米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 照明付収納体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−56599(P2007−56599A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−244935(P2005−244935)
出願日 平成17年8月25日(2005.8.25)
代理人 【識別番号】100083806
【弁理士】
【氏名又は名称】三好 秀和
発明者 田中 善史
要約 課題
太陽光電池を人目に付かないように設置するとともに、その受光面積を増加させる照明付収納体を提供する。

解決手段
照明付収納体11に扉12を備え、扉12の上端部12aにヒンジ13を介して開閉自在の二面からなる照明用電源としての太陽光電池14を設ける。二面を構成する第1の面14aを扉12の上端部12aに固着する。ヒンジ13は第2の面14bを第1の面14aから開放する方向に回転付勢するスプリング15を備える。扉12の周囲を囲む扉枠材16における上部扉枠材16aに沿って照明器具17を納める収納筐体18を設け、扉12に対面する収納筐体18の側面18aに斜面21が設けられる。扉12を閉めるのに連動して、第2の面14bは斜面21に当接しながら移動するので、スプリング15の回転付勢に打勝って第1の面14aに重なることで、太陽光電池14の発電が停止する。
特許請求の範囲
【請求項1】
扉を備える照明付収納体であって、
前記扉の上端部にヒンジを介して開閉自在の照明用電源としての太陽光電池を備えた二面からなるパネルを設け、前記パネルの第1の面を前記扉の上端部に固着するとともに前記ヒンジは第2の面を第1の面から開放して太陽光電池を開く方向に回転付勢するスプリングを備え、
前記扉の上端部に沿って前記照明付収納体に照明器具を納める収納筐体を設け、前記収納筐体の前記扉に対面する側面に扉上方に向かって斜面が設けられ、
前記扉を閉めるのに連動して、第2の面は前記斜面を用いて前記スプリングの回転付勢に打勝って第1の面に重なり前記パネルが折畳まれることを特徴とする照明付収納体。
【請求項2】
請求項1に記載の照明付収納体であって、前記パネルの幅は折畳まれた状態で前記扉の厚さ内に収まることを特徴とする照明付収納体。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は物置等の収納体に関するもので、詳しくは、収納体内の照明用電源に太陽光電池を用いる照明付収納体の技術に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、建物の廊下壁等に設けられる収納体(収納庫)は、内部への採光をできるだけ多くするために、扉位置を窓際に配置したり、廊下に設置された照明の近くに設ける等の工夫がされている。ところが、収納体の外部からの採光だけでは内部の必要照明が十分には得られないので、省エネによる照明器具が必要とされていた。
【0003】
このような照明付収納体は、例えば特許文献1に開示されている。特許文献1には、図4に示すように、物置1の屋根上部に太陽光電池2、物置内部に室内灯3、物置出入口部に入口灯4とモーションセンサー5と音声装置6を設置し、各部材はコネクター7を介して接続されている。
【0004】
太陽光電池2は底面部を永久磁石あるいは接着剤あるいは固定部材を使用して物置1の屋根上部で太陽光を十分に吸収できる場所に固定する。室内灯3は物置1の内部を、入口灯4は出入口部及び錠部を照らす任意場所に設置するとともに点灯の設定時間も変更できるよう構成される。
【特許文献1】登録実用新案第3098271号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところが、上記の太陽光電池2は物置1の屋根上部に固定されているので人目に付くため外観上好ましくないという問題があった。そこで、本発明はかかる従来技術の問題に鑑みなされたものであって、太陽光電池を人目に付かないように設置するとともに、その受光面積を増加することのできる照明付収納体を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1の発明は、扉を備える照明付収納体であって、前記扉の上端部にヒンジを介して開閉自在の照明用電源としての太陽光電池を備えた二面からなるパネルを設け、前記パネルの第1の面を前記扉の上端部に固着するとともに前記ヒンジは第2の面を第1の面から開放して太陽光電池を開く方向に回転付勢するスプリングを備え、前記扉の上端部に沿って前記照明付収納体に照明器具を納める収納筐体を設け、前記収納筐体の前記扉に対面する側面に扉上方に向かって斜面が設けられ、前記扉を閉めるのに連動して、第2の面は前記斜面を用いて前記スプリングの回転付勢に打勝って第1の面に重なり前記パネルが折畳まれることを特徴としている。
【0007】
請求項2の発明は、請求項1に記載の照明付収納体であって、前記パネルの幅は折畳まれた状態で前記扉の厚さ内に収まることを特徴としている。
