Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
ミスステープル回収装置、および、これを備えた画像形成装置 - キヤノン株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 包装;運搬 -> キヤノン株式会社

発明の名称 ミスステープル回収装置、および、これを備えた画像形成装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−45622(P2007−45622A)
公開日 平成19年2月22日(2007.2.22)
出願番号 特願2005−234450(P2005−234450)
出願日 平成17年8月12日(2005.8.12)
代理人 【識別番号】100090538
【弁理士】
【氏名又は名称】西山 恵三
発明者 椿本 康人
要約 課題
ミスステープルを装置の通電状態によらず確実に保持し、また、ミスステープル回収トレイを移動させたときには、ミスステープル回収トレイから容易に廃棄することが可能なミスステープル回収装置、およびこれを備えた画像生成装置を提供すること。

解決手段
用紙束をステープル処理するステープル装置と、ステープル装置の下に設けられたミスステープル回収トレイと、ミスステープルを付着させる永久磁石とを備えたミスステープル回収装置において、前記ミスステープル回収トレイの前記永久磁石に対向する位置に磁性体を備え、前記永久磁石は前記ステープル装置とともに固定され、前記ミスステープル回収トレイは可動式に保持される構成とする。
特許請求の範囲
【請求項1】
用紙束をステープル処理するステープル装置と、ステープル装置の下に設けられたミスステープル回収トレイと、ミスステープルを付着させる永久磁石とを備えたミスステープル回収装置において、前記ミスステープル回収トレイの前記永久磁石に対向する位置に磁性体を備え、前記永久磁石は前記ステープル装置とともに固定され、前記ミスステープル回収トレイは可動式に保持されていることを特徴とするミスステープル回収装置。
【請求項2】
請求項1において、ステープル装置を覆うカバーを備え、前記カバーの一部が前記ミスステープル回収トレイを形成していることを特徴とするミスステープル回収装置。
【請求項3】
請求項2のミスステープル回収装置において、前記永久磁石および前記磁性体を用いて前記カバーを閉状態に保持することを特徴とするミスステープル回収装置。
【請求項4】
請求項1から請求項3のいずれかに記載のミスステープル回収装置を備えた画像形成装置において、前記ミステープル回収トレイが本体から着脱可能であることを特徴とする画像形成装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、空打ちされたミスステープルを回収するミスステープル回収装置、および、これを備えた画像を形成するプリンタ、FAX、複写機、MFPなどの画像形成装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、用紙束を挿入し、ステープル処理を行う自動ステープル装置は、作業の自動化のため、シート後処理装置に装着されて自動的にステープル処理を行う、もしくは、作業の容易化のため、画像形成装置に装着され、ユーザーがシート束をステープル装置に挿入したりすることで任意の用紙束を半自動でステープル処理するといった使い方がされている。
【0003】
ユーザーがシート束をステープル装置に挿入し、用紙束を半自動でステープル処理する装置の例として、図5、および図6に、ユーザーがシート束をステープル装置に挿入するステープル処理装置を示す。
【0004】
図5において、Bは用紙束、101はステープル装置、102は用紙束検知スイッチ、103はミスステープル回収トレイ、である。また、図6において、110はミスステープル、であり、他の符号は図5と同じである。
【0005】
上記ステープル処理装置において、ユーザーがシート束Bをステープル装置101に挿入すると、用紙束Bの端が用紙束検知スイッチ102に触れ、ステープル装置101が作動して用紙束Bはステープル処理される。
【0006】
しかし、図6のように、ユーザーが用紙束Bを定位置からずれた位置に挿入した状態で用紙束検知スイッチ102に用紙束Bが接触すると、ステープル装置101は用紙束Bにステープルすることができず、ミスステープル110が発生し、このミスステープル110はミスステープル回収トレイ103上に回収される。
【0007】
