Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
エレベータのかご室手摺装置 - 三菱電機株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 三菱電機株式会社

発明の名称 エレベータのかご室手摺装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−22671(P2007−22671A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−202657(P2005−202657)
出願日 平成17年7月12日(2005.7.12)
代理人 【識別番号】100082175
【弁理士】
【氏名又は名称】高田 守
発明者 福沢 靖夫
要約 課題
手摺とかご室壁面との隙間に子供の腕等が挟まれた場合でも、挟まれた腕等を手摺から容易に取り外すことができるエレベータのかご室手摺装置を得る。

解決手段
エレベータのかご室壁面を形成する壁パネル2と所定の間隔を有して配置された手摺11と、一端部が手摺に設けられ、他端部が壁パネルを貫通してかご室壁面の裏側に配置された手摺支持軸12と、壁パネルに設けられ、手摺支持軸をその軸方向に所定距離移動自在に支持する支持手段13とを備える。
特許請求の範囲
【請求項1】
エレベータのかご室壁面を形成する壁パネルと所定の間隔を有して配置された手摺と、一端部が前記手摺に設けられ、他端部が前記壁パネルを貫通してかご室壁面の裏側に配置された手摺支持軸と、前記壁パネルに設けられ、前記手摺支持軸をその軸方向に所定距離移動自在に支持する支持手段とを備えたことを特徴とするエレベータのかご室手摺装置。
【請求項2】
手摺支持軸の軸方向と直交する方向に複数の溝が形成され、支持手段は、一部が前記溝に係合する係合体と、この係合体を前記溝側に付勢することにより、常時に前記手摺支持軸を所定位置に係止させる付勢体とを備えたことを特徴とする請求項1に記載のエレベータのかご室手摺装置。
【請求項3】
支持手段は、手摺支持軸を反手摺側に付勢することにより、常時に前記手摺支持軸を所定位置に係止させる付勢体を備えたことを特徴とする請求項1に記載のエレベータのかご室手摺装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、エレベータのかご室内に設置された可動式手摺装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
エレベータ装置には、かご室内に手摺装置が設置されたものがある。かかる手摺装置の従来技術には、かご室内の乗客が把持する手摺棒と、この手摺棒をかご室壁面に固定する支持具とを備え、支持具のかご室壁面への取り付け、及び、手摺棒の支持具への取り付けをかご室内から行うことができるように構成するとともに、上記取り付けに際し使用した締結ネジをかご室内の利用者から見えないように配置したものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開平7−97163号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1記載の手摺装置を含め、かご室内に設置された従来の手摺装置は、手摺(棒)とかご室壁面との間に30〜45mm程度の隙間が形成されるように固定されていた。しかし、上記隙間に子供の手や腕、肘等が挟まり抜けなくなってしまうと、挟まれた腕等を外すために手摺装置を分解する必要があった。かかる場合、腕等を挟まれた子供に怪我を負わせる恐れはないが、結果的に乗客がかご室内に閉じ込めてしまうとともに、救出に手間と時間とを要してエレベータ運行に支障をきたすといった問題が生じていた。
【0005】
この発明は、上述のような課題を解決するためになされたもので、その目的は、手摺とかご室壁面との隙間に子供の腕等が挟まれた場合でも、挟まれた腕等を手摺から容易に取り外すことができるエレベータのかご室手摺装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この発明に係るエレベータのかご室手摺装置は、エレベータのかご室壁面を形成する壁パネルと所定の間隔を有して配置された手摺と、一端部が手摺に設けられ、他端部が壁パネルを貫通してかご室壁面の裏側に配置された手摺支持軸と、壁パネルに設けられ、手摺支持軸をその軸方向に所定距離移動自在に支持する支持手段とを備えたものである。
【発明の効果】
【0007】
この発明は、エレベータのかご室壁面を形成する壁パネルと所定の間隔を有して配置された手摺と、一端部が手摺に設けられ、他端部が壁パネルを貫通してかご室壁面の裏側に配置された手摺支持軸と、壁パネルに設けられ、手摺支持軸をその軸方向に所定距離移動自在に支持する支持手段とを備える構成としたことで、手摺とかご室壁面との隙間に子供の腕等が挟まれた場合でも、挟まれた腕等を手摺から容易に取り外すことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
この発明をより詳細に説明するため、添付の図面に従ってこれを説明する。なお、各図中、同一又は相当する部分には同一の符号を付しており、その重複説明は適宜に簡略化ないし省略する。
【0009】
実施の形態1.
