米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> キヤノン株式会社

発明の名称 画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−55806(P2007−55806A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−246165(P2005−246165)
出願日 平成17年8月26日(2005.8.26)
代理人 【識別番号】100090538
【弁理士】
【氏名又は名称】西山 恵三
発明者 後藤 一夫
要約 課題
用紙先端検出センサーと、手差し給紙口との距離が短かく、用紙が画像形成準備動作中に給紙後用紙先端検出センサーで検出されてしまう場合でも、用紙先端タイミング生成を行う事。

解決手段
被記録用紙が一度先端センサーを通過後にレジストローラーを逆に回転し、用紙の先端をセンサーの前に戻す。その後に所望のタイミングで用紙を搬送させ画像形成を行う。
特許請求の範囲
【請求項1】
手差し給紙手段と被記録紙の先端を検出する手段と、該検出手段の直前に被記録紙を搬送する手段と、手差し給紙口との間に用紙の有無を検出する手段とを有し、該搬送手段は装置内の他の搬送手段への駆動伝達をする事無く、用紙搬送方向と反対に被記録紙を戻す事が可能である事を特徴とする画像形成装置。
【請求項2】
手差し給紙手段による画像形成を行う際に、前記搬送手段は、画像形成を行う際の搬送速度と異なる事を特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、手差し給紙手段を用いた画像形成装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
オフィスのネットワーク化が進む一方、小規模オフィスでは机上に設置する事ができるような小型出力装置が望まれている。このような装置では、はがき、OHP、シール紙等の特殊紙を単枚で出力する場合も多い。このような特殊紙は、通常の画像形成装置では、手差しトレイから給紙させることで対応する場合が多い。
【0003】
従来の画像形成装置における手差し給紙機構として、特許文献1にあるよな給紙手段が一般的であり、手差しトレイの設置空間は、必要時以外は本体内部に収納しておくとしても確保しなければならず、省スペース化が図られているオフィス等では、この空間は邪魔な存在となる。そこで、手差しトレイを設けず、1枚ごとに給紙口へ用紙を補給する装置がある。このような装置では、記録用紙が搬送ローラーの手前にある用紙検出手段(以下レジ前センサーという)を通過すると搬送ローラーが回転し、その後搬送ローラーの後にある用紙先端の基準となるタイミングを検知する為のセンサー(以下TOPセンサーという)が用紙を検知することで、画像形成を開始する。
【特許文献1】特開平7−315637
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、装置が小型化されていくと、これら2つのセンサーの距離が近くなる。さらに画像形成速度を向上させると、検知時間が非常に短くなる。このため、例えば手差し給紙口より用紙を差込み、レジ前センサーを通過後に、装置が画像形成の準備動作に入り、TOPセンサーに用紙先端が到達するまでに、装置の画像形成開始準備が完了できない場合がある。そのため、TOPセンサーと搬送ローラーの間で停止させ無ければならないが、この停止位置を確保する為に十分な距離が必要である。この距離の確保のために、装置の小型化を進めていく上で限界が生じていた。
【0005】
本発明の目的は、上記のような問題点を解決し、装置の小型化を実現可能な手差し給紙機構を有する画像形成装置を提供する事にある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本出願にかかる第一の発明では、手差し給紙手段とこの給紙手段から給紙された用紙を搬送する手段と、この搬送手段の手前にレジ前センサーと前記搬送手段の後にTOPセンサーを有し、且つ、前記手差し給紙手段から給紙された用紙に対して、レジ前センサーで用紙を検出後に前記搬送手段を動作させ、TOPセンサーが前記用紙を検知後に前記搬送手段を停止し、その後前記搬送手段を逆転させて、用紙をTOPセンサーの手前に戻す機能を有す。
【0007】
さらに、本出願にかかる第二の発明では、前記搬送手段のみ独立して動作可能とする機能を有し、レジ前センサーで用紙を検出後に前記搬送手段を動作させる際には、用紙搬送速度よりも遅い速度でTOPセンサーまで用紙を搬送する事を可能にする。
【発明の効果】
【0008】
以上説明してきたとおり、本出願にかかる第1の発明によれば、TOPセンサーのフラグを一度用紙が通過しても、搬送される用紙と形成する画像との同期をとる事が可能となるので、用紙搬送路を可能な限り短くすることができ、装置の小型化を図ることができる。
【0009】
また本出願にかかる第2の発明によれば、用紙の搬送速度をできる限り遅くすることにより、搬送ローラーとTOPセンサーのフラグの間の位置で停止させるまでに必要な時間を確保することができるので、手差し給紙部からトナー転写位置までの距離を、さらに短い距離にする事が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
(実施例1)
図1は、本発明の実施例1であるプリンタ・コントローラーおよびプリンタ・エンジンを含む、プリンタ・システムのブロック図である。101はディスプレイ、102はホスト・コンピュータである。103はプリンタ・コントローラーであり、コンピュータ102から送信された画像データをラスタ・スキャンできるように画像信号に変換したり、プリンタ・エンジン104をインタフェースを通じて制御したりする。コントローラー103とエンジン104は、共に同じプリンタ筐体に収められている。
