米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> 東芝エレベータ株式会社

発明の名称 エレベータのかご上シーブカバー支持構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−84176(P2007−84176A)
公開日 平成19年4月5日(2007.4.5)
出願番号 特願2005−271951(P2005−271951)
出願日 平成17年9月20日(2005.9.20)
代理人 【識別番号】100075812
【弁理士】
【氏名又は名称】吉武 賢次
発明者 倉 光 昌 裕 / 藤 村 俊 / 高 石 茂
要約 課題
かご上シーブと巻き上げロープの接触に伴って発生する振動や騒音が伝わって増幅されないようにかご上シーブ用カバーを乗りかごに支持する構造を提供する。

解決手段
かご上シーブ8L,8Rを支持しているシーブ支持梁6にかご上シーブカバー20L,20Rを直接取り付けるのではなく、シーブ支持梁6から分離して配設されている作業用手摺り30L,30Rにブラケット36を介して取り付ける構造であるから、かご上シーブ8L,8Rと巻き上げロープ11との接触に伴って発生する振動や騒音がかご上シーブカバー20L,20Rに伝わって増幅されることがない。
特許請求の範囲
【請求項1】
エレベータのかご上シーブを覆うカバーを乗りかごの上部に支持する構造であって、
前記乗りかごの上部に設けられている構造体のうち前記かご上シーブを支持している支持手段から分離して配設されている分離構造体によって前記カバーを支持したことを特徴とするエレベータのかご上シーブカバー支持構造。
【請求項2】
前記分離構造体が、前記乗りかごの上部において保守点検作業を行う作業員のための手摺りであることを特徴とする請求項1に記載したエレベータのかご上シーブカバー支持構造。
【請求項3】
前記分離構造体が、前記乗りかごの上部において保守点検作業を行う作業員のための足場であることを特徴とする請求項1に記載したエレベータのかご上シーブカバー支持構造。
【請求項4】
前記分離構造体が、前記乗りかごの上部に機器類を支持するための構造体であることを特徴とする請求項1に記載したエレベータのかご上シーブカバー支持構造。
【請求項5】
前記カバーが、弾性防振部材を介して前記分離構造体に取り付けられていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載したエレベータのかご上シーブカバー支持構造。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、エレベータの乗りかご上で保守点検作業を行う作業員がかご上シーブに接触しないようにかご上シーブを覆うカバーに関し、より詳しくは、かご上シーブと巻き上げロープの接触に伴って発生する振動や騒音がカバーに伝わって増幅されないようにかご上シーブカバーを支持する構造に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、建物内の空間を効率良く利用するとともに日照権等の問題を回避するために、昇降路の上方に機械室を持たない、いわゆるマシンルームレスエレベータが種々開発され提案されている。
【0003】
例えば、図7に示したマシンルームレスエレベータ(下記特許文献1を参照)において、乗りかご1は左右一対のかご側ガイドレール2L,2Rに案内されつつ昇降路内を昇降する。
乗りかご1の前面に設けられた左右一対のドア3L,3Rは、左右方向に開閉する。
乗りかご1を支持するかご枠は、乗りかご1の上方で左右方向に水平に延びる上梁4と、この上梁4の左右両端部に接続された左右一対の縦梁5L,5Rとを有している。
また、乗りかご1の上面と上梁4との間の上下方向の隙間には、上梁4に対して水平面内で傾斜して延びるシーブ支持梁6が設けられ、その長手方向中央部の上面が上梁4の長手方向中央部の下面に密着するように上梁4に接続されている。
そして、シーブ支持梁6の両端部の上面に固定されたブラケット7L,7Rにより、左右一対のかご上シーブ8L,8Rそれぞれ回転自在に支持されている。
【0004】
左側のかご側ガイドレール2Lの上端部近傍に配設されたトラクションシーブ9は、前後方向に延びる回転軸を有した駆動装置10によって回転駆動される。
トラクションシーブ9に巻き付けられた巻き上げロープ11のうち乗りかご1側に延びる部分11aは、トラクションシーブ9から左側のかご上シーブ8Lに向かって下方に延びる部分、左右一対のかご上シーブ8L,8Rの間で水平に延びる部分、右側のかご上シーブ8Rから上方に延びて右側のヒッチ部12Rに固定される部分とを有し、乗りかご1を2:1ローピングで懸架している。
また、巻き上げロープ11のうち乗りかご1の左側面に沿って下方に延びる部分11bは、図示されない釣合錘の上部に回転自在に支持されている錘側シーブに巻き付けられてから上方に延びて左側のヒッチ部12Lに固定され、釣合錘を2:1ローピングで懸架している。
