Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
液状糊容器 - 株式会社トンボ鉛筆
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 机上付属具 -> 株式会社トンボ鉛筆

発明の名称 液状糊容器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開2007−21737(P2007−21737A)
公開日 平成19年2月1日(2007.2.1)
出願番号 特願2005−202625(P2005−202625)
出願日 平成17年7月12日(2005.7.12)
代理人 【識別番号】100117020
【弁理士】
【氏名又は名称】榊原 弘造
発明者 村越 恭夫
要約 課題
第1吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊を第1吐出部から迅速に吐出する。

解決手段
液状糊1を収容した容器本体2と、容器本体2内に収容された液状糊1を吐出するための第1吐出部3とを具備し、液状糊1が第1吐出部3から吐出される時に第1吐出部3が下側に向けられ、液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時に第1吐出部3が上側に向けられるように構成された液状糊容器において、第1吐出部3が下側に向けられた状態から第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に液状糊1を第1吐出部3の近傍に少なくとも一時的に保持するための糊溜まり部4を設けた。第1吐出部3が再び下側に向けられた時には、糊溜まり部4に保持されていた液状糊1が、第1吐出部3に供給され、迅速に吐出される。
特許請求の範囲
【請求項1】
液状糊を収容した容器本体と、前記容器本体内に収容された液状糊を吐出するための吐出部とを具備し、液状糊が前記吐出部から吐出される時に前記吐出部が下側に向けられ、液状糊が前記吐出部から吐出されない時に前記吐出部が上側に向けられるように構成された液状糊容器において、前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に液状糊を前記吐出部の近傍に少なくとも一時的に保持するための保持手段を設けたことを特徴とする液状糊容器。
【請求項2】
前記容器本体と前記吐出部とを互いに螺合結合可能に構成し、前記容器本体と前記吐出部とによって前記保持手段を狭持したことを特徴とする請求項1に記載の液状糊容器。
【請求項3】
前記容器本体と前記吐出部とによって狭持されるフランジ部を前記保持手段に設けたことを特徴とする請求項2に記載の液状糊容器。
【請求項4】
少なくとも一時的に保持される液状糊を収容するための筒状部を前記保持手段に設け、前記フランジ部を隔てて前記吐出部の反対側に前記筒状部を配置したことを特徴とする請求項3に記載の液状糊容器。
【請求項5】
前記筒状部の両端面のうち、前記吐出部の側の端面を全面的に開口させ、前記吐出部の反対側の端面を部分的に開口させたことを特徴とする請求項4に記載の液状糊容器。
【請求項6】
前記吐出部の反対側の端面にメッシュ部を設けたことを特徴とする請求項5に記載の液状糊容器。
【請求項7】
前記吐出部の反対側の端面に漏斗部を設けたことを特徴とする請求項5に記載の液状糊容器。
【請求項8】
液状糊を収容した容器本体と、前記容器本体内に収容された液状糊を吐出するための吐出部とを具備し、液状糊が前記吐出部から吐出される時に前記吐出部が下側に向けられ、液状糊が前記吐出部から吐出されない時に前記吐出部が上側に向けられるように構成された液状糊容器において、前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に前記容器本体内の液状糊が前記吐出部から遠ざかるのを抑制するための移動抑制手段を前記吐出部の近傍に配置したことを特徴とする液状糊容器。
【請求項9】
前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に前記容器本体内の液状糊が前記吐出部から遠ざかるのを抑制するためのメッシュ部を前記吐出部の近傍に配置したことを特徴とする請求項8に記載の液状糊容器。
【請求項10】
前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に前記容器本体内の液状糊が前記吐出部から遠ざかるのを抑制するための漏斗部を前記吐出部の近傍に配置したことを特徴とする請求項8に記載の液状糊容器。
発明の詳細な説明
【技術分野】
【0001】
本発明は、液状糊が吐出部から吐出される時に吐出部が下側に向けられ、液状糊が吐出部から吐出されない時に吐出部が上側に向けられるように構成された液状糊容器に関し、特には、吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊を吐出部から迅速に吐出することができる液状糊容器に関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、液状糊を収容した容器本体と、容器本体内に収容された液状糊を吐出するための第1吐出部と、容器本体内に収容された液状糊を吐出するために容器本体を隔てて第1吐出部の反対側に配置された第2吐出部とを具備し、液状糊が第1吐出部から吐出される時に第1吐出部が下側に向けられ、液状糊が第1吐出部から吐出されない時に第1吐出部が上側に向けられるように構成された液状糊容器が知られている。この種の液状糊容器の例としては、例えば特開平9−286200号公報に記載されたものがある。
