米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 照明 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明スタンド
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−59284(P2007−59284A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−245167(P2005−245167)
出願日 平成17年8月26日(2005.8.26)
代理人
発明者 浅沼 孝
要約 課題
所要の光量を確保しつつ消費電力が少なくて寿命が長く、任意の方向を照明することができ、さらに多様な用途に適用することが可能な照明スタンドを提供する。

解決手段
本発明の照明スタンド1は、台座部2から可塑性のアーム部3が立設され、アーム部3は、直管状に形成されたリジッドパイプ7と、蛇腹状あるいはコイル状に形成されたフレキシブルパイプ8とが交互に回動自在な状態で一体的に接合して構成されており、リジッドパイプ7には、その内部に発光素子10が配設されるとともに、発光素子10との対向箇所に光出射窓13が形成されている。
特許請求の範囲
【請求項1】
台座部から可塑性のアーム部が立設され、このアーム部には複数の発光素子が周方向に回動可能な状態で長手方向に沿って順次配設されていることを特徴とする照明スタンド。
【請求項2】
前記アーム部は、直管状に形成されたリジッドパイプと、蛇腹状あるいはコイル状に形成されたフレキシブルパイプとを有し、両パイプが周方向に回動可能な状態で交互に一体的に接合して構成されており、前記リジッドパイプには、その内部に前記発光素子が配設されるとともに、前記発光素子との対向箇所に光出射窓が形成されていることを特徴とする請求項1記載の照明スタンド。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、照明スタンドに関する。
【背景技術】
【0002】
従来より、照明スタンドの照明光源として蛍光灯や白熱灯を用いたものが広く使用されているが、蛍光灯や白熱灯を照明光源としたものは、消費電力が大きく、また、長寿命を維持することが難しく、さらに、点灯回路としてインバータや安定器などが必要なために軽量化が難しい。
【0003】
そこで、近年は、LEDを照明用光源として利用する動きが活発化している。例えば、従来、照明スタンドとして、配線基板上に複数のLEDを直線状に配置してなる灯具本体を備えるとともに、この灯具本体と固定基部との間をフレキシブルチューブで接続した構成のものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
また、他の従来技術として、複数の回路基板にそれぞれチップLEDを搭載するとともに、回路基板同士を中継線を介して互いに電気的に接続し、これらのチップLED、回路基板、および中継線を透明チューブで被覆して発光体ユニットを構成したものが提案されている(例えば、特許文献2参照)。
【特許文献1】特開2001−325811号公報
【特許文献2】特開2000−315401号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に記載されている照明スタンドは、フレキシブルチューブを屈曲させることで光照明方向をある程度変化させることができるが、配線基板上に複数のLEDを直線状に配置した構成であるので、直線型の蛍光灯を代替したのに等しく、したがって、その用途が卓上スタンドなどの分野に限定されてしまい、多様な用途を確保することが難しい。
【0006】
また、特許文献2に記載されている構成のものは、複数のチップLEDを透明チューブで被覆しているので、全体の変形が可能であるものの、外力を取り去ると変形後の状態をそのまま保持することができず、このため、特定の方向を照明する必要のある場合には活用することができない。
【0007】
本発明は、上記の問題点に鑑みてなされたもので、必要に応じて任意の方向を照明することができるとともに、多様な用途を確保することができる照明スタンドを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記の目的を達成するために、請求項1記載の発明に係る照明スタンドは、台座部から可塑性のアーム部が立設され、このアーム部には複数の発光素子が周方向に回動可能な状態で長手方向に沿って順次配設されていることを特徴としている。
【0009】
また、請求項2記載の発明に係る照明スタンドは、請求項1記載の発明の構成において、前記アーム部は、直管状に形成されたリジッドパイプと、蛇腹状あるいはコイル状に形成されたフレキシブルパイプとを有し、両パイプが周方向に回動可能な状態で交互に一体的に接合して構成されており、前記リジッドパイプには、その内部に前記発光素子が配設されるとともに、前記発光素子との対向箇所に光出射窓が形成されていることを特徴としている。
【発明の効果】
【0010】
請求項1記載の発明の照明スタンドは、アーム部が可塑性なので、アーム部に外力を加えると容易に変形するとともに、外力を取り去ってもその変形状態がそのまま保持される。しかも、複数の発光素子はアーム部の周方向に回動可能な状態で配設されているので、アーム部全体を屈曲させるとともに、リジッドパイプを回転させて全ての発光素子が特定の方向を向くようにすれば一方向を集中的に照明することができ、例えば卓上スタンドとして利用できる。また、アーム部を直立させた状態でリジッドパイプを回転させて各発光素子が色々な方向を向くようにすれば、インテリ照明スタンドとして利用できるなど、多様な用途に活用することが可能になる。
