米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 花王株式会社

発明の名称 ブロー成形薄肉容器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−99302(P2007−99302A)
公開日 平成19年4月19日(2007.4.19)
出願番号 特願2005−288187(P2005−288187)
出願日 平成17年9月30日(2005.9.30)
代理人 【識別番号】100072051
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 興作
発明者 相良 幸一 / 稲川 義則 / 川又 重之 / 山中 伸夫
要約 課題
比較的小さな力でもって開封できるブロー成形薄肉容器を提案する。

解決手段
内容物の注出に従って充填空間の減容を可能とする薄肉の胴体1を備えたブロー成形薄肉容器において、前記胴体1の上端角部に、前記充填空間につながる通路2aを有し、破断予定線3に沿う栓体4の切断、分離にて該通路2aを開通させて充填空間内の内容物を排出する注出部2を設ける。そして、前記注出部2内に、該通路2aに沿って伸延して空気置換用通路Sを別途に形成するとともに前記破断予定線3に至る前に該通路2aと空気置換用通路Sを合流させる隔壁5を設ける。
特許請求の範囲
【請求項1】
内容物の注出に従って充填空間の減容を可能とする薄肉の胴体を備えたブロー成形薄肉容器であって、
前記胴体の上端角部に、前記充填空間につながる通路を有し、破断予定線に沿う栓体の切断、分離にて該通路を開通させて充填空間内の内容物を排出する注出部を設け、
前記通路内に、該通路に沿って伸延して空気置換用通路を別途に形成するとともに前記破断予定線に至る前に該通路と空気置換用通路を合流させる隔壁を設けたことを特徴とするブロー成形薄肉容器。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、内容物の注出に従い充填空間の減容を可能としたブロー成形薄肉容器に関するもので、該容器をより小さな力でもって開封しようとするものである。
【0002】
シャンプーやリンス、液体石鹸、化粧料等を入れる容器の分野では、資源の有効活用、ゴミの減量化を図る観点から合成樹脂をブロー成形することによって所望の形状に形成した薄肉の容器が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開2005−22755号公報
【0003】
従来のこの種の容器は、注出部に予めノッチや破断予定線が設けられており、それに沿って栓体を切断、分離することで容器を開封することを通例としていたが、空気置換用通路を併設した容器にあっては、容器を開封する際に、該空気置換用通を形成する隔壁をも同時に切断、分離しなければならないことから、比較的大きな力が必要になっていた。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明の課題は、容器を開封する際に必要とされる力を極力軽減できる新規なブロー成形薄肉容器を提案するところにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、内容物の注出に従って充填空間の減容を可能とする薄肉の胴体を備えたブロー成形薄肉容器であって、
前記胴体の上端角部に、前記充填空間につながる通路を有し、破断予定線に沿う栓体の切断、分離にて該通路を開通させて充填空間内の内容物を排出する注出部を設け、
前記通路内に、該通路に沿って伸延して空気置換用通路を別途に形成するとともに前記破断予定線に至る前に該通路と空気置換用通路を合流させる隔壁を設けたことを特徴とするブロー成形薄肉容器である。
【発明の効果】
【0006】
空気置換用の通路を形成する隔壁の設置領域を破断予定線からずらして設けたため、容器を開封する際に隔壁を切断、分離する必要がなく、その分、開封に係る力は軽減されることとなる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面を参照して本発明をより具体的に説明する。
図1は本発明に従うブロー成形薄肉容器の実施の形態を示した図であり、図2は図1の要部を拡大して示した断面図である。図における1は内容物の充填空間を区画形成する容器の胴体である。この胴体1は厚さが薄くなっており内容物の注出度合に従って充填空間を減容させることができるようになっている。
【0008】
また、2は胴体1の上端角部において設けられた注出部である。この注出部2は充填空間につながる通路2aを有している。3は切り込み等によって形成された破断予定線、4は破断予定線3に沿って引きちぎることによって通路2aを開通させる栓体、5は注出部2内でそれに沿って伸延し空気置換用通路Sを別途に形成する隔壁である。この隔壁5は通路2aと空気置換用通路Sが破断予定線3に至る前に合流するようにその末端の寸法がtだけ短くなっている。
【0009】
注出部2に予め形成しておいた摘み部6に指を掛けて栓体4に力を加えると、栓体4は図3に示す如く破断予定線3に沿って切り離され、この時、隔壁5には何らの力も作用しないことから、栓体4の切り離しに要する力は従来の容器に比較して小さくてすむ。なお、摘み部6を設けずに鋏等の道具を用いて栓体4を切断、分離する構成としてもよい。
【0010】
破断予定線3はその部位のみを薄肉にしておくことができ、これにより栓体4の切断、分離にかかる力をより小さくすることができる。また、栓体4の切断、分離にかかる力をより小さくするための他の方策としては、該破断予定線3の底部が鋭角をなすように凹部(V字溝)を設けるか、あるいは該破断予定線3の部位を異材質で構成してもよい。
【0011】
内容物としては、液状物、流動物、油脂含有物、界面活性剤を含む液剤等や食品(例えば、ゼリー等の流動物、スープ等の液状物)を充填することができるが、開封時や注出時における内容物の飛び散りを回避するため、とくに、1Pa・s〜100Pa・s程度の粘度をもった内容物を充填するのが好ましい。
【産業上の利用可能性】
【0012】
小さな力でもって栓体を切り離して容器を開封することができるブロー成形薄肉容器が提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本発明に従うブロー成形薄肉容器の実施の形態を示した図である。
【図2】図1に示した容器の要部を拡大して示した断面図である。
【図3】図1に示した容器において栓体を切り離した状態を示した図である。
【符号の説明】
【0014】
1 胴体
2 注出部
2a 通路
3 破断予定線
4 栓体
5 隔壁
6 摘み部
S 空気置換用通路




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013