米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 松下電工株式会社

発明の名称 外壁開口部用役物
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−32052(P2007−32052A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−215603(P2005−215603)
出願日 平成17年7月26日(2005.7.26)
代理人 【識別番号】100093230
【弁理士】
【氏名又は名称】西澤 利夫
発明者 大門 俊文
要約 課題
外装材の端部を隠して外観性及び意匠性を向上するという利点はそのままに、良好な水密性を確保することのできる外壁開口部用役物を提供する。

解決手段
外壁1の開口部11周囲に取り付けられて、外壁1を構成する外装材13の端部を隠す役物3であって、開口部11周囲に取り付けられた際に外装材13の端部を表側から見えないように隠す立板部である第二立板部33を有し、この第二立板部33の裏面に、外装材13の端部と接触して第二立板部33と外装材13との間からの漏水を防ぐ水密性を持たせたピース材8を備えている。
特許請求の範囲
【請求項1】
外壁の開口部周囲に取り付けられて、外壁を構成する外装材の端部を隠す役物であって、開口部周囲に取り付けられた際に外装材の端部を表側から見えないように隠す立板部を有し、この立板部の裏面に、外装材の端部と接触して立板部と外装材との間からの漏水を防ぐ水密性を持たせたピース材を備えていることを特徴とする外壁開口部用役物。
【請求項2】
立板部は、その裏面にピース材を取り付ける取付部を有しており、
ピース材は、立板部裏面の取付部に取り付けられる取付板部を有し、この取付板部の高さが予め外装材の厚さに対応した高さに調整されていることを特徴とする請求項1記載の外壁開口部用役物。
【請求項3】
立板部は、その裏面にピース材を取り付ける複数段の取付部を有しており、
ピース材は、立板部裏面の取付部に取り付けられる取付板部を有しており、
ピース材の取付板部を取り付ける段を立板部の取付部から選んで取り付けることによって、外装材の厚さに対応させることが可能となっていることを特徴とする請求項1記載の外壁開口部用役物。
【請求項4】
ピース材は、隣接する役物本体を互いに長手方向に繋ぐ長尺形状を有していることを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載の外壁開口部用役物。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本願発明は、外壁における窓等の開口部周囲にて外装材の端部を隠す役物に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、建物の外壁に開口部を設けて窓枠等を取り付ける場合において、開口部周囲に見切り縁等の役物を取り付けることがしばしばある。
【0003】
具体的には、たとえば図12〜図14に例示したように、外壁1におけるモルタル仕上げされた既存外壁等の下地外壁10に設けられた開口部11の周端面に、窓枠等として機能するサッシ2の上下左右枠を取り付ける。このサッシ2には様々な種類があり、図12及び図13では外付タイプ、図14では半外付タイプのサッシ2を用いている。
【0004】
ここで、外壁1を構成する下地外壁10には、胴縁12を介して外装材13が取り付けられており、この外装材13の端部には、略U字状または略逆U字状の断面形状を有する役物3が取り付けられている。
【0005】
このような役物3を用いた外壁1は、たとえば下記特許文献1にも記載されている。
【特許文献1】特開2001−152655号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、上記のとおりの役物3が取り付けられている場合、外装材13の端部を表側から見えないように隠すことができるという利点はあるものの、役物3と外装材13との間から雨水が浸入して外装材13端部の腐食が発生するおそれがあった。
【0007】
そこで、以上のとおりの事情に鑑み、本願発明は、外装材の端部を隠して外観性及び意匠性を向上するという利点はそのままに、良好な水密性を確保することのできる外壁開口部用役物を提供することを課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本願発明は、上記の課題を解決するものとして、第1には、外壁の開口部周囲に取り付けられて、外壁を構成する外装材の端部を隠す役物であって、開口部周囲に取り付けられた際に外装材の端部を表側から見えないように隠す立板部を有し、この立板部の裏面に、外装材の端部と接触して立板部と外装材との間からの漏水を防ぐ水密性を持たせたピース材を備えていることを特徴とする。
【0009】
第2には、前記外壁開口部用役物において、立板部は、その裏面にピース材を取り付ける取付部を有しており、ピース材は、立板部裏面の取付部に取り付けられる取付板部を有し、この取付板部の高さが予め外装材の厚さに対応した高さに調整されていることを特徴とする。
【0010】
第3には、前記外壁開口部用役物において、立板部は、その裏面にピース材を取り付ける複数段の取付部を有しており、ピース材は、立板部裏面の取付部に取り付けられる取付板部を有しており、ピース材の取付板部を取り付ける段を立板部の取付部から選んで取り付けることによって、外装材の厚さに対応させることが可能となっていることを特徴とする。
