Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
シート材収納装置及び画像形成装置 - キヤノン株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> キヤノン株式会社

発明の名称 シート材収納装置及び画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−176678(P2007−176678A)
公開日 平成19年7月12日(2007.7.12)
出願番号 特願2005−379416(P2005−379416)
出願日 平成17年12月28日(2005.12.28)
代理人 【識別番号】100085006
【弁理士】
【氏名又は名称】世良 和信
発明者 粟屋 哲郎 / 仲川 智仁
要約 課題
使い勝手を損なうことなく、シート材無し状態を利用者に容易に気付かせることのできる技術を提供する。

解決手段
シート材を収納するシート材収納カセットと、前記シート材収納カセットを移動可能に収納するカセット収納部と、前記シート材収納カセット内のシート材が無くなったときに、該シート材収納カセットを前記カセット収納部から押し出す押し出し手段と、前記押し出し手段による前記シート材収納カセットの移動量を、該シート材収納カセットに収納されているシート材のサイズに応じた移動量に規制する移動量規制手段と、を備えたことを特徴とするシート材収納装置。
特許請求の範囲
【請求項1】
シート材を収納するシート材収納カセットと、
前記シート材収納カセットを移動可能に収納するカセット収納部と、
前記シート材収納カセット内のシート材が無くなったときに、該シート材収納カセットを前記カセット収納部から押し出す押し出し手段と、
前記押し出し手段による前記シート材収納カセットの移動量を、該シート材収納カセットに収納されているシート材のサイズに応じた移動量に規制する移動量規制手段と、を備えたことを特徴とするシート材収納装置。
【請求項2】
前記移動量規制手段によって規制される前記シート材収納カセットの移動量は、該シート材収納カセットに収納されているシート材のサイズに連動して変わることを特徴とする請求項1に記載のシート材収納装置。
【請求項3】
前記シート材収納カセットは、シート材の位置を規制するサイド規制板を有し、
前記移動量規制手段は、前記サイド規制板と一体で動くことを特徴とする請求項2に記載のシート材収納装置。
【請求項4】
前記押し出し手段は、
前記シート材収納カセットを前記カセット収納部に固定するロック機構と、
前記シート材収納カセット内のシート材の有無を検知するシート材検知手段と、
前記シート材収納カセットを押圧する押圧手段と、
を有し、
前記シート材収納カセット内にシート材が無くなると、前記ロック機構を解除して、前記押圧手段によって前記シート材収納カセットを押圧してカセット収納部外部に押し出すことを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載のシート材収納装置。
【請求項5】
請求項1乃至請求項4のいずれか1項に記載のシート材収納装置と、
前記シート材収納装置から給送されたシート材に画像を形成する画像形成手段と、を備える画像形成装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明はシート材収納装置及び画像形成装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、電子写真方式を応用した画像形成装置として、レーザービームプリンタ等が知られている。図13は、従来のレーザービームプリンタを示す。101は感光体ドラム、102は露光装置、103は現像装置、104は転写部材、105はクリーニング装置、106は帯電部材、107は定着装置、Cは供給するシート材を収納するシート材収納カセット、108は給紙装置、Pはシート材の搬送路、Lは露光装置102から出たレーザー光である。
【0003】
感光体ドラム101は、帯電部材106により所望の電位に帯電される。そして、感光体ドラム101の表面に対して、露光装置102は画像情報に応じてレーザー光LをON/OFFさせて照射し電荷を除電することで、静電潜像を感光体ドラム101上に形成する。
【0004】
現像装置103は、現像剤(以後トナーと記す)、現像容器、および現像スリーブ109から構成される。現像スリーブ109からは、静電潜像に応じてトナーが供給され、感光体ドラム101上にはトナー像が形成される。この感光体ドラム上のトナー像は、給紙装置108より給送されたシート材に転写部材104により転写される。このシート材上の未定着トナー像は定着装置107により加熱、加圧されることでシート材に永久定着される。一方、転写時に感光体ドラム101上に残ったトナーや紙紛などは、クリーニング装置105により取り除かれる。
【0005】
