米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 繊維;紙;印刷 -> キヤノン株式会社

発明の名称 ダイレクトプリントシステム
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8068(P2007−8068A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−193247(P2005−193247)
出願日 平成17年7月1日(2005.7.1)
代理人 【識別番号】100066061
【弁理士】
【氏名又は名称】丹羽 宏之
発明者 渡邊 等
要約 課題
近来のデジタルカメラは解像度の改良が著しく、詳細な画像を撮影できるようになった反面画像ファイルのサイズも増大し、ストレージ機器への保存や読み出しにおいて画像の転送時間が長くなり、操作性が損なわれるなどの問題があった。

解決手段
カメラからの画像転送要求の数により、プリンタ側でカメラでの操作を判断し、大きな画像データを小さくリサイズして転送することにより、データ転送量を減らし、転送時間を短縮する。
特許請求の範囲
【請求項1】
複数のデジタル画像を保存することができ、保存した画像をプリントすることができ、ストレージした画像を任意のサイズにリサイズすることができ、ストレージした画像を直接接続したデジタルカメラに転送することができるストレージ機能付プリンタと、
プリンタに直接接続し、プリンタから画像を受信することができるデジタルカメラと、
を備えたダイレクトプリントシステムにおいて、
プリンタのストレージ内の画像をデジタルカメラに転送する際に、デジタルカメラからのサイズ指定によるのではなくプリンタ側でリサイズ率を決定し、画像をリサイズしてからデジタルカメラに転送することを特徴とするダイレクトプリントシステム。
【請求項2】
デジタルカメラから一度に単数枚の画像の転送要求をプリンタが受信した場合には、VGAサイズの画像をカメラに送信することを特徴とする請求項1記載のダイレクトプリントシステム。
【請求項3】
デジタルカメラから一度に複数枚の画像の転送要求をプリンタが受信した場合には、一覧表示用の縮小画像をカメラに送信することを特徴とする請求項1記載のダイレクトプリントシステム。
【請求項4】
デジタルカメラにリサイズ画像を送信する際に、実際の画像サイズを画像とともに送信することを特徴とする請求項2または3記載のダイレクトプリントシステム。
【請求項5】
デジタルカメラが受信したリサイズ画像を、デジタルカメラ内ではリサイズされたサイズではなく、実際の画像サイズとして扱うことを特徴とする請求項4記載のダイレクトプリントシステム。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、プリンタとデジタルカメラを直接接続して画像をプリントするためのダイレクトプリントシステムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、ストレージシステムから画像を他の機器に転送する場合には、ストレージされている画像をそのまま転送していた。
【特許文献1】特開2004−015234号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
近来のデジタルカメラは解像度の改良が著しく、詳細な画像を撮影できるようになった反面、画像ファイルのサイズも増大し、ストレージ機器への保存や読み出しにおいて画像の転送時間が長くなり、操作性が損なわれるなどの問題があった。
【0004】
本発明は、上述の問題点に着目してなされたものであって、データ転送量を減らし、転送時間を短縮することのできるダイレクトプリントシステムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、上記目的を達成するために、ダイレクトプリントシステムを次に示すとおりの構成とする。
【0006】
請求項1については、
複数のデジタル画像を保存することができ、保存した画像をプリントすることができ、ストレージした画像を任意のサイズにリサイズすることができ、ストレージした画像を直接接続したデジタルカメラに転送することができるストレージ機能付プリンタと、
プリンタに直接接続し、プリンタから画像を受信することができるデジタルカメラと、
を備えたダイレクトプリントシステムにおいて、
プリンタのストレージ内の画像をデジタルカメラに転送する際に、デジタルカメラからのサイズ指定によるのではなくプリンタ側でリサイズ率を決定し、画像をリサイズしてからデジタルカメラに転送することにより、転送時間の短縮をはかるものである。
【0007】
請求項2については、
デジタルカメラから一度に単数枚の画像の転送要求をプリンタが受信した場合には、VGAサイズの画像をカメラに送信することにより、転送時間の短縮をはかるものである。
【0008】
請求項3については、
デジタルカメラから一度に複数枚の画像の転送要求をプリンタが受信した場合には、一覧表示用の縮小画像をカメラに送信することにより、転送時間の短縮をはかるものである。
【0009】
請求項4については、