【0003】
特開平9−286200号公報に記載された液状糊容器では、第2吐出部を覆うためのキャップが設けられており、そのキャップの端部は、第1吐出部を上側に向けて液状糊容器を例えば机上に載置する時に液状糊容器の座面として機能する。つまり、特開平9−286200号公報に記載された液状糊容器は、液状糊が第1吐出部から吐出される時に、第1吐出部が下側に向けられた状態で把持され、液状糊が第1吐出部から吐出されない時に、第1吐出部が上側に向けられた状態で例えば机上に載置されるように構成されている。
【0004】
換言すれば、特開平9−286200号公報に記載された液状糊容器は、例えば液状糊が第1吐出部から間欠的に吐出される場合におけるインターバルの期間中のような、第1吐出部から液状糊が吐出されてから次に液状糊が第1吐出部から吐出されるまでの期間中においても、第1吐出部が上側に向けられるように構成されている。
【0005】
ところが、特開平9−286200号公報に記載された液状糊容器では、上述したインターバルの期間中に容器本体内の液状糊が第1吐出部の近傍から第2吐出部の側に自重によって落下してしまうのを抑制するための手段が設けられていない。そのため、特開平9−286200号公報に記載された液状糊容器では、上述したインターバルの期間中に容器本体内の液状糊が第1吐出部の近傍から第2吐出部の側に自重によって落下してしまうおそれがある。
【0006】
仮に、上述したインターバルの期間中に、容器本体内の液状糊が、第1吐出部の近傍から第2吐出部の側に自重によって落下し、第1吐出部の近傍から遠ざかってしまうと、上述したインターバルの期間終了後に、第1吐出部を下側に向けても、容器本体内の液状糊が第1吐出部の近傍まで移動するのに比較的長い時間を要してしまい、その結果、液状糊を吐出部から迅速に吐出することができなくなってしまう。
【0007】
特に、容器本体内の液状糊の残量が少ない時や、例えば冬期のような気温が低く液状糊の粘性が大きい時には、容器本体内の液状糊が第1吐出部の近傍まで移動するのに非常に長い時間を要してしまい、その結果、液状糊を第1吐出部から吐出するのに非常に長い時間を要してしまうおそれがある。
【0008】
【特許文献1】特開平9−286200号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
前記問題点に鑑み、本発明は、吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊を吐出部から迅速に吐出することができる液状糊容器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
請求項1に記載の発明によれば、液状糊を収容した容器本体と、前記容器本体内に収容された液状糊を吐出するための吐出部とを具備し、液状糊が前記吐出部から吐出される時に前記吐出部が下側に向けられ、液状糊が前記吐出部から吐出されない時に前記吐出部が上側に向けられるように構成された液状糊容器において、前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に液状糊を前記吐出部の近傍に少なくとも一時的に保持するための保持手段を設けたことを特徴とする液状糊容器が提供される。
【0011】
請求項2に記載の発明によれば、前記容器本体と前記吐出部とを互いに螺合結合可能に構成し、前記容器本体と前記吐出部とによって前記保持手段を狭持したことを特徴とする請求項1に記載の液状糊容器が提供される。
【0012】
請求項3に記載の発明によれば、前記容器本体と前記吐出部とによって狭持されるフランジ部を前記保持手段に設けたことを特徴とする請求項2に記載の液状糊容器が提供される。
【0013】
請求項4に記載の発明によれば、少なくとも一時的に保持される液状糊を収容するための筒状部を前記保持手段に設け、前記フランジ部を隔てて前記吐出部の反対側に前記筒状部を配置したことを特徴とする請求項3に記載の液状糊容器が提供される。
【0014】
請求項5に記載の発明によれば、前記筒状部の両端面のうち、前記吐出部の側の端面を全面的に開口させ、前記吐出部の反対側の端面を部分的に開口させたことを特徴とする請求項4に記載の液状糊容器が提供される。
【0015】
請求項6に記載の発明によれば、前記吐出部の反対側の端面にメッシュ部を設けたことを特徴とする請求項5に記載の液状糊容器が提供される。
【0016】
請求項7に記載の発明によれば、前記吐出部の反対側の端面に漏斗部を設けたことを特徴とする請求項5に記載の液状糊容器が提供される。
【0017】
