米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 車両 -> 本田技研工業株式会社

発明の名称 車両用操作装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−30814(P2007−30814A)
公開日 平成19年2月8日(2007.2.8)
出願番号 特願2005−220642(P2005−220642)
出願日 平成17年7月29日(2005.7.29)
代理人 【識別番号】100071870
【弁理士】
【氏名又は名称】落合 健
発明者 山田 一
要約 課題
車両に搭載された車載機器に対する作動の指令を簡単にかつ短時間で行えるようにする。

解決手段
モニターに表示される車載機器に関連する操作メニューの何れかを選択し、かつ車載機器に関連する機能の何れかを選択して実行させる選択・実行手段を、操作ノブ30とそれに設けられた複数の操作スイッチ31,32とで構成し、操作ノブ30の操作および複数のスイッチ31,32に操作の組み合わせにより操作メニューの選択および機能の実行を指令するので、操作ノブ30から手を離すことなく片手の操作で操作メニューの選択および機能の選択・実行を短時間で簡単に指令することが可能になって操作性が向上する。また操作ノブ30を左右の乗員の中間位置に配置し、かつ操作スイッチ31,32を操作ノブに対して左右対称に配置したので、左右の乗員は操作ノブ30および操作スイッチ31,32を同じように操作することができる。
特許請求の範囲
【請求項1】
車両に搭載された車載機器に関連する操作メニューおよび機能を表示するモニターと、モニターに表示される操作メニューの何れかを選択するとともに、モニターに表示される機能の何れかを選択して実行させる選択・実行手段とを備えた車両用操作装置において、 選択・実行手段は操作ノブ(30)と該操作ノブ(30)に設けられた複数の操作スイッチ(31,32)とで構成され、操作ノブ(30)の操作および操作スイッチ(31,32)の操作の組み合わせにより操作メニューの選択および機能の選択・実行を指令することを特徴とする車両用操作装置。
【請求項2】
操作ノブ(30)は左右の乗員の中間位置に配置され、かつ操作スイッチ(31,32)は操作ノブ(30)に対して左右対称に配置されていることを特徴とする、請求項1に記載の車両用操作装置。
【請求項3】
操作スイッチ(31,32)はスクロールスイッチ(33)、実行スイッチ(34)およびキャンセルスイッチ(32)からなることを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の車両用操作装置。
【請求項4】
スクロールスイッチ(33)および実行スイッチ(34)は、操作ノブ(30)を握った手の指先で操作できる位置に配置されることを特徴とする、請求項3に記載の車両用操作装置。
【請求項5】
スクロールスイッチ(33)、実行スイッチ(34)およびキャンセルスイッチ(32)の少なくとも二つを同時に操作することで、単独で操作する場合と別の機能を発揮することを特徴とする、請求項3に記載の車両用操作装置。
【請求項6】
車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の両方を、キャンセルスイッチ(32)の操作で実行可能であることを特徴とする、請求項3に記載の車両用操作装置
【請求項7】
車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の選択を、キャンセルスイッチ(32)の操作時間の長さにより行うことを特徴とする、請求項6に記載の車両用操作装置。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両に搭載された車載機器に関連する操作メニューおよび機能を表示するモニターと、モニターに表示される操作メニューの何れかを選択するとともに、モニターに表示される機能の何れかを実行させる択する選択・実行手段とを備えた車両用操作装置に関する。
【背景技術】
【0002】
ナビゲーションシステム、エアコン、オーディオ等の車載機器の操作を、モニターの画面上のポインタを所定位置に移動させることで指令するものにおいて、ステアリングホイールに二次元方向に移動可能、かつ押下げによるスイッチ操作が可能な操作ノブを設け、この操作ノブでポインタを移動させて機能の選択を行うものが下記特許文献1により公知である。
