Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
富士フイルム株式会社 - 特許情報
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 化学;冶金 -> 富士フイルム株式会社

番号 発明の名称
201 複合材料及びその製造方法
202 真空蒸着方法
203 新規な含フッ素スピロ環状アセタール化合物およびその製造方法
204 環状オレフィン系重合体、およびそれを用いた光学材料、偏光板および液晶表示装置
205 環状オレフィン系重合体、およびそれを用いた光学材料、偏光板および液晶表示装置
206 環状オレフィン系重合体、およびそれを用いた光学材料、偏光板および液晶表示装置
207 環状オレフィン系重合体、およびそれを用いた光学材料、偏光板および液晶表示装置
208 着色組成物、並びにこれを用いた転写材料、表示装置用遮光画像、遮光画像付き基板、液晶表示素子、および液晶表示用装置
209 重合性組成物、光学異方性層及びその製造方法、光学補償素子、液晶表示装置及び液晶プロジェクタ
210 液晶性組成物
211 着色分散液、インク組成物、それを用いた画像形成方法、及び印刷物
212 記録材料用樹脂組成物、感光性転写材料、表示装置用遮光膜の形成方法、液晶表示装置用カラーフィルタ、並びに液晶表示装置
213 着色分散液、インク組成物、それを用いた画像形成方法、及び記録物
214 着色分散液、インク組成物、それらを用いた画像形成方法、及び記録物
215 液晶化合物、液晶組成物、薄膜、及び光学要素
216 金属膜形成方法及び金属パターン形成方法
217 表面防曇かつ防汚性強化ガラス及びその製造方法
218 含窒素へテロ環化合物の銀塩粒子の製造方法および熱現像感光材料
219 硬化性樹脂組成物、硬化膜、反射防止フィルム、偏光板、及び表示装置
220 ドープの調製方法
221 親水性部材用の構造体
222 撥水性多孔質材料の製造方法および撥水性多孔質材料
223 着色硬化性組成物、カラーフィルタ、及びその製造方法。
224 インク組成物、インクジェット記録方法、印刷物、平版印刷版の製造方法及び平版印刷版
225 親水性組成物及び親水性部材
226 親水性組成物及び親水性部材
227 カーボンナノチューブ分散物の製造方法
228 インク組成物、インクジェット記録方法、平版印刷版の製造方法、及び平版印刷版
229 セルロースエステルフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
230 セルロースアシレートフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
231 セルロースアシレートフィルムおよびその製造方法、ペレット、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
232 インクセット、インクカートリッジ、インクジェットプリンター、インクジェット記録方法、記録物及び褪色改良方法
233 インク組成物、インクセット、記録方法及びそれによる記録物
234 インクジェット記録用インク、インクセット及びインクジェット記録方法
235 セルロースアシレートの製造方法、セルロースアシレートフィルム、並びに、該フィルムを用いた偏光板、位相差フィルム、光学フィルムおよび液晶表示装置
236 オキセタン化合物
237 フィルムおよびその製造方法、並びに、画像表示装置
238 撥油及び撥水性材料及びその製造方法
239 インク組成物、並びにこれを用いた画像形成方法および記録物
240 エポキシ樹脂組成物、導電膜形成方法、導電性パターン形成方法、及び多層配線板の製造方法
241 蛍光性重合体微粒子、蛍光性重合体微粒子の製造方法、蛍光検出キット及び蛍光検出方法
242 多官能性金属キレート構造を有するグリセロリン酸エステル
243 カチオン化合物、色素化合物およびその使用方法、ならびに光情報記録媒体
244 硬化性組成物、フィルム、偏光板および画像表示装置
245 インク組成物
246 インク組成物、インクジェット記録方法、印刷物、平版印刷版の製造方法、及び平版印刷版
247 光駆動型アクチュエータ、光駆動型アクチュエータの製造方法、縮合系ポリマー、およびフイルム
248 セルロースエステル樹脂フィルムの製造方法
