米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 湯水供給装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−3059(P2007−3059A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−181956(P2005−181956)
出願日 平成17年6月22日(2005.6.22)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 明河 賢志 / 上村 正仁
要約 課題
従来の構成では、部品点数が多くコストの上昇を招く為、結果としてより多くのお客様に提供しうるものになっていなかった。また、構成が複雑になる分故障発生頻度が上昇するものとなっていた。

解決手段
入水口と出水口を有する本体内に設けられた加熱部と、入水口に接続された入水管と、出水口に接続された出水管とを有し、入水管から入水口を経由して加熱部へ接続されて、加熱部で加熱された湯を出水口を経由して出水管へ導く湯水供給装置において、入水管の入水を検出する流量検出器と、流量検出器の信号を受けて加熱部を制御する制御部と、本体に通電していることを表示する通電表示部とを有し、流量検出器が所定流量の入水を検出したとき通電表示部を点灯させるものである。
特許請求の範囲
【請求項1】
入水口と出水口を有する本体内に設けられた加熱部と、前記入水口に接続された入水管と、前記出水口に接続された出水管とを有し、前記入水管から入水口を経由して加熱部へ接続されて、前記加熱部で加熱された湯を前記出水口を経由して出水管へ導く湯水供給装置であって、前記入水管の入水を検出する流量検出器と、前記流量検出器の信号を受けて加熱部を制御する制御部と、本体に通電していることを表示する通電表示部とを有し、前記流量検出器が所定流量の入水を検出したとき前記通電表示部を点灯させる湯水供給装置。
【請求項2】
漏電等の異常時に動作することで安全を確保するための漏電スイッチを備えた請求項1記載の湯水供給装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、湯水供給装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、この種の湯水供給装置は、止水弁部に連動する通電スイッチを介して通電表示部を点灯することができるものである。
【0003】
まず、図4は外観を示したもので、1は入水管、2は流量調整弁、3は出水スイッチ、4は容量調節つまみ、5は出水管、6はシャワーホース、7はシャワーヘッド、8は加熱部、9は通電表示部を示し、入水管1から本体内に通水され加熱部8で加熱され、シャワーホース6を介して、シャワーヘッド7から出水する構成としてある。
【0004】
図5は同湯水供給装置の内部構造図で、10は入水口、11は止水弁、12は流量検出器、13はタンク、14は加熱ヒータ、15は出水口、16は通電スイッチ、17はスイッチ駆動カム、18は連動継ぎ手、19は制御部である。
【0005】
上記構成において、その動作を簡単に説明すると、まず出水スイッチ3を押し込み、スイッチ駆動カム17が所定の位置に達すると一旦停止状態になり、このスイッチ駆動カム17に連動する連動継ぎ手18も所定の位置で一旦停止となる。この時止水弁11も連動継ぎ手18と連接しているため、開状態で一旦停止となり、入水管1から所定の給水圧で流入された水は、流量調節弁2、止水弁11を経てタンク13に供給される。このとき流量検出器12は所定の流量を検出し制御部19に信号を送る。そしてタンク13に供給された水は、流量検出器12が所定の流量を検出しているためタンク13に内蔵された加熱ヒータ14により加熱され、加熱された水は出水管5に接続されたシャワーホース6を通ってシャワーヘッド7より吐出される。それと同時にスイッチ駆動カム17に連動して通電スイッチ16が接続状態となり、通電表示部9が点灯する。また、このときの湯温調節は、容量調節つまみ4を好みの温度に設定することで、容量調節ボリュウム(図示せず)、制御部19によって加熱ヒータ14を制御し、所望する温度に調節することができ、さらに流量調節弁2を調節することで好みの流量に調節することができる。
【0006】
このように、容量調節つまみ4及び流量調節弁2を予め設定しておけば、出水スイッチ3を開操作することで所望する温度のお湯をシャワーヘッド7から吐出することができる。
【0007】
そして、再度出水スイッチ3を押し込みスイッチ駆動カム17が所定の位置に達すると一旦停止状態になり、このスイッチ駆動カム17に連動する連動継ぎ手18も所定の位置で一旦停止となる。この時止水弁11も連動継ぎ手18と連接しているため、今度は閉状態で一旦停止となり、入水管1から所定の給水圧で流入された水は停止状態となり、流量検出器12が所定の流量を検出しなくなるため加熱ヒータ14の加熱も停止する。それと同時にスイッチ駆動カム17が元の位置に戻り、スイッチ駆動カム17に連動して通電スイッチ16が開放状態となり、通電表示部9が消灯する。
【特許文献1】特開2002−349962号公報
【特許文献2】特開2002−333210号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかしながら、上記従来の構成では、部品点数が多くコストの上昇を招く為、結果とし
てより多くのお客様に提供しうるものになっていなかった。また、構成が複雑になる分故障発生頻度が上昇するものとなっていた。
【課題を解決するための手段】
【0009】
