米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 加熱調理器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−10189(P2007−10189A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−189402(P2005−189402)
出願日 平成17年6月29日(2005.6.29)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 田中 郁子 / 宮田 肇 / 山浦 泉 / 口野 邦和 / 稲田 剛士
要約 課題
調理者が高温気流を被曝することを防止する加熱調理器を提供すること。

解決手段
加熱調理操作後の食品取り出し時に、調理室の扉の開閉と連動動作する調理室内の高温気流を、扉に対して側面部や後背部に位置する方向に開口した排気口に排出する手段を備えることにより、調理者に向けて高温気流が噴出される不安全さを防止できることとなる。
特許請求の範囲
【請求項1】
食品を出し入れする扉と食品の加熱手段とを備えた調理室で食品の加熱調理を行う加熱調理器において、前記加熱調理の終了後に前記扉の開放動作に連動して、前記調理室の前記扉の位置に対して側面部および/または後背部に開口する前記調理室内気流の排気手段を動作させる制御装置を備えたことを特徴とする加熱調理器。
【請求項2】
前記加熱手段には、加熱源により昇温され送風手段により流通された高温気流を用いたことを特徴とする請求項1記載の加熱調理器。
【請求項3】
前記加熱手段には、前記調理室内の気流に水蒸気を生成添加する手段を付加したことを特徴とする請求項1記載の加熱調理器。
【請求項4】
前記排気手段は、前記調理室側壁に形成された排気通路と、前記扉の開閉動作に連動して動作する前記排気通路の蓋体とで構成され、前記制御装置は前記扉の開放時に前記蓋体も連動解放され、前記排気通路が導通するよう操作される機構構造体であることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の加熱調理器。
【請求項5】
前記排気手段は前記調理室側壁に連通設置された送風機であり、前記制御装置は前記扉の開放時に前記送風機を通電動作させる運転制御手段であることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の加熱調理器。
【請求項6】
前記送風機は、加熱調理操作中も運転動作され、前記扉開放時には送風量を増加させるよう制御信号を変化させるよう前記制御装置で運転制御したことを特徴とする請求項5記載の加熱調理器。
【請求項7】
前記高温気流の循環させる前記送風手段の噴出口を、前記調理室の内外二方向へ切り替え可能にするとともにその流路の制御手段を備え、加熱調理時には前記調理室内へ流通させ、前記扉の解放時には前記調理室外へ気流を排出するよう前記制御装置で前記噴出口方向の切り替え制御をしたことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の加熱調理器。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、食品を収納した調理室内で食品を加熱し、調理加工を行う加熱調理器に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、この種の加熱調理器としては、電気ヒータやガスバーナなどを熱源として、オーブンやロースターなど熱源からの放射加熱によって調理するものや、コンベクションオーブンなど、調理物を入れた調理室の中に高温の循環気流を形成して調理物の加熱調理を行う加熱調理が良く知られ、また用いられている。最近では調理室内を循環する高温気流に水蒸気を添加供給し、食品表面での水蒸気の凝縮伝熱作用による加熱の高速性と、ビタミン、ミネラルや美味成分などの流出を抑制する利点を利用したオーブン調理も知られており、業務用および家庭用の調理機器として実用もされている。これらの加熱調理器では、食品から発生する水蒸気や油煙等を調理室から排出するために、調理室の後背部に連通する排気路を備えたもの(例えば、特許文献1参照)や、強制給気によって形成される燃焼排ガスとともに圧送排出するもの(例えば、特許文献2参照)がある。また特に、水蒸気を添加供給して調理する装置において、調理終了後の高温蒸気放出を抑制するため、排気通路に冷水を噴霧して冷却する方式も提案されている。
【特許文献1】特開平7−39460号公報
