米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 繊維;紙;印刷 -> キヤノン株式会社

発明の名称 印刷装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8080(P2007−8080A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−193579(P2005−193579)
出願日 平成17年7月1日(2005.7.1)
代理人 【識別番号】100066061
【弁理士】
【氏名又は名称】丹羽 宏之
発明者 佐藤 和也
要約 課題
一つのジョブの中であってもユーザからの指示で印刷ページごとに印刷不要のページをキャンセルまたは印刷部数を変更でき、さらに章ごとにユーザからの指示でキャンセルまたは印刷部数を変更できる印刷装置の提供。

解決手段
印刷のキャンセルを指示できる印刷キャンセル手段と、印刷の部数を変更できる印刷部数変更手段とを備え、ユーザの指示により入力データ記憶手段に格納されている入力データに対して、印刷の実行、印刷のキャンセル及び部数の変更を行うことを特徴とする印刷装置。
特許請求の範囲
【請求項1】
入力データを受信するデータ入力手段と、前記入力データを格納する入力データ記憶手段と、前記入力データ記憶手段に格納されている入力データから印刷データを生成する印刷データ生成手段と、前記印刷データを格納する印刷データ記憶手段と、前記印刷データ記憶手段に格納された印刷データに基づいて記録媒体上に画像を形成する画像形成手段とを備えた印刷装置において、
印刷のキャンセルを指示できる印刷キャンセル手段と、印刷の部数を変更できる印刷部数変更手段とを備え、
ユーザの指示により入力データ記憶手段に格納されている入力データに対して、印刷の実行、印刷のキャンセル及び部数の変更を行うことを特徴とする印刷装置。
【請求項2】
入力データを受信するデータ入力手段と、前記入力データを格納する入力データ記憶手段と、前記入力データ記憶手段に格納されている入力データから印刷データを生成する印刷データ生成手段と、前記印刷データを格納する印刷データ記憶手段と、前記印刷データ記憶手段に格納された印刷データに基づいて記録媒体上に画像を形成する画像形成手段とを備えた印刷装置において、
印刷のキャンセルを指示できる印刷キャンセル手段と、印刷の部数を変更できる印刷部数変更手段とを備え、
ユーザの指示により印刷データ記憶手段に格納されている印刷データの転送を停止し、印刷データに対して、印刷の実行、印刷のキャンセル及び部数の変更を行うことを特徴とする印刷装置。
【請求項3】
前記印刷キャンセル手段、前記印刷部数変更手段は印刷するページごとに指示できることを特徴とする請求項1または2に記載の印刷装置。
【請求項4】
前記印刷キャンセル手段、前記印刷部数変更手段は一つの入力データに付加した複数の印刷グループの区切りデータを元に印刷グループごとに指示でできることを特徴とする請求項1または2に記載の印刷装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、印刷装置に関し、より詳しくは、入力データに対して印刷のキャンセル及び部数の変更を行うことのできる印刷装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
電子写真方式やインクジェット式の印刷装置は通常コンピュータと接続され、コンピュータから送られる入力データを受信し印刷データを生成して印刷を行う。受信した入力データは一つのジョブとして印刷装置で処理され印刷が行われる。送信したジョブのキャンセルは特許文献1で提案されているように印刷装置のコントロールパネルや印刷装置に接続されたコンピュータからの命令で行えるようにした印刷装置が知られている。このとき、ジョブのキャンセルはジョブ全体に対して指示するものが一般的である。
【0003】
また、印刷部数の指定はコンピュータから送られる入力データ中に指定されているものが一般的である。
【0004】
またジョブ中の一部をキャンセルする手法については、特許文献2で提案されている手法等が存在するが、どのようにジョブの一部を選択すべきかについては触れられていない。
【特許文献1】特開昭62−80066号公報
【特許文献2】特開平10−289076号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
以上説明した印刷装置においては、コンピュータから印刷を行うデータを生成した後、ジョブのキャンセル指示を行うとジョブ全体がキャンセルされてしまい,ジョブの一部のみをキャンセルすることができない問題があった。このような場合、予めコンピュータで入力データを生成する時点でページ指定を行う必要があった。
【0006】
