米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 繊維;紙;印刷 -> キヤノン株式会社

発明の名称 印刷システム、印刷装置、印刷装置の制御方法、プログラムおよび記憶媒体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8122(P2007−8122A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−194995(P2005−194995)
出願日 平成17年7月4日(2005.7.4)
代理人 【識別番号】100125254
【弁理士】
【氏名又は名称】別役 重尚
発明者 替地 修也
要約 課題
コストアップを招くことなく、印刷処理を高速化することができる印刷システムを提供する。

解決手段
プリンタ装置3は、デジタルカメラ1から印刷が指示された際に、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが記憶部30に格納されているか否かを判定する。ここで、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが記憶部30に格納されている場合、プリンタ装置3は、格納されているプリントデータに基づいて印刷を行い、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが記憶部30に格納されていない場合、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータの送信をデジタルカメラに対して要求する。
特許請求の範囲
【請求項1】
撮像した画像データを印刷可能なプリントデータに変換し、該プリントデータを送信することが可能な撮像装置と、前記撮像装置から送信されたプリントデータを受信し、該受信したプリントデータに基づいて印刷を行う印刷装置とを有する印刷システムであって、
前記印刷装置は、
前記受信したプリントデータを格納するための記憶手段と、
前記撮像装置から印刷が指示された際に、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、
前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御手段と
を有することを特徴とする印刷システム。
【請求項2】
撮像した画像データを送信することが可能な撮像装置と、前記撮像装置から送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換することが可能な印刷装置を有する印刷システムであって、
前記印刷装置は、
前記プリントデータを格納するための記憶手段と、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記受信した画像データをプリントデータへ変換するように制御する制御手段と
を有することを特徴とする印刷システム。
【請求項3】
撮像した少なくとも1つの画像データを保持し、該保持されている画像データを一括して送信することが可能な撮像装置と、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な印刷装置を有する印刷システムであって、
前記印刷装置は、
前記撮像装置から一括して送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換手段と、
前記受信した画像データと該画像データに対応するプリントデータとを格納するための記憶手段と、
前記撮像装置からの印刷指示を受信すると、該印刷指示された画像データおよび該画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、
前記印刷指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷指示された画像データが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷指示された画像データの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御手段と
を有することを特徴とする印刷システム。
【請求項4】
前記プリントデータは、色毎のプリンタデータからなり、前記記憶手段には、色毎のプリンタデータのうち、少なくとも1つ以上の色のプリントデータが格納されることを特徴とする請求項1または2記載の印刷システム。
【請求項5】
前記印刷装置は、熱転写方式またはインクジェット方式により印刷を行うを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1つに記載の印刷システム。
【請求項6】
撮像した画像データを印刷可能なプリントデータに変換し、該プリントデータを送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信されたプリントデータを受信することが可能な通信手段と、前記受信したプリントデータに基づいて印刷を行う印刷手段とを備える印刷装置であって、
前記受信したプリントデータを格納するための記憶手段と、
前記撮像装置から印刷が指示された際に、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、
前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御手段と
を有することを特徴とする印刷装置。
【請求項7】
撮像した画像データを送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な通信手段と、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換手段とを備える印刷装置であって、
前記プリントデータを格納するための記憶手段と、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記受信した画像データをプリントデータへ変換するように制御する制御手段と
を有することを特徴とする印刷装置。
【請求項8】
撮像した少なくとも1つの画像データを保持し、該保持されている画像データを一括して送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な通信手段を備える印刷装置であって、
前記撮像装置から一括して送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換手段と、
前記受信した画像データと該画像データに対応するプリントデータとを格納するための記憶手段と、
前記撮像装置からの印刷指示を受信すると、該印刷指示された画像データおよび該画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、
前記印刷指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷指示された画像データが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷指示された画像データの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御手段と
を有することを特徴とする印刷装置。
【請求項9】
撮像した画像データを印刷可能なプリントデータに変換し、該プリントデータを送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信されたプリントデータを受信することが可能な通信手段と、前記受信したプリントデータに基づいて印刷を行う印刷手段とを備える印刷装置の制御方法であって、
前記受信したプリントデータを記憶手段に格納するデータ格納工程と、
前記撮像装置から印刷が指示された際に、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定工程と、
前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御工程と
を有することを特徴とする印刷装置の制御方法。
【請求項10】
撮像した画像データを送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な通信手段と、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換手段とを備える印刷装置の制御方法であって、
前記プリントデータを記憶手段に格納するデータ格納工程と、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定工程と、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記受信した画像データをプリントデータへ変換するように制御する制御工程と
を有することを特徴とする印刷装置の制御方法。
【請求項11】
