Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
キルティングデータ処理装置及びプログラム - ブラザー工業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 繊維;紙;印刷 -> ブラザー工業株式会社

発明の名称 キルティングデータ処理装置及びプログラム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−20643(P2007−20643A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−203390(P2005−203390)
出願日 平成17年7月12日(2005.7.12)
代理人 【識別番号】110000291
【氏名又は名称】特許業務法人コスモス特許事務所
発明者 田口 彰一 / 武藤 幸好 / 鈴木 幹俊 / 水野 雅裕 / 若山 明弘
要約 課題
縫製線による布地自体の変化を表示でき、キルティングの仕上がり状態を容易にイメージ可能なキルティングデータ処理装置及びプログラムを提供する。

解決手段
CPU22は、キルティングの布柄、布の厚さ、弾性材の厚さ、及びキルティングの縫製線が入力されて、プレビューボタンが選択された場合には、基本メッシュパターンを作成後、合計変形度を算出して、基本メッシュパターンをこの合計変形度に対応する変形度合いで該縫製線に沿って順次変形させると共に、この変形させたメッシュに隣接する各メッシュもその変形度合いに応じて変形させて変形メッシュパターンを作成する(S1〜S5)。そして、CPU22は、所定大きさで表示した布柄を変形メッシュパターンの対応する各メッシュに貼り付けて変形布画像データを作成し、該変形布画像データの上側に縫製線データを重ねてキルティング図柄として表示する(S6〜S7)。
特許請求の範囲
【請求項1】
キルティングに用いる布柄に関する布画像データを入力する布画像データ入力手段と、
キルティング図柄の縫製線データを入力する縫製線データ入力手段とを備えたキルティングデータ処理装置において、
任意の網目状の基本メッシュパターンを設定するメッシュパターン設定手段と、
前記縫製線データに基づいて前記基本メッシュパターンを変形させた変形メッシュパターンを作成する変形メッシュパターン作成手段と、
前記変形メッシュパターンに基づいて前記布画像データを修正した変形布画像データを作成する変形布画像データ作成手段と、
前記変形布画像データと前記縫製線データとに基づいてキルティング図柄を表示するキルティング図柄表示手段と
を備えたことを特徴とするキルティングデータ処理装置。
【請求項2】
キルティングに用いる布の厚さを設定する布厚設定手段を備え、
前記変形メッシュパターン作成手段は、前記布厚設定手段によって設定された布の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする請求項1に記載のキルティングデータ処理装置。
【請求項3】
キルティングの表布と裏布との間に介在させる弾性材の厚さを設定する弾性材設定手段を備え、
前記変形メッシュパターン作成手段は、前記弾性材設定手段によって設定された弾性材の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のキルティングデータ処理装置。
【請求項4】
前記変形布画像データ作成手段によって作成された変形布画像データに基づいて変形した布画像を表示する第1表示データを作成する第1表示データ作成手段と、
前記縫製線データに基づいて縫製線を表示する第2表示データを作成する第2表示データ作成手段と、
を備え、
前記キルティング図柄表示手段は、前記第1表示データと前記第2表示データとを合成して表示することを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれかに記載のキルティングデータ処理装置。
【請求項5】
コンピュータを、キルティングに用いる布柄に関する布画像データを入力する布画像データ入力手段と、
キルティング図柄の縫製線データを入力する縫製線データ入力手段として機能させるためのプログラムにおいて、
任意の網目状の基本メッシュパターンを設定するメッシュパターン設定手段と、
前記縫製線データに基づいて前記基本メッシュパターンを変形させた変形メッシュパターンを作成する変形メッシュパターン作成手段と、
前記変形メッシュパターンに基づいて前記布画像データを修正した変形布画像データを作成する変形布画像データ作成手段と、
前記変形布画像データと前記縫製線データとに基づいてキルティング図柄を表示するキルティング図柄表示手段と
して機能させることを特徴とするプログラム。
【請求項6】
コンピュータを、キルティングに用いる布の厚さを設定する布厚設定手段として機能させ、
前記変形メッシュパターン作成手段は、前記布厚設定手段によって設定された布の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする請求項5に記載のプログラム。
【請求項7】
コンピュータを、キルティングの表布と裏布との間に介在させる弾性材の厚さを設定する弾性材設定手段として機能させ、