請求項8に記載の発明によれば、液状糊を収容した容器本体と、前記容器本体内に収容された液状糊を吐出するための吐出部とを具備し、液状糊が前記吐出部から吐出される時に前記吐出部が下側に向けられ、液状糊が前記吐出部から吐出されない時に前記吐出部が上側に向けられるように構成された液状糊容器において、前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に前記容器本体内の液状糊が前記吐出部から遠ざかるのを抑制するための移動抑制手段を前記吐出部の近傍に配置したことを特徴とする液状糊容器が提供される。
【0018】
請求項9に記載の発明によれば、前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に前記容器本体内の液状糊が前記吐出部から遠ざかるのを抑制するためのメッシュ部を前記吐出部の近傍に配置したことを特徴とする請求項8に記載の液状糊容器が提供される。
【0019】
請求項10に記載の発明によれば、前記吐出部が下側に向けられた状態から前記吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に前記容器本体内の液状糊が前記吐出部から遠ざかるのを抑制するための漏斗部を前記吐出部の近傍に配置したことを特徴とする請求項8に記載の液状糊容器が提供される。
【発明の効果】
【0020】
請求項1に記載の液状糊容器では、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に液状糊を吐出部の近傍に少なくとも一時的に保持するための保持手段が設けられている。
【0021】
つまり、請求項1に記載の液状糊容器では、吐出部が下側に向けられた後に吐出部が上側に向けられると、容器本体内のすべての液状糊が吐出部から離れた位置まで移動してしまうのではなく、容器本体内の液状糊の一部が、保持手段によって吐出部の近傍に少なくとも一時的に保持される。次いで、吐出部が再び下側に向けられると、保持手段によって吐出部の近傍に保持されていた液状糊が吐出部まで移動し、吐出部から吐出される。
【0022】
そのため、請求項1に記載の液状糊容器によれば、液状糊を吐出部の近傍に保持するための保持手段が設けられていない場合よりも、吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊を吐出部から迅速に吐出することができる。
【0023】
請求項2及び3に記載の液状糊容器では、互いに螺合結合せしめられる容器本体と吐出部とによって保持手段が狭持されている。好ましくは、容器本体と吐出部とによって狭持されるフランジ部が保持手段に設けられている。そのため、容器本体に対して吐出部を結合するための手段とは別個に、容器本体または吐出部に対して保持手段を結合するための手段を設ける必要性を排除することができる。
【0024】
請求項4に記載の液状糊容器では、少なくとも一時的に保持される液状糊を収容するための筒状部が、フランジ部を隔てて吐出部の反対側に配置されている。つまり、少なくとも一時的に保持される液状糊を収容するための筒状部が、容器本体の入口部から容器本体の内側に入り込んで配置されている。そのため、筒状部が設けられていない場合や、筒状部が容器本体の内側に入り込んで配置されていない場合よりも、保持手段によって保持可能な液状糊の量を多くすることができる。
【0025】
請求項5〜7に記載の液状糊容器では、筒状部の両端面のうち、吐出部の側の端面が全面的に開口せしめられている。そのため、吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊を筒状部から吐出部に迅速に移動させることができる。
【0026】
更に、請求項5〜7に記載の液状糊容器では、筒状部の両端面のうち、吐出部の反対側の端面が部分的に開口せしめられている。換言すれば、筒状部の両端面のうち、吐出部の反対側の端面が部分的に閉じられている。好ましくは、筒状部の両端面のうち、吐出部の反対側の端面にメッシュ部あるいは漏斗部が設けられている。そのため、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、液状糊が筒状部を通過して吐出部から遠ざかってしまうのを遅らせることができる。換言すれば、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、液状糊を筒状部内に少なくとも一時的に保持することができる。
【0027】
請求項8〜10に記載の液状糊容器では、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に容器本体内の液状糊が吐出部から遠ざかるのを抑制するための移動抑制手段が吐出部の近傍に配置されている。好ましくは、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に容器本体内の液状糊が吐出部から遠ざかるのを抑制するためのメッシュ部または漏斗部が吐出部の近傍に配置されている。
【0028】
そのため、請求項8〜10に記載の液状糊容器によれば、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に容器本体内のすべての液状糊が吐出部から遠ざかってしまうのを抑制することができる。
【0029】