撮像した少なくとも1つの画像データを保持し、該保持されている画像データを一括して送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な通信手段を備える印刷装置の制御方法であって、
前記撮像装置から一括して送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換工程と、
前記受信した画像データと該画像データに対応するプリントデータとを記憶手段に格納するデータ格納工程と、
前記撮像装置からの印刷指示を受信すると、該印刷指示された画像データおよび該画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定工程と、
前記印刷指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷指示された画像データが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷指示された画像データの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御工程と
を有することを特徴とする印刷装置の制御方法。
【請求項12】
撮像した画像データを印刷可能なプリントデータに変換し、該プリントデータを送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信されたプリントデータを受信することが可能な通信手段と、前記受信したプリントデータに基づいて印刷を行う印刷手段とを備える印刷装置を制御するためのプログラムであって、
前記受信したプリントデータを記憶手段に格納するデータ格納ステップと、
前記撮像装置から印刷が指示された際に、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定ステップと、
前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御ステップと
をコンピュータに実行させることを特徴とするプログラム。
【請求項13】
撮像した画像データを送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な通信手段と、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換手段とを備える印刷装置を制御するためのプログラムであって、
前記プリントデータを記憶手段に格納するデータ格納ステップと、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定ステップと、
前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記受信した画像データをプリントデータへ変換するように制御する制御ステップと
をコンピュータに実行させることを特徴とするプログラム。
【請求項14】
撮像した少なくとも1つの画像データを保持し、該保持されている画像データを一括して送信することが可能な撮像装置と通信し、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な通信手段を備える印刷装置を制御するためのプログラムであって、
前記撮像装置から一括して送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換ステップと、
前記受信した画像データと該画像データに対応するプリントデータとを記憶手段に格納するデータ格納ステップと、
前記撮像装置からの印刷指示を受信すると、該印刷指示された画像データおよび該画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定ステップと、
前記印刷指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷指示された画像データが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷指示された画像データの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御ステップと
を有することを特徴とするプログラム。
【請求項15】
請求項12ないし14のいずれか1つのプログラムをコンピュータ読み取り可能に格納したことを特徴とする記憶媒体。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、撮像装置から画像データを直接印刷装置へ送信し、印刷装置により撮像装置から送信された画像データの印刷を行う印刷システム、印刷装置、印刷装置の制御方法、プログラムおよび記憶媒体に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、デジタルカメラなどの撮像装置とプリンタ装置とを直接接続し、撮像装置で撮影された画像を、コンピュータおよび記録媒体などを介することなく、プリンタ装置から印刷出力するダイレクト印刷システムが登場している。また、このダイレクト印刷システムにおいて、写真画像を得るために、プリント装置としては、熱転写方式のものが採用される場合が多い。
【0003】
このようなダイレクト印刷システムによれば、撮像装置で撮像された画像を簡単に写真的に印刷することが可能になり、非常に便利である。
【0004】
また、ダイレクト印刷システムにおいては、印刷の高速化を図るための各種技術が提案されている。例えば、プリンタ装置での画像の印刷中に、次のプリントデータをデジタルカメラで並行して作成することにより、印刷処理時間の短縮化を図るものがある(特許文献1参照)。
【0005】
また、デジタルカメラがプリントデータを生成するようなシステムにおいて、このプリントデータの生成に時間のかかる場合は、プリンタ装置の給紙速度を遅くすることにより、プリンタ装置の無反応時間を短くすることにより、使用者に印刷速度が低いと体感させないようにするものがある(特許文献2参照)。
【特許文献1】特開2002―238012号公報
【特許文献2】特開2003―165253号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、従来のダイレクト印刷システムの構成では、印刷処理の高速化を十分に図ることはできない。
【0007】
印刷する画像データは、プリンタ装置が処理可能な形式のデータに変換する必要がある。例えば、インクリボンがイエロー、マゼンタ、シアンの三色で構成されている熱転写方式のプリンタの場合、インクリボンの各色に合わせて、デジタルカメラまたはプリンタは、画像データから各色のプリントデータを生成する必要がある。また、インクジェット方式のプリンタ装置の場合、デジタルカメラまたはプリンタ装置は、同様の処理または階調を表現するためにそれ以上の高度な処理を行うことが必要でなる。
【0008】
また、画像データサイズが大きい場合、リサイズ、補正処理などのプリント画像処理、プリントデータの生成に時間が掛かるので、プリンタ装置側での装置初期化動作、給紙開始からプリント開始までに待ち時間が発生する。また、複数枚プリント、繰り返しプリントを行う際には、その度に画像データの転送を行う必要があるとともに、リサイズ、補正処理などのプリント画像処理およびプリントデータの生成を行う必要があり、プリント速度の高速化または省電力化を行うことは難しい。また、デジタルカメラまたはプリンタに高速な処理能力を有するハードウェアを搭載することにより、処理時間を短縮することができ、印刷処理の高速化を実現することは可能になるが、これは、コストアップを招くことになる。
【0009】
本発明の目的は、コストアップを招くことなく、印刷処理を高速化することができる印刷システム、印刷装置、印刷装置の制御方法、プログラムおよび記憶媒体を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明は、上記目的を達成するため、撮像した画像データを印刷可能なプリントデータに変換し、該プリントデータを送信することが可能な撮像装置と、前記撮像装置から送信されたプリントデータを受信し、該受信したプリントデータに基づいて印刷を行う印刷装置とを有する印刷システムであって、前記印刷装置は、前記受信したプリントデータを格納するための記憶手段と、前記撮像装置から印刷が指示された際に、印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷が指示された画像データに対応するプリントデータの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御手段とを有することを特徴とする印刷システムを提供する。
【0011】
また、本発明は、上記目的を達成するため、撮像した画像データを送信することが可能な撮像装置と、前記撮像装置から送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換することが可能な印刷装置を有する印刷システムであって、前記印刷装置は、前記プリントデータを格納するための記憶手段と、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記受信した画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されていない場合、前記受信した画像データをプリントデータへ変換するように制御する制御手段とを有することを特徴とする印刷システムを提供する。