前記変形メッシュパターン作成手段は、前記弾性材設定手段によって設定された弾性材の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする請求項5又は請求項6に記載のプログラム。
【請求項8】
コンピュータを、前記変形布画像データ作成手段によって作成された変形布画像データに基づいて変形した布画像を表示する第1表示データを作成する第1表示データ作成手段と、
前記縫製線データに基づいて縫製線を表示する第2表示データを作成する第2表示データ作成手段と
して機能させ、
前記キルティング図柄表示手段は、前記第1表示データと前記第2表示データとを合成して表示することを特徴とする請求項5乃至請求項7のいずれかに記載のプログラム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、キルティングデータ処理装置及びプログラムに関し、特に、キルティング図柄の表示データを作成するキルティングデータ処理装置及びプログラムに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来より、キルティング図柄の表示データを作成するキルティングデータ処理装置及びプログラムに関して種々提案されている。
例えば、キルティング図柄の縫製線データを入力する為の入力手段と、入力された縫製線データを記憶するデータ記憶手段と、ディスプレイを含む表示手段とを備えたキルティングデータ処理装置において、前記データ記憶手段に記憶された縫製線データに基づいて、キルティング図柄に対する所定方向からの照明により縫製線の両側に生じる帯状の明暗を示す帯状の明領域及び暗領域の少なくとも一方を設定し、キルティング図柄及び明領域と暗領域との少なくとも一方をディスプレイに表示する為の表示データを作成する表示データ作成手段とから構成されるキルティングデータ処理装置が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
【特許文献1】特開平11−226278号公報(段落(0020)〜(0041)、図1〜図10)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、上述した従来のキルティングデータ処理装置においては、縫製線による布地の厚さの変化によって表面に発生する明暗を表現するのみであり、布地自体の変形を表示できないため、キルティングの仕上がり状態をイメージするのが難しいという問題がある。
【0004】
そこで、本発明は、上述した問題点を解決するためになされたものであり、縫製線による布地自体の変化を表示でき、キルティングの仕上がり状態を容易にイメージすることが可能なキルティングデータ処理装置及びプログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
前記目的を達成するため請求項1に係るキルティングデータ処理装置は、キルティングに用いる布柄に関する布画像データを入力する布画像データ入力手段と、キルティング図柄の縫製線データを入力する縫製線データ入力手段とを備えたキルティングデータ処理装置において、任意の網目状の基本メッシュパターンを設定するメッシュパターン設定手段と、前記縫製線データに基づいて前記基本メッシュパターンを変形させた変形メッシュパターンを作成する変形メッシュパターン作成手段と、前記変形メッシュパターンに基づいて前記布画像データを修正した変形布画像データを作成する変形布画像データ作成手段と、前記変形布画像データと前記縫製線データとに基づいてキルティング図柄を表示するキルティング図柄表示手段とを備えたことを特徴とする。
【0006】
また、請求項2に係るキルティングデータ処理装置は、請求項1に記載のキルティングデータ処理装置において、キルティングに用いる布の厚さを設定する布厚設定手段を備え、前記変形メッシュパターン作成手段は、前記布厚設定手段によって設定された布の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする。
【0007】
また、請求項3に係るキルティングデータ処理装置は、請求項1又は請求項2に記載のキルティングデータ処理装置において、キルティングの表布と裏布との間に介在させる弾性材の厚さを設定する弾性材設定手段を備え、前記変形メッシュパターン作成手段は、前記弾性材設定手段によって設定された弾性材の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする。
【0008】
更に、請求項4に係るキルティングデータ処理装置は、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載のキルティングデータ処理装置において、前記変形布画像データ作成手段によって作成された変形布画像データに基づいて変形した布画像を表示する第1表示データを作成する第1表示データ作成手段と、前記縫製線データに基づいて縫製線を表示する第2表示データを作成する第2表示データ作成手段と、を備え、前記キルティング図柄表示手段は、前記第1表示データと前記第2表示データとを合成して表示することを特徴とする。
【0009】