図1はこの発明におけるエレベータのかご室内を示す正面図、図2は図1に示すかご室の実施の形態1におけるA−A断面図である。図1及び図2において、1はエレベータのかご室の床面を形成する床板、2はかご室の奥側の壁面を形成する壁パネル、3はかご室の出入口から見て右側の壁面を形成する壁パネル、4はかご室の出入口から見て左側の壁面を形成する壁パネル、5乃至7は奥側の壁パネル2、右側の壁パネル3、左側の壁パネル4と床板1との間にそれぞれ設けられた巾木、8乃至10は奥側の壁パネル2、右側の壁パネル3、左側の壁パネル4にそれぞれ設けられ、かご室床面から所定の高さに水平に配置された手摺装置である。なお、奥側の手摺装置8、右側の手摺装置9、左側の手摺装置10は、同一の構成により各壁パネル2乃至4にそれぞれ設けられている。
【0010】
奥側の壁パネル2に設けられた上記手摺装置8は、かご室内の乗客が把持するように、かご室壁面を形成する壁パネル2と所定の間隔を有してかご室内の所定の高さに水平に配置された手摺11と、一端部がかご室内に配置された手摺11に設けられ、他端部が壁パネル2を貫通してこの壁パネル2の裏側に突出するように配置された複数の手摺支持軸12と、壁パネル2に設けられ、手摺支持軸12をその軸方向に所定距離移動自在に支持する支持手段13とから構成される。
【0011】
壁パネル2のかご室壁面側には、所定の高さに複数の座金14が設けられており、この座金14と壁パネル2とに渡って貫通孔15が形成されている。そして、上記手摺支持軸12は、上記貫通孔15よりも大きな直径を有するように一端部側に形成された大径部12aと、貫通孔15よりも僅かに小さな直径を有するように他端部側に形成された小径部12bとから構成され、小径部12bが貫通孔15にかご室内側から挿通されて、大径部12aと小径部12bとの境界にある段差が座金14のかご室内側側面に接触するように配置されている。
【0012】
また、壁パネル2の裏面側に配置された手摺支持軸12の小径部12bには、中間部に複数(実施の形態1においては2つ)の溝16a及び16bが軸方向と直交する方向に形成され、他端部に貫通孔15の直径より大きな直径を有する抜け止め板17がボルト18によって締結固定されている。ここで、上記溝16a及び16bは、双方とも断面が円弧状を呈しており、一端部側の溝16aが壁パネル2から所定の距離Bだけ離れた位置に、また、他端部側の溝16bが溝16aから所定の距離Cだけ離れた位置に形成されている。
【0013】
一方、手摺支持軸12を支持する上記支持手段13は、手摺支持軸12の一端部側を支持する前述した座金14と、かご室内の乗客から見ないように壁パネル2の裏面側に設けられて、手摺支持軸12の他端部側を支持する支持ブラケット19と、手摺支持軸12に形成された溝16a又は16bに係合することにより、軸方向に移動自在に構成された手摺支持軸12を常時に所定位置から動かないようにする手摺位置保持手段20とから構成される。
【0014】
上記支持ブラケット19は、対向面が上下に配置されるようにその一部が略コ字状に曲成されるとともに、下側対向面の端部が下方に向かって突出するように曲成されている。この支持ブラケット19には、手摺支持軸12の小径部12bの直上部となる上下対向面に貫通孔19a及び19bが略一直線状に形成され、また、下側対向面から下方に垂設された下端部に、手摺支持軸12の小径部12bの直径より僅かに大きな直径を有する貫通孔19cが形成されている。そして、手摺支持軸12は、小径部12bが上記貫通孔19cに挿通されることにより、その他端部側が支持されている。なお、上記支持ブラケット19は、手摺支持軸12を支持する下端部及び抜け止め板17間の距離が、溝16a及び16b間の距離Cよりも大きくなるように配置されている。
【0015】
また、上記手摺位置保持手段20には、支持ブラケット19の上下対向面に形成された貫通孔19a及び19bに挿通されて、球面状を呈するその下端部が溝16aに対して上方から係合する係合ピン21(係合体)と、係合ピン21の軸に形成されたネジ部に螺嵌されて支持ブラケット19のコ字状部内に配置された2つのナット22と、中空部に係合ピン21が挿通されてナット22の上面に載置されたリング座金23と、中空部に係合ピン21が挿通されて支持ブラケット19の上側対向面及びリング座金23間に配置されることにより、係合ピン21を溝16a側となる下方に常時付勢する付勢バネ24(付勢体)とが備えられている。
【0016】
そして、上記付勢バネ24は、係合ピン21を溝16a側に付勢することにより、常時に手摺支持軸12を所定位置に係止させている。なお、手摺支持軸12の一端部側に形成された溝16aは、係止ピン21が上方から係合した際に、手摺11及び壁パネル2間の距離Dが30〜45mm程度となるように設けられている。
【0017】
ここで、上記構成を有する手摺装置8において、手摺11と壁パネル2との間に子供の腕等が挟まってしまった場合には、手摺11をかご室内側に引っ張ることにより、手摺11と壁パネル2との間に挟まれた子供の腕等を外すことが可能となる。即ち、手摺11をかご室内側に引っ張ることにより、係合ピン21は、その下端部が溝16aの湾曲面に案内されて上方に付勢される。ここで、手摺11に対する引張力が所定値以上となると、係合ピン21が溝16aの縁部を乗り越えて係合状態が解除される。かかる状態においては、手摺支持軸12の外周面に段差がないため、手摺11を容易にかご室内側に移動させて、挟まった子供の腕等を外すことができる。
【0018】
なお、係合ピン21を下方に付勢する付勢バネ24の付勢力は、ナット22の位置により容易に調整可能であるため、救出に必要な引張力を手摺装置8の大きさ等に合わせて容易に変更することができる。また、図3は、係合ピン21が溝16bに係合するまで手摺11をかご室内側に引っ張った状態を示したものである。図3に示す状態では、手摺11及び壁パネル2間の距離D´は、手摺11を移動させる前の手摺11及び壁パネル2間の距離Dよりも、溝16a及び16b間の距離Cだけ広がっている。
【0019】
この発明の実施の形態1によれば、手摺11とかご室壁面との間に形成される隙間に子供の腕等が挟まれてしまった場合でも、手摺11をかご室内側に移動させることにより、挟まれた子供の腕等を容易に外すことが可能となる。したがって、救出に手間と時間とを必要とせず、エレベータの運行に支障をきたすといった問題も解消することが可能となる。
【0020】
実施の形態2.