また、印刷部数の指定も予めコンピュータで入力データを生成する時点で行う必要があり、印刷中に部数を変更することはできなかった。
【0007】
ジョブの一部をキャンセルする場合においても、ユーザがどのように指定すべきかについて具体的な指示方法が定まっていなかった。
【0008】
本発明は、以上の点に着目して成されたもので、コンピュータから受信したジョブまたは印刷中のジョブに対してページごとや章ごとにキャンセルの指定や部数の変更を行う事が可能になり、より柔軟なジョブの印刷が可能になる印刷装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明は上記課題を解決するため、コンピュータから受信したジョブまたは印刷中のジョブに対してページごとや章ごとにキャンセルの指定や部数の変更が行えるようにすることを目的としている。
【0010】
請求項1の発明は、入力データを受信するデータ入力手段と、前記入力データを格納する入力データ記憶手段と、前記入力データ記憶手段に格納されている入力データから印刷データを生成する印刷データ生成手段と、前記印刷データを格納する印刷データ記憶手段と、前記印刷データ記憶手段に格納された印刷データに基づいて記録媒体上に画像を形成する画像形成手段とを備えた印刷装置において、印刷のキャンセルを指示できる印刷キャンセル手段と、印刷の部数を変更できる印刷部数変更手段とを備え、ユーザの指示により入力データ記憶手段に格納されている入力データに対して、印刷の実行、印刷のキャンセル及び部数の変更を行うことを特徴とする。
【0011】
請求項2の発明は、入力データを受信するデータ入力手段と、前記入力データを格納する入力データ記憶手段と、前記入力データ記憶手段に格納されている入力データから印刷データを生成する印刷データ生成手段と、前記印刷データを格納する印刷データ記憶手段と、前記印刷データ記憶手段に格納された印刷データに基づいて記録媒体上に画像を形成する画像形成手段とを備えた印刷装置において、印刷のキャンセルを指示できる印刷キャンセル手段と、印刷の部数を変更できる印刷部数変更手段とを備え、ユーザの指示により印刷データ記憶手段に格納されている印刷データの転送を停止し、印刷データに対して、印刷の実行、印刷のキャンセル及び部数の変更を行うことを特徴とする。
【0012】
請求項3の発明は、請求項1または2に記載の印刷装置において、前記印刷キャンセル手段、前記印刷部数変更手段は印刷するページごとに指示でできることを特徴とする。
【0013】
請求項4の発明は、請求項1または2に記載の印刷装置において、前記印刷キャンセル手段、前記印刷部数変更手段は一つの入力データに付加した複数の印刷グループの区切りデータを元に印刷グループごとに指示でできることを特徴とする。
【発明の効果】
【0014】
本発明では、以下実施例で説明するように、印刷装置においてコンピュータから受信したジョブまたは印刷中のジョブに対してページごとや章ごとにキャンセルの指定や部数の変更を行う事が可能になり、より柔軟なジョブの印刷が可能になる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
コンピュータから送信される入力データは印刷装置が解釈できるページ記述言語(PDL)等で記述され、さらにキャンセルや部数変更を適応する範囲を表す章区切りのデータを付加されている。印刷装置は入力データからページごとに印刷データを生成し印刷を実行する。印刷装置はページごとにキャンセル状態を管理しており、ユーザからページごとや章ごとのキャンセルや部数変更の指示を受け、印刷データ生成前のページに対してキャンセルが行われた場合には印刷データの生成を省略し、印刷データ生成後のページに対してキャンセルが行われた場合には印刷データの印刷実行を省略したりすることでキャンセルを実現する。同様にページごとに印刷部数の管理を行い、生成した印刷データを繰り返し印刷実行することで、複数の印刷部数指定がなされたページの印刷を実現する。
【0016】
以下、本発明の実施例を説明する。
【実施例】
【0017】
図1は本発明の実施の形態に係る印刷装置の全体構成を示すブロック図である。
【0018】
印刷装置102はコントローラ部103、プリンタエンジン部104から構成される。
【0019】
印刷装置102のコントローラ部103の構成を図2に示す。
【0020】
印刷装置102のコントローラ部103はコンピュータ等の外部機器101から入力された入力データを受信し、入力データから印刷データを生成してプリンタエンジン部104に出力するもので、入力データを受信する入力バッファ201、入力バッファに格納された入力データから印刷データを生成するレンダリング部202、レンダリング部によって生成された印刷データを格納する出力バッファ203、ユーザに情報を表示し、操作を受け付けるコントロールパネル部204、プリンタエンジン部104と各種情報のやり取りを行うエンジンインターフェース部205から構成される。