また、請求項5に係るプログラムは、コンピュータを、キルティングに用いる布柄に関する布画像データを入力する布画像データ入力手段と、キルティング図柄の縫製線データを入力する縫製線データ入力手段として機能させるためのプログラムにおいて、任意の網目状の基本メッシュパターンを設定するメッシュパターン設定手段と、前記縫製線データに基づいて前記基本メッシュパターンを変形させた変形メッシュパターンを作成する変形メッシュパターン作成手段と、前記変形メッシュパターンに基づいて前記布画像データを修正した変形布画像データを作成する変形布画像データ作成手段と、前記変形布画像データと前記縫製線データとに基づいてキルティング図柄を表示するキルティング図柄表示手段として機能させることを特徴とする。
【0010】
また、請求項6に係るプログラムは、請求項5に記載のプログラムにおいて、コンピュータを、キルティングに用いる布の厚さを設定する布厚設定手段として機能させ、前記変形メッシュパターン作成手段は、前記布厚設定手段によって設定された布の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする。
【0011】
また、請求項7に係るプログラムは、請求項5又は請求項6に記載のプログラムにおいて、コンピュータを、キルティングの表布と裏布との間に介在させる弾性材の厚さを設定する弾性材設定手段として機能させ、前記変形メッシュパターン作成手段は、前記弾性材設定手段によって設定された弾性材の厚さに応じて前記基本メッシュパターンの変形度合いを変化させることを特徴とする。
【0012】
更に、請求項8に係るプログラムは、請求項5乃至請求項7のいずれかに記載のプログラムにおいて、コンピュータを、前記変形布画像データ作成手段によって作成された変形布画像データに基づいて変形した布画像を表示する第1表示データを作成する第1表示データ作成手段と、前記縫製線データに基づいて縫製線を表示する第2表示データを作成する第2表示データ作成手段として機能させ、前記キルティング図柄表示手段は、前記第1表示データと前記第2表示データとを合成して表示することを特徴とする。
【発明の効果】
【0013】
請求項1に係るキルティングデータ処理装置では、キルティングに用いる布柄に関する布画像データとキルティング図柄の縫製線データとを入力することによって、この縫製線データに基づいて任意の網目状の基本メッシュパターンを変形した変形メッシュパターンが作成される。そして、この変形メッシュパターンに基づいて入力された布画像データを修正した変形布画像データが作成される。その後、この変形布画像データと入力された縫製線データとに基づいてキルティング図柄が作成されて表示される。
これにより、キルティングに用いる布柄が縫製線によって変化した状態を表示することが可能となり、布地自体の変化を表示することが可能となる。このため、未熟者でもキルティング図柄の仕上がり状態を容易に確認することが可能となる。
【0014】
また、請求項2に係るキルティングデータ処理装置では、布厚設定手段によって設定された布の厚さに応じて基本メッシュパターンの変形度合いを変化させて変形メッシュパターンを作成するため、キルティングに使用する布の厚さに応じた変形布画像データを作成して表示することが可能となり、更に実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を表示することが可能となる。
【0015】
また、請求項3に係るキルティングデータ処理装置では、弾性材設定手段によって設定されたキルティングの表布と裏布との間に介在させる弾性材の厚さに応じて基本メッシュパターンの変形度合いを変化させて変形メッシュパターンを作成するため、キルティングに使用する弾性材の厚さに応じた変形布画像データを作成して表示することが可能となり、更に実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を表示することが可能となる。
【0016】
更に、請求項4に係るキルティングデータ処理装置では、変形布画像データに基づいて変形した布画像を表示する第1表示データを作成し、また、縫製線データに基づいて縫製線を表示する第2表示データを作成した後、この第1表示データと第2表示データとを合成して表示する。
これにより、立体的に表示された布画像に縫製線が表示されるため、更に実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を立体的に表示することが可能となる。
【0017】
また、請求項5に係るプログラムでは、コンピュータは、当該プログラムを読み込むことによって、ユーザが入力したキルティング図柄の縫製線データから、任意の網目状の基本メッシュパターンを変形した変形メッシュパターンを作成する。そして、コンピュータは、この変形メッシュパターンに基づいて、ユーザが入力したキルティングに用いる布柄に関する布画像データを修正して変形布画像データを作成する。その後、コンピュータは、この変形布画像データと入力された縫製線データとに基づいてキルティング図柄を作成して表示する。
これにより、ユーザが布柄に関する布画像データと縫製線データとを入力することによって、コンピュータは、キルティングに用いる布柄が縫製線によって変化した状態を表示することが可能となり、布地自体の変化を表示することが可能となる。このため、未熟者でもキルティング図柄の仕上がり状態を容易に確認することが可能となる。