すなわち、請求項8〜10に記載の液状糊容器によれば、吐出部が下側に向けられた状態から吐出部が上側に向けられた状態に切り換えられた時に容器本体内のすべての液状糊が吐出部から遠ざかってしまうのに伴って、吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊が吐出部の近傍に到達するのに要する時間が長くなってしまうのを抑制することができる。
【0030】
換言すれば、請求項8〜10に記載の液状糊容器によれば、吐出部が再び下側に向けられた時に液状糊を吐出部から迅速に吐出することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0031】
以下、本発明の液状糊容器の第1の実施形態について説明する。図1は第1の実施形態の液状糊容器の断面図である。図1において、1は液状糊を示しており、2は液状糊1を収容した容器本体を示している。容器本体2は、例えば樹脂によって形成されている。好ましくは、容器本体2内に収容された液状糊1の残量を外部から視認できるようにするために、容器本体2は透明または半透明な材料によって形成されている。
【0032】
また、図1において、3は容器本体2内に収容された液状糊1を吐出するための第1吐出部を示しており、4は第1吐出部3の近傍に液状糊1を一時的に溜めておくための糊溜まり部を示している。5は第1吐出部3を覆うためのキャップを示しており、6は容器本体2内に収容された液状糊1を吐出するための第2吐出部を示しており、7は第2吐出部6を覆うためのキャップを示している。
【0033】
第1の実施形態の液状糊容器では、少量の液状糊1を吐出することが要求される場合のために、径が小さい吐出用開口3a1(図3参照)を備えた第1吐出部3が設けられ、更に、多量の液状糊1を吐出することが要求される場合のために、径が大きい吐出用開口6a1(図6参照)を備えた第2吐出部6が設けられている。
【0034】
第1の実施形態の液状糊容器は、第1吐出部3および第2吐出部6のいずれからも液状糊1が吐出されない時に、図1に示すように、第1吐出部3が上側に向けられ、キャップ6の下面が座面として用いられて、例えば机上に載置されるように構成されている。
【0035】
図2は図1に示した容器本体2の部品図である。図1および図2に示すように、容器本体2は、第1吐出部3が結合せしめられる第1上側端部2aと、キャップ5が結合せしめられる第2上側端部2bと、中央部2cと、第2吐出部6およびキャップ7が結合せしめられる下側端部2dとによって構成されている。
【0036】
図2において、2a1は第1上側端部2aの上側端面を示しており、2a2は第1上側端部2aの雄ねじ部を示しており、2a3は第1上側端部2aの内周面を示している。2b1は第2上側端部2bの雄ねじ部を示している。2d1は下側端部2dの下側端面を示しており、2d2は下側端部2dの雄ねじ部を示しており、2d3は下側端部2dの内周面を示している。
【0037】
図3は図1に示した第1吐出部3の部品図である。図3に示すように、第1吐出部3は、吐出用開口3a1が形成された上側端部3aと、中央部3bと、下側端部3cとによって構成されている。図3において、3b1は中央部3bの下側端面を示しており、3c1は容器本体2の雄ねじ部2a2(図2参照)と螺合するために下側端部3cの内周面に形成された雌ねじ部を示している。
【0038】
図4は図1に示した糊溜まり部4の部品図である。図4に示すように、糊溜まり部4は、筒状部4aと、フランジ部4bとによって構成されている。図4において、4a1は筒状部4aの上側端面を示しており、4a2は筒状部4aの下側端面を示しており、4a2aは筒状部4aの下側端面4a2に配置されたメッシュ部材を示している。
【0039】
第1の実施形態の液状糊容器では、図1〜図4に示すように、糊溜まり部4のフランジ部4bが、容器本体2の第1上側端部2aの上側端面2a1と、第1吐出部3の中央部3bの下側端面3b1とによって狭持されている。また、糊溜まり部4の筒状部4aの外周面が、容器本体2の第1上側端部2aの内周面2a3と嵌合せしめられている。つまり、糊溜まり部4が、容器本体2と第1吐出部3とによって狭持されている。
【0040】
更に、第1の実施形態の液状糊容器では、図1〜図4に示すように、糊溜まり部4の筒状部4aが、容器本体2の第1上側端部2aの上側端面2a1から容器本体2の内側に入り込むように配置されている。つまり、容器本体2内の空間が、液状糊1を第1吐出部3の近傍に溜めておくための空間として利用されている。
【0041】
また、第1の実施形態の液状糊容器では、図4に示すように、糊溜まり部4の筒状部4aの上側端面4a1が全面的に開口せしめられ、糊溜まり部4の筒状部4aの下側端面4a2が、メッシュ部材4a2aによって部分的に開口せしめられている。
【0042】
第1の実施形態の液状糊容器では、糊溜まり部4の筒状部4aとフランジ部4bとが一部材によって形成されている。また、筒状部4aおよびフランジ部4bとは別個の部材によって形成されたメッシュ部材4a2aが、例えば接着によって筒状部4aの下側端面4a2取り付けられている。第1の実施形態の液状糊容器の変形例では、代わりに、糊溜まり部4の筒状部4aとフランジ部4bとメッシュ部材4a2aとを一部材によって形成することも可能である。