【0012】
また、本発明は、上記目的を達成するため、撮像した少なくとも1つの画像データを保持し、該保持されている画像データを一括して送信することが可能な撮像装置と、前記撮像装置から送信された画像データを受信することが可能な印刷装置を有する印刷システムであって、前記印刷装置は、前記撮像装置から一括して送信された画像データを受信し、該受信した画像データを印刷可能なプリントデータに変換するデータ変換手段と、前記受信した画像データと該画像データに対応するプリントデータとを格納するための記憶手段と、前記撮像装置からの印刷指示を受信すると、該印刷指示された画像データおよび該画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されているか否かを判定する判定手段と、前記印刷指示された画像データに対応するプリントデータが前記記憶手段に格納されている場合、該プリントデータに基づいて印刷を行い、前記印刷指示された画像データが前記記憶手段に格納されていない場合、前記印刷指示された画像データの送信を前記撮像装置に対して要求するように制御する制御手段とを有することを特徴とする印刷システムを提供する。
【0013】
また、本発明は、上記目的を達成するため、上記印刷システムに用いられる印刷装置、その制御方法、プログラムおよび記憶媒体を提供する。
【発明の効果】
【0014】
本発明によれば、コストアップを招くことなく、印刷処理を高速化することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明する。
【0016】
(第1の実施の形態)
図1は本発明の第1の実施の形態に係る印刷システムの全体構成を模式的に示す斜視図、図2は図1のデジタルカメラ1とプリンタ装置3との内部構成を示すブロック図である。
【0017】
本実施の形態の印刷システムは、図1に示すように、デジタルカメラ11と昇華型熱転写方式のプリンタ装置3とが接続ケーブル2を介して直接接続され、プリンタ装置3によりデジタルカメラ1で撮影された画像を印刷するダイレクトプリントシステムを提供する。ここで、デジタルカメラ1とプリンタ装置3との接続は、ケーブル接続に限定されることはなく、例えばそれぞれに送受信機能を設け、無線接続とすることも可能である。
【0018】
デジタルカメラ1は、図2に示すように、被写体を撮像するための撮像部20を有し、撮像部20は、撮像された画像を電気信号に変換して出力する。撮像部20から出力された電気信号は、画像処理部21へ入力される。画像処理部21は、記憶部22の一部領域をワークエリアとして使用し、入力された電気信号を所望の画像データに変換するための処理を行う。画像データは、制御部23およびI/F部24を経て外部記憶媒体25へ書き込まれる。制御部23は、CPUなどを有し、このCPUは、記憶部22に格納されているプログラムを読み出し実行することによって、デジタルカメラ1全体を制御する。
【0019】
制御部23には、操作部26、表示部27、データI/F部28が接続されている。操作部26は、ユーザにより操作される各種キーなどを有し、ユーザ操作に応じた、撮影モードの設定などの各種設定、外部記憶媒体25から読み出す画像の指定などのための操作情報を入力する。この操作情報は、制御部23に出力される。表示部27には、画像表示、設定指示、設定内容などが表示される。データI/F部28は、プリンタ装置3との通信、画像データ送信、プリントデータ送信などを行うためのインタフェースである。
【0020】
プリンタ装置3は、図2に示すように、制御部33を有する。制御部33は、CPU(図示せず)などを有し、このCPUは、記憶部30に格納されているプログラムを読み出し実行することによって、プリンタ装置3全体を制御する。制御部33には、データI/F部29、画像処理部31、プリンタエンジン部32、表示部34、操作部35、およびI/F部36が接続される。データI/F部29は、デジタルカメラ1のデータI/F部28と接続され、デジタルカメラ1との通信、画像データ受信、プリントデータ受信を行うためのインタフェースである。画像処理部31は、画像データからプリントデータを生成するための処理を行う。プリンタエンジン部32は、上記プリントデータに基づいて、サーマルヘッドによりインクシートに熱を加えることにより、搬送された用紙上に印字を行う。表示部34には、プリンタ装置3の装置状態、画像などが表示される。操作部35は、ユーザにより操作される各種キーなどを有し、ユーザの入力操作に応じた操作情報を制御部33へ出力する。I/F部36は、外部記憶媒体37に対して、画像データ、プリントデータなどのデータの書き込み、読み出しを行うためのインタフェースである。
【0021】
次に、プリンタ装置3のプリンタエンジン部32の主要部構成について図3および図4を参照しながら説明する。図3は図2のプリンタ装置3のプリンタエンジン部32の主要部構成を模式的に示す図、図4はサーマルヘッドによりインクシートに熱が加えられた状態を模式的に示す図である。
【0022】
プリンタ装置3のプリンタエンジン部32は、昇華型熱転写方式により印画処理を行う。この昇華型熱転写方式は、染料の拡散現象を用いることにより用紙に印画するものである。
【0023】
プリンタエンジン部32は、図3に示すように、染料が塗布されているインクシート11が巻かれている供給ローラ11bと、供給ローラ11bのインクシート11を巻き取るためのローラ11aと、専用印画紙12を副走査方向へ送るためのプラテンローラ14と、インクシート11に熱を加えるためのサーマルヘッド13とを有する。インクシート11は、専用印画紙12と重ね合わされた状態で、サーマルヘッド13とプラテンローラ14によって、狭持されており、サーマルヘッド13により加熱される。
【0024】
インクシート11は、図4に示すように、プラスチック材のベース層15と、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)の三色の染料を含む昇華性染料層16とから構成されている。専用印画紙12は、ベース層17と受容層18とから構成されている。この受容層18は、インクシート11の昇華性染料層16の染料の発色性を確保するために、ポリエステル系樹脂を主成分とする層からなる。なお、図4においては、インクシート11と専用印画紙12とは離れたように図示されているが、実際には、両者は重ね合わされている。
【0025】
サーマルヘッド13がインクシート11を加熱すると、専用印画紙12の受容層18に対してインクシート11の昇華性染料層16の染料分子19が昇華/熱拡散され、カラープリント出力が行われる。このとき、サーマルヘッド13がインクシート11を加熱する温度を制御することによって、カラー出力される色彩を多階調とすることができる。このように、イエロー、マゼンタ、シアンの三色のそれぞれに対して階調を与え、専用印画紙12の対応する箇所に各色を印字出力することにより、一画素単位の高精彩フルカラープリントを実現することが可能となる。
【0026】
本印刷システムにおいて、デジタルカメラ1の外部記憶媒体25に保存されている画像データをカラープリントする場合、デジタルカメラ1は、上記画像データを、プリンタ装置3に対応したイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)の三色のプリントデータに変換して、プリンタ装置3へ送出する。
【0027】
具体的には、デジタルカメラ1の画像処理部21は、外部記憶媒体25から読み出された画像データをYUVデータに変換する。YUVデータとは、輝度(Y)信号と、赤の色差(U)と青の色差(V)との2つの色度とにより色を表現するデータであって、人間の目が色度に鈍感であることを利用して圧縮された形式のデータである。このYUVデータは、記憶部22のワークエリアに一時保存された後、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)の三色のプリントデータに変換され、この三色のプリントデータは、順に、データI/F部28を介して、プリンタ装置3へ送出される。
【0028】
プリンタ装置3は、デジタルカメラ1からの三色のプリントデータを受信すると、受信した各色のプリントデータを記憶部30に格納する。そして、記憶部30に格納された各色のプリントデータは、読み出されてプリンタエンジン部32へ転送され、プリンタエンジン部32は、各色のプリントデータに基づいて印刷を行う。
【0029】
1つの画像データに対する印刷が終了すると、プリンタ装置3は、記憶部30に格納されている各色のプリンタデータの全てまたは少なくとも一つを保持する。これは、後述するように、デジタルカメラ1から送信される画像データの印刷に掛かる時間の短縮化を図るために行われるものであって、印刷が終了後においても保持されるプリントデータの数は、例えば記憶部30の空き容量などに応じて決定される。また、保持されている少なくとも1つのプリントデータは、印刷終了後からの経過時間に応じて記憶部32から自動的に削除するようにしてもよい。また、保持されているプリントデータは、プリンタ装置3の電源がオフされると、削除されることになる。