【0011】
第4には、前記外壁開口部用役物において、ピース材は、隣接する役物本体を互いに長手方向に繋ぐ長尺形状を有していることを特徴とする。
【発明の効果】
【0012】
上記第1の発明によれば、立板部によって、外壁の開口部周囲に取り付けられた際に外装材の端部を表側から見えないように隠して外観性及び意匠性を向上できるとともに、ピース材によって、外装材の端部との間からの漏水を防いで良好な水密性を確保できる。また、たとえば外壁の改装時においても、外装材を先行施工し役物を後施工した際に、外装材との間の良好な水密性を常に確保できる。
【0013】
上記第2の発明によれば、上記第1の発明と同様な効果が得られ、また、ピース材の取付板部の高さを予め調整しておくことで、厚物の外装材や薄物の外装材といった様々な厚さの外装材に対しても、良好な水密性を確保できる。
【0014】
上記第3の発明によれば、上記第1の発明と同様な効果が得られ、また、ピース材の取付板部を取り付ける立板部の取付部の段を選ぶことで、厚物の外装材や薄物の外装材といった様々な厚さの外装材に対しても、良好な水密性を確保できる。
【0015】
上記第4の発明によれば、上記第1〜第3の発明と同様な効果が得られ、また、一続きの長尺形状のピース材によって、隣接する複数の役物本体を互いに繋ぐ際に役物間の不陸を吸収でき、より良好な水密性および意匠性を確保できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0016】
[第一の実施形態]
図1〜図4は、各々、本願発明の一実施形態を示したものである。
【0017】
本実施形態では、外壁1の開口部11に対して外付タイプのサッシ2が取り付けられ、且つモルタル仕上げされた既存外壁等の下地外壁10および胴縁12が施工されている状態において、まず外壁1の化粧層として機能する外装材13を取り付ける。
【0018】
このとき、外装材13は、下地外壁10表面の胴縁12に対して釘打ち等によって固定するが、外装材13の端部とサッシ2との間に、次述する役物3を取り付けるための空間(役物取付用空間と呼ぶこととする)4を確保するように、外装材13の端部をサッシ2から少し離した位置とする。
【0019】
より具体的には、開口部11の下方に位置する外装材13aにあっては、その上端面131aとサッシ2の下枠2aとの間に役物取付用空間4を確保し、開口部11の上方に位置する外装材13bにあっては、その下端面131bとサッシ2の上枠2bとの間に役物取付用空間4を確保する。
【0020】
続いて、この状態において、外装材13の端部を表側から見えないように隠す見切り縁として機能する役物3を取り付ける。
【0021】
使用される役物3は、帯板状の平板部31と、平板部31における奥側に位置する一端縁から垂直に立設した第一立板部32と、平板部31における手前側に位置する他端縁から第一立板部32とは反対方向に垂直に立設した第二立板部33とを備え、それらにより構成される略階段状の断面形状を有している。
【0022】
この役物3を、外装材13の取付後に、上記役物取付用空間4に第一立板部32および平板部31を挿入して取り付ける。
【0023】
このとき、第一立板部32は、役物取付用空間4内にて胴縁12の端部表面に当接し、平板部31は、第一立板部32から役物取付用空間4を抜けて外装材13の端部表面よりも前方に突出し、平板部31の突出端から下方に又は上方に延びた第二立板部33は、外装材13の端部表面をその前方に位置して隠すようになる。
【0024】
後は、役物取付用空間4に挿入した状態の役物3を固定するために、固定ネジ5を前方から捩じ込み、第一立板部32を胴縁12に対してネジ止めすればよい。
【0025】
さらに、固定状態の第一立板部32および平板部31とサッシ2との間に形成された空間に対して、シーリング材6を充填してもよい。本実施形態では、バックアップ材7を先に充填し、残りの空間にシーリング材6を充填している。これによれば、役物3とサッシ2との間に形成された空間からの漏水を、効果的に防ぐことができる。
【0026】
そして、本実施形態では、上記のとおりの役物3の裏側に、水密性を持たせたピース材8を設けて、第二立板部33と外装材13との間からの漏水をも防ぐようにしている。
【0027】
より具体的には、図2〜図4に拡大例示したように、ピース材8は、役物3の第二立板部33の裏面に設けられた取付部331に取り付けられる取付板部81と、この取付板部81に固定されているスポンジパッキン状の水密材82とからなる。取付板部81は、水密材82が固定される台板部811と、台板部811の上端片および下端片から垂直に延びた取付片812,813とを有しており、これら取付片812,813の先端が役物3の第二立板部33裏面の取付部331に嵌入される。
【0028】
このピース材8の存在によって、役物3の第二立板部33が外装材13端部を表側から見えないように隠している状態にてさらに、第二立板部33と外装材13端部との間に生じる隙間から雨水が浸入するのを防ぎ、開口部11周囲におけるより一層良好な水密性を確保することができる。
【0029】
[第二の実施形態]
ところで、たとえば図5(a)(b)に例示したように、外装材13については、厚さにバリエーションがあり、厚物や薄物といった様々なタイプが存在する。このため、外装材13の厚さに応じて役物3の第二立板部33と外装材13の端部表面との間隔が異なり、その間隔に生じる隙間からの漏水を防ぐには、ピース材8の高さを調整する必要が生じる。