【0043】
図5は図1に示したキャップ5の部品図である。図5において、5aは第1吐出部3の吐出用開口3a1(図3参照)を塞ぐための栓部を示しており、5bは容器本体2の雄ねじ部2b1(図2参照)と螺合するための雌ねじ部を示しており、5cは容器本体2の中央部2c(図2参照)まで延びているスカート部を示している。
【0044】
図6は図1に示した第2吐出部6の部品図である。図6に示すように、第2吐出部6は、吐出用開口6a1が形成された下側端部6aと、中央部6bと、上側端部6cとによって構成されている。図6において、6a2は吐出用開口6a1から吐出された液状糊1を被塗布物(図示せず)に塗布するための塗布部を示している。6b1は容器本体2の下側端部2dの下側端面2d1(図2参照)に突き当てられる上側端面を示している。6c1は容器本体2の下側端部2dの内周面2d3(図2参照)と嵌合せしめられる外周面を示している。詳細には、第2吐出部6の上側端部6cの外周面6c1と、容器本体2の下側端部2dの内周面2d3(図2参照)とによって締まり嵌めが構成されている。
【0045】
図7は図1に示したキャップ7の部品図である。図7において、7aは第2吐出部6の吐出用開口6a1(図6参照)を塞ぐための栓部を示しており、7bは容器本体2の雄ねじ部2d2(図2参照)と螺合するための雌ねじ部を示しており、7cは容器本体2の中央部2c(図2参照)まで延びているスカート部を示している。
【0046】
図8は液状糊1が第1吐出部3から吐出される時における容器本体2内の液状糊1の状態および液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時における容器本体2内の液状糊1の状態を示した図である。
【0047】
図8(A)に示すように、液状糊1が第1吐出部3から吐出される時には、キャップ5(図1参照)が容器本体2から取り外され、第1吐出部3が下側に向けられる。その結果、容器本体2内の液状糊1が、自重によって第1吐出部3の近傍に移動する。次いで、容器本体2の中央部2c(図2参照)が押圧されると、容器本体2内の液状糊1が、第1吐出部3の吐出用開口3a1(図3参照)から吐出される。
【0048】
次いで、図8(B)に示すように、液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時には、第1吐出部3が上側に向けられる。例えば液状糊1が第1吐出部3から間欠的に吐出される場合におけるインターバルの期間中のような、第1吐出部3から液状糊1が吐出されてから次に液状糊1が第1吐出部3から吐出されるまでの期間中においても、図8(B)に示すように、第1吐出部3が上側に向けられる。
【0049】
第1の実施形態の液状糊容器では、図8(B)に示すように、糊溜まり部4が第1吐出部3の近傍に配置されているため、第1吐出部3が上側に向けられた時に、容器本体2内のすべての液状糊1が第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍まで自重によって落下してしまうのではなく、容器本体2内の液状糊1の一部が、糊溜まり部4の筒状部4a(図4参照)内に溜められ、第1吐出部3の近傍に一時的に保持される。
【0050】
詳細には、第1の実施形態の液状糊容器では、糊溜まり部4の筒状部4aの下側端面4a2にメッシュ部材4a2a(図4参照)が配置されているため、図8(B)に示すように、第1吐出部3が上側に向けられた時に、メッシュ部材4a2aの上側に位置する液状糊1が、メッシュ部材4a2aによって、第1吐出部3の近傍に一時的に保持される。次いで、時間の経過と共に、メッシュ部材4a2aの上側に位置する液状糊1が、メッシュ部材4a2aを低速で通過せしめられ、第2吐出部6の近傍まで自重によって落下する。
【0051】
つまり、第1の実施形態の液状糊容器では、図8(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、糊溜まり部4の筒状部4aおよびメッシュ部材4a2a(図4参照)が、容器本体2内の液状糊1の一部を筒状部4a内に溜めておく機能、すなわち、第1吐出部3の近傍に一時的に保持する機能を有する。そのため、第1の実施形態の液状糊容器では、図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時、第2吐出部6の近傍に位置していた液状糊1(図8(B)参照)が第1吐出部3の近傍まで移動してくる前に、糊溜まり部4の筒状部4a内に保持されていた液状糊1(図8(B)参照)が、第1吐出部3の吐出用開口3a1に供給される。その結果、第1の実施形態の液状糊容器によれば、図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、液状糊1を第1吐出部3から迅速に吐出することができる。
【0052】