このような画像形成装置では、シート材収納カセットCから供給されたシート材に画像を形成するが、シート材収納カセットC内のシート材が空になるという状態がしばしば発生する。従来技術では、そのようなシート材無し状態が発生すると、操作パネルやシート材収納カセットCの外観部などに設けられた表示手段によりその旨を利用者に知らせていた。また、シート材収納カセットC内のシート材が空になると自動的にシート材収納カセットCが飛び出す技術も提案されている(特許文献1)。
【特許文献1】特開平9−12164号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかし、上記従来例では、シート材無し状態が発生し、操作パネルなどにその旨が表示されても、格別に利用者の注意を喚起する手段がないために、利用者がしばらくの間それに気付かないという問題が発生する。さらに、シート材が空になると自動的にシート材収納カセットが飛び出す構成では、画像形成装置本体が通路等の狭いスペースに設置された場合には通行の妨げになる可能性がある。また、省スペース化のためにシート材収納カセットの最大飛び出し量を紙サイズ交換可能な位置までとするように利用者に選択させる構成をとることも考えられる。しかしながらこの場合は、シート材のサイズを変更するたびに最大飛び出し量も合わせて変更しなければならず、シート材サイズ変更を頻繁に行なう利用者にとって作業が非常に煩雑になる。
【0007】
本発明は上記実情に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、使い勝手を損なうことなく、シート材無し状態を利用者に容易に気付かせる技術を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
前記課題を解決するために、本発明に係る画像形成装置は、
シート材を収納するシート材収納カセットと、
前記シート材収納カセットを移動可能に収納するカセット収納部と、
前記シート材収納カセット内のシート材が無くなったときに、該シート材収納カセットを前記カセット収納部から押し出す押し出し手段と、
前記押し出し手段による前記シート材収納カセットの移動量を、該シート材収納カセットに収納されているシート材のサイズに応じた移動量に規制する移動量規制手段と、を備えたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、使い勝手を損なうことなく、シート材無し状態を利用者に容易に気付かせることが可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下、図面を用いて本発明を実施した画像形成装置について説明を行う。画像形成装置本体の説明は従来例と重複する部分が多いため、異なる部分に関して説明する。ただし、この実施の形態に記載されている構成部品の寸法、材料、形状、その相対配置などは、特に特別な記載がない限りは、この発明の範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。
【0011】
(第1の実施形態)
以下に、図1〜図6を用いて本発明の第1の実施形態について説明を行う。ここで、図1〜図6の各(a)は本実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部の断面平面図、図1〜図6の各(b)は本実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部の断面側面図である。
【0012】
カセット収納部1は、前面の開口部よりシート材収納カセット2を内部に収納する。シート材収納カセット2は、シート材搬送方向と直交するシート材の幅方向にスライド可能な一対のサイド規制板4を有する。利用者は、サイド規制板4をシート材のサイズに合わせて移動させた後、シート材収納カセット2内部にシート材を収容する。
【0013】
プッシュバネ3は圧縮スプリング等で構成されている。プッシュバネ3は、カセット収納部1に配置されており、シート材収納カセット2をカセット収納部1から取り外す方向へと押圧している。シート材収納カセット2は、このようにプッシュバネ3によって押圧されているが、通常は図示せぬロック機構によってカセット収納部1にロックされている。
【0014】
シート材検知センサ5は、シート材収納カセット2内のシート材の有無を検知する。シート材検知センサ5は、シート材無しを検知すると、上記のロック機構によるシート材収納カセット2のロックを解除し、プッシュバネ3の付勢力によって、シート材収納カセットをカセット収納部1から外部に飛び出させる。このようにして、シート材無し状態になった場合には、利用者に対してその旨を通知する。したがって、利用者はシート材が無くなったことに容易に気付くとともに、手動でシート材収納カセット2を引き出さなくてもシート材の補給を行うことができる。
【0015】
サイズ変更レバー6はシート材収納カセット2にスライド自在に配設されており、また、サイド規制板4と連動している。またサイズ変更レバー6は飛び出し被係止部6aを有し、飛び出し被係止部6aはカセット飛び出し時に、カセット収納部1の飛び出し係止部
