Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
照明装置 - 松下電工株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−80525(P2007−80525A)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
出願番号 特願2005−262919(P2005−262919)
出願日 平成17年9月9日(2005.9.9)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清
発明者 田中 健一郎
要約 課題
薄型化を可能としながらも、光の利用効率を向上することができる照明装置を提供する。

解決手段
プリント配線板3の一方の面にそれぞれ実装された複数個の発光素子1と、それぞれ発光素子1の間に分散してプリント配線板3に実装された複数個の電子部品2で構成され各発光素子1をそれぞれ点灯させる点灯回路と、点灯回路の電子部品2と各発光素子1との間にそれぞれ設けられて発光素子1の光を配光する反射体4とを備える。発光素子1と点灯回路とをプリント配線板3において互いに同じ面に実装したことにより、発光素子1と点灯回路とを互いに異なる面に実装する場合に比べて薄型化が可能となっている。また、反射体4を備えることにより、電子部品2に吸収される光が減少し、光の利用効率が向上している。
特許請求の範囲
【請求項1】
複数個の発光素子と、一方の面に各発光素子がそれぞれ実装されたプリント配線板と、それぞれプリント配線板において発光素子の間に実装された複数個の電子部品で構成され各発光素子をそれぞれ点灯させる点灯回路と、点灯回路を構成する電子部品と各発光素子との間にそれぞれ設けられて発光素子の光を配光する反射体とを備えることを特徴とする照明装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、照明装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から、複数個の発光ダイオードなどの発光素子と、各発光素子をそれぞれ点灯させる点灯回路と、各発光素子と点灯回路とがそれぞれ実装されたプリント配線板とを備える照明装置が提供されている。
【0003】
この種の照明装置として、発光素子と点灯回路とをプリント配線板において互いに同じ面に実装することにより、発光素子と点灯回路とを互いに異なる面に実装する場合に比べて薄型化を可能としたものがある(例えば、特許文献1参照)
【特許文献1】特開2001−35239号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、上記従来例では、点灯回路を構成する電子部品を1箇所に纏めて実装しているから、電子部品による暗部が目立って見栄えが悪くなっていた。
【0005】
電子部品を発光素子の間に分散して配置すれば、電子部品による暗部を目立ちにくくすることができるが、そうすると発光素子の光のうち電子部品に吸収又は反射されてしまう光が多くなることにより発光素子の光の利用効率が低下してしまう。
【0006】
本発明は上記事由に鑑みて為されたものであり、その目的は、薄型化を可能としながらも、光の利用効率を向上することができる照明装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1の発明は、複数個の発光素子と、一方の面に各発光素子がそれぞれ実装されたプリント配線板と、それぞれプリント配線板において発光素子の間に実装された複数個の電子部品で構成され各発光素子をそれぞれ点灯させる点灯回路と、点灯回路を構成する電子部品と各発光素子との間にそれぞれ設けられて発光素子の光を配光する反射体とを備えることを特徴とする。
【0008】
この発明によれば、発光素子と点灯回路とをプリント配線板において互いに同じ面に実装することにより、発光素子と点灯回路とを互いに異なる面に実装する場合に比べて薄型化が可能となる。また、点灯回路を構成する各電子部品をそれぞれ発光素子の間に実装しているから、電子部品による暗部が目立ちにくい。さらに、反射体を備えることにより、電子部品に吸収される光が減少するから、光の利用効率が向上する。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、発光素子と点灯回路とをプリント配線板において互いに同じ面に実装することにより、発光素子と点灯回路とを互いに異なる面に実装する場合に比べて薄型化が可能となる。また、点灯回路を構成する各電子部品をそれぞれ発光素子の間に実装しているから、電子部品による暗部が目立ちにくい。さらに、反射体を備えることにより、電子部品に吸収される光が減少するから、光の利用効率が向上する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下、本発明を実施するための最良の形態について、図面を参照しながら説明する。
【0011】
本実施形態は、図1に示すように、複数個の発光素子1と、複数個の電子部品2で構成され各発光素子1をそれぞれ点灯させる点灯回路と、各発光素子1と点灯回路を構成する電子部品2とが互いに同じ面にそれぞれ実装されたプリント配線板3と、点灯回路を構成する電子部品2と各発光素子1との間にそれぞれ設けられ、点灯回路を構成する電子部品2への発光素子1の光の入射を阻止するとともに発光素子1の光を配光する反射体4とを備える。
【0012】
発光素子1は例えば表面実装形の発光ダイオードであり、点灯回路を構成する電子部品2は、例えば整流ダイオードや限流抵抗である。各発光素子1はプリント配線板3上に分散して配置され、各電子部品2はそれぞれ発光素子1の間に配置されている。このように複数個の電子部品2を発光素子1の間に分散して配置しているから、電子部品2を1箇所に纏めて配置する場合に比べ、電子部品2による暗部が目立ちにくくなっている。
【0013】
反射体4は、プリント配線板3の厚さ方向から見て発光素子1を囲む筒形状であって、一方の開口がプリント配線板3によって閉塞される形でプリント配線板3に固定されている。反射体4は、例えば合成樹脂からなる筒形状の基体の内面に銀メッキを施されたものであって、内面が発光素子1の光を反射する。反射体4の内面は、プリント配線板3から離れる方向へ向かって内径を大きくするように傾斜しており、反射体4に入射した発光素子1の光は、プリント配線板3の厚さ方向であってプリント配線板3から離れる方向(図1の上方)へ反射される。また、反射体4の実装高さは、発光素子1が隣接するいずれの電子部品2の実装高さよりも高くしてある。つまり、点灯回路を構成する電子部品2への発光素子1の光の入射は、反射体4によって阻止される。
【0014】
上記構成によれば、発光素子1と点灯回路とをプリント配線板3において互いに同じ面に実装したことにより、発光素子1と点灯回路とを互いに異なる面に実装する場合に比べて薄型化が可能となっている。また、反射体4を備えることにより、電子部品2に吸収される光が減少し、光の利用効率が向上している。
【0015】
なお、反射体4の形状は上記のものに限られず、例えば図2に示すように、それぞれ電子部品2を覆う形状の反射体5を、各電子部品2に対してそれぞれ設けてもよい。図2の例では、反射体5は、一方の底面をプリント配線板に向けて固定され底面に沿った断面の形状をプリント配線板に近い位置ほど大きくするように側面が傾斜した角錐台形状であって、電子部品2が収納される凹部51がプリント配線板側の底面に設けられ、少なくとも外側面が発光ダイオード1の光を反射する。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本発明の実施形態を示す断面図である。
【図2】同上の別の形態を示す断面図である。
【符号の説明】
【0017】
1 発光素子
2 電子部品
3 プリント配線板
4,5 反射体




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013