【特許文献1】特開2004−157944号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
ところで、上記特許文献1に記載されたものは、操作ノブを押下げてスイッチ操作を行うようになっているが、そのスイッチ操作の役割は画面上でポインタが指し示す項目の選択(いわゆる実行スイッチ)に限られているため、多種の車載機器に対して数多くの作動を指令する操作が面倒で時間が掛かる問題があった。
【0004】
本発明は前述の事情に鑑みてなされたもので、車両に搭載された車載機器に対する数多くの作動の指令を簡単にかつ短時間で行えるようにすることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記目的を達成するために、請求項1に記載された発明によれば、車両に搭載された車載機器に関連する操作メニューおよび機能を表示するモニターと、モニターに表示される操作メニューの何れかを選択するとともに、モニターに表示される機能の何れかを選択および実行させる選択・実行手段とを備えた車両用操作装置において、選択・実行手段は操作ノブと該操作ノブに設けられた複数の操作スイッチとで構成され、操作ノブの操作および操作スイッチの操作の組み合わせにより操作メニューの選択および機能の選択・実行を指令することを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【0006】
また請求項2に記載された発明によれば、請求項1の構成に加えて、操作ノブは左右の乗員の中間位置に配置され、かつ操作スイッチは操作ノブに対して左右対称に配置されていることを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【0007】
また請求項3に記載された発明によれば、請求項1または請求項2の構成に加えて、操作スイッチはスクロールスイッチ、実行スイッチおよびキャンセルスイッチからなることを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【0008】
また請求項4に記載された発明によれば、請求項3の構成に加えて、スクロールスイッチおよび実行スイッチは、操作ノブを握った手の指先で操作できる位置に配置されることを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【0009】
また請求項5に記載された発明によれば、請求項3の構成に加えて、スクロールスイッチ、実行スイッチおよびキャンセルスイッチの少なくとも二つを同時に操作することで、単独で操作する場合と別の機能を発揮することを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【0010】
また請求項6に記載された発明によれば、請求項3の構成に加えて、車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の両方を、キャンセルスイッチの操作で実行可能であることを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【0011】
また請求項7に記載された発明によれば、請求項6の構成に加えて、車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の選択を、キャンセルスイッチの操作時間の長さにより行うことを特徴とする車両用操作装置が提案される。
【発明の効果】
【0012】
請求項1の構成によれば、モニターに表示される車載機器に関連する操作メニューの何れかを選択し、かつ車載機器に関連する機能の何れかを選択して実行させる選択・実行手段を、操作ノブとそれに設けられた複数の操作スイッチとで構成し、操作ノブの操作および複数のスイッチに操作の組み合わせにより操作メニューの選択および機能の選択・実行を指令するので、操作ノブから手を離すことなく片手の操作だけで、数多くの操作メニューの選択および機能の選択・実行を短時間で簡単に指令することが可能になって操作性が向上する。
【0013】