図4は図1に示すかご室の実施の形態2におけるA−A断面図である。図4において、奥側の壁パネル2に設けられた上記手摺装置8は、実施の形態1と同様に、かご室内の乗客が把持するように、かご室壁面を形成する壁パネル2と所定の間隔を有してかご室内の所定の高さに水平に配置された手摺11と、一端部がかご室内に配置された手摺11に設けられ、他端部が壁パネル2を貫通してこの壁パネル2の裏側に突出するように配置された複数の手摺支持軸12と、壁パネル2に設けられ、手摺支持軸12をその軸方向に所定距離移動自在に支持する支持手段13とから構成される。
【0021】
壁パネル2のかご室壁面側には、所定の高さに複数の座金14が設けられており、この座金14と壁パネル2とに渡って貫通孔15が形成されている。そして、手摺支持軸12の小径部12bが貫通孔15にかご室内側から挿通されて、大径部12aと小径部12bとの境界にある段差が座金14のかご室内側側面に接触するように配置されている。また、壁パネル2の裏面側に配置された手摺支持軸12の小径部12bには、その他端部に貫通孔15の直径より大きな直径を有する抜け止め板17がボルト18によって締結固定されている。
【0022】
一方、手摺支持軸12を支持する上記支持手段13は、手摺支持軸12の一端部側を支持する前述した座金14と、かご室内の乗客から見ないように壁パネル2の裏面側に設けられて、手摺支持軸12の他端部側を支持する支持ブラケット25と、軸方向に移動自在に構成された手摺支持軸12を常時に所定位置から動かないようにする手摺位置保持手段26とから構成される。
【0023】
上記支持ブラケット25は、略Z字状に曲成されて、上端部が壁パネル2の裏面側に固定されるとともに、その下端部には、手摺支持軸12の小径部12bの直径より僅かに大きな直径を有する貫通孔25aが形成されている。そして、手摺支持軸12は、小径部12bが上記貫通孔25aに挿通されることにより、その他端部側が支持されている。
【0024】
また、上記手摺位置保持手段26は、中空部に手摺支持軸12の小径部12bが挿通されて支持ブラケット25及び抜け止め板17間に配置されることにより、手摺支持軸12を常時反手摺11側に付勢する付勢バネ27(付勢体)から構成される。そして、上記付勢バネ27は、手摺支持軸12を反手摺11側に付勢することにより、常時に手摺支持軸12を、大径部12aが座金14に接触する所定位置に係止させている。
【0025】
ここで、上記構成を有する手摺装置8において、手摺11と壁パネル2との間に子供の腕等が挟まってしまった場合には、手摺11をかご室内側に引っ張ることにより、手摺11と壁パネル2との間に挟まれた子供の腕等を外すことが可能となる。即ち、手摺11をかご室内側に引っ張ることにより付勢バネ27が圧縮され、付勢バネ27が圧縮した分だけ手摺11がかご室内側に移動する。なお、図5は、付勢バネ27が圧縮されて手摺11がかご室内側に移動した状態を示したものである。かかる動作により、手摺11とかご室壁面との間に形成された隙間を広げて、腕等が挟まった子供を容易に救出することが可能となる。その他は、実施の形態1と同様の構成及び効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】この発明におけるエレベータのかご室内を示す正面図である。
【図2】図1に示すかご室の実施の形態1におけるA−A断面図である。
【図3】この発明の実施の形態1におけるかご室手摺装置の動作を説明する図2相当図である。
【図4】図1に示すかご室の実施の形態2におけるA−A断面図である。
【図5】この発明の実施の形態2におけるかご室手摺装置の動作を説明する図4相当図である。
【符号の説明】
【0027】
1 床板
2、3、4 壁パネル
5、6、7 巾木
8、9、10 手摺装置
11 手摺
12 手摺支持軸
12a 大径部
12b 小径部
13 支持手段
14 座金
15 貫通孔
16a、16b 溝
17 抜け止め板
18 ボルト
19、25 支持ブラケット
19a、19b、19c、25a 貫通孔
20、26 手摺位置保持手段
21 係合ピン
22 ナット
23 リング座金
24、27 付勢バネ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013