【0021】
印刷装置102のコントローラ部103とプリンタエンジン部104は所定のビデオインターフェースによって接続されており、印刷イメージの転送や各種センサの情報の交換を行う。情報の交換は例えば16ビット単位のコマンド/ステータスのシリアル通信によって行う。
【0022】
ここでは電子写真方式のプリンタエンジンを想定しているが、既知のインクジェット方式を用いても良い。
【0023】
入力データについて図3を用いて説明する。
【0024】
一般的に図3左図で表すように一つの入力データは一つのジョブとして公知のPDL等で記述される。データ構造はジョブの始まりを表すJob Header301とページごとにPDLで記述されたデータ302、ジョブの終わりを表すJob Footer303で表現される。本発明の入力データは図3右図で表すようにさらにキャンセルや部数変更を適応する範囲の表す章区切りのデータ304が挿入されている。章区切りは入力データを生成するコンピュータ等によって付加され、付加する位置は印刷するアプリケーションからの情報等によって決定される。
【0025】
入力データを受信した場合のキャンセル及び部数変更を図4に沿って説明する。
【0026】
入力データを受信するとコントロールパネル部にジョブを受信したことを表すメッセージを表示する。ユーザはジョブに対して印刷を行うか、キャンセル指示を行うか、部数変更を行うかの選択を行う。ユーザの指示はコントロールパネルやコンピュータから行うことができる。印刷を行う場合、印刷装置は入力データから印刷データを生成し印刷実行を行う。
【0027】
キャンセルまたは部数変更が指示された場合、ユーザはジョブ全体、ページごとの指定、または章ごとの指定を選択肢、ページごとまたは章ごとの場合には更にどのページまたは章かを選択する。印刷装置はページごとにキャンセル情報と部数情報を管理しており、ユーザの指示によってそれらを変更する。章ごとの指定の場合には章に属するページ全てについて、ジョブ全体の場合には全てのページについて変更を行う。変更がなされた後、印刷を行うページに対しては印刷データの生成を行い、キャンセルされたページに対しては印刷データの生成を省略する。生成された印刷データを各ページの部数分繰り返して印刷を行う。
【0028】
印刷中のジョブに対するキャンセル及び部数変更を図5に沿って説明する。
【0029】
ジョブの印刷中は、コントロールパネル部に印刷中であることを表すメッセージを表示する。ユーザはコントロールパネルやコンピュータからジョブに対して一時停止の指示を行うことができる。印刷装置は一時停止の指示の受けると印刷及び印刷データの生成を一旦停止し、ユーザからの指示を待つ。ユーザは印刷を続行するか、キャンセル指示を行うか、部数変更を行うかの選択を行う。印刷を続行する場合、印刷装置は印刷データ生成済みのページに対して印刷データの印刷実行を行い、印刷データ未生成のページに対しては入力データから印刷データを生成して印刷実行を行う。キャンセルまたは部数変更が指示された場合、入力データを受信した場合と同様に、ユーザはジョブ全体、ページごとの指定、または章ごとの指定を選択肢、ページごとまたは章ごとの場合には更にどのページまたは章かを選択する。
【0030】
印刷装置は入力データを受信した場合と同様にキャンセル情報と部数情報をユーザ指示によって変更する。変更がなされた後、印刷データ生成済みページの場合、印刷を行うページは印刷データを各ページの部数分繰り返して印刷実行を行い、キャンセルされたページに対しては印刷実行を省略する。印刷データ未生成ページの場合、印刷を行うページに対しては印刷データの生成を行い、キャンセルされたページに対しては印刷データの生成を省略する。生成された印刷データを各ページの部数分繰り返して印刷を行う。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】本発明の実施の形態に係る印刷装置の全体構成を示す図である。
【図2】本発明の実施の形態に係るコントローラ部の構成を示す図である。
【図3】本発明の実施の形態に係る入力データの構成を示す図である。
【図4】本発明の実施の形態に係る入力データを受信した場合のキャンセル及び部数変更の処理動作を示すフローチャートである。
【図5】本発明の実施の形態に係る印刷中のジョブに対するキャンセル及び部数変更の処理動作を示すフローチャートである。
【符号の説明】
【0032】
101 外部機器
102 印刷装置
103 コントローラ部
104 プリンタエンジン部
201 入力バッファ
202 レンダリング部
203 出力バッファ
204 コントロールパネル部
205 エンジンインターフェース部
301 Job Header
302 PDL Data
303 Job Footer
304 区切りデータ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013