249 有機顔料分散液およびその製造方法
250 メッキ厚モニタ装置およびメッキ停止装置
251 金属膜形成方法、金属膜形成用基板、金属膜、金属パターン形成方法、金属パターン形成用基板、金属パターン、及びポリマー層形成用組成物
252 有機銀塩分散物の製造方法、および熱現像感光材料
253 インク組成物
254 ポリマーフイルムのアルカリ鹸化方法及び装置
255 ポリマーフイルムのアルカリ鹸化方法及び装置
256 膜形成用組成物
257 膜形成用組成物
258 膜形成用組成物、該組成物を用いた絶縁膜及び電子デバイス
259 膜形成用組成物、該組成物を用いた絶縁膜及び電子デバイス
260 絶縁膜、化合物、膜形成用組成物及び電子デバイス
261 膜形成用組成物、それを用いた絶縁膜および電子デバイス
262 重合体、膜形成用組成物、絶縁膜及び電子デバイス
263 重合体および膜形成用組成物
264 基材表面改質方法
265 インク組成物、並びにこれを用いた画像形成方法及び記録物
266 光学フィルムおよび画像表示装置
267 無機化合物及びその製造方法、発光性組成物、発光体、発光装置
268 セルロースアシレートドープ、及びセルロースアシレートフィルムの製造方法
269 硬化性組成物、光学フィルム、偏光板および画像表示装置
270 成膜装置、成膜方法、セラミック膜、無機構造体、及び、デバイス
271 めっき処理装置、めっき処理方法、透光性導電性膜、及び透光性電磁波シールド膜
272 消化管吸収評価モデルのための細胞培養物
273 気道上皮細胞を含む重層化細胞培養物
274 ポリアニリン化合物の製造方法
275 透明フィルム、光学フィルム、透明フィルムの製造方法、偏光板、及び画像表示装置
276 硬化性組成物、インク組成物、インクジェット記録方法、印刷物、平版印刷版の製造方法、及び、平版印刷版
277 硬化性組成物、インク組成物、インクジェット記録方法、印刷物、平版印刷版の製造方法、及び、平版印刷版
278 高分子材料の製造方法
279 ナフタロシアニン化合物およびその製造方法
280 ナフタロシアニン化合物およびその製造方法
281 ナフタロシアニン化合物およびその製造方法
282 ナフタロシアニン化合物およびその製造方法
283 ナフタロシアニン化合物およびその製造方法
284 ナフタロシアニン化合物およびその製造方法
285 インク組成物、インクジェット記録方法、印刷物、平版印刷版の製造方法、及び、平版印刷版
286 セルロース誘導体フィルム、該セルロース誘導体フィルムを用いた光学補償フィルム、偏光板および液晶表示装置
287 有機ナノ粒子分散組成物、顔料ナノ粒子分散組成物、着色感光性樹脂組成物、それを用いた重合膜および感光性樹脂転写材料、並びにそれらを用いたカラーフィルターおよび液晶表示装置
288 セルロースアシレートフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
289 セルロースアシレート、セルロースアシレートフィルム、およびそれらの製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
290 セルロースエステルフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
291 セルロースエステルフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
292 セルロースアシレートペレットおよびその製造方法、セルロースアシレートフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
293 セルロースアシレートフィルムおよびその製造方法、偏光板、光学補償フィルム、反射防止フィルム、並びに液晶表示装置
294 セルロースアシレートフィルム、その製造方法、これを用いた偏光板および液晶表示装置
295 蒸着装置および方法、固体検出器の製造方法
296 細胞培養担体
297 ヨードニウム塩の製造方法
298 カラーフィルタ用活性エネルギー線硬化性インク、カラーフィルタ及びその製造方法、並びに液晶表示装置
299 膜形成用組成物
300 膜形成用組成物

[1][2][3][4][5][6]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013