Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法 - セイコーエプソン株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 繊維;紙;印刷 -> セイコーエプソン株式会社

発明の名称 印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8174(P2007−8174A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2006−286059(P2006−286059)
出願日 平成18年10月20日(2006.10.20)
代理人 【識別番号】100066980
【弁理士】
【氏名又は名称】森 哲也
発明者 荒崎 真一
要約 課題
飛行曲がり現象によるバンディングを解消または殆ど目立たなくすることができる新規な印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法を提供する。

解決手段
印刷装置100を、外部装置や記憶装置等から所定画像を構成する画像データを取得する画像データ取得部10と、バンディングに関与するノズルに対応する画像部分の色の混合比率をバンディングを回避又は低減するように変換してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成部11と、第2画像データの画像を印刷媒体(ここでは、印刷用紙)に印刷するための印刷用データを生成する印刷用データ生成部12と、印刷用データに基づき画像データの画像を、インクジェット方式によって印刷媒体に印刷する印刷部13とを含んだ構成とした。
特許請求の範囲
【請求項1】
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得手段と、
前記複数のノズルにおける、バンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報を記憶するノズル情報記憶手段と、
前記ノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成手段と、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成手段と、
前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷する印刷手段と、を備え、
前記第2画像データ生成手段は、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴とする印刷装置。
【請求項2】
前記第2画像データ生成手段は、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴とする請求項1記載の印刷装置。
【請求項3】
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴とする請求項1又は請求項2記載の印刷装置。
【請求項4】
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項5】
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項6】
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項7】
前記第2画像データ生成手段は、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴とする請求項1乃至請求項6のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項8】
前記印刷用データ生成手段は、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴とする請求項1乃至請求項6のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項9】
前記印刷ヘッドは、前記印刷媒体の装着領域よりも広い範囲に亘って前記ノズルが連続して配列されており1回の走査で印刷可能な印刷ヘッドであることを特徴とする請求項1乃至請求項8のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項10】
前記印刷ヘッドは、前記印刷媒体の紙送り方向に直交する方向に往復動しながら印刷を実行する印刷ヘッドであることを特徴とする請求項1乃至請求項8のいずれか1項に記載の印刷装置。
【請求項11】
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置を制御するのに使用する印刷装置制御プログラムであって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップと、
前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷する印刷ステップとからなる処理をコンピュータに実行させるのに使用するプログラムを含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴とする印刷装置制御プログラム。
【請求項12】
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置を制御するのに使用する印刷装置制御方法であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップと、
前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷する印刷ステップとからなる処理をコンピュータに実行させるのに使用するプログラムを含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴とする印刷装置制御方法。
【請求項13】
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置において使用される印刷用データを生成する印刷用データ生成装置であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得手段と、
前記複数のノズルにおける、バンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報を記憶するノズル情報記憶手段と、
前記ノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成手段と、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成手段と、を備え、
前記第2画像データ生成手段は、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴とする印刷用データ生成装置。
【請求項14】
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置において使用される印刷用データを生成するのに使用する印刷用データ生成プログラムであって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップとからなる処理をコンピュータに実行させるのに使用するプログラムを含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴とする印刷用データ生成プログラム。
【請求項15】
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置において使用される印刷用データを生成するのに使用する印刷用データ生成方法であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップと、を含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴とする印刷用データ生成方法。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、ファクシミリ装置や複写機、OA機器用の印刷装置等に用いられる印刷装置および印刷装置制御プログラム並びに印刷装置制御方法に係り、特に、複数色の液体インクの微粒子を印刷用紙(記録材)上に吐出して所定の文字や画像を描画するようにした、いわゆるインクジェット方式の印刷処理を行うのに好適な印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法に関する。
【背景技術】
【0002】
以下は、印刷装置、特にインクジェット方式を採用したプリンタ(以下、「インクジェットプリンタ」と称す)について説明する。
インクジェットプリンタは、一般に安価でかつ高品質のカラー印刷物が容易に得られることから、パーソナルコンピュータやデジタルカメラなどの普及に伴い、オフィスのみならず一般ユーザにも広く普及してきている。
【0003】
このようなインクジェットプリンタは、一般に、インクカートリッジと印刷ヘッドとが一体的に備えられたキャリッジなどと称される移動体が、印刷媒体(用紙)上を、その紙送り方向に対し垂直な方向に往復しながらその印刷ヘッドのノズルから液体インクの粒子をドット状に吐出(噴射)することで、印刷媒体上に所定の文字や画像を描画して所望の印刷物を作成するようになっている(インクカートリッジと印刷ヘッドが別体となり、チューブなどを介してインクが印刷ヘッドに供給される形態もある)。そして、このキャリッジに黒色(ブラック)を含めた4色(ブラック、イエロー、マゼンタ、シアン)のインクカートリッジと各色ごとの印刷ヘッドを備えることで、モノクロ印刷のみならず、各色を組み合わせたフルカラー印刷も容易に行えるようになっている(さらに、これら各色に、ライトシアンやライトマゼンタなどを加えた6色や7色、あるいは8色のものも実用化されている)。
【0004】
また、このようにキャリッジ上の印刷ヘッドを紙送り方向に対し垂直な方向に往復させながら印刷を実行するようにしたタイプのインクジェットプリンタでは、1ページ全体をきれいに印刷するために印刷ヘッドを数十回から100回以上も往復動させる必要があるため、他の方式の印刷装置、例えば、複写機などのような電子写真技術を用いたレーザープリンタなどに比べて大幅に印刷時間がかかるといった欠点がある。
【0005】
これに対し、印刷用紙の幅と同じ(もしくは長い)寸法の長尺の印刷ヘッドを配置してキャリッジを使用しないタイプのインクジェットプリンタでは、印刷ヘッドを印刷用紙の幅方向に移動させる必要がなく、いわゆる1走査(1パス)での印刷が可能となるため、前記レーザープリンタと同様に高速な印刷が可能となる。また、印刷ヘッドを搭載するキャリッジやこれを移動させるための駆動系などが不要となるため、プリンタ筐体の小型・軽量化が可能となり、さらに静粛性も大幅に向上するといった利点も有している。なお、前者方式のインクジェットプリンタを一般に「マルチパス型プリンタ」、後者方式のインクジェットプリンタを一般に「ラインヘッド型プリンタ」または「シリアルプリンタ」と呼んでいる。
【0006】
ところで、このようなインクジェットプリンタに不可欠な印刷ヘッドは、直径が10〜70μm程度の微細なノズルを一定の間隔を隔てて1列、または印刷方向に複数列に配設してなるものであるため、製造誤差によって一部のノズルのインクの吐出方向が傾いてしまったり、ノズルの位置が理想位置とはずれた位置に配置されてしまい、そのノズルで形成されるドットの着弾位置が理想位置よりもずれてしまうといった、いわゆる「飛行曲がり現象」を発生してしまうことがある。また、ノズルのばらつき特性により、そのばらつきが大きいものとしては、インク量が理想量と比較して非常に多くなったり少なくなったりするものが存在する。
【0007】
この結果、その不良ノズルを用いて印刷された部分に、いわゆる「バンディング(スジ)現象」と称される印刷不良が発生して、印刷品質を著しく低下させてしまうことがある。すなわち、「飛行曲がり」現象が発生すると、隣り合うノズルにより吐出されたドット間距離が不均一となり、隣接ドット間の距離が正常時より長くなる部分には「白スジ(印刷用紙が白色の場合)」が発生し、隣接ドット間の距離が正常時より短くなる部分には、「濃いスジ」が発生する。また、インク量の値が理想とは外れている場合も、インク量が多いノズル部分に関しては、濃いスジ、インク量が少なくなる部分では白スジが発生する。
【0008】
特に、このようなバンディング現象は、前述したような「マルチパス型プリンタ」(シリアルプリンタ)の場合よりも、印刷ヘッドもしくは印刷媒体が固定(1パス印刷)である「ラインヘッド型プリンタ」の方に顕著に発生し易い(マルチパス型プリンタでは、印刷ヘッドを何回も往復させることを利用してバンディングを目立たなくする技術がある)。
【0009】
そのため、このような「バンディング現象」による一種の印刷不良を防止するために、印刷ヘッドの製造技術の向上や設計改良などといった、いわゆるハード的な部分での研究開発が鋭意進められているが、製造コスト、技術面などから100%「バンディング現象」が発生しない印刷ヘッドを提供するのは困難となっている。
そこで、現状では前記のようなハード的な部分での改良に加え、以下に示すような印刷制御といった、いわゆるソフト的な手法を用いてこのような「バンディング現象」を低減するような技術が併用されている。
【0010】
例えば、以下に示す特許文献1や特許文献2では、ノズルのばらつきやインクの不吐出に対処するために、印刷濃度が薄い部分にはシェーディング補正技術を用いてヘッドのばらつきの対処を行い、印刷濃度が濃い部分については他の色を用いて代用(例えば、ブラックで印刷する場合にはシアンまたはマゼンタなどを代用)してバンディングやばらつきが目立たないように設定している。
【0011】
また、以下に示す特許文献3においては、ベタ画像(すなわち下地が見えない程度に塗りつぶされた画像)に関しては不吐出ノズルの近傍画素の隣接ノズルの吐出量を増やし、ノズル全体でベタ画像を生成するという手法を取り入れている。
また、以下に示す特許文献4においては、各ノズルのばらつき量を誤差拡散にフィードバックして処理し、ノズルのインクの吐出量のばらつきを吸収してバンディング現象を回避している。
【特許文献1】特開2002−19101号公報
【特許文献2】特開2003−136702号公報
【特許文献3】特開2003−63043号公報
【特許文献4】特開平5−30361号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0012】
しかしながら、上記特許文献1及び上記特許文献2の従来技術などのように他の色を用いてバンディング現象やばらつきを低減する手法では、処理を施した部分の色相が変わってしまうことから、カラー写真画像印刷のように高画質・高品質が要求される印刷には適さない。
また、濃度が濃い部分について、不吐出ノズルの情報を左右に振り分けるなどによって「白スジ現象」を回避する方法は、これを前述した「飛行曲がり現象」に適用した場合には、白スジは低減可能であるが、濃度が濃い部分には依然としてバンディングが残ってしまうという問題がある。
【0013】
また、上記特許文献3の従来技術などのような方法では、印刷物がベタ画像であれば問題ないが、中間階調の印刷物である場合は、この方法を利用することができない。また、細い線などは他の色を用いて埋める方法はごく僅かな使用であれば問題ないが、他の色が連続して発生するような画像においては、前者と同様に画像の一部の色相が変化してしまうといった問題が残る。
また、上記特許文献4の従来技術などのような方法では、ドットの形成内容がずれるという問題に対しては、適切なフィードバックを行う処理が複雑となり、解決が困難であるという問題がある。
【0014】
そこで、本発明は、このような従来の技術の有する未解決の課題に着目してなされたものであって、飛行曲がり現象が要因のバンディング現象による画質の劣化を解消または殆ど目立たなくすることができ、更にインクの吐出不良による画質の劣化を解消または殆ど目立たなくすることができる新規な印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0015】
〔形態1〕 上記目的を達成するために、形態1の印刷装置は、
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得手段と、