デジタルカメラにリサイズ画像送信する際に、実際の画像サイズを画像とともに送信することにより、カメラ内での画像の扱いをオリジナル画像とおなじくし、ユーザに違いを意識させないものである。
【0010】
請求項5については、
デジタルカメラが受信したリサイズ画像をデジタルカメラ内ではリサイズされたサイズではなく実際の画像サイズとして扱うことにより、ユーザにリサイズ画像であることを意識させないものである。
【発明の効果】
【0011】
本発明に拠れば、ストレージ機器からデジタルカメラに画像を転送する際にデジタルカメラの小さな液晶画面で閲覧する程度の目的のために不必要に大きなサイズの画像を転送することを回避することができ、転送時間を短縮できるという効果がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下、図を用いて本発明の詳細な実施例を説明する。
【実施例1】
【0013】
図1は、本発明によるストレージ機能付ダイレクトプリントシステムのブロック図である。ダイレクトプリントシステムはプリンタとデジタルカメラとからなり、それぞれは別々に本来の機能を果たすが、プリンタとデジタルカメラを接続することにより、デジタルカメラ内の画像をデジタルカメラのUI部材を用いて画像を選択し、選択した画像をプリントコマンドとともにプリンタに送信することによって、デジタルカメラ内の画像を直接プリントすることができる。
【0014】
また、プリンタは複数の画像を保存できるストレージを備え、デジタルカメラから送信された画像や、メモリカード内の画像をプリンタ本体に保存することができる。
【0015】
ストレージ内に保存された画像は接続されたデジタルカメラに送信することもでき、これによってストレージ内の画像をデジタルカメラの液晶画面を用いて閲覧することができる。
【0016】
ストレージ内に記録された画像をデジタルカメラによって閲覧し、所望の画像をデジタルカメラのUI部材を用いて選択し、プリンタに対してプリントコマンドを発行することにより、ストレージ内の画像を選択的にプリントすることができる。
【0017】
プリンタは図1に示す通り、プリンタ内の各部をコントロールする制御部102、画像のサイズを変更するリサイズ部103、画像を保存するストレージ部104、画像を紙にプリントするプリンタ部105、デジタルカメラと通信するための通信部106とからなり、それぞれは、プリンタ内で各ブロックをつなぐバス101によって、相互に接続されている。バス101はデータのみならず各部の制御コードも流れ、各部はそれに従って連携して動作する。
【0018】
プリンタの全体的な動作は制御部102が制御する。
【0019】
ストレージ内の画像をプリントする場合、制御部102がストレージ部104に画像データ取得要求をだし、ストレージ部104から取り出した画像データをリサイズ部103に渡す。同時に制御部102は、プリンタ部105に現在使用可能なペーパーサイズを問い合わせ、得られたペーパーサイズをリサイズ部103に通知する。
【0020】
リサイズ部103は、受け取った画像データをペーパーサイズに適合するようにリサイズ処理を行う。リサイズ処理が終了したら、制御部102によってリサイズ後の画像データがバス101を通じてプリンタ部105に送られ、プリンタ部105は画像をプリントする。
【0021】
デジタルカメラを接続した際には、通信部106を通じてデジタルカメラと通信を行う。
【0022】
プリンタが保持している画像をデジタルカメラで閲覧する場合には、デジタルカメラからの画像送信要求に従って、制御部102は、ストレージ部104に保存されている画像を、通信部106を通してデジタルカメラに送信する。
【0023】
デジタルカメラは図1に示す通り、プリンタと通信するための通信部108、カメラ内の各部をコントロールする制御部109、画像やGUI部品を表示する表示部110、受信画像や画像サイズなどを記憶する記憶部111、プリント実行やトリミングなどの各種操作を行うための操作部112からなり、それぞれは、カメラ内で各ブロックをつなぐバス107によって、相互に接続されている。バス107はデータのみならず各部の制御コードも流れ、各部はそれに従って連携して動作する。
【0024】
デジタルカメラの全体的な動作は制御部109が制御する。
【0025】
操作部112でユーザの操作に従い、通信部108を通してプリンタに画像送信要求をだす。
【0026】
デジタルカメラはプリンタから通信部108を通して画像を受信し、一時的に記憶部111に画像データを保持する。制御部109は記憶部111の画像データを表示部110に表示できるようにデータ処理し、表示部110に表示する。別の画像が所望ならばさらに画像送りコマンドをプリンタに発行し、同様の処理を繰り返す。
【0027】
図2は、本発明によるストレージ機能付ダイレクトプリントシステムにおいて、プリンタのストレージ内に保存されている画像をデジタルカメラに転送する時の、プリンタの処理の流れを示すフローチャートである。
【0028】
S201において、プリンタはデジタルカメラから画像送信要求を受信する。画像の指定方法は画像番号を直接指定する方法や、プリント内で現在選択されている画像、または現在選択されている画像の次/前など複数の指定方法が可能であるが、プリンタ内の画像のうちの一つを間違いなく指定できる方法であればよい。