【0005】
【特許文献1】特開2004−1904号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ところで、上述した従来のマシンルームレスエレベータにおいては、保守点検作業を行う作業員が乗りかご1の上部に乗った状態で、点検のために乗りかご1を昇降させることがある。
この場合、乗りかご1上の作業員がかご上シーブ8L,8Rに接触することがないように、かご上シーブ8L,8Rがカバーによって覆われていることが好ましい。
また、このようなかご上シーブ用カバーの装着を法令等で義務付けている国もある。
【0007】
しかしながら、かご上シーブ8L,8Rを覆うカバーをシーブ支持梁6や上梁4に取り付けると、かご上シーブ8L,8Rと巻き上げロープ11の接触に伴って発生する振動や騒音がカバーに伝わって増幅され、乗りかご1の内部における静粛性や快適性を低下させてしまう。
【0008】
そこで本発明の目的は、上述した従来技術が有する問題点を解消し、かご上シーブと巻き上げロープの接触に伴って発生する振動や騒音が伝わって増幅されないようにかご上シーブ用カバーを乗りかごに支持する構造を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
上記の課題を解決する請求項1に記載した手段は、
エレベータのかご上シーブを覆うカバーを乗りかごの上部に支持する構造であって、
前記乗りかごの上部に設けられている構造体のうち前記かご上シーブを支持している支持手段から分離して配設されている分離構造体によって前記カバーを支持したことを特徴とする。
【0010】
すなわち、請求項1に記載したエレベータのかご上シーブカバー支持構造は、かご上シーブを支持している支持手段(シーブ支持梁および上梁)にカバーを直接取り付けるのではなく、この支持手段から分離して配設されている分離構造体によってカバーを支持するものであるから、かご上シーブと巻き上げロープの接触に伴って発生する振動や騒音が支持手段を介してカバーに伝わることがない。
これにより、振動や騒音がカバーに伝わって増幅され、乗りかごの内部における静粛性や快適性を低下させることがない。
【0011】
なお、カバーを支持するための分離構造体として、乗りかごの上部において保守点検作業を行う作業員のための手摺りを用いることができる。
すなわち、乗りかごの上部には、ドア開閉機構や空調機器を支持するための構造体も設けられており、これらの構造体を用いてかご上シーブカバーを支持することもできるが、これらの構造体にはドア開閉機構や空調機器の作動に伴って振動が発生することがある。
これに対して、作業員用の手摺りには振動が発生することがないから、かご上シーブカバーを支持するための構造物としては最適である。
【0012】
また、かご上シーブカバーと分離構造体との間に高分子材料からなる弾性防振部材を介在させることにより、カバーに空中伝播した振動が分離構造体に伝わることを遮断することができる。
また、かご上シーブカバーそのものを制振鋼板から成形し、あるいはかご上シーブカバーの表面に高分子材料等の粘弾性材料からなる制振材料を付設することにより、かご上シーブカバーの振動を抑制することもできる。
【発明の効果】
【0013】
本発明によれば、かご上シーブと巻き上げロープの接触に伴って発生する振動や騒音がカバーに伝わって増幅されないようにかご上シーブ用カバーを乗りかごに支持することができるから、乗りかご上の作業員がかご上シーブに接触することがないようにかご上シーブを確実に覆いつつ、乗りかごの内部における静粛性や快適性の低下を防止することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、図1乃至図6を参照し、本発明に係るエレベータのかご上シーブカバー支持構造の各実施形態について説明する。
なお、以下の説明においては、前述した従来技術と同一の部分には同一の符号を用いて重複した説明を省略するとともに、乗りかごのドアが開閉する方向を左右方向と、乗客が乗りかごに出入りする方向を前後方向と、鉛直方向を上下方向と言う。
【0015】
第1実施形態
まず最初に図1を参照し、本発明に係るエレベータのかご上シーブカバー支持構造の第1実施形態について説明すると、図1に示したエレベータ100は、図7に示した従来のエレベータに対し、かご上シーブ8L,8Rをそれぞれ覆う左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rと、左右一対の作業用手摺り30L,30Rを追加したものであり、それ以外の部分の構成は図7に示したものと同一である。
そこで、図7に示した従来のエレベータに対し相違する部分について説明する。
【0016】