【0030】
次に、プリンタ装置3のプリント処理について図5を参照しながら説明する。図5は図2のプリンタ装置3のプリント処理の手順を示すフローチャートである。図5に示すフローチャートの手順は、制御部33により実行される手順である。
【0031】
プリンタ装置3の制御部33は、図5に示すように、デジタルカメラ1からの印刷開始命令に応答して、デジタルカメラ1と通信を行う(ステップS100)。ここでは、プリントする画像データ名、データサイズ(インデックスデータ)、互いのステータスなどの確認が行われる。
【0032】
次いで、制御部33は、今回プリントする画像データ名に基づいて当該画像データに対応するプリントデータとしてY,M,Cデータの全てが記憶部30のワークエリアに保持されているか否かを判定する(ステップS101)。ここで、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータの全てが記憶部30のワークエリアに保持されている場合、制御部33は、上記Y,M,Cデータのうち、まずYデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS102)。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。続いて、制御部33は、Mデータ、Cデータを順に読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS103,S104)。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行い、続いてCデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS116)、本処理を終了する。
【0033】
上記ステップS101において今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータが記憶部30のワークエリアに保持されていないと判定された場合、制御部33は、今回プリントする画像データに対応するY,Mデータが記憶部30のワークエリアに保持されているか否かを判定する(ステップS105)。ここで、今回プリントする画像データ名に対応するY,Mデータが記憶部30のワークエリアに保持されている場合、制御部33は、上記Y,Mデータのうち、まずYデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送り(ステップS106)、続いてMデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS107)。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行い、続いてMデータの印刷を行う。
【0034】
次いで、制御部33は、デジタルカメラ1から今回プリントする画像データに対応するCデータを受信する(ステップS108)。この受信したCデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS116)、本処理を終了する。
【0035】
上記ステップS105において今回プリントする画像データに対応するY,Mデータが記憶部30のワークエリアに保持されていないと判定された場合、制御部33は、今回プリントする画像データに対応するYデータが記憶部30のワークエリアに保持されているか否かを判定する(ステップS109)。ここで、今回プリントする画像データに対応するYデータが記憶部30のワークエリアに保持されている場合、制御部33は、Yデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS110)。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。
【0036】
次いで、制御部33は、デジタルカメラ1から今回プリントする画像データに対応するMデータを受信する(ステップS111)。この受信したMデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行う。続いて、制御部33は、デジタルカメラ1から今回プリントする画像データに対応するCデータを受信する(ステップS112)。この受信したCデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS116)、本処理を終了する。
【0037】
このように、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータの全てまたはすくとも1つが記憶部30のワークエリアに格納されていると、デジタルカメラ1において再度同じプリントデータを生成し、プリンタ装置3へ送信する必要がなく、プリンタ装置3による今回プリントする画像データに対する印刷に掛かる時間を短くすることができる。ここで、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータの全てまたは少なくとも1つが記憶部30のワークエリアに格納されている場合とは、例えば1つの画像データの印刷終了後、再度同じ画像データの印刷を行うような場合である。
【0038】
上記ステップS109において今回プリントする画像データに対応するYデータが記憶部30のワークエリアに保持されていないと判定された場合、すなわち、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合、制御部33は、デジタルカメラ1から今回プリントする画像データに対応するYデータを受信する(ステップS113)。この受信したYデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1から今回プリントする画像データに対応するMデータを受信し(ステップS114)、続いて、対応するCデータを受信する(ステップ115)。この受信したM,Cデータは、それぞれ、記憶部30のワークエリアに格納された後に、順にプリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行い、続いてCデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS116)、本処理を終了する。
【0039】
ここで、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合とは、今回のプリントがプリンタ装置3起動後の最初のプリントである場合、または記憶部30のワークエリア内の空き容量を確保する必要に応じて、今回プリントする画像データと同じ画像データのプリントデータが既に消去されている場合などである。
【0040】
次に、デジタルカメラ1からプリンタ装置3へのデータ転送処理とプリンタエンジン部32の動作とについて図6〜図8を参照しながら説明する。図6は今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合のデジタルカメラ1からプリンタ装置3へのデータ転送処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図、図7は今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合のデジタルカメラ1からプリンタ装置3へのデータ転送処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図、図8は図6および図7のシーケンスに従って印刷が行われた後の記憶部30のワークエリアのメモリマップを示す図である。ここで、図6に示すシーケンスは、図5のフローチャートにおけるステップS113〜S116に対応するものである。図7に示すシーケンスは、図5のフローチャートにおけるステップS110〜S112およびステップS116に対応するものである。
【0041】
まず、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合について説明する。
【0042】
この場合、図6に示すように、印刷が開始されると(100)、デジタルカメラ1とプリンタ装置3とは通信を行う(101)。デジタルカメラ1においては、外部記憶媒体25に記憶されている画像データがI/F部24および制御部23を経て画像処理部21へ送られ、画像処理部21は、プリント画像処理を行い、上記画像データをYUVデータに変換する(103)。プリンタ装置3においては、プリンタエンジン部32の初期化が行われ(102)、続いてプリンタエンジン部32は、給紙を行う(104)。
【0043】
