Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
エレベータ釣合いおもりの上部足場装置 - 三菱電機株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 三菱電機株式会社

発明の名称 エレベータ釣合いおもりの上部足場装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8603(P2007−8603A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−188190(P2005−188190)
出願日 平成17年6月28日(2005.6.28)
代理人 【識別番号】100082175
【弁理士】
【氏名又は名称】高田 守
発明者 田中 代輝 / 下宮 浩志
要約 課題
釣合いおもりの上部に保守用作業台を備えたエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を提供するものである。

解決手段
かご1と釣合いおもり3を巻上機綱車とそらせ車を介して相対的に昇降させるエレベータにおいて、釣合いおもり3の上部に常設の保守用作業台4と、この作業台の周りを囲む着脱自在或いは折り畳み式の手摺5とを備える。また、釣合いおもりの上部の手摺は、不要時に折り畳まれて釣合いおもりの上部に収納可能に構成される。
特許請求の範囲
【請求項1】
かごと釣合いおもりを巻上機綱車とそらせ車を介して相対的に昇降させるエレベータにおいて、
前記釣合いおもりの上部に常設の保守用作業台と、前記保守用作業台の周りを囲む着脱自在或いは折り畳み式の手摺とを備えたことを特徴とするエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
【請求項2】
釣合いおもりの上部の手摺は、不要時に折り畳まれて前記釣合いおもりの上部に収納可能に構成されていることを特徴とする請求項1記載のエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
【請求項3】
釣合いおもりの上部の手摺を立設してエレベータを保守運転している時、誤って通常運転にされても、昇降路の各部に設けられたセンサーによりエレベータ速度を自動的に保守運転速度の緩速運転に切り替えるように制御することを特徴とする請求項1又は請求項2記載のエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
【請求項4】
釣合いおもりの上部の手摺を立設してエレベータを保守運転し、前記釣合いおもりが昇降路頂部に来た時に、前記昇降路頂部から手前の一定位置で自動停止させるように制御する安全スイッチを昇降路頂部及び手摺に設けたことを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれかに記載のエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
【請求項5】
安全スイッチは、昇降路に設けられたコロ付きスイッチと、手摺に設けられたカムを組み合わせたものであることを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかに記載のエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
【請求項6】
安全スイッチは、昇降路に設けられた無接触の近接スイッチと、手摺に設けられた反応板を組み合わせたものであることを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかに記載のエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
【請求項7】
安全スイッチは、昇降路に設けられた光電装置の投光器と受光器と、手摺に設けられた遮光板を組み合わせたものであることを特徴とする請求項1〜請求項4のいずれかに記載のエレベータ釣合いおもりの上部足場装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
この発明は、エレベータ釣合いおもりの上部足場装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、エレベータのかごと釣合いおもりが離れて配置される場合、釣合いおもりの保守作業はかご上から行うことが困難なため、昇降路に足場台を設置して保守作業を行う。
また、エレベータのかご上部に外装が付く場合や、かご室天井の一部がガラス構造などで、保守作業においてかご上の搭乗スペースが制限される時は、かご側部の機器や昇降路の機器、隣接する釣合いおもりの機器等を保守することが困難であるため、例えば、昇降路に足場台を設置して保守作業を行っていた(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開平9−301652号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来のように昇降路に足場台を設置する場合は、足場台の搬入や設置に時間が掛ってしまい、またその搬入作業や設置作業の労力も大変であるという問題点があった。
【0005】
この発明は、上述のような課題を解決するためになされたもので、釣合いおもりの上部に保守用作業台を備えたエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この発明に係るエレベータ釣合いおもりの上部足場装置においては、かごと釣合いおもりを巻上機綱車とそらせ車を介して相対的に昇降させるエレベータにおいて、釣合いおもりの上部に常設の保守用作業台と、保守用作業台の周りを囲む着脱自在或いは折り畳み式の手摺とを備えたものである。
【発明の効果】
【0007】
この発明によれば、保守作業においてかご上の搭乗スペースが制限される場合であっても、保守作業時に、昇降路内への足場台の搬入や設置が不要であるので、作業時間が短縮できるとともに、搬入や設置のための労力を無くすことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
実施の形態1.
図1はこの発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を適用するのに好適な2台のエレベータの釣合いおもりが隣接する場合を示す昇降路の平面図、図2はこの発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す正面図、図3はこの発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す平面図、図4はこの発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す側面図、図5はこの発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す手摺収納時の一部正面図である。