更に、第1の実施形態の液状糊容器では、図8(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、糊溜まり部4のメッシュ部材4a2a(図4参照)が、第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍まで容器本体2内の液状糊1を低速で移動させる機能を有する。換言すれば、図8(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍への容器本体2内の液状糊1の移動を抑制する機能を、糊溜まり部4のメッシュ部材4a2a(図4参照)が有する。
【0053】
そのため、第1の実施形態の液状糊容器では、図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態から図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた状態に切り換えられた時に、容器本体2内の液状糊1の一部が、糊溜まり部4のメッシュ部材4a2a(図4参照)と、第1吐出部3の吐出用開口3a1(図3参照)との間に残されている。それゆえ、第1の実施形態の液状糊容器では、図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時、第2吐出部6の近傍に位置していた液状糊1(図8(B)参照)が第1吐出部3の近傍まで移動してくる前に、糊溜まり部4のメッシュ部材4a2aと第1吐出部3の吐出用開口3a1との間に残されていた液状糊1(図8(B)参照)が、第1吐出部3の吐出用開口3a1に供給される。その結果、第1の実施形態の液状糊容器によれば、図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、液状糊1を第1吐出部3から迅速に吐出することができる。
【0054】
上述したように、第1の実施形態の液状糊容器では、図8(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に容器本体2内の液状糊1の一部を筒状部4a内に溜めておく機能と、その時に第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍への容器本体2内の液状糊1の移動を抑制する機能とが備えられている。そのため、第1の実施形態の液状糊容器によれば、図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、液状糊1を第1吐出部3から迅速に吐出することができる。
【0055】
更に、第1の実施形態の液状糊容器では、図1〜図4に示したように、互いに螺合結合せしめられる容器本体2と第1吐出部3とによって糊溜まり部4が狭持されている。そのため、第1の実施形態の液状糊容器によれば、容器本体2または第1吐出部3に対して糊溜まり部4を結合するために、例えばねじ部のような手段を、雄ねじ部2a2および雌ねじ部3c1とは別個に設ける必要性を排除することができる。
【0056】
また、第1の実施形態の液状糊容器では、図1、図2および図4に示したように、一時的に保持される液状糊1を収容するための筒状部4aが、フランジ部4bを隔てて第1吐出部3の反対側に配置されている。つまり、筒状部4aが、容器本体2の上側端面2a1から容器本体2の内側に入り込んで配置されている。そのため、筒状部4aが設けられていない場合や、筒状部4aが容器本体2の内側に入り込んで配置されていない場合よりも、筒状部4aの容積を大きくすることができ、その結果、糊溜まり部4によって保持可能な液状糊1の量を多くすることができる。
【0057】
更に、第1の実施形態の液状糊容器では、図4に示したように、筒状部4aの上側端面4a1が全面的に開口せしめられている。そのため、図8(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、筒状部4a内の液状糊1(図8(B)参照)を第1吐出部3に迅速に移動させることができる。
【0058】
また、第1の実施形態の液状糊容器では、図4に示したように、筒状部4aの下側端面4a2が部分的に開口せしめられている。換言すれば、筒状部4aの下側端面4a2がメッシュ部材4a2aによって部分的に閉じられている。そのため、第1の実施形態の液状糊容器によれば、図8(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、液状糊1が筒状部4aの下側端面4a2を通過して第1吐出部3から遠ざかってしまうのを遅らせることができる。換言すれば、図8(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図8(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、液状糊1を筒状部4aの下側端面4a2より上側に一時的に保持することができる。
【0059】
以下、本発明の液状糊容器の第2の実施形態について説明する。第2の実施形態の液状糊容器は、後述する点を除き、上述した第1の実施形態の液状糊容器とほぼ同様に構成されている。従って、第2の実施形態の液状糊容器によれば、後述する点を除き、上述した第1の実施形態の液状糊容器とほぼ同様の効果を奏することができる。
【0060】
図9は第2の実施形態の糊溜まり部14の部品図である。第2の実施形態の液状糊容器では、図4に示した糊溜まり部4の代わりに、図9に示す糊溜まり部14が設けられている。