【0018】
また、請求項6に係るプログラムでは、コンピュータは、当該プログラムを読み込むことによって、キルティングに用いる布の厚さを設定する布厚設定手段として機能し、ユーザはキルティングに用いる布の厚さを設定することが可能となる。また、コンピュータは、ユーザが設定した布の厚さに応じて基本メッシュパターンの変形度合いを変化させて変形メッシュパターンを作成するため、キルティングに使用する布の厚さに応じた変形布画像データを作成して表示することが可能となり、実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を表示することが可能となる。
【0019】
また、請求項7に係るプログラムでは、コンピュータは、当該プログラムを読み込むことによって、キルティングの表布と裏布との間に介在させる弾性材の厚さを設定する弾性材設定手段として機能し、ユーザはキルティングに用いる弾性材の厚さを設定することが可能となる。また、コンピュータは、ユーザが設定した弾性材の厚さに応じて基本メッシュパターンの変形度合いを変化させて変形メッシュパターンを作成するため、キルティングに使用する弾性材の厚さに応じた変形布画像データを作成して表示することが可能となり、更に実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を表示することが可能となる。
【0020】
更に、請求項8に係るプログラムでは、コンピュータは、当該プログラムを読み込むことによって、変形布画像データ作成手段によって作成された変形布画像データに基づいて変形した布画像を表示する第1表示データを作成する第1表示データ作成手段と、縫製線データに基づいて縫製線を表示する第2表示データを作成する第2表示データ作成手段として機能し、この第1表示データと前記第2表示データとを合成して表示する。
これにより、コンピュータは、立体的に表示された布画像上に縫製線を表示するため、更に実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を立体的に表示することが可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
以下、本発明に係るキルティングデータ処理装置及びプログラムについて、本発明を具体化した一実施例に基づき図面を参照しつつ詳細に説明する。
【0022】
先ず、本実施例に係るキルティングデータ処理装置の概略構成を図1に基づき説明する。
図1において、キルティングデータ処理装置1は、制御本体部3を主体として構成されている。制御本体部3は、画像、図形、文字等を表示するCRTディスプレイ4を備えている。また、制御本体部3には、キーボード5、マウス6、フレキシブルディスク(FD)装置7、ハードディスク装置8、CD−ROM装置9、フラッシュメモリ装置10、イメージスキャナ装置11が接続されている。
【0023】
フレキシブルディスク装置7には、後述するキルティングデータ処理プログラム等の各種のプログラム等が記憶された記録媒体であるフレキシブルディスク7A(図2参照)が着脱可能にセットされるように構成されている。ハードディスク装置8は、画像データ、アウトラインデータ、刺繍データ、縫製線データ、キルティング図柄データをハードディスクに保存したりハードディスクから読み出したりするものである。CD−ROM装置9は、CD−ROMに記録された画像データ、アウトラインデータ、刺繍データ、縫製線データ、キルティング図柄データを読み出すものである。フラッシュメモリ装置10は、不揮発性のフラッシュメモリからなるメモリカード12を着脱可能に備えており、メモリカード12に刺繍データ、縫製線データを書き込むものである。イメージスキャナ装置11は、刺繍模様の原画や布地の布柄等を読み込むためのものである。
【0024】
また、刺繍ミシン2のミシン本体部13は、ベッド部14の上方にアーム部15を一体に有して構成されている。アーム部15の先端部には、縫針16を有する針棒(図示せず)が設けられている。また、ベッド部14の上には、加工布(図示せず)を保持する刺繍枠17が配置されている。刺繍枠17は、刺繍枠移動機構18により装置固有のXY座標系に基づく任意の位置に移動するように構成されている。そして、刺繍枠移動機構18により加工布を自在に移動させながら針棒や釜機構(図示せず)を駆動させることにより、加工布に対して所定の刺繍やキルティング図柄を形成する縫製動作が実行される。
【0025】
更に、ミシン本体13の右側面部には、メモリカード12が差し込まれるカード挿入孔19が設けられている。
前記刺繍枠移動機構18や針棒等は、マイクロコンピュータ等から構成される制御装置(図示せず)により制御されるように構成されている。そして、かかる制御装置には、メモリカード12により、外部から刺繍データや縫製データが与えられるように構成されている。従って、刺繍データや縫製データの内の一針毎の加工布のXY方向の移動量(針落ち位置)を指示するデータに基づいて、制御装置は、刺繍模様やキルティング図柄の形成動作を自動的に実行することが可能となる。
【0026】
続いて、キルティングデータ処理装置1の電気的構成について、図2に基づき説明する。
