、複数のLED素子からなる円環と同軸の円環状に形成されてLED素子が発する光を制御するレンズを具備したレンズ体とを備え、レンズ体は、複数のLED素子からなる円環と同軸に回転して器具本体に螺着する取付手段を有することを特徴とするLED照明器具。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、LED照明器具に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、LED素子を使った照明器具として、LED素子の配光,集光等のために、LED素子に対向してレンズを備えたものがあり、複数のLED素子を配置したLEDパッケージを具備する照明器具では、各LED素子に対向して複数のレンズを形成したレンズ体を備えている。(例えば、特許文献1参照)
【特許文献1】特開2002−304904号公報(段落番号[0037][0038]、図1)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
上記特許文献1のレンズ体には、複数のレンズが形成されており、1つのLED素子に1つのレンズが対応していた。そのため、全てのLED素子がレンズに対向するようにレンズ体を器具本体に位置決めする必要があり、レンズ体の位置決め手段が必要であった。例えば、LEDパッケージに穿設した孔にレンズ体に突設したピンを挿入することでレンズ体の位置決めを行っていた。
【0004】
本発明は、上記事由に鑑みてなされたものであり、その目的は、複数のLED素子を配置したLEDパッケージに対して、レンズ体の位置決めを容易に行なうことができる照明器具を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
請求項1の発明は、複数のLED素子を円環状に配置して器具本体に取り付けられるLEDパッケージと、複数のLED素子からなる円環と同軸の円環状に形成されてLED素子が発する光を制御するレンズを具備したレンズ体とを備え、レンズ体は、複数のLED素子からなる円環と同軸に回転して器具本体に螺着する取付手段を有することを特徴とする。
【0006】
この発明によれば、複数のLED素子は円環状に配置され、レンズは複数のLED素子からなる円環と同軸の円環状に形成されており、レンズ体を回転させて器具本体に螺着する際の回転方向の位置決めが容易になる。
【発明の効果】
【0007】
以上説明したように、本発明では、複数のLED素子を配置したLEDパッケージに対して、レンズ体の位置決めを容易に行なうことができるという効果がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0009】
(実施形態)
図1は本実施形態のLED照明器具の一部を示す分解斜視図、図2はLED照明器具の断面図である。
【0010】
LED照明器具は、図2に示すように、天井板CBの裏面に設置され、商用電源(交流電源)からの交流電圧を、整流および平滑、降圧などして所定レベルの直流電圧を得るLED電源供給部4を備えているほか、天井板CBの表面に取り付けられる器具本体1、LEDパッケージ2、レンズ体3を備えている。
【0011】
器具本体1は、図1に示すように、例えば絶縁性の樹脂成形により、円状の底部1aと、この外周縁から下方に延設された円筒部1bとを一体に有する形状に形成されている。底部1aには、天井板CBの孔Hに通された電源接続線W1を介してLED電源供給部4の出力に電気的に接続される接続部(コネクタ)1cが下面中央に設けられているとともに、当該器具本体1を天井板CBの表面にねじ止め固定するための一対の取付孔1dが接続部1cの両側に穿設されている。さらに、円筒部1bには、ねじ溝1eが外周壁に形成されている。
【0012】
LEDパッケージ2は、電子部品が実装され器具本体1内に着脱自在に収納される円状の実装基板(プリント基板)2aに形成されており、器具本体1の接続部1cにコネクタ接続される接続部2cを実装基板2aの上面中央に備え、実装基板2aの下面には、実装基板2aの中心に対して円環状に配置された複数のLED素子2bが周縁に沿って実装されている。これらのLED素子2bには、LED電源供給部4から接続部1c,2cを介して点灯電力が供給される。
【0013】
レンズ体3は、例えば絶縁性の樹脂成形により、円状の底部3aと、この外周縁から上方に延設された円筒部3bとを一体に有する形状に形成されている。底部3aには、レンズ3cが周縁に沿って円環状に形成されており、レンズ3cはLED素子2bが発する光を制御(配光,集光)する。また、円筒部3bには、器具本体1のねじ溝1eと嵌合するねじ溝3dが内周壁に形成されている。
【0014】
次に、LED照明器具の天井板CBへの取付手順について説明すると、まず、器具本体1を各取付孔1dを介してねじ止めすることで天井板CBの表面に固定する。そして、LEDパッケージ2の接続部2cを器具本体1の接続部1cにコネクタ接続して、LEDパッケージ2を器具本体1に収納する。このとき、複数のLED素子2bは器具本体1の中心に対して円環状に配置されている。この後、器具本体1のねじ溝1eにレンズ体3のねじ溝3dをねじ合わせて、レンズ体3を器具本体1に螺着する。このとき、レンズ3cも器具本体1の中心に対して円環状となるように形成されており、レンズ3cは複数のLED素子2bからなる円環と同軸に配置され、各LED素子2bは円環状のレンズ3cに対向する。
【0015】
このように、複数のLED素子2bは円環状に配置され、レンズ3cは複数のLED素子2bからなる円環と同軸の円環状に形成されているので、LEDパッケージ2を収納した器具本体1の下方からレンズ体3を同軸に回転させて螺着させることで、各LED素子2bは円環状のレンズ3cに対向する位置に常にあり、レンズ体3を回転させて器具本体1に螺着する際の回転方向の位置決めが容易になる。
【0016】
なお、本実施形態では、複数のLED素子2bを1重の円環状に配置し、レンズ3cも1重に形成しているが、複数のLED素子2bを2重以上の円環状に配置し、レンズ3cも2重以上の円環状に形成しても、上記同様の効果を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本発明の実施形態のLED照明器具の一部を示す分解斜視図である。
【図2】同上のLED照明器具の断面図である。
【符号の説明】
【0018】
1 器具本体
1e ねじ溝
2 LEDパッケージ
2b LED素子
3 レンズ体
3c レンズ
3d ねじ溝
4 LED電源供給部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013