【0030】
そこで、本実施形態では、ピース材8における取付板部81の高さを、予め外装材13の厚さに対応した高さに調整している。すなわち、厚物の外装材13に対しては、その厚さに対応させて、取付板部81を構成する台板部811の高さつまり第二立板部33裏面からの突出高さを低くし(図5(a)参照)、薄物の外装材13に対しては、その厚さに対応させて、台板部811の突出高さを高くしている(図5(b)参照)。
【0031】
これにより、第二立板部33と外装材13との間隔が狭くなったり(図5(a)参照)広くなったりしても(図5(b)参照)、それぞれに適した高さの取付板部81を有するピース材8を用いることで、水密材82が外装材13にしっかりと密着して、役物3の第二立板部33と外装材13との間の良好な水密性を常に実現できるようになる。
【0032】
[第三の実施形態]
ピース材8の高さ調整については、上記実施形態の他に、たとえば図6〜図8(a)(b)に例示したように、役物3の第二立板部33裏面に複数段の取付部331を設け、ピース材8の取付板部81を構成する取付片815を取付部331の各段に嵌入可能な形状のものとして、取付片815を取り付ける段を取付部331から選んで嵌入させることによっても可能である。
【0033】
取付部331の各段は、第二立板部33裏面から徐々に離れる方向に積み重なっており、裏面に一番近い段に取付片815を嵌入させると、ピース材8の第二立板部33裏面からの突出高さが低くなるので、厚物の外装材13に対応でき(図8(a)参照)、次の段に取付片815を嵌入させると、ピース材8の突出高さは高くなるので、薄物の外装材13に対応できる(図8(b)参照)。
【0034】
したがって、第二立板部33と外装材13との間隔が狭くなったり(図8(a)参照)広くなったり(図8(b)参照)しても、それぞれに適した段の取付部331に取付片815を嵌入させてピース材8を第二立板部33に取り付けることで、常に良好な水密性を確保できるのである。
【0035】
なお、図6〜図8(a)(b)における取付部331は2段となっているが、3段以上の取付部331としても良いことは言うまでもない。
【0036】
[第四の実施形態]
図9〜図11は、各々、本願発明のさらに別の一実施形態を示したものである。
【0037】
本実施形態では、上記第一の実施形態と基本構成は同じであるが、役物3が、第一立板部32の先端からさらに第二の平板部34が延設されて、二段の断面略階段状のものとなっており、この平板部34が、役物取付用空間4への挿入時に胴縁12とサッシ2との間にある隙間に挿入されている。この隙間は胴縁12の下地外壁10への施工時に予め確保しておいたものである。
【0038】
その他の形状や構成は上記各実施形態とは何等異ならず、ピース材8を介在させたことによる水密性に関する優れた効果を実現できる。
【0039】
[第五の実施形態]
以上のとおりのピース材8を備えた役物3を外壁1の開口部11周囲に取り付ける場合、複数の役物3を横並びに取り付けることがしばしばあるが、このとき、役物3同士を不陸なく繋ぐことで開口部11周りの外観性や意匠性を維持することが好ましい。
【0040】
そこで、たとえば図2および図3に例示したように、ピース材8を十分に長尺な形状として、そのピース材8により隣接する役物3を互いに長手方向に繋ぐことで、役物3間の不陸を吸収することができる。
【0041】
図2および図3の実施形態では、ピース材8の取付板部81を構成する取付片812,813を各役物3の第二立板部33裏面の取付部331に嵌入させて、一本の長尺なピース材8を各役物3間に跨るように取り付けており、各役物3が不陸なく一直線上に横並びしている。
【0042】
[他の実施形態]
以上の実施形態ではサッシ2が外付タイプとなっているが、本願発明は、図14における半外付タイプや図示していない内付タイプのサッシ2を用いる場合にも適用できることは言うまでもない。
【図面の簡単な説明】
【0043】
【図1】本願発明の一実施形態を示した断面図。
【図2】役物の一実施形態を示した正面斜視図。
【図3】役物の一実施形態を示した裏面斜視図。
【図4】役物の一実施形態を示した分解断面図。
【図5】(a)(b)は、各々、役物について説明するための断面図。
【図6】本願発明の別の一実施形態を示した断面図。
【図7】役物の別の一実施形態を示した分解断面図。
【図8】(a)(b)は、各々、役物について説明するための断面図。
【図9】役物のさらに別の一実施形態を示した分解断面図。
【図10】役物のさらに別の一実施形態を示した分解断面図。
【図11】本願発明のさらに別の一実施形態を示した断面図。
【図12】一従来例を示した斜視図。
【図13】一従来例を示した断面図。
【図14】一従来例を示した断面図。
【符号の説明】
【0044】
1 外壁
10 下地外壁
11 開口部
12 胴縁
13,13a,13b 外装材
131a 上端面
131b 下端面
2 サッシ
2a 下枠
2b 上枠
3 役物
30 受け部
31 平板部
32 第一立板部
33 第二立板部
331 取付部
34 平板部
4 役物取付用空間
5 固定ネジ
6 シーリング材
7 バックアップ材
8 ピース材
81 取付板部
811 台板部
812,813 取付片
814 台板部
815 取付片
82 水密材




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013