前記複数のノズルにおける、バンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報を記憶するノズル情報記憶手段と、
前記ノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成手段と、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成手段と、
前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷する印刷手段と、を備え、
前記第2画像データ生成手段は、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴としている。
【0016】
このような構成であれば、画像データ取得手段によって、前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得することが可能であり、ノズル情報記憶手段によって、前記複数のノズルにおける、バンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報を記憶することが可能であり、第2画像データ生成手段によって、前記ノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成することが可能であり、印刷用データ生成手段によって、前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成することが可能であり、印刷手段によって、前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷することが可能である。
【0017】
更に、前記第2画像データ生成手段は、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することが可能である。
【0018】
従って、所定色の画像部分を構成するバンディングに関与するノズルのインク吐出量を、バンディングが発生しないように、例えば、その吐出量を減少するように変更し、その一方で、このインク吐出量の減少分を、異常ノズルに対応した色とは異なる他の色のノズルのインク吐出量を増加することで補うことで、前記所定色が同一色の範囲となるように所定色の画像部分の画素値を再構成することができるので、印刷結果を、当該印刷結果にバンディングが発生しない状態、あるいは当該印刷結果においてバンディングが目立たない状態にできると共に、変更前の色情報の維持に加えて、バンディングに関与するノズル(異常ノズル)のみインクの吐出量を変更するようにしたので、自然さを損なわない画質で画像データの画像を印刷媒体上に再現できるという効果が得られる。
【0019】
ここで、上記ドットとは、1または複数のノズルから吐出されたインクが印刷媒体に着弾して形成される1つの領域をいう。また、「ドット」は面積が「ゼロ」ではなく、一定の大きさ(面積)をもつことは勿論、大きさごとに複数種類存するものである。但し、インクを吐出して形成されたドットは必ずしも真円になるとは限らない。例えば、楕円形などの真円以外の形状でドットが形成された場合は、その平均的な径をドット径として扱ったり、ある量のインクを吐出して形成されたドットの面積と等しい面積を有する真円の等価ドットを想定し、該等価ドットの径をドット径として扱ったりすることもある。また、濃度の異なるドットの打ち分け方法としては、例えば、ドットの大きさが同じで濃度が異なるドットを打つ方法、濃度が同じで大きさの異なるドットを打つ方法、濃度が同じでインクの吐出量が異なるドットであり、重ね打ちにより濃度を異ならせる方法などが考えられる。また、1つのノズルから吐出された1つのインク滴が分離して着弾してしまった場合も1つのドットとするが、2つのノズルまたは1つのノズルから時間を前後して形成された2つ以上のドットがくっついてしまった場合は、2つのドットが形成されたものとする。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0020】
また、上記画像データ取得手段は、スキャナ手段などの光学的印刷結果読み取り手段などから入力された画像データを取得したり、LANやWAN等のネットワークを介して外部装置に記憶された画像データを受動的又は能動的に取得したり、印刷装置の有するCDドライブ、DVDドライブなどの駆動装置を介してCD−ROM、DVD−ROMなどの記録媒体から画像データを取得したり、印刷装置の有する記憶装置に記憶された画像データを取得したりなどする。つまり、前記取得には、少なくとも入力、獲得、受信および読出が含まれる。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0021】
また、上記「ノズル情報記憶手段」は、ノズル情報をあらゆる手段でかつあらゆる時期に記憶するものであり、ノズル情報をあらかじめ記憶してあるものであってもよいし、ノズル情報をあらかじめ記憶することなく、本印刷装置の動作時に外部からの入力等によってノズル情報を記憶するようになっていてもよい。例えば、工場出荷時などの本印刷装置が製品として売り出される前に、スキャナ手段などの光学的印刷結果読み取り手段などを利用して印刷ヘッドによる印刷結果からその印刷ヘッドを構成する各ノズルのドット形成位置のずれ量やインクの吐出状態等を検査してその検査結果を予め記憶したり、印刷装置の使用時に、前記工場出荷時と同様に印刷ヘッドを構成する各ノズルのドット形成位置のずれ量を検査してその検査結果を記憶したりするなど、製品の使用時においてノズル情報が記憶された状態にできるタイミングであればどのようなタイミングでも良い。また、印刷装置の使用後に、その印刷ヘッドの特性が変化した場合に対応するために定期的にあるいは所定の時期にスキャナ手段などの光学的印刷結果読み取り手段など利用してその印刷ヘッドによる印刷結果からその印刷ヘッドの印字位置ずれ量や各ノズルのインク吐出状態等を検査してその検査結果を工場出荷時などのデータと共に、あるいはそのデータに上書きして記憶したりするなどノズル情報を更新できるようにしても良い。(以下の「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである)。
【0022】
また、上記「バンディング」とは、ドット形成位置が理想の形成位置からずれているノズルによる、いわゆる「飛行曲がり現象」が原因で、印刷結果に「白スジ」と共に「濃いスジ」が同時に発生する印刷不良と、ノズルのインク不吐出、ノズルのインク吐出量が通常より多い又は少ないなどのインクの吐出不良が原因で、印刷結果に「白スジ」や「濃いスジ」が発生する印刷不良とのことをいうものとする。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0023】
また、上記「飛行曲がり現象」とは、前述したように単なる一部のノズルの不吐出現象とは異なり、インクは吐出するものの、その一部のノズルの吐出方向が傾くなどしてドットが理想位置よりずれて形成されてしまう現象をいう。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0024】
また、上記「白スジ」とは、「飛行曲がり現象」によって隣接ドット間の距離が所定の距離よりも広くなる現象が連続的に発生して印刷媒体の下地の色がスジ状に目立ってしまう部分(領域)をいい、また、上記「濃いスジ」とは、同じく「飛行曲がり現象」によって隣接ドット間の距離が所定の距離よりも短くなる現象が連続的に発生して印刷媒体の下地の色が見えなくなったり、あるいはドット間の距離が短くなることによって相対的に濃く見えたり、さらにはずれて形成されたドットの一部が正常なドットと重なり合ってその重なり合った部分が濃いスジ状に目立ってしまう部分(領域)をいうものとする。また、白スジはインク量が少ないノズルが原因で発生する場合があり、一方、濃いスジはインク量が多いノズルが原因で発生する場合がある。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0025】
また、上記「バンディングに関与するノズル(異常ノズル)」とは、例えば、ドットの形成位置が理想の形成位置からずれていて「飛行曲がり現象」を発生するようなノズル(又はインクの吐出量が不適切なノズル)とその近傍のノズルとの少なくとも一方を示し、上記「白スジ」が発生した場合は、例えば、ドットの形成位置がずれたノズル及びそのずれたドットに対して距離が通常のケースよりも広くなった正常なドットを形成するノズルを含んだものであったり、また、上記「濃いスジ」の場合は、同じく「飛行曲がり現象」によってドットの形成位置がずれたノズル及びそのずれたドットに対して距離が通常のケースよりも短く、あるいは一部または全部が重なり合った正常なドットを形成するノズルを含んだものであったりしても良い。なお、この例に限らず、近傍の範囲を、該当ノズルの両隣3つのノズル等もっと拡大しても良い。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0026】
また、上記「異常ノズルに対応した画素データ」とは、異常ノズルの形成するドットに対応する画素データ、又は異常ノズル及びその周辺のノズルの形成するドットに対応する画素データのことである。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0027】
また、上記「印刷用データ」とは、多値(例えば、M値(M≧3))の画像データを、ノズルの形成ドットサイズの種類に応じ、誤差拡散手法等を用いてN値化(M>N≧2)することで生成されるもので、前記画像データの各色毎の各画素値に対する、ドットの有無(ノズルによりドットを形成する、形成しない)に関する情報と、形成する場合のドットのサイズ(例えば、大・中・小の3種類のいずれか)に関する情報等のノズルによってドットを形成する際に必要な情報から構成されるものである。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
また、上記「同一色の範囲」とは、対象となる所定色そのものを含み、更に、所定色そのものでは無くても、視覚的に所定色として知覚できる色を含む範囲である。
【0028】
〔形態2〕 更に、形態2の印刷装置は、形態1の印刷装置において、
前記第2画像データ生成手段は、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴としている。
【0029】
このような構成であれば、バンディングに関与している色のインク吐出量を減少させることで印刷結果にバンディングが発生しない状態、あるいは印刷結果においてバンディングが目立たない状態にできると共に、このインク量の減少分による所定色の色の変化を他の色で補償するようにしたので、所定色の色の変化を同一色の範囲に抑えることができるという効果が得られる。
【0030】
〔形態3〕 更に、形態3の印刷装置は、形態1又は2の印刷装置において、
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴としている。
このような構成であれば、所定色の色の変化を、より確実に、視覚的に同一色として知覚できる色の範囲に抑えることができるという効果が得られる。
【0031】
ここで、上記「Lab色空間」は、CIE(Commission Internationale d'Eclairage=国際照明委員会)が1976年に推奨した色空間であり、XYZ表色系を基礎とするもので、L*a*b*表色系と呼ばれる。L*a*b*表色系は、いわゆるUCS(Uniform Color Space)の代表的なもので、日本訳では、「均等色空間」と言われる。つまり、均等色空間とは、心理的(色を見たとき)に、同じ色違いに見える色同士の距離(心理的な距離感)を均等にしてある色空間のことである。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0032】
〔形態4〕 更に、形態4の印刷装置は、形態1乃至3のいずれか1の印刷装置において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴としている。
このような構成であれば、バンディングに関与する色とは別系統の他の色のインク吐出量を変更することによって色のバランスを変化させて、例えば、バンディングに関与する色のインク吐出量の減少分を補償することができるので、色相の変化を招くことなく、または最低限の色の変化で前記インク吐出量の減少分を補償することができるという効果が得られる。
【0033】
ここで、上記「別系統の色」とは、異常ノズルの吐出するインクの色とは違う色のことを指す。具体的には、例えば、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ブルー、レッド、グリーン間において、それぞれの色は別系統の色となる。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0034】
〔形態5〕 更に、形態5の印刷装置は、形態1乃至3のいずれか1の印刷装置において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴としている。
このような構成であれば、例えば、彩度の高い色のインクに対応したノズルがバンディングに関与している場合に、例えば、当該ノズルに対応する色のインク吐出量の減少分を、同系色の彩度の低い色のインク吐出量を変更することで補償することができるので、他系統の色の影響を抑えることができると共に色変化の問題を最小限に抑えながらバンディングの発生を回避又は低減できるという効果が得られる。
【0035】
ここで、上記「同系統の色」とは、同じ色で濃度(彩度)が異なるインクの色のことを指す。例えば、シアンとライトシアン、マゼンタとライトマゼンタ、ブラックとグレーなどが同系統の色となる。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0036】
〔形態6〕 更に、形態6の印刷装置は、形態1乃至3のいずれか1の印刷装置において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴としている。
このような構成であれば、前記バンディングに関与するノズルに対応したインクの色に応じて、これと同系統の色及び別系統の色のインク吐出量を変更することによって色のバランスを変化させることで、バンディングに関与する色のインク量の減少分を補償することができるので、色の変化を最低限に抑えつつ、且つ他の色の影響も最低限に抑えた状態でバンディングの発生を回避又は低減できるという効果が得られる。また、処理対象となる領域ごとに、より適した変更方法を選択することが可能になり、さらには、より多くの領域に対応することが可能になる。
【0037】
〔形態7〕 更に、形態7の印刷装置は、形態1乃至6のいずれか1の印刷装置において、
前記第2画像データ生成手段は、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴としている。
このような構成であれば、例えば、黄色などの明度の比較的高い色については、かなりの量のインクを打ち込んでもバンディングが目立たないが、シアンやマゼンタなどの明度の比較的低い色については、明度の比較的高い色と比べて、比較的少量のインクを打ち込んだだけでバンディングが目立ってしまう、従って、バンディングに関与する色の明度に応じて、そのインク吐出量の変更量を決定(制御)することで、必要最小限の変更量でバンディングを回避又は低減できるという効果が得られる。
【0038】
〔形態8〕 更に、形態8の印刷装置は、形態1乃至7のいずれか1の印刷装置において、
前記印刷用データ生成手段は、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴としている。
【0039】
このような構成であれば、一般に、インク吐出量が吐出可能限界量の1/4以下にできる色については、その部分の解像度を1/2にしても同様の機能を果たすとされているので、バンディングに関与しているノズルのインク吐出量を1/4以下にできるような場合に、そのノズルを対応する画素データの一部に対して不使用とした(ドットを形成しないようにした)印刷用データを生成することで、画質劣化を招くことなくバンディングを回避又は低減することができるという効果が得られる。
【0040】