このミスステープルに対処するため、たとえば特許文献1のように、ミスステープルを永久磁石により吸着したり、また、特許文献2のように、電磁石でミスステープルを吸着したりするような発案がなされている。
【特許文献1】特開平06−040647号公報
【特許文献2】特開平09−278279号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかしながら、上記図5および6に示す従来例では、ミスステープル回収トレイ上のミスステープルはミスステープル回収トレイ上に乗っているだけであるため、ミスステープル発生後にミスステープルの機外排出処理を行わないと、ミスステープルは画像形成装置内に落下する恐れがあり、これにより画像形成装置内の例えば電装部でショートする恐れや、駆動部に巻き込まれて装置を破損する恐れがあった。
【0009】
また、特許文献1では、ミスステープルは永久磁石で回収されるものの、常に永久磁石に吸着されているため、ミスステープルを廃棄する作業を行いにくい、という問題点があった。
【0010】
また、特許文献2では、ミスステープルは電磁石で吸着されるが、装置を移動させるような電源を切っている状態ではミスステープルを吸着できなくなり、輸送時にミスステープルが機内に落下する恐れがあった。
【0011】
本発明は上記問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、電源が通じていない状態でも確実にミスステープルを保持しつつ、ミスステープルの廃棄を容易にできるようにしたミスステープル回収装置、および画像形成装置を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0012】
上記課題を解決するため、本出願に係る第1の発明は、用紙束をステープル処理するステープル装置と、ステープル装置の下に設けられたミスステープル回収トレイと、ミスステープルを付着させる永久磁石とを備えたミスステープル回収装置において、前記ミスステープル回収トレイの前記永久磁石に対向する位置に磁性体を備え、前記永久磁石は前記ステープル装置とともに固定され、前記ミスステープル回収トレイは可動式に保持されていることを特徴とする。
【0013】
また、本出願に係る第2の発明は、ステープル装置を覆うカバーを備え、前記カバーの一部が前記ミスステープル回収トレイを形成していることを特徴とする。
【0014】
また、本出願に係る第3の発明は、前記永久磁石および前記磁性体を用いて前記カバーを閉状態に保持することを特徴とする。
【0015】
また、本出願に係る第4の発明はミステープル回収トレイが本体から着脱可能であることを特徴とする。
【発明の効果】
【0016】
本出願に係る第1の発明によれば、ミスステープルは回収されたミスステープル回収トレイ上では、永久磁石の磁力でミスステープル回収トレイの永久磁石よりの位置に間接的に保持され、また、ミスステープル回収トレイを移動させたときには、ミスステープルは永久磁石と離間されるため、ミスステープル回収トレイから容易に廃棄することが可能となる。
【0017】
また、本出願に係る第2の発明によれば、ステープル装置を覆うカバーにミスステープル回収トレイ形状を備えたため、ステープル装置を覆うカバーにより外観を向上させつつ、カバーを開いて内部にアクセスするのと同時にミスステープルは永久磁石から離間されるので、容易にミスステープル処理を行うことが可能となる。
【0018】
また、本出願に係る第3の発明によれば、ミスステープルを保持するための永久磁石を利用してカバーを閉状態に保持するため、カバーに閉状態を保持するためのフック形状などを設ける必要がなくなり、形状の簡略化が可能となる。
【0019】
また、本出願に係る第4の発明によれば、ミスステープル回収トレイが本体から取り外せることで、ミスステープルの廃棄がより容易になる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0020】
以下、本発明の詳細を実施例の記述に従って説明する。
【実施例1】
【0021】
図1は、第1の実施例を説明する図である。本実施形態における画像形成装置50は、図示しないホストコンピュータから指令を受け、レーザスキャナ51によりレーザ光を走査し、プロセスカートリッジ52内に設置された図示しない感光ドラムに潜像が形成され、潜像は図示しない現像器により感光ドラム上に現像され、給紙カセット53より給紙搬送された用紙Pへ、図示しないトナー像が転写される。未定着であるトナーTが転写された用紙P'は、定着装置54へ搬送され、定着装置により加熱搬送され、トナー像は永久画像として用紙P上に定着され、排紙トレイ55上へ排出される。
