米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> キヤノン株式会社

発明の名称 シート処理装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−55805(P2007−55805A)
公開日 平成19年3月8日(2007.3.8)
出願番号 特願2005−246158(P2005−246158)
出願日 平成17年8月26日(2005.8.26)
代理人 【識別番号】100090538
【弁理士】
【氏名又は名称】西山 恵三
発明者 藤本 仁志
要約 課題
綴じ部材の一部を切断する手段と切断された綴じ部材を一時収容する部材を有した、シート後処理装置において、前記、一時収容する部材が装置内の所定の位置に確実に装着されている事と、該一時収容する部材内に蓄積された綴じ部材の量が所定量に達しているかどうかを確実に検知する。

解決手段
一つの検知手段62を用いて、針屑ボックス60が装置本体に装着されている事と、針屑ボックス60内に所定量の針足が溜まっている場合において位置が変位する機構の変位を検知する事によって、2つの違う状態を1つの検知手段によって検知可能とせしめた。
特許請求の範囲
【請求項1】
シートに対して綴じ等の後処理を行う処理手段と、
該処理を行う事により発生する切断された綴じ具の余剰物を一時的に収容し、装置に対して着脱可能な収容手段と、
前記収容手段が装置内の所定の位置に装着されているかどうかを検知する為の検知手段と、を有し、
該検知手段は前記収容手段に蓄積されている余剰物の量が所定量に達しているかどうかも検知する事が可能であることを特徴とするシート処理装置。
【請求項2】
前記検知手段が前記収容手段に蓄積されている余剰物の量が所定量に達しているかどうかを検知する方法は、前記収容手段内に蓄積された余剰物の重量によってより変位する手段を用いて検知することを特徴とした請求項1に記載のシート処理装置。
【請求項3】
シートに対して綴じ具によって綴じ処理を行う処理手段と、
前記処理手段が発生する、切断された綴じ具の余剰物を収容し、装置本体に対して着脱可能な収容手段と、
前記装置本体に対する前記収納手段の着脱に応じて移動するレバーと、
前記収容手段内に収納された前記余剰物の量に応じて移動するフラグと、
前記レバーの移動及び前記フラグの移動に応じて状態が変化するセンサと、を有することを特徴とするシート処理装置。
【請求項4】
シートに対して綴じ具によって綴じ処理を行う処理手段と、
前記処理手段が発生する、切断された綴じ具の余剰物を収容し、装置本体に対して着脱可能な収容手段と、
前記装置本体に対する前記収納手段の着脱と、前記前記収容手段内に収納された前記余剰物の量が所定量以上であるか否かと、を検知する検知手段と、
を有することを特徴とするシート処理装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、綴じ等の後処理手段を有したシート処理装置に関する。
【背景技術】
【0002】
プリンター、複写機、ファクシミリ等の画像形成装置から排出されたシートに対して、綴じ等の処理手段を具備したシート後処理装置として、ソータやフィニッシャーが知られている。シートを綴じる手段としてステイプル手段を用いている物が多く知られている(特許文献1参照)。ステイプル手段を用いた装置の中には、シートの厚みが薄いものから、厚いものまで対応し、且つ、綴じられたシートの品位向上の為に、綴じ動作の際に、ステイプル手段の針足をカットした後に折り曲げて見ための品位の向上を図っているものがある。そして、そのカットされた針足はステイプル手段に具備された移動収容部に集められ、ステイプル手段が所定の位置にある場合に、前記移動収容部より他の収容部に移動され、その後、廃棄される。