請求項2の構成によれば、操作ノブを左右の乗員の中間位置に配置し、かつ操作スイッチを操作ノブに対して左右対称に配置したので、左右の乗員は操作ノブおよび操作スイッチを同じように操作することができる。
【0014】
請求項3の構成によれば、操作スイッチをスクロールスイッチ、実行スイッチおよびキャンセルスイッチで構成したので、スクロールスイッチでモニターの画面のスクロール、実行スイッチでモニターに表示された機能の選択・実行、キャンセルスイッチでモニターに表示された機能の階層の復帰を行うことができる。
【0015】
請求項4の構成によれば、スクロールスイッチおよび実行スイッチを操作ノブを握った手の指先で操作できる位置に配置したので、スイッチ操作が容易になる。
【0016】
請求項5の構成によれば、スクロールスイッチ、実行スイッチおよびキャンセルスイッチの少なくとも二つを同時に操作すると、単独で操作する場合と別の機能を発揮するので、スイッチの数を最小限に抑えることができる。
【0017】
請求項6の構成によれば、キャンセルスイッチの操作で車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の両方を実行できるので、スイッチの数を最小限に抑えることができる。
【0018】
請求項7の構成によれば、キャンセルスイッチの操作時間の長さにより車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の選択を行うので、車載機器の機能の階層切り換えおよび初期画面への復帰の一方を容易に選択することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0019】
以下、本発明の実施の形態を、添付の図面に示した本発明の実施例に基づいて説明する。
【0020】
図1〜図12は本発明の第1実施例を示すもので、図1は自動車の車室前部の斜視図、図2は図1の2方向拡大矢視図、図3は図2の3方向矢視図、図4は図2の4方向矢視図、図5は図4の5−5線断面図、図6は図5の6−6線断面図、図7は図5の7−7線断面図、図8は図5の8−8線断面図、図9は図5の9−9線断面図、図10はガイド溝の変形例を示す、前記図9に対応する図、図11は操作ノブの傾動角と荷重との関係を示すグラフ、図12はメインスイッチおよびサブスイッチの機能の説明図である。
【0021】
図1に示すように、乗用車の運転席11および助手席12の間を前後方向に延びるセンターコンソール13の上面にシフトレバー14が配置されており、このシフトレバー14の後方にインターフェース装置15が配置される。
【0022】
図1〜図9に示すように、インターフェース装置15は箱状のケーシング16と、その上面を覆うカバー17とを備えており、ケーシング16の内部にベースプレート18が4本の支持脚19…を介して支持される。ベースプレート18の上面に立設された前後一対の支柱20,20間にピン21,21を介して枠状のアウタージンバル22が左右揺動自在に支持されており、このアウタージンバル22の内部に左右一対のピン23,23を介して板状のインナージンバル24が前後揺動自在に支持される。従ってインナージンバル24はベースプレート18に対して前後左右に揺動可能である。
【0023】
インナージンバル24の中心から上部支軸24aおよび下部支軸24bが上下方向に突出しており、上部支軸24aの上端外周に回転軸25の下端内周が回転自在に嵌合し、ボルト26で抜け止めされる。回転軸25の上半部は、カバー17に形成した開口17aを貫通して上方に突出する。回転軸25の上端から後方に突出する突起25aを上下から挟むように上部ノブ半体27および下部ノブ半体28が嵌合し、ボルト29,29で一体に締結される。上部ノブ半体27および下部ノブ半体28は協働して球状の操作ノブ30を構成し、この操作ノブ30は回転軸25を介してベースプレート18に連結されていることから、ベースプレート18と共に前後左右に傾動可能である。
【0024】
本実施例では操作ノブ30の直径は80mmであり、この寸法を採用することによって操作ノブ30を人間の手で握り易くすることができる。また操作ノブ30は、後側のパームレスト部30aと、前側の指乗せ部30bとを備えており、パームレスト部30aおよび指乗せ部30bの境界は図5のP点である。このP点は、操作ノブ30を自然に握ったときに、人指し指および中指およびの付け根に対応する部分である。
【0025】
