米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 株式会社吉野工業所

発明の名称 ヒンジキャップ
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−99289(P2007−99289A)
公開日 平成19年4月19日(2007.4.19)
出願番号 特願2005−287740(P2005−287740)
出願日 平成17年9月30日(2005.9.30)
代理人 【識別番号】100072051
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 興作
発明者 飯塚 茂雄
要約 課題
ヒンジに触れたときにソフトな感覚を与えることが可能で、かつ、ワンタッチで確実に蓋体を開けることができるヒンジキャップを提案する。

解決手段
天面壁部1bに内容物の注出口1cを有し容器の口部に着脱自在に装着されるキャップ本体1と、このキャップ本体1にヒンジhを介して開閉可能に連結され該キャップ本体1の天面壁部1bに合わさって該注出口1cを閉塞する蓋体2とを備えたヒンジキャップにおいて、前記ヒンジhは、少なくとも外表面の一部分に軟材質部6を有する。
特許請求の範囲
【請求項1】
天面壁部に内容物の注出口を有し容器の口部に着脱自在に装着されるキャップ本体と、このキャップ本体にヒンジを介して開閉可能に連結され該キャップ本体の天面壁部に合わさって該注出口を閉塞する蓋体とを備えたヒンジキャップであって、
前記ヒンジは少なくとも外表面の一部分に軟材質部を有する、ことを特徴とするヒンジキャップ。
【請求項2】
前記ヒンジを2つ設け、その相互間に、キャップ本体と蓋体とをつなぎ、その反発力によりワンタッチで該蓋体を引き上げる弾性片を配置する、請求項1記載のヒンジキャップ。
【請求項3】
前記弾性片は、ゴム、エラストマー等の軟質弾性部材である、請求項2に記載のヒンジキャップ。
【請求項4】
前記軟材質部が、ゴム又はエラストマーである、請求項1〜3の何れかに記載のヒンジキャップ。
【請求項5】
前記軟材質部は、射出成形によって形成されたものである、請求項1〜4の何れかに記載のヒンジキャップ。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、ヒンジキャップに関するものであり、該キャップのヒンジにおける当たり(指を触れたときの感覚)をソフトにしようとするものである。
【背景技術】
【0002】
ヒンジキャップは、片手によって蓋体の開閉が可能であり、また、蓋体の紛失を防止できることから、調味料を入れる容器や薬剤を入れる容器あるいはシャンプー、リンスを入れる容器等幅広い分野において利用されている。
【0003】
近年、この種のキャップでは、使い勝手のより一層の改善を図るため、ヒンジの隣接部位にばね部材を配置して該ばね部材の弾性変位を利用して蓋体をワンタッチで開放させるタイプのものが数多く提案されているが(例えば特許文献1参照)、とくにキャップ本体と蓋体とをつなぐヒンジはキャップの側壁から突き出た突出部を有するものが多く、ここに指を触れたときに違和感を生じることがしばしば見受けられ、この点に関する改善の余地が残されていた。
【特許文献1】特開平8−113260号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明の課題は、ヒンジに指が触れた場合においてソフトな感覚を与え得る新規なヒンジキャップを提案するところにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、天面壁部に内容物の注出口を有し容器の口部に着脱自在に装着されるキャップ本体と、このキャップ本体にヒンジを介して開閉可能に連結され該キャップ本体の天面壁部に合わさって該注出口を閉塞する蓋体とを備えたヒンジキャップであって、
前記ヒンジは少なくとも外表面の一部分に軟材質部を有する、ことを特徴とするヒンジキャップである。
【0006】
上記の構成になるヒンジキャップにおいては、ヒンジを2つ設け、その相互間に、キャップ本体と蓋体とをつなぎ、その反発力によりワンタッチで該蓋体を引き上げる弾性片を配置することができる。また、前記弾性片は、ゴム、エラストマー等の軟質弾性部材で構成するのが好ましく、前記軟材質部は、ゴム又はエラストマーで構成するのが好ましい。前記軟材質部は、射出成形によって形成されたものが適用される。
【発明の効果】
【0007】
ヒンジの外表面にゴムあるいはエラストマーからなる軟材質部を形成したため指が触れたときにソフトな感覚が与えられる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、図面を用いて本発明をより具体的に説明する。
