米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 車両 -> 日産自動車株式会社

発明の名称 車両用成形天井の端末固定構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−8181(P2007−8181A)
公開日 平成19年1月18日(2007.1.18)
出願番号 特願2005−187500(P2005−187500)
出願日 平成17年6月28日(2005.6.28)
代理人 【識別番号】100119644
【弁理士】
【氏名又は名称】綾田 正道
発明者 宮本 敏浩
要約 課題
成形天井の端末の差込みが容易で、作業性を高めることができる車両用成形天井の端末固定構造の提供。

解決手段
車室内左右両側面部に沿って設けられたエアコンダクト1における下側部材12の内側の先端縁部にヘッドライニング2の左右端末部を挿入係止可能な少し上向きに開口する断面略コ時状の抱込み凹部31を有する抱込み端末固定部3がそれぞれ設けられ、該両端末固定部3の抱込み凹部31内にヘッドライン具2の両端縁部をそれぞれ差し込むことにより、該ヘッドライニング2の端末を固定するようにした車両用成形天井の端末固定構造において、抱込み凹部31を形成する上側の抱込み片32の先端部に下側の抱込み片33の先端部より長く突出する延長部321が形成されている。
特許請求の範囲
【請求項1】
車室内側面部に設けられた車体側部材の上部に、成形天井の端末部を挿入係止可能な断面略コ字状の抱込み凹部を有する抱込み端末固定部が設けられ、該抱込み端末固定部の凹部内に前記成形天井の端縁部をそれぞれ挿入係止させて該成形天井の端末を固定するようにした車両用成形天井の端末固定構造において、
前記抱込み凹部を形成する前記上側の抱込み片の先端部に前記下側の抱込み片の先端より長く突出する延長部が形成されていることを特徴とする車両用成形天井の端末固定構造。
【請求項2】
前記上側の抱込み片における延長部の先端縁部下面に突条が設けられていることを特徴とする請求項1に記載の車両用成形天井の端末固定構造。
【請求項3】
前記上側の抱込み片の延長部に前記抱込み固定部を所定部位に固定するための固定用孔が形成されていることを特徴とする請求項1または2に記載の車両用成形天井の端末固定構造。
【請求項4】
前記抱込み固定部がエアコンダクトに形成されていることを特徴とする請求項1〜のいずれか1項に記載の車両用成形天井の端末固定構造。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、車両用成形天井の端末固定構造に関する。
【背景技術】
【0002】
従来の車両用成形天井の端末固定構造としては、例えば、左右両ピラーガーニッシュの上端縁部に、成形天井の左右両端末部を挿入係止可能な少し上向きに開口する抱込み凹部を有する断面略コ時状の抱込み端末固定部がそれぞれ設けられ、この両端末固定部の抱込み凹部内に成形天井の両端縁部をそれぞれ差し込むことにより、成形天井の端末を固定するようにしたものが知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開平8−132984号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上述の従来の技術にあっては、抱込み凹部を形成する上側の抱込み片が下側の抱込み片より短く形成されている構造であったため、成形天井の端末を差込み難いという問題があった。
【0005】
本発明は、上述のような従来の問題点に着目して成されたもので、成形天井の端末の差込みが容易で、作業性を高めることができる車両用成形天井の端末固定構造を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述の目的を達成するために、本願請求項1に記載の車両用成形天井の端末固定構造は、車室内側面部に設けられた車体側部材の上部に、成形天井の端末部を挿入係止可能な断面略コ字状の抱込み凹部を有する抱込み端末固定部が設けられ、該抱込み端末固定部の凹部内に前記成形天井の端縁部をそれぞれ挿入係止させて該成形天井の端末を固定するようにした車両用成形天井の端末固定構造において、前記抱込み凹部を形成する前記上側の抱込み片の先端部に前記下側の抱込み片の先端より長く突出する延長部が形成されていることを特徴とする手段とした。
【発明の効果】
【0007】
請求項1に記載の車両用成形天井の端末固定構造では、上述のように、前記抱込み凹部を形成する上側の抱込み片の先端に下側の抱込み片の先端より長く突出する延長部が形成されている構成とすることで、この上側の抱込み片が差込み案内片の役目をなすため、成形天井の端末の差込みが容易で、作業性を高めることができるようになるという効果が得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
以下に、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
【実施例】
【0009】
この実施例の車両用成形天井の端末固定構造は、請求項1、2に記載の発明に対応する。
図1はこの実施例の車両用成形天井の端末固定構造が適用されたマイクロバスの要部縦断面図で成形天井の取り付け手順を説明する断面図、図2は同成形天井の取り付け完了状態を示す要部縦断面図、図3は図1のA部拡大図、図4は図2のB部拡大図である。
【0010】
この実施例の車両用成形天井の端末固定構造は、左右のエアコンダクト1、1と、ヘッドライニング(成形天井)2と、抱込み固定部3と、が備えられている。