左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rは、前後左右に対称な形状であり、厚い鋼板を断面形状コ字型(図3)に折り曲げて形成したものであるが、乗りかご1の上梁4、シーブ支持梁6、および巻き上げロープ11に接触することなく、かご上シーブ8L,8Rを上方、前方および後方から覆うように、その形状が定められている。
【0017】
左右一対の作業用手摺り(分離構造体)30L,30Rは、左右に対称な形状であり、形鋼を溶接して組み立てたものであるが、左右一対のガイドレール2L,2Rと巻き上げロープ11との間において、乗りかご1の上梁4およびシーブ支持梁6には接触することなく分離して配置されている。
具体的に説明すると、これらの作業用手摺り30L,30Rは、乗りかご1のかご枠を構成している前後一対の縦梁5f,5rの上端部および左右一対の縦梁5L,5Rにそれぞれ接続されてシーブ支持梁6の下方において前後方向に延びる下側部材31と、この下側部材31の前端および後端に接続されて上方に延びる前後一対の縦部材32,33と、これらの縦部材32,33の上下方向の中間部分に接続されて前後方向に延びる中間部材34と、縦部材32,33の上端部に接続されて前後方向に延びる上側部材35とを有しており、その全体が乗りかご1に堅固に固定されている。
【0018】
中間部材34の下面にはブラケット36が固定されており、左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rを吊り下げた状態で支持する構造となっている。
このブラケット36は、図3に示したように前後一対の形鋼36a,36bと厚手の鋼板36cとを溶接して一体に組み立てたものであり、その下面にかご上シーブカバー20L,20Rの天板20aを密着させた状態でボルトナットを用いて固定するようになっている。
そして、かご上シーブカバー20L,20Rの前後の側板20b,20cは、乗りかご1の上梁4およびシーブ支持梁6とは接触することなく離間している。
なお、図3において、参照符号37で示した部材は作業用手摺りの中間部材34を上梁4に固定するための固定部材であり、参照符号38で示したものは巻き上げロープ11の振れを防止する部材である。
【0019】
すなわち、本第1実施形態のエレベータのかご上シーブカバー支持構造は、左右一対のかご上シーブ8L,8Rを回転自在に支持しているシーブ支持梁6や、シーブ支持梁6を支持している上梁4等の支持手段にかご上シーブカバー20L,20Rを直接取り付けるのではなく、シーブ支持梁6等から分離して配設されている作業用手摺り30L,30Rにブラケット36を介して取り付ける構造である。
これにより、かご上シーブ8L,8Rと巻き上げロープ11との接触に伴って発生する振動や騒音がシーブ支持梁6を介してかご上シーブカバー20L,20Rに直接伝達されることがない。
したがって、かご上シーブ8L,8Rに発生した振動や騒音がかご上シーブカバー20L,20Rに伝わって増幅され、乗りかご1の内部における静粛性や快適性を低下させることがない。
さらに、かご上シーブカバー20L,20Rは、上梁4およびシーブ支持梁6と共に左右一対のかご上シーブ8L,8Rをそれぞれ上方、前方、後方から覆っているから、乗りかご1の上で保守点検作業を行う作業員がかご上シーブ8L,8Rに接触することを確実に防止することができる。
【0020】
変形例
次に図4を参照し、第1実施形態のかご上シーブカバーの支持構造の変形例について説明すると、この変形例の支持構造においては、かご上シーブカバー20L,20Rとブラケット36との間に防振ゴム板(弾性防振手段)39が介装されている。
これにより、かご上シーブカバー20L,20Rに空中伝播した振動が作業用手摺り30L,30Rに伝わり、あるいは作業用手摺り30L,30Rからかご上シーブカバー20L,20Rに振動が伝わることを遮断して、乗りかご1の内部における静粛性や快適性が低下することをより確実に防止することができる。
【0021】
第2実施形態
次に図5を参照し、第2実施形態のエレベータ200について説明すると、左右一対の手摺り(分離構造体)40L,40Rの構造が変更されている。
【0022】
具体的に説明すると、これらの作業用手摺り40L,40Rは、形鋼を溶接して組み立てたものであるが、巻き上げロープ11よりも乗りかご1の中央寄りに配置されており、シーブ支持梁6の下方において前後方向に延びる下側部材41と、この下側部材41の前端および後端に接続されて上方に延びる前後一対の縦部材42,43と、これらの縦部材42,43の上下方向の中間部分に接続されて前後方向に延びる中間部材44と、縦部材42,43の上端間に掛け渡されて前後方向に延びる上側部材45とを有し、その全体が乗りかご1に堅固に固定されている。
そして、中間部材44の下面にブラケット46が固定されており、左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rをそれぞれ吊り下げた状態で支持する構造となっている。
