米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 LED照明器具
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−80529(P2007−80529A)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
出願番号 特願2005−262928(P2005−262928)
出願日 平成17年9月9日(2005.9.9)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清
発明者 有井 康孝
要約 課題
赤色、緑色、青色を発光色とするLED素子を各々複数備えて、各LED素子の発光を混色して白色光を生成し、見る角度に関わらず混色性が良好なLED照明器具を提供する。

解決手段
実装基板3a上に、赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bを、ハニカム状に配置した複数の正六角形の各頂点に1つづつ配置し、LED素子3R,3G,3Bの各発光が混色して白色光を生成する。
特許請求の範囲
【請求項1】
赤色、緑色、青色を発光色とするLED素子を各々複数備えて、各LED素子の発光を混色して白色光を生成する照明器具において、ハニカム状に配置した複数の正六角形の各頂点に1つのLED素子を配置することを特徴とするLED照明器具。
【請求項2】
前記正六角形の中心に補色のためのLED素子を配置することを特徴とするLED照明器具。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、LED照明器具に関するものである。
【背景技術】
【0002】
図6に示すように、赤色(R)を発光色とするLED素子3R,緑色(G)を発光色とするLED素子3G,青色(B)を発光色とするLED素子3Bを各々複数備えて、赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bの発光を混色して白色光を生成する照明器具があり、従来、LED素子3R,3G,3Bは、マトリクス状(格子状)に配置されていた。(例えば、特許文献1参照)
【特許文献1】特開2002−270011号公報(段落番号[0055][0061]、図2)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、図6に示すように、赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bをマトリクス状に配置した場合、見る角度によっては混色性が悪化し、生成される光が白色に見えないことがあった。
【0004】
本発明は、上記事由に鑑みてなされたものであり、その目的は、赤色、緑色、青色を発光色とするLED素子を各々複数備えて、各LED素子の発光を混色して白色光を生成し、見る角度に関わらず混色性が良好なLED照明器具を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
請求項1の発明は、赤色、緑色、青色を発光色とするLED素子を各々複数備えて、各LED素子の発光を混色して白色光を生成する照明器具において、ハニカム状に配置した複数の正六角形の各頂点に1つのLED素子を配置することを特徴とする。
【0006】
この発明によれば、見る角度に関わらず良好な混色性を維持して、安定した白色光を生成することができる。
【0007】
請求項2の発明は、請求項1において、前記正六角形の中心に補色のためのLED素子を配置することを特徴とするLED照明器具。
【0008】
この発明によれば、見る角度に関わらず、さらに安定した白色光を生成することができる。
【発明の効果】
【0009】
以上説明したように、本発明では、赤色、緑色、青色を発光色とするLED素子を各々複数備えて、各LED素子の発光を混色して白色光を生成する照明器具において、見る角度に関わらず良好な混色性を維持して、安定した白色光を生成することができるという効果がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0011】
(実施形態1)
図2(a)(b)は本実施形態のLED照明器具の一部を示す分解斜視図、図3はLED照明器具の断面図である。
【0012】
本実施形態のLED照明器具は、図3に示すように、天井板CBの裏面に設置され、商用電源(交流電源)からの交流電圧を、降圧を含めて整流および平滑などして所定レベルの直流の低電圧を得るLED電源供給部5を備えているほか、本体(照明器具本体)1、器具外郭(枠)2、LEDユニット3およびレンズ体4により構成され天井板CBの表面に取り付けられる本体部を備えている。なお、図2(a)(b)の例では、本体1および器具外郭2により器体が構成されるようになっている。
【0013】