デジタルカメラ1の画像処理部21は、上記YUVデータから最初のプリントデータであるYデータを生成する(105)。この生成されたYデータは、デジタルカメラ1からプリンタ装置3へ送信される(107)。プリンタ装置3は、上記給紙後、デジタルカメラ1からのYデータの受信を待つ待機状態にあり(106)、Yデータが受信されると、このYデータはプリンタエンジン部32へ転送される(108)。そして、プリンタエンジン部32は、上記Yデータの印刷を行い(109)、Yデータの印刷が終わると、用紙の頭出しを行う(112)。
【0044】
Yデータをプリンタ装置3へ送出した後のデジタルカメラ1においては、次のプリントデータであるMデータが生成され(110)、このMデータは、プリンタ装置3へ送信される(111)。Mデータを受信したプリンタ装置3は、このMデータをプリンタエンジン部32へ転送する(113)。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行い(114)、Mデータの印刷が終わると、用紙の頭出しを行う(117)。
【0045】
Mデータをプリンタ装置3へ送出した後のデジタルカメラ1においては、次のプリントデータであるCデータが生成され(115)、このCデータはプリンタ装置3へ送信される(116)。Cデータを受信したプリンタ装置3は、Cデータをプリンタエンジン部32へ転送する(118)。プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行い(119)、Mデータの印刷が終わると、用紙の頭出しを行う(120)。そして、プリンタエンジン部32は、用紙に対してその印刷面を保護するオーバーコート層の転写を行い(121)、当該用紙をプリンタ装置3外部へ排紙する(123)。
【0046】
このようにして印刷が終了すると、プリンタ装置3は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(123)、印刷を終了する(124)。
【0047】
このように今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合、プリンタ装置3は、デジタルカメラ1から受信したYデータ、Mデータ、Cデータの三色のプリントデータを、プリンタ装置3の記憶部30のワークエリアに記憶する。この際、記憶部30のワークエリアのメモリマップは、図8に示すように、印刷前の状態127からプリントデータが書き込まれた状態128へ書き換えられる。ここで、状態128は、画像データ(画像1)が1枚プリントされた後に画像1のデータ名やファイルサイズなどを記録したインデックスデータ、画像1の三色のプリントデータが書き込まれる。
【0048】
次に、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合について説明する。
【0049】
この場合、図7に示すように、印刷開始(100)に伴い、デジタルカメラ1とプリンタ装置3とは互いに通信を行う(101)。このとき、プリンタ装置3は、記憶部30のワークエリア上に今回プリントする画像データに対応するプリントデータのうち、Yデータが存在することを確認すると、デジタルカメラ1に対してYデータが存在することを通知する。続いて、プリンタ装置3は、Yデータを記憶部30のワークエリアから読み出す(125)。また、印刷開始(100)に伴いプリンタエンジン部32は、初期化を行い(102)、給紙を行う(104)。プリンタエンジン部32の給紙後、記憶部30のワークエリアから読み出されたYデータは、プリンタエンジン部32へ転送される(108)。プリンタエンジン部32は、デジタルカメラ1からのYデータの送信を待つことなく(126)、Yデータの印刷を行う(109)。
【0050】
これに対し、上記通知を受けたデジタルカメラ1においては、当該通知に応じて、プリント画像処理が開始される(103)。そして、プリント画像処理を終了すると、デジタルカメラ1は、YUVデータからYデータを生成することが必要ないので、Yデータの生成ステップをスキップして、Mデータの生成を行う(110)。そして、このMデータは、プリンタ装置3に送信される(117)。
【0051】
以降、デジタルカメラ1、プリンタ装置3、プリンタエンジン部32は、図6に示す動作と同様の動作を行うので、その説明は省略する。
【0052】
このように、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合の印刷動作においては、図6に示す印刷動作と比して、YUVデータからYデータを生成するステップ(105)と、プリンタ装置3の待ちステップ(106)、デジタルカメラ1からYデータをプリンタ装置3へ送信するステップ(107)をなくすことができる。その結果、印刷開始から印刷終了までの時間を短縮することができる。
【0053】
ここでは、プリンタ装置3の記憶部30のワークエリア上にYデータのみが存在する場合を示したが、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータ(Yデータ、Mデータ、Cデータ)の全てが記憶部30のワークエリアに格納されている場合、デジタルカメラ1においてYUVデータから、Y,M,Cの各データを生成するステップ、Y,M,Cの各データをプリンタ装置3へ通信するステップのそれぞれを省略することができる。その結果、印刷開始から印刷終了までの時間を短縮することができ、さらにデジタルカメラ1とプリンタ装置3とのデータ通信に掛かる負荷を軽減することができる。
【0054】
本実施の形態においては、1つの画像データに対する印刷が終了した際に、当該画像データに対応する各色のプリントデータのうち、少なくとも1つのプリントデータ(すなわちYデータを含む少なくとも1つのプリントデータ)が記憶部30のワークエリアに保持されるように設定されている。
【0055】
例えば図8に示すように、デジタルカメラ1からの画像1の印刷後、続いて画像2、画像3の印刷を行う場合、画像1の終了後においては、画像1のプリントデータの全てが記憶部30のワークエリアに保持される(128)。続いて、画像2の印刷が行われると、画像2の印刷後においては、画像2のプリントデータの全てが保持される(129)。但し、画像1のプリントデータに関しては、Yデータのみが保持され、他のプリントデータ(Mデータ、Cデータ)は削除される。さらに、画像3の印刷が行われると、画像3の印刷後においては、画像3のプリントデータの全てが保持される(130)。但し、画像1,2のプリントデータに関しては、それぞれ、Yデータのみが保持され、他のプリントデータ(Mデータ、Cデータ)は削除される。
【0056】
このように、1つ前の印刷終了した画像のプリントデータの全ては、記憶部30に保持され、それ以前の印刷終了した画像のプリントデータに関しては、Yデータのみが保持される。また、これに代えて、1つ前およびそれ以前の画像のプリントデータに関して、Yデータを含む少なくとも1のプリントデータのみを保持するようにしてもよい。
【0057】
(第2の実施の形態)
次に、本発明の第2の実施の形態について図9〜13を参照しながら説明する。図9および図10は本発明の第2の実施の形態に係る印刷システムにおけるプリンタ装置のプリント処理の手順を示すフローチャート、図11は今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合のプリンタ装置3のプリントデータ生成処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図、図12は今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合のプリンタ装置3のプリントデータ生成処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図、図13は図11および図12のシーケンスに従って印刷が行われた後の記憶部30のワークエリアのメモリマップを示す図である。
【0058】
本実施の形態の印刷システムは、上記第1の実施の形態と同じ構成を有し、その説明は省略する。そして、以降の説明においては、上記第1の実施の形態と同じ符号を用いる。
【0059】
本実施の形態の印刷システムは、上記第1の実施の形態に対し、デジタルカメラ1保存された画像データをプリンタ装置3において印刷する場合、プリンタ装置3において、その画像処理部31により、デジタルカメラ1から受信した画像データをYUVデータに変換し、このYUVデータから三色のプリントデータを生成する点で異なる。
【0060】
プリンタ装置3の制御部33は、図11に示すように、デジタルカメラ1からの印刷開始命令に応答して、デジタルカメラ1と通信を行う(ステップS200)。ここでは、プリントする画像データ名、データサイズ(インデックスデータ)、互いのステータスなどの確認が行われる。
【0061】