1aに当接する。飛び出し係止部1aと飛び出し被係止部6aは飛び出し量規制部を構成し、上記のようにしてシート材無し状態におけるカセット飛び出し量を規制する。サイズ変更レバー6側の飛び出し被係止部6aは、サイド規制板4と連動して一体的に動くため、シート材のサイズを変更するたびに個別に飛び出し規制量を変更する必要が無く利用者に対して利便性を損なうことがない。また、飛び出し被係止部6aは、シート材収納カセット2に収納されたシート材を出し入れするために必要最小限な分だけシート材収納カセット2が飛び出るように規制するため、画像形成装置本体を通路等の狭いスペースに設置した場合でも通行人等の妨げになることを防止できる。
【0016】
飛び出し量規制部によってシート材収納カセット2の飛び出し量が規制されるが、利用者は飛び出し被係止部6aが飛び出し係止部1aを乗り越えるようにシート材収納カセット2を引き出すことによって、飛び出し規制量を超えて引き出すことができる。シート材収納カセット2は引き出し被係止部2aを有し、これがカセット収納部1の引き出し係止部1bに当接する。引き出し被係止部2aと引き出し係止部1bは引き出し量規制部を構成し、シート材収納カセット2の最大引き出し量を規制する。この最大引き出し量は、収容されるシート材のサイズによらず一定の量である。
【0017】
次に、シート材無しを検知した際のシート材収納カセット2の動作を図2及び図3を用いて説明する。シート材検知センサ5がシート材収納カセット2内のシート材無しを検知すると図2に示すように、シート材収納カセット2は図示せぬロック機構が解除され、プッシュバネ3の押圧力によりカセット収納部1から飛び出る。この飛び出し時に、飛び出し被係止部6aが飛び出し係止部1aに当接する。したがって、図2に示すように、シート材収納カセット2はシート材を補充するために必要最小限の飛び出し量だけ画像形成装置本体より突出する。これにより、シート材収納カセット2が飛び出した際、画像形成装置本体が通路等の狭いスペースに設置された場合でも、通行人の通行の妨げになることを防止できる。その後、図3に示すように、利用者の引き出し動作により、シート材収納カセット2が引き出されたとする。このとき飛び出し被係止部6aは飛び出し係止部1aを乗り越え、飛び出し規制量を超えてシート材収納カセット2を引き出すことができる。そして、引き出し被係止部2aが引き出し係止部1bに当接する。これによりシート材収納カセット2の最大引き出し位置まで引き出し可能となる。収納するシート材のサイズを変更する場合(特に大きいシート材に変更する場合)には、現在設定されている大きさのシート材を補充可能な引き出し位置よりも、さらにシート材収納カセット2を引き出す必要がある。したがって、上記のような構成によって、利用者の引き出し動作によって最大引き出し位置まで引き出し可能とすることで、シート材のサイズ変更を頻繁に行なう利用者にとってトータル作業が容易になる。
【0018】
図4〜図6に、シート材のサイズの変更を行なった際のカセット収納部1の断面側面図を示す。図4では、図1と比較してより小さいサイズのシート材を収納するようにサイド規制板4が設定されている。これに連動して、飛び出し被係止部6aの位置も移動している。このように飛び出し被係止部6aの位置が変更しているため、図5に示すようにシート材無し状態のときにシート材収納カセット2の飛び出し量は、図2と比較して少なくなっている。すなわち、収納するシート材のサイズに応じて必要最小限の量だけシート材収納カセット2が飛び出すように構成される。なお、図6に示すように利用者が手動で引き出す場合には、最大引き出し位置まで引き出すことが可能であることには変わりがない。
【0019】
(第2の実施形態)
以下に、図7〜図12を用いて本発明の第2の実施形態について説明を行う。ここで、図7〜図12は本実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部1の断面平面図である。本実施形態においては、第1の実施形態と重複する部分が多いため、主に相違点について説明する。
【0020】
図7に示すように、カセット収納部1は支点1cでシート材収納カセット2を回動自在に支持している。このように本実施形態においては、シート材収納カセット2が支点1cを中心に回転することで、カセット収納部1から着脱される。
【0021】
シート材収納カセット2は飛び出し被係止部2bを持つ。飛び出し被係止部2bは、シート材無し状態においてシート材収納カセット2が飛び出したときに、カセット収納部1の飛び出し係止部1aに当接する。飛び出し被係止部2bと飛び出し係止部1aは飛び出し量規制部を構成し、シート材収納カセット2の飛び出し量を規制する。飛び出し被係止部2bは、奥側のサイド規制板4に対応する位置に配置され、サイド規制板4の動きに連動して一体的にその位置が変更されるように構成されている。
【0022】