【特許文献1】特開2001−278535号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、従来、図10に示す通り綴じ手段50に具備されている移動収容部51の直下に、カットされた針足を収容する為の固定収容部80が配設され、針足を移動収容部51から固定収容部80に移動させた後に、該固定収容部80においては、固定収容部80が機械の内部にセットされているかどうかを検知する為の手段は設けられていても、その中に移動された針足の量を検知する手段がなく、そのまま針足を廃却せずに使用していると機械内に針足が散乱する問題が発生する恐れがあった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明のシート処理装置は、シートに対して綴じ等の後処理を行う処理手段と、該処理を行う事により発生する切断された綴じ具の余剰物を一時的に収容し、装置に対して着脱可能な収容手段と、前記収容手段が装置内の所定の位置に装着されているかどうかを検知する為の検知手段と、を有し、該検知手段は前記収容手段に蓄積されている余剰物の量が所定量に達しているかどうかも検知する事が可能である。
【発明の効果】
【0005】
本発明によると、一つの検知手段を用いて、収容手段の装置内装着されている事と、前記収容手段内に所定量の針足が溜まっている事を検知する事によって、低価格で装置を構成できるだけではなく、針足が装置内で飛散する等の問題を解決できる事が可能とせしめた。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下、本発明の実施の形態について図面を用いて詳細に説明する。
【0007】
図1は、本発明の実施の形態に係る画像形成装置1と、シート処理装置であるシート後処理装置2の概略図である。
【0008】
シートの搬送の流れを説明する。画像形成装置本体(複写機本体)1の給紙部2より分離、給送された、シートSは、円筒状の感光ドラム3、定着装置4、排出ローラ対5を通り、シート後処理装置10内に搬送される。
【0009】
シート後処理装置10において、シートSは、搬送ローラ対21、大ローラ22、従動ローラ23により搬送方向下流側に搬送され、下排出ローラ対24を介して、シートを一時的に集積し、整合、綴じを行うためのシート積載手段としてのトレイ25(以下処理トレイ)へ排出される。揺動ガイド26は、揺動支点27を回転軸として図中矢印aに示す通り、下束排出ローラ28に対して開閉可能な構成となっている。上束排出ローラ29は、揺動ガイド26に支持され、前記下束排出ローラ28と協働して、処理トレイ上のシートを束搬送して下積載トレイ40上に束排出する為のローラである。
【0010】
処理トレイ25は、下流側(図の左)を上方に上流側(図の右)を下方にした傾斜トレイであり、下方の端部には、前述の後端整合部材30が配設されている。搬送部の下排出ローラ対24で排出されたシートSは、シートの自重及びパドル31の作用で、その後端が後端整合部材30に当接するまで、処理トレイ25上を滑走する。
【0011】
整合手段32は、手前と奥に各々独立してシート搬送方向と直交する方向(図中前奥方向)に移動可能な部材からなり、搬送方向と直行する方向の整合(シート端部の整列)を行う。
【0012】
揺動ガイド26は、通常、1枚づつのシートSが処理トレイ25に排出される際には、開口状態(束排出ローラが離間)にあり、シートSの処理トレイ25への排出、落下し、そして整合動作の支障になる事はない。そしてシートSを処理トレイ25からスタックトレイ40へ排出する際に閉口状態(束排出ローラが当接)に移動する。
【0013】
次に、下積載トレイ40と上積載トレイ41について説明する。
【0014】
2つあるトレイは、状況により使い分けられ、例えば、下方にある下積載トレイ40は、コピー出力、プリンタ−出力等を受け取る時に選択/積載され、上方にある上積載トレイ41は、サンプル出力、割り込み出力、下積載トレイのオーバーフロー時の出力、ファンクション仕分け出力、ジョブ混載時出力、等を受け取る時に選択されることになる。
【0015】
この2つのトレイは、両方とも独立して図中略垂直方向に自走可能なような駆動機構並びに支持支持機構を有している。
【0016】
また、積載された最上紙を位置を検知する方法として、各紙面検知手段(不図示)が配設されており、その検知手段の情報に基づき各トレイの位置を制御する。
【0017】
綴じ手段であるステイプル手段50は、前述の後端整合部材30の近傍に配設されており、本図中、前奥方向に移動可能な構成となっており、後端整合部材30に沿って整合されたシートの端部に綴じる事が可能となっている。該ステイプル手段50は綴じ動作時の、綴じ具である針の足をカットする事が可能である。そしてそのカットされた針足は針足移動経路(不図示)をとおり、移動収容部51に移動される。図2を用いて説明する解除機構によりカットされた針足は、余剰物として、画像形成ジョブ間や移動収容部51に収容可能な最大量の近傍もしくは、最大量に達した時に針屑ボックス60内に移動される。