【発明の効果】
【0008】
請求項1記載の発明によれば、前記扉の上端部にヒンジを介して開閉自在の照明用電源としての太陽光電池を備えた二面からなるパネルを設けるので、太陽光電池を人目に付かない位置に配置できる。そして、扉を閉めるとヒンジを介して太陽光電池が重なり一面分の広さになるので、さらに目立たなくなる。
【0009】
そして、見栄えが良くなり商品価値が向上する。また、太陽光電池が二面で構成されるので使用時に受光面積を増加させることができるので照明用電源としての効率が上がる。
【0010】
さらに、前記扉の上端部に沿って前記照明付収納体に照明器具を納める収納筐体を設け、前記収納筐体の前記扉に対面する側面に扉上方に向かって斜面が設けられ、前記扉を閉めるのに連動して、第2の面は前記斜面を用いて前記スプリングの回転付勢に打勝って第1の面に重なり前記パネルが折畳まれるので、二面からなるパネル(照明用電源)の開閉を扉の開閉によって自動的に行なうことができる。
【0011】
請求項2記載の発明によれば、前記パネルの幅は折畳まれた状態で前記扉の厚さ内に収まるので見栄えが良くなり商品価値が向上する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
<本発明の実施形態>
以下に、本発明の実施形態を図1〜図3に基づいて説明する。
【0013】
<照明付収納体の構成>
図1、図2(a)、(b)に示すように、本発明の照明付収納体11は扉12を備え、扉12の上端部12aにはヒンジ13を介して開閉自在の二面のパネルからなる照明用電源としての太陽光電池14が設けられる。そして、二面を構成する第1の面14aを扉12の上端部12aに固着する。前記ヒンジ13は第2の面14bを第1の面14aから開放する方向に回転付勢するスプリング15を備えている。
【0014】
ここで、扉12が扉枠材16を備える場合には、扉12の上端部12aに沿って扉枠材16の上部扉枠材16aに照明器具17を納める収納筐体18を設け、扉12に対面する収納筐体18の側面18aに扉上方に向かって斜面21が設けられる。このため、扉12を閉めるのに連動して、第2の面14bは斜面21に当接しながら移動するので、スプリング15の回転付勢に打勝って第1の面14aに重なり太陽光電池14の発電が停止する状態となる。
【0015】
図3に示すように、扉12の上端部12aに設けられる太陽光電池14と、上部扉枠材16aに沿って設けられる収納筐体18内の照明器具17との間の可動部は電線コード22が伸縮可能にコイル状22aで接続される。
【0016】
このコイル状22aの電線コード22は矢印で示す扉12の開閉動作時に扉12と扉枠材16に挟まれて損傷しないような長さや相応しいコイル性状を選定して配置される。収納筐体18にはLED等の照明器具17が左右2組設けられ、それぞれに照明付収納体11の内部を照らす照明窓23が設けられる。
【0017】
<照明付収納体の作用>
上記のように、扉の上端部にヒンジを介して開閉自在の二面からなる照明用電源としての太陽光電池を設けるので、太陽光電池が人目に付かない位置に配置できるとともに、太陽光電池が二面で構成されるので受光面積を増加させることができる。
【0018】
また、扉の周囲を囲む扉枠材における上部扉枠材に沿って照明器具を納める収納筐体を設け、扉に対面する収納筐体の側面に斜面が設けられるので、扉を閉めるのに連動して第2の面は斜面に当接しながら移動しスプリングの回転付勢に打勝って第1の面に重なり、太陽光電池の発電を自動的に停止できる。同様に、扉を開放するとスプリングの回転付勢によって太陽光電池の二面が自動的に開いて発電が自動的に開始できる。
【0019】
以上、本発明の実施形態を図面に基づいて説明したが、上記の実施例はいずれも本発明の一例を示したものであり、本発明はこれらに限定されるべきでないということは言うまでもない。収納筐体18に設けられる照明器具17は複数のLED等を設ける代わりに、テープ状の連続LED発光体を用いても良い。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本発明の実施形態における、照明付収納体11の扉12に設けられる太陽光電池14と扉枠材16に設けられる照明器具17との関係を示す斜視図である。
【図2】本発明の実施形態における、(a)は図1の扉12が開いた状態におけるA−A断面図、(b)は図1の扉12が閉じた状態におけるA−A断面図である。
【図3】本発明の実施形態における、図2(a)のB−B矢視図である。
【図4】従来例における、照明付収納体の斜視図である。
【符号の説明】
【0021】
11 照明付収納体
12 扉
12a 上端部
13 ヒンジ
14 太陽光電池
14a 第1の面
14b 第2の面
15 スプリング
16 扉枠材
16a 上部扉枠材
17 照明器具
18 収納筐体
18a 側面
21 斜面




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013