【0029】
S202において、プリンタはS201で受け取った画像送信要求を解釈し、送信要求されている画像の数が複数か単数かを判定する。
【0030】
S202において送信要求されている画像の数が1枚であれば、S203において、プリンタは送信要求のあった画像をVGAサイズにリサイズする。
【0031】
S202において送信要求されている画像の数が複数枚であれば、S204において、プリンタは送信要求のあった画像をサムネイルサイズ(たとえば160×120ドット)にリサイズする。
【0032】
S205において、プリンタは、S203やS204においてリサイズした画像に、リサイズ前のオリジナル画像のサイズを付加する。
【0033】
S206において、デジタルカメラにリサイズした画像の送信を行う。
【0034】
以上の手順により、オリジナルの画像よりも少ない通信量で、画像をデジタルカメラに転送することが可能である。デジタルカメラの画像表示用液晶画面のサイズはVGA(640x480ドット)サイズ程度のことが多いので、リサイズ処理されたあとの画像でも十分に閲覧の用途に使うことができる。
【0035】
また、カメラから複数画像の送信要求が一度にあった場合には、カメラは複数の画像を画像表示用液晶画面に複数一度に一覧表示するので、VGAよりもさらに小さいサムネイルサイズの画像でも、十分に閲覧の用途に使うことができる。
【0036】
図3は、本発明によるストレージ機能付ダイレクトプリントシステムにおいて、プリンタから送信された画像データが実際の画像データと異なっていても、カメラではその違いをユーザに意識させないで扱うことを、トリミングプリント実行を例にとり、その処理の流れを示すフローチャートである。
【0037】
S301において、カメラはプリンタから送信された画像データを受信する。
【0038】
S302において、カメラは受信した画像データの画像サイズを取得する。これは受信した画像そのものの画像サイズ(プリンタによってリサイズされた画像サイズ)である。
【0039】
S303において、受信した画像をカメラの液晶画面に表示する。カメラは画像表示の際には画像を液晶画面のサイズに合うようにリサイズして表示するので、受信した画像をS302で取得した画像サイズとして扱うことにより、プリンタでリサイズされていてもされていなくても表示上はなんの違いもない。
【0040】
S304において、S301で受信した画像のオリジナル画像サイズを取得する。
【0041】
S305において、S302で取得した画像サイズと、S304で取得した画像サイズを比較する。双方のサイズが同じであれば、受信した画像はプリンタでリサイズされていないことになるので、なんら特別の処理をする必要はない。双方のサイズが異なっていれば、受信した画像はプリンタでリサイズしているのでサイズの換算を行う必要が生じ、S306へ進む。
【0042】
S306において、トリミングサイズの換算を行う。たとえば1600×1200のサイズの画像を640×480のサイズで受信したとすると、オリジナル画像で800×600の範囲をトリミングによって切りだそうとするとき、液晶画面上では、320×240の範囲を示すトリミング枠を表示することになる。その大きさのトリミング枠でトリミングプリントを実施する場合には、プリンタに渡すトリミングの大きさは、もちろん800×600に逆換算する。また、トリミングによって拡大プリントが発生し、切り出す範囲に含まれる画像のドット数がプリンタの解像度よりも少なくなってしまうと画質が落ちるので、トリミング枠の大きさによって警告をだす場合にも、画像のドット数とプリンタの解像度との比較は、オリジナル画像の画像サイズを用いて行う。そうすることによって、受信した画像はリサイズされているものであってもプリント時にはオリジナルの画像と同じ条件でプリントすることができ、その違いをユーザが意識する必要はない。
【0043】
S307において、カメラの液晶画面上に画像に重ねるようにトリミング枠を表示する。S306でトリミングサイズの換算が行われているので、操作上はオリジナル画像とまったく変わることがない。
【図面の簡単な説明】
【0044】
【図1】本発明によるストレージ機能付ダイレクトプリントシステムのブロック図である。
【図2】本発明によるストレージ機能付ダイレクトプリントシステムにおいて、プリンタのストレージ内に保存されている画像をデジタルカメラに転送する時のプリンタの処理の流れを示すフローチャートである。
【図3】本発明によるストレージ機能付ダイレクトプリントシステムにおいて、プリンタから送信された画像データが実際の画像データと異なっていても、カメラではその違いをユーザに意識させないで扱うことを、トリミングプリント実行を例にとり、その処理の流れを示すフローチャートである。
【符号の説明】
【0045】
101 バス
102 制御部
103 リサイズ部
104 ストレージ部
105 プリント部
106 通信部
107 バス
108 通信部
109 制御部
110 表示部
111 記憶部
112 操作部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013