また、バンディングに関与するノズルに対応した色のインクと同系色のインクを吐出するノズルがある場合には、当該バンディングに関与するノズルを対応する画素データの全部に対して不使用にすると共に、この不使用にした分を、同系色に対応したノズルによって補償することが可能であり、これによって、色が変わってしまうなどの問題を起こすことなく目的の色を再現できると共に、バンディングを回避又は低減できるという効果が得られる。
【0041】
ここで、上記「インクの吐出量」とは、印刷に用いる媒体における所定の面積に対して、どれだけドットが形成できるかを示す量のことである。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0042】
また、上記「所定量以下」とは、印刷に用いる媒体における所定の面積に対して形成されるドットの数が、ドットの最大形成数を100%として、例えば、1/4(25%)以下又は1/2(50%)以下となるインクの量(ドットの数)のことである。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0043】
また、上記「ドットを形成しないようにした印刷用データ」とは、画素データの一部又は全部に対して、この画素データに対して異常ノズルが形成するドットは全く使用しない(形成されない)状況となる印刷用データのことである。以下、「印刷装置制御プログラム」に関する形態、「印刷装置制御方法」に関する形態、「印刷用データ生成装置」に関する形態、「印刷用データ生成プログラム」に関する形態、「印刷用データ生成方法」に関する形態、並びに「前記プログラムを記録した記録媒体」に関する形態、発明を実施するための最良の形態の欄などの記載において同じである。
【0044】
〔形態9〕 更に、形態9の印刷装置は、形態1乃至8のいずれか1の印刷装置において、
前記印刷ヘッドは、前記印刷媒体の装着領域よりも広い範囲に亘って前記ノズルが連続して配列されており1回の走査で印刷可能な印刷ヘッドであることを特徴としている。
このような構成であれば、前述したように、いわゆる1パスで印刷が終了するラインヘッド型の印刷ヘッドを用いた場合に特に発生し易いバンディングによる「白スジ」や「濃いスジ」を目立たなくするのに効果的な印刷用データを生成することができるという効果が得られる。
【0045】
〔形態10〕 更に、形態10の印刷装置は、形態1乃至8のいずれか1の印刷装置において、
前記印刷ヘッドは、前記印刷媒体の紙送り方向に直交する方向に往復動しながら印刷を実行する印刷ヘッドであることを特徴としている。
前述したバンディングは、ラインヘッド型の印刷ヘッドの場合に顕著にみられるが、マルチパス型の印刷ヘッドの場合でも発生する。従って、前記形態1乃至8のいずれか1の印刷方法をマルチパス型の印刷ヘッドの場合に適用すれば、マルチパス型の印刷ヘッドで発生したバンディングによる「白スジ」や「濃いスジ」も目立たなくするのに効果的な印刷用データを生成することができるという効果が得られる。
また、マルチパス型の印刷ヘッドの場合は、印刷ヘッドの走査を繰り返すなどの工夫を施すことで、前記のようなバンディングを回避又は低減することが可能であるが、前記の形態1乃至8のいずれか1の印刷装置を適用すれば、印刷ヘッドを同じ箇所を何度も走査させる必要がなくなるため、より高速な印刷を実現することも可能となる。
【0046】
〔形態11〕 一方、上記目的を達成するために、形態11の印刷装置制御プログラムは、
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置を制御するのに使用する印刷装置制御プログラムであって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップと、
前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷する印刷ステップとからなる処理をコンピュータに実行させるのに使用するプログラムを含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴としている。
【0047】
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態1の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
また、インクジェットプリンタなどといった現在市場に出回っている殆どの印刷装置は中央処理装置(CPU)や記憶装置(RAM、ROM)、入出力装置などからなるコンピュータシステムを備えており、そのコンピュータシステムを用いてソフトウェアによって前記各手段を実現することができるため、専用のハードウェアを作成して前記各手段を実現する場合に比べて経済的かつ容易に実現することができる。
さらに、プログラムの一部を書き換えることによって機能改変や改良などによるバージョンアップも容易に行うことができる。
【0048】
〔形態12〕 更に、形態12の印刷装置制御プログラムは、形態11の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態2の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0049】
〔形態13〕 更に、形態13の印刷装置制御プログラムは、形態11又は12の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態3の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0050】
〔形態14〕 更に、形態14の印刷装置制御プログラムは、形態11乃至13のいずれか1の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態4の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0051】
〔形態15〕 更に、形態15の印刷装置制御プログラムは、形態11乃至13のいずれか1の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態5の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0052】
〔形態16〕 更に、形態16の印刷装置制御プログラムは、形態11乃至13のいずれか1の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態6の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0053】
〔形態17〕 更に、形態17の印刷装置制御プログラムは、形態11乃至16のいずれか1の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態7の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0054】
〔形態18〕 更に、形態18の印刷装置制御プログラムは、形態11乃至17のいずれか1の印刷装置制御プログラムにおいて、
前記印刷用データ生成ステップにおいては、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態8の印刷装置と同等の作用および効果が得られる。
【0055】
〔形態19〕 一方、上記目的を達成するために、形態19の印刷装置制御プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、
形態11乃至形態18のいずれか1の印刷装置制御プログラムが記録されていることを特徴としている。
これによって、形態11乃至形態18のいずれか1の印刷装置制御プログラムと同様の作用及び効果が得られると共に、CD−ROMやDVD−ROM、MOなどの記録媒体を介して前記印刷プログラムを容易に授受することが可能となる。
【0056】
〔形態20〕 一方、上記目的を達成するために、形態20の印刷装置制御方法は、
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置を制御するのに使用する印刷装置制御方法であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップと、
前記印刷用データに基づき、前記印刷ヘッドによって前記第2画像データによって構成されるカラー画像を前記媒体に印刷する印刷ステップとからなる処理をコンピュータに実行させるのに使用するプログラムを含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって前記印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴としている。
【0057】
より具体的には、画像データ取得ステップは、例えば、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行することで、例えば、スキャナ等の入力装置、HDD等の記憶装置、入出力I/Fなどが協働して処理が実現される。また、第2画像データ生成ステップは、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行し、記憶装置に記憶されたノズル情報等の各種データを駆使して処理を行うことで実現される。また、印刷用データ生成ステップは、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行し、記憶装置に記憶された第2画像データ等の各種データを駆使して処理を行うことで実現される。また、印刷ステップは、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行することで、印刷ヘッドや紙送り機構等の駆動機構等から構成される出力装置に記憶装置に記憶された印刷用データや各種制御信号等を入力して、出力装置(印刷手段)を制御することで処理が実現される。
これによって、形態1の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0058】
〔形態21〕 更に、形態21の印刷装置制御方法は、形態20の印刷装置制御方法において、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴としている。
これによって、形態2の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0059】
〔形態22〕 更に、形態22の印刷装置制御方法は、形態20又は21の印刷装置制御方法において、
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴としている。
これによって、形態3の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0060】
〔形態23〕 更に、形態23の印刷装置制御方法は、形態20乃至22のいずれか1の印刷装置制御方法において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴としている。
これによって、形態4の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0061】
〔形態24〕 更に、形態24の印刷装置制御方法は、形態20乃至22のいずれか1の印刷装置制御方法において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴としている。
これによって、形態5の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0062】
〔形態25〕 更に、形態25の印刷装置制御方法は、形態20乃至22のいずれか1の印刷装置制御方法において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴としている。
これによって、形態6の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0063】
〔形態26〕 更に、形態26の印刷装置制御方法は、形態20乃至25のいずれか1の印刷装置制御方法において、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴としている。
これによって、形態7の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0064】
〔形態27〕 更に、形態27の印刷装置制御方法は、形態20乃至26のいずれか1の印刷装置制御方法において、
前記印刷用データ生成ステップにおいては、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴としている。
これによって、形態8の印刷装置と同等の作用効果が得られる。
【0065】
〔形態28〕 一方、上記目的を達成するために、形態28の印刷用データ生成装置は、
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置において使用される印刷用データを生成する印刷用データ生成装置であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得手段と、
前記複数のノズルにおける、バンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報を記憶するノズル情報記憶手段と、
前記ノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成手段と、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成手段と、を備え、
前記第2画像データ生成手段は、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴としている。
【0066】
すなわち、本形態は、前記印刷装置のような実際に印刷を実行するための印刷手段を含むのではなく、元のM値の画像データに基づいて印刷ヘッドの特性に応じた印刷用データを生成するようにしたものである。
従って、形態1の印刷装置と同様の作用及び効果を得ることができると共に、例えば、本形態で生成した印刷用データを印刷装置に送るだけで、当該印刷装置で印刷処理を実行できる構成とすることが可能となるので、このような構成にすることで、専用の印刷装置を用意することなく、既存のインクジェット方式の印刷装置をそのまま利用することができる。
また、パソコンなどの汎用の情報処理装置を利用することができるため、パソコンなどの印刷指示装置とインクジェットプリンタとからなる既存の印刷システムをそのまま活用することができる。
【0067】
〔形態29〕 更に、形態29の印刷用データ生成装置は、形態28の印刷用データ生成装置において、
前記第2画像データ生成手段は、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴としている。
これによって、形態2の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0068】
〔形態30〕 更に、形態30の印刷用データ生成装置は、形態28又は29の印刷用データ生成装置において、
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴としている。
これによって、形態3の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0069】
〔形態31〕 更に、形態31の印刷用データ生成装置は、形態28乃至30のいずれか1の印刷用データ生成装置において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴としている。
これによって、形態4の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0070】
〔形態32〕 更に、形態32の印刷用データ生成装置は、形態28乃至30のいずれか1の印刷用データ生成装置において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴としている。
これによって、形態5の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0071】