次いで、制御部33は、今回プリントする画像データ名に基づいて当該画像データに対応するプリントデータとしてY,M,Cデータの全てが記憶部30のワークエリアに保持されているか否かを判定する(ステップS201)。ここで、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータの全てが記憶部30のワークエリアに保持されている場合、制御部33は、上記Y,M,Cデータのうち、まずYデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS202)。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。続いて、制御部33は、Mデータ、Cデータを順に読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS203,S204)。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行い、続いてCデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS219)、本処理を終了する。
【0062】
上記ステップS201において今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータが記憶部30のワークエリアに保持されていないと判定された場合、制御部33は、今回プリントする画像データに対応するY,Mデータが記憶部30のワークエリアに保持されているか否かを判定する(ステップS205)。ここで、今回プリントする画像データ名に対応するY,Mデータが記憶部30のワークエリアに保持されている場合、制御部33は、画像処理部31によりプリント画像処理を行うように制御する(ステップS206)。画像処理部31は、デジタルカメラ1から受信した画像データをYUVデータに変換する。
【0063】
次いで、制御部33は、記憶部30のワークエリアからYデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS207)。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。続いて、制御部33は、記憶部30のワークエリアからMデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS208)。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行う。そして、制御部33は、画像処理部31により、上記YUVデータからCデータを生成するように制御する(ステップS209)。この生成されたCデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS219)、本処理を終了する。
【0064】
上記ステップS205において今回プリントする画像データに対応するY,Mデータが記憶部30のワークエリアに保持されていないと判定された場合、図9に示すように、制御部33は、今回プリントする画像データに対応するYデータが記憶部30のワークエリアに保持されているか否かを判定する(ステップS210)。ここで、今回プリントする画像データに対応するYデータが記憶部30のワークエリアに保持されている場合、制御部33は、画像処理部31によりプリント画像処理を行うように制御する(ステップS211)。画像処理部31は、デジタルカメラ1から受信した画像データをYUVデータに変換する。
【0065】
次いで、制御部33は、記憶部30のワークエリアからYデータを読み出し、プリンタエンジン部32に送る(ステップS212)。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。続いて、制御部33は、画像処理部31により、上記YUVデータからMデータを生成するように制御する(ステップS213)。この生成されたMデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行う。そして、制御部33は、画像処理部31により、上記YUVデータからCデータを生成するように制御する(ステップS214)。この生成されたCデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行う。そして、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS219)、本処理を終了する。
【0066】
このように、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータの全てまたはすくとも1つが記憶部30のワークエリアに格納されていると、プリンタ装置3において再度同じプリントデータを生成する必要がなく、プリンタ装置3による今回プリントする画像データに対する印刷に掛かる時間を短くすることができる。
【0067】
上記ステップS210において今回プリントする画像データに対応するYデータが記憶部30のワークエリアに保持されていないと判定された場合、すなわち、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合、制御部33は、画像処理部31によりプリント画像処理を行うように制御する(ステップS211)。このプリント画像処理により、デジタルカメラ1から受信した画像データがYUVデータに変換される。
【0068】
次いで、制御部33は、画像処理部31により、上記YUVデータからYデータを生成するように制御する(ステップS216)。この生成されたYデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Yデータの印刷を行う。続いて、制御部33は、画像処理部31により、上記YUVデータからMデータを生成するように制御する(ステップS217)。この生成されたMデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行う。そして、制御部33は、画像処理部31により、上記YUVデータからCデータを生成するように制御する(ステップS218)。この生成されたCデータは、記憶部30のワークエリアに格納された後に、プリンタエンジン部32に送られる。プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行う。
【0069】
プリンタ装置3がカラープリント出力を終了すると、制御部33は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(ステップS219)、本処理を終了する。
【0070】
ここで、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合とは、今回のプリントがプリンタ装置3起動後の最初のプリントである場合、または記憶部30のワークエリア内の空き容量を確保する必要に応じて、今回プリントする画像データと同じ画像データのプリントデータが既に消去されている場合などである。
【0071】
次に、プリンタ装置3のプリント処理とプリンタエンジン部32の動作とについて図11〜図13を参照しながら説明する。ここで、図11に示すシーケンスは、図10のフローチャートにおけるステップS215〜S219に対応するものである。図12に示すシーケンスは、図10のフローチャートにおけるステップS211〜S214およびステップS219に対応するものである。
【0072】
まず、今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合について説明する。
【0073】
この場合、図11に示すように、印刷が開始されると(200)、デジタルカメラ1とプリンタ装置3とは通信を行う(201)。デジタルカメラ1は、外部記憶媒体25から読み出された画像データをプリンタ装置3へ送信する。
【0074】
プリンタ装置3は、デジタルカメラ1から送信された画像データを受信すると、この画像データを画像処理部31へ送る。画像処理部31は、プリント画像処理を行い、上記画像データをYUVデータに変換する(203)。そして、画像処理部31は、上記YUVデータから最初のプリントデータであるYデータを生成する(205)。このYデータは、記憶部30のワークエリアに記憶された後に、プリンタエンジン部32へ転送される(207)。Yデータの転送後、同様に、上記YUVデータからMデータが生成され(209)、このMデータは、記憶部30のワークエリアに記憶された後に、プリンタエンジン部32へ転送される(211)。そして、上記YUVデータからCデータが生成され、このCデータは、記憶部30のワークエリアに記憶された後に、プリンタエンジン部32へ転送される(215)。
【0075】
これに対し、プリンタエンジン部32は、初期化を行い(202)、続いて給紙を行う(204)。上記給紙後、プリンタエンジン部32は、Yデータの受信を待つ待機状態へ移行する(206)。次いで、プリンタエンジン部32は、Yデータを受信すると、このYデータの印刷を行い(208)、Yデータの印刷が終わると、用紙の頭出しを行う(210)。続いて、プリンタエンジン部32は、Mデータの印刷を行い(212)、Mデータの印刷が終わると、再度、用紙の頭出しを行う(214)。そして、プリンタエンジン部32は、Cデータの印刷を行い(216)、Cデータの印刷終了後に、再度、用紙の頭出しを行う(217)。次いで、プリンタエンジン部32は、用紙に対してその印刷面を保護するオーバーコート層の転写を行い(218)、当該用紙をプリンタ装置3外部へ排紙する(219)。
