米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 車両 -> 日産自動車株式会社

発明の名称 カーペットラゲッジフロアの装着支持構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8182(P2007−8182A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−187501(P2005−187501)
出願日 平成17年6月28日(2005.6.28)
代理人 【識別番号】100119644
【弁理士】
【氏名又は名称】綾田 正道
発明者 沖津 知範
要約 課題
左右両ラゲッジサイドの内向きフランジ部の変形や破損を防止することができるカーペットラゲッジフロアの装着支持構造の提供。

解決手段
左右両ラゲッジサイド2の下端縁部にラゲッジルームLR内方向に向けて内向きフランジ部21が一体に突出形成され、ボード131の上面にカーペット132が張られたカーペットラゲッジフロア13が、左右両内向きフランジ部21の内側においてボード131の下面にスペーサ12を介してラゲッジフロアメタル11の上面に載置された状態で装着支持されている構成。
特許請求の範囲
【請求項1】
ボードの上面にカーペットが張られたカーペットラゲッジフロアの装着支持構造であって、
左右両ラゲッジサイドの下端縁部にラゲッジルーム内方向に向けて内向きフランジ部が一体に突出形成され、
前記カーペットラゲッジフロアは、前記左右両内向きフランジ部の内側に配置されたボードがラゲッジフロアメタルの上面にスペーサを介して装着支持されてなることを特徴とするカーペットラゲッジフロアの装着支持構造。
【請求項2】
前記カーペットラゲッジフロアにおけるカーペットの上面が前記左右両内向きフランジ部の上面より高くなるように構成されていることを特徴とする請求項1に記載のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造。
【請求項3】
前記カーペットラゲッジフロアにおけるカーペットがその左右両端部を前記ボードよりは左右両ラゲッジサイド方向へ向けて長く延長され、
該カーペットの左右両延長部が、前記左右ラゲッジサイドの左右両内向きフランジ部の上面までオーバラップする状態に配置されるように構成されていることを特徴とする請求項1または2に記載のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造。
【請求項4】
前記カーペットの左右両延長部下面と前記左右両内向きフランジ部上面との間に所定の隙間が形成されるように構成されていることを特徴とする請求項3に記載のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、カーペットラゲッジフロアの装着支持構造に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、ボードの上面にカーペットが張られたカーペットラゲッジフロアにおけるボードの左右両端縁部を、樹脂製の左右両ラゲッジサイドの下端縁部にラゲッジルーム内方向に向けて一体に突出形成された左右両内向きフランジ部に載置させると共に、ラゲッジフロアメタルとカーペットラゲッジフロアとの間には発泡材等のスペーサを介装させて隙間を埋めることにより、カーペットラゲッジフロアの中間部を支持させるようにしたカーペットラゲッジフロア装着支持構造が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開平11−123988号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上述の従来の技術にあっては、上述のように、カーペットラゲッジフロアにおけるボードの左右の両端部を左右両ラゲッジサイドの両内向きフランジ部に載置させる構造であったため、以下に述べるような問題があった。
即ち、カーペットラゲッジフロアの上面に直接的に、または、その上面に着脱可能に載置されるラゲッジボードの上面に重い荷物が積み込まれると、その荷重がカーペットラゲッジフロアのボードを介して左右両内向きフランジ部に加わるが、左右両ラゲッジサイドの下端縁部に形成された両内向きフランジ部は、合成樹脂で構成され、しかもその下部がラゲッジフロアメタル部分に支持されていないフリーの状態であるため、両内向きフランジ部を変形若しくは破損させるおそれがある。
【0005】
本発明は、上述のような従来の問題点に着目して成されたもので、左右両ラゲッジサイドの両内向きフランジ部変形や破損を防止することができるカーペットラゲッジフロアの装着支持構造を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述の目的を達成するために、本願請求項1に記載のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造は、ボードの上面にカーペットが張られたカーペットラゲッジフロアの装着支持構造であって、左右両ラゲッジサイドの下端縁部にラゲッジルーム内方向に向けて内向きフランジ部が一体に突出形成され、前記カーペットラゲッジフロアは、前記左右両内向きフランジ部の内側に配置されたボードがラゲッジフロアメタルの上面にスペーサを介して装着支持されてなることを特徴とする手段とした。
【発明の効果】
【0007】
請求項1に記載のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造では、上述のように、左右両ラゲッジサイドの下端縁部にラゲッジルーム内方向に向けて内向きフランジ部が一体に突出形成され、前記カーペットラゲッジフロアは、前記左右両内向きフランジ部の内側配置されたボードがラゲッジフロアメタルの上面にスペーサを介して装着支持されてなる構成とすることにより、カーペットラゲッジフロアの上面に直接的に、または、その上面に着脱可能に載置されるラゲッジボードの上面に重い荷物が積み込まれても、その荷重が左右両ラゲッジサイドの左右両内向きフランジ部には加わらないため、左右両ラゲッジサイドの内向きフランジ部の変形や破損を防止することができるようになるという効果が得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下に、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
【実施例1】
【0009】
この実施例1のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造は、請求項1、2に記載の発明に対応する。