〔形態33〕 更に、形態33の印刷用データ生成装置は、形態28乃至30のいずれか1の印刷用データ生成装置において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴としている。
これによって、形態6の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0072】
〔形態34〕 更に、形態34の印刷用データ生成装置は、形態28乃至33のいずれか1の印刷用データ生成装置において、
前記第2画像データ生成手段は、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴としている。
これによって、形態7の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0073】
〔形態35〕 更に、形態35の印刷用データ生成装置は、形態28乃至34のいずれか1の印刷用データ生成装置において、
前記印刷用データ生成手段は、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴としている。
これによって、形態8の印刷装置と同様の作用及び効果が得られる。
【0074】
〔形態36〕 一方、上記目的を達成するために、形態36の印刷用データ生成プログラムは、
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置において使用される印刷用データを生成するのに使用する印刷用データ生成プログラムであって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップとからなる処理をコンピュータに実行させるのに使用するプログラムを含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴としている。
【0075】
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態28の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0076】
〔形態37〕 更に、形態37の印刷用データ生成プログラムは、形態36の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態29の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0077】
〔形態38〕 更に、形態38の印刷用データ生成プログラムは、形態36又は37の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態30の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0078】
〔形態39〕 更に、形態39の印刷用データ生成プログラムは、形態36乃至38のいずれか1の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態31の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0079】
〔形態40〕 更に、形態40の印刷用データ生成プログラムは、形態36乃至38のいずれか1の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態32の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0080】
〔形態41〕 更に、形態41の印刷用データ生成プログラムは、形態36乃至38のいずれか1の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態33の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0081】
〔形態42〕 更に、形態42の印刷用データ生成プログラムは、形態36乃至41のいずれか1の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態34の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0082】
〔形態43〕 更に、形態43の印刷用データ生成プログラムは、形態36乃至42のいずれか1の印刷用データ生成プログラムにおいて、
前記印刷用データ生成ステップにおいては、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴としている。
このような構成であれば、コンピュータによってプログラムが読み取られ、読み取られたプログラムに従ってコンピュータが処理を実行すると、形態35の印刷用データ生成装置と同等の作用および効果が得られる。
【0083】
〔形態44〕 一方、上記目的を達成するために、形態44の印刷用データ生成プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、
形態36乃至形態43のいずれか1の印刷用データ生成プログラムが記録されていることを特徴としている。
これによって、形態36乃至形態43のいずれか1の印刷用データ生成プログラムと同様の作用及び効果が得られると共に、CD−ROMやDVD−ROM、FD(フレキシブルディスク)などの記録媒体を介して前記印刷プログラムを容易に授受することが可能となる。
【0084】
〔形態45〕 一方、上記目的を達成するために、形態45の印刷用データ生成方法は、
印刷に用いる媒体にドットを形成可能な、複数色のインクに対応した複数のノズルを有する印刷ヘッドによって、前記媒体に印刷対象のカラー画像を印刷するようにした印刷装置において使用される印刷用データを生成するのに使用する印刷用データ生成方法であって、
前記カラー画像の各色に対応したM値(M≧2)の画素値に対応した複数の画素データを有する第1画像データを取得する画像データ取得ステップと、
前記複数のノズルにおけるバンディングに関与するノズルを識別可能なノズル情報に基づき、前記第1画像データにおける、前記バンディングに関与する異常ノズルに対応した画素データの画素値を変更してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成ステップと、
前記第2画像データを、前記媒体に当該第2画像データによって構成されるカラー画像を形成するための、当該カラー画像の各色にそれぞれ対応したドット形成パターンデータに変換してなる印刷用データを生成する印刷用データ生成ステップと、を含み、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記第1画像データによって構成されるカラー画像における、前記異常ノズルを含む複数色に対応したノズルによって印刷される所定色の画像部分に対して、当該異常ノズルに対応した画素データの画素値を、前記バンディングを回避又は低減する値に変更し、且つ当該変更後において、前記所定色が同一色の範囲となるように、前記所定色の画像部分の印刷に係る前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる色のノズルに対応した画素データの画素値を変更することを特徴としている。
【0085】
より具体的には、画像データ取得ステップは、例えば、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行することで、例えば、スキャナ等の入力装置、HDD等の記憶装置、入出力I/Fなどが協働して処理が実現される。また、第2画像データ生成ステップは、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行し、記憶装置に記憶されたノズル情報等の各種データを駆使して処理を行うことで実現される。また、印刷用データ生成ステップは、ROM等の記憶媒体に格納されたプログラムをRAMにロードし、このロードしたプログラムをCPUが実行し、記憶装置に記憶された第2画像データ等の各種データを駆使して処理を行うことで実現される。
これによって、形態28の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0086】
〔形態46〕 更に、形態46の印刷用データ生成方法は、形態45の印刷用データ生成方法において、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素データの画素値を、当該異常ノズルのインク吐出量を変更前の吐出量より減少する値に変更すると共に、前記所定色の画像部分の前記印刷に係る前記異常ノズルの色とは異なる他の色のノズルに対応した画素データの画素値を、当該他の色のノズルのインク吐出量を変更前の吐出量から前記異常ノズルにおいて減少したインク吐出量分を補償する値に変更することで、前記所定色が同一色の範囲となる第2画像データを生成することを特徴としている。
これによって、形態29の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0087】
〔形態47〕 更に、形態47の印刷用データ生成方法は、形態45又は46の印刷用データ生成方法において、
前記同一色の範囲は、Lab色空間において、前記画素値を変更前の画像部分と前記画素値を変更後の画像部分との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」となる範囲であることを特徴としている。
これによって、形態30の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0088】
〔形態48〕 更に、形態48の印刷用データ生成方法は、形態45乃至47のいずれか1の印刷用データ生成方法において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは別系統の色であることを特徴としている。
これによって、形態31の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0089】
〔形態49〕 更に、形態49の印刷用データ生成方法は、形態45乃至47のいずれか1の印刷用データ生成方法において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色とは同系統の色であることを特徴としている。
これによって、形態32の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0090】
〔形態50〕 更に、形態50の印刷用データ生成方法は、形態45乃至47のいずれか1の印刷用データ生成方法において、
前記異常ノズルの吐出するインクの色とは異なる他の色は、当該異常ノズルの吐出するインクの色と同系統の色及び別系統の色の両方を含むことを特徴としている。
これによって、形態33の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0091】
〔形態51〕 更に、形態51の印刷用データ生成方法は、形態45乃至50のいずれか1の印刷用データ生成方法において、
前記第2画像データ生成ステップにおいては、前記異常ノズルに対応した画素値の変更値を、当該異常ノズルに対応した色に基づき決定することを特徴としている。
これによって、形態34の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【0092】
〔形態52〕 更に、形態52の印刷用データ生成方法は、形態45乃至51のいずれか1の印刷用データ生成方法において、
前記印刷用データ生成ステップにおいては、前記第2画像データにおけるバンディングに関与するノズルに対応した画素データのうち、インク吐出量が所定量以下となる画素値になっている画素データについては、当該画素データの一部又は全部に対してドットを形成しないようにした印刷用データを生成することを特徴としている。
これによって、形態35の印刷用データ生成装置と同等の作用及び効果が得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0093】
〔第1の実施の形態〕
以下、本発明の第1の実施の形態を図面に基づき説明する。図1〜図14は、本発明に係る印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法の第1の実施の形態を示す図である。
【0094】
まず、本発明に係る印刷装置100の構成を図1に基づき説明する。図1は、本発明に係る印刷装置100の構成を示すブロック図である。
印刷装置100は、ラインヘッド型の印刷装置であり、図1に示すように、外部装置や記憶装置等から所定画像を構成する画像データを取得する画像データ取得部10と、バンディングに関与するノズルに対応する画像部分の色の混合比率をバンディングを回避又は低減するように変換してなる第2画像データを生成する第2画像データ生成部11と、第2画像データの画像を印刷媒体(ここでは、印刷用紙)に印刷するための印刷用データを生成する印刷用データ生成部12と、印刷用データに基づき画像データの画像を、インクジェット方式によって印刷媒体に印刷する印刷部13とを含んだ構成となっている。
【0095】
画像データ取得部10は、M値(M≧3)の画像データ(例えば、1画素あたり各色(R、G、B)ごとの階調(輝度値)が8ビット(0〜255)で表現されるカラーの画像データ)を取得する機能を有しており、このような画像データを、外部装置及び自装置の入力装置等からの印刷指示に応じて、LANやWAN等のネットワークを介して外部装置から取得したり、自装置の備える図示しないCDドライブ、DVDドライブなどの駆動装置を介してCD−ROM、DVD−ROMなどの記録媒体から取得したり、自装置の有する後述する記憶装置70から取得したりすることが可能となっている。更に、本実施の形態においては、多値のRGBデータを色変換処理して前記印刷ヘッド200の各インクに対応する多値のCMYK(4色の場合)データに変換する機能も同時に発揮するようになっている。
【0096】
第2画像データ生成部11は、色変換部11aと、ノズル情報記憶部11bと、色変換情報記憶部11cとを含んだ構成となっている。
色変換部11aは、ノズル情報記憶部11bに記憶されたノズル情報及び色比率情報記憶部11cに記憶された色比率情報に基づき、CMYK変換された第1画像データ(以下、CMYK画像データと称す)におけるバンディングに関与するノズルに対応する画素データの画素値を変換してなる第2画像データを生成するようになっている。
ノズル情報記憶部11bは、印刷ヘッド200を構成する複数のノズルにおける、バンディングに関与するノズルを識別するためのノズル情報を記憶するようになっている。
【0097】
色比率情報記憶部11c、複数色のインクに対応した印刷ヘッド200の各色に対応するノズルモジュールに対する、バンディングの発生を回避又は低減するための色変換比率の情報である色比率情報を記憶するようになっている。ここで、色比率情報には、バンディングを回避可能な各色の最大混合割合を示す情報や、粒状性を確保するための色の置き換え(又は組み合わせ)情報など、バンディングに対応した画像部分の色の混合比率を変更する際に必要な情報が含まれる。
印刷用データ生成部12は、N値化処理部12aと、N値化情報記憶部12bとを含んだ構成となっている。
【0098】
N値化処理部12aは、N値化情報記憶部12bに記憶されたN値化情報に基づき、第2画像データをN値化(M>N≧2)することによって、後述するインクジェット方式の印刷部13において利用される印刷用のデータ、つまり、第2画像データにおける各画素データごとに所定の色及び所定のサイズのドットを形成するか、及びドットを形成しないかに関するデータに変換(以下、適宜「2値化」または「ハーフトーニング」という)する機能を有するものである。
N値化情報記憶部12bは、ドットサイズの種類毎に設定された閾値等の、N値化処理において必要なN値化情報を記憶するようになっている。
ここで、図3は、印刷部13の備える、本発明の印刷ヘッド200の構造を示す部分拡大底面図であり、図4は、その部分拡大側面図である。
【0099】