操作ノブ30の前面にはメインスイッチ31が設けられ、操作ノブ30の左右両側面には一対のサブスイッチ32,32が設けられる。メインスイッチ31はスクロールスイッチ33と実行スイッチ34とで構成され、左右2分割されたスクロールスイッチ33は回転軸25の前端に支持された支軸35まわりに回転可能であり、2分割されたスクロールスイッチ33の間に挟まれた実行スイッチ34は、スクロールスイッチ33の支軸35の上方に配置された支軸36まわりに後方に揺動可能である。スクロールスイッチ33の回転角は支軸35と回転軸25との間に設けたロータリエンコーダ37によって検出され、実行スイッチ34の操作は回転軸25に設けたスイッチ素子38により検出される。また左右のサブスイッチ32,32は主としてキャンセルスイッチの機能を果たすもので、その操作は回転軸25に設けたスイッチ素子39,39により検出される。
【0026】
ベースプレート18の中央部に部分球状の凹部18aが形成されており、その凹部18aに8方向に放射状に延びる星形のガイド溝18bが形成される。インナージンバル24の下部支軸24bの内部の形成された中空部24cに摺動部材40が収納されており、この摺動部材40は下端に形成された半球状の摺動部40aが前記ガイド溝18bに当接するようにスプリング41で下向きに付勢される。
【0027】
ガイド溝18bの各々の溝の形状は、図9の第1実施例では径方向内側から外側に向かって単純にテーパーしており、また図10の変形例では径方向内側から外側に向かって最初は一定幅であり、続いてテーパーしている。
【0028】
回転軸25の下端に円板状のクリックプレート42が一体に形成されており、その下面には回転軸25を中心とする円周上に7個のクリック穴42a…が形成されるとともに、7個のクリック穴42a…の径方向内側に1個のクリック穴42bが形成される。インナージンバル24に支軸43を介してボールホルダ44の中間部が枢支されており、ボールホルダ44の内部に収納されたボール45が前記クリック穴42a…,42bの何れかに嵌合可能にスプリング46で付勢される。インナージンバル24の下面に支持したソレノイド47とボールホルダ44の下端とがロッド48で接続されており、ソレノイド47を伸縮駆動して支軸43まわりにボールホルダ44を揺動させると、ボール45はクリック穴42a…に嵌合する径方向外側位置と、クリック穴42bに嵌合する径方向内側位置とに移動することができる。インナージンバル24の対する回転軸25の回転角は、ロータリエンコーダ49によって検出される。
【0029】
次に、上記構成を備えた第1実施例の作用について説明する。
【0030】
操作ノブ30は、前方、後方、右方、左方、右前方、左前方、右後方および左後方の8方向に傾動可能であり、この8方向は図9および図10に示すベース部材18の凹部18aのガイド溝18bの延びる方向に対応している。即ち、アウタージンバル22およびインナージンバル24を介して傾動自在に支持された操作ノブ30が中立位置にあるとき、操作ノブ24と一体の下部支軸24bからスプリング41の弾発力で下向きに突出する摺動部材40の摺動部40aは、星形のガイド溝18bの中心に安定状態で係合しており、これにより操作ノブ30は中立位置に保持される。また操作ノブ30は傾動した位置で手を離されると、図示せぬ復帰手段で中立位置に復帰する。
【0031】
この状態から操作ノブ30を8方向のうちの1方向に傾動させると、摺動部材40の摺動部40aがテーパーしたガイド溝18bに沿って径方向内側から外側に向かって案内され、ガイド溝18bの溝幅が幅狭になるに従って摺動部材40がスプリング41の弾発力に抗して下部支軸24bの中空部24c内に押し込まれることで、操作ノブ30の傾動に所定の負荷が発生する。
【0032】
図11の実線は図9のガイド溝18b(第1実施例)に対応するもので、操作ノブ30の傾動角の増加に伴って荷重がリニアに増加し、摺動部40aがガイド溝18bを乗り越すと荷重は一定値になる。
【0033】
図11の破線は図10のガイド溝18b(第1実施例の変形例)に対応するもので、操作ノブ30の傾動角の増加に伴って摺動部40aがガイド溝18bの平行部に係合するまで荷重はリニアに増加し、摺動部40aがガイド溝18bの平行部を摺動する間に荷重は一定値に保持され、摺動部40aがガイド溝18bのテーパー部を摺動する間に荷重はリニアに増加し、摺動部40aがガイド溝18bを乗り越すと荷重は一定値になる。