【0023】
すなわち、左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rを支持する手摺り40L,40Rは、必ずしも乗りかご1のかご枠に固定されている必要はなく、シーブ支持梁6および上梁4から分離されていて、かご上シーブ8L,8Rと巻き上げロープ11との接触に伴って発生する振動や騒音がシーブ支持梁6を介してかご上シーブカバー20L,20Rに直接伝達されなければ良いのである。
【0024】
第3実施形態
次に図6を参照し、第3実施形態のエレベータ300について説明すると、上述した第1実施形態および第2実施形態のエレベータ100,200に対し、かご上シーブカバー20L,20Rを支持するための分離構造体50の構造が大幅に異なっている。
【0025】
具体的に説明すると、この分離構造体50は、乗りかご1の上で保守点検作業を行う作業員のための足場、あるいは乗りかご1の上部に搭載されるドア駆動装置、空調装置、制御機器等を支持するための基礎となる構造体であり、形鋼を溶接して組み立てたものであるが、前後一対の水平部材51,52および左右一対の水平部材53,54からなる矩形の枠部材の四隅を、乗りかご1のかご枠を構成している縦梁5f,5Rにそれぞれ接続されている支持脚55で支持したものである。
そして、左右一対の水平部材53,54の下面にブラケット56が固定されており、左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rをそれぞれ吊り下げた状態で支持する構造となっている。
【0026】
すなわち、左右一対のかご上シーブカバー20L,20Rを支持する分離構造体50もまた、シーブ支持梁6および上梁4から分離されていて、かご上シーブ8L,8Rと巻き上げロープ11との接触に伴って発生する振動や騒音がシーブ支持梁6を介してかご上シーブカバー20L,20Rに直接伝達しない構造となっている。
【0027】
以上、本発明に係るエレベータのかご上シーブカバー支持構造の一実施形態について詳しく説明したが、本発明は上述した実施形態によって限定されるものではなく、種々の変更が可能であることは言うまでもない。
例えば、上述したかご上シーブカバー20L,20Rは、いずれも厚い鋼板を折り曲げて成形したものであった。
これに対して、かご上シーブカバー20L,20Rを制振鋼板から形成し、あるいはかご上シーブカバー20L,20Rの表面に高分子材料等の粘弾性材料からなる制振材料を付設することにより、かご上シーブカバーの振動を抑制することもできる。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】第1実施形態のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータを示す斜視図。
【図2】図1中に示した右側のかご上シーブカバーを示す平面図。
【図3】図2中に示した矢印III方向から見た側面図。
【図4】変形例のかご上シーブカバー支持構造を示す側面図。
【図5】第2実施形態のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータを示す斜視図。
【図6】第3実施形態のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータを示す斜視図。
【図7】従来のマシンルームレスエレベータを示す斜視図。
【符号の説明】
【0029】
1 乗りかご
2L,2R かご側ガイドレール
3L,3R ドア
4 上梁
5L,5R 縦梁
5f,5r 縦梁
6 シーブ支持梁
7 ブラケット
8L,8R かご上シーブ
9 トラクションシーブ
10 駆動装置
11 巻き上げロープ
12L,12R ヒッチ部
20L,20R かご上シーブカバー
20a 天板
20b,20c 側板
30L,30R 作業用手摺り(分離構造体)
31 下側部材
32,33 縦部材
34 中間部材
35 上側部材
36 ブラケット
37 固定部材
38 振れ止め部材
40L,40R 作業用手摺り(分離構造体)
46 ブラケット
50 分離構造体
56 ブラケット
100 第1実施形態のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータ
110 変形例のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータ
200 第2実施形態のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータ
300 第3実施形態のかご上シーブカバー支持構造を適用したエレベータ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013