【0011】
また、請求項2記載の発明によれば、アーム部をリジッドパイプとフレキシブルパイプとが周方向に回動自在な状態で交互に一体的に接合され、リジッドパイプの内部に発光素子が配設されているので、アーム部の可塑性を確保しつつ、発光素子をアーム部の周方向に沿って回動させることができる。しかも、発光素子やその配線はアーム部の内部に設けられているので全体の美観を損なうことなく、各発光素子間の電気的接続を確実に行うことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳しく説明する。図1は本発明の実施の形態における照明スタンドの全体を示す断面図、図2は図1の符号Aで示す部分を拡大して示す断面図である。この実施の形態の照明スタンド1は、台座部2と、この台座部2から立設された可塑性のアーム部3とを有する。
【0013】
台座部2には、後述の発光素子10を点滅させるオン/オフスイッチ4、調光用スイッチ5、電源ケーブル6などが設けられている。また、アーム部3は、直管状に形成された合成樹脂製のリジッドパイプ7と、蛇腹状に形成されたステンレス等の金属製のフレキシブルパイプ8とを交互に接合して構成されている。
【0014】
すなわち、図2に示すように、各リジッドパイプ7の端部は内径が拡径されてフレキシブルパイプ8の端部が嵌入されるようになっており、したがって、両パイプ7,8を互いに嵌合することで、両者7,8がそれぞれ周方向に回動可能な状態で一体的に接合されている。なお、この実施の形態では、フレキシブルパイプ8として蛇腹状のものを使用しているが、これに代えて、コイル状に密着巻きしたものを使用することも可能である。また、リジッドパイプ7は金属製のものを使用することもできる。
【0015】
そして、各リジッドパイプ7の内部には発光素子10、およびこの発光素子10を搭載する回路基板11が配設されている。また、リジッドパイプ7の発光素子10との対向箇所には光出射窓13が形成されており、さらに各回路基板11どうしは、中継線14を介して互いに電気的に接続されている。
【0016】
上記の発光素子10としては、例えば、青色LEDと黄色蛍光体とを組み合わせた白色LEDや、R,G,B3原色LEDを組み合わせたマルチチップ白色LED等が適用される。
【0017】
上記構成の照明スタンド1は、光源として複数の発光素子10を用いているので、所要の光量を確保しつつも消費電力が少なく寿命が長い。また、発光素子10がアーム部3に配設されているので、全体がスリムな形状で場所をとらない。
【0018】
さらに、アーム部3はリジッドパイプ7とフレキシブルパイプ8とを交互に一体的に接合して構成されているので、アーム部3の可塑性を確保することができる。このため、アーム部3に外力を加えると容易に変形するとともに、外力を取り去ってもその変形状態がそのまま保持される。また、アーム部3の内部に発光素子10が配設されているので美観を損なうことなく各発光素子10を搭載した回路基板11どうしを中継線14を介して電気的に接続することができる。
【0019】
しかも、リジッドパイプ7とフレキシブルパイプ8とは周方向に回動可能な状態で接合されているので、例えば、図3に示すように、アーム部3をL字状に屈曲させるとともに、リジッドパイプ7を回転させて全ての発光素子10が特定の方向を向くように照射方向を揃えれば、所要の方向を集中的に照明できるようになる。このため、例えば卓上スタンドとしての利用が可能になる。
【0020】
一方、アーム部3を直立させた状態でリジッドパイプ7を回転させて各発光素子10が色々な方向を向くようにすれば、例えば図4に示すように観葉植物の照明用として利用することができる。また、この照明スタンド1を床面に載置すればインテリア照明用として利用することが可能になるなど、多様な用途に活用することができる。
【0021】
なお、この実施の形態ではアーム部3をリジッドパイプ7とフレキシブルパイプ8とを交互に接合して構成するとともに、アーム部3の内部に発光素子10を配設しているが、本発明はこのような構成に限定されるものではなく、例えば、アーム部3をコイル状に形成されたフレキシブルパイプ8のみで構成し、このフレキシブルパイプ8の外周面に軸方向に沿って複数個の発光素子10を取り付け、さらにそれらの外周に可撓性のチューブを被覆した構成とすることも可能である。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本発明の実施の形態1における照明スタンドの全体を示す断面図である。
【図2】図1の符号Aで示す部分を拡大して示す断面図である。
【図3】本発明の照明スタンドを卓上スタンドとして用いる場合の一例を示す斜視図である。
【図4】本発明の照明スタンドを観葉植物照明用として用いる場合の一例を示す斜視図である。
【符号の説明】
【0023】
1 照明スタンド
2 台座部
3 アーム部
7 リジッドパイプ
8 フレキシブルパイプ
10 発光素子
13 光出射窓




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013