【0034】
このように、ガイド溝18bの形状に応じて操作ノブ30の傾動に節度を与えて操作フィーリングを高めるとともに、8つの方向からずれた方向に操作ノブ30を操作した場合でも、ガイド溝18bの作用で操作ノブ30を正しい方向に案内することができる。
【0035】
このようにして操作ノブ30を8つの方向に傾動させると、図示せぬ接点が閉じて傾動方向に対応する信号が制御手段に出力される。
【0036】
また操作ノブ30を左右に回転させると、操作ノブ30と一体の回転軸25が上部支軸24aに対して回転することで、回転軸25と一体のクリックプレート42がインナージンバル24に対して相対回転する。図示せぬスイッチの操作によりソレノイド47が伸長してボールホルダ44が図5の時計方向の位置に揺動すると、ボール45の位置が径方向内側に移動するため、そのボール45はクリックプレート42の径方向内側にある1個のクリック穴42bに嵌合し、操作ノブ30を回動方向の中立位置に安定的に保持する。この状態から操作ノブ30を左右方向に回転させると、ボール45がスプリング46の弾発力に抗してクリック穴42bから離脱する際に負荷が発生することで、中立位置からの操作ノブ30の回動に節度を与えることができる。
【0037】
また図示せぬスイッチの操作によりソレノイド47が収縮してボールホルダ44が図5の反時計方向の位置に揺動すると、ボール45の位置が径方向外側に移動するため、そのボール45はクリックプレート42の径方向外側にある7個のクリック穴42a…の何れに嵌合し、操作ノブ30を回動方向の7つの位置に安定的に保持する。操作ノブ30を左右方向に回転させると、ボール45がスプリング46の弾発力に抗してクリック穴42aから離脱する際に負荷が発生することで、操作ノブ30の回動に節度を与えることができる。
【0038】
このようにして操作ノブ30が回動すると、その回動位置に応じた信号をロータリエンコーダ49が制御装置に出力する。尚、操作ノブ30の回動角の限界位置は、中立位置を挟んで左右に各25°であり、操作ノブ30を操作した後に手を離すと、図示せぬ復帰手段で中立位置に自動的に復帰する。操作ノブ30の回動可能範囲が中立位置を挟んで左右各25°に制限されているので、乗員は操作ノブ30を持ち変えることなく操作することができ、操作性が向上する。
【0039】
乗員が操作ノブ30を握ると、掌が操作ノブ30のパームレスト部30aに支持され、中指および人指し指がパームレスト部30aの前方の指乗せ部30bび支持される。この状態で中指および人指し指の先端はメインスイッチ31に当たるためスクロールスイッチ33の回転操作や実行スイッチ34の押下げ操作をスムーズにに行うことができ、また親指あるいは薬指で左右のサブスイッチ32,32の押下げ操作をスムーズに行うことができる。
【0040】
図5から明らかなように、操作ノブ30を握って傾動させたとき、操作ノブ30の下端とカバー17との間に指先が挟まれないように、カバー17の開口17aの周囲に空間を確保するための凹部17bが形成されている。操作ノブ30の上下方向の高さをL1とし、操作ノブ30の下端と凹部17bの最深部との高さをL2とすると、L1>L2が成立する。これにより操作ノブ30がカバー17から大きく突出するのを防止し、シフトレバー14の操作の邪魔になるのを防止することができる。
【0041】
またメインスイッチ31を含む操作ノブ30の前後方向長さをL3とし、そのうち指乗せ部30bの前後方向長さ(=メインスイッチ31の直径)をL4とすると、L3およびL4の間には、L3>2×L4の関係が成立する。これにより操作ノブ30のパームレスト部30aの寸法を充分に確保して掌を安定良く支持することができるだけでなく、メインスイッチ31(特にスクロールスイッチ33)をスムーズに操作することができる。
【0042】
以上のように、8方向への傾動と自己の軸線まわりの左右各25°の範囲内の回動とによって信号を出力する操作ノブ30にメインスイッチ31およびサブスイッチ32,32を設けたので、操作ノブ30の姿勢(位置)に基づく信号とメインスイッチ31およびサブスイッチ32,32の操作に基づく信号との組み合わせによって、数多くの指令を出力することができる。また操作ノブ30にメインスイッチ31およびサブスイッチ32,32を設けたことにより、操作ノブ30を握ると指先が自然にメインスイッチ31およびサブスイッチ32,32に届くようになり、メインスイッチ31およびサブスイッチ32,32の位置を探ることなく容易に操作することが可能になり、誤操作の発生を確実に防止することができる。