前記従来の課題を解決するために、本発明の湯水供給装置は、入水口と出水口を有する本体内に設けられた加熱部と、入水口に接続された入水管と、出水口に接続された出水管とを有し、入水管から入水口を経由して加熱部へ接続されて、加熱部で加熱された湯を出水口を経由して出水管へ導く湯水供給装置であって、入水管の入水を検出する流量検出器と、流量検出器の信号を受けて加熱部を制御する制御部と、本体に通電していることを表示する通電表示部とを有し、流量検出器が所定流量の入水を検出したとき通電表示部を点灯させるものである。
【0010】
これにより、従来より部品点数を削減しても所定流量の入水を検出したときに通電表示部を点灯させることができ、お客様が本体を使用される毎に本体への通電が行われているか否かや、異常の有無を確認できる。
【発明の効果】
【0011】
本発明の湯水供給装置は、従来より部品点数を削減して構成されているため、より安価に購入ができ、その結果、より多くのお客様に提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
第1の発明は、入水口と出水口を有する本体内に設けられた加熱部と、入水口に接続された入水管と、出水口に接続された出水管とを有し、入水管から入水口を経由して加熱部へ接続されて、加熱部で加熱された湯を出水口を経由して出水管へ導く湯水供給装置であって、入水管の入水を検出する流量検出器と、流量検出器の信号を受けて加熱部を制御する制御部と、本体に通電していることを表示する通電表示部とを有し、流量検出器が所定流量の入水を検出したとき通電表示部を点灯させるものである。
【0013】
これによって、従来より部品点数を削減しても、所定流量の入水を検出したときに通電表示部を点灯させることができ、お客様が本体を使用される毎に本体への通電が行われているか否かや、異常の有無を確認できる。
【0014】
第2の発明は、特に、第1の発明において、漏電等の異常時に動作することで安全を確保するための漏電スイッチを備えた湯水供給装置である。
【0015】
これによって、お客様が本体を使用される毎に漏電スイッチへの通電が確認でき、かつ、漏電スイッチが正常であることが確認できる。
【0016】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0017】
(実施の形態1)
図1及び図2は、本発明の第1の実施の形態における湯水供給装置の図を示すものである。
【0018】
まず、図1は外観を示したもので、20は入水管、21は止水兼流量調整弁、22は止水栓兼流量調節つまみ、23は容量調節つまみ、24は出水管、25はシャワーホース、26はシャワーヘッド、27は加熱部、28は通電表示部を示し、入水管20から本体内に通水され加熱部27で加熱され、シャワーホース25を介して、シャワーヘッド26から出水する構成としてある。
【0019】
図2は同湯水供給装置の内部構造図で、29は流量検出器、30はタンク、31は加熱ヒータ、32は入水口、33は出水口、34は制御部である。
【0020】
図3は同湯水供給装置の制御フロー図である。上記構成において、その動作を簡単に説明すると、まず止水栓兼流量調節つまみ21を開放すると、入水管20から所定の給水圧で流入された水は、止水兼流量調節弁21を経てタンク30に供給される。このとき流量検出器29は所定の流量を検出し制御部34に信号を送る。そしてタンク30に供給された水は、流量検出器29が所定の流量を検出しているためタンク30に内蔵された加熱ヒータ31により加熱され、加熱された水は出水管24に接続されたシャワーホース25を通ってシャワーヘッド26より吐出される。それと同時に流量検出器29の信号が制御部34を介して通電表示部28に送られることで、通電表示部28が点灯する。また、このときの湯温調節は、容量調節つまみ23を好みの温度に設定することで、容量調節ボリュウム(図示せず)、制御部34によって加熱ヒータ31を制御し、所望する温度に調節することができ、さらに止水兼流量調節弁21を調節することで好みの流量に調節することができる。
【0021】
このように、容量調節つまみ23及び止水兼流量調節弁21を設定すれば、所望する温度のお湯をシャワーヘッド26から吐出することができる。
【0022】
そして、再度止水栓兼流量調節つまみ22を閉止すると、入水管20から所定の給水圧で流入された水は停止状態となり、流量検出器29が所定の流量を検出しなくなるため加熱ヒータ31の加熱も停止する。それと同時に流量検出器29の信号が通電表示部28へ送られなくなるため、通電表示部28が消灯する。
【0023】
これをさらに図3により補足説明すると、まず、湯水供給装置本体に電源が供給され、引き続き流量検出器29が所定流量以上を検出した場合に通電表示部28が点灯する。そして、流量検出器29が所定流量を検出しない時は、通電表示部28が消灯する。
【0024】
これにより、従来の湯水供給装置より部品点数を削減しても所定入水を検出したときに通電表示部を点灯させることができ、お客様が本体を使用される毎に本体への通電が行われているか否かや、異常の有無を確認できる。
【0025】
また、湯水供給装置内部の供給電源線接続部に漏電スイッチを配置した場合、漏電等の異常時に動作することで、安全を確保できる。
【産業上の利用可能性】
【0026】
以上のように、本発明にかかる湯水供給装置は、シャワー等を用いて給湯する簡易的な湯水供給装置に利用可能である。
【図面の簡単な説明】
【0027】
【図1】第1の実施の形態における湯水供給装置の外観図
【図2】第1の実施の形態における湯水供給装置の内部構造図
【図3】第1の実施の形態における湯水供給装置の制御フロー図
【図4】従来の湯水供給装置の外観図
【図5】従来の湯水供給装置の内部構造図
【符号の説明】
【0028】
20 入水管
24 出水管
27 加熱部
28 通電表示部
29 流量検出器
32 入水口
33 出水口
34 制御部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013