【特許文献2】特開平4−39521号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、前記従来の構成では、調理室に収納された食品を加熱して調理加工する際、加熱手段によらず食品からは水蒸気や油脂等の蒸散が生じ、また調理室内は高温に曝されるためにこれら水蒸気等を含む気流も高温状態になっている。ここで加熱調理が終了し、食品を調理室から取り出そうとして扉を開放した際、調理室内に充満していた高温気流が、解放された扉部分から噴出することになり、不用意に近づいて操作していた場合、この高温気流に接触する可能性があるという安全上の課題を有していた。この状態は、調理室に排気路を設けたり排気手段を併設していても完全には解消されない。すなわち、調理室内では常に加熱と水蒸気などの生成が継続しており、弱いながらも常時加圧状態に維持される。調理終了によって扉を開けた時、この加圧気流が一気に扉部分から噴出することになる。この課題は、加熱室に水蒸気を注入して過熱蒸気で調理する方式でより重要で、熱容量も伝熱速度も大きい過熱蒸気の噴出は、危険度を大きくするものである。特に狭い空間で使用される事が多く、頻繁に各種食材を加熱処理する場面が多い家庭用機器においては、少量であっても高温の気流の調理者へ向かっての噴出は回避が求められるものであった。
【0004】
本発明は、前記従来の課題を解決するもので、食品の加熱調理を終了した後の取り出し時において、調理室の扉を開ける時に内部の高温気流を周縁方向に排除し、調理者が高温気流を被曝することを防止する加熱調理器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
前記従来の課題を解決するために、本発明の加熱調理器は、扉と加熱手段とを備えた調理室で食品の加熱調理を行う加熱調理器において、加熱調理終了後の扉の開放動作に連動して、調理室の扉位置に対して側面部および/または後背部に開口する調理室内気流の排気手段を動作させる制御装置を備えたものである。
【0006】
これによって、扉解放時には調理室内の高温気流が排気手段により側面部や後背部に排出され、扉周囲から調理者に向かって高温気流を噴出することが防止でき、安全性や操作性を向上させることができる。
【発明の効果】
【0007】
本発明の加熱調理器は、加熱調理操作後の食品取り出し時に、調理室の扉の開閉と連動動作する調理室内の高温気流を、扉に対して側面部や後背部に位置する方向に開口した排気口に排出する手段を備えることにより、調理者に向けて高温気流が噴出される不安全さを防止し、かつ加熱調理後の容器や部材の冷却を加速し、取り出し操作容易ならしめるもので、循環気流や過熱蒸気等を用いた調理手法の場合でも、容易かつ安全に調理操作ができる加熱調理器を提供し得るものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
第1の発明は、扉と加熱手段とを備えた調理室で食品の加熱調理を行う加熱調理器において、加熱調理終了後の扉の開放動作に連動して、調理室の扉位置に対して側面部および/または後背部に開口する調理室内気流の排気手段を動作させる制御装置を備えることにより、扉解放時には調理室内の高温気流が排気手段により側面部や後背部に排出され、扉周囲から調理者に向かって高温気流を噴出することが防止でき、安全性や操作性を向上させることができる。
【0009】
第2の発明は、特に、第1の発明の加熱手段として、加熱源で昇温され送風手段で流通された高温気流を用いることにより、調理室内を加圧状態で循環していた高温気流にも対応でき、より効果的に安全性確保の効果を得ることができる。
【0010】
第3の発明は、特に、第1の発明の加熱手段として、調理室内気流に水蒸気を生成添加する手段を付加することにより、加熱調理の作用効果を更に広めることができつつ、安全性と操作性の難点を回避して加熱調理器の機能を高めることができる。
【0011】
第4の発明は、特に、第1〜第3のいずれか1つの発明の排気手段を、調理室側壁に形成された排気通路と、扉の開閉動作に連動して動作する通路の蓋体とで構成し、扉の開放時に蓋体も連動解放されて排気通路が導通するよう操作される機構構造体とすることにより、簡易で安価な機構ながら前記の安全性および操作性確保が容易に実現できる。
【0012】
第5の発明は、特に、第1〜第3のいずれか1つの発明の排気手段を、調理室側壁に連通設置された送風機とし、扉の開放時に送風機を通電動作させる運転制御を行うことにより、より強力にかつ高速に調理室内の高温気流を排除でき、扉周囲からの噴出を確実に抑止することが可能となる。
【0013】
第6の発明は、特に、第5の発明の送風機を、加熱調理操作中も運転動作され、扉開放時には送風量を増加させるよう運転制御することにより、調理室内の調理条件制御に有効な手段を、調理終了時にも流用できる構成となり、特殊な構成や部品を必要とせずに、信号制御のみで安全性と操作性を確保向上できるものである。
【0014】
第7の発明は、特に、第1〜第3のいずれか1つの発明の加熱調理器を、高温気流を循環させる送風手段の噴出口を調理室内外の二方向へ切り替え可能とし、加熱調理時には調理室内へ、扉の解放時には調理室外へと噴出口方向の切り替え制御をすることにより、調理終了後には完全な不安全要因除去運転に切り替えが可能で、調理時の加熱均一性とも併せて機能性の高い調理器とすることができる。