図3に示すように、この印刷ヘッド200は、ブラック(K)インクを専用に吐出する複数個のノズルN(図では18個))が、ノズル配列方向に直線状に配列されたブラックノズルモジュール50と、同じくイエロー(Y)インクを専用に吐出する複数個のノズルNが、ノズル配列方向に直線状に配列されたイエローノズルモジュール52と、同じくマゼンタ(M)インクを専用に吐出する複数個のノズルNが、ノズル配列方向に直線状に配列されたマゼンタノズルモジュール54と、同じくシアン(M)インクを専用に吐出する複数個のノズルNが、ノズル配列方向に直線状に配列されたシアンノズルモジュール56といった4つのノズルモジュール50、52、54及び56を含んだ構成となっている。そして、これら4つのノズルモジュールにおける各同じ番号のノズルNが、図3に示すように、印刷方向(ノズル配列方向に対して垂直方向)において一直線上に並ぶようにノズルモジュール50、52、54及び56が一体的に配列して構成されている。従って、各ノズルモジュールを構成する複数のノズルNは、それぞれノズル配列方向に直線状に配列され、4つのノズルモジュールにおける各同じ番号のノズルNは、それぞれ印刷方向に直線状に配列される。
【0100】
また、このような構造をした印字ヘッド200は、各ノズルN1、N2、N3…ごとにそれぞれ設けられた図示しないインクチャンバー内に供給されたインクをそれら各インクチャンバーごとに設けられた図示しないピエゾ素子(piezo actuator)などの圧電素子によって各ノズルN1、N2、N3…から吐出することで、白色の印刷用紙上に円形のドットを印字すると共に、さらに、この圧電素子に加える電圧を多段階に制御することによってインクチャンバーからのインクの吐出量を制御して各ノズルN1、N2、N3…ごとにサイズの異なるドットが印字可能となっている。また、時系列的に短時間で2段階でノズルに電圧を加え、印刷用紙上にて2つの吐出を組み合わせて1つのドットを構成する場合もある。この場合、ドットのサイズによって吐出速度が異なることを利用して、小さいドットにつづいて大きいドットを吐出することによって、紙面上でほぼ同位置にインクを着弾させて1つのさらに大きいドットを構成させることが可能である。 更に、図4は、これら4つのノズルモジュール50、52、54及び56のなかのブラックノズルモジュール50のうち、左から6番目のノズルN6が飛行曲がり現象を起こしており、そのノズルN6から印刷媒体S上にインクが斜め方向に吐出され、これによって印刷媒体S上に形成されたドットが、当該ノズルN6の隣りの正常なノズルN7から吐出され且つ印刷媒体S上に形成されたドットの近傍に形成されてしまう状態を示している。
【0101】
図1、図3に戻って、印刷部13は、印刷媒体又は印刷ヘッド200の一方、あるいは双方を移動させながら前記印刷ヘッド200に形成された前記ノズルモジュール50,52,54及び56からインクをそれぞれドット状に噴射して前記印刷媒体S上に多数のドットからなる所定の画像を形成するようにしたインクジェット方式のプリンタであり、前述した印刷ヘッド200の他に、この印刷ヘッド200を印刷媒体S上をその幅方向に往復移動させる図示しない印刷ヘッド送り機構(マルチパス型の場合)、前記印刷媒体Sを移動させるための図示しない紙送り機構、前記印刷用データに基づいて印刷ヘッド200のインクの吐出を制御する図示しない印刷制御機構などから構成されている。
【0102】
なお、この印刷装置100は、前記画像データ取得部10、第2画像データ生成部11、印刷用データ生成部12、印刷部13などにおける上記各機能をソフトウェア上で実現するため、及び上記各機能の実現に必要なハードウェアを制御するソフトウェアを実行するためのコンピュータシステムを備えている。このコンピュータシステムのハードウェア構成は、図2に示すように、各種制御や演算処理を担う中央演算処理装置であるCPU(Central Processing Unit)60と、主記憶装置(Main Storage)を構成するRAM(Random Access Memory)62と、読み出し専用の記憶装置であるROM(Read Only Memory)64との間をPCI(Peripheral Component Interconnect)バスやISA(Industrial Standard Architecture)バス等からなる各種内外バス68で接続すると共に、このバス68に入出力インターフェース(I/F)66を介して、HDD等の外部記憶装置(Secondary Storage)70や、印刷部13やCRT、LCDモニター等の出力装置72、操作パネルやマウス、キーボード、スキャナなどの入力装置74、および図示しない印刷指示装置などと通信するためのネットワークケーブルLなどを接続したものである。
【0103】
そして、電源を投入すると、ROM64等に記憶されたBIOS等のシステムプログラムが、ROM64に予め記憶された各種専用のコンピュータプログラム、あるいは、CD−ROMやDVD−ROM、フレキシブルディスク(FD)等の記憶媒体を介して、またはインターネット等の通信ネットワークを介して記憶装置70にインストールされた各種専用のコンピュータプログラムを同じくRAM62にロードし、そのRAM62にロードされたプログラムに記述された命令に従ってCPU60が各種リソースを駆使して所定の制御および演算処理を行うことで前述したような各機能をソフトウェア上で実現するようになっている。
【0104】
更に、印刷装置100は、CPU60によって、ROM64の所定領域に格納されている所定のプログラムを起動させ、そのプログラムに従って、図5のフローチャートに示す印刷処理を実行するようになっている。なお、前述したようにドットを形成するための印刷ヘッド200は、一般に4色および6色などといった複数種類の色のドットをほぼ同時に形成できるようになっているが、本実施の形態においては、CMYKの4色のインクにそれぞれ対応したノズルモジュールによって構成されたものとして説明する。
【0105】
図5は、印刷装置100における印刷処理を示すフローチャートである。
印刷処理は、CPU60によって実行されると、図5に示すように、まず、ステップS100に移行するようになっている。
ステップS100では、画像データ取得部10において、ネットワークケーブルLを介して接続された外部装置からの印刷指示情報が送られてくることにより、あるいは入力装置74を介して印刷指示情報が入力されたことにより、印刷指示があったか否かを判定し、印刷指示があったと判定された場合(Yes)はステップS102に移行し、そうでない場合(No)は印刷指示があるまで判定処理を繰り返す。
【0106】
ステップS102に移行した場合は、画像データ取得部10において、印刷指示に対応する画像データを、上記したように、外部装置、CD−ROM、DVD−ROM等の記録媒体、HDD等の記憶装置70などから取得する処理を行い、これにより第1画像データを取得したか否かを判定し、取得したと判定された場合(Yes)は、当該取得した第1画像データを第2画像データ生成部11に伝送してステップS104に移行し、そうでない場合(No)は、印刷指示元に対して印刷不可などの返答を行った後、当該印刷指示に対する印刷処理を放棄してステップS100に移行する。
【0107】
ここで、第1画像データは、CMYKの各色に対応した複数のM値の画素データがマトリクス状に配列され構成されたデータであり、その行方向は、印刷ヘッド200のノズル配列方向と一致し、その列方向は印刷ヘッド200の印刷方向と一致する。
ステップS104に移行した場合は、第2画像データ生成部11において、第2画像データの生成処理を実行して第2画像データを生成しステップS106に移行する。
【0108】
ステップS106では、印刷用データ生成部12において、印刷用データの生成処理を実行して印刷用データを生成しステップS108に移行する。
ステップS108では、印刷用データ生成部12において、ステップS106で生成した印刷用データを印刷部13に出力してステップS110に移行する。
ステップS110では、印刷部13において、印刷用データ生成部12からの印刷用データに基づき、印刷処理を実行してステップS100に移行する。
【0109】
次に、図6に基づき、ステップS104の第2画像データの生成処理を詳細に説明する。
図6は、印刷装置100の第2画像データ生成部11における、第2画像データの生成処理を示すフローチャートである。
この第2画像データの生成処理は、バンディングに関与するノズルに対応する画像部分の画素データの画素値を、予め用意された色比率情報に基づいて変更してなる第2画像データを生成する処理であって、ステップS104において実行されると、図6に示すように、まず、ステップS200に移行するようになっている。
【0110】
ステップS200では、色比率変換部11aにおいて、画像データ取得部10からCMYK画像データを取得したか否かを判定し、取得したと判定された場合(Yes)はステップS202に移行し、そうでない場合(No)は取得するまで判定処理を続行する。
ステップS202に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、ノズル情報記憶部11bからノズル情報を読み出し、当該読み出したノズル情報をRAM62の所定領域に格納することで、当該ノズル情報を取得してステップS204に移行する。
【0111】
ステップS204では、色比率変換部11aにおいて、色比率情報記憶部11cから色比率情報を読み出し、当該読み出した色比率情報をRAM62の所定領域に格納することで、当該色比率情報を取得してステップS206に移行する。
ステップS206では、色比率変換部11aにおいて、ステップS202で取得したノズル情報から第2画像データの生成処理が未処理のノズルモジュール(以下、未処理ノズルモジュールと称す)のノズル情報を選択してステップS208に移行する。
【0112】
ステップS208では、色比率変換部11aにおいて、ステップS206で選択した未処理ノズルモジュールのノズル情報から、未処理ノズル番号に対応するノズル情報を選択してステップS210に移行する。
ステップS210では、色比率変換部11aにおいて、ステップS208で選択した未処理ノズル番号(以下、選択ノズル番号と称す)のノズル情報に基づき、当該ノズルがバンディングに関与しているか否かを判定し、関与していると判定された場合(Yes)はステップS212に移行し、そうでない場合(No)はステップS220に移行する。
【0113】
ステップS212に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、CMYK画像データから、選択ノズル番号のノズルに関連した画素データを選択してステップS214に移行する。
ステップS214では、色比率変換部11aにおいて、ステップS212で選択した画素データの色混合比率を解析してステップS216に移行する。ここで、色混合比率の解析処理は、バンディングに関与するノズル(以下、異常ノズルと称す)と、当該異常ノズルに関連する他色のノズルとに対応した画像部分に対して、これらノズルに対応する各画素データの画素値を解析することによって、各色の混合比率(各色のインク吐出割合)がどのような比率となっているかを取得する処理である。ここで、本実施の形態において、異常ノズルは、飛行曲りを発生するノズルやインク吐出不良のノズルといったバンディングの発生要因となるノズルを中心に、左右5個ずつのノズルを含む計11個のノズルを示すこととする。
【0114】
ステップS216では、色比率変換部11aにおいて、ステップS204で取得した色比率情報に基づき、ステップS212で選択した選択ノズル番号のノズルに関連する各色のノズルに対応した画素データの画素値を、バンディングを最大限に回避でき、且つ画素値変更後の色が変更前の色と同一色の範囲となるような値に変更してステップS218に移行する。ここで、同一色の範囲となるような値とは、例えば、L*a*b*表色系において、変更前の色と変更後の色との色差ΔEが「0≦ΔE≦0.7」の範囲に収まる値である。この値の範囲にできるだけ収まるように値を変更することで、変更前の色と変更後の色とがほとんどの人に同一色として知覚される。
【0115】
本実施の形態において、色比率変換処理は、異常ノズルに対応する色のインクの吐出量を、使用限界吐出量の1/4以下に減少できる場合においては、当該異常ノズルのインク吐出量を1/4以下に減少(対応する画素データの値を変更)し、更に、N値化処理部12には、異常ノズルのうち飛行曲りを生じているノズル(あるいは、インク吐出不良のノズル)を使用しないようにさせる(ドットを形成しないようにする)処理となる。一方、異常ノズルのインク吐出量を、使用限界吐出量の1/4以下にできないような場合は、当該異常ノズルのインク吐出量をバンディングを目立たなくする吐出量まで減少(対応する画素データの値を変更)し、当該減少分による変更前の色への影響を、他の色のノズルのインク吐出量を変更(対応する画素データの値を変更)することで補償する処理となる。
【0116】
ステップS218では、色比率変換部11aにおいて、選択ノズルモジュールに対する全てのノズル番号を選択したか否かを判定し、選択したと判定された場合(Yes)はステップS220に移行し、そうでない場合(No)はステップS210に移行する。
ステップS220に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、全てのノズルモジュールを選択したか否かを判定し、選択したと判定された場合(Yes)は、一連の処理を終了し元の処理に復帰し、そうでない場合(No)はステップS208に移行する。
【0117】
次に、図7に基づき、ステップS106の印刷用データの生成処理を詳細に説明する。
図7は、印刷装置100の印刷用データ生成部12における、印刷用データの生成処理を示すフローチャートである。
この印刷用データの生成処理は、第2画像データ生成部11において生成された第2画像データに対してN値化処理を施してなる印刷用データを生成する処理であって、ステップS106において実行されると、図7に示すように、まず、ステップS300に移行するようになっている。
【0118】
ステップS300では、N値化処理部12aにおいて、第2画像データ生成部11から第2画像データを取得したか否かを判定し、取得したと判定された場合(Yes)はステップS302に移行し、そうでない場合(No)は取得するまで判定処理を続行する。
ステップS302では、N値化処理11aにおいて、N値化情報記憶部12bから、N値化情報を読み出し、当該読み出したN値化情報をRAM62の所定領域に格納することで、当該N値化情報を取得してステップS304に移行する。
【0119】
本実施の形態において、N値化情報は、複数種類のドット形成サイズに対してドットを、「形成する」、又は「形成しない」を判断するための濃度値の閾値及び各ドット形成サイズに対応したN値化後の濃度値が含まれる。つまり、画像データを構成する画素データの値(濃度値)と、前述した濃度値の閾値とを比較し、閾値以上のときは、そのサイズのドットを形成すると判定し、閾値未満のときは、そのサイズのドットを形成しないと判定する。
ステップS304では、N値化処理部12aにおいて、第2画像データからN値化処理が未処理の画素データを選択してステップS306に移行する。
ステップS306では、N値化処理部12aにおいて、ステップS302で取得したN値化情報に基づき、選択画素データをN値化してステップS308に移行する。
【0120】
ここで、N値化処理は、上記した濃度値の比較による判断結果に基づき、画素データの濃度値を、ドットを「形成する」と判定されたときは「1」に変換し、一方、ドットを「形成しない」と判定されたときは「0」に変換する処理となる。但し、「形成する」と判断された中で最も大きなドット形成サイズをその画素データのドット形成サイズとし、そのドット形成サイズの情報(サイズの識別情報)を、「形成する」と判断した結果の数値「1」に対応付ける。従って、各ドット形成サイズの情報として各サイズ毎に設定された情報が対応することになり、本実施の形態においては、図13に示すように、各濃度値に応じて、ドットを「形成しない」を含め、ドット形成サイズが「小」、「中」、「大」の計4種類あるので、実質的に4値化処理が行われていることとなる。
【0121】
ステップS308では、N値化処理部12aにおいて、N値化前の選択画素データの画素値と、N値化後の画素データの画素値との差分を誤差として、当該誤差を、選択画素データの画素の周辺の画素に対応する画素値に拡散する誤差拡散処理を実行してステップS310に移行する。
ここで、本実施の形態においては、面積階調表現が可能な誤差拡散手法を用いてN値化処理を行っているが、これに限らず、テキストなどに注力した処理では、単純に各画素の閾値比較により値を決定する手法、また、他の面積階調表現方法としてディザなどの手法を用いることが可能となっている。
【0122】