図2において、制御本体部3に内蔵された制御装置20は、例えばマイクロコンピュータを主とした回路から構成されており、入出力インターフェース21、CPU22、ROM23、RAM24をバスライン25を介して相互に接続して構成されている。
【0027】
また、入出力インターフェース21には、CRTディスプレス4、キーボード5、マウス6、フレキシブルディスク(FD)装置7、フラッシュメモリ装置10、ハードディスク装置8、イメージスキャナ装置11、CD−ROM装置9が接続されている。
【0028】
前記した構成より、制御装置20は、フレキシブルディスク7Aに記憶された布柄データやキルティングデータ処理プログラム等をフレキシブルディスク装置7を介して読み取り、この読み取ったプログラムに従ってキルティング図柄の表示データ作成処理を実行するように構成されているものである。
【0029】
ROM23には、キルティングデータ処理装置1を動作させるに必要な制御プログラム、キルティング図柄の表示データを作成する後述の制御プログラム、その他キルティングデータを処理するについて必要な各種のプログラム等や、キルティング図柄の表示データを作成するための布変形テーブル31(図3参照)や弾性材変形テーブル32(図4参照)等の各種データや布柄データ等が記憶されている。また、RAM24には、キーボード5やマウス6によって入力された縫製線データを記憶する縫製線データ記憶エリア、基本メッシュパターンをこの縫製線データに基づいて変形した変形メッシュパターンを記憶する変形メッシュパターン記憶エリア、表示画像データを記憶する画像データ記憶エリア、その他キルティング図柄の表示データを作成するについて必要な各種のデータメモリ領域が設けられている。
【0030】
次に、ROM23に記憶される布変形度テーブル31について図3に基づいて説明する。
尚、この布変形度テーブル31は、後述のように基本メッシュパターンの変形度合いを決定する際に使用するテーブルであり、布の厚さが大きくなるに従ってミシンによる縫製線の凹部が深くなることから、メッシュパターンの変形度合いは、布の厚さが大きくなるに従って大きくなるように設定されている。
図3に示すように、布変形度テーブル31は、キーボード5やマウス6で選択されたキルティングの布の厚さを表す「布の厚さ」と、それに対応する基本メッシュパターンの変形度合いを表す「メッシュパターンの変形度」とから構成されている。
また、「布の厚さ」には、「薄い」、「普通」、「厚い」の3種類が予め格納されている。また、「メッシュパターンの変形度」には、「薄い」に対応して「1」、「普通」に対応して「2」、「厚い」に対応して「3」が予め格納されている。
【0031】
次に、ROM23に記憶される弾性材変形度テーブル32について図4に基づいて説明する。
尚、この弾性材変形度テーブル32は、後述のように基本メッシュパターンの変形度合いを決定する際に使用するテーブルであり、表布と裏布との間に介在する綿やスポンジ等の弾性材の厚さが大きくなるに従ってキルティングの仕上がり厚さが大きくなり、ミシンによる縫製線の凹部が深くなることから、メッシュパターンの変形度合いは、弾性材の厚さが大きくなるに従って大きくなるように設定されている。
図4に示すように、弾性材変形度テーブル32は、キーボード5やマウス6で選択されたキルティングの弾性材の厚さを表す「弾性材の厚さ」と、それに対応する基本メッシュパターンの変形度合いを表す「メッシュパターンの変形度」とから構成されている。
また、「弾性材の厚さ」には、「薄い」(例えば、厚さ1mm〜5mmである。)、「普通」(例えば、厚さ6mm〜10mmである。)、「厚い」(例えば、厚さ11mm以上である。)の3種類が予め格納されている。また、「メッシュパターンの変形度」には、「薄い」に対応して「3」、「普通」に対応して「5」、「厚い」に対応して「7」が予め格納されている。
【0032】
前記のように構成されたキルティングデータ処理装置1において、キルティング図柄を表示する表示制御処理について図5乃至図16に基づいて説明する。
図5に示すように、先ず、ステップ(以下、Sと略記する)1において、CPU22は、CRTディスプレイ4にキルティングの布柄、布の厚さ、表布と裏布との間に介在する弾性材の厚さを選択する各選択画面を表示する。そして、キーボード5またはマウス6から所定の入力がなされてそれぞれ選択された場合には、CPU22は、この選択された布柄をキルティング表示領域に所定大きさで表示すると共に、布柄データ、布の厚さデータ及び弾性材の厚さデータをRAM24に記憶する。
【0033】
例えば、図6に示すように、CPU22は、CRTディスプレイ4の左側にキルティング図柄を表示するキルティング表示ウィンド35を表示する。また、CPU22は、CRTディスプレイ4の右下側に布柄を選択する生地選択ウィンド36を表示する。また、CPU22は、このCRTディスプレイ4の右上側に表布と裏布との間に介在させる弾性材の種類と厚さを選択する弾性材選択ウィンド37を表示する。
そして、ユーザがキーボード5またはマウス6で生地選択ウィンド36に表示される複数の布柄から1の布柄を選択した場合には、CPU22は、この選択された布柄をキルティング表示ウィンド35のキルティング表示領域39に表示すると共に、布柄データとしてRAM24に記憶する。例えば、生地選択ウィンド36で市松模様が選択された場合には、CPU22は、キルティング表示領域39に市松模様を表示すると共に、この市松模様を布柄データとしてRAM24に記憶する。