【0061】
図9に示すように、糊溜まり部14は、外側筒状部14aと、フランジ部14bと、漏斗部14cと、内側筒状部14dとによって構成されている。図9において、14a1は外側筒状部14aの上側端面を示しており、14a2は外側筒状部14aの下側端面を示している。
【0062】
図10は液状糊1が第1吐出部3から吐出される時における容器本体2内の液状糊1の状態および液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時における容器本体2内の液状糊1の状態を示した図である。
【0063】
図10(A)に示すように、液状糊1が第1吐出部3から吐出される時には、キャップ5(図1参照)が容器本体2から取り外され、第1吐出部3が下側に向けられる。その結果、容器本体2内の液状糊1が、自重によって第1吐出部3の近傍に移動する。次いで、容器本体2の中央部2c(図2参照)が押圧されると、容器本体2内の液状糊1が、第1吐出部3の吐出用開口3a1(図3参照)から吐出される。
【0064】
次いで、図10(B)に示すように、液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時には、第1吐出部3が上側に向けられる。例えば液状糊1が第1吐出部3から間欠的に吐出される場合におけるインターバルの期間中のような、第1吐出部3から液状糊1が吐出されてから次に液状糊1が第1吐出部3から吐出されるまでの期間中においても、図10(B)に示すように、第1吐出部3が上側に向けられる。
【0065】
第2の実施形態の液状糊容器では、図10(B)に示すように、糊溜まり部14が第1吐出部3の近傍に配置されているため、第1吐出部3が上側に向けられた時に、容器本体2内のすべての液状糊1が第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍まで自重によって落下してしまうのではなく、容器本体2内の液状糊1の一部が、糊溜まり部14の外側筒状部14aと漏斗部14cと内側筒状部14d(図9参照)とによって画定される空間内に溜められ、第1吐出部3の近傍に保持される。
【0066】
詳細には、第2の実施形態の液状糊容器では、糊溜まり部14の漏斗部14cによって液状糊1の流路が絞られているため、図10(B)に示すように、第1吐出部3が上側に向けられた時に、糊溜まり部14の上側に位置する液状糊1が、糊溜まり部14を低速で通過せしめられ、第2吐出部6の近傍まで自重によって落下する。
【0067】
つまり、第2の実施形態の液状糊容器では、図10(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、糊溜まり部14の外側筒状部14a、漏斗部14cおよび内側筒状部14d(図9参照)が、容器本体2内の液状糊1の一部を糊溜まり部14内に溜めておく機能、すなわち、第1吐出部3の近傍に保持する機能を有する。そのため、第2の実施形態の液状糊容器では、図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時、第2吐出部6の近傍に位置していた液状糊1(図10(B)参照)が第1吐出部3の近傍まで移動してくる前に、糊溜まり部14内に保持されていた液状糊1(図10(B)参照)が、第1吐出部3の吐出用開口3a1に供給される。その結果、第2の実施形態の液状糊容器によれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、液状糊1を第1吐出部3から迅速に吐出することができる。
【0068】
更に、第2の実施形態の液状糊容器では、図10(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、糊溜まり部14の漏斗部14c(図9参照)が、第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍まで容器本体2内の液状糊1を低速で移動させる機能を有する。換言すれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍への容器本体2内の液状糊1の移動を抑制する機能を、糊溜まり部14の漏斗部14c(図9参照)が有する。
【0069】
そのため、第2の実施形態の液状糊容器では、図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態から図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた状態に切り換えられた時に、容器本体2内の液状糊1の一部が、糊溜まり部14内に残されている。それゆえ、第2の実施形態の液状糊容器では、図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時、第2吐出部6の近傍に位置していた液状糊1(図10(B)参照)が第1吐出部3の近傍まで移動してくる前に、糊溜まり部14内に残されていた液状糊1(図10(B)参照)が、第1吐出部3の吐出用開口3a1に供給される。その結果、第2の実施形態の液状糊容器によれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、液状糊1を第1吐出部3から迅速に吐出することができる。