【0018】
図2はステイプル手段50を示した図であり、本図を用いてカットされた針足の移動収容部51から収納手段としての針屑ボックス60への移動を説明する。ステイプル手段50においてカットされた針足は、重力の作用により移動収納部51の下の部分に溜まる。移動収容部51の底面には開閉蓋52が具備されており、綴じ動作中等においては、針足が落下しないように閉状態を維持している。開放レバー53は開閉蓋52の開閉動作に寄与する部材であり、開閉レバー53を変位させる事によって開閉蓋52が連動する。解除カム54は開放レバー52の近傍に配設されており、所定の駆動原より動力を得て、回転する事が可能な構成となっている。本図中においては、図2に示す位置より、左方向(図中矢印b)に回転する事により、開放レバー53を押し下げ、図3に示した位置関係となり、開閉蓋52は図中矢印方向c方向に回動し、カットされた針足が針屑ボックス60内に落下する。(図中矢印d)
図4は更に、解除カム54が回った状態を示す図となっており、解除カム54が一回転することにより位相が元に戻り、開閉蓋52が開状態より閉状態に回動する。
【0019】
図2から図4中に示す解除カム54において、Aは開閉蓋52を閉状態から開状態に変位せしめる時のカム面の位相角度であり。Bは開閉蓋52を開状態から閉状態に変位せしめる時のカム面の位相角度である。針足を重力によって落下させる場合においては、短い時間で開閉蓋52を開放させた方が、カットされた針足は落下が助長され、針残りがしにくく、時間をかけて開閉蓋52の閉動作を行った方が、飛散、引っ掛かり等の不具合が少なくなる事が経験的に解っている。その為、本発明においては、同じ速度で解除カム54が回転する場合において、開閉蓋52が閉状態から開状態に変位する時間と開状態から閉状態に変位させる時間に差異を持たせる為に、
A < B
の関係を有したカムを用いている。
【0020】
上記構成の意図は、開放部の開口において、閉状態から開状態に変位せしめる時間と開状態から閉状態に変位せしめる時間を変えることが目的である為、駆動手段による駆動条件又は、解除機構の機構条件を変更させてその作用させる時間を変更させても同様の効果が得られる。
【0021】
又、カットされた針足が開閉蓋52に挟まるという状態が発生すると、ステイプル手段50の移動の際に、装置内に針足を飛散させる現象が発生する。その事を防止するには、移動収容部51内の針足を残らず針屑ボックス60に移動させる事が重要となる。
【0022】
その為の方法を図5を用いて説明する。解除カム54は開閉蓋52を開口させるカム面の変位点Tの近傍を正逆回転する(図中矢印f方向)。その事によって、開閉蓋52は、開動作及び、閉動作を連続で行う事になり(図中矢印g方向)、その振動が移動収容部51にも伝達され、針足の落下がより助長される。
【0023】
図6は固定収容部60の近傍を示した図であり、本図及び、図7、図8を用いて、針屑ボックス60の機構、及び収容された針足の量の検知について説明する。
【0024】
針屑ボックス60に集められた針足を廃却する為には、針屑ボックス60が確実に装置内に収容されている事と、その納められた量がどのくらいかを検知する必要である。
【0025】
先ず、針屑ボックスは支持板61に支持されている。支持板61は針屑ボックス60を支持したまま、図中上下方向に移動可能であり、針屑ボックス60内に針足が溜まってくると、針屑ボックス60内に収納された針足の重みにより下方向(図中h方向)に移動する。支持板61には検知フラッグ63が具備されており、針屑ボックス60の上下方向の移動に該検知フラッグ63も連動する。つまり、本発明のフラグである検知フラッグ63はは針屑ボックス60内に収納された針足の量に応じて移動する。
【0026】
針屑ボックス検知レバー64は針屑ボックス60が装置内にセットされている状態と、非セット状態の両状態間を変位するレバーである。つまり、レバーである針屑ボックス検知レバー64は、針屑ボックス60のシート後処理装置本体に対する着脱に応じて移動する。
【0027】