【0022】
ユーザーは、排紙トレイ55上にスタックされた用紙Pからなる用紙束Bをステープル処理する際には、図示しない用紙束Bをステープル装置1へ挿入する。用紙束Bが挿入されたことを用紙束検知スイッチ2で検知すると、ステープル装置1が動作し、用紙束Bはステープルでステープルされる。
【0023】
図2は、ステープル装置近傍の斜視図である。
【0024】
ユーザーが用紙束Bを図2に示す定位置からずれた位置に挿入しようとした場合、用紙束Bがステープル装置1に入る前に用紙束検出装置2に触れてしまうことで、用紙束Bがステープル装置1に届く前に動作してしまい、ミスステープル11が発生する。ミスステープル11は用紙束にステープルされないため、そのまま下に落下し、ミスステープル回収トレイ3上に落下する。
【0025】
ミスステープル回収トレイ3の外の横には永久磁石4が設置されているため、ミスステープル11はミスステープル回収トレイ3の、永久磁石4寄りの位置に吸着される。
【0026】
図3は、ミスステープルを処理するため、前記ミスステープル回収トレイ11を引き出したい状態を示す図である。
【0027】
ミスステープル11を処理する際には、ユーザーは図3に示すようにミスステープル回収トレイ3を取り外す。この際、永久磁石4はステープル装置側に設置されているため、ミスステープル回収トレイ3を取り外すとミスステープル11は永久磁石4の磁界から離脱するため、ミスステープル回収トレイ3上で自由状態となる。この状態でユーザーがミスステープル回収トレイ3を裏返せば、ミスステープル11は簡単にミスステープル回収トレイ3から脱落する。
【0028】
この構成により、ユーザーはミスステープル処理時、永久磁石4の影響を受けることなくミスステープルを廃棄することが出来る。
【0029】
従って、ミスステープルを回収したミスステープル回収トレイ上では、永久磁石の磁力でミスステープル回収トレイの永久磁石よりの位置に間接的に保持し、また、ミスステープル回収トレイを移動させたときには、ミスステープル回収トレイから容易に廃棄することが可能となる。
【実施例2】
【0030】
図4は、第2の実施例を示す図であり、20は、画像形成装置50の外装の一部を形成している開閉着脱可能なステープラカバー、20aはステープラカバーに設けられ、ユーザーが用紙束Bを挿入するためのスリット、23は、ステープラカバー20に設けられたミスステープル回収トレイ、であり、他の符号は図1から図3と同様である。また、破線はステープラカバーを開いた状態を示す。
【0031】
上記構成において、ユーザーが図2に示すのと同じように用紙を規定位置以外に挿入してミスステープルが発生した場合、実施例1と同様にミスステープル11は、ミスステープル回収トレイ23上に落下する。
【0032】
用紙束Bを引き抜いたユーザーが用紙束Bにステープル処理されておらず、ミスステープルに気づくと、ユーザーはミスステープル11の処理のため、ステープラカバー20を開放、もしくは画像形成装置から取り外し、ミスステープル11を廃棄する。
【0033】
この構成により、ユーザーがミスステープル処理のためステープラカバー20を開き、内部にアクセスするのと同時に、ミスステープル11を保持していた永久磁石4からミスステープル11が離間される。また、ステープラカバー20は、鉄板5により閉位置に保持される。
【0034】
したがって、ステープラカバーを閉じている間はミスステープルは永久磁石の磁力により保持され、ステープラカバーを開けばミスステープルは磁力による保持から開放されるため、容易にミスステープル処理を行うことが可能となる。また、ステープラカバーを閉位置に保持しておくためのフック形状を省略し、部品形状を簡略化することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0035】
【図1】本発明の第1の実施例における構成を示す図である。
【図2】本発明の第1の実施例におけるスープル装置近傍の斜視図であり、ミスステープルトレイ上のミスステープル吸着状態を示す図である。
【図3】本発明の第1の実施例における構成を示す図であり、ミスステープルトレイ取り外した状態を示す図である。
【図4】本発明の第2の実施例を示す図である。
【図5】従来例を示す図である。
【図6】従来例を示す図である。
【符号の説明】
【0036】
1 ステープル装置
2 用紙束検知スイッチ
3 ミスステープル回収トレイ
4 永久磁石
5 鉄板
11 ミスステープル




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013