【0070】
上述したように、第2の実施形態の液状糊容器では、図10(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に容器本体2内の液状糊1の一部を糊溜まり部14内に溜めておく機能と、その時に第1吐出部3の近傍から第2吐出部6の近傍への容器本体2内の液状糊1の移動を抑制する機能とが備えられている。そのため、第2の実施形態の液状糊容器によれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、液状糊1を第1吐出部3から迅速に吐出することができる。
【0071】
また、第2の実施形態の液状糊容器では、図9および図10に示すように、糊溜まり部14のフランジ部14bが、容器本体2の第1上側端部2aの上側端面2a1(図2参照)と、第1吐出部3の中央部3bの下側端面3b1(図3参照)とによって狭持されている。また、糊溜まり部14の外側筒状部14aの外周面が、容器本体2の第1上側端部2aの内周面2a3(図2参照)と嵌合せしめられている。つまり、糊溜まり部14が、容器本体2と第1吐出部3とによって狭持されている。
【0072】
更に、第2の実施形態の液状糊容器では、図9および図10に示すように、糊溜まり部14の外側筒状部14aが、容器本体2の第1上側端部2aの上側端面2a1(図2参照)から容器本体2の内側に入り込むように配置されている。つまり、容器本体2内の空間が、液状糊1を第1吐出部3の近傍に溜めておくための空間として利用されている。
【0073】
また、第2の実施形態の液状糊容器では、図9に示すように、糊溜まり部14の外側筒状部14aの上側端面14a1が全面的に開口せしめられている。そのため、第2の実施形態の液状糊容器によれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が再び下側に向けられた時に、糊溜まり部14内の液状糊1(図10(B)参照)を第1吐出部3に迅速に移動させることができる。
【0074】
また、第2の実施形態の液状糊容器では、図9に示すように、糊溜まり部14の外側筒状部14aの下側端面14a2が、漏斗部14cによって部分的に開口せしめられている。換言すれば、外側筒状部14aの下側端面14a2が漏斗部14cによって部分的に閉じられている。そのため、第2の実施形態の液状糊容器によれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、液状糊1が糊溜まり部14を通過して第1吐出部3から遠ざかってしまうのを遅らせることができる。換言すれば、図10(A)に示すように第1吐出部3が下側に向けられた状態から図10(B)に示すように第1吐出部3が上側に向けられた状態に切り換えられた時に、液状糊1を糊溜まり部14の漏斗部14cより上側に保持することができる。
【0075】
更に、第2の実施形態の液状糊容器では、糊溜まり部14の外側筒状部14aとフランジ部14bと漏斗部14cと内側筒状部14dとが一部材によって形成されている。第2の実施形態の液状糊容器の変形例では、代わりに、それらを複数の部材によって形成することも可能である。
【図面の簡単な説明】
【0076】
【図1】第1の実施形態の液状糊容器の断面図である。
【図2】図1に示した容器本体2の部品図である。
【図3】図1に示した第1吐出部3の部品図である。
【図4】図1に示した糊溜まり部4の部品図である。
【図5】図1に示したキャップ5の部品図である。
【図6】図1に示した第2吐出部6の部品図である。
【図7】図1に示したキャップ7の部品図である。
【図8】液状糊1が第1吐出部3から吐出される時における容器本体2内の液状糊1の状態および液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時における容器本体2内の液状糊1の状態を示した図である。
【図9】第2の実施形態の糊溜まり部14の部品図である。
【図10】液状糊1が第1吐出部3から吐出される時における容器本体2内の液状糊1の状態および液状糊1が第1吐出部3から吐出されない時における容器本体2内の液状糊1の状態を示した図である。
【符号の説明】
【0077】
1 液状糊
2 容器本体
2a 第1上側端部
2a1 上側端面
2a2 雄ねじ部
2a3 内周面
2b 第2上側端部
2b1 雄ねじ部
2c 中央部
2d 下側端部
2d1 下側端面
2d2 雄ねじ部
2d3 内周面
3 第1吐出部
3a 上側端部
3a1 吐出用開口
3b 中央部
3b1 下側端面
3c 下側端部
3c1 雌ねじ部
4 糊溜まり部
4a 筒状部
4a1 上側端面
4a2 下側端面
4a2a メッシュ部材
4b フランジ部
5 キャップ
5a 栓部
5b 雌ねじ部
5c スカート部
6 第2吐出部
6a 下側端部
6a1 吐出用開口
6a2 塗布部
6b 中央部
6b1 上側端面
6c 上側端部
6c1 外周面
7 キャップ
7a 栓部
7b 雌ねじ部
7c スカート部




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013