【0011】
コントローラー103内の各部は以下のとおりである。
【0012】
103a:プリンタ筐体表面の表示部。
【0013】
103b:プリンタ筐体表面の操作部。
【0014】
103c:コントローラーCPU。
【0015】
103d:CPU103c内のROM。
【0016】
103e:CPU103c内のRAM。
【0017】
図2は、実施例1のエンジンの機械構成図である。201はエンジン本体である。202は手差し給紙部の前カバーであり、これを開くと、手差し給紙部203を使用できる。
【0018】
204は標準給紙部であるPCT(Paper Cassette Tray)である。205はPCT上の用紙有りを検知するセンサーのフラグである。206はPCT204上の用紙をプリンタ内部に搬送するためのPCT給紙ローラーである。
【0019】
207はPCTから給紙された用紙をさらにプリンタ内部へと搬送するためのローラーである。
【0020】
手差し給紙部、及びPCTから給紙された用紙は、レジ前センサーのフラグ208がレジスト・シャッタ209にその先端を一時当接させることにより搬送の向きを矯正され、所定の搬送力が加わるとさらにその先の搬送ローラー210へ達することにより、搬送される。搬送ローラー210の直後にTOPセンサーのフラグ211があり、これにより搬送される用紙と画像との同期をとる。
【0021】
212は、周知のトナー・カートリッジである。一次帯電ローラー213、感光ドラム214、現像スリーブ215を内部に備える。216は転写ローラーである。
【0022】
静電潜像の書き込みは、スキャナ・ユニット217内において、不図示の露光手段より照射されるレーザービームをモータ218により回転駆動されるポリゴン・ミラー219に照射し、折り返しミラー220により、感光ドラム214へ照射することによる。
【0023】
用紙は、トナー転写位置を過ぎた後、搬送ベルト221により定着ローラー222と加圧ローラー223よりなる定着器に搬送され、ここで、トナー画像が用紙に定着する。
【0024】
224は排紙センサーであり、定着器直後の用紙の存在を検出する。
【0025】
定着器を通過した用紙はさらに排紙ローラー225により搬送される。排紙トレイ226が開いているときには、用紙はこの排紙トレイ226に積載する。
【0026】
排紙トレイ226が開いているときには、その後用紙はローラー227に達し、フェイス・ダウン・トレイ228上に積載される。
【0027】
229はカートリッジドアであり、これを装置全面方向に開くと、トナー・カートリッジ212の出し入れができる。
【0028】
次に図3を用いて、第1の発明の制御を説明する。
【0029】
オペレーターが、手差し給紙部203から記録用紙を挿入し、レジ前センサーのフラグ208を切る位置301を通過すると、装置は画像形成準備動作に入ると同時に、搬送ローラー210の回転を開始する。その後、用紙がレジスト・シャッタ209にその先端を一時当接させ、搬送の向きを矯正されて搬送ローラー210に差し掛かると、用紙は搬送ローラーの回転によって、装置内部に給紙されていく。TOPセンサーのフラグ211の位置302に到達するまでに、装置の画像形成準備が完了していない場合には、TOPセンサーのフラグ211を通過した位置で搬送を停止させる。しかしながら、一度TOPセンサーのフラグ211を切っていることから、このままでは、搬送される用紙と画像との同期をとる信号を生成することができない。そこで、搬送ローラー210を用紙搬送方向と逆に回転させ、搬送ローラー210とTOPセンサーのフラグ211の間の位置303まで用紙を戻す。そして、装置が画像形成可能状態となった後、搬送ローラー210を再度搬送を開始させ、画像形成を行う。この制御により、搬送される用紙と形成する画像との同期をとる事が可能となる。尚、感光ドラム214は、逆方向の回転を行うと、各々の素子にダメージを与えてしまう恐れがあり、通常の装置では、逆回転は行わない。そこで、搬送ローラー210を逆回転させる際には、感光ドラム214が逆回転を行わない様にする。
【0030】
(実施例2)
第1の実施例において、搬送ローラー210の駆動速度を、通所の画像形成を行う速度以外の速度に変化できるようにしておく。すなわち、オペレーターが、手差し給紙部203から記録用紙を挿入し、レジ前センサーのフラグ208を切る位置301を通過後から装置は画像形成準備動作に入るが、この時の用紙搬送速度を、通常画像形成時の速度よりも遅い速度で搬送を行う。そして、用紙が搬送ローラーの回転によって、装置内部に給紙されていき、TOPセンサーのフラグ211の位置302に到達するまでに画像形成開始準備が完了したら、そのまま搬送速度を画像形成速度まで変化させ、画像形成を開始する。また、もしTOPセンサーのフラグ211の位置302に到達するまでに画像形成開始準備が完了できない場合には、第1の実施例と同様に搬送ローラー210を逆回転させ、搬送ローラー210とTOPセンサーのフラグ211の間の位置303まで用紙を戻す。そして装置が画像形成可能状態となった後、搬送ローラー210を再度搬送を開始させ、画像形成を行う。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】本発明に用いられるレーザープリンターの電気ブロック図である。
【図2】本発明に用いられるレーザープリンターの装置概略図である。
【図3】本発明の実施例に用いられる概略構成図である。
【符号の説明】
【0032】
201 レーザープリンター本体
208 レジ前センサーのフラグ
210 搬送ローラー
211 TOPセンサフラグ
214 感光ドラム
303 搬送ローラーとTOPセンサーのフラグの間の位置




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013