【0043】
次に、インターフェース装置15の機能について説明する。
【0044】
インターフェース装置15は、ナビゲーションシステム、オーディオシステム、エアコンシステムのような複数のシステムを、モニターの画面を通して、操作ノブ30、メインスイッチ31およびサブスイッチ32,32の操作の組み合わせによって制御するものである。
【0045】
メインスイッチ31は、実行スイッチ34の押下げによって初期画面からメニュー画面を呼び出すとともに、スクロールスイッチ33の回転により項目を選択して実行スイッチ34の押下により決定を行うものである。サブスイッチ32,32は、メニュー画面をシーケンシャルに切り換えるとともに、下層画面に遷移した場合にはキャンセルスイッチとして機能し、かつ多段階の下層画面に遷移した場合には長押しすることで一気にメニュー画面に復帰するキャンセルスイッチとして機能する。
【0046】
より詳しく説明すると、図12に示すように、モニターの初期画面からメインスイッチ31(実行スイッチ34)を押下げるとナビゲーションシステムの最上層の画面(ナビメイン画面)が表示され、サブスイッチ32,32を押下げると、ナビゲーションシステムの最上層の画面→オーディオシステムの最上層の画面(オーディオ割込画面)→エアコンシステムの最上層の画面(エアコン割込画面)がシーケンシャルに表示される。
【0047】
またナビゲーションシステムの最上層の画面(ナビメイン画面)からメインスイッチ31を押下げると、ナビゲーションシステムの第2層の画面(ナビメニュー画面)が表示され、更にメインスイッチ31を押下げると、ナビゲーションシステムの第3層の画面(ナビサブメニュー画面)が表示される。
【0048】
またオーディオシステムの最上層の画面(オーディオ割込画面)からメインスイッチ31を押下げると、オーディオシステムの第2層の画面(オーディオメイン画面)が表示され、更にメインスイッチ31を押下げると、オーディオシステムの第3層の画面(オーディオサブ画面)が表示される。
【0049】
またエアコシステムの最上層の画面(エアコン割込画面)からメインスイッチ31を押下げると、エアコンシステムの第2層の画面(エアコンメイン画面)が表示され、更にメインスイッチ31を押下げると、エアコンシステムの第3層の画面(エアコンサブ画面)が表示される。
【0050】
一方、メインスイッチ31の代わりにサブスイッチ32,32を押下げると、その度に下層の画面から上層の画面に切り換わり、最終的に最上層の画面に復帰する。またサブスイッチ32,32を長押し(2秒以上)押下げると、下層の画面から最上層の画面に一気に復帰することができる。このようにサブスイッチ32,32の押下げ時間の長短によって2種類の機能を発揮させるので、スイッチの数の増加を抑制して操作性を高めることができる。
【0051】
更に、メインスイッチ31およびサブスイッチ32,32を同時操作することにより、スイッチの数を無闇に増加させることなく、以下のような様々な機能を発揮させることができる。
【0052】
メインスイッチ31(実行スイッチ34)の押下げおよびサブスイッチ32,32の押下げを同時に行うと、
例1:単機能割り付け
・それぞれの画面操作において、特に良く使う機能を自由にアサインする
・地図画面においては、自車位置上表示および北上表示を切り換える
例2:メニュー呼び出し
・通常メニューとは別のメニューを呼び出す
・地図機能画面においては、自由にカスタマイズ可能なメニューを呼び出す
・オーディオ画面においては、機能設定画面を呼び出す
メインスイッチ31(スクロールスイッチ33)の回転およびサブスイッチ32,32の押下げを同時に行うと、
例1:ショートカット割り付け
・階層下にある選択操作の必要な特定の単機能を直接呼び出す
・どの画面においても電話帳(選択操作が必要)を直接呼び出す
例2:アナログ量的操作
・それぞれの画面操作において、特に良く使う機能を自由にアサインする
・地図画面においては角度調整、エアコン画面では風量調整などを行う