【0009】
図において、かご1と釣合いおもり3を巻上機綱車(図示せず)とそらせ車(図示せず)を介して相対的に昇降させる2台併設タイプのエレベータである。2台のエレベータのかご1は、かご室天井の一部がガラス2構造などで、保守作業においてかご上の搭乗スペースが制限される構造である。2台のエレベータの釣合いおもり3は、2台のかご1の間の昇降路に隣接して配置されている。釣合いおもり3の上部には常設の保守用作業台4と、この保守用作業台4上の周りを囲む着脱自在或いは折り畳み式の手摺5が設けられている。この着脱自在或いは折り畳み式の手摺5は、保守用作業台4の上部に収納されており、必要時に取り付けるか或いは引き上げられて立設され、立設位置にボルト等で固定する構成になっており、作業性が安定し転落防止ができ作業効率を上げることができる。着脱自在或いは折り畳み式の手摺5は、不要となる通常運転時は図5に示すように、取外され折り畳まれて釣合いおもり3の上部に収納することにより、釣合いおもり3上部と昇降路頂部との頂部間隙を確保するようにしている。また、昇降路頂部と釣合いおもり3の手摺5には、保守作業時に、釣合いおもり3が昇降路頂部に突き上げないように安全用のスイッチ装置を設ける。すなわち、昇降路頂部にコロ付きスイッチ6を取り付け、釣合いおもり3の手摺5にカム等からなる作動片7を取り付けている。これにより、釣合いおもり3が昇降路頂部に来ると、昇降路頂部から手前の一定位置で自動停止するので、釣合いおもり3が作業員の背丈より手前で停止して、作業員が昇降路天井との間に挟まれることがなく安全である。また、保守運転時に、手違い等によりエレベータのかご1側の操作で通常運転しても、上記手摺5が立設されていると、昇降路に一定の間隔で各部に設けられたセンサースイッチ8が釣合いおもり3に設けられたカム9により反応して、エレベータ速度を自動的に保守運転速度の緩速運転に切り替わるように制御しているので、作業員の安全性を確保することができる。また、保守運転は、釣合いおもり3上部の手摺5を取外すか或いは折り畳んでかご上の保守運転操作を解除して通常運転に戻すと、自動的に解除できることは言うまでもない。
【0010】
かご室天井の一部がガラス2構造などで、保守作業においてかご上の搭乗スペースが制限される場合であっても、保守作業時に、2台のエレベータの釣合いおもり3が隣接する場合、一方の釣合いおもり3の保守用作業台4の上部に作業員が搭乗し、保守用作業台4上の周囲に手摺5を取り付けるか或いは引き上げて立設させることにより、他方の釣合いおもり3の機器を安全に保守することができる。また、一方のかご側部の機器や昇降路の機器等も一方の釣合いおもりの上部から安全に保守することができる。更に、他方の釣合いおもり3の保守用作業台4の上部に作業員が搭乗し、保守用作業台4上の周囲に手摺5を取り付けるか或いは引き上げて立設させることにより、一方の釣合いおもりの機器を安全に保守することができる。また、他方のかご側部の機器や昇降路の機器等も他方の釣合いおもりの上部から安全に保守することができる。
【0011】
この発明の実施の形態1によれば、保守作業においてかご上の搭乗スペースが制限される場合であっても、保守作業時に、昇降路内への足場台の搬入や設置が不要であるので、作業時間が短縮できるとともに、搬入や設置のための労力を無くすことができる。
【0012】
実施の形態2.
上記実施の形態1では、保守作業時に、釣合いおもり3が昇降路頂部に突き上げないように、昇降路頂部にコロ付きのスイッチ6を取り付け、釣合いおもり3の手摺5にカム等からなる作動片7を取り付けて構成するとともに、誤って通常運転された場合でも、保守運転に切り替わるように、昇降路の各部に一定の間隔でセンサースイッチ8を設け、釣合いおもり3にこれと対応するカム9を設けているが、この実施の形態2においては、コロ付きスイッチ6と、カム等の作動片7の代わりに昇降路に備えた無接触の近接スイッチと、釣合いおもり3の手摺5に備えた反応板を組み合わせるとともに、昇降路の各部に一定の間隔で設けられたセンサースイッチ8と、釣合いおもり3に設けられたカム9の代わりに昇降路に備えた無接点の近接スイッチと、釣合いおもり3に備えた反応板を組み合わせたものである。
【0013】
実施の形態3.
上記実施の形態1では、保守作業時に、釣合いおもり3が昇降路頂部に突き上げないように、昇降路頂部にコロ付きのスイッチ6を取り付け、釣合いおもり3の手摺5にカム等からなる作動片7を取り付けて構成するとともに、誤って通常運転された場合でも、保守運転に切り替わるように、昇降路の各部に一定の間隔でセンサースイッチ8を設け、釣合いおもり3にこれと対応するカム9を設けているが、この実施の形態3においては、コロ付きスイッチ6と、カム等の作動片7の代わりに昇降路に備えた光電装置の投光器と受光器と、釣合いおもり3の手摺5に備えた遮光板を組み合わせるとともに、昇降路の各部に一定の間隔で設けられたセンサースイッチ8と、釣合いおもり3に設けられたカム9の代わりに昇降路に備えた光電装置の投光器と受光器と、釣合いおもり3に備えた遮光板を組み合わせたものである。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】この発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を適用するのに好適な2台のエレベータの釣合いおもりが隣接する場合を示す昇降路の平面図である。
【図2】この発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す正面図である。
【図3】この発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す平面図である。
【図4】この発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す側面図である。
【図5】この発明の実施の形態1におけるエレベータ釣合いおもりの上部足場装置を示す手摺収納時の一部正面図である。
【符号の説明】
【0015】
1 エレベータのかご
2 ガラス
3 釣合いおもり
4 保守用作業台
5 手摺
6 コロ付きスイッチ
7 作動片(カム)
8 センサースイッチ
9 カム




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013