上記エアコンダクト1、1は、車室内左右天井部に設けられるもので、上側部材11と下側部材12とで中空状に形成されている。
【0011】
さらに詳述すると、下側部材12の内側の先端縁部にヘッドライニング2の左右端末部を挿入係止可能な少し上向きに開口する断面略コ時状の抱込み凹部31を有する抱込み端末固定部3がそれぞれ設けられ、該両端末固定部3、3の抱込み凹部31、31内にヘッドライニング2の両端縁部をそれぞれ差し込むことにより、該ヘッドライニング2の端末を固定するようになっている。
なお、上記ヘッドライニング2は可撓性を有する基板21と車室内側に貼り付けられた柔軟な内張り材22とで構成されている。
【0012】
そして、抱込み凹部31を形成する下側の抱込み片33の先端縁部上面には突条331が設けられる一方、抱込み凹部31を形成する上側の抱込み片32の先端部には下側の抱込み片33の先端部より長く突出する延長部321が形成されると共に、この延長部321の先端縁部下面には突条322が設けられている。
【0013】
そして、延長部322には複数の固定用孔323が形成され、この固定用孔323を利用して下側部材12の内側縁部と上側部材11の内側縁部とがビス13で締結固定される一方、上側部材11と下側部材12の外側縁部が図示を省略したボルト・ナットで締結固定されることにより、中空状のエアコンダクト1が形成されている。
【0014】
次に、実施例の作用・効果について説明する。
この実施例の車両用成形天井の端末固定構造では、上述のように構成されるため、ヘッドライニング2の取り付けを行うには、まず、図1、3に示すように、ヘッドライニング2の一方の端末を抱込み凹部31内に下側の抱込み片33側から斜めに挿入することにより、上側の抱込み片32の延長部321が差込み案内片の役目をなすため、ヘッドライニング2を容易に差し込むことができる。
【0015】
次に、ヘッドライニング2のもう一方の端末を同様にもう一方の抱込み凹部31内に下側の抱込み片33側から斜めに挿入した後、図2、4に示すように、ヘッドライニング2の中央部を上方へ押して上向き円弧状に湾曲させることにより、ヘッドライニング2を構成する基板21の上面に突条322が当接すると共に、ヘッドライニング2を構成する柔軟な内張り材22に突条331が圧接して食い込んだ状態で固定され、これにより、ヘッドライニング2の取り付けを完了する。
【0016】
以上詳細に説明してきたように、この実施例の車両用成形天井の端末固定構造では、抱込み凹部31を形成する上側の抱込み片32の先端に下側の抱込み片33の先端より長く突出する延長部321が形成されている構成とすることで、この上側の抱込み片32の延長部321が差込み案内片の役目をなすため、ヘッドライニング2の端末の差込みが容易で、作業性を高めることができるようになるという効果が得られる。
【0017】
また、上側の抱込み片32における延長部321の先端縁部下面に突条322が設けられることにより、端末固定時には、図2、4に示すように、ヘッドライニング2が上向きに湾曲することでこの突条322がヘッドライニング2の端末上面に当接するが、端末の差込み時には、図1、3に示すように、下側の抱込み片33側から斜めに挿入することで抱込み凹部31の幅Lを広くすることができるため、さらに成形天井の端末の差込みが容易になる。
また、突条322が補強リブの役目をなすため、上側の抱込み片32の剛性を高めることができるようになる。
【0018】
また、上側の抱込み片32の延長部321に抱込み固定部31を所定部位に固定するための固定用孔323が形成されることにより、別体のブラケット等を用いることなしに、この上側の抱込み片32の延長部321を利用して抱込み固定部3を所定の部位にビス13やボルト・ナットで容易に固定することができるようになる。
【0019】
また、図4に示すように、ビス13がヘッドライニング2で隠れた状態となるため、見栄えを悪くすることもない。
また、延長部321の先端縁部下面には突条322が形成されることにより、ヘッドライニング2の端末が差込み時にビス13の頭部に当たることをこの突条322で防止することができるようになる。
【0020】
また、抱込み固定部3がエアコンダクト1に形成されることにより、部品点数を減らすことができるようになる。
【0021】
以上、本発明の実施例を図面に基づき説明してきたが、本発明は上述の実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等があっても、本発明に含まれる。
例えば、実施例では、抱込み固定部3をエアコンダクト1に形成したが、ピラーガーニッシュ等、その他の車体側部材に形成するようにしてもよい。
また、実施例では、マイクロバスに適用したが、その他の車両にも適用することができる、
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】実施例の車両用成形天井の端末固定構造が適用されたマイクロバスの要部縦断面図で成形天井の取り付け手順を説明する断面図である。
【図2】成形天井の取り付け完了状態を示す要部縦断面図である。
【図3】図1のA部拡大図である。
【図4】図2のB部拡大図である。
【符号の説明】
【0023】
1 エアコンダクト
11 上側部材
12 下側部材
13 ビス
2 ヘッドライニング(成形天井)
21 基板
22 内張り部材
3 端末固定部材
31 抱込み凹部
32 上側の抱込み片
321 延長部
322 突条
323 固定用孔
33 下側の抱込み片




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013