【0015】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0016】
(実施の形態1)
図1は、本発明の第1の実施の形態における加熱調理器の側面断面図を示すものである。
【0017】
図1において、加熱調理器1は、食品を出し入れする扉2を備えた調理室3を有し、調理室3内には扉2の開閉に連動して前後に移動する食品載置用の架台4が配置されている。5は調理室3の上部に配列されたヒータで、6は加熱調理の条件等を入力制御する制御操作部である。調理室3の後方上面には、複数の小孔を穿設した排気口が備えられているが、これとは別に調理室3の後面壁には煙突状の排気通路8が設けられており、その調理室3側入り口には排気蓋9が配置されている。この排気蓋9は、架台4と連接されており、扉2の解放操作と同時に前方へ移動し、排気通路8が解放導通される機構構成となっている。10は排気口7および排気通路8の出口部分を覆う排気カバーである。なお制御操作部6には、調理の種類を選択したり、任意の調理温度や動作時間を設定したりするための各種のボタンと表示部が備えられ、またその内部には具体的な制御回路等が備えられている。
【0018】
以上のように構成された加熱調理器について、以下その動作、作用を説明する。
【0019】
まず、通常の調理においては、扉2を開けて調理室3内の架台4に食品を載置し、扉2を閉める。次に制御操作部6で調理条件を設定し、加熱調理をスタートさせる。調理操作の間、ヒータ5への通電で発熱させると放射熱が食品に到達し、これで食品を加熱調理する。加熱によって食品から発生した水蒸気や油煙は、排気口7を通じて調理室3から排出され、排気カバー10に導かれて加熱調理器1の後背方向に拡散される。調理が終了すると、食品は扉2を開いて取り出すことになるが、扉2を前方へ引き倒すとこれに連通する架台4も前方へ移動する構成になっており、これに載置された食品もトレーとともに前方の室外方向へと移動する。この時、架台4の後端に接続固定されている排気蓋9も前方へと移動され、排気通路8の調理室3側入り口が大きく開放される。排気通路8は煙突状の構成となっているため、調理室3内に滞留していた高温気流は、排気通路8を通って上部へ自然通気により流出する。これに誘引されて、扉2の解放隙間からは外部の冷気が流入し、加熱調理器1前面(すなわち扉2周囲)から調理室3、排気通路8へと逐次流れる気流経路が形成されることになる。こうして、扉2を開けた時も調理室3内の高温で多湿の気流が噴出することは抑制され、流出しても直接に調理者へ影響しにくい後背部に除去されるから、調理操作直後に扉を開いても火傷等を生じるような不安全な状態は回避することができる。また、その後の食品の取り出し操作もしやすく、安全性と操作性に優れた加熱調理器を実現できるものである。
【0020】
なおここで、扉2の位置は加熱調理器1の上面でも側面でも良く、同様の効果は発揮するが、調理室3内の気流が一気に噴出することを避けるためには、側面配置の方がより効果的である。また扉2の開閉操作方向についても、本実施の形態に示すような上開きでも、横または下開きでも良いが、気流への作用としては横または下開きとする方が、前面下部から冷気が流入し、自然通気力に従って後背部上方へと流出する流れが形成できて好ましい。ただ、食品の出し入れ操作や掃除のしやすさなど、使用性からは上開きが好ましく、用途や性能等に応じて適宜選択は可能である。
【0021】
以上のように、本実施の形態においては、加熱調理の終了後に扉2の開放動作に連動して、調理室3の扉2の位置に対して側面部および/または後背部に開口する調理室内気流の排気手段を動作させる制御操作部6を備えることにより、扉2解放時には調理室3内の高温気流が排気手段により側面部や後背部に排出され、扉周囲から調理者に向かって高温気流を噴出することが防止でき、安全性や操作性を向上させることができる。
【0022】
(実施の形態2)
図2は本発明の第2の実施の形態における加熱調理器の側面断面図である。本実施の形態は、基本的な構成および操作、制御方法等は実施の形態1と同様であるが、調理室3からの高温気流の排気手段の流路構成とその操作方法に特徴がある。したがって、この相違点を中心に説明する。なお実施の形態1と同一の構成要素には同一番号を付与している。
【0023】
図2において、11は調理室3の後背部に配置された排気ファンで、加熱調理器1の後方上面に開口した排気口7に流出口を接続している。また12は扉2の上端近傍に接触するよう調理室3の前面上部に埋め込み配置された開閉スイッチである。
【0024】
以上のように構成された加熱調理器について、以下その動作、作用を説明する。
【0025】
