米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> NTN株式会社

発明の名称 回転センサ付き軸受
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−24067(P2007−24067A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−202943(P2005−202943)
出願日 平成17年7月12日(2005.7.12)
代理人 【識別番号】100074206
【弁理士】
【氏名又は名称】鎌田 文二
発明者 高田 声一
要約 課題
軸受に回転センサを組み合わせた回転センサ付き軸受は、玉軸受のように内輪及び外輪を有する軸受の場合はその内・外輪を利用して回転センサを組み合わせることができるが、滑り軸受のように軌道輪を持たない軸受の場合は、同様の組み合わせ構造をとることができない。そこで、軌道輪を有しない軸受においても回転センサを組み合わせることができ、また廃棄時の分解も容易にできるようにすることである。

解決手段
軸受1を有する軸受ハウジング2に対し、センサハウジング6が着脱自在に取り付けられ、エンコーダホルダー4が軸10に対して着脱自在に取り付けられるとともに、そのエンコーダホルダー4に設けた抜け止めつば32に前記センサハウジング6の一部を係合させて抜け止めを図った。
特許請求の範囲
【請求項1】
軸受(1)を内径面に設けた軸受ハウジング(2)、センサ(5)を取り付けたセンサハウジング(6)及びエンコーダ(3)を取り付けたエンコーダホルダー(4)の組み合わせからなり、前記エンコーダホルダー(4)のエンコーダ(3)を前記軸受ハウジング(2)内に前記軸受(1)と同軸状態に組み付け、前記センサハウジング(6)を前記軸受ハウジング(2)に取り付けるとともに、そのセンサ(5)を前記エンコーダ(3)に接近配置してなる回転センサ付き軸受において、
前記センサハウジング(6)は前記軸受ハウジング(2)の外周に対する着脱自在の取り付け手段を、また前記エンコーダホルダー(4)は軸(10)に対する着脱自在の取り付け手段をそれぞれ設けたことを特徴とする回転センサ付き軸受。
【請求項2】
前記軸受(1)が前記軸受ハウジングの内径面に形成された滑り軸受であることを特徴とする請求項1に記載の回転センサ付き軸受。
【請求項3】
前記軸受(1)が前記軸受ハウジングの内径面に嵌合された含油滑り軸受(1a)又は針状ころ軸受(1b)であることを特徴とする請求項1に記載の回転センサ付き軸受。
【請求項4】
前記エンコーダホルダー(4)は、外径面中央部に抜け止めつば(32)が形成された円筒体より成り、その抜け止めつば(32)の軸方向内端側の円筒部分に前記エンコーダ(3)が嵌合され、軸方向外端側の円筒部分に前記軸(10)に対する着脱自在の取り付け手段としての一対の弾性ストッパアーム(34)が設けられ、前記センサハウジング(6)は、前記軸受ハウジング(2)に対する前記着脱自在の取り付け手段としての一対の結合アーム(23)が設けられ、その結合アーム(23)の一部を前記抜け止めつば(32)の軸方向外端面に係合させて抜け止めを図ったことを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の回転センサ付き軸受。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、複写機、プリンター等の事務機器に使用される回転センサ付き軸受に関し、特に滑り軸受のように軌道輪を持たない軸受を用いた回転センサ付き軸受に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から知られている回転センサ付き軸受は、内・外輪からなる一対の軌道輪の間に転動体を介在した転がり軸受に回転センサを組み合わせたものが一般的である。転がり軸受に回転センサを組み合わせる構成としては、固定側軌道輪にセンサハウジングを取り付けるとともに、回転側軌道輪にエンコーダを取り付け、前記センサハウジングに装着したセンサを前記エンコーダに接近配置した構成が取られる(特許文献1)。
【特許文献1】特開2004−144270号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
事務機器等における軸受は、一般に軽荷重で使用される場合が多いため、樹脂材や焼結材を用いた滑り軸受が多く使用される。しかし、滑り軸受は転がり軸受の内・外輪のような軌道輪を持たないため、センサハウジングやエンコーダを取り付ける手段がない。
【0004】
一方、滑り軸受は、内・外輪を持った転がり軸受に比べ寿命が短いためメンテナンス時に交換する頻度が高い特質がある。このため、単に滑り軸受と回転センサ部分を結合一体化しただけの構造では、回転センサ部分の寿命の方が軸受部の寿命より相当長いので、メンテナンスによる軸受の交換時に未だ寿命に達していない回転センサ部分も交換せざるを得ないこととなり、部品価格が高くなる要因となっていた。
【0005】
また、廃棄時は軸受部分と回転センサ部分が強固に一体化されていると分別廃棄が困難となり、環境上の問題ともなり得るものであった。
【0006】
