米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 機械工学 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 冷蔵庫
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−3020(P2007−3020A)
公開日 平成19年1月11日(2007.1.11)
出願番号 特願2005−180114(P2005−180114)
出願日 平成17年6月21日(2005.6.21)
代理人 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄
発明者 伊東 崇
要約 課題
貯蔵室内に紫外線などを照射するLEDを備え、それにより脱臭などの機能をもつ冷蔵庫において、人体に紫外線が照射されることを防ぐ冷蔵庫を提供する。

解決手段
貯蔵室内に可視光線を照射する可視光線LED13を備え、前記扉が開いている状態において、紫外線LED10が点灯する場合には、可視光線LED13を同時に点灯する。これにより、扉が開いている場合に使用者に紫外線が出ていることを報知できるので、冷蔵庫の安全性を高めることができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
冷凍サイクルの冷却器で生成された冷気により冷却される貯蔵室と、前記貯蔵室の前面に備えられた扉と、前記貯蔵室内に紫外線を照射する紫外線LEDと、前記貯蔵室内に可視光線を照射する可視光線LEDとを備え、前記扉が開いている状態において前記紫外線LEDが点灯する場合には、前記可視光線LEDを同時に点灯することを特徴とする冷蔵庫。
【請求項2】
貯蔵室の扉の開閉を検知することができる扉スイッチと、LEDの点灯消灯を制御することができるLED駆動制御回路とを備え、前記扉スイッチが、扉が閉まっていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて可視光線LEDを消灯させ、前記扉スイッチが、扉が開いていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて可視光線LEDを点灯させることを特徴とする請求項1に記載の冷蔵庫。
【請求項3】
貯蔵室の扉の開閉を検知することができる扉スイッチと、LEDの点灯消灯を制御することができるLED駆動制御回路とを備え、前記扉スイッチが、扉が閉まっていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて紫外線LEDを点灯させ、前記扉スイッチが、扉が開いていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて紫外線LEDを消灯させることを特徴とする請求項1に記載の冷蔵庫。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、貯蔵室内を照射するLEDを備えた冷蔵庫に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年LEDが様々な製品に利用されるようなり、冷蔵庫においても貯蔵室内の照明や、脱臭及び殺菌、また保存する食品の成分を良化させる等の機能を有するものがある。脱臭機能を持つ冷蔵庫としては、冷凍サイクルの冷却器で生成された冷気により冷却される冷蔵室等の貯蔵室と、貯蔵室内に冷気を循環させる冷気通路と、冷気通路内に備えた強制通風装置と、冷気通路内にゼオライトを主成分とする触媒表面に光触媒をコーティングした光脱臭触媒と、光脱臭触媒に紫外線を照射する紫外線LEDを備え、冷蔵室内の食品から発生する臭気を含んだ空気が冷気通路内に備えた光脱臭触媒を通過する際に、臭気成分は光脱臭触媒に吸着し、紫外線LEDから照射される紫外線によって活性化した触媒表面の酸化チタン等の光触媒によって触媒表面に吸着した臭気は酸化分解され脱臭されるといった機能をもった冷蔵庫が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
図2は、特許文献1に記載された従来の脱臭機能付き冷蔵庫の構造を示す断面図である。図2において、1は冷蔵庫2に設けられた冷蔵室であり、冷蔵室1の背面には冷気吐出通路を形成する冷気通路カバー3が配置され、4は庫内空気を冷蔵室冷却器5に戻す戻り孔であり、6は戻り孔4と冷蔵室冷却器5を連通する冷気戻り通路であり、7はハニカム状の光脱臭触媒で低温脱臭触媒8の表面に酸化チタン等の光触媒9を均一に塗布して形成され、10は紫外線LEDで光触媒9の表面に紫外線を照射できるよう光脱臭触媒7の近傍に設置され、11は低温脱臭触媒で光脱臭触媒7の上流に設けられており、これらによって食品から発生する臭気を含んだ空気の脱臭を行えるようになるというものである。
【特許文献1】特開2003−322460号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記従来の構成では、紫外線などを照射するLEDの設置位置が庫内に露出しておらず庫内に紫外光が直接照射される可能性が低かったが、庫内に露出するような位置に紫外線などを照射するLEDが設置され、庫内に紫外光が照射される場合には、使用者の安全性を損なう可能性があった。
【0005】
本発明は、上記従来の課題を解決するもので、庫内に紫外光が照射される場合においても、紫外線を照射するLEDと連動して、可視光線を照射するLEDを備えることにより、使用者に紫外線が出ていることを喚起し、安全性に優れた冷蔵庫を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記従来の課題を解決するために本発明の冷蔵庫は、冷凍サイクルの冷却器で生成された冷気により冷却される貯蔵室と、前記貯蔵室の前面に備えられた扉と、前記貯蔵室内に紫外線を照射する紫外線LEDと、前記貯蔵室内に可視光線を照射する可視光線LEDとを備え、前記扉が開いている状態において前記紫外線LEDが点灯する場合には、前記可視光線LEDを同時に点灯することを特徴とするものである。
【0007】
これにより、扉が開いている場合に使用者に紫外線が出ていることを報知でき、安全性を高めることができる。
【発明の効果】
【0008】
本発明の冷蔵庫は、貯蔵室内に可視光線を照射する可視光線LEDを備え、紫外線LEDと同期して点灯させることで、使用者に紫外線が出ていることを報知でき、安全性を高めることができるとともに、貯蔵室内の視認性を向上することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