【0076】
このようにして印刷が終了すると、プリンタ装置3は、デジタルカメラ1と通信して印刷終了を通知し(220)、印刷を終了する(221)。
【0077】
このように今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合、プリンタ装置3は、デジタルカメラ1から受信した画像データから三色のプリントデータを生成し、プリンタ装置3の記憶部30のワークエリアに記憶する。この際、記憶部30のワークエリアのメモリマップは、図8に示すように、印刷前の状態224からプリントデータが書き込まれた状態225へ書き換えられる。ここで、状態225は、画像1が1枚プリントされた後に画像1のデータ名やファイルサイズなどを記録したインデックスデータ、画像1の三色のプリントデータが書き込まれた状態を示す。
【0078】
次に、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合について説明する。
【0079】
この場合、図12に示すように、印刷開始(200)に伴い、デジタルカメラ1とプリンタ装置3とは互いに通信を行う(201)。このとき、デジタルカメラ1は、印刷する画像データをプリンタ装置3へ送信する。プリンタ装置3は、上記画像データを受信すると、この画像データを画像処理部31へ送る。また、プリンタ装置3は、記憶部30のワークエリア上に今回プリントする画像データに対応するプリントデータのうち、Yデータが存在することを確認する。また、印刷開始(200)に伴いプリンタエンジン部32は、初期化を行い(202)、給紙を行う(204)。
【0080】
画像処理部31においては、画像データをYUVデータへ変換するプリント画像処理が行われる(203)。そして、Yデータが記憶部30のワークエリアに既に格納されているので、このYデータは、記憶部30のワークエリアから読み出されてプリンタエンジン部32へ転送される(222)。プリンタエンジン部32は、デジタルカメラ1からのYデータの送信を待つことなく(223)、Yデータの印刷を行う(208)。そして、プリンタエンジン部32は、用紙の頭出しを行う(210)。以降、画像処理部31およびプリンタエンジン部32は、図11に示す動作と同様の動作を行うので、その説明は省略する。
【0081】
このように、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合の印刷動作においては、図11に示す印刷動作と比して、YUVデータからYデータを生成するステップ(205)と、プリンタエンジン部32の待ちステップ(206)をなくすことができる。その結果、印刷開始から印刷終了までの時間を短縮することができる。
【0082】
ここでは、プリンタ装置3の記憶部30のワークエリア上にYデータのみが存在する場合を示したが、今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータ(Yデータ、Mデータ、Cデータ)の全てが記憶部30のワークエリアに格納されている場合、プリンタ装置3においてYUVデータから、Y,M,Cの各データを生成するステップを省略することができる。その結果、印刷開始から印刷終了までの時間を短縮することができる。
【0083】
本実施の形態においては、1つの画像データに対する印刷が終了した際に、当該画像データに対応する各色のプリントデータのうち、少なくとも1つのプリントデータ(すなわちYデータを含む少なくとも1つのプリントデータ)が記憶部30のワークエリアに保持されるように設定されている。
【0084】
例えば図13に示すように、デジタルカメラ1からの画像1、画像2、画像3を順に印刷する場合、画像1の印刷後においては、記憶部30のワークエリアには、画像1のYUVデータ、インデックスデータ、各色のプリントデータが保持されている(225)。画像2の印刷後においては、記憶部30のワークエリアには、画像1のYUVデータに代えて画像2のYUVデータが保持され、また、画像1,2のインデックスデータ、画像2の各色のプリントデータおよび画像1のYデータが保持されている(226)。すなわち、画像1のプリントデータに関しては、Yデータのみが保持され、他のプリントデータ(Mデータ、Cデータ)は削除されている。さらに、画像3の印刷後においては、画像2のYUVデータに代えて画像3のYUVデータが保持され、また、画像1,2,3のインデックスデータ、画像3の各色のプリントデータおよび画像1,2のYデータが保持されている(227)。すなわち、画像1,2のプリントデータに関しては、それぞれ、Yデータのみが保持され、他のプリントデータ(Mデータ、Cデータ)は削除されている。
【0085】
このように、1つ前の印刷終了した画像のプリントデータの全ては、記憶部30に保持され、それ以前の印刷終了した画像のプリントデータに関しては、Yデータのみが保持される。また、これに代えて、1つ前およびそれ以前の画像のプリントデータに関して、Yデータを含む少なくとも1のプリントデータのみを保持するようにしてもよい。
【0086】
なお、上記では、昇華型の熱転写プリンタで説明したが、インクジェット方式のプリンタや電子写真方式のプリンタに適用してもよい。また、インクジェット方式のプリンタや電子写真方式のプリンタでは、C,M,Yのデータから黒色のデータ(K)が作成されて、この黒色データに基づいて、黒インク(またはトナー)がプリントに利用される。
【0087】
上記の説明でプリンタに保持されるデータとして、このような黒色データのみを保持するようにしてもよい。これにより、プリンタ内に保持される白黒のデータだけでも、画像の内容を十分把握できる程度の画像を作成することができる。
【0088】
(第3の実施の形態)
次に、本発明の第3の実施の形態について図14を参照しながら説明する。図14は本発明の第3の実施の形態に係る印刷システムを構成するプリンタ装置のファイルシステムのディレクトリ構造の一例を示す図である。
【0089】
本実施の形態は、上記第2の実施の形態と同様の構成を有するとともに、同様のプリント動作を行う。本実施の形態においては、プリンタ装置3が印刷システムのストレージとして機能するように、記憶部30がハードディスクなどの大容量記憶媒体から構成されている。
【0090】
まず、記憶部30を用いて、画像データおよびプリントデータを記憶、管理するためのファイルシステムを説明する。
【0091】
本実施の形態においては、デジタルカメラ1の外部記憶媒体25に保存されている画像データをプリンタ装置3へ送信してプリントを行う場合、デジタルカメラ1が外部記憶媒体25に保存されている画像データの全てまたは一部を選択してプリンタ装置3へ送信し、プリンタ装置3は、デジタルカメラ1からの画像データを記憶部30に保存する。この画像データの保存は、例えばDCF(Design rule for Camera File system)規格に従って行われる。以下、画像データおよびプリントデータなどは、記憶部30へ保存されるものとして説明する。
【0092】
プリンタ装置3は、プリント動作を行う際に上記画像データからプリントデータを生成し、記憶部30へ保存する。また、これに代えて、プリンタ装置3がアイドル状態(プリント動作を行っていない状態)にあるときに、プリンタ装置3は、記憶部30に保存されている画像データに対し、リサイズ、補正処理などのプリント画像処理を行うことによってプリントデータを生成し、このプリントデータを記憶部30へ保存する。
【0093】
記憶部30には、例えば図14に示すようなファイルシステムのディレクトリ構造に従って、画像データおよびプリントデータが保存される。このディレクトリ構造は、画像データディレクトリ、画像インデックスデータディレクトリ、プリントデータディレクトリからなる。画像データディレクトリには、デジタルカメラ1から送信された画像データがDCF規格に従って記録されている。画像インデックスデータディレクトリには、画像データとプリントデータの保存先とプリントデータの種類とが記述されたインデックスデータと、それらのインデックスデータを管理するためのデータとが記録されている。プリントデータディレクトリには、それぞれの画像データに対応したプリントデータが記録されている。
【0094】
ここで、プリントデータをプリントデータディレクトリへ記録する際には、記憶部30の総容量または空き容量に応じて、イエロー、マゼンタ、シアンの三色のプリントデータの全てを記録するかまたは少なくとも1つ以上のプリントデータを選択して記録することができる。逆に、プリントデータディレクトリに記録されているプリントデータのうち、任意の数および色のプリントデータを削除することができる。
【0095】
このように、印刷が終了した画像データに対応するプリントデータの少なくとも1以上が記憶部30に保存される。
【0096】