そこで、この発明は、滑り軸受や針状ころ軸受のように、内・外輪からなる軌道輪を持たない軸受において、回転センサをこれらの軸受に組み合わせることができるようにし、また廃棄時は各部品に細かく分解して分別廃棄できるようにした回転センサ付き軸受を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
前記の課題を解決するために、この発明においては、軸受を内径面に設けた軸受ハウジング、センサを取り付けたセンサハウジング及びエンコーダを取り付けたエンコーダホルダーの組み合わせからなり、前記エンコーダホルダーのエンコーダを前記軸受ハウジング内に前記軸受と同軸状態に組み付け、前記センサハウジングを前記軸受ハウジングに取り付けるとともに、そのセンサを前記エンコーダに接近配置してなる回転センサ付き軸受において、前記センサハウジングは前記軸受ハウジングの外周に対する着脱自在の取り付け手段を、また前記エンコーダホルダーは軸に対する着脱自在の取り付け手段をそれぞれ設けた構成を採用した。
【0008】
前記の回転センサ付き軸受は、軸受を有する軸受ハウジングにセンサハウジングが組み付けられ、またエンコーダホルダーが軸に取り付けられるので、軌道輪のない軸受にも回転センサを組み合わせることができる。また、廃棄時はこれらの部品に分解・分別することができる。
【0009】
前記の軸受ハウジングに設けられる軸受としては、その軸受ハウジングの内径面に直接形成された滑り軸受、該軸受ハウジングとは別体の含油滑り軸受、針状ころ軸受等がある。
【0010】
また、前記エンコーダホルダーは、外径面中央部に抜け止めつばが形成された円筒体より成り、その抜け止めつばの軸方向内端側の円筒部分に前記エンコーダが嵌合され、軸方向外端側の円筒部分に前記軸に対する着脱自在の取り付け手段としての一対の弾性ストッパアームが設けられ、前記センサハウジングは、前記軸受ハウジングに対する前記着脱自在の取り付け手段としての一対の結合アームが設けられ、その結合アームの一部を前記抜け止めつばの軸方向外端面に係合させて抜け止めを図った構成をとることができる。このように構成することにより、エンコーダホルダーが軸受ハウジングに一体に組み付けられる。
【発明の効果】
【0011】
以上のように、この発明においては、軸受ハウジングにセンサハウジングを、またエンコーダホルダーを軸にそれぞれ組み付けるようにしているので、軌道輪のない滑り軸受等についても回転センサ付き軸受を実現することができ、また従来の転がり軸受を用いた回転センサ付き軸受よりも低コストで提供することができる。
【0012】
また、軸受ハウジングにセンサハウジングが一体化されると共に、エンコーダホルダーの抜け止めつばがセンサハウジングの結合アームに係合させることによりこれらの部品が一体化される。このため、搬送に便利であり、機器への組み付け作業も容易にできる。さらに、メンテナンス時において必要な部品のみの交換が可能であり、廃棄時は各部品に分解することができ分別廃棄が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
以下、添付図面に基づいてこの発明の実施の形態を説明する。
〔実施形態1〕
図1から図6に示した実施形態1の回転センサ付き軸受は、滑り軸受1が内径面に形成された軸受ハウジング2、エンコーダ3を取り付けたエンコーダホルダー4、センサ5を取り付けたセンサハウジング6の組み合わせからなる。
【0014】
軸受ハウジング2は、その一端部から軸方向に軸受部7、センサ取り付け部8、及びエンコーダ支持部9が順に設けられる。軸受部7の内径面は軸10に摺接しており、その摺接面によって滑り軸受1が形成される。軸受ハウジング2は滑り軸受1を形成するに適した合成樹脂等が用いられる。
【0015】
前記軸受部7とセンサ取り付け部8の境界部分の外径面に位置決めつば11が設けられ、取り付け対象のフレーム12の取り付け穴に前記軸受部7を差し込み、位置決めつば11をフレーム12に押当てるようにしている。また、軸受部7の外径面に周方向の位置決めを行うために位置決め突起13が設けられ、前記取り付け穴の内径部に設けた凹部に嵌合させ、回り止めを図るようにしている。
【0016】
前記のセンサ取り付け部8の外径面からその内径面に達するセンサ挿入穴15が設けられる。センサ取り付け部8の内径面は、前記の滑り軸受1の内径より大きく形成され、その内径面20に前記のセンサ挿入穴15の内端が開放される。また、その内径面20と軸10との間に所定の間隔があり、その間隔に前記エンコーダホルダー4に保持されたエンコーダ3が介在される。
【0017】
前記のエンコーダ支持部9は、前記センサ挿入穴15の軸10を中心とした反対側において、前記センサ取り付け部8の外端面に軸方向に突き出して設けられる。前記エンコーダ支持部9の基部18がセンサ取り付け部8の外径面に一体に設けられる。また、該エンコーダ支持部9とセンサ取り付け部8の端面との間に嵌合溝19が軸10と直角方向に設けられる。また、そのエンコーダ支持部9の上面は前記センサ取り付け部8の内径と同芯の円弧面21となっており、また両方の傾斜側面の下端部に係合凹部22が設けられる。
【0018】