また操作ノブ30の8方向の傾動操作は、ナビ画面の任意の方向へのスクロールや、オーディオ画面のソース変更や、エアコン画面の機能切り換えに使用され、また操作ノブ30の回動操作は、ナビ画面やオーディオ画面における音量調整や、エアコン画面における温度調整、風量調整などに使用される。
【0053】
図13〜図16は本発明の第2実施例を示すもので、図13は前記図2に対応する図、図14は図13の14方向矢視図、図15は図13の15−15線断面図、図16はメインスイッチおよびスライド部材の斜視図である。尚、第2実施例において、第1実施例の部材に対応する部材に第1実施例の符号と同じ符号を付すことで、重複する説明を省略する。
【0054】
第1実施例の操作ノブ30は概ね球形であるが、第2実施例の操作ノブ30は上下方向に偏平な形状を有している。操作ノブ30の前後方向寸法は、第1実施例と同じ80mmである。操作ノブ30の上下方向の高さをL1とし、操作ノブ30の下端とカバー17の上面との間の高さをL2とすると、L1>L2が成立する。またメインスイッチ31を含む操作ノブ30の前後方向長さをL3とし、そのうち指乗せ部30bの前後方向長さをL4とすると、L3およびL4の間には、L3>2×L4の関係が成立する。これらの寸法L1〜L4の大小関係は第1実施例と同じである。
【0055】
第2実施例は、操作ノブ30の形状が第1実施例と異なる以外に、メインスイッチ31の構造が第1実施例と異なっている。第1実施例のメインスイッチ31は、スクロールスイッチ33がその場で回転し、実行スイッチ34がスクロールスイッチ33とは別個に押下げられるものであるが、第2実施例のメインスイッチ31はスクロールスイッチ33および実行スイッチ34が一体に回転し、かつ一体に押下げられるものである。
【0056】
即ち、第2実施例は、一対のサイドメンバ51,51を前部クロスメンバ52および後部クロスメンバ53で接続したスライド部材54を備えており、スライド部材54の前端のサイドメンバ51,51間にメインスイッチ31が支軸55で回転自在に支持されるとともに、支軸55の回転がロータリエンコーダ49で検出される。スライド部材54は操作ノブ30の内部に形成したスライドガイド56に前後摺動自在に支持されており、スライド部材54の後部クロスメンバ53とスライドガイド56の後端との間に、スライド部材54を前方に付勢するスプリング57が配置され、スライドガイド56に前部クロスメンバ52の後面に対向するようにスイッチ素子38が設けられる。第2実施例のその他の構造は、第1実施例と同じである。
【0057】
しかして、メインスイッチ31を回転させと、その回転角がロータリエンコーダ49によって検出され、またメインスイッチ31を押下げるとスライドガイド56に沿ってスライド部材54が後退し、前部クロスメンバ52がスイッチ素子38を押してメインスイッチ31の押下げが検出される。
【0058】
この第2実施例によっても、前述した第1実施例と同様の作用効果を達成することができる。
【0059】
以上、本発明の実施例を詳述したが、本発明はその要旨を逸脱しない範囲で種々の設計変更を行うことが可能である。
【0060】
例えば、実施例の操作スイッチはメインスイッチ31(スクロールスイッチ33、実行スイッチ34)およびサブスイッチ32(キャンセルスイッチ)であるが、操作スイッチの数や種類は実施例に限定されるものではない。
【図面の簡単な説明】
【0061】
【図1】自動車の車室前部の斜視図
【図2】図1の2方向拡大矢視図
【図3】図2の3方向矢視図
【図4】図2の4方向矢視図
【図5】図4の5−5線断面図
【図6】図5の6−6線断面図
【図7】図5の7−7線断面図
【図8】図5の8−8線断面図
【図9】図5の9−9線断面図
【図10】ガイド溝の変形例を示す、前記図9に対応する図
【図11】操作ノブの傾動角と荷重との関係を示すグラフ
【図12】メインスイッチおよびサブスイッチの機能の説明図
【図13】第2実施例に係る、前記図2に対応する図
【図14】図13の14方向矢視図
【図15】図13の15−15線断面図
【図16】メインスイッチおよびスライド部材の斜視図
【符号の説明】
【0062】
30 操作ノブ
31 メインスイッチ (操作スイッチ)
32 サブスイッチ(操作スイッチ、キャンセルスイッチ)
33 スクロールスイッチ
34 実行スイッチ




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013