ステップS310では、N値化処理部21aにおいて、第2画像データの全画素データに対してN値化処理が終了したか否かを判定し、終了したと判定された場合(Yes)は一連の処理を終了し元の処理に復帰し、そうでない場合(No)はステップS304に移行する。
ここで、N値化処理が終了後の第2画像データが印刷用データとなり、当該印刷用データには、ドットの形成有無の情報と、形成するドットサイズの識別情報とが含まれる。
【0123】
次に、図8〜図14に基づき、本実施の形態の動作を説明する。
ここで、図8(a)は、いわゆる飛行曲がりを発生する異常ノズルがないシアンノズルモジュール56によって形成されるドットパターンの一例を示した図であり、(b)は、シアンノズルモジュール56のうち、ノズルN6が飛行曲がり現象を発生している場合に形成されるドット
パターンの一例を示した図である。また、図9(a)は、シアンノズルモジュール56におけるノズルN6を不使用とし且つ解像度1/2で形成されたドットパターンを示す図であり、(b)は、シアンノズルモジュール56におけるノズルN6を含む異常ノズルのインク吐出量を減少させて形成したドットパターンの一例を示す図である。また、図10(a)は、各ノズルの相対飛行曲り量を示す情報テーブルを示す図であり、(b)は、ノズル情報に含まれる各ノズルのインク不吐出の有無を示す情報テーブルを示す図である。また、図11(a)は、異常ノズルを含CMYKの各色に対応したノズルによって形成される色比率変更前の画像の一例を示す図であり、(b)は、(a)の色比率変換後の画像を示す図である。また、図12は、色比率情報に含まれる各色毎のバンディング回避可能混合割合を示す情報テーブルを示す図である。また、図13は、ドットサイズに対する、N値の情報、各N値に対する閾値の情報の一例を示す図である。また、図14は、N値化処理に用いる誤差拡散マトリックスの一例を示す図である。
【0124】
図8(a)に示すように、飛行曲りを発生する異常ノズルがないシアンノズルモジュール56によって形成されるドットパターンは、前述したような、「白スジ」や「濃いスジ」といったようなノズル間隔のずれによって発生するバンディングが生じない。
一方、飛行曲りの発生するノズルを含んだシアンノズルモジュール56による印刷結果については、図8(b)に示すように、そのノズルN6によって形成されるドットがその右隣りの正常なノズルN7で形成されるドット側に、距離aだけずれてしまい、この結果、ノズルN6によって形成されるドットと、その左隣りのノズルN5によって形成されるドットとの間に「白スジ」が発生してしまっている。
【0125】
また、図示しないが、シアンノズルモジュール56におけるノズルN6のインクの吐出不良(不吐出)によって、本来は形成されるはずのドットが形成されず、ノズルN5とノズルN7とによって形成されるドット間に「白スジ」が発生してしまう場合もある。
上記した「白スジ」は、いわゆる「べた塗り」の印刷物であって、しかも印刷用紙が白でインクがブラックなどのように極端に濃度が異なる組み合わせの場合に、より顕著に目立ってしまい、印刷物の品質を極端に悪化させてしまう。
【0126】
更に、上記したように飛行曲りによってノズルN6が距離aだけずれたことにより、ノズルN6とその右隣りのノズルN7とが距離aの分だけ両者間の距離が近くなるために、これらのノズルが形成するドットの密度が高くなり(ドットが重なる場合もある)、この部分が「濃いスジ」となって目立ってしまい、これによって印刷物の品質を極端に悪化させてしまう。
【0127】
ここで、上記した「白スジ」又は「濃いスジ」などのバンディングの発生を回避するためには、図9(a)に示すように、ノズルN6を使用せず(ドットを形成しない)、且つ異常ノズルによって形成される画像の解像度を、図8(b)に示す変更前の解像度の1/2に変更したり(これにより、ドット形成数が減少)、また、図9(b)に示すように、ノズルN6を使用しつつ、異常ノズル全体のインク吐出量(ドット形成数)を減少させたりすることが、これら図9(a)及び(b)のドットパターンを見ても解るように有効である。
【0128】
しかし、上記したように、バンディングを回避するために異常ノズル(シアンノズル)のドット形成数(インク吐出量)を減少してしまうと、バンディング自体は回避できるものの、他色との混合によって構成されていた減少前の色が、その混合比率のバランスを崩してしまうために別の色へと変化してしまうといった問題が生じる。このことは、ドットの形成サイズを小さくすることにも同様に言えることで、ドットのサイズを小さくする(インク吐出量を減少する)ことは、その色の濃度の低下を招くことになるので、これによっても色の混合比率のバランスが崩れてしまう。
【0129】
従って、本発明に係る印刷装置100では、CMYK画像データにおける異常ノズルに対応した色の画素データの値を、当該異常ノズルのインク吐出割合がバンディングを回避可能な割合となるように変更すると共に、この変更によって、当該異常ノズルと他色のノズルとによって構成された変更前の色が、同一色の範囲を外れないように、CMYK画像データにおける異常ノズルに関連した他色のノズルに対応する画素データの値を、異常ノズルに対応する画素値の変更後の値に応じて変更してなる第2画像データを生成し、当該第2画像データをN値化処理することで、バンディングを回避又は低減可能で、且つ上記問題を解決可能な印刷用データを生成する。
【0130】
まず、印刷装置100は、画像データ取得部10において、外部装置等から印刷指示情報を受信すると(ステップS100)、当該印刷指示情報に対応する第1画像データを、印刷指示情報の送信元である外部装置等から取得し、当該取得した第1画像データの色情報(RGB)をCMYKに変換したCMYK画像データを第2画像データ生成部11に伝送する(ステップS102)。第2画像データ生成部11は、画像データ取得部10からのCMYK画像データを取得すると第2画像データの生成処理を実行する(ステップS104)。
【0131】
第2画像データの生成処理は、色比率変換部11aにおいて、画像データ取得部10から伝送されたCMYK画像データを取得することで開始され(ステップS200)、まず、ノズル情報記憶部11bからノズル情報を読み出し、当該読み出したノズル情報をRAM62の所定領域に格納する(ステップS202)。次に、色比率情報記憶部11cから色比率情報を読み出し、当該読み出した色比率情報をRAM62の所定領域に記憶する(ステップS204)。
【0132】
そして、色比率変換部11aは、ノズル情報及び色比率情報を取得すると、当該ノズル情報からCMYKのインクにそれぞれ対応した、ノズルモジュール50、52、54及び56のノズルモジュールにそれぞれ対応したノズル情報の中から、未処理のノズルモジュールに対応したノズル情報を1つ選択する(ステップS206)。本実施の形態において、ノズル情報は、各ノズルモジュール毎のデータテーブルとなっており、各ノズルモジュール毎に、当該ノズルモジュールを構成する各ノズル番号に対する相対飛行曲り量を示す情報がそれぞれテーブルとして用意されている。つまり、これらのデータテーブルは、例えば、シアンインクを例とすると、図10(b)に示すように、シアンノズルモジュールを構成する各ノズルに対応するノズル番号毎に、相対飛行曲り量(相対吐出精度情報)が対応付けられたものとなる。
【0133】
更に、色比率変換部11aは、ノズルモジュールに対するデータテーブルを選択すると、次いで、データテーブルにある未処理のノズル番号を選択し(ステップS208)、当該選択ノズル番号に対応する相対飛行曲り量を示す情報に基づき、当該選択ノズルがバンディングに関与しているか否かを判定する(ステップS210)。ここで、本実施の形態においては、選択ノズルの相対飛行曲り量が予め設定された閾値(例えば、4[μm])以上であった場合に、当該選択ノズルがバンディングに関与すると判定し(ステップS210の「Yes」の分岐)、選択ノズルの相対飛行曲り量が閾値より小さい場合は、選択ノズルはバンディングに関与しないと判定する(ステップS210の「No」の分岐)。
【0134】
以下、選択ノズルがバンディングに関与していると判定された場合の処理を説明する。 色比率変換部11aは、選択ノズルがバンディングに関与する場合、まず第1画像データから、選択ノズルに関連した画素データを選択して(ステップS212)、当該画素データの色混合比率を解析する(ステップS214)。ここで、選択ノズルに関連した画素データとは、上記した異常ノズル(11個のノズル)と、当該異常ノズルに対応する画像部分の印刷に関与する他のノズルとに対応する画素データのことである。
【0135】
例えば、シアンノズルモジュール56のノズルN6に飛行曲りが生じている場合、上記したように、当該ノズルN6を中心に左に5個、右に5個の計11個のノズル(ノズルN1〜N11)を異常ノズルとすると、当該異常ノズル(ノズルN1〜N11)に対応する画素データと、当該異常ノズルに対応した画像部分の印刷に関連する、例えば、ブラックノズルモジュール50のノズルN1〜N11、イエローノズルモジュール52のノズルN1〜N11及びマゼンタノズルモジュール54のノズルN1〜N11に対応する画素データとになる。
【0136】
また、色混合比率の解析処理は、上記した各ノズルモジュール50,52,54,56の各ノズルN1〜N11に対応する画素データの画素値から、各色のノズルN1〜N11のインクの吐出量が、最大吐出可能量の何%かを算出する処理となる。
この解析処理によって、例えば、図11(a)に示すように、色混合比率が、シアンノズルが50%、マゼンタノズルが90%、イエローノズルが40%、ブラックノズルが10%であったとする。
【0137】
ここで、本実施の形態において用いるCMYKインクの特徴について述べる。
一般の印刷装置では、基本的に、C(Cyan)、M(Magenta)、Y(Yellow)の3色に対応したインクをそれぞれ用意して、その印刷比率を変化させることによって、フルカラーを実現している。更に、このCMYに、印刷品質を向上させるためのK(Black)インクを加え、CMYKを基本として印刷を実現している。
【0138】
例えば、CMYK4色のインクを用いて、各色ともベタ100%で印刷を行う場合、100%×4色で計400%のインクが紙の上にのることになる。1色を印刷した後、インクが乾くまで待って次の色を印刷していけば、400%といっても特に問題は無いが、例えば高速のオフセット輪転機の場合などは、ウェット状態のままで次々インクがのることになり、紙にのっているインク量が300%を超えた辺りから急にインクがのりにくくなる現象が生じる。そのため、次にのせようとしているインクの粘性が高い場合は、すでに紙にのっているインクを剥がしてしまうこともある。
【0139】
また、インクジェットの場合においても、例えば、シャドー部などの濃度の高い部分を、CMY3色のインクだけで表現しようとすると、3色を重ねて打ち込む量が多くなり、その部分のインクの総量が多くなってしまうため、紙面のインク吸収率が問題となり、紙面がべとべとになって、波打った状態になるなどの不具合が生じる。そこで、一般のインクジェットプリンタなどでは、高濃度部のCMYインクを、ブラックインク(K)に置き換えて、CMYK4色のインク総量を減らし、インクののった紙がベトベトした感じにならないようにしている。このようなアイデアは、一般にUCR(Under Color Removal=下色除去)といわれている。
【0140】
上記下色除去を考慮して、本実施の形態においては、上記取得した色比率情報に基づき、CMYKの4色に対して、下式(1)及び(2)に示すような関係で色の混合比率を変換する。但し、実際のインクは、各インクが複雑に影響しあって、下式(1)及び(2)のように単純な数式のインク混合比率とはならないので、実際の処理では、下式(1)及び(2)のような単純化した変換式の代わりに、インクの特性を考慮した変換式を用いればよい。本実施の形態においては、説明の便宜上、下式(1)及び(2)を用いて色比率変換処理を説明する。
【0141】
(C1,M1,Y1,K1)→(C2,M2,Y2,K2) ・・・(1)
【0142】
C1+K1=C2+K2,M1+K1=M2+K2,Y1+K1=Y2+K2・(2)
【0143】
但し、上記C1、M1、Y1、K1は、色比率変更前の、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの各インク吐出割合であり、上記C2、M2、Y2、K2は、色比率変更後の、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの各インク吐出割合である。
【0144】
ここで、色比率情報は、図12に示すように、CMYKの各色毎に、バンディングを回避可能な最高吐出割合が対応付けられた情報テーブルを含んでいる。つまり、図12に示すように、シアンインクに対応したノズルがバンディングに関与している場合は、関連するシアンインクノズルの吐出割合を最高でも30%に、マゼンタインクに対応したノズルがバンディングに関与している場合は、対応するマゼンタインクノズルの吐出割合を最高でも30%に、イエローインクに対応したノズルがバンディングに関与している場合は、対応するイエローインクノズルの吐出割合を最高でも60%に、ブラックインクに対応したノズルがバンディングに関与している場合は、対応するブラックインクノズルの吐出割合を最高でも20%になるように、第1画像データにおける、各ノズルに対応する画素データの画素値を変更する。そして、この変更によって減少した分を、他の色に対応するノズルのインク吐出割合を変更することで補償する。
【0145】
ここでは、上記したように図11(a)におけるシアンインクに対応するノズルがバンディングに関与しているので、これによるバンディングの発生を回避又は低減するために、例えば、シアンインクの変更前の吐出割合である50%を、図12に示すように、バンディングを回避可能な最高割合である30%へと変更するために、第1画像データにおけるバンディング発生箇所に対応する画素データの画素値を変更する。
【0146】
そして、シアンインクの吐出割合が50%から30%へと20%減少した分を、上式(1)及び(2)に従って、ブラックインクの吐出量を、変更前の10%から30%へと20%増加するように、第1画像データにおける異常ノズルに対応する画素データの画素値を変更することで補償すると共に、ブラックインクの吐出量を20%増加させたことによって影響を受けるマゼンタ及びイエローのインク吐出量がそれぞれ20%ずつ減少するように、第1画像データにおける異常ノズルに対応する画素データの画素値を変更する(ステップS216)。
【0147】
つまり、バンディングに関与するシアンインクについて、上式(2)における、C1+K1=C2+K2の関係が成り立つように、50+10=30+K2、つまりK2=30(%)となるように画素値を変更し、同様に、K2を30%にしたことで影響を受ける、マゼンタインク及びイエローインクについて、M1+K1=M2+K2、Y1+K1=Y2+K2の関係がそれぞれ成り立つように、90+10=M2+30、つまりM2=70(%)となるように画素値を変更し、20+10=Y2+30、つまりY2=0(%)となるように画素値を変更する。
【0148】
このようにして、バンディングに関与するノズル及びこのノズルに関連する他色のノズルに対応した画素データの画素値を、上記のような色混合比率となるように変更することで、図11(b)に示すように、変更前の色が同一色の範囲を維持し、且つバンディングを回避又は低減することができる印刷画像を形成可能な第2画像データを生成することができる。
【0149】
なお、上記した例では、イエローインクの吐出割合が20%であったため、バンディングに関与するノズルのインク吐出割合を25%以下に減少させることができなかったが、例えば、(C1,M1,Y1,K1)=(50(%),30(%),15(%),10(%))の色混合比率で色が構成され、且つ当該色の構成に使用するマゼンタノズルがバンディングに関与している場合は、上式(1)及び(2)に従い、(C2,M2,Y2,K2)=(45(%),25(%),10(%),15(%))となるように色混合比率を変更することが可能である。これによって、マゼンタインクの吐出割合を25%と、最大吐出割合の1/4以下とすることができる。このような場合は、マゼンタの印刷解像度が1/2でも色を構成することが可能となるので、バンディング発生の要因となるノズル、ここでは、飛行曲りを発生するノズルだけではなく、インクの吐出量が理想量とは異なる吐出不良のノズルも対象とし、これらのノズル自体を不使用とすることが可能である。
【0150】
なお、吐出不良のノズルは、例えば、図10(b)に示す、マゼンタノズルモジュールを構成する各ノズルに対応するノズル番号毎に、インクの吐出有無を示す情報(0(正常吐出)、1(不吐出(つまり)))が対応付けらたテーブルに基づいて判断する。