図1はこの実施例1のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造が適用されたラゲッジルーム斜視図、図2は図1のA−A線における拡大縦断面図である。
【0010】
この実施例1のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造は、ハッチバックタイプの車両に適用されるもので、車室後部のラゲッジルーム(車室)LRが設けられている。このラゲッジルームLRは、ラゲッジフロア1と、左右両ラゲッジサイド2と、図示を省略した天井部によって構成されている。そして、ラゲッジルームLRの後部には図示を省略したバックドアにより開閉可能な開口部3が形成されている。
【0011】
上記左右両ラゲッジサイド2の下端縁部には、ラゲッジルームLR内方向に向けて内向きフランジ部21が一体に突出形成されている。
また、上記ラゲッジフロア1は、左右両内向きフランジ部21の内側において、金属製のラゲッジフロアメタル11の上面に発泡材等のスペーサ12を介してカーペットラゲッジフロア13が、着脱可能に載置された状態で装着支持されている構造となっている。
【0012】
上述のカーペットラゲッジフロア13は、所定の曲げ剛性を有するボード131の上面に柔軟なカーペット132が張られた構造となっていて、カーペットラゲッジフロア13におけるカーペット132の上面が左右両内向きフランジ部21の上面より高くなるように各部材の寸法が設定されている。
【0013】
また、この実施例1では、上記カーペットラゲッジフロア13の上面に、左右両内向きフランジ部21の上面までオーバラップする幅を有するラゲッジボード14が着脱可能に載置された状態となっており、このラゲッジボード14を載置した状態では、該ラゲッジボート14の左右両端部裏面と左右両内向きフランジ部21の上面との間に所定の隙間h1が形成されるようになっている。
【0014】
次に、実施例1の作用・効果について説明する。
この実施例1のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造では、上述のように、左右両ラゲッジサイド2の下端縁部にラゲッジルームLR内方向に向けて内向きフランジ部21が一体に突出形成され、ボード131の上面にカーペット132が張られたカーペットラゲッジフロア13が、左右両内向きフランジ部21の内側においてボード131の下面にスペーサ12を介してラゲッジフロアメタル11の上面に載置された状態で装着支持されている構成とすることにより、カーペットラゲッジフロア13の上面に重い荷物が積み込まれても、その荷重が左右両ラゲッジサイド2の左右両内向きフランジ部21には加わらないため、左右両ラゲッジサイド2の内向きフランジ部21の変形や破損を防止することができるようになるという効果が得られる。
【0015】
また、カーペットラゲッジフロア13におけるカーペット132の上面が左右両内向きフランジ部21の上面より高くなるように構成されることにより、カーペットラゲッジフロア13の上面に着脱可能に載置されるラゲッジボード14の上面に重い荷物が積み込まれた場合や、カーペットラゲッジフロア13の上に直接大きな荷物が置かれた場合であっても、その荷重が左右両ラゲッジサイド2の左右両内向きフランジ部21には加わらないため、左右両ラゲッジサイド2の内向きフランジ部21の変形や破損を防止することができるようになるという効果が得られる。
【0016】
次に、他の実施例について説明する。この他の実施例の説明にあたっては、前記実施例1と同様の構成部分については図示を省略し、もしくは同一の符号を付けてその説明を省略し、相違点についてのみ説明する。
【実施例2】
【0017】
この実施例2のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造は、請求項1、3、4に記載の発明に対応する。
この実施例2は、前記実施例1におけるカーペットラゲッジフロアの装着支持構造の変形例を示すものであり、図3の拡大縦断面図に示すように、カーペットラゲッジフロア13におけるカーペット132がその左右両端部をボード131よりは左右両ラゲッジサイド2方向へ向けて長く延長され、該カーペット132の左右両延長部133が、左右ラゲッジサイド2の左右両内向きフランジ部21の上面までオーバラップする状態に配置されると共に、カーペット132における左右両延長部133の下面と左右両内向きフランジ部21上面との間に所定の隙間h2が形成されるように各部材の寸法が設定されている点が前記実施例1とは相違したものである。
【0018】
従って、この実施例2では、前記実施例1と同様の効果が得られる他、左右両内向きフランジ部21とカーペットラゲッジフロア13との間の隙間及び左右両内向きフランジ部21の上面がカーペット132で覆われた状態となるため、見栄えをよくすることができるようになるという追加の効果が得られる。
【0019】
また、ボード131の両端部裏面が左右両内向きフランジ部21の上面に当接しないため、ボード131と内向きフランジ部21との間に不織布等の低級音防止対策を講じる必要がなくなる。
【0020】
以上、本発明の実施例を図面に基づき説明してきたが、本発明は上述の実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等があっても、本発明に含まれる。
例えば、実施例では、ラゲッジボード14の材質として発泡材を例示したが、その材質は任意であり、その他フェルト材等であってもよい。
【0021】
また、ボード131の材質も任意であり、合板等所定の曲げ剛性を有するものであればよい。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】実施例1のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造が適用されたラゲッジルーム斜視図である。
【図2】図1のA−A線における拡大縦断面図である。
【図3】実施例2のカーペットラゲッジフロアの装着支持構造を示す要部拡大縦断面図である。
【符号の説明】
【0023】
LR ラゲッジルーム
h1 隙間
h2 隙間
1 ラゲッジフロア
11 ラゲッジフロアメタル
12 スペーサ
13 カーペットラゲッジフロア
131 ボード
132 カーペット
133 延長部
14 ラゲッジボード
2 ラゲッジサイド
21 内向きフランジ部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013