図1(a)(b)は本発明に従うヒンジキャップの実施の形態を、蓋体を開けた状態及び閉めた状態でそれぞれ示した外観斜視図であり、図2(a)(b)は図1(a)(b)に示したヒンジキャップの断面をそれぞれ示した図である。
【0009】
図における1はねじあるいはアンダーカット係合により容器の口部に着脱自在に装着されるキャップ本体である。このキャップ本体1は内側にねじあるいはアンダーカット(図示せず)が設けられた円筒状の周壁1aと、この周壁1aの上端において一体成形される天面壁部1bからなっており、該天面壁部1bには内容物を排出するための注出口1cと、曲面を有する凸部1dが形成されている。
【0010】
また、2はキャップ本体1に2つのヒンジhを介して開閉可能に連結される蓋体である。この蓋体2の裏面には、該キャップ本体1の天面壁部1bに合わさって注出口1cを閉塞する環状筒体2aが設けられている。
【0011】
また、3はキャップ本体1の両サイドにおいてその周壁1aから天面壁部1bにかけて一体的に設けられた一対の押圧部分(押圧ボタン)である。この押圧部分3はその下端が周壁1aに片持ち支持されていて外側からの押し込みにより弾性変位させることができるようになっており、その先端には係止爪3aが設けられている。4は蓋体2に設けられ該蓋体2が天面壁部1bにあわせたときに該係止爪3aに連係するリブである。
【0012】
5は2つのヒンジh間に配置され、キャップ本体1と蓋体2とを相互につなぐ弾性片である。この弾性片5は、その反発力により蓋体2をワンタッチで引き上げるエラストマーやゴム等からなる。
【0013】
さらに、6はヒンジhの外表面に設けられた軟材質部であり、これによりヒンジhに手や指が触れたときにソフトな感覚を与える。また、該軟材質部を蓋体2の開放状態で射出成形して一体化させた場合には蓋体2を開放する向きへの弾性復元力(反発力)を有することになる。
【0014】
蓋体2がキャップ本体1の天面壁部1bに合わさった状態、すなわち、蓋体2が閉じた状態においては弾性片5は図2(a)に示す如く凸部1dの曲面に沿って変位しており(弾性片5には反発力が生じている)、押圧部分3を両側から押し込んでその先端の係止爪3aと横リブ4との連係を解除することにより蓋体2は速やかに開放される。
【0015】
弾性片5、軟材質部6は、ゴムやエラストマーにて構成し、かかる部材と一体化を図るのに有用な親和性の高い樹脂でキャップを形成して相互に融着させるのが好ましい。
【0016】
弾性片5は反発力を生じさせるために図示の如く曲面に沿って変位させることができるが、該弾性片5は蓋体2がキャップ本体1の天面壁部1bに合わさったときに引き伸ばすように変位させ、その収縮力でもって蓋体2を開放する構造としてもよく、弾性片5に反発力を付与するための形態は任意に変更できる。また、弾性片5、ヒンジhの軟材質部6はキャップを構成する樹脂を射出成形したのち、その所定箇所に弾性片5、軟材質部6を構成する素材を射出成形してもよいし、弾性片5、軟材質部6の成形物を予めインサートしておき、そこにキャップを構成する樹脂を射出形成するようにしてもよく、成形方法についてはとくに限定はされない。
【0017】
係止爪3aとリブ4の連係を解除する押圧部分3は図3に示すようにヒンジhの対向位置(キャップの前面)に1つ設けるようにしてもよい。
【0018】
ヒンジhは、弾性片5の両側に位置する構成を例として示したが、該ヒンジhはキャップのサイズや用途に応じて種々変更できるものであり図示のヒンジに限定はされない。
【0019】
軟材質部6はヒンジhの外表面hだけでなく外方側面hに形成して断面L字形とすることができるし(図1(b)参照)、ヒンジhの全体を軟材質部とすることもできる。
【産業上の利用可能性】
【0020】
ヒンジに触れたときにソフトな感覚を与えることが可能で、ワンタッチで確実に蓋体を開けることができるヒンジキャップが提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】(a)(b)は本発明に従うヒンジキャップの実施の形成を示した外観斜視図である。
【図2】(a)(b)は図1に示したヒンジキャップの断面を示した図である。
【図3】本発明に従うヒンジキャップの他の実施の形態の構成部材の外観斜視図である。
【符号の説明】
【0022】
1 キャップ本体
1a 周壁
1b 天面壁部
1c 注出口
1d 凸部
2 蓋体
3 押圧部分
3a 係止爪
4 リブ
5 弾性片
6 軟材質部
h ヒンジ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013