【0034】
また、ユーザがキーボード5またはマウス6で弾性材選択ウィンド37に表示される弾性材の種類と厚さを選択した場合には、CPU22は、弾性材の種類と厚さのデータをRAM24に記憶する。例えば、「スポンジ・普通」が選択された場合には、CPU22は、弾性材の種類と厚さのデータとして「スポンジ・普通」のデータをRAM24に記憶する。
また、ユーザがキルティング表示ウィンド35の上端部に表示される布厚ボタン41をマウス6でクリックして、表示される布の厚さを選択した場合には、CPU22は、この選択された布の厚さデータをRAM24に記憶する。例えば、「普通」が選択された場合には、CPU22は、布の厚さデータとして「普通」をRAM24に記憶する。
【0035】
そして、S2において、ユーザがキーボード5またはマウス6から所定の入力を行ってキルティングの縫製線を入力した場合には、CPU22は、キルティング表示領域に所定大きさで表示される布柄上にこの縫製線を表示すると共に、この縫製線データをRAM24に記憶する。これにより、ユーザは、キルティングの縫製線の形状を容易に確認することが可能となる。
例えば、図7に示すように、ユーザが、キーボード5またはマウス6から所定の入力を行ってハート形の縫製線43を入力した場合には、CPU22は、キルティング表示領域39に表示される市松模様の布柄の上に、このハート形の縫製線43を表示する。
また同時に、図8に示すように、CPU22は、キルティング表示領域39上の縫製線43の位置データから構成される縫製線データ43AをRAM24に記憶する。
【0036】
続いて、S3において、CPU22は、キルティング図柄の表示を指示するプレビューボタンが選択されたか否かを判定する判定処理を実行する。そして、プレビューボタンが選択された場合には(S3:YES)、CPU22は、S4の処理に移行する。一方、プレビューボタンが所定時間(例えば、3分間〜5分間である。)内に選択されなかった場合には(S3:NO)、CPU22は、S8の処理に移行する。
例えば、図7に示すように、キルティング表示ウィンド35の上端部に表示されるプレビューボタン42がマウス6でクリックされた場合には(S3:YES)、CPU22は、S4の処理に移行する。一方、このプレビューボタン42が所定時間内にマウス6でクリックされなかった場合には(S3:NO)、CPU22は、S8の処理に移行する。
【0037】
そして、S4において、CPU22は、ROM23から所定メッシュ数を読み出し、キルティング表示領域を該所定メッシュ数の網目状に分割して基本メッシュパターンを作成し、RAM24に記憶する。
例えば、図9(A)に示すように、キルティング表示領域39を18×19のマトリックス状のメッシュに分割した基本メッシュパターンとしてのメッシュパターン39Aを作成してRAM24に記憶する。
【0038】
続いて、S5において、CPU22は、RAM24から、布の厚さデータを読み出して、布変形度テーブル31から該布の厚さデータに対応するメッシュパターンの変形度を読み込む。また、CPU22は、RAM24から、弾性材の厚さデータを読み出して、弾性材変形度テーブル32から該弾性材の厚さデータに対応するメッシュパターンの変形度を読み込む。そして、各メッシュパターンの変形度を合計した合計変形度を算出する。続いて、CPU22は、RAM24から縫製線データと基本メッシュパターンとを読み出し、該基本メッシュパターンの各メッシュのうちの縫製線データに重なる各メッシュをこの算出して合計変形度に対応する変形度合いで該縫製線に沿って順次変形させると共に、この変形させたメッシュに隣接する各メッシュもその変形度合いに応じて変形させて変形メッシュパターンを作成し、この変形メッシュパターンをRAM24に記憶する。
【0039】
例えば、図6に示すように、RAM24に記憶した布の厚さデータが「普通」、弾性材の厚さデータが「スポンジ・普通」の場合には、CPU22は、布変形度テーブル31から「メッシュパターンの変形度」として「2」を読み出し、弾性材変形度テーブル32から「メッシュパターンの変形度」として「5」を読み出し、それぞれを合計して「合計変形度」として「7」を算出する。
続いて、図9(B)に示すように、CPU22は、基本メッシュパターンとしてのメッシュパターン39A(図9(A)参照)をRAM24から読み出し、このメッシュパターン39Aの各メッシュのうちの縫製線データ43A(図8参照)に重なる各メッシュを「合計変形度7」に対応する変形度合いで該縫製線データ43Aに沿って順次変形すると共に、この変形させたメッシュに隣接する各メッシュもその変形度合いに応じて変形させて変形メッシュパターンとしてのメッシュパターン39Bを作成して、RAM24に記憶する。
【0040】
そして、S6において、CPU22は、キルティング表示領域に所定大きさで表示した布柄を基本メッシュパターンに基づいてメッシュ状に分割して分割布柄データを作成後、各メッシュに対応する各分割布柄データをRAM24に記憶する変形メッシュパターンの対応する各メッシュの変形に対応させて変形させて貼り付け、変形布画像データを作成してRAM24に記憶する。