まず、加熱調理の間は、排気ファン11は動作しないが、その内部空隙を介して調理室3から排気口7へは導通されており、発生する水蒸気等は自然通気によって排出される。調理が終了して扉2が開けられると、開閉スイッチ12(押圧時にはOFFとなり、解放時にONとなるスイッチを使用)がONとなり、排気ファン11に通電されて排気動作を行う。このため調理室3内に滞留していた高温で高湿の気流は、排気口7より急速に排出されることになり、また扉2周囲からは周辺の冷気が調理室3へと流入することになって、高温気流の噴出もなく安全で操作性の良い扉開放が可能となる。排気ファン11は、扉2が微少の隙間を形成して開閉スイッチ12をONにする時点から強力に動作できることから、自然通気では得られない高速で強力な高温気流噴出抑制の作用が可能となる。またそれ故に、扉2の設置位置や動作方向等に制約はほとんどなくなり、操作性やデザイン性も含めてより高質の加熱調理器1を実現できるものである。
【0026】
なお、本実施の形態では排気ファン11を、通常調理の間を停止状態としているが、その間も適宜能力で運転動作させて余剰の気流を排出させ、調理終了後の扉2解放時には、開閉スイッチ12の信号に応じて強力送風に切り替えるという、送風量切り替え制御としてもよく、同様に効果を発揮できものである。
【0027】
(実施の形態3)
図3は本発明の第3の実施の形態における加熱調理器の側面断面図である。本実施の形態は、基本的な構成および操作は実施の形態1および2と同様であるが、加熱調理の操作と排気流路の制御構成および操作に特徴がある。したがって、この相違点を中心に説明する。なお、実施の形態1および2と同一の構成要素には同一の番号を付与している。
【0028】
図3において、調理室3の後背部側壁に備えられた循環流路13には送風ファン14が備えられ、その下流側にヒータ5が配置されている。また循環流路13に接続されるように水蒸気発生器15が備えられており、水タンク16の水を蒸発させて循環流路13に注入するよう構成されている。循環流路13の下流域は、一方は調理室3に連通する給気口17となり、もう一方は排気口7に連通されて、その双方のいずれかを閉止するよう回転動作する流路切替弁18が配置されている。調理室3の前方上部に配置された開閉スイッチ12は、流路切替弁18を連動制御するよう接続されている。
【0029】
以上のように構成された加熱調理器について、以下その動作、作用を説明する。
【0030】
調理室に3に食品を収納した後の調理では、流路切替弁18を水平方向に位置させ、排気口7を閉塞させた状態として送風ファン14を動作させる。同時にヒータ5も通電して発熱させ、また水タンク16から吸引した水を水蒸気発生器15で加熱蒸発させて循環流路13に供給する。こうすることにより調理室3内の気流は、送風ファン14の動作により循環流路を経由して給気口17から再度調理室3へと循環される間に、加熱と加湿を受けて、調理室3内を過熱蒸気状態と変化して食品の加熱調理に供せられる。加熱調理が終了して扉2を開けた時、開閉スイッチ12がその動作を検知し、制御操作部6を介して流路切替弁18に回転動作指令が発せられ、流路切替弁18は給気口17を閉止する方向に回転移動される。この時ヒータ5の通電は停止されているが送風ファン14はなお動作を継続しており、高温多湿の調理室3内の気流は、循環流流路13を経て排気口7から加熱調理器1後部上面へと排出される。減圧となった調理室3には、解放された扉2の隙間から周囲の冷気が流れ込み、扉2近傍で高温気流が噴出することが防止できるほか、流入した冷気で扉2や食品を載置した容器など周縁部分も急速に冷却され、容易に食品を取り出せる状態にもできる。
【0031】
もちろんここでも、高温気流の排気操作になった段階で送風ファンの回転を加速し、急速に排気することも可能で、送風ファン14の能力や調理室3の容積、あるいは加熱室3内の調理操作時の温度等に応じて適宜、制御操作部で選択制御することも可能である。また排気口7の設置開口位置は、必ずしも後部上面である必要はなく、調理者に直接的に噴出されない方向(例えば側面、後面方向など)で良く、扉2周辺の以外で適宜栓龍設置できる。
【産業上の利用可能性】
【0032】
本発明にかかる加熱調理器は、各種熱源を用いて加熱調理する調理室内の高温気流を、調理後の食品取り出し時に簡易にして確実に調理者に向けて噴出されないよう制御実現できるもので、オーブンやグリル、フィッシュロースターをはじめとして各種の家庭用調理機器等に適用である。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】本発明の実施の形態1にかかる加熱調理器の側面断面図
【図2】本発明の実施の形態2にかかる加熱調理器の側面断面図
【図3】本発明の実施の形態3にかかる加熱調理器の側面断面図
【符号の説明】
【0034】
1 加熱調理器
2 扉
3 調理室
4 架台
5 ヒータ
6 制御操作部
7 排気口
8 排気通路
9 排気蓋
10 排気カバー
11 排気ファン
12 開閉スイッチ
13 循環流路
14 送風ファン
15 水蒸気発生器
16 水タンク
17 給気口
18 流路切替弁




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013