請求項1に記載の発明は、冷凍サイクルの冷却器で生成された冷気により冷却される貯蔵室と、前記貯蔵室の前面に備えられた扉と、前記貯蔵室内に紫外線を照射する紫外線LEDと、前記貯蔵室内に可視光線を照射する可視光線LEDとを備え、前記扉が開いている状態において前記紫外線LEDが点灯する場合には、前記可視光線LEDを同時に点灯することを特徴とするものであり、前記可視光線LEDを前記紫外線LEDと同期して点灯させることで、使用者に紫外線が出ていることを警告し、安全性を高めることができる。
【0010】
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、貯蔵室の扉の開閉を検知することができる扉スイッチと、LEDの点灯消灯を制御することができるLED駆動制御回路とを備え、前記扉スイッチが、扉が閉まっていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて可視光線LEDを消灯させ、前記扉スイッチが、扉が開いていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて可視光線LEDを点灯させるものであり、安全性を高めると同時に、可視光線LEDの寿命の向上や、冷蔵庫の消費電力量低減などの効果がある。
【0011】
請求項3に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、貯蔵室の扉の開閉を検知することができる扉スイッチと、LEDの点灯消灯を制御することができるLED駆動制御回路とを備え、前記扉スイッチが、扉が閉まっていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて紫外線LEDを点灯させ、前記扉スイッチが、扉が開いていることを検知した場合は、前記LED駆動制御回路にて紫外線LEDを消灯させるものであり、安全性を高めると同時に、紫外線LEDの寿命の向上や、冷蔵庫の消費電力量低減などの効果がある。
【0012】
以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によってこの発明が限定されるものではない。
【0013】
(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1における冷蔵庫の制御装置のブロック図であり、冷蔵庫の構成と動作を示すものである。
【0014】
図1において、冷蔵庫2は、冷凍サイクルの冷却器で生成された冷気により冷却さる冷蔵室などの貯蔵室12を備え、貯蔵室12内に紫外線を照射する紫外線LED10備え、貯蔵室12内に可視光線を照射する可視光線LED13を備え、貯蔵室12内に貯蔵室12の扉の開閉を検知することができる扉スイッチ14を備え、紫外線LED10と、可視光線LED13の点灯消灯を制御するLED駆動制御回路15を備えた構成となっている。
【0015】
また、ここでいう紫外線とはUV−AとUV−Bの波長領域を含んだ光線とし、可視光線とは、人間の目で光を認知できる程度の波長領域を含んだ光線である。
【0016】
以上のように構成された冷蔵庫2について、以下その動作、作用を説明する。
【0017】
まず、冷蔵庫2の電源投入後、紫外線LED10と可視光線LED13を点灯させる。また、扉スイッチ14が貯蔵室12の扉が閉められた状態であることを検知した場合は、LED駆動制御回路15でもって可視光線LED13を消灯し、扉スイッチ14が貯蔵室12の扉が開けられた状態であることを検知した場合は、LED駆動制御回路15でもって可視光線LED13を点灯させる。
【0018】
なお、扉スイッチ14が貯蔵室12の扉が閉められた状態であることを検知した場合は、LED駆動制御回路15でもって紫外線LED10を点灯し、扉スイッチ14が貯蔵室12の扉が開けられた状態であることを検知した場合は、LED駆動制御回路15でもって紫外線LED10を消灯させてもよい。
【0019】
以上のように、本実施の形態においては、扉が開けられた状態において、紫外線LED10が点灯され、紫外線が庫内に照射される場合には、可視光線LEDを前記紫外線LEDと同期して点灯させることで、使用者に紫外線が出ていることを警告し、安全性を高めることができる。
【0020】
また、貯蔵室の扉が開いている場合にのみ、可視光線を照射して、使用者に貯蔵室内に紫外線が出ていることを警告し、扉が閉められた状態では可視光線LED13を消灯することで同時に可視光線LED13の通電時間が減少することによる寿命の向上や、冷蔵庫の消費電力量を低減することができる。また、貯蔵室の扉が開いている場合に、紫外線LEDを消灯することで、人体に紫外線が照射されることを防ぐと同時に、紫外線LED通電時間が減少することによる寿命の向上や、冷蔵庫の消費電力量を低減することができる。
【0021】
なお、本実施の形態においては、扉スイッチ14が備えられた扉を例に説明したが、扉スイッチを備えていない貯蔵室においては、紫外線LED10が点灯されている場合には必ず同時に可視光線LED13を点灯しておくことで、扉がいつ開けられても、紫外線LEDが照射されている場合には可視光線LED13も照射されるので使用者に紫外線が出ていることを警告し、安全性を高めることができる。
【0022】
よって、このような扉スイッチ14が備えられていない貯蔵室においては、扉の開閉に関わらず、紫外線LED10と可視光線LED13を同時に点灯しておくことで、扉が開いている状態において紫外線LEDが点灯する場合には、可視光線LEDを同時に点灯させることとなり、使用者の安全性を高める上で有効である。
【0023】
本実施の形態では、各々の機能ごとに説明をしたがそれぞれを組み合わせて用いてもなんら問題はない。
【産業上の利用可能性】
【0024】
以上のように、本発明にかかる冷蔵庫は、貯蔵室内に設けられた紫外線LEDが照射される場合に、紫外線が照射されていることを使用者へ警告し、人体へ紫外線が当たることを防ぐものであり、冷蔵庫に限らず、紫外線などの人体に害のある光線を用いる装置であれば、人体に無害な可視光線LEDを併設することで、装置の安全性を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】本発明の実施の形態1における冷蔵庫の制御装置のブロック図
【図2】従来の脱臭機能付き冷蔵庫の構造を示す断面図
【符号の説明】
【0026】
10 紫外線LED
12 貯蔵室
13 可視光線LED
14 扉スイッチ
15 LED駆動制御回路




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013