本実施の形態においては、このような場合に、マゼンタノズルモジュールにおけるバンディング発生要因となるノズルに対応する画素データに対して、当該ノズルを不使用とする情報(ドットを形成しないようにする情報)を付加すると共に、異常ノズルに対応する画素データに対して、N値化処理部12において印刷解像度を1/2にさせる情報を付加する。
【0151】
印刷ヘッド200の全てのノズルモジュールの全てのノズルに対して上記した判定処理を行い、且つバンディングに関与すると判定されたノズルについては、CMYK画像データにおける、当該ノズルを含む異常ノズル及び当該異常ノズルに関連するノズルに対応した画素データの画素値を、その色混合比率が、バンディングを回避又は低減可能で、且つ変更前の色と同一色の範囲となるように変更する処理を行うことで、第2画像データが生成される。そして、当該生成された第2画像データは、印刷用データ生成部12に伝送され、印刷用データ生成部12において、印刷用データ生成処理が実行される(ステップS106)。
【0152】
印刷用データの生成処理は、N値化処理部12aにおいて、第2画像データ生成部11から伝送された第2画像データを取得したことを判定することにより開始され(ステップS300)、まず、N値化情報記憶部11bから、N値化情報を読み出してRAM62の所定領域に格納することで、当該N値化情報を取得する(ステップS302)。ここで、N値化情報は、前述したように、ドットの形成サイズ情報毎に対応したN値化用の閾値と、濃度値とを含んでいる。
N値化処理部11aは、N値化情報を取得すると、当該N値化情報に基づき、第2画像データにおけるN値化処理が未処理の画素データを選択して(ステップS304)、当該選択画素データに対してN値化処理を行う(ステップS306)。
【0153】
本実施の形態において、上記N値化処理は、選択画素データの元の画素値(濃度値又は輝度値)が8ビット「256」階調である場合、例えば、画素値が濃度値であれば、図13に示すように、元の画素値が「0」〜「42」未満のときは、その画素値を「0」にまとめてそのN値を「0」(ドットを形成しない)とし、元の画素値が「42」〜「126」未満のときは、その画素値を「84」にまとめてそのN値を小ドットに対して「1」(ドットを形成する)とし、さらに元の画素値が「126」〜「210」未満のときは、その画素値を「168」にまとめてそのN値を中ドットに対して「1」とし、元の画素値が「210」〜「255」(255以上でも良い)のときは、その画素値を「255」にまとめてそのN値を大ドットに対して「1」とするようになっている。
【0154】
なお、前記の例は画素値として濃度を採用した場合であり、画素値として輝度を採用する場合は、各サイズのドットに対して濃度とは反対の値をとることになる。
本実施の形態においては、上記N値化処理によって、インク吐出機構の性能にあわせ、CMYKの各色毎に画像の階調方向のデータを階調方向と面積階調とに変換する。図13に示すように、インク吐出機構の性能として、3種類のドットの形成サイズによって印刷が可能であるとすれば、ドットを形成しない状態を含めて各インクに対して、4階調が表現可能である。つまり、この4階調と面積階調とをあわせてフル階調を再現する。なお、ドットサイズが1種類のみに限定されている場合は、形成するか否かの2階調と面積階調とでフル階調を再現することになる。
【0155】
なお、このようにドットサイズを制御する技術的方法としては、例えば、印刷ヘッドにピエゾ素子(piezo actuator)を使用した方式の場合は、そのピエゾ素子に加える電圧を変えてインクの吐出量をコントロールすることで容易に実現可能となっている。
選択画素データに対してN値化処理を行うと、当該選択画素データのN値化処理前の輝度値と、N値化後のドット番号に対応する輝度値との誤差を算出して、当該算出した誤差を、図14に示す誤差拡散マトリックスに基づき、選択画素データの画素周辺のN値化処理が未処理の画素に拡散する誤差拡散処理を行う(ステップS308)。
【0156】
この誤差拡散処理とは、従来公知のものそのものであり、例えば、2値化処理を例に挙げると、処理対象となる注目画素が8ビット(256階調)で表現可能でその階調が「101」であった場合、通常の2値化処理では、その階調は閾値(中間値)である「128」に満たないため、「0」すなわちドットを形成しない画素として処理されてしまい、「101」は、そのまま捨てられてしまう。これに対し、誤差拡散処理の場合は、その「101」が所定の誤差拡散マトリックスに従ってその周囲の未処理の画素に対して拡散されることになるため、例えば、選択画素の右隣の画素が通常の2値化処理のみでは選択画素と同じく閾値に満たないことから「ドットを形成しない」として処理されてしまっていたのが、選択画素の誤差を受け取ることによってその濃度値が閾値を超えて「ドットを形成する」というような取り扱いを受けることとなり、より元の画像データに近い2値化データを得ることが可能となる。
【0157】
つまり、上記したドット形成サイズ毎の濃度値は、誤差拡散処理において用いられるもので、元の画素データの濃度値と、N値化後の対応するドット形成サイズの濃度値との差分が誤差として周辺の未処理画素データに拡散されることになる。
また、第2画像データにおける選択画素データに対して、上記したように、バンディングの発生要因となるノズルを不使用にする情報及び解像度を1/2にする情報が付加されている場合は、N値化処理において、選択画素データを無条件にノズル番号「0」へと変換し、その誤差を周辺の画素に拡散する。また、選択画素データを含む異常ノズルに対応する画素データに対しては、選択画素データを含み、その1/2がドットを形成しないようにN値化処理が施される。
【0158】
そして、上記N値化処理が、第2画像データにおける全画素データに対して完了すると(ステップS310)、N値化処理部12は、このN値化処理及び誤差拡散処理の施された第2画像データを印刷用データとし、当該印刷用データを印刷部13に出力する(ステップS108)。
そして、印刷部13においては、印刷用データ生成部12から出力された印刷用データに基づき、印刷ヘッド200を用いて印刷媒体上に第2画像データに応じた色混合比率でドットが形成(印刷)される(ステップS110)。この形成結果は、図9(a)又は(b)に示すように、バンディングに関与する色のノズルに対応するドット形成パターンが、バンディング回避可能なインク吐出割合となるパターンとなり、図8(b)に示すように、ノズルN6に飛行曲りが起きている状態を考慮せずに(上記した色比率変換処理を行わない)通常の印刷用データを生成した場合のドット形成結果のものと比較して、マクロ的な視点で見ると、図8(a)の理想的な印刷結果と比べると多少のざらつき感などの画質劣化が発生する場合もあるが、視覚的に白スジ及び濃いスジと認識される現象を目立たなくすることができ、トータルとしての画質を改善できる。
【0159】
上記第1の実施の形態において、画像データ取得部10は、形態1又は28の画像データ取得手段に対応し、第2画像データ生成部11は、形態1、2、7、28、29及び34のいずれか1の第2画像データ生成手段に対応し、印刷用データ生成部12は、形態1、8、28及び35のいずれか1の印刷用データ生成手段に対応し、印刷部13は、形態1の印刷手段に対応する。
【0160】
上記第1の実施の形態において、ステップS102は、形態11、20、36及び45のいずれか1の画像データ取得ステップに対応し、ステップS104は、形態11、12、17、20、21、26、36、37、42、45、46及び51のいずれか1の第2画像データ生成ステップに対応し、ステップS106は、形態11、18、20、27、36、43、45及び52のいずれか1の印刷用データ生成ステップに対応し、ステップS110は、形態11又は20の印刷ステップに対応する。
【0161】
〔第2の実施の形態〕
次に、本発明の第2の実施の形態を図面に基づき説明する。図15〜図17は、本発明に係る印刷装置、印刷装置制御プログラム及び印刷装置制御方法、並びに印刷用データ生成装置、印刷用データ生成プログラム及び印刷用データ生成方法の第2の実施の形態を示す図である。
【0162】
ここで、本実施の形態の印刷装置、並びにコンピュータシステムの構成は上記第1の実施の形態の図1、図2と同様のものとなる。但し、本実施の形態においては、印刷ヘッド200が、CMYKの4色に加え、シアンと同系色で彩度だけが異なるLC(Light Cyan)と、マゼンタと同系色で彩度だけが異なるLM(Light Magenta)の2色にそれぞれ対応したノズルモジュールを備えた構成となっている。また、本実施の形態では、上記第1の実施の形態の図5におけるステップS104で行われる第2画像データの生成処理が、図15及び図16のものに変更されている。
【0163】
この図15及び図16の第2画像データ生成処理は、上記第1の実施の形態とその生成原理は同じであるが、ライトシアンとライトマゼンタの2色が増えたことにより、シアン及びライトシアンに対応したノズルがバンディングに関与している場合に、これら同系色同士で互いを補間しあうようにし、同様に、マゼンタ及びライトマゼンタに対応したノズルがバンディングに関与していた場合は、これら同系色同士で互いを補間しあうようにした点が上記第1の実施の形態と異なる。
【0164】
以下、上記第1の実施の形態と異なる部分についてのみ説明し、上記第1の実施の形態と重複する部分については説明を省略する。
図15に基づき、本実施の形態におけるステップS104の第2画像データ生成処理を詳細に説明する。
図15は、印刷装置100の第2画像データ生成部11における、第2画像データ生成処理を示すフローチャートである。
【0165】
この第2画像データ生成処理は、バンディングに関与するノズルと、当該バンディングに関与するノズルの色と同系色のノズルとを含む複数色のノズルに対応する画像部分に対して、バンディングに関与するノズルの色と、当該バンディングに関与するノズルの色と同系色との色混合比率を中心に複数色の混合比率を、変更前の色と同一色の範囲となるように、且つバンディングを回避又は低減可能な色混合比率となるように変更した第2画像データを生成する処理であって、ステップS104において実行されると、図15に示すように、まず、ステップS400に移行するようになっている。
【0166】
ステップS400では、色比率変換部11aにおいて、画像データ取得部10からCMYK画像データを取得したか否かを判定し、取得したと判定された場合(Yes)はステップS402に移行し、そうでない場合(No)は取得するまで判定処理を続行する。
ステップS402に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、CMYK画像データを、CMYKの4色とLC及びLMとの6色に色分割する処理を行って第2CMYK画像データを生成してステップS404に移行する。
【0167】
ステップS404では、色比率変換部11aにおいて、ノズル情報記憶部11bからノズル情報を読み出し、当該読み出したノズル情報をRAM62の所定領域に格納することで、当該ノズル情報を取得してステップS406に移行する。
ステップS406では、色比率変換部11aにおいて、ステップS404で取得したノズル情報から未処理ノズルモジュールのノズル情報を選択してステップS408に移行する。
【0168】
ステップS408では、色比率変換部11aにおいて、ステップS406で選択した未処理ノズルモジュールのノズル情報から、未処理ノズル番号に対応するノズル情報を選択してステップS410に移行する。
ステップS410では、色比率変換部11aにおいて、ステップS408で選択した未処理ノズル番号(以下、選択ノズル番号と称す)のノズル情報に基づき、当該ノズルがバンディングに関与しているか否かを判定し、関与していると判定された場合(Yes)はステップS412に移行し、そうでない場合(No)はステップS416に移行する。
【0169】
ステップS412に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、第2CMYK画像データから、選択ノズル番号のノズルに関連した画素データを選択してステップS414に移行する。
ステップS414では、色比率変換部11aにおいて、ステップS412で選択した画素データに対して色比率変換処理を実行してステップS416に移行する。
【0170】
ステップS416では、色比率変換部11aにおいて、選択ノズルモジュールに対する全てのノズル番号を選択したか否かを判定し、選択したと判定された場合(Yes)はステップS418に移行し、そうでない場合(No)はステップS410に移行する。
ステップS418に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、全てのノズルモジュールを選択したか否かを判定し、選択したと判定された場合(Yes)は、一連の処理を終了し元の処理に復帰し、そうでない場合(No)はステップS406に移行する。
【0171】
更に、図16に基づき、ステップS414の色比率変換処理を詳細に説明する。
図16は、印刷装置100の第2画像データ生成部11における、ライトシアンに着目した色比率変換処理を示すフローチャートである。
この色比率変換処理は、バンディングに関与するノズルがライトシアンに対応したノズルである場合に、当該ライトシアンのインク吐出量と、これと同系色のシアンのインク吐出量とを中心に、これらのノズルを含む複数色のノズルに対応した画素データの色混合比率を、比率変換前の色と同一色の範囲となるように、且つバンディングを回避又は低減可能な色混合比率となるように変換する処理であって、ステップS414において実行されると、図16に示すように、まず、ステップS500に移行するようになっている。
【0172】
ステップS500では、色比率変換部11aにおいて、色比率情報記憶部11cから色比率情報を読み出し、当該読み出した色比率情報をRAM62の所定領域に記憶することで、当該色比率情報を取得してステップS502に移行する。
ステップS502では、色比率変換部11aにおいて、選択ノズルの色と同系色のノズルがあるか否かを判定し、あると判定された場合(Yes)はステップS504に移行し、そうでない場合(No)はステップS514に移行する。
【0173】
ステップS504では、色比率変換部11aにおいて、色比率情報に基づき、選択ノズルのインク吐出量が、バンディングを回避又は低減可能な吐出量となるように、当該選択ノズルに対応した画素データの画素値を変更してステップS506に移行する。
ステップS506では、色比率変換部11aにおいて、選択ノズルのインクの色と同系色のノズル(以下、同系色ノズルと称す)のインク吐出量が、ステップS504で減少した選択ノズルの吐出量分を補償するように、当該同系色ノズルに対応した画素データの画素値を変更してステップS508に移行する。
【0174】
ステップS508では、色比率変換部11aにおいて、粒状性等の観点から他色との統合が必要か否かを判定し、必要であると判定された場合(Yes)はステップS510に移行し、そうでない場合(No)は、一連の処理を終了し元の処理に復帰する。
ステップS510に移行した場合は、色比率変換部11aにおいて、同系色ノズルのインク吐出量が減少するように、当該同系色ノズルに対応した画素データの画素値を変更してステップS512に移行する。
【0175】
ステップS512では、色比率変換部11aにおいて、同系色ノズルのインク吐出量の減少分を、他色のノズルのインク吐出量で補償するように、当該他色のノズルに対応した画素データの画素値を変更し、一連の処理を終了し元の処理に復帰する。
一方、ステップS508において、選択ノズルの色と同系色のノズルが無くステップS514に移行した場合は、色比率情報に基づき、上記第1の実施の形態のステップS216と同様の処理を行い、一連の処理を終了し元の処理に復帰する。
【0176】
次に、図17に基づき、本実施の形態の動作を説明する。
ここで、図17は、ライトシアンに対応したノズルがバンディングに関与していた場合の色比率変換処理過程の一例を示す図である。
本実施の形態においては、図示しないが、ライトシアンノズルによって形成されるドットパターンに、上記第1の実施の形態における図8(b)と同様に、ノズルの飛行曲りが原因で「白スジ」及び「濃いスジ」が発生しているとする。
【0177】
