Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
LED照明器具 - 松下電工株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 LED照明器具
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−80530(P2007−80530A)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
出願番号 特願2005−262931(P2005−262931)
出願日 平成17年9月9日(2005.9.9)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清
発明者 後藤 芳朗
要約 課題
発光色のばらつきを低減する。

解決手段
使用する白色LED1について放射光の色度座標を調べて複数のグループ、例えば、5つの色度座標a〜eにそれぞれ近い領域に色度座標が存在する合計5つのグループGa,Gb,Gc,Gd,Geに各白色LED1を振り分けておく。そして、プリント配線板2上で隣接する白色LED1を、例えば、グループGaとGc、あるいはグループGbとGdというように混色によってグループGeの領域に入るような組み合わせを選択して実装すれば、これら隣接した白色LED1,1から放射される光が混色して得られる光は、目標とする白色光に近くなって発光色のばらつきが低減できる。
特許請求の範囲
【請求項1】
白色光を放射する複数個の発光ダイオードと、これら複数個の発光ダイオードを実装するプリント配線板と、プリント配線板を収納する器具本体とを備えたLED照明器具において、複数個の発光ダイオードは、所定の表色系における色度座標によって振り分けられた複数のグループのうちから、混色によって目標とする白色の色度座標に略一致するように選択された発光ダイオードの組がプリント配線板上で隣接して配置されることを特徴とするLED照明器具。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、白色光を放射する複数個の発光ダイオードを光源としたLED照明器具に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、白色光を放射する複数個の発光ダイオードと、これら複数個の発光ダイオードを実装するプリント配線板と、プリント配線板を収納する器具本体とを備えたLED照明器具が提供されている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開2005−19299号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
ところで、白色光を放射する発光ダイオード(以下、白色LEDという。)には個体差があり、放射される光の色にもばらつきが生じる。従って、目標とする光の色に対するばらつきの程度が大きく且つ同じ方向にずれている複数個の白色LEDをプリント配線板上で隣接して配置した場合、これらの白色LEDから放射される光が混色して得られる光は、目標とする白色から大きくずれてしまうことになる。
【0004】
本発明は上記事情に鑑みてされたものであり、その目的は、発光色のばらつきが低減できるLED照明器具を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
請求項1の発明は、上記目的を達成するために、白色光を放射する複数個の発光ダイオードと、これら複数個の発光ダイオードを実装するプリント配線板と、プリント配線板を収納する器具本体とを備えたLED照明器具において、複数個の発光ダイオードは、所定の表色系における色度座標によって振り分けられた複数のグループのうちから、混色によって目標とする白色の色度座標に略一致するように選択された発光ダイオードの組がプリント配線板上で隣接して配置されることを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
請求項1の発明によれば、複数個の発光ダイオードは、所定の表色系における色度座標によって振り分けられた複数のグループのうちから、混色によって目標とする白色の色度座標に略一致するように選択された発光ダイオードの組がプリント配線板上で隣接して配置されるので、これらの発光ダイオードから放射される光が混色して得られる光が目標とする白色光に近くなって発光色のばらつきが低減できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面を参照して本発明の実施形態を詳細に説明する。
【0008】
本実施形態のLED照明器具の外観を図2に示す。長尺の帯板状に形成されたプリント配線板2の表面には、複数個(図示例では36個)の発光ダイオード(白色LED)1が2列に実装されるとともにこれらの白色LED1を接続する導電パターン(図示せず)が形成され、長手方向に隣り合う白色LED1が等間隔で配置されている。またプリント配線板2の裏面には、限流用の抵抗素子等の回路部品が実装される。
【0009】
プリント配線板2を収納する器具本体3は、前面が開口する長尺の矩形箱状に形成されており、プリント配線板2を収納した状態で透明な樹脂成形品からなるカバー4で開口部分が閉塞される。
【0010】
ところで、所定の表色系(例えば、XYZ表色系)における白色LED1の色度座標(x,y)は、図1(a)のxy色度図において白色に対応する領域(白色領域)M内に収まっている(図1(b)参照)。言い換えると、製造された白色LEDの中から色度座標が白色領域M内に収まる固体を選別して使用しているのである。この白色領域Mは、目標とする色度座標eを中心とし4つの色度座標a,b,c,dを頂点とする四角形の領域に設定されている。そして、プリント配線板2に実装する多数の白色LED1においては、ロットの違いや個体差などによって白色光の色度座標が白色領域M内でばらついてしまうことは避けられず、例えば、色度座標a,bの白色LED1,1がプリント配線板2上で隣り合って実装された場合、2つの白色LED1,1が放射する光が混色して得られる白色光の色度座標が目標値eから相対的に大きくずれてしまうために器具全体の放射光に色のばらつきが生じてしまう虞がある。
【0011】
そこで、使用する白色LED1について放射光の色度座標を調べて複数のグループ、例えば、5つの色度座標a〜eにそれぞれ近い領域に色度座標が存在する合計5つのグループGa,Gb,Gc,Gd,Geに各白色LED1を振り分けておく。そして、プリント配線板2上で隣接する白色LED1を、例えば、グループGaとGc、あるいはグループGbとGdというように混色によってグループGeの領域に入るような組み合わせを選択して実装すれば、これら隣接した白色LED1,1から放射される光が混色して得られる光は、目標とする白色光に近くなって発光色のばらつきが低減できるものである。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明の実施形態を説明するための説明図である。
【図2】同上の平面図である。
【符号の説明】
【0013】
1 白色LED(発光ダイオード)
2 プリント配線板
3 器具本体
4 カバー




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013