飛び出し量規制部によってシート材収納カセット2の飛び出し量が規制されるが、利用者は飛び出し被係止部2bが飛び出し係止部1aを乗り越えるようにシート材収納カセット2を引き出す(回転する)ことによって、飛び出し規制量を超えてシート材収納カセット2を引き出すことができる。シート材収納カセット2は引き出し被係止部2aを有し、これがカセット収納部1の引き出し係止部1bに当接することで、最大引き出し量が規制される。すなわち、引き出し被係止部2aと引き出し係止部1bは引き出し量規制部を構成する。この最大引き出し量は、収容されるシート材のサイズによらず一定の量である。
【0023】
次に、シート材無しを検知した際のシート材収納カセット2の動作を図8及び図9を用いて説明する。シート材検知センサ5がシート材収納カセット2内のシート材無しを検知すると、図8に示すように、シート材収納カセット2は図示せぬロック機構が解除され、プッシュバネ3の押圧力により飛び出し支点1cを中心に回転して、カセット収納部1から飛び出る。この飛び出し時に、飛び出し被係止部2bが飛び出し係止部1aに当接する。したがって、図8に示すように、シート材収納カセット2はシート材を補充するために必要最小限の飛び出し量だけ画像形成装置本体より突出する。これにより、シート材収納カセット2が飛び出した際、画像形成装置本体が通路等の狭いスペースに設置された場合でも、通行人の通行の妨げになることを防止できる。その後、図9に示すように、利用者の引き出し動作により、シート材収納カセット2が引き出されたとする。このとき飛び出し被係止部2bは飛び出し係止部1aを乗り越え、飛び出し規制量を超えてシート材収納カセット2を引き出すことができる。そして、引き出し被係止部2aは引き出し係止部1bに当接する。これによりシート材収納カセット2の最大引き出し量まで引き出し可能となる。収納するシート材のサイズを変更する場合には、現在設定されている大きさのシート材を補充可能な引き出し位置よりも、さらにシート材収納カセット2を引き出す必要がある。したがって、上記のような構成によって、シート材のサイズ変更を頻繁に行なうユーザーにとってトータル作業が容易になる。
【0024】
図10〜図12に、シート材のサイズの変更を行なった際のカセット収納部1の断面平面図を示す。図10では、図7と比較してより小さいサイズのシート材を収納するようにサイド規制板4が設定されている。これに連動して、シート材収納カセット2の飛び出し被係止部2bの位置も移動しているため、図11に示すようにシート材無し状態のときのシート材収納カセット2の飛び出し量は、図8と比較して少なくなっている。すなわち、収納するシート材のサイズに応じて必要最小限の量だけシート材収納カセット2が飛び出すように構成される。なお、図12に示すように利用者が手動で引き出す場合には、最大引き出し位置まで引き出すことが可能であることには変わりがない。
【図面の簡単な説明】
【0025】
【図1】第1の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の(a)断面平面図及び(b)断面側面図。
【図2】第1の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の(a)断面平面図及び(b)断面側面図。
【図3】第1の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の(a)断面平面図及び(b)断面側面図。
【図4】第1の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の(a)断面平面図及び(b)断面側面図。
【図5】第1の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の(a)断面平面図及び(b)断面側面図。
【図6】第1の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の(a)断面平面図及び(b)断面側面図。
【図7】第2の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の断面平面図。
【図8】第2の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の断面平面図。
【図9】第2の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の断面平面図。
【図10】第2の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の断面平面図。
【図11】第2の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の断面平面図。
【図12】第2の実施形態に係る画像形成装置のカセット収納部とシート材収納部の断面平面図。
【図13】従来例に係る画像形成装置の概略構成図。
【符号の説明】
【0026】
1 カセット収納部
2 シート材収納カセット
3 プッシュバネ
4 サイド規制板
5 シート材検知センサ
6 サイズ変更レバー
6a、2b 飛び出し被係止部
1a 飛び出し係止部
2a 引き出し被係止部
1b 引き出し係止部
1c 支点




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013