Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
照明システム - 松下電工株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明システム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−59350(P2007−59350A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−246780(P2005−246780)
出願日 平成17年8月26日(2005.8.26)
代理人 【識別番号】100087767
【弁理士】
【氏名又は名称】西川 惠清
発明者 伊東 勇人 / 尾身 隆
要約 課題
路面の輝度のバランスを向上して視認性の向上を図ることができるトンネル用照明システムを提供する。

解決手段
トンネル20内の壁面21に、トンネル20の幅方向における中心位置に対して互いに同じ側に寄せて設置されそれぞれ路面22を照明する複数個の照明器具1を備える。路面22に対する照明率を、トンネル20の幅方向の中心位置に対して照明器具1から離れた側において、トンネル20の幅方向の中心位置に対して照明器具1に近い側よりも高くした。照明器具1に近い側と照明器具1から離れた側とで照明器具1から直接到達する光の路面22への入射角度の違いによる輝度の差を相殺することができるから、路面22の輝度のバランスを向上して視認性の向上を図ることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
トンネル内の壁面にトンネルの幅方向における中心位置に対して互いに同じ側に寄せて設置されそれぞれ路面を照明する複数個の照明器具を備える照明システムにおいて、
路面に対する照明率を、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具から離れた側において、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具に近い側よりも高くしたことを特徴とする照明システム。
【請求項2】
路面に対する照明率を、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具から離れた側において、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具に近い側の略1.8倍としたことを特徴とする請求項1記載の照明システム。
【請求項3】
トンネルの幅方向における中心位置に対して照明器具から離れた側の壁面に照明器具が照射する光度の最大値を、トンネルの幅方向における中心位置に対して照明器具に近い側の壁面に照明器具が照射する光度の最大値の略4倍としたことを特徴とする請求項2記載の照明システム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、トンネル内を照明する照明システムに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から、図1に示すように、照明器具1を、トンネル20の幅方向の中心位置に対して一方側の壁面21に配置することにより、照明器具1の設置や点検などの作業をトンネル20の片側だけで済むようにして施工コストや維持コストを低減したトンネル用照明システムが提供されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
この種の照明システムに用いられる照明器具1としては、例えば図4に示す配光曲線を有するものがある。トンネル20の幅方向の中央位置よりも照明器具1に近い側(以下、「器具設置側」と呼ぶ。)の壁面及び路面を主に照明する第1の照射光Aと、トンネル20の幅方向の中央位置よりも照明器具1から離れた側(以下、「非設置側」と呼ぶ。)の壁面及び路面を主に照明する第2の照射光Bとを放射する。第2の照射光Bの光度を第1の照射光Aの光度よりも高くすることにより、器具設置側の路面22と非設置側の路面22とで同程度の照度を確保している。このような配光を実現する照明器具1は、例えば図5に示すように軸方向をトンネル20の進行方向に合わせて配置される直管形の蛍光灯10と、第1の照射光Aを配光する第1の曲面13及び第2の照射光Bを配光する第2の曲面14を有する反射板12とを備える。
【0004】
この照明器具を用いた照明システムにおいて、得られる路面水平面照度や路面輝度は例えば次表のようになる。
【0005】
【表1】


【特許文献1】特開2004−311259号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上記従来例では、器具設置側と非設置側とで照度を略同じとしてあるが、器具設置側と非設置側とでは、照明器具から直接到達する光の路面への入射角度の違いのため、路面で反射されてドライバーの目に入る光の量の割合が異なる。
【0007】
このため、上の表の場合は器具設置側の路面輝度は非設置側の路面輝度に対してトンネルAでは1.6倍となり、トンネルBでは1.8倍となっているように、器具設置側と非設置側とで輝度のバランスが悪く、視認性の低下を招くおそれがあった。
【0008】
本発明は上記事由に鑑みて為されたものであり、その目的は、路面の輝度のバランスを向上して視認性の向上を図ることができるトンネル用照明システムを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
請求項1の発明は、トンネル内の壁面にトンネルの幅方向における中心位置に対して互いに同じ側に寄せて設置されそれぞれ路面を照明する複数個の照明器具を備える照明システムにおいて、路面に対する照明率を、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具から離れた側において、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具に近い側よりも高くしたことを特徴とする。
【0010】
この発明によれば、照明器具に近い側と照明器具から離れた側とで照明器具から直接到達する光の路面への入射角度の違いによる輝度の差を照明率の差によって相殺することができるから、路面の輝度のバランスを向上し、視認性の向上を図ることができる。
【0011】
請求項2の発明は、請求項1において、路面に対する照明率を、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具から離れた側において、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具に近い側の略1.8倍としたことを特徴とする。
【0012】
請求項3の発明は、請求項2の発明において、トンネルの幅方向における中心位置に対して照明器具から離れた側の壁面に照明器具が照射する光度の最大値を、トンネルの幅方向における中心位置に対して照明器具に近い側の壁面に照明器具が照射する光度の最大値の略4倍としたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0013】
本発明によれば、路面に対する照明率を、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具から離れた側において、トンネルの幅方向の中心位置に対して照明器具に近い側よりも高くしたので、照明器具に近い側と照明器具から離れた側とで照明器具から直接到達する光の路面への入射角度の違いによる輝度の差を照明率の差によって相殺することができるから、路面の輝度のバランスを向上し、視認性の向上を図ることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、本発明を実施するための最良の形態について、図面を参照しながら説明する。
【0015】
本実施形態は、トンネル20の進行方向に直交する断面において配光曲線が図2のようになり照明率曲線が図3のようになる照明器具1を、図1に示すようにトンネル20の幅方向での中心に対し片側の壁面21にのみ配置するものである。なお、図3の横軸は、図2における角度と同様に、照明器具1の中心軸に対する角度である。また、図3の縦軸は、照明器具1の全光束のうち横軸の角度までの範囲に照射される光束の比率を示す。従って、トンネル20の幅方向における中心位置に対して照明器具1が設置されていない側の壁面21に照明器具1が照射する光度の最大値は、照明器具1が設置された側の壁面21に照明器具1が照射する光度の最大値の略4倍となっている。
【0016】
また、照明器具1を設置する高さは5.0mとし、設置角度(図2及び図3における0°の面が水平面に対してなす角)は40度とする。さらに、路面22の反射率は10%とし、壁面21の反射率は、路上2.5mの高さまでは内装板が敷設されて60%となり、内装板が敷設されていない2.5m以上の高さでは25%となっているとする。
【0017】
以上により、本実施形態では、計算上、車道照明率が器具設置側において0.137、非設置側において0.241となる。つまり、非設置側の車道照明率は、器具設置側の車道照明率の約1.8倍となる。照明器具1の設置間隔により、器具設置側の路面輝度を背景技術に表で示した従来例と同程度に確保するとし、路面輝度が車道照明率に正比例するとすると、非設置側の路面輝度は背景技術の表におけるトンネルAで約9.8cd/m、トンネルBで約6.8cd/mとなる。従って、器具設置側の路面輝度に対する非設置側の路面輝度の比はトンネルAで1.2程度、トンネルBで1.0程度と、いずれも輝度バランスが向上し、視認性の向上を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本発明の実施形態及び従来例における照明器具の配置を示す図である。
【図2】本発明の実施形態の照明器具の配光曲線である。
【図3】同上の照明器具の照明率曲線である。
【図4】従来の照明器具の配光曲線である。
【図5】同上の照明器具の要部の、蛍光灯の軸に直交する断面における断面図である。
【符号の説明】
【0019】
1 照明器具
20 トンネル
21 壁面
22 路面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013