図14に示すファイルシステムの場合、プリントデータに対してL_0001.Y、P_0004.Mなどのファイル名が付されている。このファイル名は、プリンタ装置3がプリントデータを運用する際に、画像データ名とプリントサイズ、色データを管理し易くするために、付けられる。例えば、ファイル名L_0001.Yのプリントデータは、画像データIMG_0001.JPGのLサイズのYデータであることを示しており、ファイル名P_0004.Mのプリントデータは、画像データIMG_0004.JPGのポストカード(PC)サイズのMデータであることを示している。なお、このファイル名の付け方は、図14に示すようなものに限定されることはなく、プリンタ装置の構成と運用により様々な方法を用いることができる。
【0097】
上述したファイルシステムにより、プリントデータがプリントデータディレクトリへ記録されると、プリンタ装置3は画像インデックスデータディレクトリにある、画像データとプリントデータの保存先とプリントデータの種類とが記述されたインデックスデータと、それらのインデックスデータを管理するためのデータとを書き換える。この作業と、このインデックスデータとにより、プリンタ装置3は記憶部30に記憶されている画像データおよびプリントデータの検索を行うことができる。
【0098】
デジタルカメラ1からプリンタ装置3に対して印刷指示があると、プリンタ装置3は、上記インデックスデータから画像データとプリントデータを検索し、プリントデータディレクトリにプリントデータが存在する場合は、プリントデータディレクトリからプリントデータをプリンタエンジン部32へ転送する。
【0099】
また、プリントデータディレクトリに対応するプリントデータが存在しない場合は、プリンタ装置3は、画像データディレクトリにある画像データに対してプリント画像処理を行い、画像データをYUVデータに変換する。そして、YUVデータからY,M,Cの各プリントデータの生成が行われ、これらのプリントデータはプリンタエンジン部32へ転送される。ここで生成されたプリントデータは、プリントデータディレクトリへ記録される。
【0100】
図14のファイルシステムは、デジタルカメラ1とプリンタ装置3とが1対1で接続されている印刷システムに適用されるものであるが、デジタルカメラとプリンタ装置との関係は、常に1対1の関係に保たれる必要はなく、1つのプリンタ装置に対して複数のデジタルカメラが接続される構成に対しても、本実施の形態のプリントデータ記憶方法と制御方法は機能する。また、記憶部30には、Y,M,Cのプリントデータの他に、画像データのYUVデータを記憶することも可能である。
【0101】
本実施の形態において、プリンタ装置3のプリントデータ処理は、上記第2の実施の形態(図9)と同様に行われる。但し、デジタルカメラ1から印刷するように指示された画像データが既に記憶部30に保存されている場合、デジタルカメラ1は、上記画像データを再度プリンタ装置3へ送信する必要がない。
【0102】
また、デジタルカメラ1とプリンタ装置3が例えば無線通信路で接続されている場合は、データ転送に要する搬送波電力を軽減することができ、さらに、転送中のデータを傍受される危険性が少なくなる。
【0103】
このように、プリンタ装置3が印刷システムのストレージとして機能するように構成されているので、使い勝手が良いダイレクト印刷システムを提供することができる。
【0104】
本実施の形態においては、画像データおよびプリントデータを記憶するための記憶部30がハードディスクなどの大容量記憶媒体からなる場合を示したが、外部記憶媒体37を画像データおよびプリントデータを記憶する媒体として使用することも可能である。また、不揮発性の大容量記憶媒体を記憶手段として用いれば、プリンタ装置3の電源がオフされても、画像データおよびプリントデータの保持が可能である。
【0105】
上記各実施の形態においては、プリンタエンジン部32が昇華型熱転写方式のエンジンの場合を示したが、これに代えて、例えばインクジェット方式のエンジンを使用することも可能である。さらに、本発明の実施の形態は、プリンタ装置を一体的に搭載したデジタルカメラに適用することも可能である。
【0106】
また、上述した各実施の形態の機能を実現するべく各種のデバイスを動作させように、該各種デバイスと接続された装置またはシステム内のコンピュータに対し、上記実施の形態を実現するためのソフトウェアのプログラムコードを供給し、そのシステムまたは装置のコンピュータ(CPUまたはMPU)に格納されたプログラムに従って上記各種デバイスを動作させることによって実施したものも本発明の範疇に含まれる。
【0107】
また、この場合、上記ソフトウェアのプログラムコード自体が上述した実施の形態を実現することになり、そのプログラムコード自体は本発明を構成する。そのプログラムコードの伝送媒体としては、プログラム情報を搬送波として伝搬させて供給するためのコンピュータネットワーク(LAN、インターネットなどのWAN、無線通信ネットワークなど)システムにおける通信媒体(光ファイバなどの有線回線、無線回線など)を用いることができる。
【0108】
さらに、上記プログラムコードをコンピュータに供給するための手段、例えばかかるプログラムコードを格納した記憶媒体は本発明を構成する。かかるプログラムコードを記憶する記録媒体としては、例えばフレキシブルディスク、ハードディスク、ROM、RAM、光ディスク、光磁気ディスク、CD−ROM、CD−R、DVD、磁気テープ、不揮発性のメモリカードなどがある。
【0109】
また、コンピュータが供給されたプログラムコードを実行することにより、上述の実施の形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードがコンピュータにおいて稼動しているOS(オペレーションシステム)または他のアプリケーションソフトなどと共働して上述の実施の形態の機能が実現される場合にも、このプログラムコードは本発明の実施の形態に含まれる。
【0110】
さらに、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張カードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その拡張カードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれる。
【0111】
なお、上記実施の形態において示した各部の構成、形状および構造は、何れも本発明を実施する際の具体化の一例を示したものに過ぎず、これらによって本発明の技術的範囲が限定的に解釈されることはない。すなわち、本発明はその精神、またはその主要な特徴から逸脱することなく、様々な形で実施することができる。
【図面の簡単な説明】
【0112】
【図1】本発明の第1の実施の形態に係る印刷システムの全体構成を模式的に示す斜視図である。
【図2】図1のデジタルカメラ1とプリンタ装置3との内部構成を示すブロック図である。
【図3】図2のプリンタ装置3のプリンタエンジン部32の主要部構成を模式的に示す図である。
【図4】サーマルヘッドによりインクシートに熱が加えられた状態を模式的に示す図である。
【図5】図2のプリンタ装置3のプリント処理の手順を示すフローチャートである。
【図6】今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合のデジタルカメラ1からプリンタ装置3へのデータ転送処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図である。
【図7】今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合のデジタルカメラ1からプリンタ装置3へのデータ転送処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図である。
【図8】図6および図7のシーケンスに従って印刷が行われた後の記憶部30のワークエリアのメモリマップを示す図である。
【図9】本発明の第2の実施の形態に係る印刷システムにおけるプリンタ装置のプリント処理の手順を示すフローチャートである。
【図10】本発明の第2の実施の形態に係る印刷システムにおけるプリンタ装置のプリント処理の手順を示すフローチャートである。
【図11】今回プリントする画像データに対応するY,M,Cデータのいずれも記憶部30のワークエリアに保持されていない場合のプリンタ装置3のプリントデータ生成処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図である。
【図12】今回プリントする画像データと同じ画像データに対応する各色のプリントデータのうち、Yデータが記憶部30のワークエリアに格納されている場合のプリンタ装置3のプリントデータ生成処理とプリンタエンジン部32の動作とを示すシーケンス図である。
【図13】図11および図12のシーケンスに従って印刷が行われた後の記憶部30のワークエリアのメモリマップを示す図である。
【図14】本発明の第3の実施の形態に係る印刷システムを構成するプリンタ装置のファイルシステムのディレクトリ構造の一例を示す図である。
【符号の説明】
【0113】
1 デジタルカメラ
2 接続ケーブル
3 プリンタ装置
30 記憶部
31 画像処理部
32 プリンタエンジン部
33 制御部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013