例えば、図10に示すように、CPU22は、キルティング表示ウィンド35のキルティング表示領域39に表示した市松模様(図6参照)を18×19のマトリックス状のメッシュ状に分割した分割布柄データを作成後、各メッシュに対応する各分割布柄データをメッシュパターン39Bの対応する各メッシュの変形に対応させて変形させて貼り付け、変形布画像データ45を作成してRAM24に記憶する。
【0041】
続いて、S7において、CPU22は、RAM24から縫製線データと変形布画像データとを読み出して、該変形布画像データの上側に縫製線データを重ねてキルティング図柄データを作成し、キルティング表示領域に入力された縫製線によって形成されるキルティング図柄として表示する。
例えば、図11に示すように、CPU22は、RAM24から縫製線データ43A(図8参照)と変形布画像データ45(図10参照)とを読み出し、該変形布画像データ45の上側に縫製線データ43Aを重ねてキルティング図柄データを作成し、キルティング表示領域39に入力された縫製線43によって形成されるキルティング図柄46として表示する。
【0042】
そして、S8において、CPU22は、キルティング図柄の編集処理を必要とするか否かを判定する判定処理を実行する。そして、キルティング図柄の編集処理が終了した場合には(S8:NO)、CPU22は、当該制御処理を終了して、メインルーチンに戻る。
【0043】
一方、キルティング図柄の編集処理を必要とする場合には(S8:YES)、CPU22は、再度S1以降の処理を実行する。
【0044】
例えば、図12に示すように、S2の処理において、ユーザが、キーボード5またはマウス6から所定の入力を行ってハート形の縫製線43に替えて、キルティング表示領域39を3×3のマトリックス状に分割する各縫製線51〜58を入力した場合には、CPU22は、キルティング表示領域39に表示される市松模様の布柄の上に、各縫製線51〜58を表示する。
また同時に、図13に示すように、CPU22は、キルティング表示領域39上の各縫製線51〜58の位置データから構成される縫製線データ51A〜58AをRAM24に記憶する。
【0045】
そして、図14(A)に示すように、キルティング表示ウィンド35の上端部に表示されるプレビューボタン42がマウス6でクリックされた場合には(S3:YES)、CPU22は、S4乃至S5の処理において、キルティング表示領域39を19×20のマトリックス状のメッシュに分割した基本メッシュパターンとしてのメッシュパターン61Aを作成してRAM24に記憶する。
また、RAM24に記憶した布の厚さデータが「普通」、弾性材の厚さデータが「スポンジ・普通」の場合には、CPU22は、布変形度テーブル31から「メッシュパターンの変形度」として「2」を読み出し、弾性材変形度テーブル32から「メッシュパターンの変形度」として「5」を読み出し、それぞれを合計して「合計変形度」として「7」を算出する。
【0046】
続いて、図14(B)に示すように、CPU22は、基本メッシュパターンとしてのメッシュパターン61A(図14(A)参照)をRAM24から読み出し、このメッシュパターン61Aの各メッシュのうちの各縫製線データ51A〜58A(図13参照)に重なる各メッシュを「合計変形度7」に対応する変形度合いで該各縫製線データ51A〜58Aに沿って順次変形すると共に、この変形させたメッシュに隣接する各メッシュもその変形度合いに応じて変形させて変形メッシュパターンとしてのメッシュパターン61Bを作成して、RAM24に記憶する。
【0047】
続いて、図15に示すように、CPU22は、キルティング表示ウィンド35のキルティング表示領域39に表示した市松模様(図6参照)を19×20のマトリックス状のメッシュ状に分割した分割布柄データを作成後、各メッシュに対応する各分割布柄データをメッシュパターン61Bの対応する各メッシュの変形に対応させて変形させて貼り付け、変形布画像データ63を作成してRAM24に記憶する。
そして、図16に示すように、CPU22は、RAM24から各縫製線データ51A〜58A(図13参照)と変形布画像データ63(図15参照)とを読み出し、該変形布画像データ63の上側に各縫製線データ51A〜58Aを重ねてキルティング図柄データを作成し、キルティング表示領域39に入力された各縫製線51〜58によって形成されるキルティング図柄65として表示する。
そして、キルティング図柄の編集処理が終了した場合には(S8:NO)、CPU22は、当該制御処理を終了して、メインルーチンに戻る。
【0048】
ここで、キーボード5、マウス6、CRTディスプレイ4は、布画像データ入力手段、縫製線データ入力手段、布厚設定手段、弾性材設定手段を構成する。また、CPU22、ROM23、RAM24は、メッシュパターン設定手段、変形メッシュパターン作成手段、変形布画像データ作成手段、第1表示データ作成手段、第2表示データ作成手段を構成する。また、CPU22、ROM23、RAM24、CRTディスプレイ4は、キルティング図柄表示手段を構成する。
【0049】
