Warning: fopen(.htaccess): failed to open stream: No such file or directory in /home/jp321/public_html/header.php on line 47

Warning: filesize(): stat failed for .htaccess in /home/jp321/public_html/header.php on line 48

Warning: fread() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 48

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 49

Warning: fopen(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 54

Warning: flock() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 56

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 63
ゼネラル・エレクトリック・カンパニイ - 特許情報
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> ゼネラル・エレクトリック・カンパニイ

番号 発明の名称
1 ガスタービンエンジンを動作させる方法及び装置
2 レーザショック誘起翼形部捻りの打ち消し
3 ショットピーニングを用いたレーザショック誘起翼形部捻りの打ち消し
4 ガスタービンエンジン及びそれを動作させる方法
5 強い圧力波を分流するための無過給流体制御
6 製造作業または工程の実行を調整するためのシステムおよび方法
7 二酸化炭素隔離を伴う発電用システムおよび方法
8 タービンエンジンの排気ガス温度のトレンドをみるためのシステム及び方法
9 複合サイクル発電プラント
10 冷却式シュラウド組立体及びシュラウドの冷却方法
11 熱整合型タービンシュラウド取付け組立体
12 熱整合型クリップ
13 冷却式タービンシュラウド
14 熱的にコンプライアントなタービンシュラウドアセンブリ
15 熱的にコンプライアントなタービンシュラウドマウント
16 ガスタービンシステムおよび稼働方法
17 ニオブシリサイド基タービン構成部品および関連するレーザ付着方法
18 流体振動子によって流れを制御する方法及びシステム
19 誘起される振動が少ないエーロフォイル及び該エーロフォイルを備えるガスタービンエンジン
20 タービンエンジン用潤滑オイル熱回収システム
21 蒸気タービン用のスタック蒸気経路および溝付きバケットホイール
22 ガスタービンエンジンを組み立てるための方法及び装置
23 斜め先端孔タービンブレード
24 ガスタービンエンジン用の弁組立体
25 静翼輪郭の最適化
26 固定子構体内部における接触を調整する方法及び装置
27 パターン冷却式タービン翼形部
28 ガスタービンエンジンの燃料ノズル及びガスタービンエンジンアセンブリ
29 ガスタービンエンジンを動作させる装置
30 回転機械を組み立てるための方法及び装置
31 反動蒸気タービン固定構成部品用の統合型ノズルホイール及びその関連する方法
32 逆向きの流れ膜冷却壁
33 翼端棚を有するタービンエーロフォイル湾曲スクイーラ翼端
34 タービン内側シュラウドのトレーリングエッジ上の弾性シールおよびシュラウドポストインピンジメントキャビティ封止方法
35 赤外線抑制装置及び方法
36 ガスタービン用のロータアセンブリ
37 タービンブレード用のエンジェルウィングシール並びにステータ、ロータ及びウィングシール輪郭を選択する方法
38 シールなしCMC羽根/プラットフォーム境界面
39 ガスタービンエンジンを格納するための方法及び装置
40 翼端漏れ損失低減のための蒸気冷却型ガスタービン動翼
41 液冷式燃焼用カメラ
42 タービンノズルセグメントを検査する方法および装置
43 複流タービン第1段冷却のための方法及び装置
44 反動蒸気タービン固定構成部品用の統合型ノズル及びバケットホイール及びその関連する方法
45 タービン及びターボ機械用のシール
46 二層先端キャップ
47 耐ダスト性プラットフォームブレード
48 圧縮機内に不均一なステータベーン間隔を形成する方法
49 蒸気タービン排気ディフューザ
50 風力タービンアセンブリ塔及びその建設方法
51 タービンシュラウド組立体及びガスタービンエンジンを組み立てる方法
52 セラミックマトリックス複合物体内の熱応力を制御するアセンブリ
53 セラミック燃焼器ライナを金属製取付け部に結合するボルト締め構造
54 最適ノズルボックス蒸気通路
55 複合構造を組み立てるための方法および装置
56 ガスタービンエンジン組立体及びそれを組み立てる方法
57 ガスタービンエンジン組立体及びそれを組み立てる方法
58 二重反転ファン組立体及びそれを含むガスタービンエンジン組立体
59 二重反転ファン組立体及び二重反転ファン組立体を含むガスタービンエンジン組立体
60 ガスタービンエンジン組立体及びスプラインシステム
61 ガスタービンエンジン組立体及びそれを組み立てる方法
62 二重反転ファン組立体及び二重反転ファン組立体を備えるガスタービンエンジン組立体
63 ギヤボックス及びギヤボックスを備えるガスタービンエンジン組立体
64 二重反転ファン組立体及び二重反転ファン組立体を備えるガスタービンエンジン組立体
65 ガスタービンエンジンアセンブリ
66 段階的燃料予混合器を備える燃焼器
67 ガスタービンエンジン燃焼器のホットストリーク制御
68 タービンエンジンで使用するマルチスロットのインタータービンダクトアセンブリ
69 発電システム及びそれを作動させる方法
70 ガスタービンエンジンを運転するための装置
71 ダンパー封止システムおよび方法
72 燃焼タービン燃料再循環システムおよび窒素パージシステムのための方法および装置
73 タービンへ蒸気流れを搬送する装置および該装置を具備する複流蒸気タービン
74 燃焼タービン窒素パージシステムのための方法および装置
75 タービンエンジンを組み立てるための方法及び装置
76 積重ね型反動蒸気タービンロータ組立体
77 集層反動蒸気タービンステータアセンブリ
78 タービンエンジン内に流体を噴射するための装置
79 タービンエンジン内に流体を噴射するための方法および装置
80 ガスタービンエンジン構成要素品質のモデルベース反復推定
81 統合型タービンシール用空気・アクティブ間隙制御システム及び方法
82 シールアセンブリ及びガスタービンエンジンアセンブリ
83 ガスタービンエンジンの回転子アセンブリを冷却するタービン中央フレームアセンブリ及びガスタービンエンジン
84 蒸気タービン用のダイアフラム及び蒸気タービン
85 品質パラメータを使用したガスタービンエンジン用の制御システム
86 燃焼タービン機関の構成要素を冷却するための方法および装置
87 プラットフォーム前縁部が冷却されるガスタービンバケット及びプラットフォーム前縁部を冷却する方法
88 風力エネルギータービンのタワー用セグメント及び風力エネルギータービンの運転構成要素をそのタワー内に配置する方法
89 保持システムおよび方法
90 風力タービンタワーの変位を減衰させるためのシステムおよび風力タービン
91 品物をコーティングする方法およびその製品
92 シール部材、組立体及びその方法
93 ガスタービンエンジンシステムを動作させるための方法および装置
94 低エミッション燃焼器及びそれを作動させる方法
95 可変ファン出口案内静翼を備えるターボファンガスタービンエンジン
96 可変静翼アセンブリ
97 可変隙間パッキンリング構造
98 蒸気タービン可変間隙パッキング用装置および方法
99 タービンブレード中に蛇行冷却回路を生成する方法
100 燃焼器ドーム補修方法

[1][2]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013