本実施の形態における第2画像データの生成処理は、色比率変換部11aにおいて、画像データ取得部10から伝送されたCMYK画像データを取得することで開始され(ステップS400)、まず、当該取得したCMYK画像データのCMYKを、CMYK並びにLC及びLMの計6色へと色分割して第2CMYK画像データを生成する(ステップS402)。次に、ノズル情報記憶部11bからノズル情報を読み出し、当該読み出したノズル情報をRAM62の所定領域に格納する(ステップS404)。
【0178】
そして、色比率変換部11aは、ノズル情報を取得すると、当該ノズル情報からCMYK、LC、LMのインクにそれぞれ対応するノズルモジュールに対応したノズル情報の中から、第2画像データ生成処理が未処理のノズルモジュールに対応したノズル情報を1つ選択する(ステップS406)。本実施の形態において、ノズル情報は、上記第1の実施の形態における図10(a)に示すデータテーブルと同様のものとなる。
【0179】
更に、色比率変換部11aは、選択ノズルモジュールに対するデータテーブルを選択すると、次いで、データテーブルにある未処理のノズル番号を選択し(ステップS408)、当該選択ノズル番号に対応する各テーブルの相対飛行曲り量を示す情報に基づき、当該選択ノズルがバンディングに関与しているか否かを判定する(ステップS410)。ここで、本実施の形態においては、上記第1の実施の形態と同様に、選択ノズルの相対飛行曲り量が予め設定された閾値(例えば、4[μm])以上であった場合に、当該選択ノズルがバンディングに関与すると判定し(ステップS410の「Yes」の分岐)、選択ノズルが正常吐出で且つ選択ノズルの相対飛行曲り量が閾値より小さい場合は、選択ノズルはバンディングに関与しないと判定する(ステップS410の「No」の分岐)。
【0180】
以下、選択ノズルがバンディングに関与していると判定された場合の処理を説明する。 色比率変換部11aは、選択ノズルがバンディングに関与する場合、まず第1画像データから、選択ノズルに関連した画素データを選択して(ステップS412)、次に、選択ノズルの吐出するインクの色と、同系色のインクに対応したノズルがあるか否かを判定する(ステップS500)。ここで、選択ノズルをライトシアンノズルとすると、ライトシアンノズルと同系色のノズルとしてはシアンノズルがあるので(ステップS500の「Yes」の分岐)、色比率情報に基づき、ライトシアンインクのインク吐出量が、バンディングを回避又は低減できる吐出割合となるように、選択ノズル(ライトシアンノズル)に対応した画素データの画素値を変更する。
【0181】
例えば、CMYK画像データにおける選択ノズルを含む異常ノズルに対応した画素データのシアンインクの吐出割合が、図17に示すように、75(%)であり、このシアンインクの75%を、色分割によって、シアンノズルで30%を、ライトシアンノズルで45%を受け持つように分割したとする。ここで、本実施の形態においては、シアンインク10%に対して、ライトシアンインク20%を吐出することで、両者の濃度を同一とすることができるとする。つまり、ライトシアンの濃度とシアンの濃度とは1:2の比率関係となる。従って、図17に示すように、色分割後の、シアンインクの吐出割合は30%となり、残りのシアンインク45%分をライトシアンインクで受け持つことになるので、ライトシアンインクの吐出割合は45(%)×2=90%となる
ところが、上記したように、選択ノズル(ライトシアンノズル)はバンディングに関与したノズルであるため、色比率変換部11aにおいて、色比率情報に基づき、ライトシアンインクの吐出割合90%が、図17に示すように、バンディングを回避又は低減可能な40%となるように、選択ノズルを含む異常ノズルの画素データの画素値を変更する(ステップS504)。ここで、本実施の形態において、色比率情報には、上記第1の実施の形態におけるCMYKにそれぞれ対応した最高吐出割合に加え、LC及びLMに対する最高吐出割合が含まれる。本実施の形態においては、ライトシアンインクの吐出割合を40%へと減少することで、バンディングを回避又は低減できるとしている。
【0182】
そして、選択ノズルに対応するライトシアンインクの吐出量を90%から40%へと、50%減少させた分を、図17に示すように、シアンインクの吐出量を30%から55%へと、25%(50(%)/2)増加するように、選択ノズルを含む異常ノズルに対応するシアンインクノズルに対応した画素データの画素値を変更することで同一色の範囲となるように補償する(ステップS506)。つまり、ライトシアンインクの減少分を、シアンインクのインク吐出量を増加することによって補償し、ライトシアンインクの吐出割合を変更する前の、異常ノズルを含む複数色で構成される元々の色が同一色の範囲となるようにしている。
【0183】
また、上記比率関係より、シアンとライトシアンとは、同じ濃度を表現するのに同じドットサイズであれば、ライトシアンはシアンに対してドット形成数(印字割合)が2倍となる。従って、上記した色比率変換処理では、ライトシアンを50%もシアンに置換えるために粒状性が悪化してしまう恐れがあるので、他色との統合を行って粒状性の悪化を緩和する(ステップS508の「Yes」の分岐)。本実施の形態においては、図17に示すように、シアンインクの吐出割合10%分を、シアンインクより濃度の低い他色に対応したノズルの吐出割合に振り分けることで、ドット数の減少を緩和している。
【0184】
なお、上記例においては、ライトシアンインクノズルがバンディングに関与する場合を説明したが、シアンインクノズルがバンディングに関与する場合は、ライトシアンの場合とは逆に、バンディングを回避又は低減可能な割合にシアンインクの吐出割合を減少し、この減少分をライトシアンインクの吐出量を増加させることで補償する。この場合は、ライトシアンインクのドット形成数が増加しすぎたり、ライトシアンの濃度では足りないような状態が生じる恐れがあるが、このような場合は他色との統合を図り、他色のインク吐出割合を変更することで対処する。
また、マゼンタとライトマゼンタも、上記したシアン及びライトシアンと同様の原理で色比率変換処理を行うことが可能である。
【0185】
また、上記した例では、最終的にライトシアンインクの吐出割合が40%となっているが、このバンディングに関与するライトシアンノズルのインク吐出割合を25%以下に減少させることができる場合は、上記第1の実施の形態と同様に、ライトシアンノズルの印刷解像度が1/2でも色を構成することが可能となるので、バンディング発生の要因となるノズル、即ち吐出不良のノズル又は飛行曲りを発生するライトシアンノズル自体を不使用とすることが可能である。このような場合は、上記第1の実施の形態と同様に、ライトシアンノズルモジュールにおけるバンディング発生要因となるノズルに対応する画素データに対して、当該ノズルを不使用とする情報(ドットを形成しないようにする情報)を付加すると共に、異常ノズルに対応する画素データに対して、N値化処理部12において印刷解像度を1/2にさせる情報を付加する。
【0186】
印刷ヘッド200の全てのノズルモジュールの全てのノズルに対して上記した判定処理を行い、且つバンディングに関与すると判定されたノズルについては、第2CMYK画像データにおける、当該ノズルを含む異常ノズル及び当該異常ノズルに関連するノズルに対応した画素データの画素値を、その色混合比率が、バンディングを回避又は低減可能で、且つ変更前の色と同一色の範囲となるように変更する処理を行うことで、第2画像データが生成される。そして、当該生成された第2画像データは、印刷用データ生成部12に伝送され、印刷用データ生成部12において、印刷用データ生成処理が実行される(ステップS106)。
【0187】
上記したように、バンディングに関与するノズルを含む異常ノズルのインク吐出割合を、バンディングを回避又は低減できる吐出量に変更する際に、この変更によって減少した分を、当該異常ノズルと同系色のインクに対応したノズルのインク吐出割合を変更することによって補償することが可能であり、更に、同系色だけでなく他色との統合も可能としたので、同系色によって補償することで、色が変化するといった問題の発生を低減できると共に、他色との統合によって、粒状性の悪化を防ぐことが可能であり、また色混合比率の選択幅が広がるため、バンディングに対してより効果的な色比率変換処理の施された第2画像データの生成が可能となる。
【0188】
上記第2の実施の形態において、画像データ取得部10は、形態1又は28の画像データ取得手段に対応し、第2画像データ生成部11は、形態1、2、7、28、29及び34のいずれか1の第2画像データ生成手段に対応し、印刷用データ生成部12は、形態1、8、28及び35のいずれか1の印刷用データ生成手段に対応し、印刷部13は、形態1の印刷手段に対応する。
【0189】
上記第2の実施の形態において、ステップS102は、形態11、20、36及び45のいずれか1の画像データ取得ステップに対応し、ステップS104は、形態11、12、17、20、21、26、36、37、42、45、46及び51のいずれか1の第2画像データ生成ステップに対応し、ステップS106は、形態11、18、20、27、36、43、45及び52のいずれか1の印刷用データ生成ステップに対応し、ステップS110は、形態11又は20の印刷ステップに対応する。
【0190】
また、上記第1及び第2の実施の形態における印刷装置の特徴は、既存の印刷装置そのものには殆ど手を加えることなくその印刷ヘッドの特性に合わせて画像データから印刷用データを生成するようにしたため、印刷部13として特に専用のものを用意する必要はなく、従来から既存のインクジェット方式のプリンタをそのまま利用するができる。また、上記第1〜第3実施の形態における印刷装置100から印刷部13を分離すれば、その機能はPCなどの汎用の印刷指示端末(印刷用データ生成装置)のみで実現することも可能となる。
【0191】
また、本発明は飛行曲がり現象のみならず、インクの吐出方向は垂直(正常)であるもののノズルの形成内容が正規の位置よりもずれている結果、形成されるドットが飛行曲がり現象と同じ結果となる場合にも全く同様に適用できることは勿論である。
また、上記第1〜第3の実施の形態における印刷装置100は、ラインヘッド型のインクジェットプリンタのみならず、マルチパス型のインクジェットプリンタにも適用可能であり、ラインヘッド型のインクジェットプリンタであれば、飛行曲がり現象などが発生していても白スジや濃いスジが殆ど目立たない高品質の印刷物を1パスで得ることが可能となり、また、マルチパス型のインクジェットプリンタであれば、往復動作回数を減らすことができるため、従来よりも高速印刷が可能となる。
【0192】
図18(A)〜(C)は、ラインヘッド型のインクジェットプリンタとマルチパス型のインクジェットプリンタとによるそれぞれの印刷方式を示したものである。
同図(A)に示すように、矩形状の印刷用紙Sの幅方向を画像データの主走査方向、長手方向を画像データの副走査方向とした場合、ラインヘッド型のインクジェットプリンタでは、同図(B)に示すように、印刷ヘッド200がその印刷用紙Sの紙幅分の長さを有しており、この印刷ヘッド200を固定し、この印刷ヘッド200に対して前記印刷用紙Sを副走査方向に移動させることでいわゆる1パス(動作)で印刷を完了するようにしている。なお、いわゆるフラットヘッド式のスキャナのように印刷用紙Sを固定し、印刷ヘッド200側をその副走査方向に移動させたり、あるいは両方をそれぞれ反対方向に移動させながら印刷を行うことも可能である。これに対し、マルチパス型のインクジェットプリンタは、同図(C)に示すように、紙幅分の長さに比べてはるかに短い印刷ヘッド200を主走査方向と直交する方向に位置させ、これを主走査方向に何度も往復動させながら印刷用紙Sを所定のピッチずつ副走査方向に移動させることで印刷を実行するようにしている。従って、後者のマルチパス型のインクジェットプリンタの場合は、前者のラインヘッド型のインクジェットプリンタに比べて印刷時間がかかるといった欠点がある反面、任意の箇所に印刷ヘッド200を繰り返し位置させることができることから前述したようなバンディングのうち特に白スジ現象の軽減については、ある程度の対応が可能となっている。
【0193】
また、上記第1及び第2の実施の形態ではインクをドット状に吐出して印刷を行うインクジェットプリンタを例に説明したが、本発明は、印字機構がライン状に並んだ形態の印字ヘッドを用いた他の印刷装置、例えば熱転写プリンタまたは感熱式プリンタなどと称されるサーマルヘッドプリンタについても適用可能である。
また、図3では、印刷ヘッド200の各色ごとに設けられた各ノズルモジュール50、52,54,56は、その印刷ヘッド200の長手方向に直線状にノズルNが連続した形態となっているが、図19に示すように、これら各ノズルモジュール50、52,54,56をそれぞれ複数の短尺のノズルユニット50a、50b、…50nで構成し、これを印字ヘッド200の移動方向の前後に配列するように構成しても良い。特に、このように各ノズルモジュール50、52,54,56ごとに複数の短尺のノズルユニット50a、50b、…50nで構成すれば、各ノズルユニット50a、50b、…50nの個々の長さを短くしたヘッドを用いて長尺のノズルモジュールを構成することが可能になるので、ノズルモジュールの製造の歩留まりを高くすることが可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0194】
【図1】本発明に係る印刷装置100の構成を示すブロック図である。
【図2】コンピュータシステムのハードウェア構成を示す図である。
【図3】本発明の印刷ヘッド200の構造を示す部分拡大底面図である。
【図4】図4の部分拡大側面図である。
【図5】印刷装置100における印刷処理を示すフローチャートである。
【図6】第1の実施の形態における、印刷装置100の第2画像データ生成部11における、第2画像データ生成処理を示すフローチャートである。
【図7】印刷装置100の印刷用データ生成部12における、印刷用データの生成処理を示すフローチャートである。
【図8】(a)は、いわゆる飛行曲がりを発生する異常ノズルがないシアンノズルモジュール56によって形成されるドットパターンの一例を示した図であり、(b)は、シアンノズルモジュール56のうち、ノズルN6が飛行曲がり現象を発生している場合に形成されるドットパターンの一例を示した図である。
【図9】(a)は、シアンノズルモジュール56におけるノズルN6を不使用とし且つ解像度1/2で形成されたドットパターンを示す図であり、(b)は、シアンノズルモジュール56におけるノズルN6を含む異常ノズルのインク吐出量を減少させて形成したドットパターンの一例を示す図である。
【図10】(a)は、ノズル情報に含まれる各ノズルのインク不吐出の有無を示す情報テーブルを示す図であり、(b)は、各ノズルの相対飛行曲り量を示す情報テーブルを示す図である。
【図11】(a)は、異常ノズルを含CMYKの各色に対応したノズルによって形成される色比率変更前の画像の一例を示す図であり、(b)は、(a)の色比率変換後の画像を示す図である。
【図12】色比率情報に含まれる各色毎のバンディング回避可能混合割合を示す情報テーブルを示す図である。
【図13】ドットサイズに対する、N値の情報、各N値に対する閾値の情報の一例を示す図である。
【図14】N値化処理に用いる誤差拡散マトリックスの一例を示す図である。
【図15】第2の実施の形態における、印刷装置100の第2画像データ生成部11における、第2画像データ生成処理を示すフローチャートである。
【図16】印刷装置100の第2画像データ生成部11における、ライトシアンに着目した色比率変換処理を示すフローチャートである。
【図17】ライトシアンに対応したノズルがバンディングに関与していた場合の色比率変換処理課程の一例を示す図である。
【図18】(A)〜(C)は、マルチパス型のインクジェットプリンタとラインヘッド型のインクジェットプリンタとによる印刷方式の違いを示す説明図である。
【図19】印刷ヘッドの構造の他の例を示す概念図である。
【符号の説明】
【0195】
100…印刷装置、200…印刷ヘッド、10…画像データ取得部、11…第2画像データ生成部、11a…色比率変換部、11b…ノズル情報記憶部、11c…色比率情報記憶部、12…印刷用データ生成部、12a…N値化処理部、12b…N値化情報記憶部、13…印刷部、60…CPU、62…RAM、64…ROM、66…インターフェース、70…記憶装置、72…出力装置、74…入力装置、50…ブラックノズルモジュール、52…イエローノズルモジュール、54…マゼンタノズルモジュール、56…シアンノズルモジュール、P,S…印刷媒体(用紙)、L…ネットワークケーブル、N…ノズル




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013