Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
薄板ガラスの製造方法 - 日本板硝子株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 化学;冶金 -> 日本板硝子株式会社

発明の名称 薄板ガラスの製造方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−70135(P2007−70135A)
公開日 平成19年3月22日(2007.3.22)
出願番号 特願2005−256392(P2005−256392)
出願日 平成17年9月5日(2005.9.5)
代理人 【識別番号】100107308
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修一郎
発明者 藤田 浩示
要約 課題
脈理の存在を目立たなくして商品価値を向上させることができ、また、たとえ光学測定用として使用する場合においても、光の屈折率の変化を抑制して厳密な光学測定が可能となる薄板ガラスの製造方法。

解決手段
溶融ガラスを柱状に引き伸ばして柱状ガラスロッドG2を作製し、その柱状ガラスロッドG2が固化した後、柱状ガラスロッドG2をその軸心Lにほぼ直交する方向に薄い厚みで切断して半製品薄板ガラスG3を作製し、その半製品薄板ガラスG3の表面を研磨して薄板ガラスGを製造する薄板ガラスの製造方法。
特許請求の範囲
【請求項1】
溶融ガラスを柱状に引き伸ばして柱状ガラスロッドを作製し、その柱状ガラスロッドが固化した後、柱状ガラスロッドをその軸心にほぼ直交する方向に薄い厚みで切断して半製品薄板ガラスを作製し、その半製品薄板ガラスの表面を研磨して薄板ガラスを製造する薄板ガラスの製造方法。
【請求項2】
前記薄板ガラスが、光学測定用の薄板ガラスである請求項1に記載の薄板ガラスの製造方法。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、薄板ガラスの製造方法に関し、特に生化学用容器におけるウェルの底板やプレパラートのような光学測定用に供される薄板ガラスの製造に適した方法に関する。
【背景技術】
【0002】
このような薄板ガラスは、従来、ガラスの製造においてきわめて一般的なフロート法により製造されている(きわめて一般的な製造方法であるため、フロート法に言及した適切な特許文献は見当たらない)。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
したがって、従来の薄板ガラスでは、当業界でよく知られているように、「脈理」と称される縞模様が薄板ガラスの面にほぼ沿って残存し、それが薄板ガラスの商品価値を低下させる一因となっていた。
さらに、光学測定用に供される薄板ガラスにあっては、ガラスの面にほぼ沿って残存する脈理により光の屈折率が微妙に変化する部分が現れるため、その薄板ガラスを非常に厳密な光学測定用に使用するには問題があり、この点に改良の余地があった。
【0004】
本発明は、このような従来の問題点に着目したもので、その目的は、脈理の存在を目立たなくして商品価値を向上させることができ、また、たとえ光学測定用として使用する場合においても、光の屈折率の変化を抑制して厳密な光学測定が可能となる薄板ガラスの製造方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の第1の特徴構成は、溶融ガラスを柱状に引き伸ばして柱状ガラスロッドを作製し、その柱状ガラスロッドが固化した後、柱状ガラスロッドをその軸心にほぼ直交する方向に薄い厚みで切断して半製品薄板ガラスを作製し、その半製品薄板ガラスの表面を研磨して薄板ガラスを製造するところにある。
【0006】
本発明の第1の特徴構成によれば、まず、溶融ガラスを柱状に引き伸ばして柱状ガラスロッドを作製するので、脈理は存在していたとしても柱状ガラスロッドの軸心に沿って生じることになる。
そして、その柱状ガラスロッドが固化した後、柱状ガラスロッドをその軸心にほぼ直交する方向に薄い厚みで切断して半製品薄板ガラスを作製し、その半製品薄板ガラスの表面を研磨して薄板ガラスを製造するので、最終製品である薄板ガラスにおいては、脈理が存在していたとしても薄板ガラスの厚み方向に沿って残存することになる。
したがって、脈理がガラスの面にほぼ沿って縞模様に残存していた従来の薄板ガラスと比較して、脈理の存在はほとんど目立たず、商品価値の高い薄板ガラスを製造することができるとともに、脈理がガラスの厚み方向に沿っているため、光の屈折率の変化も抑制されて光学測定用に適した薄板ガラスを製造することができる。
【0007】
本発明の第2の特徴構成は、前記薄板ガラスが、光学測定用の薄板ガラスであるところにある。
【0008】
本発明の第2の特徴構成によれば、前記薄板ガラスが、光学測定用の薄板ガラスであるから、上述したように、光の屈折率の変化が抑制されることにより、この製造方法により製造した薄板ガラスを使用してきわめて厳密な光学測定が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
本発明による薄板ガラスの製造方法につき、実施の形態を図面に基づいて説明する。
この製造方法の対象となる薄板ガラスGは、例えば、図3および図4に示すように、通常「マイクロプレート」と称される生化学用容器5において、そのウェル6の底板として使用されるもので、通常、0.1mm〜1.0mm、好ましくは、0.1mm〜0.2mm程度の厚みを有している。
このような生化学用容器5は、ウェル6内で細胞を培養した後、底板を通してその細胞を光学的に測定するのに使用され、したがって、底板である薄板ガラスGは光学測定用の薄板ガラスとして供される。
【0010】
この薄板ガラスGを製造するには、例えば、図1に示すように、連続式のガラス溶融装置1を使用し、そのガラス溶融装置1の溶融室2においてガラスの原料を溶融し、その溶融ガラスG1を清澄室3の底部に設けられた断面円形の成形用孔4から引き出しながら伸ばして、図2に示すように、円柱状のガラスロッドG2を作製する。
このように柱状に引き伸ばして作製された円柱状ガラスロッドG2においては、脈理が存在する場合、脈理は円柱状ガラスロッドG2の軸心Lに沿って発生することになる。
【0011】
つぎに、その円柱状ガラスロッドG2が固化した後、ダイヤモンドカッターなどの切断手段(図示せず)によって、円柱状ガラスロッドG2をその軸心Lにほぼ直交する方向に薄い厚みで切断して半製品薄板ガラスG3を作製する。
その後、半製品薄板ガラスG3の表面を図外の研磨手段により研磨して、最終製品である薄板ガラスGを製造するのであり、最終製品である薄板ガラスGにおいては、その厚み方向に沿って脈理が残存することになる。
そして、このようにして製造された薄板ガラスGは、上述したように生化学容器5におけるウェル6の底板として使用される。
【0012】
〔別実施形態〕
先の実施形態では、溶融ガラスG1を引き伸ばして円柱状のガラスロッドG2を作製した例を示したが、最終製品である薄板ガラスGの使用目的などに応じて、例えば、正方形、長方形、楕円形など、各種断面形状の柱状ガラスロッドを作製することができる。
そして、その最終製品である薄板ガラスGについては、特に生化学用容器5におけるウェル6の底板に限ることなく、例えば、プレパラートをはじめとして、各種の光学測定用の薄板ガラスとして使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】薄板ガラスの製造工程を示す説明図
【図2】薄板ガラスの製造工程を示す説明図
【図3】薄板ガラスを使用した生化学用容器の斜視図
【図4】薄板ガラスの使用状態を示す説明図
【符号の説明】
【0014】
G 薄板ガラス
G1 溶融ガラス
G2 柱状ガラスロッド
G3 半製品薄板ガラス
L 柱状ガラスロッドの軸心




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013