本体1は、図2(a)(b)に示すように、例えば絶縁性の樹脂成形により、円状の底部1aと、この外周縁から下方に延設された円筒部1bとを一体に有する形状に形成されている。底部1aには、天井板CBの孔Hに通された電源接続線W1を介してLED電源供給部5の出力に電気的に接続される接続部(コネクタ)1cが下面中央に設けられているとともに、当該本体1を天井板CBの表面にねじ止め固定するための一対の取付孔1dが接続部1cの両側に穿設されている。他方、円筒部1bには、ねじ溝1eが外周壁に形成されている。
【0014】
器具外郭2は、例えば絶縁性の樹脂成形により、円状の底部2aと、この外周縁から上方に延設された円筒部2bとを一体に有する形状に形成されている。底部2aには、円状の孔2cが中央に穿設されている一方、円筒部2bには、本体1のねじ溝1eと嵌合するねじ溝2dが内周壁に形成されている。
【0015】
LEDユニット3は、電子部品が実装され器具本体1内に着脱自在に収納される円状の実装基板(プリント基板)3aに形成されており、器具本体1の接続部1cにコネクタ接続される接続部3cを実装基板3aの上面中央に備え、実装基板3aの下面には、赤色(R)を発光色とする赤色LED素子3R,緑色(G)を発光色とする緑色LED素子3G,青色(B)を発光色とする青色LED素子3Bを各々複数実装している。これらのLED素子3R,3G,3Bには、LED電源供給部5から接続部1c,3cを介して点灯電力が供給され、赤.緑,青のLED素子3R,3G,3Bの各発光が混色して白色光を生成している。なお、図2(a)(b)中の3dはレンズ体4を位置決めするための孔である。
【0016】
レンズ体4は、例えば絶縁性の樹脂成形により、円状の底部4aと、この外周縁から上方に延設された円筒部4bとを一体に有する形状に形成されている。底部4aには、LEDユニット3の一対の孔3dに嵌入する一対のピン4cが上方に立設されているほか、LEDユニット3の各LED素子3R,3G,3Bに対向して、発光を制御するための各レンズ4dが配置されている。なお、レンズ体4も本体1内に着脱(交換)自在に収納されるようになっている。
【0017】
次に、LED照明器具の天井板CBへの取付手順について説明すると、まず、本体1を各取付孔1dの位置でねじ止めして本体1を天井板CBの表面に固定する。この後、LEDユニット3の各孔3dにレンズ体4の各ピン4cを挿入して、LEDユニット3をレンズ体4に装着する。そして、LEDユニット3の接続部3cを本体1の接続部1cにコネクタ接続して、LEDユニット3およびレンズ体4を本体1に収納する。この後、本体1のねじ溝1eに器具外郭2のねじ溝2dをねじ合わせて、器具外郭2を本体1に取り付ける。
【0018】
図1は、LEDユニット3を下面から見た平面図で、赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bは、ハニカム状に配置した複数の正六角形の各頂点に1つづつ配置されており、本実施形態では、隣り合うLED素子は互いに異なる発光色となるように配置される。このように、ハニカム状に赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bを配置することで、見る角度に関わらず良好な混色性を維持して、安定した白色光を生成することができる。
【0019】
図4は、レンズ体4を下面から見た平面図で、赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bに各々対向して各レンズ4dが配置されており、その配置は、LED素子3R,3G,3Bと同様に、ハニカム状に配置した複数の正六角形の各頂点に1つづつ配置される。
【0020】
なお、本実施形態では、LED素子3R,3G,3Bを3つの正六角形の各頂点に1つづつ配置したが、正六角形の数は3つに限定されるものではなく、正六角形の数をさらに増やしてLED素子3R,3G,3Bの数をさらに増やしてもよい。
【0021】
(実施形態2)
図5は、実施形態1の赤,緑,青のLED素子3R,3G,3Bで形成される正六角形の中心に、補色のためのLED素子3Xを実装したもので、LED素子3Xには白色を含む任意の色を用いることで、さらに安定した白色光を生成することができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本発明の実施形態1のLED照明器具のLED素子の配置を示す図である。
【図2】(a)(b)同上のLED照明器具の一部を示す分解斜視図である。
【図3】同上のLED照明器具の断面図である。
【図4】同上のレンズ体を示す平面図である。
【図5】本発明の実施形態2のLED照明器具のLED素子の配置を示す図である。
【図6】従来のLED照明器具のLED素子の配置を示す図である。
【符号の説明】
【0023】
3 LEDユニット
3a 実装基板
3R 赤色LED素子
3G 緑色LED素子
3B 青色LED素子




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013