次に実際の針屑ボックス60の検知方法と収容された針足の量の検知に関して述べる。
【0028】
図6〜7において、用いている検知手段62は、反射型センサーを示している。この反射型センサーにおいては、対象物が該センサーの発行面に対して、所定の位置に存在する場合とそれ以外において、異なる信号を発信して対象物の状態等を検知する事が可能な検知手段である。本実施形態においては、検知手段62に対して、近接しているラインのであるL1近傍に対象物が存在する場合と、それよりも離れているラインであるL2に対象物が存在する場合において異なる信号を発信させる。反射型センサーは、針屑ボックス検知レバー64の移動及び検知フラッグ63の移動に応じて状態が変化し、変化した状態に応じた信号を不図示の制御部へ送る。
【0029】
ここで、L1のライン近傍に対象物が存在する場合の信号を信号1
L2のライン近傍に対象物が存在する場合の信号を信号2とすると、
<信号1>
(1)図7に記載の針屑ボックス60が、装置内にセットされておらず、針屑ボックス検知レバー64の検知面65がL1ライン近傍に存在する時。
【0030】
(2)図8に記載の針屑ボックス60内に針足Hが溜まり、針屑ボックス60及び、支持板61、及び、検知フラッグ63が下降して、検知フラッグ63の検知面66がL1ライン近傍に存在する時。
【0031】
<信号2>
図6に記載の針屑ボックス60が、装置内にセットされており、且つ、針屑ボックス60内の針足の量が所定の量に達しておらず、針屑ボックス検知レバー64の対象面65が変位して、L2ライン近傍に存在する時。
【0032】
というように、わける事が可能である。この事により、使用者が、装置内の確認を必要とする信号1の状態、つまり、針屑ボックス60が装置内にセットされていない状態と、セットされた針屑ボックス60内に針足Hが所定量以上入っているという状態を、1つの検知手段62を用いて検知する事が可能となっている。反射型センサーからの信号が入力される制御部は、入力された信号が信号1である場合には使用者に対して警告等のメッセージを表示部に表示すると共に、ステイプル手段50による処理動作を禁止するように制御する。
【0033】
通常、針屑ボックス60に溜まった針足Hの廃却の為に、針屑ボックス60自体を装置外に取り出す構成となっている。その操作性を向上させる為に、開閉蓋52の開閉移動範囲と針屑ボックスの取り出し方向とが制約を受けないように、図9のように構成してもよい。本図においては、中間固定ガイド67を綴じ手段50側の移動収容部51と針屑ボックス60の間に設け、その中間固定ガイド67内において開閉蓋52を動作させる事によって、開閉蓋52の状態の関わらず、針屑ボックス60を容易に取り出させるようにしたものである。
【図面の簡単な説明】
【0034】
【図1】本発明に関わる画像形成装置、シート後処理装置の略断面図
【図2】本発明に関わるシート後処理装置の綴じ手段の近傍の図
【図3】本発明に関わる綴じ手段、収容部の開口動作図
【図4】本発明に関わる綴じ手段、収容部の閉口動作図
【図5】本発明に関わる綴じ手段、収容部の連続開閉動作を示す図
【図6】本発明に関わる針足収容部の状態を示す図(針足無し、針足収容部有り)
【図7】本発明に関わる針足収容部の状態を示す図(針足収容部無し)
【図8】本発明に関わる針足収容部の状態を示す図(針足有り、針足収容部有り)
【図9】本発明に関わる針足収容部の分割タイプを示す図
【図10】従来における、シート後処理装置の綴じ手段の近傍の図
【符号の説明】
【0035】
1 画像形成装置
2 給紙部
3 感光ドラム
4 定着装置
5 排出ローラ対
10 シート後処理装置
21 搬送ローラ対
22 大ローラ
23 従動ローラ
24 下排出ローラ対
25 処理トレイ
26 揺動ガイド
27 揺動支点
28 下束排出ローラ
29 上束排出ローラ
30 後端整合部材
31 パドル
32 整合手段
40 下積載トレイ
41 上積載トレイ
50 ステイプル手段
51 移動収容部
52 開閉蓋
53 開放レバー
54 解除カム
60 針屑ボックス
61 支持板
62 検知手段
63 検知フラッグ
64 針屑ボックス検知レバー
65、66 検知面
67 中間固定ガイド
70 解除レバー
80 固定収容部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013