前記のセンサハウジング6は、図2(a)(b)に示したように、門形の左右の結合アーム23、23の下端部に内向きの係合爪24、24を設け、上バー25の中間部から後方に突き出した逆L形の角軸部26の下端に前記センサ5をインサート成形したものである。
【0019】
前記のセンサハウジング6は、その角軸部26がセンサ挿入穴15に挿入され、センサ5がセンサ挿入穴15の下端に臨む。また、一対の結合アーム23、23が後述のように、エンコーダホルダー4の抜け止めつば32の外面に接し、その下端の係合爪24、24がエンコーダ支持部9の左右両側の係合凹部22、22に係合される(図5参照)。
【0020】
なお、前記センサ5は図3(b)に示したように、回転方向に間隔をおいた2個のセンサ5を所要の角度θをもって同時成形により角軸部26の底面部分に埋め込み、回転方向のセンシングが行えるようにすることができる。
【0021】
前記のエンコーダホルダー4は軸10に嵌合する大きさの内径を有し、その軸方向の中間部分に抜け止めつば32が設けられる。その抜け止めつば32より内端側に支持部33が設けられ、その支持部33に円筒形のエンコーダ3が強固に嵌合される。エンコーダ3は磁気式のものであり、センサ5としてはホール素子などの磁気感知素子が用いられる。前記の抜け止めつば32を前記の嵌合溝19に嵌合した図1の状態で、エンコーダ3は前記センサ5に対して所定の間隔をおいて径方向に対向する。また、エンコーダホルダー4の抜け止めつば32より外側の部分は前記の円弧面21に接して外部に突き出し、その突き出した部分において軸10に対し着脱自在に取り付けられる。
【0022】
エンコーダホルダー4の軸10に対する着脱自在の取り付け手段は、その外端部において対称形に一対の弾性ストッパアーム34、34が設けられ、各ストッパアーム34の先端に設けられた径方向内向きの係合突起35が軸10に設けた半径方向の貫通穴36(図6参照)の両端に係脱自在に係合される。
【0023】
前記エンコーダホルダー4は、その端部において周方向のスリットとその一端部に連続して形成された軸方向のスリットからなる半周弱のL字形スリット37によって部分的に切り離され、さらに、その切り離された部分の厚み方向中間部分にその端面から軸方向の切り込み38が前記L字形スリット37に達するように設けられる。L字形スリット37とこれに通じた前記軸方向の切り込み38とにより、外表面側に所要肉厚をもった円弧状の前記ストッパアーム34が中心対称の形状に形成される。各ストッパアーム34の自由端部に前記の係合突起35が径方向内向きに形成される。
【0024】
前記の各ストッパアーム34、34を拡径方向に弾性変形させ、その係合突起35、35の先端部を軸10の貫通穴36に係合させる。
【0025】
なお、図5に示したように、前記センサハウジング6の門形の結合アーム23、23の相互間の間隔dは、エンコーダホルダー4の抜け止めつば32の最大径Dより若干小さく形成され、その大きさの差分だけ抜け止めつば32が結合アーム23、23に軸方向に係合され抜け止めが図られる。
【0026】
実施形態1の回転センサ付き軸受は以上のような構成であり、軸10の回転によってこれと一体化されたエンコーダホルダー4及びこれに取り付けられたエンコーダ3が回転する。その回転に伴う磁気的変化をセンサ5が検知し、外部にその検知信号を出力する。
【0027】
廃棄時は軸受ハウジング2、エンコーダホルダー4、エンコーダ3、センサハウジング6の各部品に分解することにより分別廃棄することができる。
〔実施形態2〕
次に、図7は実施形態2を示したものであり、この場合は軸受として含油滑り軸受1aを軸受ハウジング2の内径面に組み込んだものを示している。その他の構成は前記の実施形態1の場合と同様である。
〔実施形態3〕
図8は実施形態3を示したものであり、この場合は軸受として針状ころ軸受1bを軸受ハウジング2の内径面に組み込んだものを示している。その他の構成は前記の実施形態1の場合と同様である。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】実施形態1の断面図
【図2】(a)同上の分解斜視図、(b)同上のセンサハウジングの斜視図
【図3】(a)図1のIII−III線の断面図、(b)同上のセンサハウジングの部分の底面図
【図4】図1のIV−IV線の断面図
【図5】図1のV−V線の断面図
【図6】実施形態1のエンコーダホルダー取り付け部分の拡大断面図
【図7】実施形態2の一部省略断面図
【図8】実施形態3の一部省略断面図
【符号の説明】
【0029】
1 滑り軸受
1a 含油滑り軸受
1b 針状ころ軸受
2 軸受ハウジング
3 エンコーダ
4 エンコーダホルダー
5 センサ
6 センサハウジング
7 軸受部
8 センサ取り付け部
9 エンコーダ支持部
10 軸
11 位置決めつば
12 フレーム
13 位置決め突起
15 センサ挿入穴
18 基部
19 嵌合溝
20 内径面
21 円弧面
22 係合凹部
23 結合アーム
24 係合爪
25 上バー
28 角軸部
32 抜け止めつば
33 支持部
34 ストッパアーム
35 係合突起
36 貫通穴
37 L字形スリット
38 切り込み




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013