以上詳細に説明した通り本実施例に係るキルティングデータ処理装置1では、ユーザがCRTディスプレイ4に表示される各選択画面によって、キーボード5またはマウス6でキルティングの布柄、布の厚さ、表布と裏布との間に介在する弾性材の厚さを選択することにより、この選択された布柄がキルティング表示領域に所定大きさで表示されると共に、布柄データ、布の厚さデータ及び弾性材の厚さデータがRAM24に記憶される(S1)。そして、ユーザがキーボード5またはマウス6から所定の入力を行ってキルティングの縫製線を入力した場合には、キルティング表示領域に所定大きさで表示される布柄上にこの縫製線が表示されると共に、この縫製線データがRAM24に記憶される(S2)。そして、ユーザがキルティング図柄の表示を指示するプレビューボタンを選択した場合には(S3:YES)、CPU22は、キルティング表示領域を該所定メッシュ数の網目状に分割して基本メッシュパターンを作成後、布の厚さデータに対応するメッシュパターンの変形度と、弾性材の厚さデータに対応するメッシュパターンの変形度とを合計して合計変形度を算出する(S4)。そして、CPU22は、基本メッシュパターンをこの合計変形度に対応する変形度合いで該縫製線に沿って順次変形させると共に、この変形させたメッシュに隣接する各メッシュもその変形度合いに応じて変形させて変形メッシュパターンを作成する(S5)。その後、CPU22は、キルティング表示領域に所定大きさで表示した布柄を基本メッシュパターンに基づいてメッシュ状に分割して分割布柄データを作成後、各メッシュに対応する各分割布柄データを変形メッシュパターンの対応する各メッシュの変形に対応させて変形させて貼り付け、変形布画像データを作成する(S6)。続いて、CPU22は、該変形布画像データの上側に縫製線データを重ねてキルティング図柄データを作成し、キルティング表示領域に入力された縫製線によって形成されるキルティング図柄として表示する(S7)。
【0050】
従って、ユーザがキーボード5またはマウス6でキルティングの布柄、布の厚さ、表布と裏布との間に介在する弾性材の厚さを選択し、キルティングの縫製線を入力後、マウス6でプレビューボタンを選択した場合には、キルティングに使用する布の厚さ、弾性材の厚さに応じた変形布画像データを作成して、布柄が縫製線によって変化した状態を立体的に表示することが可能となると共に、立体的に表示された布画像に縫製線を重ねて表示することが可能となり、キルティングに用いる表布の布柄が縫製線によって変化する実際の仕上がり状態に近づけたキルティング図柄を表示することが可能となる。このため、未熟者でもキルティング図柄の仕上がり状態を容易に確認することが可能となる。
【0051】
尚、本発明は上記本実施例に限定されることはなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の改良、変形が可能であることは勿論である。
【図面の簡単な説明】
【0052】
【図1】本実施例に係るキルティングデータ処理装置の概略構成を示す斜視図である。
【図2】キルティングデータ処理装置の制御系を示すブロック図である。
【図3】ROMに記憶される布変形度テーブルの一例を示す図である。
【図4】ROMに記憶される弾性材変形度テーブルの一例を示す図である。
【図5】キルティング図柄を表示する表示制御プログラムのフローチャートである。
【図6】布地選択画面の一例を示す図である。
【図7】縫製線の入力を説明する図である。
【図8】図7で入力された縫製線データを示す図である。
【図9】(A)はキルティング表示領域を網目状に分割した基本メッシュパターンの一例を示し、(B)は(A)の基本メッシュパターンを図8の縫製線データに基づいて変形した変形メッシュパターンの一例を示す図である。
【図10】図9(B)の変形メッシュパターンに基づいて作成した変形布画像データの一例を示す図である。
【図11】図8の縫製線データと図10の変形布画像データとを合成して表示したキルティング図柄の一例を示す図である。
【図12】他の縫製線の入力を説明する図である。
【図13】図12で入力された縫製線データを示す図である。
【図14】(A)はキルティング表示領域を網目状に分割した基本メッシュパターンの一例を示し、(B)は(A)の基本メッシュパターンを図13の縫製線データに基づいて変形した変形メッシュパターンの一例を示す図である。
【図15】図14(B)の変形メッシュパターンに基づいて作成した変形布画像データの一例を示す図である。
【図16】図13の縫製線データと図15の変形布画像データとを合成して表示したキルティング図柄の一例を示す図である。
【符号の説明】
【0053】
1 キルティングデータ処理装置
2 刺繍ミシン
3 制御本体部
4 CRTディスプレイ
5 キーボード
7 フレキシブルディスク装置
7A フレキシブルディスク
20 制御装置
22 CPU
23 ROM
24 RAM
31 布変形度テーブル
32 弾性材変形度テーブル
35 キルティング表示ウインド
36 生地選択ウインド
37 弾性材選択ウインド
39 キルティング表示領域
39A、39B、61A、61B メッシュパターン
41 布厚ボタン
42 プレビューボタン
43、51〜58 縫製線
43A、51A〜58A 縫製線データ
45、63 変形布画像データ
46、65 キルティング図柄




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013